FC2ブログ

名古屋場所

照強 2019年名古屋(七月)場所取組内容

201907-てるつよし

入幕2場所目で前頭15枚目だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容

西前頭16枚目と幕尻で迎えた今場所、初日は再入幕の琴勇輝を引き落として白星発進。
二日目 再入幕の豊ノ島、三日目 初対戦の魁聖と白星を連ねる。
四日目、同じ3連勝スタートの炎鵬と対戦。押し倒して星を伸ばす。
五日目、矢後を押し出して5連勝。鶴竜、白鵬の2横綱、平幕の友風と4人でトップに並ぶ。
六日目、佐田の海に浴びせ倒されて初黒星。
七日目、十両の徳勝龍を押し出して6勝目。
八日目、過去2戦2敗の輝に引き落とされて2敗目。
九日目、栃煌山を押し出して7勝目。勝ち越しまであと一つとする。
兄弟子で十両の安美錦が引退を表明した十日目、「絶対勝とう」と土俵に上がり、千代丸を押し出して勝ち越しを決める。→スポーツ報知記事「照強、安美錦にささげる勝ち越し」(記事が表示されない場合は →こちら
そのまま錦木、初対戦の妙義龍と勝ち、二桁勝利を上げる。
十三日目、初対戦の阿武咲を押し出して5連勝。この日勝ちっぱなしで単独トップだった横綱鶴竜が敗れ、1敗の鶴竜、白鵬の2横綱を1差で追う状況になる。
十四日目、初対戦の北勝富士に突き落とされて3敗目。
千秋楽、全勝だった横綱鶴竜を破った友風と対戦。押し出して勝ち、12勝3敗優勝に次ぐ成績を上げるとともに、敢闘賞を受賞。

「押し出し」での勝利数10回は、今場所、幕内での最多同一決まり手勝利数→幕内取組各種データ順位



(初) 琴勇輝戦 ○引き落し 3.7秒
 照強、先に右手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。照強、素早く立ち、頭から踏み込む。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。照強、右に開く。琴勇輝、俵の外に飛び出す。
20190707 01 601 照強 引き落とし 琴勇輝 38

(2) 豊ノ島戦 ○押し出し 9.9秒
 照強、先に右手をつく。豊ノ島、右手をサッとつき、両腕を内に入れて踏み込む。照強、頭から当たり、右に回りながら右上手を取る。豊ノ島、乗じて前に出、左差し手を返して相手の上手を切ろうとする。照強、上手を離さず中に戻る。豊ノ島、左下手を取る。照強、腰を振って下手を切ろうとするが切れず、右上手を浅く持ち替える。豊ノ島、相手の上手を切り、叩きながら引く。照強、乗じて右押っ付けで前に出、左筈で押し上げる。豊ノ島、上体が起きて俵を割る。
20190708 02 602 照強 押し出し 豊ノ島 40

(3) 魁聖戦 ○押し出し 2.7秒
 両者、ほぼ同時に手をついて立つ。照強、やや左へ踏み出し、手を出して頭から当たり、相手の左腕を手繰りながら左へ回って体を入れ替え、土俵際の相手を押す。魁聖、俵を割る。
20190709 03 601 照強 押し出し 魁聖 40

(4) 炎鵬戦 ○押し倒し 2.8秒
 炎鵬、先に右手をつく。照強、手をサッと動かし、頭から低く当たって一気に前に出て押し出す。炎鵬、土俵下に落ちるが、行司 木村銀治郎、止める。2度目、炎鵬、先に右手をつく。照強、手をサッとつく。炎鵬、素早く立ち、低く踏み込んで左を差す。照強、右押っ付けで一気に前に出、左で相手の右頬を下向きに押す。炎鵬、左へ大きく傾き、左膝が曲がって右足を大きく上げ、土俵に手をついて下に落ちる。
20190710 04 602 照強 押し倒し 炎鵬 40

(5) 矢後戦 ○押し出し 15.1秒
 照強、先に右手をつく。矢後、仕切り線後方で手をつこうとする。照強、突っ掛ける。2度目、矢後、先に左手をつく。照強、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。照強、頭から踏み込む。矢後、見ながら相手の肩を押さえ、突き放し、叩く。照強、乗じて一気に前に出、右上手を取り、頭をつけて右へ回る。矢後、左差しでついて行き、肩透かし気味に体を離し、突き放しながら前に出、叩く。照強、乗じて押し上げながら前に出る。矢後、仰け反って土俵際になり、顎に向かって突き放す。照強、仰け反るが堪え、下から押し上げる。矢後、上体が起きて土俵下に落ちる。
20190711 05 601 照強 押し出し 矢後 40

(6) 佐田の海戦 ●浴せ倒し 5.5秒
 佐田の海、先に手をつく。照強、右、左とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。照強、右手を出して頭から当たる。佐田の海、突き放す。照強、あてがい、左へ回り、右押っ付けから右を差す。佐田の海、左上手を取って前に出る。照強、右から掬って上手を切ろうとするがならず、右下手を取るが俵に詰まる。佐田の海、左上手を持って体を預ける。照強、俵の外に倒れ、両者、土俵下に転がり落ちる。
20190712 06 604 佐田の海 浴びせ倒し 照強 37

(7) 徳勝龍戦 ○押し出し 3.3秒
 照強、先に右手をつく。徳勝龍、なかなか手をつかず、照強、突っ掛ける。2度目、照強、先に右手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、両手を出す。照強、右へ変わり、右で相手の左腕を抱えて小手に振る。徳勝龍、土俵際向き直る。照強、押し上げる。徳勝龍、土俵下に落ちる。
20190713 07 601 照強 押し出し 徳勝龍 40

(中) 輝戦 ●引き落し 11.9秒
 照強、先に右手をつく。輝、両手をサッとつく。照強、頭から低く踏み込む。輝、右をのぞかせる。照強、頭をつけ、左押っ付け、右筈で押し上げる。輝、土俵際叩きながら右に回る。照強、向き直って頭をつけ、押し上げる。輝、右筈で押し上げて相手を起こそうとする。照強、右に回り、相手の左腕を捻ろうとする。輝、取られた腕を抜く。照強、土俵に転がる。
20190714 08 604 輝 引き落とし 照強 35

(9) 栃煌山戦 ○押し出し 3.7秒
 照強、先に手をつく。栃煌山、仕切り線後方でじりっと足をすり、両手をサッとつく。照強、頭から踏み込む。栃煌山、右手で相手の肩を押さえ、左を差し、右も差そうとする。照強、頭をつけ、右から絞り、左で差し手争い。栃煌山、右を差せずに抜き、肩透かしを引く。照強、乗じて一気に前に出、押す。栃煌山、土俵下に飛び落ちる。
20190715 09 602 照強 押し出し 栃煌山 40

(10) 千代丸戦 ○押し出し 4.5秒
 照強、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。照強、素早く立ち、頭から当たる。千代丸、両手突きから突き放そうとする。照強、右から突いていなす。千代丸、泳いで土俵際向き直る。照強、そこを押し上げる。千代丸、上体が起きて俵を割る。
20190716 10 601 照強 押し出し 千代丸 40
〔勝ち越しインタビューを受ける照強〕
20190716 10 601 照強 押し出し 千代丸 75 照強勝ち越しインタビュー

(11) 錦木戦 ○押し出し 4.3秒
 錦木、両手をつく。照強、右手をつく。錦木、突っ掛ける。2度目、照強、右手をつく。錦木、手をつこうとする。照強、突っ掛ける。3度目、錦木、両手をつく。照強、両手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。錦木、その場で当たりを受ける。照強、筈で押し上げながら前に出る。錦木、上体が起きて俵を割る。
20190717 11 604 照強 押し出し 錦木 40

(12) 妙義龍戦 ○押し出し 6.1秒
 妙義龍、先に手をつく。照強、右、左とサッと手をつく。妙義龍、素早く立ち、右腕を内に入れる。照強、右手を出し、左肘を固めて頭から当たる。妙義龍、左をのぞかせ、右も差そうとしながら前に出る。照強、土俵際を右へ回り、右から突く。妙義龍、土俵際、左をのぞかせ肩透かしを引く。照強、右押っ付けで前に出る。妙義龍、俵を割る。
20190718 12 607 照強 押し出し 妙義龍 40

(13) 阿武咲戦 ○押し出し 5.0秒
 阿武咲、先に両手をつく。照強、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、両差しを狙う。照強、頭から当たり、右で押っ付けながら右へ回る。阿武咲、土俵際の相手を押す。照強、右をのぞかせ、頭を下げる。阿武咲、引く。照強、左筈で押しながら一気に前に出る。阿武咲、上体が起き、土俵際、右で首を巻くが、俵の外に出る。
20190719 13 607 照強 押し出し 阿武咲 43

(14) 北勝富士戦 ●突き落し 1.3秒
 照強、先に右手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して左へ踏み出す。照強、頭から低く当たる。北勝富士、相手に覆いかぶさる体勢になり、左から突く。照強、土俵に両手をつく。
20190720 14 613 北勝富士 突き落とし 照強 40

(楽) 友風戦 ○押し出し 1.6秒
 友風、先に両手をつく。照強、両手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。友風、右肘を固めて頭から当たり、叩きながら引く。照強、乗じて押しながら一気に前に出る。友風、俵の外に出、土俵下に飛び落ちる。
20190721 15 605 照強 押し出し 友風 40
〔敢闘賞受賞インタビューを受ける照強〕
20190721 15 605 照強 押し出し 友風 75 照強敢闘賞インタビュー

《2019年名古屋場所取組内容・目次へ》

琴勇輝 2019年名古屋(七月)場所取組内容

201907-ことゆうき

前頭13枚目だった1月場所は、十日目に右足を痛め、十一日目から休場。4勝7敗4休の成績だった。→先場所の取組内容
3月場所は、十両2枚目5勝10敗。先場所の5月は、十両6枚目11勝4敗の成績を上げた。

場所前、NHKシブ5時で、同部屋の琴恵光とのリラックスしたやりとりが流れた。→シブ5時琴恵光特集

3場所ぶりに幕内に復帰し、前頭16枚目で迎えた今場所、初日は照強に引き落とされて黒星発進。
二日目、矢後を突き落として初日を出す。
三日目、炎鵬に押し出されて2敗目。
四日目、佐田の海を突き出してから白星が連なり、再入幕の豊ノ島、魁聖、千代丸と4連勝
八日目、十両の東龍に押し出されて3敗目。
九日目 錦木、十日目 大翔鵬と連勝。7勝と勝ち越しまであと一つとする。
十一日目、友風に叩き込まれて4敗目。
十二日目、輝を押し出して勝ち越しを決める。生後4か月の娘さんなど家族が力になったと話す。→日刊スポーツ記事「琴勇輝勝ち越し」(記事が表示されない場合は →こちら
そこから隠岐の海、明生、妙義龍と4連勝11勝4敗で今場所を終える。
勝ち越し、二桁勝利とも2場所連続。幕内での勝ち越しは、2017年11月場所以来、10場所ぶり



(初) 照強戦 ●引き落し 3.7秒
 照強、先に右手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。照強、素早く立ち、頭から踏み込む。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。照強、右に開く。琴勇輝、俵の外に飛び出す。
20190707 01 601 照強 引き落とし 琴勇輝 38

(2) 矢後戦 ○突き落し 11.8秒
 矢後、仕切り線後方で先に両手をつく。琴勇輝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。矢後、左肘を固めて踏み込む。琴勇輝、両手突きに行きながらやや右へ踏み出し、突っ張りながら前に出る。矢後、上体が起きて俵に詰まるが堪え、突き返して前に出る。琴勇輝、引いて体を離し、土俵際から再び突き放しながら前に出る。矢後、少し引いて俵に詰まり、叩きながら左へ回る。琴勇輝、前のめりになる堪え、左で突きながら体を開く。矢後、前に泳いで土俵に落ち、琴勇輝、右足一本で残す。
20190708 02 601 琴勇輝 突き落とし 矢後 35
20190708 02 601 琴勇輝 突き落とし 矢後 42

(3) 炎鵬戦 ●押し出し 5.3秒
 炎鵬、右手をつく。琴勇輝、なかなか手をつかず、サッと手をついて突っ掛ける。2度目、炎鵬、手をサッと動かして立つ。琴勇輝、手をサッと動かして右から張るが、行司 木村銀治郎が止める。3度目、炎鵬、右手をつく。琴勇輝、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手を出す。炎鵬、頭を下げ、右に回る。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。炎鵬、相手の手を叩きながら下がり、左腕を手繰りながら俵伝いに右へ回る。琴勇輝、俵に詰まる。炎鵬、相手の胸を押し上げる。琴勇輝、仰け反って俵を割る。
〔腕を手繰る炎鵬〕
20190709 03 602 炎鵬 押し出し 琴勇輝 25 腕を手繰る炎鵬
〔炎鵬の押し出し〕
20190709 03 602 炎鵬 押し出し 琴勇輝 39

(4) 佐田の海戦 ○突き出し 9.3秒
 佐田の海、先に手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。琴勇輝、両手突きから顎に向かって突っ張る。佐田の海、下から撥ね上げる。琴勇輝、押しながら前に出る。佐田の海、土俵際、相手の右腕を手繰り気味に左へ開く。琴勇輝、向き直って押す。佐田の海、仰け反って土俵下に吹っ飛ぶ。
20190710 04 604 琴勇輝 突き出し 佐田の海 38

(5) 豊ノ島戦 ○押し出し 5.1秒
 豊ノ島、先に右手をつく。琴勇輝、両手をサッと動かす。豊ノ島、両腕を内に入れて踏み込み、左を差す。琴勇輝、右で押っ付け、左喉輪で押し上げながら前に出る。豊ノ島、仰け反って俵の外に出る。
20190711 05 602 琴勇輝 押し出し 豊ノ島 40

(6) 魁聖戦 ○引き落し 1.3秒
 魁聖、先に両手をつく。琴勇輝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手突きで相手を仰け反らせ、右へ開く。魁聖、土俵にバッタリ落ちる。
20190712 06 601 琴勇輝 引き落とし 魁聖 40

(7) 千代丸戦 ○突き出し 3.5秒
 琴勇輝、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。琴勇輝、両手突きで相手を仰け反らせ、突き放しながら前に出る。千代丸、叩きながら左へ回る。琴勇輝、乗じて押し出す。
20190713 07 603 琴勇輝 突き出し 千代丸 37

(中) 東龍戦 ●押し出し 1.9秒
 琴勇輝、先に両手をつく。東龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。琴勇輝、素早く立ち、両手突きに行く。東龍、相手の手を叩いて左に開く。琴勇輝、前に泳ぎ、土俵際向き直ろうとする。東龍、そこを押す。琴勇輝、土俵下に飛び落ちる。
20190714 08 601 東龍 押し出し 琴勇輝 40

(9) 錦木戦 ○突き出し 5.6秒
 錦木、先に左手をつく。琴勇輝、両手をサッとついて突っ掛ける。2度目、錦木、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手突きから突っ張る。錦木、下から撥ね上げ、右で廻しを探るが取れず。琴勇輝、突っ張りながらどんどん前に出る。錦木、上体が起きて俵を割り、土俵下に飛び落ちる。
20190715 09 603 琴勇輝 突き出し 錦木 38

(10) 大翔鵬戦 ○突き出し 7.7秒
 大翔鵬、先に両手をつく。琴勇輝、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立って両手突きに行き、突っ張り合う。琴勇輝、突き勝って前に出、俵の外に出す。
20190716 10 605 琴勇輝 突き出し 大翔鵬 40

(11) 友風戦 ●叩き込み 2.5秒
 友風、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。友風、素早く立ち、頭から踏み込む。琴勇輝、両手を出し、右へ変わる。友風、向き直る。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。友風、下がりながら叩く。琴勇輝、土俵に落ち、友風、俵の上右足一本で残る。
20190717 11 607 友風 叩き込み 琴勇輝 42

(12) 輝戦 ○押し出し 2.9秒
 輝、先に右手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手突きから押し上げ、前に出る。輝、仰け反り、土俵下に飛び落ちる。
20190718 12 601 琴勇輝 押し出し 輝 40
〔勝ち越しインタビューを受ける琴勇輝〕
20190718 12 601 琴勇輝 押し出し 輝 75 琴勇輝勝ち越しインタビュー

(13) 隠岐の海戦 ○押し出し 4.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。琴勇輝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手突きから突き放しながら前に出る。隠岐の海、下からあてがうが俵に詰まる。琴勇輝、右押っ付けで押し出す。
20190719 13 606 琴勇輝 押し出し 隠岐の海 40

(14) 明生戦 ○引き落し 2.3秒
 琴勇輝、先に両手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。明生、両肘を固めて頭から踏み込む。琴勇輝、両手突きから、左喉輪で相手を起こし、左に開く。明生、土俵に両手をつく。
20190720 14 609 琴勇輝 引き落とし 明生 40

(楽) 妙義龍戦 ○突き出し 3.2秒
 琴勇輝、両手をつく。妙義龍、右手をつき、左手をサッとついて立つ。琴勇輝、両手突き。妙義龍、右肘を固めて当たる。琴勇輝、どんどん突っ張って前に出る。妙義龍、相手の手を払い、土俵際を右へ回ろうとするが、俵の外に出る。
20190721 15 606 琴勇輝 突き出し 妙義龍 40

《2019年名古屋場所取組内容・目次へ》

魁聖 2019年名古屋(七月)場所取組内容

201907-かいせい

前頭8枚目だった先場所は、七日目の取組で右上腕二頭筋腱断裂。八日目から休場し、3勝5敗7休の成績だった。→先場所の取組内容

前頭15枚目で迎えた今場所、初日は矢後を寄り切って白星発進。
二日目、初対戦の炎鵬に翻弄され、送り出されて初黒星。
そこから、初対戦の照強、再入幕の豊ノ島、千代丸、琴勇輝、琴恵光、錦木、佐田の海と黒星が連なり、九日目に負け越しが決まる。
十日目、栃煌山に送り出されて9連敗
十一日目から休場。先場所痛めた右上腕が完治せず、自分の廻しを取る相撲が取れなかったよう。→休場情報
休場は、2場所連続、5回目。



(初) 矢後戦 ○寄り切り 15.3秒
 魁聖、先に両手をつく。矢後、左手をつき、右手をサッとついて立ち、左肘を固めて踏み込む。魁聖、両差しになろうとする。矢後、突き放す。魁聖、両差しを狙うが右を差せず、左を差して下手を取る。矢後、右上手に手を伸ばすが取れず、得意の左下手を取る。魁聖、左下手を持ち、右で押っ付けながら前に出る。矢後、土俵際を左へ回る。魁聖、右上手も取り、両廻しを引きつけて寄る。矢後、右上手も取るが、俵の外に出る。
20190707 01 602 魁聖 寄り切り 矢後 40

(2) 炎鵬戦 ●送り出し 6.5秒
 魁聖、先に両手をつく。炎鵬、両手をサッとついて素早く立ち、左へ変わって相手の右足を狙う。魁聖、向き直り、覆いかぶさるようにして肩越しの右上手を取る。炎鵬、左に回りながら左で後ろ廻しを取り、更に左へ回りながら相手を土俵際にし、後ろから押す。魁聖、俵の外に出る。
20190708 02 603 炎鵬 送り出し 魁聖 30
20190708 02 603 炎鵬 送り出し 魁聖 40

(3) 照強戦 ●押し出し 2.7秒
 両者、ほぼ同時に手をついて立つ。照強、やや左へ踏み出し、手を出して頭から当たり、相手の左腕を手繰りながら左へ回って体を入れ替え、土俵際の相手を押す。魁聖、俵を割る。
20190709 03 601 照強 押し出し 魁聖 40

(4) 豊ノ島戦 ●寄り切り 8.2秒
 豊ノ島、先に右手をつく。魁聖、両手をつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を内に入れながら踏み込む。魁聖、右腕を内に入れて当たる。豊ノ島、両差しになって一気に前に出る。魁聖、両上手を取るが俵に詰まる。豊ノ島、右肘を張って相手の左上手を切り、左へ寄りながら右上手も切り、深い左下手を取り、右で前廻しを取って前に出る。魁聖、右小手投げに行こうとする。豊ノ島、廻しを離さず寄り切る。
20190710 04 601 豊ノ島 寄り切り 魁聖 40

(5) 千代丸戦 ●押し出し 5.3秒
 魁聖、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、右肘を固めて踏み込み、左上手前廻しに手を掛ける。千代丸、両肘を固めて当たり、突き放して廻しを切り、そのまま押しながら前に出る。魁聖、上体が起き、俵伝いに右へ回る。千代丸、逃さず押し出す。
20190711 05 603 千代丸 押し出し 魁聖 40

(6) 琴勇輝戦 ●引き落し 1.3秒
 魁聖、先に両手をつく。琴勇輝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手突きで相手を仰け反らせ、右へ開く。魁聖、土俵にバッタリ落ちる。
20190712 06 601 琴勇輝 引き落とし 魁聖 40

(7) 琴恵光戦 ●掬い投げ 10.5秒
 琴恵光、先に右手をつく。魁聖、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴恵光、両肘を固めて当たり、右を差して差し手を返し、左で差し手争い。魁聖、深い左上手を取り、右を差し勝って前に出る。琴恵光、土俵際、右で掬いながら右へ回って左を巻き替えようとするがならず、体を開いて右掬い投げ。魁聖、右足一本で堪えようとする。琴恵光、俵の上 左足一本で掬い投げを打ち続けながら体を入れ替える。魁聖、俵の外に倒れる。
20190713 07 606 琴恵光 掬い投げ 魁聖 35
20190713 07 606 琴恵光 掬い投げ 魁聖 41

(中) 錦木戦 ●押し出し 2.3秒
 錦木、先に両手をつく。魁聖、左手をつき、右手をつこうとする。錦木、素早く立って頭から当たる。魁聖、その場で右肘を固めて当たる。錦木、左上手に手を掛ける。魁聖、腰を引いて上手を与えず、叩く。錦木、乗じて押しながら前に出る。魁聖、土俵下に飛び落ちる。
20190714 08 605 錦木 押し出し 魁聖 40

(9) 佐田の海戦 ●寄り切り 9.3秒
 佐田の海、先に両手をつく。魁聖、左、右と手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、右肘を固める。佐田の海、左肘を固めて頭から当たる。魁聖、右を差そうとするがならず。佐田の海、左で押っ付けながら上手前廻しを取り、右差し手を大きく返す。魁聖、右に体が大きく傾くが、左上手に手を伸ばす。佐田の海、腰を引いて上手を与えず、右でも前廻しを取る。魁聖、右差し手を返して相手を起こそうとする。佐田の海、両廻しを引きつけて前に出る。魁聖、土俵際、体を開いて右掬い投げに行く。佐田の海、振られるが堪え、そのまま寄り切る。
20190715 09 601 佐田の海 寄り切り 魁聖 40

(10) 栃煌山戦 ●送り出し 16.1秒
 魁聖、先に両手をつく。栃煌山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、右腕を内に入れる。栃煌山、左肘を固め、右手を出して頭から踏み込み、両差しになる。魁聖、左押っ付けから左上手に手を掛ける。栃煌山、両差し手を返して左へ回り、相手に上手を与えず。魁聖、左上手を取る。栃煌山、右下手を取る。魁聖、右を巻き替えようとするがならず。栃煌山、左から掬いながら前に出る。魁聖、廻しが切れ、土俵際、右小手に振ろうとして相手に背中を向ける。栃煌山、そこを押す。魁聖、土俵下に飛び落ち、倒れ込む。
20190716 10 602 栃煌山 送り出し 魁聖 40

(11) 阿武咲戦 ■ 不戦勝 
 魁聖、右上腕二頭筋断裂のため、休場。
20190717 11 606 阿武咲 不戦勝 魁聖

《2019年名古屋場所取組内容・目次へ》

矢後 2019年名古屋(七月)場所取組内容

201907-やご

前頭12枚目だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容

前頭15枚目で迎えた今場所、初日は魁聖に寄り切られて黒星発進。
二日目、琴勇輝に突き落とされて連敗。
三日目、再入幕の豊ノ島を寄り切って初日を出す。
四日目、千代丸を2分の相撲の末に寄り切り、連勝。2勝2敗と星を五分にする。
五日目、勝ちっぱなしの照強と対戦。押し出されて3敗目。
六日目、同学年で過去2戦2敗の炎鵬と対戦。腕捻りで倒されて連敗。
七日目、栃煌山と対戦。互いに差し手争いの末、叩き込んで3勝目。
八日目、過去2戦2敗の佐田の海に寄り倒されてから、琴恵光、志摩ノ海、輝と黒星が連なり、十一日目に負け越しが決まる。
そのまま錦木、同学年の大翔鵬と6連敗。二桁負けに。
十四日目、新入幕の貴源治を寄り切って4勝目。
千秋楽、宝富士に寄り切られ、4勝11敗で今場所を終える。

負け越しは3場所連続。二桁負けは初めて。
千代丸戦の120.0秒は、今場所の幕内で最長の取組。平均取組時間21.7秒は、今場所の幕内で最長の力士。→幕内取組各種データ順位



(初) 魁聖戦 ●寄り切り 15.3秒
 魁聖、先に両手をつく。矢後、左手をつき、右手をサッとついて立ち、左肘を固めて踏み込む。魁聖、両差しになろうとする。矢後、突き放す。魁聖、両差しを狙うが右を差せず、左を差して下手を取る。矢後、右上手に手を伸ばすが取れず、得意の左下手を取る。魁聖、左下手を持ち、右で押っ付けながら前に出る。矢後、土俵際を左へ回る。魁聖、右上手も取り、両廻しを引きつけて寄る。矢後、右上手も取るが、俵の外に出る。
20190707 01 602 魁聖 寄り切り 矢後 40

(2) 琴勇輝戦 ●突き落し 11.8秒
 矢後、仕切り線後方で先に両手をつく。琴勇輝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。矢後、左肘を固めて踏み込む。琴勇輝、両手突きに行きながらやや右へ踏み出し、突っ張りながら前に出る。矢後、上体が起きて俵に詰まるが堪え、突き返して前に出る。琴勇輝、引いて体を離し、土俵際から再び突き放しながら前に出る。矢後、少し引いて俵に詰まり、叩きながら左へ回る。琴勇輝、前のめりになる堪え、左で突きながら体を開く。矢後、前に泳いで土俵に落ち、琴勇輝、右足一本で残す。
20190708 02 601 琴勇輝 突き落とし 矢後 35
20190708 02 601 琴勇輝 突き落とし 矢後 42

(3) 豊ノ島戦 ○寄り切り 20.4秒
 豊ノ島、先に右手をつく。矢後、仕切り線後方で両手をサッとつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込む。矢後、左肘を固めて当たる。豊ノ島、両差しを狙うが右は差せず。矢後、深い右上手を取る。両者、左四つがっぷりで胸が合う体勢に。豊ノ島、腰を捻って相手の下手を切り、更に上手も切ろうとする。矢後、上手を離さず、切られた右下手を取り直す。豊ノ島、右上手を持って右に回る。矢後、両廻しを持って前に出る。豊ノ島、土俵際上手が切れ、体を開いて左から掬おうとする。矢後、寄る。豊ノ島、右足が俵の外に出る。
20190709 03 603 矢後 寄り切り 豊ノ島 40

(4) 千代丸戦 ○寄り切り 120.0秒
 矢後、先に左手をつく。千代丸、なかなか手をつかず。矢後、腰を上げて立合いを嫌う。2度目、矢後、先に左手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。矢後、右肘を固めて踏み込む。千代丸、右肘を固めて当たり、突っ張りながら前に出る。矢後、土俵際堪え、左下手を取って前に出る。千代丸、左下手を取る。矢後、右上手も取り、引きつけて前に出る。千代丸、俵に左足を掛けて残し、少し中に戻る。矢後、上手一枚廻しをしっかり取り直す。両者、左四つで止まる(約4秒間)。矢後、両廻しを引きつけて前に出る。千代丸、土俵際を左へ回って中に戻り、右上手を取る。両者、土俵中央で左四つがっぷりで止まる(約9秒間)。千代丸、両廻しを持って前に出る。矢後、土俵際堪え、左に回って中に戻る。両者、止まる(約16秒間)。矢後、両廻しを持って前に出ようとする。千代丸、堪える。両者、止まる(約18秒間)。矢後、前に出る。千代丸、少し右に回る。両者、止まる(約34秒間)。千代丸、両廻しを引きつけて前に出る。矢後、堪えて逆に前に出る。千代丸、左下手が切れ、差し手を抜く。矢後、両下手になって前に出る。千代丸、廻しが切れ、土俵際、叩きながら左へ回る。矢後、逃さず前に出、寄り切る。千代丸、俵の外に出、その後、矢後、土俵に倒れる。
20190710 04 603 矢後 寄り切り 千代丸 40

(5) 照強戦 ●押し出し 15.1秒
 照強、先に右手をつく。矢後、仕切り線後方で手をつこうとする。照強、突っ掛ける。2度目、矢後、先に左手をつく。照強、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。照強、頭から踏み込む。矢後、見ながら相手の肩を押さえ、突き放し、叩く。照強、乗じて一気に前に出、右上手を取り、頭をつけて右へ回る。矢後、左差しでついて行き、肩透かし気味に体を離し、突き放しながら前に出、叩く。照強、乗じて押し上げながら前に出る。矢後、仰け反って土俵際になり、顎に向かって突き放す。照強、仰け反るが堪え、下から押し上げる。矢後、上体が起きて土俵下に落ちる。
20190711 05 601 照強 押し出し 矢後 40

(6) 炎鵬戦 ●腕捻り 37.1秒
 炎鵬、先に右手をつく。矢後、左手をつき、右手をブラブラ動かしてから、サッとついて素早く立つ。炎鵬、遅れて立つ。矢後、両手突きで相手を起こすが、行司 木村銀治郎が止める。2度目、炎鵬は右手、矢後は仕切り線後方で両手をほぼ同時につき、立つ。矢後、両手を出して踏み込む。炎鵬、その手の下にもぐり、相手の右足を取ろうとする。矢後、右で相手の左腕を抱え、左で相手の首を抱え、前に出ながら相手を起こそうとする。炎鵬、首を抜かず、左下手、右前廻しを取り、頭をつけて右に回る。矢後、覆いかぶさる体勢で相手を抱える。両者、足が止まり、炎鵬、ときどき出し投げを打とうとするが、あまり動かず(約19秒間)。炎鵬、左下手で振り、右上手が切れる。矢後、堪え、左で首を抱えて相手を起こそうとする。炎鵬、頭を下げて左に回り、左下手で出し投げを打ちながら右で相手の腕を捻る。矢後、土俵に転がる。
〔首を抱えられる炎鵬〕
20190712 06 602 炎鵬 腕捻り 矢後 20 首を抱えられる炎鵬
〔炎鵬の腕捻り〕
20190712 06 602 炎鵬 腕捻り 矢後 37
20190712 06 602 炎鵬 腕捻り 矢後 40
20190712 06 602 炎鵬 腕捻り 矢後 43

(7) 栃煌山戦 ○叩き込み 10.3秒
 矢後、先に手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃煌山、頭から踏み込む。矢後、左肘を固めて当たる。栃煌山の右、矢後の左で激しい差し手争い。両者、右から張る。矢後、左を差す。栃煌山、すぐに右を巻き替え、差し手を大きく返し、右で後ろ廻しを取る。矢後、左をねじ込む。栃煌山、上手になった右廻しを持って前に出る。矢後、土俵際、相手の上手を切る。栃煌山、右を巻き替えて両差しになる。矢後、右で顎を押し上げ、土俵際、叩いて左に開く。栃煌山、前に落ちる。
20190713 07 605 矢後 叩き込み 栃煌山 38

(中) 佐田の海戦 ●寄り倒し 18.7秒
 佐田の海、先に両手をつく。矢後、仕切り線後方で左手をつき、右手をトンとついて立ち、左肘を固めて踏み込む。佐田の海、両肘を固めて頭から当たる。矢後、左前廻しを探る。佐田の海、突き放す。矢後、突き返し、右から張って右上手を取る。佐田の海、右上手を取り、前に出て左下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。矢後、両廻しを持ち、左へ振って堪える。佐田の海、休まず前に出る。矢後、土俵際左へ振る。佐田の海、右足が俵に掛かるが中に戻り、両廻しを引きつけて前に出る。矢後、左膝から俵の外に崩れ落ちる。両者、俵の外に倒れ、矢後、両足バンザイで土俵下へ転落。
20190714 08 603 佐田の海 寄り倒し 矢後 40

(9) 琴恵光戦 ●押し出し 8.8秒
 琴恵光、先に手をつく。矢後、左手をつき、右手をサッとついて立ち、左肘を固めて踏み込む。琴恵光、右肘を固めて当たる。矢後、右上手に手を伸ばすが取れず、左をねじ込もうとする。琴恵光、右で押っ付け、左差し手を大きく返す。矢後、叩いて左へ回る。琴恵光、土俵際向き直る。矢後、右喉輪で押し上げる。琴恵光、仰け反りながら左で喉輪を外し、両差しになって前に出る。矢後、肩越しの右上手に手を伸ばすが取れず。琴恵光、相手の胸を押し上げる。矢後、上体が起きて俵を割る。
20190715 09 605 琴恵光 押し出し 矢後 40

(10) 志摩ノ海戦 ●突き落し 9.8秒
 志摩ノ海、先に両手をつく。矢後、腰を下ろし、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。志摩ノ海、頭から踏み込む。矢後、右肘を固めて当たり、押し上げて少し引き、左を差す。志摩ノ海、左に開く。矢後、前のめりになるが向き直る。志摩ノ海、押してから左に開く。矢後、前に泳ぎ、土俵際向き直る。志摩ノ海、押す。矢後、土俵際、左を差して左へ回る。志摩ノ海、右を巻き替え、両差しで前に出る。矢後、両上手を取って堪える。志摩ノ海、差し手を抜き、左から突く。矢後、土俵に落ちて転がる。
20190716 10 610 志摩ノ海 突き落とし 矢後 37

(11) 輝戦 ●突き落し 9.0秒
 輝、先に右手をつく。矢後、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとついて立つ。輝、右手を出して頭から踏み込む。矢後、頭から当たる。両者、突き放し合い、輝、押し勝って前に出る。矢後、右下手を取り、左も差そうとする。輝、左で差し手を抱え、右で押っ付けながら前に出る。矢後、土俵際を右に回る。輝、左上手を探るが取れず、右から突く。矢後、前のめりになり、土俵に落ちる。
20190717 11 602 輝 突き落とし 矢後 35

(12) 錦木戦 ●押し出し 5.0秒
 錦木、先に左手をつく。矢後、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。矢後、左肘を固める。錦木、頭から当たり、押し上げながら前に出る。矢後、左足を俵に掛けて堪えようとするが、上体が起きて俵を割る。
20190718 12 602 錦木 押し出し 矢後 40

(13) 大翔鵬戦 ●寄り切り 8.2秒
 大翔鵬、両手をつく。矢後、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大翔鵬、右肘を固めてやや左へ踏み出し、左上手を取って出し投げ。矢後、くるっと向き直り、右下手を取る。大翔鵬、左で差し手を抱え、右を差そうとしながら前に出る。矢後、左を巻き替えようとするがならず、土俵際を右へ回る。大翔鵬、左上手を取って前に出、寄り切る。
20190719 13 604 大翔鵬 寄り切り 矢後 40

(14) 貴源治戦 ○寄り切り 8.7秒
 貴源治、先に両手をつく。矢後、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。貴源治、右肘を固めて踏み込む。矢後、左肘を固めて当たる。貴源治、左上手を狙う。矢後、左にずれて上手を与えず、右喉輪で押し上げ、右上手を取る。貴源治、左下手を取る。矢後、右上手を引きつけ、左差し手を返しながら前に出る。貴源治、俵に詰まり、腰が伸びて俵を割る。
20190720 14 602 矢後 寄り切り 貴源治 40

(楽) 宝富士戦 ●寄り切り 27.9秒
 宝富士、先に両手をつく。矢後、仕切り線かなり後方で両手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて踏み込み、左下手を取って前に出、右上手を取る。矢後、左差しで右上手に手を伸ばすが取れず。宝富士、両廻しを引きつけて前に出る。矢後、右で押っ付けながら堪える。両者左四つ、宝富士が両廻しを持ち、矢後が廻しを持たず左半身のやや高い体勢で少し止まる(約3秒間)。宝富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。矢後、右押っ付けで堪え、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、少し止まる(約3秒間)。宝富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。矢後、左差しで堪える。両者、止まる(約8秒間)。宝富士、両廻しを引きつけて前に出る。矢後、腰が伸びて俵を割る。
20190721 15 608 宝富士 寄り切り 矢後 40

《2019年名古屋場所取組内容・目次へ》

炎鵬 2019年名古屋(七月)場所取組内容

201907-えんほう

新入幕で前頭14枚目だった先場所は、7勝してから6連敗し、7勝8敗負け越した。→先場所の取組内容

6/1炎鵬の幕内昇進祝賀会が開かれ、6連敗で負け越した悔しさを「力に変えて高みを目指す」と話した。→幕内昇進祝賀会
6/12から三日間行われた宮城野部屋の滋賀県長浜市合宿では、兄弟子の横綱白鵬と稽古。白鵬からは、「来場所、オレが必ずお前を勝ち越させる」「死ぬ気で一緒に稽古するぞ」「もしお前が負け越したら、オレは引退する」と言われたそう。→滋賀県長浜市合宿→白鵬からのプレッシャー
6/26に右肩を負傷。6/27にMRI検査を受け、その後は四股、すり足などの基本運動を続けた。→日刊スポーツ記事「炎鵬右肩痛める」(記事が表示されない場合は →こちら
6/27新小結の阿炎とともに、KITTE名古屋でのトークショーに出演した。→KITTE名古屋トークショー
6/29愛知県名古屋市熱田神宮において、横綱白鵬の奉納土俵入りで露払いを務めた。新入幕だった先場所は白鵬が全休したため、横綱土俵入りに参加するのは初めて。→熱田神宮奉納土俵入り
肩を痛めた影響で、7/2まで基本運動で調整。場所直前に相撲の稽古を再開。→スポーツ報知記事「炎鵬あす実戦再開へ」(記事が表示されない場合は →こちら

先場所と同じ前頭14枚目で迎えた今場所、土俵入りの際から右肩にテーピングをして臨む。
初日は再入幕の豊ノ島を上手出し投げで倒して白星発進。
二日目 初対戦の魁聖、三日目 琴勇輝と3連勝
四日目、同じ3連勝スタートの照強と対戦。押し倒されて初黒星。
五日目、先場所終盤の6連敗のきっかけとなった相手、栃煌山と対戦。寄り切って4勝目。
六日目、同学年の矢後を腕捻りで倒して連勝。5勝1敗と白星先行。
七日目、同じ石川県出身で金沢市立西南部中で同級生だった輝と初対戦。押し倒されて2敗目。→輝との対戦直前→日刊スポーツ記事「中学同級生対決」(記事が表示されない場合は →こちら
八日目、先場所は足取りで勝った千代丸と対戦。押し倒されて連敗。5勝3敗に。
九日目、新入幕の貴源治を足取りで土俵を割らせ、6勝目。
十日目、初対戦の錦木を寄り切って連勝。7勝目を上げ、勝ち越しまであと一つとする。
十一日目、佐田の海の土俵際での小手投げに敗れ、この日の勝ち越しならず。
十二日目、先場所千秋楽熱戦の相手、松鳳山と対戦。相手の腕を手繰って崩すが、足が滑り、右足甲が返って連敗。この取組で、右足首を痛める。
十三日目、琴恵光の掛け投げに裏返され、勝ち越しを前に3連敗
十四日目、妙義龍と初対戦。寄り切りで勝ち、幕内で初めての勝ち越しを決める。
千秋楽、同学年の大翔鵬を下手投げで倒し、9勝6敗の成績を上げるとともに、新入幕から目標にしていた技能賞を受賞。

勝ち越しは2場所ぶり。
待った回数11回は、今場所の幕内で最多→幕内取組各種データ順位

場所後の7/25、北國新聞社を訪問。7勝してからの3連敗後、横綱白鵬に「目が死んでるぞ」と、気合いを入れられたこと。同級生の輝に敗れた後、「ごっつぁんです」と笑顔で言われたという話を明かす。→北國新聞記事「炎鵬、勝ち越しの舞台裏激白」(記事が表示されない場合は →こちら
8/6の東京都立川市巡業の際に行われたインタビューでは、勝ち越しを決めた妙義龍戦は「自分の中では、この先も一生忘れらることのない1勝になったと思います」と話す。→立川市巡業インタビュー①勝ち越し また、横綱白鵬からの激励に「応えないわけにはいかないですから」。また、白鵬の存在について「すべてにおいての お手本」と話す。→立川市巡業インタビュー②横綱白鵬



(初) 豊ノ島戦 ○上手出投 11.0秒
 豊ノ島、先に両手をつく。炎鵬、右手をついて時を置き、左手をサッとついて素早く立ち、潜るように低く当たり、左を差す。豊ノ島、右で差し手を抱える。炎鵬、深い左下手を取り、右前廻しも取り、投げを打ちながら左へ回る。豊ノ島、右足外掛けに行く。炎鵬、掛けられた足を外し一瞬しゃがむ体勢になるが堪え、左下手を離して体を開き、右上手出し投げを打って、相手の後ろにつきながら前に出る。豊ノ島、土俵下に落ちる。
〔豊ノ島の外掛け〕
20190707 01 603 炎鵬 上手出し投げ 豊ノ島 30 豊ノ島の外掛け
〔炎鵬の上手出し投げ〕
20190707 01 603 炎鵬 上手出し投げ 豊ノ島 38

(2) 魁聖戦 ○送り出し 6.5秒
 魁聖、先に両手をつく。炎鵬、両手をサッとついて素早く立ち、左へ変わって相手の右足を狙う。魁聖、向き直り、覆いかぶさるようにして肩越しの右上手を取る。炎鵬、左に回りながら左で後ろ廻しを取り、更に左へ回りながら相手を土俵際にし、後ろから押す。魁聖、俵の外に出る。
20190708 02 603 炎鵬 送り出し 魁聖 30
20190708 02 603 炎鵬 送り出し 魁聖 40

(3) 琴勇輝戦 ○押し出し 5.3秒
 炎鵬、右手をつく。琴勇輝、なかなか手をつかず、サッと手をついて突っ掛ける。2度目、炎鵬、手をサッと動かして立つ。琴勇輝、手をサッと動かして右から張るが、行司 木村銀治郎が止める。3度目、炎鵬、右手をつく。琴勇輝、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手を出す。炎鵬、頭を下げ、右に回る。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。炎鵬、相手の手を叩きながら下がり、左腕を手繰りながら俵伝いに右へ回る。琴勇輝、俵に詰まる。炎鵬、相手の胸を押し上げる。琴勇輝、仰け反って俵を割る。
〔腕を手繰る炎鵬〕
20190709 03 602 炎鵬 押し出し 琴勇輝 25 腕を手繰る炎鵬
〔炎鵬の押し出し〕
20190709 03 602 炎鵬 押し出し 琴勇輝 39

(4) 照強戦 ●押し倒し 2.8秒
 炎鵬、先に右手をつく。照強、手をサッと動かし、頭から低く当たって一気に前に出て押し出す。炎鵬、土俵下に落ちるが、行司 木村銀治郎、止める。2度目、炎鵬、先に右手をつく。照強、手をサッとつく。炎鵬、素早く立ち、低く踏み込んで左を差す。照強、右押っ付けで一気に前に出、左で相手の右頬を下向きに押す。炎鵬、左へ大きく傾き、左膝が曲がって右足を大きく上げ、土俵に手をついて下に落ちる。
20190710 04 602 照強 押し倒し 炎鵬 40

(5) 栃煌山戦 ○寄り切り 20.2秒
 炎鵬、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をトンとつき、見ながら右手を出す。炎鵬、見ながらやや左へ踏み出す。栃煌山、右を差す。炎鵬、頭をつけ、左から突いていなす。栃煌山、向き直る。炎鵬、相手の右足を狙うが取れず。栃煌山、差そうとする。炎鵬、肩透かし気味に少し下がる。栃煌山、向き直り、左を差そうとする。炎鵬、押し上げ、右から突いていなしながら右へ回り、押し上げ、引く。栃煌山、乗じて前に出る。炎鵬、土俵際を右へ回り、左を差して前に出る。栃煌山、俵に足を掛けて堪え、少し中に戻る。炎鵬、右上手を取って出し投げを打ちながら右へ回り、前に出る。栃煌山、肩越しの上手を探るが取れず、土俵下に落ちる。
20190711 05 604 炎鵬 寄り切り 栃煌山 40

(6) 矢後戦 ○腕捻り 37.1秒
 炎鵬、先に右手をつく。矢後、左手をつき、右手をブラブラ動かしてから、サッとついて素早く立つ。炎鵬、遅れて立つ。矢後、両手突きで相手を起こすが、行司 木村銀治郎が止める。2度目、炎鵬は右手、矢後は仕切り線後方で両手をほぼ同時につき、立つ。矢後、両手を出して踏み込む。炎鵬、その手の下にもぐり、相手の右足を取ろうとする。矢後、右で相手の左腕を抱え、左で相手の首を抱え、前に出ながら相手を起こそうとする。炎鵬、首を抜かず、左下手、右前廻しを取り、頭をつけて右に回る。矢後、覆いかぶさる体勢で相手を抱える。両者、足が止まり、炎鵬、ときどき出し投げを打とうとするが、あまり動かず(約19秒間)。炎鵬、左下手で振り、右上手が切れる。矢後、堪え、左で首を抱えて相手を起こそうとする。炎鵬、頭を下げて左に回り、左下手で出し投げを打ちながら右で相手の腕を捻る。矢後、土俵に転がる。
〔首を抱えられる炎鵬〕
20190712 06 602 炎鵬 腕捻り 矢後 20 首を抱えられる炎鵬
〔炎鵬の腕捻り〕
20190712 06 602 炎鵬 腕捻り 矢後 37
20190712 06 602 炎鵬 腕捻り 矢後 40
20190712 06 602 炎鵬 腕捻り 矢後 43

(7) 輝戦 ●押し倒し 3.3秒
 輝、先に両手をつく。炎鵬、手をサッとついて素早く立ち、右から張ってもぐろうとする。輝、中に入れず、 押しながら前に出る。炎鵬、土俵際を左へ回る。輝、前に出ながら押す。炎鵬、仰け反って土俵下に吹っ飛ぶ。
20190713 07 604 輝 押し倒し 炎鵬 40

(中) 千代丸戦 ●押し倒し 7.0秒
 炎鵬、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、その場でふわっと立つ。2度目、炎鵬、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。炎鵬、素早く立ち、右手を出してもぐろうとする。千代丸、叩きながら左へ回り、相手の肩を押して中に入れず、突き放す。炎鵬、体を離し、土俵際を左へ回る。千代丸、前に出ながら押す。炎鵬、仰け反り、俵の外に倒れる。
20190714 08 602 千代丸 押し倒し 炎鵬 40

(9) 貴源治戦 ○足取り 9.0秒
 炎鵬、先に右手をつく。貴源治、右手をつこうと動く。炎鵬、素早く立つが、貴源治、立てず。2度目、炎鵬、先に手をつく。貴源治、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴源治、両手突きに行く。炎鵬、右腕を前に出し、相手の腕の下から中に入ろうとする。貴源治、突き放す。炎鵬、下から押し上げ、左に開いていなす。貴源治、前に泳ぐが向き直る。炎鵬、押し上げながら前に出る。貴源治、俵に詰まる。炎鵬、左下手を取り、右で相手の太ももを抱え上げる。貴源治、俵を割る。
20190715 09 604 炎鵬 足取り 貴源治 40

(10) 錦木戦 ○寄り切り 12.1秒
 錦木、先に手をつく。炎鵬、右手をついて時を置く。錦木、突っ掛ける。2度目、錦木は左手を、炎鵬は右手を、ほぼ同時につく。炎鵬、左手をサッとついて立つが、錦木、立てず。3度目、錦木、両手をつく。炎鵬、すぐに手をサッとついてぴょんと立ち、右手を出してもぐろうとする。錦木、左を差そうとする。炎鵬、右手で相手の左手首を掴んで差させず、頭をつける。錦木、左で首を 右で差し手を抱え、相手を起こしながら前に出る。炎鵬、土俵際、右上手を取って堪え、中に戻って再び頭をつけ、両前廻しを取る。錦木、外から抱えようとする。炎鵬、体を開いて右から出し投げを打ち、頭をつけて一気に前に出る。錦木、土俵際、右小手投げに行こうとするが、その前に左足が俵の外に出る。その後、両者、俵の外に倒れ、錦木、土俵下に落ちる。
〔出し投げを打つ炎鵬〕
20190716 10 604 炎鵬 寄り切り 錦木 30 出し投げを打つ炎鵬
〔足が出た錦木〕
20190716 10 604 炎鵬 寄り切り 錦木 40 足が出た錦木

(11) 佐田の海戦 ●小手投げ 29.7秒
 佐田の海、先に両手をつく。炎鵬、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、頭から低く踏み込む。佐田の海、突き放す。炎鵬、頭を下げて中に入り、深い左下手を取って相手の左脇から頭を出す。佐田の海、肩越しの両上手を取る。炎鵬、右で相手の左足を抱えようとする。佐田の海、右に回って相手の手を外し、左差し手で相手を起こそうとするがならず、再び左上手に手を伸ばす。炎鵬、右前廻しも取り、左足内掛けに行こうとする。佐田の海、かわす。炎鵬、一旦頭をつけ、左半身になって下手投げに行く。佐田の海、左足が俵に掛かるが、右上手を持って堪え、再び肩越しの両上手になる。炎鵬、両廻しを持って前に出、左足内掛けに行く。佐田の海、右上手を持って左足を俵に掛けて堪え、中に戻る。炎鵬、頭をつけ、両下手を持って前に出る。佐田の海、廻しが切れ、土俵際を左へ回り、体を左へ捻って左小手投げに行く。炎鵬、右下手投げを打ち返すが、先に土俵に手をつく。その後、両者、俵の外に倒れる。
〔中に入った炎鵬、両上手を取った佐田の海〕
20190717 11 601 佐田の海 小手投げ 炎鵬 10 中に入った炎鵬、両上手を取った佐田の海
〔佐田の海の小手投げ〕
20190717 11 601 佐田の海 小手投げ 炎鵬 40

(12) 松鳳山戦 ●押し倒し 2.3秒
 炎鵬、先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとつく。炎鵬、両手を出し、右へ変わって右から突く。松鳳山、土俵際、向き直る。炎鵬、相手の左腕を手繰るが、右足が滑って足の甲が返る。その後、松鳳山、土俵に右手をつく。炎鵬、後ろに飛んで土俵に尻餅。
〔右足甲が返った炎鵬〕
20190718 12 604 松鳳山 押し倒し 炎鵬 35
〔手をつく松鳳山、後ろに飛ぶ炎鵬〕
20190718 12 604 松鳳山 押し倒し 炎鵬 40

(13) 琴恵光戦 ●掛け投げ 10.8秒
 琴恵光、先に両手をつく。炎鵬、右手をつき、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。琴恵光は右手、炎鵬は左手を出して張る。炎鵬、左を差そうとするがならず、左へ回る。琴恵光、突き放しながら前に出、左を差そうとする。炎鵬、体を離して差させず。琴恵光、突っ張る。炎鵬、機を見て左下手を取って前に出る。琴恵光、土俵際、体を開いて右小手投げに行く。炎鵬、左で後ろ廻しを持ち、左足外掛け行く。琴恵光、掛けられた右足を大きく上げる。炎鵬、宙で裏返り、俵の外に転がる。その後、琴恵光、俵の外に両手をつく。
〔琴恵光の小手投げ、外掛けに行こうとする炎鵬〕
20190719 13 603 琴恵光 掛け投げ 炎鵬 35
〔琴恵光の掛け投げ〕
20190719 13 603 琴恵光 掛け投げ 炎鵬 38
〔悔しそうな炎鵬〕
20190719 13 603 琴恵光 掛け投げ 炎鵬 47 炎鵬

(14) 妙義龍戦 ○寄り切り 9.1秒
 妙義龍、右手をつく。炎鵬、右手をついて時を置き、左手をサッと動かして突っ掛ける。2度目、両者、ほぼ同時に右手をつく。炎鵬、すぐに突っ掛ける。3度目、炎鵬、右手をつく。妙義龍、すぐに右手をつく。炎鵬、すぐに左手をサッとついて立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。妙義龍、右肘でかち上げる。炎鵬、左上手前廻しを取る。妙義龍、右かち上げながら前に出、相手の廻しを切る。炎鵬、左で突いていなす。妙義龍、向き直って前に出る。炎鵬、頭をつけて左へ回り、中に入ろうとする。妙義龍、左で相手の首を抱え上げる。炎鵬、右下手、左上手を取り、両廻しを引きつけて一気に前に出る。妙義龍、右で首を巻き、俵の上 左足爪先立ちで堪える。炎鵬、右差し手を突きつけて寄る。妙義龍、土俵下に落ちる。その後、炎鵬、土俵下に落ちる。
20190720 14 607 炎鵬 寄り切り 妙義龍 35
20190720 14 607 炎鵬 寄り切り 妙義龍 40
〔勝ち越しをかみしめる炎鵬〕
20190720 14 607 炎鵬 寄り切り 妙義龍 70 勝ち越しをかみしめるようにうつむく
〔勝ち越しインタビューを受ける炎鵬〕
20190720 14 607 炎鵬 寄り切り 妙義龍 75 炎鵬勝ち越しインタビュー

(楽) 大翔鵬戦 ○下手投げ 2.8秒
 炎鵬、先に右手をつく。大翔鵬、仕切り線後方で両手をつこうとする。炎鵬、素早く立って左へ踏み込むが、大翔鵬、手をつかずに立ち、不成立。2度目、炎鵬、先に右手をつく。大翔鵬、仕切り線後方で両手をサッとつく。炎鵬、素早く立ち、手を出す。大翔鵬、見ながら立つ。炎鵬、潜って左を差し、深い左下手、右前廻しを取る。大翔鵬、右で差し手を抱える。炎鵬、左へ回りながら左下手投げ。大翔鵬、左膝からガクッと土俵に落ちる。
20190721 15 602 炎鵬 下手投げ 大翔鵬 42
20190721 15 602 炎鵬 下手投げ 大翔鵬 45
〔三賞受賞インタビューを受ける炎鵬〕
20190721 15 602 炎鵬 下手投げ 大翔鵬 75 炎鵬技能賞インタビュー 01

《2019年名古屋場所取組内容・目次へ》

豊ノ島 2019年名古屋(七月)場所取組内容

201907-とよのしま

アキレス腱断裂から16場所ぶりに幕内復帰、前頭14枚目だった3月場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容
東十両筆頭となった先場所、8勝7敗と勝ち越し、一場所での幕内復帰を決めた。
6/26、36歳の誕生日を迎えた。

再入幕し、前頭14枚目で迎えた今場所、幕内最年長の嘉風(37歳)が休場のため、出場力士の中で最年長となる。
初日は過去4戦全敗と分の悪い、小兵の炎鵬と対戦。上手出し投げで倒されて黒星発進。
二日目、過去3戦全勝だった照強に初めて敗れ、三日目、矢後に寄り切られて3連敗
四日目、魁聖を寄り切って初日を出す。
五日目 琴勇輝、六日目 千代丸と連敗。1勝5敗と黒星先行。
七日目、佐田の海をとったりで倒して2勝目。大相撲中継の浴衣特集でインタビューを受け、仲の良い琴奨菊の反物で作った浴衣に、荒磯親方(稀勢の里)から譲り受けた帯をつけた姿を披露。→豊ノ島の浴衣姿
八日目、新入幕で22歳の貴源治を掬い投げで倒し、今場所初めて連勝。
九日目、妙義龍と2016年1月以来、3年半ぶりに対戦。押し出されて6敗目。
十日目、輝を肩透かしで倒して4勝目。
十一日目、同じ高知県出身の栃煌山と2016年5月以来の対戦。叩き込まれ、7敗目と後がなくなる。
幕内出場1000回となった十二日目、初対戦の阿武咲を寄り切って5勝目。
そこから同学年の松鳳山、錦木と3連勝で踏み止まり続け、7勝7敗に。来場所の幕内残留を確実にした。
千秋楽、同じく7勝7敗の千代大龍と対戦。突き倒され、7勝8敗で惜しくも負け越す
負け越しは2場所ぶり。

今場所優勝した横綱鶴竜の優勝パレードで、旗手を務める。以前、豊ノ島が旗手をしたいと鶴竜に話したことが実現。車の上で鶴竜が「約束はたせてよかった」と豊ノ島をハグ。→優勝パレードの様子→鶴竜のハグ→豊ノ島instagram(鶴竜との約束)(インスタが表示されない場合は →こちら) 



(初) 炎鵬戦 ●上手出投 11.0秒
 豊ノ島、先に両手をつく。炎鵬、右手をついて時を置き、左手をサッとついて素早く立ち、潜るように低く当たり、左を差す。豊ノ島、右で差し手を抱える。炎鵬、深い左下手を取り、右前廻しも取り、投げを打ちながら左へ回る。豊ノ島、右足外掛けに行く。炎鵬、掛けられた足を外し一瞬しゃがむ体勢になるが堪え、左下手を離して体を開き、右上手出し投げを打って、相手の後ろにつきながら前に出る。豊ノ島、土俵下に落ちる。
〔豊ノ島の外掛け〕
20190707 01 603 炎鵬 上手出し投げ 豊ノ島 30 豊ノ島の外掛け
〔炎鵬の上手出し投げ〕
20190707 01 603 炎鵬 上手出し投げ 豊ノ島 38

(2) 照強戦 ●押し出し 9.9秒
 照強、先に右手をつく。豊ノ島、右手をサッとつき、両腕を内に入れて踏み込む。照強、頭から当たり、右に回りながら右上手を取る。豊ノ島、乗じて前に出、左差し手を返して相手の上手を切ろうとする。照強、上手を離さず中に戻る。豊ノ島、左下手を取る。照強、腰を振って下手を切ろうとするが切れず、右上手を浅く持ち替える。豊ノ島、相手の上手を切り、叩きながら引く。照強、乗じて右押っ付けで前に出、左筈で押し上げる。豊ノ島、上体が起きて俵を割る。
20190708 02 602 照強 押し出し 豊ノ島 40

(3) 矢後戦 ●寄り切り 20.4秒
 豊ノ島、先に右手をつく。矢後、仕切り線後方で両手をサッとつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込む。矢後、左肘を固めて当たる。豊ノ島、両差しを狙うが右は差せず。矢後、深い右上手を取る。両者、左四つがっぷりで胸が合う体勢に。豊ノ島、腰を捻って相手の下手を切り、更に上手も切ろうとする。矢後、上手を離さず、切られた右下手を取り直す。豊ノ島、右上手を持って右に回る。矢後、両廻しを持って前に出る。豊ノ島、土俵際上手が切れ、体を開いて左から掬おうとする。矢後、寄る。豊ノ島、右足が俵の外に出る。
20190709 03 603 矢後 寄り切り 豊ノ島 40

(4) 魁聖戦 ○寄り切り 8.2秒
 豊ノ島、先に右手をつく。魁聖、両手をつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を内に入れながら踏み込む。魁聖、右腕を内に入れて当たる。豊ノ島、両差しになって一気に前に出る。魁聖、両上手を取るが俵に詰まる。豊ノ島、右肘を張って相手の左上手を切り、左へ寄りながら右上手も切り、深い左下手を取り、右で前廻しを取って前に出る。魁聖、右小手投げに行こうとする。豊ノ島、廻しを離さず寄り切る。
20190710 04 601 豊ノ島 寄り切り 魁聖 40

(5) 琴勇輝戦 ●押し出し 5.1秒
 豊ノ島、先に右手をつく。琴勇輝、両手をサッと動かす。豊ノ島、両腕を内に入れて踏み込み、左を差す。琴勇輝、右で押っ付け、左喉輪で押し上げながら前に出る。豊ノ島、仰け反って俵の外に出る。
20190711 05 602 琴勇輝 押し出し 豊ノ島 40

(6) 千代丸戦 ●引き落し 7.7秒
 豊ノ島、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込み、右で前廻しに手を掛ける。千代丸、両手突きから顎に向かって突き放す。豊ノ島、差せず、左から相手の手をいなし、左で廻しを探る。千代丸、押し上げ、その腕を外しながら左へ回る。豊ノ島、前のめりになって土俵に落ちる。
20190712 06 603 千代丸 引き落とし 豊ノ島 37

(7) 佐田の海戦 ○とったり 13.2秒
 佐田の海、先に両手をつく。豊ノ島、両手をサッとつき、両腕を内に入れて踏み込む。佐田の海、右肘を固めて当たる。豊ノ島、前に出ながら両差しになる。佐田の海、右上手を取り、左で押っ付けながら前に出、左上手に手を伸ばす。豊ノ島、左肘を張って相手の上手を切り、両差しでがぶる。佐田の海、顎を押しながら体を離し、右前廻しを取って前に出る。豊ノ島、相手の右腕を抱えて左へ回り、土俵際、体を開いてとったり。佐田の海、土俵に落ちる。
20190713 07 602 豊ノ島 とったり 佐田の海 38

(中) 貴源治戦 ○掬い投げ 8.3秒
 貴源治、仕切り線後方で先に両手をつく。豊ノ島、右、左とサッと手をつき、両腕を交差させて踏み込む。貴源治、左肘を固めて当たり、深い右上手を取る。豊ノ島、左を差し、右も差そうとしながら前に出る。貴源治、土俵際堪え、右上手を持って前に出る。豊ノ島、下がりながら左で掬うが俵に詰まる。貴源治、右上手を持って寄ろうとする。豊ノ島、体を開いて左掬い投げ。貴源治、右足が宙を舞い、土俵に落ちる。
20190714 08 607 豊ノ島 掬い投げ 貴源治 37

(9) 妙義龍戦 ●押し出し 3.7秒
 豊ノ島、先に右手をつく。妙義龍、右手をつき、左手をサッとついて立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。豊ノ島、両腕を交差させて当たる。妙義龍、押しながら前に出る。豊ノ島、右を差し、左もねじ込むが俵に詰まり、両差し手を返す。妙義龍、両腕バンザイになるが、腹で押す。豊ノ島、上体が起きて俵を割る。
20190715 09 608 妙義龍 押し出し 豊ノ島 37

(10) 輝戦 ○肩透かし 5.7秒
 豊ノ島、先に手をつく。輝、手をサッとつく。豊ノ島、両腕を交差させて両差しを狙う。輝、外から挟みつけ、下がりながら右を巻き替える。豊ノ島、右差しで前に出、左で叩きながら肩透かしを引く。輝、土俵に落ちて転がる。
20190716 10 603 豊ノ島 肩透かし 輝 40

(11) 栃煌山戦 ●叩き込み 3.5秒
 豊ノ島、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊ノ島、両腕を内に入れる。栃煌山、右肘を固めて踏み込み、右を差す。豊ノ島、すぐに左を巻き替えて両差しになる。栃煌山、頭をつけ、右押っ付けから右を差すが、差し手を抜いて叩きながら引く。豊ノ島、前にバッタリ落ちる。
20190717 11 603 栃煌山 叩き込み 豊ノ島 38

(12) 阿武咲戦 ○寄り切り 18.1秒
 阿武咲、先に手をつく。豊ノ島、右手をサッとつき、両腕を内に入れて左肩から踏み込む。阿武咲、頭から踏み込んで突き放す。豊ノ島、左を差す。阿武咲、右押っ付け、左喉輪で前に出る。豊ノ島、土俵際、仰け反りながら喉輪を外し、左喉輪で突き返し、再び左を差す。阿武咲、右押っ付けで押し上げる。豊ノ島、上体が起きて俵に詰まるが、肩透かしを引きながら俵伝いに左へ回り、左差し手を大きく返し、深い左下手を取って中に戻る。阿武咲、左を差して右上手を取り、頭をつける。豊ノ島、相手の上手を切り、左下手を引きつけて寄る。阿武咲、右から突き落とそうとする。豊ノ島、腰を下ろして右で押す。阿武咲、土俵下に落ちる。
20190718 12 605 豊ノ島 寄り切り 阿武咲 37

(13) 松鳳山戦 ○とったり 8.5秒
 豊ノ島、先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとつき、両肘を固めて踏み込む。豊ノ島、両腕を内に入れて踏み込み、胸で当たる。松鳳山、頭を下げる。豊ノ島、差せず、叩いて少し右へ回る。両者、体が離れる。松鳳山、左喉輪で押し上げる。豊ノ島、喉輪を外し、右抱えて前に出ようとする。松鳳山、両手で相手の左腕を抱えて振ろうとする。豊ノ島、左足外掛けで堪え、相手の左腕を手繰って振る。松鳳山、俵の外に出る。
20190719 13 605 豊ノ島 とったり 松鳳山 40

(14) 錦木戦 ○押し出し 11.8秒
 豊ノ島、先に右手をつく。錦木、左、右と手をつく。豊ノ島、先にふわっと立つが、立合い成立、両差しになる。錦木、外から挟みつける。豊ノ島、両差しで前に出る。錦木、左へ回って体を離し、右上手に手を掛ける。豊ノ島、押し上げる。錦木、俵の上で右から突き、相手の左腕を手繰るが、押されて外に出る。
20190720 14 601 豊ノ島 押し出し 錦木 40

(楽) 千代大龍戦 ●突き倒し 8.6秒
 豊ノ島、先に右手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、突っ張りながら前に出る。豊ノ島、左をのぞかせるが、土俵際。千代大龍、叩きながら下がる。豊ノ島、前のめりになるが堪え、両差しになろうと当たる。千代大龍、突き放して前に出る。豊ノ島、俵に詰まり、右で相手の手を突きながら右へ回ろうとするが、足が送れず体勢を崩し、土俵に尻餅をつく。
20190721 15 607 千代大龍 突き倒し 豊ノ島 37

《2019年名古屋場所取組内容・目次へ》

佐田の海 2019年名古屋(七月)場所取組内容

201907-さだのうみ

前頭13枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容

同じ前頭13枚目で迎えた今場所、初日は千代丸に叩き込まれて黒星発進。
二日目、輝を土俵際での網打ちで倒し、初日を出す。
三日目、栃煌山を寄り切って連勝。
四日目、琴勇輝に突き出され、2勝2敗と星が五分に。
四日目の取組の影響で左目が腫れるが、五日目 錦木、六日目 勝ちっぱなしの照強と連勝。4勝2敗と白星先行。→日刊スポーツ記事「左目腫れた佐田の海」(記事が表示されない場合は →こちら
七日目、再入幕の豊ノ島にとったりで敗れて3敗目。
八日目 過去2戦2勝の矢後、九日目 魁聖と連勝。6勝3敗に。
十日目、過去2戦2敗の阿武咲に押し出されて4敗目。
十一日目、初対戦の先場所敗れた炎鵬と対戦。小手投げで倒して7勝目。勝ち越しまであと一つとする。
十二日目、琴恵光に引き落とされて5敗目。
十三日目、新入幕の貴源治を寄り切って勝ち越しを決める。
十四日目、大翔鵬を寄り切って9勝目。
千秋楽、先場所の優勝者 朝乃山と対戦。寄り倒されて、9勝6敗で今場所を終える。
勝ち越しは3場所ぶり。



(初) 千代丸戦 ●叩き込み 2.3秒
 佐田の海、先に手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、踏み込む。千代丸、両手突き。佐田の海、押し上げる。千代丸、叩きながら左へ回る。佐田の海、土俵に這う。
20190707 01 604 千代丸 叩き込み 佐田の海 40

(2) 輝戦 ○網打ち 3.4秒
 佐田の海、先に両手をつく。輝、両手をサッとつく。佐田の海、右手を出して頭から当たり、右喉輪で相手を起こし、下がりながら両差しを狙う。輝、右押っ付けから右を差し、左で押っ付けながら前に出る。佐田の海、俵伝いに左へ回り、相手の右腕を抱えて網打ち。輝、俵の外に裏返る。その後、両者、土俵下に転がり落ちる。
20190708 02 605 佐田の海 網打ち 輝 40

(3) 栃煌山戦 ○寄り切り 6.1秒
 佐田の海、先に手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。佐田の海、頭から当たり、右で顎を押し上げながら左、右と差し、深い両下手を取って一気に前に出、寄り切る。
20190709 03 605 佐田の海 寄り切り 栃煌山 43

(4) 琴勇輝戦 ●突き出し 9.3秒
 佐田の海、先に手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。琴勇輝、両手突きから顎に向かって突っ張る。佐田の海、下から撥ね上げる。琴勇輝、押しながら前に出る。佐田の海、土俵際、相手の右腕を手繰り気味に左へ開く。琴勇輝、向き直って押す。佐田の海、仰け反って土俵下に吹っ飛ぶ。
20190710 04 604 琴勇輝 突き出し 佐田の海 38

(5) 錦木戦 ○寄り切り 3.3秒
 佐田の海、先に両手をつく。錦木、左手をつく。佐田の海、突っ掛ける。2度目、佐田の海、先に両手をつく。錦木、左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、右肘を固めて低く当たり、左、右と差し、両差しで前に出る。錦木、右小手で振るが、佐田の海、そのまま寄り切る。
20190711 05 605 佐田の海 寄り切り 錦木 40

(6) 照強戦 ○浴せ倒し 5.5秒
 佐田の海、先に手をつく。照強、右、左とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。照強、右手を出して頭から当たる。佐田の海、突き放す。照強、あてがい、左へ回り、右押っ付けから右を差す。佐田の海、左上手を取って前に出る。照強、右から掬って上手を切ろうとするがならず、右下手を取るが俵に詰まる。佐田の海、左上手を持って体を預ける。照強、俵の外に倒れ、両者、土俵下に転がり落ちる。
20190712 06 604 佐田の海 浴びせ倒し 照強 37

(7) 豊ノ島戦 ●とったり 13.2秒
 佐田の海、先に両手をつく。豊ノ島、両手をサッとつき、両腕を内に入れて踏み込む。佐田の海、右肘を固めて当たる。豊ノ島、前に出ながら両差しになる。佐田の海、右上手を取り、左で押っ付けながら前に出、左上手に手を伸ばす。豊ノ島、左肘を張って相手の上手を切り、両差しでがぶる。佐田の海、顎を押しながら体を離し、右前廻しを取って前に出る。豊ノ島、相手の右腕を抱えて左へ回り、土俵際、体を開いてとったり。佐田の海、土俵に落ちる。
20190713 07 602 豊ノ島 とったり 佐田の海 38

(中) 矢後戦 ○寄り倒し 18.7秒
 佐田の海、先に両手をつく。矢後、仕切り線後方で左手をつき、右手をトンとついて立ち、左肘を固めて踏み込む。佐田の海、両肘を固めて頭から当たる。矢後、左前廻しを探る。佐田の海、突き放す。矢後、突き返し、右から張って右上手を取る。佐田の海、右上手を取り、前に出て左下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。矢後、両廻しを持ち、左へ振って堪える。佐田の海、休まず前に出る。矢後、土俵際左へ振る。佐田の海、右足が俵に掛かるが中に戻り、両廻しを引きつけて前に出る。矢後、左膝から俵の外に崩れ落ちる。両者、俵の外に倒れ、矢後、両足バンザイで土俵下へ転落。
20190714 08 603 佐田の海 寄り倒し 矢後 40

(9) 魁聖戦 ○寄り切り 9.3秒
 佐田の海、先に両手をつく。魁聖、左、右と手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、右肘を固める。佐田の海、左肘を固めて頭から当たる。魁聖、右を差そうとするがならず。佐田の海、左で押っ付けながら上手前廻しを取り、右差し手を大きく返す。魁聖、右に体が大きく傾くが、左上手に手を伸ばす。佐田の海、腰を引いて上手を与えず、右でも前廻しを取る。魁聖、右差し手を返して相手を起こそうとする。佐田の海、両廻しを引きつけて前に出る。魁聖、土俵際、体を開いて右掬い投げに行く。佐田の海、振られるが堪え、そのまま寄り切る。
20190715 09 601 佐田の海 寄り切り 魁聖 40

(10) 阿武咲戦 ●押し出し 2.8秒
 佐田の海、先に手をつく。阿武咲、手をサッとつき、右喉輪で相手を起こし、一気に前に出る。佐田の海、俵に詰まって仰け反り、土俵下に落ちる。
20190716 10 606 阿武咲 押し出し 佐田の海 40

(11) 炎鵬戦 ○小手投げ 29.7秒
 佐田の海、先に両手をつく。炎鵬、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、頭から低く踏み込む。佐田の海、突き放す。炎鵬、頭を下げて中に入り、深い左下手を取って相手の左脇から頭を出す。佐田の海、肩越しの両上手を取る。炎鵬、右で相手の左足を抱えようとする。佐田の海、右に回って相手の手を外し、左差し手で相手を起こそうとするがならず、再び左上手に手を伸ばす。炎鵬、右前廻しも取り、左足内掛けに行こうとする。佐田の海、かわす。炎鵬、一旦頭をつけ、左半身になって下手投げに行く。佐田の海、左足が俵に掛かるが、右上手を持って堪え、再び肩越しの両上手になる。炎鵬、両廻しを持って前に出、左足内掛けに行く。佐田の海、右上手を持って左足を俵に掛けて堪え、中に戻る。炎鵬、頭をつけ、両下手を持って前に出る。佐田の海、廻しが切れ、土俵際を左へ回り、体を左へ捻って左小手投げに行く。炎鵬、右下手投げを打ち返すが、先に土俵に手をつく。その後、両者、俵の外に倒れる。
〔中に入った炎鵬、両上手を取った佐田の海〕
20190717 11 601 佐田の海 小手投げ 炎鵬 10 中に入った炎鵬、両上手を取った佐田の海
〔佐田の海の小手投げ〕
20190717 11 601 佐田の海 小手投げ 炎鵬 40

(12) 琴恵光戦 ●引き落し 1.9秒
 琴恵光、先に手をつく。佐田の海、仕切り線後方で両手をサッとつく。琴恵光、両手突き。佐田の海、下からあてがう。琴恵光、右に開く。佐田の海、前にバッタリ落ちる。
20190718 12 603 琴恵光 引き落とし 佐田の海 40

(13) 貴源治戦 ○寄り切り 10.1秒
 貴源治、先に両手をつく。佐田の海、手をサッとつく。貴源治、両手突きから叩きながら右へ回る。佐田の海、落ちずに向き直り、前に出て右から張る。貴源治、右を差して下手を取る。両者、右四つでがっぷりになる。貴源治、両廻しを引きつけて、前に出る。佐田の海、左へ振って相手を土俵際にする。貴源治、俵の外に出る。
20190719 13 602 佐田の海 寄り切り 貴源治 40

(14) 大翔鵬戦 ○寄り切り 12.9秒
 佐田の海、先に両手をつく。大翔鵬、仕切り線かなり後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、左肘を固めて頭から踏み込み、すぐに左上手を取る。大翔鵬、左で相手の右腕を引っ張り込む。佐田の海、右下手も取って前に出る。大翔鵬、右差し手を返して堪える。佐田の海、休まず前に出る。大翔鵬、右から掬って体を入れ替えて堪え、右下手を取る。佐田の海、両廻しを引きつけて前に出る。大翔鵬、左上手に手を伸ばすが取れず。佐田の海、相手の下手を切って寄る。大翔鵬、腰が伸びて俵を割る。
20190720 14 604 佐田の海 寄り切り 大翔鵬 37

(楽) 朝乃山戦 ●寄り倒し 9.0秒
 佐田の海、先に右手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。佐田の海、両肘を固めて頭から当たる。佐田の海、右を差す。朝乃山、左で差し手を抱え、右を差し込んでどんどん前に出る。佐田の海、土俵際、左押っ付けで突き、左へ回る。朝乃山、右差し手を返して前に出る。佐田の海、土俵際を左へ回る。朝乃山、左で押っ付けて上手を探りながら前に出る。佐田の海、俵に両足を掛けながら左で突き落とそうとする。朝乃山、そのまま前に出る。佐田の海、俵の外に倒れ、尻から土俵下に落ちる。
20190721 15 613 朝乃山 寄り切り 佐田の海 40

《2019年名古屋場所取組内容・目次へ》

千代丸 2019年名古屋(七月)場所取組内容

201907-ちよまる

3場所ぶりに再入幕し、前頭13枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容

同じ前頭13枚目で迎えた今場所、初日は過去9勝3敗と分のいい佐田の海を叩き込んで白星発進。
二日目 栃煌山、三日目 輝と連敗。
四日目、矢後と2分の相撲の末、寄り切られて3連敗
五日目、魁聖を押し出して連敗を止める。
六日目、再入幕の豊ノ島を引き落として連勝。3勝3敗と星を五分にする。
七日目、琴勇輝に突き落とされて4敗目。
八日目、炎鵬を押し倒して4勝目。
九日目 大翔鵬、十日目 照強と連敗し、6敗目。
十一日目、新入幕の貴源治を突き出して5勝目。
十二日目、隠岐の海と1分20秒を超える相撲の末、寄り切られ、7敗目と後がなくなる。
十三日目、明生に寄り倒されて負け越しが決まる。
十四日目 松鳳山、千秋楽 錦木と4連敗5勝10敗の成績で終える。

負け越しは、2場所連続。二桁負けは、4場所ぶり。
矢後戦の120.0秒は、今場所の幕内で最長の取組。→幕内取組各種データ順位



(初) 佐田の海戦 ○叩き込み 2.3秒
 佐田の海、先に手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、踏み込む。千代丸、両手突き。佐田の海、押し上げる。千代丸、叩きながら左へ回る。佐田の海、土俵に這う。
20190707 01 604 千代丸 叩き込み 佐田の海 40

(2) 栃煌山戦 ●掬い投げ 9.2秒
 栃煌山、仕切り線後方で先に手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。栃煌山、両手を出して頭から踏み出す。千代丸、右肘を固めて当たり、押す。栃煌山、少し引いて体を離す。千代丸、突き放しながら前に出る。栃煌山、下からあてがいながら両差しになり、土俵際、体を入れ替えながら左掬い投げ。千代丸、土俵に裏返る。
20190708 02 604 栃煌山 掬い投げ 千代丸 38

(3) 輝戦 ●押し出し 8.0秒
 輝、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。輝、頭から踏み込む。千代丸、両手で相手の肩を押さえ、突き放そうとする。輝、下からあてがって下がらず。千代丸、引いて左へ回る。輝、乗じて押しながら前に出る。千代丸、俵伝いに左へ回るが、押されて俵を割る。
20190709 03 604 輝 押し出し 千代丸 40

(4) 矢後戦 ●寄り切り 120.0秒
 矢後、先に左手をつく。千代丸、なかなか手をつかず。矢後、腰を上げて立合いを嫌う。2度目、矢後、先に左手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。矢後、右肘を固めて踏み込む。千代丸、右肘を固めて当たり、突っ張りながら前に出る。矢後、土俵際堪え、左下手を取って前に出る。千代丸、左下手を取る。矢後、右上手も取り、引きつけて前に出る。千代丸、俵に左足を掛けて残し、少し中に戻る。矢後、上手一枚廻しをしっかり取り直す。両者、左四つで止まる(約4秒間)。矢後、両廻しを引きつけて前に出る。千代丸、土俵際を左へ回って中に戻り、右上手を取る。両者、土俵中央で左四つがっぷりで止まる(約9秒間)。千代丸、両廻しを持って前に出る。矢後、土俵際堪え、左に回って中に戻る。両者、止まる(約16秒間)。矢後、両廻しを持って前に出ようとする。千代丸、堪える。両者、止まる(約18秒間)。矢後、前に出る。千代丸、少し右に回る。両者、止まる(約34秒間)。千代丸、両廻しを引きつけて前に出る。矢後、堪えて逆に前に出る。千代丸、左下手が切れ、差し手を抜く。矢後、両下手になって前に出る。千代丸、廻しが切れ、土俵際、叩きながら左へ回る。矢後、逃さず前に出、寄り切る。千代丸、俵の外に出、その後、矢後、土俵に倒れる。
20190710 04 603 矢後 寄り切り 千代丸 40

(5) 魁聖戦 ○押し出し 5.3秒
 魁聖、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、右肘を固めて踏み込み、左上手前廻しに手を掛ける。千代丸、両肘を固めて当たり、突き放して廻しを切り、そのまま押しながら前に出る。魁聖、上体が起き、俵伝いに右へ回る。千代丸、逃さず押し出す。
20190711 05 603 千代丸 押し出し 魁聖 40

(6) 豊ノ島戦 ○引き落し 7.7秒
 豊ノ島、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込み、右で前廻しに手を掛ける。千代丸、両手突きから顎に向かって突き放す。豊ノ島、差せず、左から相手の手をいなし、左で廻しを探る。千代丸、押し上げ、その腕を外しながら左へ回る。豊ノ島、前のめりになって土俵に落ちる。
20190712 06 603 千代丸 引き落とし 豊ノ島 37

(7) 琴勇輝戦 ●突き出し 3.5秒
 琴勇輝、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。琴勇輝、両手突きで相手を仰け反らせ、突き放しながら前に出る。千代丸、叩きながら左へ回る。琴勇輝、乗じて押し出す。
20190713 07 603 琴勇輝 突き出し 千代丸 37

(中) 炎鵬戦 ○押し倒し 7.0秒
 炎鵬、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、その場でふわっと立つ。2度目、炎鵬、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。炎鵬、素早く立ち、右手を出してもぐろうとする。千代丸、叩きながら左へ回り、相手の肩を押して中に入れず、突き放す。炎鵬、体を離し、土俵際を左へ回る。千代丸、前に出ながら押す。炎鵬、仰け反り、俵の外に倒れる。
20190714 08 602 千代丸 押し倒し 炎鵬 40
20190714 08 602 千代丸 押し倒し 炎鵬 43

(9) 大翔鵬戦 ●押し倒し 22.5秒
 大翔鵬、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。大翔鵬、素早く立ち、頭から踏み込む。千代丸、左から張って右を差す。大翔鵬、左上手を探るが取れず。千代丸、深い右下手を取る。大翔鵬、左で差し手を抱え、右をのぞかせる。両者、止まる(約10秒間)。千代丸、右下手を持って前に出る。大翔鵬、左上手に手を伸ばすが取れず、土俵際、右から掬って体を入れ替え、左上手を取り、一呼吸後、上手を引きつけて前に出る。千代丸、土俵際を左へ回る。大翔鵬、右で頭を押さえながら左上手出し投げ。千代丸、前に泳ぎ、土俵際向き直る。大翔鵬、そこを押す。千代丸、俵の外に尻餅をつき、土俵下に転がり落ちる。
20190715 09 606 大翔鵬 押し倒し 千代丸 40

(10) 照強戦 ●押し出し 4.5秒
 照強、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。照強、素早く立ち、頭から当たる。千代丸、両手突きから突き放そうとする。照強、右から突いていなす。千代丸、泳いで土俵際向き直る。照強、そこを押し上げる。千代丸、上体が起きて俵を割る。
20190716 10 601 照強 押し出し 千代丸 40

(11) 貴源治戦 ○突き出し 6.3秒
 貴源治、手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。貴源治、素早く立ち、両手突きで相手を起こし、突っ張ってから左下手を取る。千代丸、右で顎を押し上げて廻しを切り、顎に向かって突き上げながら前に出る。貴源治、仰け反って俵に詰まり、右へ回ろうとする。千代丸、逃さず押し出す。
20190717 11 605 千代丸 突き出し 貴源治 42

(12) 隠岐の海戦 ●寄り切り 81.8秒
 隠岐の海、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。千代丸、両手突きから引いて左へ回る。隠岐の海、乗じて右差しで前に出る。千代丸、左で押っ付けながら中に戻る。隠岐の海、左上手を取り、右差し手を返す。千代丸、左上手に手を伸ばすが取れず。隠岐の海、左を巻き替えに行く。千代丸、乗じて前に出る。両者、足が止まり、隠岐の海、左上手を探るが取れず(約12秒間)。隠岐の海、左上手を探るが取れず、右下手を取る。千代丸、左上手に手を伸ばすが取れず。隠岐の海、左を巻き替えに行く。千代丸、乗じて前に出ようとするが出られず。両者、止まる(約12秒間)。隠岐の海、左で押っ付けながら上手を探るが取れず。両者、止まる(約4秒間)。隠岐の海、右下手を持ち、左で押っ付けながら前に出る。千代丸、俵伝いに左へ回って中に戻り、左上手に手を伸ばすが取れず。両者、止まる(約9秒間)。隠岐の海、右下手を持ち、左で押っ付けながら前に出る。千代丸、土俵際堪え、左上手に手を伸ばすが取れず。両者、止まる(約4秒間)。隠岐の海、左押っ付けで前に出る。千代丸、左で突き落としに行きながら俵伝いに左へ回るが、ついに俵を割る。
20190718 12 606 隠岐の海 寄り切り 千代丸 40

(13) 明生戦 ●寄り倒し 4.5秒
 両者、仕切り線後方でほぼ同時に手をサッとつく。明生、頭から踏み込む。千代丸、その場で立ち、叩きながら左に動き、突っ張る。明生、堪えて右前廻しを取る。千代丸、叩きながら左へ回る。明生、前のめりになるが堪え、右差しで前に出る。千代丸、俵伝いに左へ回るが、右足が俵の外に出、土俵に尻餅。明生、その上に乗る。
20190719 13 609 明生 寄り倒し 千代丸 40
20190719 13 609 明生 寄り倒し 千代丸 45

(14) 松鳳山戦 ●寄り切り 6.1秒
 両者、ほぼ同時に両手をサッとつく。松鳳山、両肘を固めて踏み込む。千代丸、両手突き。松鳳山、右前廻しに手を掛けるが取れず、両差しになって前に出る。千代丸、左へ回る。松鳳山、両差し手を返しながらがぶって前に出、堪える相手を寄り切る。
20190720 14 603 松鳳山 寄り切り 千代丸 40

(楽) 錦木戦 ●押し出し 3.4秒
 錦木、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。錦木、頭から踏み込む。千代丸、右肘を固めて当たる。錦木、左上手に手を伸ばすが取れず。千代丸、押し上げてから引く。錦木、乗じて前に出、押し出す。
20190721 15 601 錦木 押し出し 千代丸 40

《2019年名古屋場所取組内容・目次へ》