FC2ブログ

『大相撲取組内容』へようこそ!

このブログは、大相撲の本場所での取り組みの様子を、書くことを目的としています。

各取り組みで、力士がどのような動きをし、勝負が決まったのか。
ニュースでの「決まり手」だけではなかなか分からないですよね。

立合いは、1度で成立したのか、それとも駆け引き等で呼吸が合わなかったのか。
その決まり手に至るまで、どのような攻防があったのか。
勝負は、どのくらいの時間で決まったのか。

それらを知るお手伝いができればと、もともと趣味で書いていた「取組内容」を、ブログという形で公開しています。

実際の取り組みを見られなかった方、
また、取り組みは見たけれど、後で、どんな取り組みだったか振り返りたい方、
そんな方のお役に立てればと思います。

また、読み上げソフトなどを使って、目の不自由な方が、取組の様子を詳しく知るお手伝いになれば、とも思います。

◆取組の書き起こしのために、どのような作業をしているのか説明してみました。
興味を持たれましたら、ご覧ください。

取組書き起こし作業(1)
取組書き起こし作業(2)

◆ツイッターでブログの更新をお知らせしています。
 何らかの事情で更新が遅れる場合も、お知らせします。



下は、このブログに掲載している目次です。
知りたい取り組みのある「場所」の名前をクリックしてください。
その「場所」の目次にジャンプします。

【横綱取組内容目次】
第69代横綱 白鵬
第70代横綱 日馬富士
第71代横綱 鶴竜
第72代横綱 稀勢の里


【場所別目次】
2020年
 ◇一月場所(初場所)取組内容・目次
 ◇三月場所(春場所)取組内容・目次 New!!

2019年
 ◇一月場所(初場所)取組内容・目次
 ◇三月場所(春場所)取組内容・目次
 ◇五月場所(夏場所)取組内容・目次
 ◇七月場所(名古屋場所)取組内容・目次
 ◇九月場所(秋場所)取組内容・目次
 ◇十一月場所(九州場所)取組内容・目次
 ■2019年間ランキング(十両以上の力士の取組から、勝利数、待った回数、物言い数、取組時間)

2018年
 ◇一月場所(初場所)取組内容・目次
 ◇三月場所(春場所)取組内容・目次
 ◇五月場所(夏場所)取組内容・目次
 ◇七月場所(名古屋場所)取組内容・目次
 ◇九月場所(秋場所)取組内容・目次
 ◇十一月場所(九州場所)取組内容・目次
 ■2018年間ランキング(十両以上の力士の取組から、勝利数、待った回数、物言い数、取組時間)

2017年
 ◇一月場所(初場所)取組内容・目次
 ◇三月場所(春場所)取組内容・目次
 ◇五月場所(夏場所)取組内容・目次
 ◇七月場所(名古屋場所)取組内容・目次
 ◇九月場所(秋場所)取組内容・目次
 ◇十一月場所(九州場所)取組内容・目次
 ■2017年間ランキング(十両以上の力士の取組から、勝利数、待った回数、物言い数、取組時間)

2016年
※2016年以降、十両取組内容書き起こしを省略(詳しく→こちらを
 ◇一月場所(初場所)取組内容・目次
 ◇三月場所(春・大阪場所)取組内容・目次
 ◇五月場所(夏場所)取組内容・目次
 ◇七月場所(夏場所)取組内容・目次
 ◇九月場所(夏場所)取組内容・目次
 ◇十一月場所(九州場所)取組内容・目次
 ■2016年間ランキング(十両以上の力士の取組から、勝利数、待った回数、物言い数、取組時間)

※2015年以前を見たい方は「続きを読む」をクリック!

2020年春場所(三月)取組内容・目次

2020年春場所(三月)場所用の目次です。
色の変わった文字を押すと、それぞれのページを表示します。

◆番付
幕内番付(似顔絵つき)
十両番付

◆各日取組内容
◇初日    幕内   十両
◇二日目   幕内   十両
◇三日目   幕内   十両
◇四日目   幕内   十両
◇五日目   幕内   十両
◇六日目   幕内   十両
◇七日目   幕内   十両
◇八日目   幕内   十両
◇九日目   幕内   十両
◇十日目   幕内   十両
◇十一日目  幕内   十両
◇十二日目  幕内   十両
◇十三日目  幕内   十両
◇十四日目  幕内   十両
◇千秋楽   幕内   十両

初日協会挨拶全文
千秋楽協会挨拶全文

新序一番出世披露
新序二番出世披露

◆優勝インタビュー
幕内 白鵬(無観客のためインタビュールームで)
十両 琴勝峰
幕下 錦富士
三段目 宇良 New!!
◇序二段
◇序ノ口

◆各日まとめ及び成績上位者変遷
幕内(初日~千秋楽)
十両(初日~千秋楽)

◆星取表 (別ウィンドウで表示します)
幕内星取表-1(横綱~前頭5)
幕内星取表-2(前頭6~17)
十両星取表

◆各種データ順位
幕内各種データ順位
十両各種データ順位

《総合目次へ》

白鵬 2020年春(三月)場所取組内容

202003-はくほう

43回目優勝の翌場所だった先場所は、腰の炎症、破傷風での発熱のために四日目から休場。1勝3敗11休の成績だった。→先場所の取組内容

場所前、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2/25に行われるはずだった赤ちゃん抱っこ撮影会は中止。力士会に参加する際、白鵬もマスク姿に。→力士会 白鵬
3/1の臨時理事会で、春場所は史上初の無観客開催が決定。翌日取材を受けた白鵬は、「こういう形で相撲を取るというのは……初めてですし、想像できない」と話した。→取材を受ける白鵬

迎えた異例の春場所、初日は、先場所苦杯をなめさせられた小結遠藤と対戦。叩き込んで白星発進。
二日目、先々場所優勝した際、ただひとり敗れた大栄翔と対戦。掬い投げで倒して連勝。
三日目、大関から陥落し、2016年5月以来の平幕となった高安と対戦。寄り切って3連勝。
その後も、隠岐の海、先場所優勝者 徳勝龍、豊山、同じく初日から6連勝の御嶽海と白星を連ね、七日目には単独トップに立つ。
八日目、阿炎をとったりで倒し、49回目中日勝ち越し
九日目、竜電を押し出して9連勝。1差で追うのは平幕の隆の勝、碧山の2人。
十日目、過去2戦2勝の阿武咲と対戦。途中引いた際に、一気に前に出られ、押し出されて金星配給。初黒星を喫し、碧山と2人でトップに並ぶ展開に変わる。
十一日目、小結北勝富士を押し出して連敗せず、10勝目。
十二日目、3年ぶりに関脇に復帰した正代と対戦。張り手を何度も見せるなど雑な取り口で、相手に両差しになられて寄り切られ、2敗に後退。平幕の碧山が単独トップに立つ。
十三日目、大関昇進を目指す関脇朝乃山と対戦。低い踏み込みから一気に前に出る。土俵際、体を離されたものの、相手より後に土俵を割り、連敗せずに11勝目。碧山が敗れたため、2敗で白鵬、鶴竜、碧山の3人が並ぶ展開に。
十四日目、碧山と直接対戦。突き放す相手の腕を手繰り、突き落としからの上手投げ。相手をトップから引きずり下ろし、2敗は白鵬と鶴竜の2人のみに。
優勝の行方は、2013年11月場所以来の、千秋楽横綱相星決戦へ。25秒の相撲の末、鶴竜を寄り切り、13勝2敗44回目の優勝を決める。
待った回数は、今場所の幕内で最多の5回。→幕内取組 各種データ順位

通常、優勝表彰式途中、土俵下で行われる優勝インタビューは、取組直後、インタビュールームで髷を直しながらに。→優勝インタビュー全文<(支度部屋は報道陣の出入り禁止)
表彰式は、土俵下で全幕内力士が整列する中で行われるなど、無観客開催のため異例のものとなる。→表彰式の様子

千秋楽翌日の会見では、優勝の喜びとともに、力士に感染者が出たら打ち切りになるという緊張の場所を終えてホッとした気持ち、大関に昇進した朝乃山への期待を語る。→日刊スポーツ記事(記事が表示されない場合は →こちら



(初) 遠藤戦 ○叩き込み 1.9秒
 遠藤、先に右手をつく。白鵬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。白鵬、右から張り、右肘を固めて当たる。遠藤、少し下がって差そうとする。白鵬、そこを叩く。遠藤、土俵に落ち、白鵬、その上に落ちてつぶす形になる。
20200308 01 621 白鵬 叩き込み 遠藤 40

(2) 大栄翔戦 ○掬い投げ 9.3秒
 大栄翔、先に両手をつく。白鵬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。白鵬、右から張る。大栄翔、左肘を固めて当たる。白鵬、右押っ付けで押し上げて右を差し、左も差して両差しになり、前に出る。大栄翔、右へ回りながら左を巻き替えようとするが土俵際。白鵬、再び右を差し込み、土俵際の相手を左から手前に掬い投げ。大栄翔、土俵に裏返り、白鵬、その上に乗る。
20200309 02 620 白鵬 掬い投げ 大栄翔 40

(3) 高安戦 ○寄り切り 17.1秒
 高安、先に右手をつく。白鵬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。白鵬、右から張り、やや右へ踏み出す。高安、右へ回る。白鵬、右から突いて更に右へ回る。高安、泳ぎかけるが踏み止まる。両者、突き放し合う。白鵬、左上手を探るが取れず、左喉輪で押し上げる。高安、右喉輪で押し返す。白鵬、左で突いて喉輪を外し、右から張り、叩きながら右へ開く。高安、前のめりになって土俵際。白鵬、右で押っ付けながら前に出る。高安、堪えて中に戻る。白鵬、左上手を探るが取れず、叩く。高安、前のめりになるが堪える。白鵬、右で突いて相手を土俵際にし、右押っ付け、左喉輪で押し上げる。高安、両足を俵に掛けて上体が起きる。白鵬、右上手を取って寄る。高安、右から掬おうとする。白鵬、体を寄せて寄り切る。
20200310 03 621 白鵬 寄り切り 高安 40

(4) 隠岐の海戦 ○上手投げ 25.0秒
 隠岐の海、先に手をつく。白鵬、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込み、左上手に手を掛ける。隠岐の海、両肘を固めて当たり、腰を引いて上手を与えず。白鵬、右を差す。両者、右下手を取る。白鵬、右下手で振り、左上手を探るが取れず、右下手を深くし、左上手に手を伸ばす。隠岐の海、深い右下手を持ち、じりじり左へ動いて相手に上手を与えず。両者、左上手を探る。隠岐の海、右下手を持って前に出る。白鵬、その機に左上手を取り、両廻しを引きつけ、左上手投げで体を入れ替える。隠岐の海、俵の外に出る。
20200311 04 620 白鵬 上手投げ 隠岐の海 37
〔誕生日白星インタビューを受ける白鵬〕
20200311 04 620 白鵬 上手投げ 隠岐の海 75 誕生日白星インタビュー

(5) 徳勝龍戦 ○下手投げ 13.9秒
 徳勝龍、右手をつく。白鵬、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、左肘を固めて頭を下げる。白鵬、右肘を固めて低く踏み込み、左を差し込み、右で差し手争いをしながら前に出る。徳勝龍、土俵際、左を差し勝ち、差し手を大きく返して前に出る。白鵬、左から掬いながら左へ回り、右上手に手を伸ばすが取れず、深い左下手を取る。徳勝龍、左差し手を返して前に出る。白鵬、左下手を持って堪え、土俵際、体を開いて左下手投げ。徳勝龍、右上手に手を掛けるが切れ、左肘から土俵に落ちる。
20200312 05 621 白鵬 下手投げ 徳勝龍 40

(6) 豊山戦 ○寄り切り 2.1秒
 豊山、先に両手をつく。白鵬、腰を下ろし、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。豊山、右手を出して頭から踏み込もうとする。白鵬、左から張り、右を差す。豊山、左上手に手を伸ばすが取れず。白鵬、右差しで前に出る。豊山、右喉輪で押すが俵に詰まる。白鵬、左も差して寄り切る。
20200313 06 619 白鵬 寄り切り 豊山 40

(7) 御嶽海戦 ○押し出し 6.1秒
 御嶽海、先に手をつく。白鵬、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。白鵬、左から張って右を差そうとする。御嶽海、両肘を固めて頭から当たる。白鵬、左上手を取る。御嶽海、右を差して差し手を返し、前に出ようとしながら左で差し手争いをする。白鵬、左上手を離さず、右上手前廻しを取る。御嶽海、左を抜いて後ろ廻しに手を伸ばすが取れず。白鵬、右で押っ付けながら前に出、右を差す。御嶽海、引いて体を離す。白鵬、下から押しながら前に出る。御嶽海、上体が起きて俵を割る。
20200314 07 620 白鵬 押し出し 御嶽海 43

(中) 阿炎戦 ○とったり 2.6秒
 阿炎、先に手をつく。白鵬、右手を動かす。阿炎、突っ掛ける。2度目、阿炎、先に手をつく。白鵬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿炎、長い腕で両手突き。白鵬、右肘で相手の腕を撥ね上げる。阿炎、右喉輪で押し上げる。白鵬、相手の右腕を手繰り、後ろから抱えようとする。阿炎、右足が返って右膝から崩れ落ちる。
20200315 08 619 白鵬 とったり 阿炎 40

(9) 竜電戦 ○押し出し 7.3秒
 竜電、先に左手をつく。白鵬、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。竜電、右手を出して頭から当たる。白鵬、右かち上げで相手を起こす。竜電、顎に向かって押し上げる。白鵬、下がらず、頭を下げる。竜電、再び顎に向かって押し上げる。白鵬、右で顎を押し上げ、相手の右腕を手繰って左へ回り、左上手に手を掛ける。竜電、俵に詰まる。白鵬、左押っ付け、右喉輪で押し上げる。竜電、上体が起きて俵を割る。
〔竜電の右腕を手繰る白鵬〕
20200316 09 620 白鵬 押し出し 竜電 30 竜電の右腕を手繰る白鵬
〔白鵬の押し出し〕
20200316 09 620 白鵬 押し出し 竜電 40

(10) 阿武咲戦 ●押し出し 7.1秒
 阿武咲、先に右手をつく。白鵬、腰を下ろし、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右手を出して頭から当たる。白鵬、右でかち上げる。阿武咲、下がらず、右喉輪で押し上げる。白鵬、やや仰け反るが堪え、顎に向かって突き放す。阿武咲、左へ回る。白鵬、叩いて左で突き、左上手を探る。阿武咲、向き直って相手の右腕を手繰り、土俵際左で突いて左へ回る。白鵬、向き直って叩きながら引く。阿武咲、そこを押して一気に前に出る。白鵬、土俵下に吹っ飛び、ぶつかった九重審判は後ろにひっくり返る。
20200317 10 619 阿武咲 押し出し 白鵬 37
〔九重審判にぶつかる白鵬〕
20200317 10 619 阿武咲 押し出し 白鵬 50-11 九重審判にぶつかる

(11) 北勝富士戦 ○押し出し 2.0秒
 北勝富士、右手をつく。白鵬、右手をつこうとする。北勝富士、突っ掛ける。2度目、北勝富士、右手をつく。白鵬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。白鵬、右肘を固めて踏み込む。北勝富士、頭を下げてやや左へ踏み出し、左で押っ付け、右喉輪で押す。白鵬、前に出ながら相手の喉輪を外し、低い体勢で一気に押す。北勝富士、土俵下に吹っ飛んで客席に転がる。
20200318 11 620 白鵬 押し出し 北勝富士 40

(12) 正代戦 ●寄り切り 8.5秒
 正代、先に両手をつく。白鵬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。正代、両肘を固める。白鵬、右から張り、右肘を固めてやや右へ踏み出す。正代、向き直る。白鵬、更に右から張り、左上手前廻しを探る。正代、土俵際、両差しになろうとするが、腰を引いて上手を与えず。白鵬、右から張り、突き放し、叩く。正代、頭で相手の胸を押すように前に出る。白鵬、上体が起き、少し下がって体勢を低くし、相手の顔を押し上げて起こそうとする。正代、両差しになる。白鵬、左上手を取れず、左で押っ付けるが俵に詰まる。正代、右下手を取って寄る。白鵬、俵の外に出る。
〔頭で白鵬を押す正代〕
20200319 12 619 正代 寄り切り 白鵬 25 頭で白鵬を押す正代
〔正代の寄り切り〕
20200319 12 619 正代 寄り切り 白鵬 35

(13) 朝乃山戦 ○押し出し 3.2秒
 朝乃山、先に両手をつく。白鵬、腰を下ろし、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固める。白鵬、両肘を固めて低く踏み込み、右を差す。朝乃山、得意の右を差せず、左上手に手を掛けるが取れず。白鵬、右差し手を返して一気に前に出る。朝乃山、上体が起きて俵に詰まり、俵の上で右に回って体を離す。両者、体が離れて前のめりになる。朝乃山、先に左足で俵の外に出る。その後、白鵬、俵の外に飛び出、両者、土俵下に落ちる。
20200320 13 620 白鵬 押し出し 朝乃山 35
20200320 13 620 白鵬 押し出し 朝乃山 40

(14) 碧山戦 ○上手投げ 4.8秒
 両者、腰を下ろそうと中腰になる。白鵬、上体を起こす。少しして、碧山も、上体を起こす。両者、仕切り直し。2度目、白鵬、腰を下ろす。碧山、腰を下ろす。白鵬、右、左とサッと手をつき、右肘を固めて突っ掛ける。3度目、両者、ほぼ同時に腰を下ろす。碧山、右、左と手をつく。白鵬、すぐに手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。碧山、右手を出し、左肘を固め、頭から踏み込む。白鵬、右肘を固めて当たり、左を差して差し手を返し、右で押っ付ける。碧山、突き放す。白鵬、相手の右腕を手繰り、左から突き、泳いだ相手から左で後ろ廻しを取り、そのまま上手投げ。碧山、土俵に転がる。その後、白鵬、前に倒れて土俵に転がり、両者、土俵下に落ちる。
20200321 14 619 白鵬 上手投げ 碧山 37

(楽) 鶴竜戦 ○寄り切り 24.5秒
 白鵬、両手をサッとついて突っ掛ける。2度目、白鵬、両手をサッとつく。鶴竜、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。白鵬、右肘を固めて踏み込む。鶴竜、右肘を固め、頭から低く踏み込んで左上手前廻しを取って前に出る。白鵬、右下手を取って右へ回り、腰を右に捻って相手に下手を与えず、左上手に手を伸ばすが取れず、左を巻き替え、両差しになり、体勢を低くして深い左下手も取る。鶴竜、すぐに左を巻き替えて左下手を取り、右上手に手を伸ばすが取れず、相手の左腕に体重をかける。両者、左四つで止まる(約6秒間)。鶴竜、左下手を持ち、右で押っ付けながら下手を切ろうとするが切れず、一呼吸後、上体を起こして右を巻き替えようとする。白鵬、両廻しを引きつける。鶴竜、巻き替えを止め、右上手を取り、両廻しを引きつけ、右足外掛けに行く。白鵬、少し下がって足を外す。鶴竜、その機に右を巻き替えて差す。白鵬、すぐに右肘を張って相手の上手を切り、低い体勢で一気に前に出る。鶴竜、俵を割る。
〔右外掛けに行く鶴竜〕
20200322 15 620 白鵬 寄り切り 鶴竜 30-2 右外掛けに行く鶴竜
〔白鵬の寄り切り〕
20200322 15 620 白鵬 寄り切り 鶴竜 40

《2020年春場所取組内容・目次へ》

2020年春(3月)場所 序ノ口優勝 篠原

■序ノ口 篠原(しのはら) (初)

強豪である静岡県飛龍高校相撲部出身。高校横綱の大桑(今の颯富士)とチームメイト。
2020年1月初土俵。→新序出世披露
初めて番付に載った今場所、西序ノ口22枚目で7戦全勝で優勝。

〔表彰状を受け取る篠原〕
20200322 15 535 各段優勝表彰式 序ノ口 篠原

〔優勝インタビュー〕
インタビュアーは、沢田石和樹アナウンサー

<序ノ口優勝、藤島部屋の篠原さんです。おめでとうございます>
ありがとうございます。
20200320 13 593 篠原 序ノ口優勝インタビュー 05 ありがとうございます

<優勝です。どうですか?>
うれしいです。
<優勝は、どうですか?狙っていましたか?>
いや、狙ってなかったです。4勝3敗で勝ち越せればいいと思っていました。
<それが優勝ですよ>
うれしいです。はい。
20200320 13 593 篠原 序ノ口優勝インタビュー 09 勝ち越せれればいいと

<きょうは序二段の石原さんとの相撲でしたが、かち上げてから一気に前に出る押し相撲。良かったですね。どうですか、振り返って>
前に出ようというのしか、考えてなかったです。
20200320 13 593 篠原 序ノ口優勝インタビュー 21 篠原-石原戦

<優勝が決まったときは、どうでした?>
うれしかったです。
母親と、あと、小学校中学校で教えてもらった富士市の先生に早く教えたいと思いました。

<いい報告になりますね。静岡県飛龍高校の相撲部出身で、今回は高校で相撲の経験がある力士との対戦が続く中で、優勝できたのは何が良かったですか?>
そうですね、高校時代は四つ相撲をやっていたんですけれど、藤島部屋に入って、前に出る押し相撲を磨いてこようと思ったので、その押し相撲ができたので、良かったと思います。
20200320 13 593 篠原 序ノ口優勝インタビュー 30 高校時代は四つ相撲

<高校を卒業するときは、入門するか、就職するか、進学するか、進路をかなり迷ったと聞きましたが>
はい、そうです。迷いました。
ただ、全日本とか出ている、今の颯富士(はやてふじ)さんとかに感化されました。
<高校のチームメイトで、クラスメイトでもあった大桑(本名)の颯富士さんですね>
はい。

大相撲の世界、慣れましたか?どうですか?>
慣れましたね。はい。
<最初はまだ戸惑いなどありましたか?>
そうですね。挨拶の仕方とかが独特なので、高校とかと違ったりして、初めの方は、慣れなかったです。
稽古はどうですか?>
稽古は、高校の頃より相撲を取る番数も多くて、結構つらいです。
20200320 13 593 篠原 序ノ口優勝インタビュー 47 稽古つらいです

<今、どんなを持っていますか>
4年で関取に上がって。… 上がりたいです。

<是非その夢、稽古に精進して叶えてください>
ありがとうございます。
<おめでとうございました>
ありがとうございました。
<藤島部屋の篠原さんでした>

《2020年春場所取組内容・目次へ》

2020年春(3月)場所 序二段優勝 出羽ノ龍

■序二段 出羽ノ龍(でわのりゅう) (初)

モンゴル出身。15歳で福岡県の希望が丘高校に相撲留学。全国高校総体に出場経験あり。
2019年11月、初土俵。
序ノ口で、初めて番付に載った先場所、初日に二本柳(序ノ口優勝)に敗れて黒星スタートとなるが、その後は勝ち、6勝1敗。
西序二段15枚目で迎えた今場所は、7戦全勝で序二段優勝

〔表彰状を受け取る出羽ノ龍〕
20200322 15 534 各段優勝表彰式 序二段 出羽ノ龍

〔優勝インタビュー〕
インタビュアーは、沢田石和樹アナウンサー

<序二段優勝、出羽海部屋の出羽ノ龍さんです。おめでとうございます>
ありがとうございます。
20200320 13 592 出羽ノ龍 序二段優勝インタビュー 05 ありがとうございます

<序二段優勝、喜びどうですか?>
先場所、序ノ口初日で負けてしまったんで、今場所優勝できてうれしいです。
20200320 13 592 出羽ノ龍 序二段優勝インタビュー 09 優勝出来てうれしい

<狙っていましたか?>
そうですね。狙っていました。はい。

<きょうは流武さんとの対戦でしたが、押し相撲を磨いているという出羽ノ龍さん、きょうは両差しで寄り切りました>
立合いから両差しで行こうという作戦で。両差しで行きました。
<どうしてその作戦を?>
立合い、早く踏み込んで、中に入ろうと思って。はい。行きました。
20200320 13 592 出羽ノ龍 序二段優勝インタビュー 21 出羽ノ龍 寄り切り 流武

<素晴らしい相撲でしたけれども、モンゴル出身で、高校は福岡県の希望が丘高校に留学するために、15歳で来日しましたけれども、モンゴルで相撲は何歳からやっていたんですか?>
8歳のときから、日本の相撲をモンゴルで始めて、小さいときからモンゴルの先輩たちを見て、憧れて、大相撲に入るという目標がありました。
<モンゴルにいたころは、どんな力士に憧れていましたか?>
朝青龍関や、白鵬関の相撲や気迫、力強い相撲を見て、憧れていました。

<今、出羽海部屋では、どんな相撲を目指して稽古に励んでいますか?>
部屋の関取の御嶽海関のような、押し相撲を磨いています。
<胸も借りて稽古をしていると聞きましたが、どんなことを教わっていますか?>
押し相撲、特に、肘を使って押すこととか、細かいところを教えてくれるんで、恩返しできるように頑張りたいです。

<序二段優勝の報告はしましたか?>
いま、支度部屋で(報告)して、「おめでとう」と言って握手してもらいました。
<良かったですね。モンゴルのご両親には報告しましたか?>
まだしてないです。
<どんな風に報告しましょう>
「優勝したよ」って。はい。
20200320 13 592 出羽ノ龍 序二段優勝インタビュー 51 優勝したよ

<是非報告してください。この後の目標は?>
次の三段目でも優勝できるように、一日一日稽古頑張っていきたいです。
<期待しています>
がんばります。ありがとうございます。
<おめでとうございました。出羽ノ龍さんでした>
ありがとうございました。

《2020年春場所取組内容・目次へ》

2020年春(3月)場所 三段目優勝 宇良

■三段目 宇良(うら) (2回目)

2015年3月初土俵。翌5月、序ノ口優勝
自己最高位 前頭4枚目だった2017年7月、日馬富士から金星を獲得するも、十日目の新大関高安との対戦で右膝を痛める。→2017年7月場所取組内容
翌9月場所の二日目の貴景勝戦、俵で堪えた際に右膝を更に痛めて土俵に戻れず。これが右膝前十字靭帯断裂の大怪我だった。→2017年9月場所取組内容
そこから5場所連続全休
2018年9月、三段目91枚目で土俵に復帰。6勝1敗の成績を上げる。翌11月、三段目優勝→三段目優勝インタビュー全文
翌11月、幕下に復帰するが、五番目の相撲 豊昇龍戦で、右膝を再び負傷→宇良、右膝負傷場面
そこから4場所連続で全休し、昨年2019年11月、序二段106枚目で土俵に復帰。
2020年1月、序二段28枚目で7戦全勝。決定戦で序二段優勝→序二段優勝インタビュー全文
各段優勝は2場所連続、4度目

〔表彰状を受け取る宇良〕
20200322 15 533 各段優勝表彰式 三段目 宇良

〔優勝インタビュー〕
インタビュアーは、三瓶宏志アナウンサー

<決定戦で三段目優勝を決めました、宇良さんのインタビューです。おめでとうございます>
ありがとうございます。
20200322 15 592 宇良 三段目優勝インタビュー 05 ありがとうございます

<今場所もまた、決定戦になりましたね>
ああ、そうですね。はい。
<本当に宇良さん、決定戦が多いですけれども、きょうはどんな気持ちで土俵に上がりましたか?>
やっぱりここまで来たからには、優勝したいという気持ちで土俵に上がりました。
20200322 15 592 宇良 三段目優勝インタビュー 09 優勝したい気持ち

<しかも相手が、同じ部屋の兄弟子で、関取時代には付け人についてもらったこともある南海力さんでしたけれども。十三日目(対戦)相手が決まってから部屋ではどんな感じだったんですか?>
いや、もう、決定戦の話はあまりすることはなかったんですけど。
普段通り、普通にお話しして過ごしてました。はい(笑)。
20200322 15 592 宇良 三段目優勝インタビュー 13 普通にお話し

<取りにくさというのはなかったですか?>
お互いの出方が分かっている分、取りやすいようで、やっぱりちょっとやりにくい部分はありました。
20200322 15 592 宇良 三段目優勝インタビュー 17 取りにくさ

<宇良さんも南海力さんのことがよく分かっているし、相手も宇良さんのことがよく分かっているわけですよね>
あー、そうですね。はい。やはり稽古場と同じようにいかなかったです。
<稽古場とは違いましたか、きょうの相撲は>
稽古場では、もっと前に出て、という相撲なんですけど。
<一瞬、南海力さん得意の右が入りましたけれども、あのときは?>
いやー、危なかったですね。はい(笑)。ちょっとヒヤッとしました。
あれだけはされたらダメだなと。
20200322 15 592 宇良 三段目優勝インタビュー 29 危なかった

<これで来場所幕下ですけれども、幕下に戻れるという思いはどうですか?>
そうですね。まだちょっと自分の実力が通用するか不安な部分はたくさんあるんですけど。来場所に向けて、しっかり稽古積んで、頑張りたいと思います。
内容、だいぶ良くなってきたんじゃないですか?>
いやいや。どうですかね? そう見ていただければ、うれしいですね。
20200322 15 592 宇良 三段目優勝インタビュー 41 内容良くなってきたと言われ

<とにかくでもこの春場所の土俵に立てた嬉しさもあったんじゃないかと思いますが>
はい、やはり2年ぶりだったんで。うれしいです。
<来場所も期待しています。おめでとうございました>
ありがとうございました。
<三段目優勝の宇良さんでした>
20200322 15 592 宇良 三段目優勝インタビュー 70 おわり

《2020年春場所取組内容・目次へ》

2020年春(3月)場所 幕下優勝 錦富士

■幕下 錦富士(にしきふじ) (初)

2016年9月、初土俵。
初めて番付に載った2016年11月、序ノ口優勝
翌2017年1月、序二段優勝。序二段優勝インタビュー
自己最高位の東幕下3枚目だった2019年9月、左肘を負傷(筋断裂)して途中休場し、手術→秋場所八日目・十両。(取組時間等)(錦富士、十両土俵で勢と対戦)
翌11月場所、全休
今年1月、西幕下58枚目で土俵に復帰し、4勝3敗と勝ち越し。
続く今場所、7戦全勝で幕下優勝を決めた。

〔表彰状を受け取る錦富士〕
20200322 15 532 各段優勝表彰式 幕下 錦富士

〔優勝インタビュー〕
インタビュアーは、沢田石和樹アナウンサー

<幕下優勝、伊勢ヶ濱部屋の錦富士さんです。おめでとうございます>
ありがとうございます。

<3年前の序二段優勝以来の各段優勝ですが、どうですか>
やっぱり久しぶりなので。ちょっと、なんとも言えない嬉しさがあります。
20200320 13 591 錦富士 幕下優勝インタビュー 09 何とも言えない嬉しさ

優勝はどの辺りから意識しましたか>
5勝目ぐらいを上げたときから、「ちょっと頑張って(優勝を)狙おうかな」と、思いながら一番一番、大事に取ってました。
20200320 13 591 錦富士 幕下優勝インタビュー 13 一番一番大事に

<きょう優勝が懸かる相撲は、幕下の旭蒼天さんとの相撲でしたが、頭からきょうは当たって行きましたね>
とりあえず「踏み込みを大事に」というのは考えていて。「左四つで行こうかな」と思っていたんですけれど、結果的に「頭からかます」という形で当たりました。
20200320 13 591 錦富士 幕下優勝インタビュー 21 旭蒼天戦 01
20200320 13 591 錦富士 幕下優勝インタビュー 21 旭蒼天戦 40

<その左四つが得意な錦富士さんですが、去年の秋ですね、十両 目前の番付で、左肘の怪我をして、そこから2場所休場がありました。そのときはどうでしたか>
すごい苦しい思い、悔しい思いをした中で、師匠(伊勢ヶ濱親方)、安治川親方(元 安美錦)、関取衆、あと、同期の翠富士など、たくさんの人に支えられて、なんとか頑張れた中で、
一番やっぱり翠富士に、先に十両昇進、越されたという、嬉しいような、悔しいような、モヤモヤする思いがある中で、
そうっすね、何とか今場所、成績を上げられたので、良かったと思います。
20200320 13 591 錦富士 幕下優勝インタビュー 31 成績上げられて良かった

<その左肘の状態、今はどうですか?>
だいぶ良くなってきて、治療の方も、リハビリも、うまく、順調に進んでいるので、また来場所、最高位(昨年9月の東幕下3枚目)に近い位置に戻ると思うんで、また稽古して頑張りたいと思います。

<今場所はゲン担ぎもしていたと聞きました>
安治川親方が、いつも「一緒にカレーを食べる」というゲン担ぎをして下さって。
僕がずっと勝ち続けているので「もう飽きたよ」と言いながらも、毎日一緒に食べることができて、良かったです。
<じゃあ今晩は、優勝して何を食べましょう>
逆に僕が(カレーを)作って安治川親方に食べていただきたいと思います。
20200320 13 591 錦富士 幕下優勝インタビュー 55 安治川親方に作る

<いい報告、恩返しになりますね>
はい。そうですね。良かったと思います。
20200320 13 591 錦富士 幕下優勝インタビュー 57 恩返しできて良かった

<来場所また上位に上がりますので、是非、期待しています>
がんばります。
<錦富士さんでした。おめでとうございました>
ありがとうございました。
20200320 13 591 錦富士 幕下優勝インタビュー 61 がんばります

《2020年春場所取組内容・目次へ》

2020年春(3月)場所 十両優勝 琴勝峰

■十両 琴勝峰(ことしょうほう) (初)

2017年11月、「琴手計(ことてばかり)」という四股名で初土俵。→前相撲→新序出世披露
翌場所の2018年1月は、6勝1敗で並んだ塚原との決定戦に敗れて序ノ口優勝を逃す。→塚原との決定戦
新幕下だった2018年9月は、3勝4敗と初めて負け越す。→ザンバラ髪の琴手計
それ以降は勝ち越しを続け、2019年11月、新十両に。四股名を「琴勝峰」に改める。→新十両インタビュー
十両3場所目の今場所、12勝3敗十両優勝

〔表彰状を受け取る琴勝峰〕
20200322 15 531 各段優勝表彰式 十両 琴勝峰

〔優勝インタビュー〕
インタビュアーは、三瓶宏志アナウンサー
20200322 15 591 琴勝峰 十両優勝インタビュー 01

<十両優勝、琴勝峰関のインタビューです。おめでとうございます>
ありがとうございます。
20200322 15 591 琴勝峰 十両優勝インタビュー 05 ありがとうございます

<(各段優勝は)初めて。幕下以下でも、優勝がなかったんですね>
はい。初めてです。

<どうですか、このインタビュールームの感じは?>
まあ(周囲を見回し)…ちょっと緊張しています。
20200322 15 591 琴勝峰 十両優勝インタビュー 10 インタビュールームの感じは?

<いやー、きょうは強い相撲でしたね>
朝、師匠からも言われたんですけれども、「思い切って行くしかない」「やるしかない」という風に言われたんで、本当「やるしかない」という気持ちで、行きました。
〔千秋楽 ○琴勝峰 押し倒し 千代の海●〕
20200322 15 504 琴勝峰 押し倒し 千代の海 38

<きょうの相撲は、どの辺りが一番良かったですか>
立合いからしっかり前に出られたことが良かったと思います。

きのう勝てば優勝」という状況だったんですが、きのうの心の中はどういう感じでしたか?>
もうそれ(優勝)ばっか意識しちゃって足が全然出ていなくて、そこはやっぱ、反省しないといけないと思います。
20200322 15 591 琴勝峰 十両優勝インタビュー 15 きのうは優勝を意識
<やはり、優勝の意識は相当あったんですね>
はい、きのうはもう本当に、めちゃめちゃ考えちゃいました

<ということはきょうは、しっかり気持ちを切り替えられたと>
やっぱ考えちゃってったんですけど。やるしかないんで、そういう気持ちで行きました。

<今場所、十両3場所目ですけれども、全体を振り返ってどうでしたか?>
体がよく動いていて、良かったと思います。

<ここ2場所に比べても、内容としては、自分としてはどうなんですか?>
そうですね。焦ることなく落ち着いて行けていたと思います。
20200322 15 591 琴勝峰 十両優勝インタビュー 40 焦ることなく落ち着いて

<関取は若いですし、各親方が関取に期待する声、たくさんあるんですけれども、関取にも(その声が)届いていますか?>
あっもう、結構、聞かせてもらうときもあります。
<どんな感じですか?>
本当に、光栄です。
20200322 15 591 琴勝峰 十両優勝インタビュー 45 周囲の期待の声

<今場所は十両の上の方で好成績者が多いので、来場所、幕内、行けそうな感じもありますが、ご自分ではどうですか?>
もう、やれることはやったんで、また、次の場所に向けて、しっかり地力つけていきたいです。
20200322 15 591 琴勝峰 十両優勝インタビュー 65 地力をつけていきたい

<来場所も楽しみにしています。>
ありがとうございます。
<おめでとうございました>
ありがとうございました。
<十両優勝の琴勝峰関でした>
20200322 15 591 琴勝峰 十両優勝インタビュー 85 ありがとうございました

《2020年春場所取組内容・目次へ》