FC2ブログ

名古屋場所

明生 2018年名古屋(七月)場所取組内容

201807-めいせい

2016年11月、新十両昇進。その場所は撥ね返されて幕下に戻ったが、2017年5月に再十両。そこから6場所連続で十両を務め、十両4枚目だった先場所、10勝5敗と初めて二桁勝利を上げ、新入幕につなげた。

新入幕会見では「奄美大島の人間というのを誇りに思って、有名にしていけたらいいですね」と話す。→新入幕会見

幕尻の西前頭16枚目で迎えた今場所、初日は十両のベテラン豪風に叩き込まれて黒星発進。
二日目、十両以下での対戦で6勝2敗と分の良かった竜電と対戦。足が前に出過ぎて土俵に尻餅。
三日目、隠岐の海に上手投げで裏返されて3連敗
四日目、北勝富士を寄り切り、幕内初白星。
五日目、同じ新入幕の琴恵光に掬い投げで倒され、1勝4敗
六日目、小兵の石浦と対戦。相手は土俵際反り技に行くが、それをこらえて寄り倒し、2勝目を上げる。
七日目から朝乃山、過去3戦全敗の佐田の海、元関脇栃煌山と3連敗。7敗目と後がなくなる。
十日目、荒鷲を外掛けで倒して3勝目を上げ、踏み止まる。
十一日目、千代丸を寄り切り、今場所初めての連勝。
十二日目、大栄翔に叩き込まれて負け越し決定。「勝ち越したかったし悔しい。でも攻められて負ける相撲は少ないので、パワーをつけて幕内に戻ればもっとやれると思う。あと3番、幕内を楽しみたい」と前向きに話す。(→サンケイスポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
十三日目、十両の明瀬山を寄り切って5勝目。
十四日目、初日から13連敗のベテラン嘉風と対戦。寄り倒されて9敗目。嘉風は今場所の初日を出す。
千秋楽、錦木を下手投げで倒し、6勝9敗で今場所を終える。
負け越しは2場所ぶり。



(初) 豪風戦 ●叩き込み 1.5秒
 豪風、先に手をつく。明生、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、頭から低く踏み込む。明生、左を差す。豪風、叩いて左に開く。明生、土俵に落ちる。
20180708 01 301 豪風 叩き込み 明生 38

(2) 竜電戦 ●浴せ倒し 3.7秒
 竜電、先に左手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。竜電、左上手を探るが取れず。明生、両差しになって前に出る。竜電、右押っ付けから右を差し、土俵際左上手を取り、俵伝いに左へ回って体を入れ替える。明生、足が前に出すぎる形になり、土俵に尻餅をつく。
20180709 02 302 竜電 浴びせ倒し 明生 37
20180709 02 302 竜電 浴びせ倒し 明生 43

(3) 隠岐の海戦 ●上手投げ 19.1秒
 隠岐の海、先に手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固める。明生、左肘を固めて頭から踏み込み、右前廻しを探るが取れず。隠岐の海、左を差し、腰を引いて上手を与えず、深い左下手を取る。明生、左下手を取る。隠岐の海、右上手を探るが取れず、右で押っ付けながら じわじわ前に出る。明生、俵に詰まる。隠岐の海、深い右上手を取る。明生、左下手を持って俵伝いに左へ回る。隠岐の海、そこを右上手投げで傾かせ、左で頭を押さえる。明生、俵の外へ裏返る。
20180710 03 303 隠岐の海 上手投げ 明生 37

(4) 北勝富士戦 ○寄り切り 7.8秒
 北勝富士、先に手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、北勝富士、素早く立ち、右手を出してやや左へ踏み出す。明生、踏み込み、前に出ながら両差しになろうとする。北勝富士、押っ付ける。明生、左に開き、左から突く。北勝富士、向き直って押っ付ける。明生、前に出て左を差し、両廻しを取って寄る。北勝富士、俵に詰まって上体が起き、右から突こうとする。明生、そのまま寄り切る。
20180711 04 301 明生 寄り切り 北勝富士 40
〔新入幕初白星インタビューを受ける明生〕
20180711 04 301 明生 寄り切り 北勝富士 75 明生、新入幕初白星インタビュー

(5) 琴恵光戦 ●掬い投げ 8.5秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に手をつく。明生、手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。琴恵光、右から張って両差しになる。明生、左小手投げに行く。琴恵光、右外掛けで堪え、相手の左側につき、両下手を持って前に出る。明生、土俵際、体を開いて左小手投げに行く。琴恵光、右差し手を突きつけて掬い投げを返す。明生、土俵に這う。
20180712 05 302 琴恵光 掬い投げ 明生 38

(6) 石浦戦 ○寄り倒し 33.7秒
 石浦、先に手をつく。明生、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。明生、左肘を固めて踏み込む。石浦、頭から当たる。明生、左を差す。石浦、相手の左脇下から頭を出し、深い左下手を取る。明生、肩越しの右上手を取り、相手を起こそうとする。石浦、潜った体勢で右上手前廻しを取る。明生、相手の上手を切り、左差し手を返して相手を起こそうとする。石浦、再び頭を相手の左脇下に入れる。両者、土俵中央で少し止まる(約2秒間)。明生、右足で外掛けに行く。石浦、下がってかわす。明生、左を差し直そうとする。石浦、頭をつけて右から絞る。明生、右上手を持ち、左を差し込もうとしながら前に出る。石浦、土俵際、上体が起きるが、中に戻って左半身の体勢。明生が肩越しの右上手を持ち、石浦が左下手を持って右で相手の左手を掴んだ状態で、両者、止まる(約5秒間)。明生、左を差し込んで前に出る。石浦、再び頭を相手の左脇下に入れ、土俵際、頭を上げて反り、相手の左腕に頭を預ける。明生、左差し手を抜く。両者、土俵に落ちるが、石浦の背中が先に落ちる。
〔仰け反る石浦〕
20180713 06 301 明生 寄り倒し 石浦 37-2 反る石浦
〔腕を抜く明生〕
20180713 06 301 明生 寄り倒し 石浦 38 腕を抜く明生
〔明生の寄り倒し〕
20180713 06 301 明生 寄り倒し 石浦 40

(7) 朝乃山戦 ●突き落し 3.6秒
 朝乃山、先に両手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつき、両肘を固めて頭から低く踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たり、左上手を取る。明生、右下手を取って前に出る。朝乃山、相手の下手を切り、土俵際、右から突く。明生、土俵にバッタリ落ちる。
20180714 07 303 朝乃山 突き落とし 明生 40
〔悔しい表情の明生〕
20180714 07 303 朝乃山 突き落とし 明生 52 悔しい明生

(中) 佐田の海戦 ●押し出し 7.2秒
 佐田の海、先に両手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。明生、右手を出し、左肘を固め、両者、頭で当たり合う。明生、左を差す。佐田の海、右上手に手を伸ばすが取れず、右押っ付けで押し上げる。明生、左から突き、再び左を差す。佐田の海、突っ張りながら一気に前に出る。明生、仰け反って俵を割り、土俵下に落ちる。
20180715 08 303 佐田の海 押し出し 明生 38

(9) 栃煌山戦 ●掬い投げ 3.0秒
 栃煌山、仕切り線後方で左手をつく。明生、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。明生、左肘を固めて踏み込む。栃煌山、ぴょんと立ち、右上手に手を伸ばす。明生、両差しになり、両下手に手をかける。栃煌山、下がりながら左を巻き替える。明生、両廻しを持って一気に前に出る。栃煌山、土俵際、体を開いて左掬い投げ。明生、中で裏返って土俵に落ちる。
20180716 09 302 栃煌山 掬い投げ 明生 40

(10) 荒鷲戦 ○外掛け 8.3秒
 荒鷲、先に手をつく。明生、仕切り線後方でサッと手をつき、左肘を固めて踏み込む。荒鷲、左手で相手の肩を押さえ、左廻しに手を伸ばすが取れず。明生、左をのぞかせて前に出る。荒鷲、右で極め気味に小手に振って土俵際堪える。明生、右上手を取って体勢を低くする。荒鷲、右を巻き替えようとするが止め、肩越しの右上手、左下手を取る。明生、深い左下手も取って寄る。荒鷲、体を開いて左下手投げに行く。明生、そこを右足で外掛け。荒鷲、土俵に倒れ、明生、その上に乗る。
〔下手投げに行く荒鷲、外掛けに行く明生〕
20180717 10 304 明生 外掛け 荒鷲 35 下手投げに行く荒鷲、外掛けに行く明生
〔明生の外掛け〕
20180717 10 304 明生 外掛け 荒鷲 42

(11) 千代丸戦 ○寄り切り 3.9秒
 両者、ほぼ同時に手をサッとついて立つ。明生、左肘を固めて踏み込む。千代丸、両手突きから突き放す。明生、右、左と前廻しを取り、引きつけて前に出る。千代丸、左で小手に巻いて左に回ろうとするが、俵の外に出る。
20180718 11 304 明生 寄り切り 千代丸 40

(12) 大栄翔戦 ●叩き込み 2.0秒
 大栄翔、先に両手をつく。明生、仕切り線後方でサッと手をつき、両肘を固めて頭から踏み込む。大栄翔、両手を出して頭で当たり合うが、明生の手つき不十分で、行司 木村寿之介が止める。2度目、大栄翔、先に両手をつく。明生、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。大栄翔、両手を出して頭から踏み込む。明生、両肘を固めて頭から踏み込んで当たる。大栄翔、突き放して相手を下がらせ、出てくる相手を叩く。明生、土俵に両手をつく。
20180719 12 309 大栄翔 叩き込み 明生 40

(13) 明瀬山戦 ○寄り切り 14.0秒
 両者、なかなか手をつかず。明瀬山、仕切り線後方で両手をつく。明生、両手をサッとつく。明瀬山、その場で立ち、左肘を固める。明生、両肘を固めて頭から踏み込む。明瀬山、左を差し、右上手に手を伸ばすが取れず。明生、右押っ付けから上手前廻しを取る。明瀬山、右で抱えながら前に出、左下手、右上手を取る。明生、すぐに腰を引いて上手を切り、左下手も取る。明瀬山、右を巻き替えようとするがならず。明生、両廻しを引きつけて前に出る。明瀬山、左差し手を返し、土俵際、右から突き落としに行く。明生、傾くが堪え、寄る。明瀬山、俵を割る。
20180720 13 301 明生 寄り切り 明瀬山 40

(14) 嘉風戦 ●寄り倒し 8.0秒
 嘉風、両手をつく。明生、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとついて立つ。嘉風、両肘を固めて頭を下げる。明生、左肘を固めて頭から踏み込む。嘉風、両手で相手を起こし、体勢を低くして左を差し、深い左下手、右上手前廻しを取り、一気に前に出る。明生、俵に足をかけて堪える。嘉風、寄り立て、左差し手を大きく返す。明生、俵の外に倒れる。
〔寄りをこらえる明生〕
20180721 14 310 嘉風 寄り倒し 明生 35 寄りを堪える明生
〔嘉風の寄り倒し〕
20180721 14 310 嘉風 寄り倒し 明生 40
20180721 14 310 嘉風 寄り倒し 明生 45

(楽) 錦木戦 ○下手投げ 6.8秒
 錦木、先に手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。錦木、立ち遅れて胸で受けながら左を差す。明生、右上手に手を伸ばすが取れず。錦木、左下手を持って前に出る。明生、左下手を取るが俵に詰まり、土俵際を左へ回る。錦木、右上手を取る。明生、そのまま俵伝いに回りながら体を開き、左下手投げ。錦木、俵の外に倒れ、明生、その上に落ちる。
20180722 15 301 明生 下手投げ 錦木 37

《2018年名古屋場所取組内容・目次へ》

北勝富士 2018年名古屋(七月)場所取組内容

201807-ほくとふじ

前頭9枚目だった先場所は、首と太腿を痛めて途中休場4勝7敗4休の成績だった。→先場所の取組内容

前頭16枚目で迎えた今場所、初日 竜電を押し出して白星発進。
二日目 十両の明瀬山に土俵際まで寄られるが、俵の上で突き落として逆転。連勝。
三日目石浦、四日目 新入幕の明生と2連敗。2勝2敗に。
五日目からまだ白星のない荒鷲、佐田の海、新入幕の琴恵光と3連勝。5勝2敗と白星先行。
26歳の誕生日でもあった八日目、元関脇栃煌山と対戦。相手に差させないように攻め続けた後、上手を取って寄るが、土俵際の巻き落としで逆転負け。3敗目。
九日目、先場所十両優勝の阿武咲を押し倒して6勝目。
十日目、ただ1人1敗で全勝の御嶽海を追う朝乃山と対戦。押し出して連勝。勝ち越しまであと一つとする。
十一日目、妙義龍を突き落とし、3連勝勝ち越しを決める。「めちゃくちゃうれしい。悔しい、苦しい思いをしてきた。(先場所の)休場が無駄にならなくて良かった」とコメント。(→サンケイスポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら) また、同学年で初日から勝ちっぱなしの関脇御嶽海に刺激を受けているようで「当たりたいけれど、(番付に差があるため)当たれないと思います。『今に見ていろ』という気持ちで毎日テレビを見ています」とコメント。 →大相撲中継・厚井大樹アナレポ
十二日目、同じ3敗の豊山と初対戦。押し出されて4敗目。
十三日目から碧山、千代丸、千代大龍と分のいい相手に3連勝11勝4敗で今場所を終える。
勝ち越し、二桁勝利とも4場所ぶり
北勝富士、同学年の御嶽海の優勝で「希望をもらいました。優勝できる力士というのは、選ばれた力士だけだと思っていたのに、身近な御嶽海関が優勝してくれたことは希望です。自分でも優勝できるんじゃないか、絶対無理なことではないと思えるようになりました。同時に、嬉しい気持ちと悔しい気持ちが、それぞれあります。とにかく自分は頑張らないといけないと思います」と話す。 →大相撲中継・船岡久嗣アナレポ
同一決まり手勝利数6回(押し出し)は、豊山、竜電と並んで今場所の幕内最多。→幕内取組各種データ順位



(初) 竜電戦 ○押し出し 4.2秒
 竜電、先に手をつく。北勝富士、右、左とサッと手をつく。竜電、頭から踏み込む。北勝富士、右で相手の肩を押さえて頭から当たり、左で押っ付けながら左へ回る。竜電、向き直り、右のど輪で押し上げるが土俵際、俵伝いに左へ回る。北勝富士、逃さず押す。竜電、土俵下に落ちる。
20180708 01 302 北勝富士 押し出し 竜電 43

(2) 明瀬山戦 ○突き落し 6.7秒
 両者、なかなか手をつかず。明瀬山、仕切り線後方で先に両手をつく。北勝富士、右手をつく。明瀬山、突っ掛ける。2度目、北勝富士、先に右手をつく。明瀬山、すぐに仕切り線後方で両手をサッとついて立つ。北勝富士、右手を出して頭から踏み込み、左へ回る。明瀬山、前に出て両差しになり、左廻しを取る。北勝富士、土俵際、右のど輪で押し上げる。明瀬山、左上手を持って寄る。北勝富士、俵の上で左から突く。明瀬山、土俵に落ち、その一瞬後に、北勝富士、俵の外に出る。
20180709 02 301 北勝富士 突き落とし 明瀬山 40-1

(3) 石浦戦 ●押し出し 4.7秒
 石浦、先に両手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとついて立つ。石浦、右手を出して頭を下げ、左に回りながら肩透かしを引く。北勝富士、突き放す。石浦、左から突き、右で後ろ廻しを取り、前に出て押す。北勝富士、土俵下に落ちる。
20180710 03 302 石浦 押し出し 北勝富士 40

(4) 明生戦 ●寄り切り 7.8秒
 北勝富士、先に手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、北勝富士、素早く立ち、右手を出してやや左へ踏み出す。明生、踏み込み、前に出ながら両差しになろうとする。北勝富士、押っ付ける。明生、左に開き、左から突く。北勝富士、向き直って押っ付ける。明生、前に出て左を差し、両廻しを取って寄る。北勝富士、俵に詰まって上体が起き、右から突こうとする。明生、そのまま寄り切る。
20180711 04 301 明生 寄り切り 北勝富士 40

(5) 荒鷲戦 ○押し出し 3.6秒
 北勝富士、先に右手をつく。荒鷲、左手をぶらぶら動かす。北勝富士、突っ掛ける。2度目、荒鷲、先に手をつく。北勝富士、仕切り線後方で右手をつき、左手をサッとついて素早く立つ。荒鷲、左から張る。北勝富士、右手を出して左へ踏み出し、左で押っ付ける。荒鷲、左前廻しを探るが取れず、叩きながら一気に引く。北勝富士、乗じて押しながら前に出る。荒鷲、土俵下に飛び落ちる。
20180712 05 304 北勝富士 押し出し 荒鷲 42

(6) 佐田の海戦 ○押し出し 6.1秒
 佐田の海、先に右手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出す。佐田の海、頭から踏み込む。北勝富士、左へ踏み出し、左で押っ付けながら左へ回る。佐田の海、向き直る。北勝富士、右のど輪で突き放し、押す。佐田の海、叩いて右に回り、廻しを狙う。北勝富士、向き直り、押し上げながら前に出る。佐田の海、俵の上で叩くが、先に俵を割る。佐田の海、土俵下に落ち、北勝富士、俵の外に倒れる。
20180713 06 304 北勝富士 押し出し 佐田の海 40

(7) 琴恵光戦 ○押し出し 3.1秒
 琴恵光、先に右手をつく。北勝富士、右手をついて時を置き、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して踏み込む。琴恵光、その場で立ち、叩きながら右に回り、右を差すが土俵際。北勝富士、動じず前に出、左押っ付け右のど輪で押し上げる。琴恵光、土俵下に落ちる。
20180714 07 302 北勝富士 押し出し 琴恵光 40

(中) 栃煌山戦 ●巻き落し 22.1秒
 北勝富士、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつく。北勝富士、両手を出して頭から踏み込む。栃煌山、右を差す。北勝富士、左にずれて当たり、左で押っ付けながら左に回る。栃煌山、向き直る。北勝富士、右のど輪で押し上げ、頭をつけて右から絞る。栃煌山、差せず、一旦叩いて土俵際になり、両差しになろうとしながら前に出る。北勝富士、突き放して体を離し、相手に差させず。栃煌山、突き返して前に出る。北勝富士、俵に詰まるが、左に回って中に戻る。栃煌山、右のど輪で押し上げ、右から張って右を差す。北勝富士、頭を下げて押っ付ける。栃煌山、両差しになろうとする。北勝富士、右上手を取って前に出る。栃煌山、右から突きながら左で巻く。北勝富士、土俵に転がる。
20180715 08 302 栃煌山 巻き落とし 北勝富士 43
20180715 08 302 栃煌山 巻き落とし 北勝富士 45

(9) 阿武咲戦 ○押し倒し 9.7秒
 阿武咲、先に手をつく。北勝富士、両足を踏みしめて腰を下ろし、右手をつき、左手をサッとついて立つ。両者、右手を出して頭から当たる。北勝富士、左へ踏み出し、右のど輪で押し上げる。阿武咲、相手の腕を叩いて少し引く。北勝富士、乗じて前に出、右で押っ付けで押し上げる。阿武咲、上体が起きる。北勝富士、押しながら前に出、俵に詰まった相手を左のど輪右押っ付けで押し上げる。阿武咲、左半身で首を巻く体勢になり、土俵に倒れる。
20180716 09 305 北勝富士 押し倒し 阿武咲 37

(10) 朝乃山戦 ○押し出し 13.0秒
 朝乃山、先に両手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たる。北勝富士、肩透かし気味に右へ開く。朝乃山、前に泳ぎ、土俵際くるっと向き直り、左上手を取る。北勝富士、右のど輪で押し上げる。朝乃山、土俵際仰け反るが、左上手を持って堪え、左に回って中に戻るが上手が切れる。北勝富士、右のど輪で押し上げ、叩きながら右へ回って右廻しを取る。朝乃山、向き直る。北勝富士、右下手を持って前に出る。朝乃山、土俵際、右で掬いながら右へ回って体を入れ替えるが、腰が入って体勢を崩す。北勝富士、そこを右下手を持って一気に前に出、土俵際の相手を押す。朝乃山、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180717 10 302 北勝富士 押し出し 朝乃山 43

(11) 妙義龍戦 ○突き落し 3.3秒
 両者、右手をつく。北勝富士、左手をサッとついて突っ掛ける。2度目、妙義龍、先に手をつく。北勝富士、右手をついて時を置き、左手をサッとついて素早く立ち、頭を下げる。妙義龍、右腕を前に出し、右を差す。北勝富士、やや左へ踏み出し、左で押っ付け、右のど輪で押し上げる。妙義龍、下からあてがいながら前に出る。北勝富士、俵に詰まり、俵伝いに右に回りながら右から突く。妙義龍、右肘から土俵に落ち、北勝富士、土俵外に落ちる。
20180718 11 306 北勝富士 突き落とし 妙義龍 40-2
〔勝ち越しインタビューを受ける北勝富士〕
20180718 11 306 北勝富士 突き落とし 妙義龍 75 北勝富士勝ち越し 20

(12) 豊山戦 ●押し出し 4.6秒
 豊山、先に左手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出し、やや左へ踏み出し頭から当たる。豊山、右肘を固めて当たる。北勝富士、右のど輪で押し上げる。豊山、左で突いてのど輪を外し、前に出る。北勝富士、左足を俵にかけ、やや前のめりになる。豊山、そこを左から突く。北勝富士、前のめりになり、向き直ろうとする。豊山、そこを右のど輪で押し上げる。北勝富士、上体が起きて俵の外に出る。
20180719 12 306 豊山 押し出し 北勝富士 40

(13) 碧山戦 ○押し出し 8.1秒
 北勝富士、先に右手をつく。碧山、右手をつく。北勝富士、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。碧山、右手を出して頭で当たる。北勝富士、左へ踏み出し、左から突く。碧山、向き直って突っ張る。北勝富士、右足を俵にかけて堪える。碧山、引き、右のど輪で押し上げ、再び叩きながら引く。北勝富士、乗じて押しながら一気に前に出る。碧山、俵を割る。
20180720 13 303 北勝富士 押し出し 碧山 40

(14) 千代丸戦 ○突き落し 8.0秒
 千代丸、右手をつく。北勝富士、右手をついて時を置き、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して見ながらやや左へ踏み出す。千代丸、その場で立ち、右肘を固めて当たる。北勝富士、左で押っ付けながら左へ回り、右のど輪で押し上げる。千代丸、上体が起き、叩きながら左へ回る。北勝富士、土俵際向き直る。千代丸、押しながら前に出る。北勝富士、土俵際、右から突いて右に開く。千代丸、俵の外に出る。
20180721 14 303 北勝富士 突き落とし 千代丸 40

(楽) 千代大龍戦 ○突き落し 2.2秒
 千代大龍、先に右手をつく。北勝富士、右手をつく。千代大龍、素早く立つ。北勝富士、やや左へ踏み出して頭から当たるが、両者、止まる。行司 木村寿之介は「ハッキヨイ」で、両者、再開しようとするが、土俵下 藤島審判長が止める。2度目、北勝富士、先に右手をつく。千代大龍、両手をサッとつく。北勝富士、右手を出して左へ踏み出す。千代大龍、突き放して前に出る。北勝富士、土俵際、右から突く。千代大龍、土俵に落ちる。
20180722 15 308 北勝富士 突き落とし 千代大龍 40

《2018年名古屋場所取組内容・目次へ》

竜電 2018年名古屋(七月)場所取組内容

201807-りゅうでん

前頭7枚目だった先場所は、3勝12敗の成績だった。→先場所の取組内容

6月29日、二所ノ関一門連合稽古では、先場所まで7場所連続休場の横綱稀勢の里に稽古相手に指名され、9番取って4勝した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
6月30日、熱田神宮奉納土俵入りで、横綱稀勢の里の露払いを務めた。→熱田神宮奉納土俵入り・稀勢の里

入幕4場所目、前頭15枚目で迎えた今場所、初日は北勝富士に押し出されて黒星発進。
二日目から新入幕・明生、大奄美、朝乃山と3連勝
五日目から石浦、隠岐の海、栃煌山と3連敗
八日目から新入幕・琴恵光、荒鷲、千代丸と3連勝。6勝4敗と白星先行に。
十一日目先場所十両優勝の阿武咲、十二日目碧山と連敗。6勝6敗と星が五分に。
十三日目大栄翔、十四日目佐田の海と連勝し、勝ち越しを決める。
千秋楽、宝富士に寄り切られ、8勝7敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所ぶり。
同一決まり手勝利数6回(寄り切り)は、豊山、北勝富士と並んで今場所の幕内最多。また、十二日目 碧山戦の取組時間0.7秒は、今場所の幕内最短。→幕内取組各種データ順位



(初) 北勝富士戦 ●押し出し 4.2秒
 竜電、先に手をつく。北勝富士、右、左とサッと手をつく。竜電、頭から踏み込む。北勝富士、右で相手の肩を押さえて頭から当たり、左で押っ付けながら左へ回る。竜電、向き直り、右のど輪で押し上げるが土俵際、俵伝いに左へ回る。北勝富士、逃さず押す。竜電、土俵下に落ちる。
20180708 01 302 北勝富士 押し出し 竜電 43

(2) 明生戦 ○浴せ倒し 3.7秒
 竜電、先に左手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。竜電、左上手を探るが取れず。明生、両差しになって前に出る。竜電、右押っ付けから右を差し、土俵際左上手を取り、俵伝いに左へ回って体を入れ替える。明生、足が前に出すぎる形になり、土俵に尻餅をつく。
20180709 02 302 竜電 浴びせ倒し 明生 37
20180709 02 302 竜電 浴びせ倒し 明生 43

(3) 大奄美戦 ○寄り切り 14.0秒
 竜電、先に左手をつく。大奄美、両手をサッとつく。両者、頭から踏み込む。大奄美、右肘を固めて低く当たり、前に出ながら右を差そうとする。竜電、左押っ付けで押し上げながら土俵際を左へ回って堪え、左を差し、右で差し手争いの末、右上手前廻しを取る。大奄美、左半身になり、左差し手を抜く。竜電、左前廻しも取って頭をつける。大奄美、相手の右腕を両手で抱える。竜電、両廻しを引きつけて前に出る。大奄美、上体が起きて俵を割る。
〔低い体勢で両廻しを取った竜電〕
20180710 03 301 竜電 寄り切り 大奄美 30 低い体勢で両廻しを取った竜電
〔竜電の寄り切り〕
20180710 03 301 竜電 寄り切り 大奄美 40

(4) 朝乃山戦 ○寄り切り 5.9秒
 竜電、先に左手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつく。竜電、頭から踏み込み、右を差す。朝乃山、左で相手の差し手を抱え、右をねじ込む。竜電、左上手前廻しを取り、左に回りながら上手出し投げ。朝乃山、俵に詰まり、左足一本で向き直る。竜電、右を差し、差し手を返しながら寄る。朝乃山、土俵下に落ちる。
20180711 04 304 竜電 寄り切り 朝乃山 40

(5) 石浦戦 ●下手投げ 32.1秒
 石浦、先に両手をつく。竜電、左手をサッとつく。石浦、素早く立って頭から踏み込む。竜電、左を差し込む。石浦、深い左下手を取り、頭を相手の左脇下から出す。竜電、肩越しの右上手を取って前に出る。石浦、潜った体勢のまま、右上手前廻しも取って堪え、左下手を深くして左に回る。竜電、腰を振って廻しを切ろうとするが切れず。石浦、左下手投げを打ち、前に出る。竜電、覆いかぶさる体勢のまま堪える。石浦、前に出、左足外掛けに行く。竜電、土俵際右上手を持って堪える。石浦、右手で相手の膝を押さえながら左下手投げ。竜電、土俵に転がる。
20180712 05 301 石浦 下手投げ 竜電 40
20180712 05 301 石浦 下手投げ 竜電 50

(6) 隠岐の海戦 ●寄り切り 36.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。竜電、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。竜電、頭から踏み込む。隠岐の海、右肘を前に出して当たる。竜電、右をのぞかせる。隠岐の海、左押っ付けから左を差し、左下手を取って左へ回る。竜電、左下手を取る。両者、左下手を持った体勢で足が止まり、互いに上手を探る(約11秒間)。隠岐の海、右で押っ付けながら右上手を取る。竜電、左へ回る。隠岐の海、右上手を引きつけて前に出、右上手投げで相手を崩そうとするが、自分が体勢を崩しかける。竜電、土俵際から右へ回って中に戻る。隠岐の海、右上手を引きつけて前に出る。竜電、土俵際、左下手投げに行こうとするが、隠岐の海、右上手投げを返し、そのまま寄り切る。
20180713 06 302 隠岐の海 寄り切り 竜電 43

(7) 栃煌山戦 ●寄り切り 15.0秒
 栃煌山、手をサッとつく。竜電、すぐにサッと手をつく。栃煌山、右肘を固めて踏み込む。竜電、頭から低く踏み込み、左上手前廻しに手をかける。栃煌山、左を差し、右も差しながら前に出る。竜電、左上手前廻しを持って左に回りながら堪え、土俵際、右小手投げに行く。栃煌山、堪えて深い両下手を取る。竜電、少し中に戻り、右上手に手を伸ばすが取れず、左上手を持って左へ回る。栃煌山、両差しで腰を下ろしながら寄り切る。
20180714 07 304 栃煌山 寄り切り 竜電 40

(中) 琴恵光戦 ○寄り切り 10.8秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に両手をつく。竜電、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。竜電、頭から踏み込む。琴恵光、右で相手の肩を押さえ、両差しになる。竜電、外から押っ付けて前に出る。琴恵光、土俵際右に開く。竜電、前のめりになるが堪え、左前廻しに手をかけて前に出る。琴恵光、俵伝いに下がり、中に戻って両差しになる。竜電、両上手を取り、引きつけて前に出る。琴恵光、俵に詰まって仰け反り、堪えられず外に出る。
20180715 08 301 竜電 寄り切り 琴恵光 43

(9) 荒鷲戦 ○寄り切り 3.0秒
 竜電、左、右とサッと手をつく。荒鷲、すぐに両手をサッとついて立つ。竜電、頭から踏み込む。荒鷲、右肘を固めて当たる。竜電、左を差し、右で押っ付けながら前に出る。荒鷲、上体が起きて俵を割る。
20180716 09 303 竜電 寄り切り 荒鷲 40

(10) 千代丸戦 ○寄り切り 17.3秒
 竜電、先に左手をつく。千代丸、手をつこうとする。竜電、突っ掛ける。2度目、竜電、先に左手をつく。千代丸、仕切り線後方でサッと手をつく。竜電、素早く立ち、頭から踏み込む。千代丸、その場で立ち、左手を出して右肘を固めて当たり、突き放しながら前に出る。竜電、下からあてがって堪える。千代丸、引いて左に開く。竜電、前のめりになるが向き直る。千代丸、突っ張りながら前に出る。竜電、廻しを探り、左下手を取り、右で押っ付けながら前に出、右も差して両差しになる。千代丸、土俵際、左に回りながら右を巻き替える。竜電、左廻しを引きつけて寄る。千代丸、上体が起きて俵を割る。
20180717 10 305 竜電 寄り切り 千代丸 40

(11) 阿武咲戦 ●引き落し 2.6秒
 阿武咲、先に両手をつく。竜電、腰を下ろし、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右手を出して頭から当たる。竜電、右を差す。阿武咲、突っ張りながら前に出、右に開く。竜電、土俵に両手をつく。
20180718 11 301 阿武咲 引き落とし 竜電 40

(12) 碧山戦 ●叩き込み 0.7秒
 竜電、左手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。碧山、サッと手をついてその場で立ち、叩きながら右に開く。竜電、土俵に落ちる。
20180719 12 303 碧山 叩き込み 竜電 37

(13) 大栄翔戦 ○引き落し 21.7秒
 大栄翔、先に両手をつく。竜電、両手をサッとつき、頭から踏み込む。大栄翔、両手を出して頭から低く当たる。しかし、竜電の手つき不十分で、行司 木村寿之介が止める。2度目、大栄翔、先に両手をつく。竜電、腰を下ろし、両手をサッとつく。大栄翔、両手を出して頭を下げる。竜電、頭から踏み込む。大栄翔、両手で突き放し、少し引く。竜電、前のめりになるが堪え、右で顎を押し上げ、左を差して下手を取る。大栄翔、左下手を取って前に出、寄り立てる。竜電、俵の上で右上手を取り、堪えて右に回って中に戻り、右上手出し投げを打ちながら右に回り、頭をつける。大栄翔、左半身にされるが、伸びた左下手を持ったまま向き直って腰を引き、相手の上手を切り、頭をつけて両前廻しを持つ体勢になる。竜電、相手を起こそうとしながら前に出る。大栄翔、体勢を低くする。竜電、そこを上からつぶす。大栄翔、土俵に這う。
〔大栄翔の寄りをこらえる竜電〕
20180720 13 309 竜電 引き落とし 大栄翔 20 大栄翔の寄りを堪える竜電
〔竜電の引き落とし〕
20180720 13 309 竜電 引き落とし 大栄翔 40

(14) 佐田の海戦 ○寄り切り 14.7秒
 佐田の海、先に両手をつく。竜電、両手をサッとつく。佐田の海、素早く立ち、頭から踏み込む。竜電、左肘を固めて頭から当たる。佐田の海、右上手前廻しを取って前に出、左下手を取るが、上手が一枚廻しで伸びる。竜電、深い右上手を取り、左下手も取る。佐田の海、両廻しを引きつけて前に出る。竜電、両廻しを持って右に回る。佐田の海、右上手が切れてやや左半身の体勢になり、体を開いて左下手投げに行く。竜電、堪えて相手を土俵際にし、両廻しを引きつけて寄る。佐田の海、上体が起きて俵を割る。
20180721 14 301 竜電 寄り切り 佐田の海 40

(楽) 宝富士戦 ●寄り切り 29.8秒
 宝富士、先に両手をつく。竜電、両手をサッとついて素早く立ち、やや右へ踏み出しながら頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。しかし、竜電の手つき不十分で、行司 木村寿之介が止める。2度目、宝富士、先に両手をつく。竜電、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。宝富士、左肘を固める。竜電、やや右へ踏み出して頭から当たり、左を差して差し手を返す。宝富士、右で差し手を抱え、左へ回りながら左で差し手争い。竜電、両差しになって前に出る。宝富士、両上手を取って前に出る。竜電、両差しで堪える。宝富士、右に回りながら左を巻き替えて差す。竜電、右で押っ付ける。宝富士、左下手も取り、両廻しを引きつけて前に出ようとする。竜電、左下手を持って堪え、機を見て右を巻き替えようとする。宝富士、乗じて前に出、寄り切る。
20180722 15 307 宝富士 寄り切り 竜電 40

《2018年名古屋場所取組内容・目次へ》

石浦 2018年名古屋(七月)場所取組内容

201807-いしうら

前頭13枚目だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容

6月10日、東京墨田区内で行われたトークショーで、きわどい発言を連発して沸かせた。(→スポニチ記事 記事が表示されない場合は→こちら

前頭15枚目で迎えた今場所、初日は隠岐の海に突き出されて黒星発進。
二日目は新入幕の琴恵光、三日目は北勝富士と連勝。
四日目、十両の貴源治に寄り切られ、2勝2敗と星が五分に。
五日目、竜電を下手投げで倒して3勝目。
六日目、新入幕の明生と対戦。土俵際、反り技に行くが、寄り倒されて再び五分に。
七日目、碧山を引き落として4勝3敗。
八日目から荒鷲、朝乃山、栃煌山と3連敗。4勝6敗と黒星先行に。
再び白黒交互に星を重ね、十四日目に負け越し決定。
千秋楽、千代丸を寄り切り、7勝8敗と1点の負け越しにとどめる。
負け越しは3場所連続



(初) 隠岐の海戦 ●突き出し 4.8秒
 隠岐の海、右手をつく。石浦、右手をつく。両者、ほぼ同時にサッと立つ。隠岐の海、右肘を固める。石浦、右手を出して左へ踏み出し、左廻しに手をかけて頭をつける。隠岐の海、押しながら前に出る。石浦、相手の腕を手繰ろうとするが土俵際。隠岐の海、逃さず押す。石浦、土俵下に飛び落ちる。
20180708 01 303 隠岐の海 突き出し 石浦 40

(2) 琴恵光戦 ○上手出投 8.3秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に手をつく。石浦、右手をついて時を置く。琴恵光、前のめりになるが堪える。石浦、左手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。琴恵光、両手で相手の肩を押さえ、突っ張ってから左を差す。石浦、頭をつけて右で押っ付け、叩きながら右に回る。琴恵光、右で差し手を抱えて寄る。石浦、土俵際堪え、右上手を取り、俵伝いに右へ回りながら右上手出し投げ。琴恵光、俵の外に落ちて転がる。
20180709 02 303 石浦 上手出し投げ 琴恵光 39

(3) 北勝富士戦 ○押し出し 4.7秒
 石浦、先に両手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとついて立つ。石浦、右手を出して頭を下げ、左に回りながら肩透かしを引く。北勝富士、突き放す。石浦、左から突き、右で後ろ廻しを取り、前に出て押す。北勝富士、土俵下に落ちる。
20180710 03 302 石浦 押し出し 北勝富士 40

(4) 貴源治戦 ●寄り切り 5.5秒
 石浦、先に両手をつく。貴源治、右手をサッとつく。石浦、素早く立ち、頭を下げて左へ動き、左上手を取って左に回りながら出し投げ。貴源治、右半身で俵に詰まるが堪える。石浦、更に出し投げを打ちながら左へ回る。貴源治、右差しで前に出、寄り切る。
20180711 04 302 貴源治 寄り切り 石浦 40

(5) 竜電戦 ○下手投げ 32.1秒
 石浦、先に両手をつく。竜電、左手をサッとつく。石浦、素早く立って頭から踏み込む。竜電、左を差し込む。石浦、深い左下手を取り、頭を相手の左脇下から出す。竜電、肩越しの右上手を取って前に出る。石浦、潜った体勢のまま、右上手前廻しも取って堪え、左下手を深くして左に回る。竜電、腰を振って廻しを切ろうとするが切れず。石浦、左下手投げを打ち、前に出る。竜電、覆いかぶさる体勢のまま堪える。石浦、前に出、左足外掛けに行く。竜電、土俵際右上手を持って堪える。石浦、右手で相手の膝を押さえながら左下手投げ。竜電、土俵に転がる。
20180712 05 301 石浦 下手投げ 竜電 40
20180712 05 301 石浦 下手投げ 竜電 50

(6) 明生戦 ●寄り倒し 33.7秒
 石浦、先に手をつく。明生、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。明生、左肘を固めて踏み込む。石浦、頭から当たる。明生、左を差す。石浦、相手の左脇下から頭を出し、深い左下手を取る。明生、肩越しの右上手を取り、相手を起こそうとする。石浦、潜った体勢で右上手前廻しを取る。明生、相手の上手を切り、左差し手を返して相手を起こそうとする。石浦、再び頭を相手の左脇下に入れる。両者、土俵中央で少し止まる(約2秒間)。明生、右足で外掛けに行く。石浦、下がってかわす。明生、左を差し直そうとする。石浦、頭をつけて右から絞る。明生、右上手を持ち、左を差し込もうとしながら前に出る。石浦、土俵際、上体が起きるが、中に戻って左半身の体勢。明生が肩越しの右上手を持ち、石浦が左下手を持って右で相手の左手を掴んだ状態で、両者、止まる(約5秒間)。明生、左を差し込んで前に出る。石浦、再び頭を相手の左脇下に入れ、土俵際、頭を上げて反り、相手の左腕に頭を預ける。明生、左差し手を抜く。両者、土俵に落ちるが、石浦の背中が先に落ちる。
〔仰け反る石浦〕
20180713 06 301 明生 寄り倒し 石浦 37-2 反る石浦
〔腕を抜く明生〕
20180713 06 301 明生 寄り倒し 石浦 38 腕を抜く明生
〔明生の寄り倒し〕
20180713 06 301 明生 寄り倒し 石浦 40

(7) 碧山戦 ○引き落し 1.1秒
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。碧山、両手をサッとついて素早く立ち、両手突きに行く。石浦、その場で立ち、相手の腕を叩いて左に開く。碧山、前に飛んで土俵に落ちる。
20180714 07 305 石浦 引き落とし 碧山 38

(中) 荒鷲戦 ●叩き込み 1.2秒
 両者、ほぼ同時に手をつき、立つ。石浦、右手を出して頭から当たる。荒鷲、右肘を固めて当たる。石浦、中に入ろうとする。荒鷲、そこを叩く。石浦、土俵に両手をつく。
20180715 08 304 荒鷲 叩き込み 石浦 40

(9) 朝乃山戦 ●押し出し 4.3秒
 朝乃山、先に両手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込み、左にずれて当たる。朝乃山、右でかち上げ、突き放す。石浦、頭をつけて左で絞る。朝乃山、押しながら前に出る。石浦、土俵際、左から突こうとする。朝乃山、構わず押す。石浦、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180716 09 301 朝乃山 押し出し 石浦 40

(10) 栃煌山戦 ●肩透かし 2.8秒
 石浦、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。石浦、頭から踏み込む。栃煌山、右で肩を押さえ、両差しになって前に出る。石浦、俵に詰まる。栃煌山、右差し手を抜く石浦、土俵に落ちる。
20180717 10 301 栃煌山 肩透かし 石浦 40

(11) 千代翔馬戦 ○寄り切り 3.4秒
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。石浦、素早く立ち、頭を下げて潜ろうとする。千代翔馬、見ながら両手を出して相手の肩を押さえる。石浦、前に出ながら左を差し、右で相手の左腕を撥ね上げ、腰を下ろす。千代翔馬、上体が起きて俵を割る。
20180718 11 307 石浦 寄り切り 千代翔馬 40

(12) 佐田の海戦 ●押し出し 3.5秒
 佐田の海、先に両手をつく。石浦、仕切り線後方で右手をつき、左手をサッとつく。佐田の海、素早く立ち、右手を出して踏み込む。石浦、中に潜ろうとする。佐田の海、右を差して一気に前に出、低い体勢の相手を押し出す。
20180719 12 302 佐田の海 押し出し 石浦 40

(13) 旭大星戦 ○下手投げ 9.7秒
 旭大星、手をつく。石浦、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつき、頭から低く踏み込む。旭大星、右手を出し、両者、頭で当たり合う。石浦、右で相手の肩を押さえ、左上手を取って左に開いて出し投げを打ち、頭をつけて右下手前廻しをも取る。旭大星、右差し手を抜き、右で相手の差し手を抱えて起こそうとする。石浦、左下手を深くして頭を上げず。旭大星、肩越しの右上手を取る。石浦、右前廻しを左のほうへ持ち替え、左下手を結び目向こうにし、体を開き、右で相手の右膝を押さえながら左下手投げに行く。旭大星、土俵に転がる。
20180720 13 308 石浦 下手投げ 旭大星 35
20180720 13 308 石浦 下手投げ 旭大星 43

(14) 大栄翔戦 ●叩き込み 3.0秒
 大栄翔、先に両手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとつき、頭から踏み込む。大栄翔、両手突きから突っ張る。石浦、頭を上げず、中に入ろうとする。大栄翔、そこを叩く。石浦、土俵に両手をつく。
20180721 14 307 大栄翔 叩き込み 石浦 40

(楽) 千代丸戦 ○寄り切り 3.1秒
 石浦、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。石浦、素早く立ち、頭から踏み込む。千代丸、その場で立ち、両手で相手の肩を押さえ、突き放す。石浦、左で後ろ廻しを取り、右で相手の右足を取りながら前に出る。千代丸、俵の外に出る。
20180722 15 302 石浦 寄り切り 千代丸 40

《2018年名古屋場所取組内容・目次へ》

隠岐の海 2018年名古屋(七月)場所取組内容

201807-おきのうみ

前頭10枚目だった先場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容

前頭14枚目で迎えた今場所、初日は過去4戦全勝と分のいい石浦を突き出して白星発進。
二日目、過去3戦全敗と分の悪い朝乃山に突き落とされて黒星。
三日目明生、四日目琴恵光と新入幕力士に連勝。
五日目、栃煌山に叩き込まれて2敗目。
六日目、竜電を寄り切り、4勝2敗と白星先行。
七日目琴勇輝に押し出されてから黒星が連なり、阿武咲、千代丸、佐田の海と4連敗。4勝6敗と黒星先行に。
十一日目大栄翔、十二日目錦木と連勝し、6勝6敗と星を五分に。
十三日目、輝に寄り切られ、7敗目と後がなくなる。
十四日目、荒鷲を寄り切り、7勝7敗に。
千秋楽、千代翔馬の休場による不戦勝勝ち越し8勝7敗で今場所を終える。
勝ち越しは4場所ぶり



(初) 石浦戦 ○突き出し 4.8秒
 隠岐の海、右手をつく。石浦、右手をつく。両者、ほぼ同時にサッと立つ。隠岐の海、右肘を固める。石浦、右手を出して左へ踏み出し、左廻しに手をかけて頭をつける。隠岐の海、押しながら前に出る。石浦、相手の腕を手繰ろうとするが土俵際。隠岐の海、逃さず押す。石浦、土俵下に飛び落ちる。
20180708 01 303 隠岐の海 突き出し 石浦 40

(2) 朝乃山戦 ●突き落し 14.1秒
 隠岐の海、先に手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘を固める。朝乃山、右肘を固めて踏み込み、左上手前廻しを取る。隠岐の海、腰を引いて廻しを切り、頭をつけて左で押っ付ける。朝乃山、右を差し込んで深い下手を取る。両者、右下手を取った体勢で少し止まる(約2秒間)。隠岐の海、左を巻き替えて差す。朝乃山、すぐに左を巻き替え返し、左上手に手を伸ばすが取れず。隠岐の海、左上手を取り、両廻しを持って左へ回る。朝乃山、右から掬って相手を土俵際にし、左押っ付けで突きながら左へ回る。隠岐の海、土俵内で裏返る。
20180709 02 304 朝乃山 突き落とし 隠岐の海 42

(3) 明生戦 ○上手投げ 19.1秒
 隠岐の海、先に手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固める。明生、左肘を固めて頭から踏み込み、右前廻しを探るが取れず。隠岐の海、左を差し、腰を引いて上手を与えず、深い左下手を取る。明生、左下手を取る。隠岐の海、右上手を探るが取れず、右で押っ付けながら じわじわ前に出る。明生、俵に詰まる。隠岐の海、深い右上手を取る。明生、左下手を持って俵伝いに左へ回る。隠岐の海、そこを右上手投げで傾かせ、左で頭を押さえる。明生、俵の外へ裏返る。
20180710 03 303 隠岐の海 上手投げ 明生 37

(4) 琴恵光戦 ○押し出し 5.3秒
 琴恵光、先に右手をつく。隠岐の海、手をサッとつき、見ながら立つ。琴恵光、両手突き。隠岐の海、押しながらどんどん前に出る。琴恵光、仰け反って俵に詰まる。隠岐の海、相手の胸を押して土俵外に出す。
20180711 04 303 隠岐の海 押し出し 琴恵光 43

(5) 栃煌山戦 ●叩き込み 6.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固める。栃煌山、両手を出しながら頭から当たり、左を差し、上体を起こしながら右をねじ込む。隠岐の海、左上手前廻しを探る。栃煌山、少し前に出、左に体を開いて肩透かし。隠岐の海、少し泳ぐが、土俵際向き直る。栃煌山、押してから引き、前に泳いだ相手を叩く。隠岐の海、土俵に落ちる。
20180712 05 303 栃煌山 叩き込み 隠岐の海 37

(6) 竜電戦 ○寄り切り 36.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。竜電、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。竜電、頭から踏み込む。隠岐の海、右肘を前に出して当たる。竜電、右をのぞかせる。隠岐の海、左押っ付けから左を差し、左下手を取って左へ回る。竜電、左下手を取る。両者、左下手を持った体勢で足が止まり、互いに上手を探る(約11秒間)。隠岐の海、右で押っ付けながら右上手を取る。竜電、左へ回る。隠岐の海、右上手を引きつけて前に出、右上手投げで相手を崩そうとするが、自分が体勢を崩しかける。竜電、土俵際から右へ回って中に戻る。隠岐の海、右上手を引きつけて前に出る。竜電、土俵際、左下手投げに行こうとするが、隠岐の海、右上手投げを返し、そのまま寄り切る。
20180713 06 302 隠岐の海 寄り切り 竜電 43

(7) 琴勇輝戦 ●押し出し 4.9秒
 隠岐の海、先に右手をつく。琴勇輝、仕切り線後方でサッと手をつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘を前に出して踏み込む。琴勇輝、右手を出して頭から当たる。隠岐の海、左筈で押し上げる。琴勇輝、左で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、右半身で俵に詰まる。琴勇輝、そこを押す。隠岐の海、土俵下に落ちる。
20180714 07 301 琴勇輝 押し出し 隠岐の海 40

(中) 阿武咲戦 ●寄り切り 4.4秒
 阿武咲、先に両手をつき、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、隠岐の海、阿武咲、先に両手をつく。隠岐の海、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右手を出して頭から踏み込む。隠岐の海、右肘でかち上げる。阿武咲、すぐに左を差し、右も差し込み、両差しで一気に前に出る。隠岐の海、左を巻き替えて差すが、上体が起きて俵を割る。
20180715 08 306 阿武咲 寄り切り 隠岐の海 40

(9) 千代丸戦 ●小手投げ 13.1秒
 隠岐の海、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。千代丸、右肘を固めて当たり、突っ張りながら一気に前に出る。隠岐の海、俵に詰まるが、左を差して左へ回りながら右上手を取る。千代丸、左下手を取って前に出続ける。隠岐の海、俵に足をかけながら右上手投げで振る。千代丸、左下手を持って向き直り、右をねじ込みながら前に出、左差し手は抜く。隠岐の海、右下手を持ち、左で押っ付けながら前に出る。千代丸、土俵際、体を開いて左小手投げ。隠岐の海、俵の外に裏返る。千代丸、廻しを引っ張られ、両者、土俵下に転がり落ちる。
20180716 09 306 千代丸 小手投げ 隠岐の海 40

(10) 佐田の海戦 ●寄り切り 2.7秒
 佐田の海、先に両手をつく。隠岐の海、両手をサッとつく。佐田の海、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。隠岐の海、左押っ付けから左を差そうとする。佐田の海、左を差し、右も差し勝って前に出る。隠岐の海、土俵際小手投げに行こうとする。佐田の海、左下手を持ち、右差し手をつきつけて寄る。隠岐の海、土俵下に飛び落ちる。
20180717 10 303 佐田の海 寄り切り 隠岐の海 40

(11) 大栄翔戦 ○押し出し 7.1秒
 大栄翔、先に両手をつく。隠岐の海、手をサッとつく。大栄翔、右手を出して頭を下げる。隠岐の海、右でかち上げる。大栄翔、突っ張り続ける。隠岐の海、下からあてがい、突き返す。大栄翔、相手の腕を叩きながら左へ回る。隠岐の海、乗じて前に出ながら押す。大栄翔、叩きながら引くが、俵の外に出る。
20180718 11 308 隠岐の海 押し出し 大栄翔 42

(12) 錦木戦 ○寄り切り 8.0秒
 隠岐の海、右手をつく。錦木、両手をサッとつく。その直前、隠岐の海、素早く立ち、右肘を固める。錦木、頭から当たり、左上手前廻しを狙うが取れる。隠岐の海、両差しになろうとする。錦木、外から極めながら前に出る。隠岐の海、俵に詰まるが堪え、両差しで一気に前に出る。錦木、俵を割る。
20180719 12 304 隠岐の海 寄り切り 錦木 40

(13) 輝戦 ●寄り切り 5.2秒
 隠岐の海、先に右手をつく。輝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。輝、頭から低く踏み込む。隠岐の海、右かち上げで相手を起こす。輝、右のど輪で押し上げ、両差しになって前に出る。隠岐の海、土俵際右上手を取り、投げに行く。輝、左下手を持って体を預ける。隠岐の海、俵の外に出、その後、輝、土俵に落ちる。
20180720 13 310 輝 寄り切り 隠岐の海 42

(14) 荒鷲戦 ○寄り切り 5.4秒
 隠岐の海、先に右手をつく。荒鷲、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固める。荒鷲、右肘を固めて左へ踏み出し、左上手を狙う。隠岐の海、右を差し、左に回って相手に上手を与えず、右下手、左上手を取る。荒鷲、右下手を取り、左上手に手を伸ばす。隠岐の海、両廻しを引きつけて前に出る。荒鷲、体を開いて右下手投げに行こうとする。隠岐の海、左上手を持ち、右で顎を押しながら寄る。荒鷲、俵を割る。
20180721 14 302 隠岐の海 寄り切り 荒鷲 40

(楽) 千代翔馬戦 □ 不戦勝 
 千代翔馬、右母趾MP関節炎、右母趾末節骨骨折のため、休場。
20180722 15 305 隠岐の海 不戦勝 千代翔馬

《2018年名古屋場所取組内容・目次へ》

琴恵光 2018年名古屋(七月)場所取組内容

201807-ことえこう

十両2枚目だった先場所は、11勝4敗。2場所連続二桁勝利を上げた。

新入幕となり、番付発表時の会見で「時間が掛かっても、コツコツやっていれば上がれると実感」「前に攻めて、沸かせられるような相撲を取って行きたい」と話す。→新入幕会見の様子 →喜ぶ地元・宮崎県延岡市

前頭14枚目で迎えた今場所、初日は朝乃山、二日目は石浦と攻めながらも勝ちを逃し、連敗スタート。
三日目、元関脇栃煌山を押し出し、幕内で初めての白星を得る。
四日目、隠岐の海に押し出されて3敗目。
五日目、同じ新入幕の明生を掬い投げで倒し、2勝3敗。
六日目、荒鷲に寄り倒されてから黒星が連なり、北勝富士、竜電、佐田の海と4連敗。7敗目と後がなくなる。
十日目、千代翔馬を送り倒して踏み止まる。
十一日目、宝富士を上手投げで倒して負け越しが決まる。
そのまま貴ノ岩、阿武咲、大翔丸、旭大星と5連敗3勝12敗で今場所を終える。
負け越し、二桁負けとも、4場所ぶり。



(初) 朝乃山戦 ●突き落し 18.2秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に両手をつく。朝乃山、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。琴恵光、胸で当たる。朝乃山、左上手を取り、引きつけて前に出る。琴恵光、土俵際、右掬い投げを打ちながら体を入れ替える。朝乃山、俵に詰まる。琴恵光、右下手を取って寄る。朝乃山、堪えて少し中に戻る。両者、右四つ、朝乃山が左上手、琴恵光が右下手を持った体勢。朝乃山、左上手投げで振り、相手を土俵際にして寄る。琴恵光、土俵際、左上手に手をかけるが取れず、体を開いて右掬い投げに行く。朝乃山、傾くが堪える。琴恵光、左で押っ付けながら前に出る。朝乃山、左足を俵にかけながら右掬い投げ。琴恵光、右足一本でつんのめる。朝乃山、そこを右から突く。琴恵光、土俵下に落ちる。
20180708 01 304 朝乃山 突き落とし 琴恵光 37

(2) 石浦戦 ●上手出投 8.3秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に手をつく。石浦、右手をついて時を置く。琴恵光、前のめりになるが堪える。石浦、左手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。琴恵光、両手で相手の肩を押さえ、突っ張ってから左を差す。石浦、頭をつけて右で押っ付け、叩きながら右に回る。琴恵光、右で差し手を抱えて寄る。石浦、土俵際堪え、右上手を取り、俵伝いに右へ回りながら右上手出し投げ。琴恵光、俵の外に落ちて転がる。
20180709 02 303 石浦 上手出し投げ 琴恵光 39

(3) 栃煌山戦 ○押し出し 15.7秒
 琴恵光、先に手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとついて立ち、右手を出して頭から踏み込む。琴恵光、両手を出してその場で立ち、右で突きながら右に回る。栃煌山、向き直り、右から張る。琴恵光、左をのぞかせ、右も差そうとする。栃煌山、左から押っ付ける。琴恵光、引いて体を離す。栃煌山、右から張り、押しながら前に出る。琴恵光、俵に詰まり、右を差す。栃煌山、左を巻き替えて差す。琴恵光、右押っ付けで突きながら右に回り、両差しになろうとしながら前に出る。栃煌山、両差しになる。琴恵光、すぐに左を巻き替えて差す。栃煌山、右上手に手を伸ばす。琴恵光、腰を遠ざけて上手を与えず。栃煌山、肩越しの左上手を探るが取れず。琴恵光、押しながら前に出、左のど輪で押し上げる。栃煌山、上体が起きて俵を割る。
20180710 03 304 琴恵光 押し出し 栃煌山 40
〔勝ち名乗りを受ける琴恵光〕
20180710 03 304 琴恵光 押し出し 栃煌山 60 しみじみ琴恵光
〔新入幕初白星インタビューを受ける琴恵光〕
20180710 03 304 琴恵光 押し出し 栃煌山 75 琴恵光 25

(4) 隠岐の海戦 ●押し出し 5.3秒
 琴恵光、先に右手をつく。隠岐の海、手をサッとつき、見ながら立つ。琴恵光、両手突き。隠岐の海、押しながらどんどん前に出る。琴恵光、仰け反って俵に詰まる。隠岐の海、相手の胸を押して土俵外に出す。
20180711 04 303 隠岐の海 押し出し 琴恵光 43

(5) 明生戦 ○掬い投げ 8.5秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に手をつく。明生、手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。琴恵光、右から張って両差しになる。明生、左小手投げに行く。琴恵光、右外掛けで堪え、相手の左側につき、両下手を持って前に出る。明生、土俵際、体を開いて左小手投げに行く。琴恵光、右差し手を突きつけて掬い投げを返す。明生、土俵に這う。
20180712 05 302 琴恵光 掬い投げ 明生 38

(6) 荒鷲戦 ●寄り倒し 2.6秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に手をつく。荒鷲、手をサッとついて立ち、右肘を固めて踏み込む。琴恵光、左肘を固めて当たる。荒鷲、左上手、右下手の両前廻しを取り、引きつけて前に出る。琴恵光、腰が浮き、俵の外に倒れる。
20180713 06 305 荒鷲 寄り倒し 琴恵光 40

(7) 北勝富士戦 ●押し出し 3.1秒
 琴恵光、先に右手をつく。北勝富士、右手をついて時を置き、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して踏み込む。琴恵光、その場で立ち、叩きながら右に回り、右を差すが土俵際。北勝富士、動じず前に出、左押っ付け右のど輪で押し上げる。琴恵光、土俵下に落ちる。
20180714 07 302 北勝富士 押し出し 琴恵光 40

(中) 竜電戦 ●寄り切り 10.8秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に両手をつく。竜電、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。竜電、頭から踏み込む。琴恵光、右で相手の肩を押さえ、両差しになる。竜電、外から押っ付けて前に出る。琴恵光、土俵際右に開く。竜電、前のめりになるが堪え、左前廻しに手をかけて前に出る。琴恵光、俵伝いに下がり、中に戻って両差しになる。竜電、両上手を取り、引きつけて前に出る。琴恵光、俵に詰まって仰け反り、堪えられず外に出る。
20180715 08 301 竜電 寄り切り 琴恵光 43

(9) 佐田の海戦 ●寄り切り 4.8秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に右手をつく。佐田の海、両手をサッとついて素早く立ち、両足でぴょんと出る。琴恵光、両肘を固めて当たる。佐田の海、左上手前廻しを取り、右を差して差し手を返し、前に出る。琴恵光、土俵際右掬い投げに行き、更に左から突こうとする。佐田の海、右差し手をつきつけて寄る。琴恵光、土俵下に飛び落ちる。
20180716 09 304 佐田の海 寄り切り 琴恵光 40

(10) 千代翔馬戦 ○送り倒し 2.8秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に右手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴恵光、見ながら左肘を固め、右から張る。千代翔馬も右から張り、右上手を取る。琴恵光、両差しになる。千代翔馬、左首投げに行く。琴恵光、堪えて頭を抜き、相手の背中を押して落とす。
20180717 10 306 琴恵光 送り倒し 千代翔馬 40

(11) 宝富士戦 ●上手投げ 7.8秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に手をつく。宝富士、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。宝富士、左肘を固めて踏み込む。琴恵光、ほぼその場で両手突きに行き、突っ張る。宝富士、下から撥ね上げて前に出る。琴恵光、左に回り、右のど輪で押し上げ、左を差して右もねじ込もうとする。宝富士、左で押っ付けながら前に出る。琴恵光、土俵際、足が流れて前のめりになる。宝富士、そこで右上手を取って手前に投げる。琴恵光、土俵に落ちる。
20180718 11 309 宝富士 上手投げ 琴恵光 42

(12) 貴ノ岩戦 ●叩き込み 2.1秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に両手をつく。貴ノ岩、手をサッとついて素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込む。琴恵光、右から張り、左を差そうとする。貴ノ岩、押しながら前に出、相手の頭が低くなったところを叩く。琴恵光、土俵に両手をつく。
20180719 12 301 貴ノ岩 叩き込み 琴恵光 40

(13) 阿武咲戦 ●引き落し 1.7秒
 阿武咲、先に両手をつく。琴恵光、両手をサッと動かす。阿武咲、右手を出して頭から踏み込もうとする。琴恵光、右で相手の肩を押さえ、右のど輪で押し上げる。阿武咲、少し引いて体を離す。琴恵光、土俵にバッタリ落ちる。
20180720 13 302 阿武咲 引き落とし 琴恵光 40

(14) 大翔丸戦 ●押し出し 2.0秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に右手をつく。大翔丸、両手をサッとつき、頭から踏み込む。琴恵光、その場で立って左を差すが、行司 木村晃之助、立合いを止める。2度目、琴恵光、仕切り線後方で先に右手をつく。大翔丸、両手をしっかりつき、見ながら立つ。琴恵光、その場で立って両手突き。大翔丸、下からあてがい、押し上げながら一気に前に出る。琴恵光、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180721 14 309 大翔丸 押し出し 琴恵光 40

(楽) 旭大星戦 ●押し出し 2.3秒
 旭大星、先に手をつく。琴恵光、仕切り線後方で、サッと手を動かす。旭大星、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。琴恵光、右から張る。旭大星、左押っ付けで前に出、左で突いていなす。琴恵光、前に泳いで土俵下に落ちる。
20180722 15 304 旭大星 押し出し 琴恵光 40

《2018年名古屋場所取組内容・目次へ》

朝乃山 2018年名古屋(七月)場所取組内容

201807-あさのやま

前頭12枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容

場所前、KITTE名古屋で関脇御嶽海とともにトークショーを行った。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら

前頭13枚目で迎えた今場所、新入幕の琴恵光、隠岐の海、荒鷲と初日から3連勝
四日目、竜電に寄り切られて初黒星。
五日目、佐田の海を上手投げで倒してから白星が連なり、元関脇栃煌山、新入幕明生、碧山、石浦と5連勝。九日目に勝ち越しを決めるとともに、勝ちっぱなしの関脇御嶽海を追うただ一人の1敗力士となる。
十日目、初対戦の北勝富士に押し出されて2敗に後退。
十一日目、錦木を寄り切って9勝目。
十二日目、魁聖に寄り切られて3敗目。
十三日目、妙義龍を寄り切って10勝と二桁勝利を上げる。1敗で単独トップの御嶽海を、豊山とともに2差で追う。
十四日目、遠藤を押し出し、御嶽海が土俵に上がる前の優勝決定を阻止する。(御嶽海は自身の取組で優勝を決める) 土俵下控えにいるとき、同期で同じ3敗の豊山が勝ち、気合いが入ったよう。→大相撲中継レポ
千秋楽、貴景勝に寄り切られ、11勝4敗で今場所を終える。終盤まで優勝争いについて行ったことが評価され、2度目の敢闘賞を受賞。
勝ち越しは2場所ぶり。二桁勝利は、新入幕だった昨年9月場所以来、5場所ぶり。



(初) 琴恵光戦 ○突き落し 18.2秒
 琴恵光、仕切り線後方で先に両手をつく。朝乃山、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。琴恵光、胸で当たる。朝乃山、左上手を取り、引きつけて前に出る。琴恵光、土俵際、右掬い投げを打ちながら体を入れ替える。朝乃山、俵に詰まる。琴恵光、右下手を取って寄る。朝乃山、堪えて少し中に戻る。両者、右四つ、朝乃山が左上手、琴恵光が右下手を持った体勢。朝乃山、左上手投げで振り、相手を土俵際にして寄る。琴恵光、土俵際、左上手に手をかけるが取れず、体を開いて右掬い投げに行く。朝乃山、傾くが堪える。琴恵光、左で押っ付けながら前に出る。朝乃山、左足を俵にかけながら右掬い投げ。琴恵光、右足一本でつんのめる。朝乃山、そこを右から突く。琴恵光、土俵下に落ちる。
20180708 01 304 朝乃山 突き落とし 琴恵光 37

(2) 隠岐の海戦 ○突き落し 14.1秒
 隠岐の海、先に手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘を固める。朝乃山、右肘を固めて踏み込み、左上手前廻しを取る。隠岐の海、腰を引いて廻しを切り、頭をつけて左で押っ付ける。朝乃山、右を差し込んで深い下手を取る。両者、右下手を取った体勢で少し止まる(約2秒間)。隠岐の海、左を巻き替えて差す。朝乃山、すぐに左を巻き替え返し、左上手に手を伸ばすが取れず。隠岐の海、左上手を取り、両廻しを持って左へ回る。朝乃山、右から掬って相手を土俵際にし、左押っ付けで突きながら左へ回る。隠岐の海、土俵内で裏返る。
20180709 02 304 朝乃山 突き落とし 隠岐の海 42

(3) 荒鷲戦 ○寄り切り 3.9秒
 荒鷲、先に右手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。荒鷲、すぐに左上手前廻しを取る。朝乃山、深い左上手を取り、引きつけて前に出、右差し手を返して寄り切る。
20180710 03 305 朝乃山 寄り切り 荒鷲 40

(4) 竜電戦 ●寄り切り 5.9秒
 竜電、先に左手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつく。竜電、頭から踏み込み、右を差す。朝乃山、左で相手の差し手を抱え、右をねじ込む。竜電、左上手前廻しを取り、左に回りながら上手出し投げ。朝乃山、俵に詰まり、左足一本で向き直る。竜電、右を差し、差し手を返しながら寄る。朝乃山、土俵下に落ちる。
20180711 04 304 竜電 寄り切り 朝乃山 40

(5) 佐田の海戦 ○上手投げ 4.2秒
 佐田の海、先に手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込み、左上手前廻しに手をかける。朝乃山、右かち上げで相手の上手を切り、左で差し手を抱えて前に出、左上手を取る。佐田の海、俵に詰まり、左から突く。朝乃山、すぐに体を開き、土俵内へ左上手投げ。佐田の海、土俵に倒れる。
20180712 05 305 朝乃山 上手投げ 佐田の海 40

(6) 栃煌山戦 ○上手出投 9.4秒
 朝乃山、先に両手をつく。栃煌山、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとついて立つ。朝乃山、両肘を固める。栃煌山、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。朝乃山、低く当たって突っ張る。栃煌山、下がらず、突き放し、前に出ながら左を差す。朝乃山、右に回り、右を巻き替えて差す。栃煌山、右を差し、左で差し手争い。朝乃山、右を差し勝って前に出る。栃煌山、俵に詰まる。朝乃山、寄りながら左上手を取り、引いて左に開いて左上手出し投げ。栃煌山、土俵にばったり這う。
20180713 06 303 朝乃山 上手出し投げ 栃煌山 38

(7) 明生戦 ○突き落し 3.6秒
 朝乃山、先に両手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつき、両肘を固めて頭から低く踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たり、左上手を取る。明生、右下手を取って前に出る。朝乃山、相手の下手を切り、土俵際、右から突く。明生、土俵にバッタリ落ちる。
20180714 07 303 朝乃山 突き落とし 明生 40

(中) 碧山戦 ○寄り切り 9.2秒
 朝乃山、両手をつく。碧山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。碧山、右手を出して頭から低く踏み込み、突き放す。朝乃山、下からあてがい、左から突いて左で後ろ廻しを取る。碧山、向き直る。朝乃山、深い左上手を引きつけて力強く前に出る。碧山、右から掬って上手を切ろうとするがならず、上体が起きて俵を割る。
20180715 08 305 朝乃山 寄り切り 碧山 37

(9) 石浦戦 ○押し出し 4.3秒
 朝乃山、先に両手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込み、左にずれて当たる。朝乃山、右でかち上げ、突き放す。石浦、頭をつけて左で絞る。朝乃山、押しながら前に出る。石浦、土俵際、左から突こうとする。朝乃山、構わず押す。石浦、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180716 09 301 朝乃山 押し出し 石浦 40
〔勝ち越しインタビューを受ける朝乃山〕
20180716 09 301 朝乃山 押し出し 石浦 75 勝ち越しインタビュー 20

(10) 北勝富士戦 ●押し出し 13.0秒
 朝乃山、先に両手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たる。北勝富士、肩透かし気味に右へ開く。朝乃山、前に泳ぎ、土俵際くるっと向き直り、左上手を取る。北勝富士、右のど輪で押し上げる。朝乃山、土俵際仰け反るが、左上手を持って堪え、左に回って中に戻るが上手が切れる。北勝富士、右のど輪で押し上げ、叩きながら右へ回って右廻しを取る。朝乃山、向き直る。北勝富士、右下手を持って前に出る。朝乃山、土俵際、右で掬いながら右へ回って体を入れ替えるが、腰が入って体勢を崩す。北勝富士、そこを右下手を持って一気に前に出、土俵際の相手を押す。朝乃山、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180717 10 302 北勝富士 押し出し 朝乃山 43

(11) 錦木戦 ○寄り切り 18.6秒
 錦木、先に左手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。錦木、右手を出して頭から当たる。朝乃山、右を差して前に出ようとする。錦木、右下手を取り、左上手に手を伸ばす。朝乃山、相手に上手を与えず、深い右下手を取る。両者、止まる(約5秒間)。朝乃山、前に出ようとする。錦木、左上手を探って見せてから左を巻き替えて差し、下手を取る。朝乃山、乗じて右上手を持って前に出る。錦木、左足を俵にかけながら堪える。朝乃山、左上手を取り、右を巻き替え、腰を落として相手の左上手を切り、左上手を引きつけて寄る。錦木、俵を割り、両者、土俵下に落ちる。
20180718 11 303 朝乃山 寄り切り 錦木 40

(12) 魁聖戦 ●寄り切り 9.8秒
 魁聖、先に両手をつく。朝乃山、手をサッとつく。魁聖、右肘を固める。朝乃山、頭から踏み込み、左上手前廻しに手をかける。魁聖、腰を引いて上手を与えず、左上手に手をかける。朝乃山、前に出ながら相手の上手を切り、左上手に手を伸ばすが取れず。魁聖、右下手を取る。朝乃山、左で押っ付けながら前に出る。魁聖、右下手を持ち、左足を俵にかけて堪える。朝乃山、左上手を取る。魁聖、体を開き、右から掬い、相手の上手を切って土俵際にし、左も差して両差しになる。朝乃山、俵に両足をかけながら右をねじ込む。魁聖、左上手を取って寄る。朝乃山、相手の上手を切るが、上体が起きて俵を割る。
20180719 12 311 魁聖 寄り切り 朝乃山 40

(13) 妙義龍戦 ○寄り切り 14.0秒
 朝乃山、先に両手をつく。妙義龍、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右腕を前にして頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて頭で当たる。妙義龍、右を差し、左から絞る。朝乃山、右をねじ込もうとするがならず、引いて左上手に手を伸ばすが取れず、頭を押さえながら土俵際を左へ回り、右を差す。妙義龍、左で押っ付けながら前に出、右のど輪で押し上げる。朝乃山、仰け反るが堪え、深い左上手を取る。妙義龍、左筈で押しながら右差しで寄る。朝乃山、土俵際、右を巻き替えて差す。妙義龍、左上手を探るが取れず、右下手を取り、体を開いて右下手投げに行こうとする。朝乃山、左上手を持って一気に前に出る。妙義龍、俵伝いに左へ回るが、土俵下に落ちる。
〔土俵際堪える朝乃山〕
20180720 13 307 朝乃山 寄り切り 妙義龍 25 土俵際堪える朝乃山
〔朝乃山の寄り切り〕
20180720 13 307 朝乃山 寄り切り 妙義龍 40

(14) 遠藤戦 ○押し出し 3.0秒
 朝乃山、先に両手をつく。遠藤、両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。遠藤、やや左にずれ、相手の右腕を手繰る。朝乃山、取られた腕を抜き、突き放しながら前に出る。遠藤、土俵際を左へ回るが、回り切れずに外に出、土俵下に飛び落ちる。
20180721 14 308 朝乃山 押し出し 遠藤 40

(楽) 貴景勝戦 ●寄り切り 3.0秒
 貴景勝、先に両手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつく。貴景勝、左肘を固めて頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たり、左上手に手を伸ばして取る。貴景勝、左で押っ付け、右筈で脇を押しながら前に出る。朝乃山、左上手が切れ、土俵際、右で突きながら右に回る。貴景勝、そのまま左差しで寄り切る。
20180722 15 310 貴景勝 寄り切り 朝乃山 40

〔敢闘賞を受賞した朝乃山〕
20180722 15 385 01 三賞記念撮影 豊山、御嶽海、朝乃山 しゃがむ@サンデースポーツ
20180722 15 385 13 三賞記念撮影 朝乃山 @シブ5時

《2018年名古屋場所取組内容・目次へ》

栃煌山 2018年名古屋(七月)場所取組内容

201807-とちおうざん

前頭15枚目だった先場所は、8勝7敗5場所ぶりに勝ち越した。→先場所の取組内容
同部屋の栃ノ心が大関に昇進した。

場所前、新大関の栃ノ心との稽古で好調さを見せた。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら

前頭13枚目で迎えた今場所、初日荒鷲、二日目佐田の海と連勝スタート。
三日目、新入幕の琴恵光に押し出されて初黒星。琴恵光は初日を出す。
四日目 先場所十両優勝の阿武咲、五日目 隠岐の海と連勝。4勝1敗と白星先行。
六日目、朝乃山に上手出し投げで倒されて2敗目。
七日目、竜電を寄り切ってから白星が連なり、北勝富士、新入幕の明生、石浦と4連勝で、十日目に勝ち越しを決める。
十一日目、千代大龍を押し出して5連勝。ただ一人勝ちっぱなしの関脇御嶽海を、2差で朝乃山(敢闘賞受賞)とともに追う。
十二日目は 同学年で過去12勝11敗と拮抗する妙義龍、十三日目は 同じ3敗同士の豊山(敢闘賞受賞)と連敗。優勝の可能性が消える。
十四日目、勝てば優勝の御嶽海と対戦。寄り切られて3連敗。この取組で、御嶽海の初優勝が決まる。
千秋楽、過去11勝2敗と分のいい小結玉鷲を叩き込み、10勝5敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所連続。二桁勝利は、昨年7月場所以来、1年ぶり。
同じ出羽海一門である御嶽海の優勝パレードで、旗手を務める。→御嶽海優勝パレード



(初) 荒鷲戦 ○寄り切り 3.6秒
 荒鷲、右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。荒鷲、左で突いて左に開く。栃煌山、向き直り、両差しになって一気に前に出る。荒鷲、土俵下に落ちる。
20180708 01 305 栃煌山 寄り切り 荒鷲 40

(2) 佐田の海戦 ○押し出し 4.4秒
 佐田の海、先に手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、頭から踏み込む。栃煌山、突き放す。佐田の海、突っ張ってから右上手を取る。栃煌山、両差しで前に出ながら上手を切り、俵に詰まった相手の胸を突き放す。佐田の海、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180709 02 305 栃煌山 押し出し 佐田の海 40-2g

(3) 琴恵光戦 ●押し出し 15.7秒
 琴恵光、先に手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとついて立ち、右手を出して頭から踏み込む。琴恵光、両手を出してその場で立ち、右で突きながら右に回る。栃煌山、向き直り、右から張る。琴恵光、左をのぞかせ、右も差そうとする。栃煌山、左から押っ付ける。琴恵光、引いて体を離す。栃煌山、右から張り、押しながら前に出る。琴恵光、俵に詰まり、右を差す。栃煌山、左を巻き替えて差す。琴恵光、右押っ付けで突きながら右に回り、両差しになろうとしながら前に出る。栃煌山、両差しになる。琴恵光、すぐに左を巻き替えて差す。栃煌山、右上手に手を伸ばす。琴恵光、腰を遠ざけて上手を与えず。栃煌山、肩越しの左上手を探るが取れず。琴恵光、押しながら前に出、左のど輪で押し上げる。栃煌山、上体が起きて俵を割る。
20180710 03 304 琴恵光 押し出し 栃煌山 40

(4) 阿武咲戦 ○叩き込み 5.7秒
 阿武咲、先に両手をつく。栃煌山、両足をじりっと擦り、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右手を出す。栃煌山、両手で顎を押し上げてから、両差しになろうとする。阿武咲、左押っ付けで前に出、顎に向かって押し上げる。栃煌山、土俵際を左へ回り、左をのぞかせる。阿武咲、右を巻き替えて差す。栃煌山、左で突き、叩きながら左に回る。阿武咲、土俵に両手をつく。
20180711 04 306 栃煌山 叩き込み 阿武咲 43

(5) 隠岐の海戦 ○叩き込み 6.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固める。栃煌山、両手を出しながら頭から当たり、左を差し、上体を起こしながら右をねじ込む。隠岐の海、左上手前廻しを探る。栃煌山、少し前に出、左に体を開いて肩透かし。隠岐の海、少し泳ぐが、土俵際向き直る。栃煌山、押してから引き、前に泳いだ相手を叩く。隠岐の海、土俵に落ちる。
20180712 05 303 栃煌山 叩き込み 隠岐の海 37

(6) 朝乃山戦 ●上手出投 9.4秒
 朝乃山、先に両手をつく。栃煌山、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとついて立つ。朝乃山、両肘を固める。栃煌山、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。朝乃山、低く当たって突っ張る。栃煌山、下がらず、突き放し、前に出ながら左を差す。朝乃山、右に回り、右を巻き替えて差す。栃煌山、右を差し、左で差し手争い。朝乃山、右を差し勝って前に出る。栃煌山、俵に詰まる。朝乃山、寄りながら左上手を取り、引いて左に開いて左上手出し投げ。栃煌山、土俵にばったり這う。
20180713 06 303 朝乃山 上手出し投げ 栃煌山 38

(7) 竜電戦 ○寄り切り 15.0秒
 栃煌山、手をサッとつく。竜電、すぐにサッと手をつく。栃煌山、右肘を固めて踏み込む。竜電、頭から低く踏み込み、左上手前廻しに手をかける。栃煌山、左を差し、右も差しながら前に出る。竜電、左上手前廻しを持って左に回りながら堪え、土俵際、右小手投げに行く。栃煌山、堪えて深い両下手を取る。竜電、少し中に戻り、右上手に手を伸ばすが取れず、左上手を持って左へ回る。栃煌山、両差しで腰を下ろしながら寄り切る。
20180714 07 304 栃煌山 寄り切り 竜電 40

(中) 北勝富士戦 ○巻き落し 22.1秒
 北勝富士、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつく。北勝富士、両手を出して頭から踏み込む。栃煌山、右を差す。北勝富士、左にずれて当たり、左で押っ付けながら左に回る。栃煌山、向き直る。北勝富士、右のど輪で押し上げ、頭をつけて右から絞る。栃煌山、差せず、一旦叩いて土俵際になり、両差しになろうとしながら前に出る。北勝富士、突き放して体を離し、相手に差させず。栃煌山、突き返して前に出る。北勝富士、俵に詰まるが、左に回って中に戻る。栃煌山、右のど輪で押し上げ、右から張って右を差す。北勝富士、頭を下げて押っ付ける。栃煌山、両差しになろうとする。北勝富士、右上手を取って前に出る。栃煌山、右から突きながら左で巻く。北勝富士、土俵に転がる。
20180715 08 302 栃煌山 巻き落とし 北勝富士 43
20180715 08 302 栃煌山 巻き落とし 北勝富士 45

(9) 明生戦 ○掬い投げ 3.0秒
 栃煌山、仕切り線後方で左手をつく。明生、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。明生、左肘を固めて踏み込む。栃煌山、ぴょんと立ち、右上手に手を伸ばす。明生、両差しになり、両下手に手をかける。栃煌山、下がりながら左を巻き替える。明生、両廻しを持って一気に前に出る。栃煌山、土俵際、体を開いて左掬い投げ。明生、中で裏返って土俵に落ちる。
20180716 09 302 栃煌山 掬い投げ 明生 40

(10) 石浦戦 ○肩透かし 2.8秒
 石浦、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。石浦、頭から踏み込む。栃煌山、右で肩を押さえ、両差しになって前に出る。石浦、俵に詰まる。栃煌山、右差し手を抜く石浦、土俵に落ちる。
20180717 10 301 栃煌山 肩透かし 石浦 40
〔勝ち越しインタビューを受ける栃煌山〕
20180717 10 301 栃煌山 肩透かし 石浦 75 栃煌山勝ち越し 20

(11) 千代大龍戦 ○押し出し 10.4秒
 栃煌山、仕切り線後方で先に左手をつく。千代大龍、両手をサッとつく。栃煌山、右肘を固めて頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、突き放す。栃煌山、右に回りながら叩き、土俵際で左を差し、右押っ付けで前に出る。千代大龍、引いて体を離す。栃煌山、乗じて一気に前に出る。千代大龍、土俵際で相手の腕を叩き、右をのぞかせる。栃煌山、堪えて右を差す。千代大龍、そこを更に叩きながら土俵際を右へ回る。栃煌山、落ちずに堪えて上体を起こす。千代大龍、相手の腕を叩こうとする。栃煌山、そこを叩いて左に開き、向き直った相手に突き放しながら前に出る。千代大龍、上体が起きて俵の外に出る。
20180718 11 310 栃煌山 押し出し 千代大龍 40

(12) 妙義龍戦 ●押し出し 3.4秒
 妙義龍、右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。妙義龍、右腕を前に出し、右を差し、左で押っ付ける。栃煌山、差せず、左で突きながら左へ回る。妙義龍、乗じて前に出、左筈で押す。栃煌山、俵の外に出る。
20180719 12 305 妙義龍 押し出し 栃煌山 40

(13) 豊山戦 ●押し出し 4.5秒
 栃煌山、仕切り線後方で先に両手をつく。豊山、両手をサッとつく。その直前、栃煌山、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。豊山、右肘を固めて当たり、左押っ付け、右のど輪で押し上げる。栃煌山、上体が起きて引く。豊山、乗じて突き放しながら前に出る。栃煌山、俵の上で左から突く。両者、体が割れて外に出るが、栃煌山が一瞬早く俵の外を踏む。
20180720 13 306 豊山 押し出し 栃煌山 35
20180720 13 306 豊山 押し出し 栃煌山 40

(14) 御嶽海戦 ●寄り切り 8.7秒
 御嶽海、先に手をつく。栃煌山、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつく。御嶽海、右肘を固める。栃煌山、頭から踏み込む。御嶽海、踏み込んで左を差す。栃煌山、左を差し、両廻しに手をかける。御嶽海、腰を引いて相手に上手を与えず、深い左下手を取る。栃煌山、左下手を持ち、右上手に何度も手を伸ばし、取る。御嶽海、右を巻き替えて差し、差し手を返して前に出、腰を落として廻しを切る。栃煌山、上体が起きて俵を割る。
20180721 14 316 御嶽海 寄り切り 栃煌山 40-2

(楽) 玉鷲戦 ○叩き込み 3.2秒
 栃煌山、仕切り線後方で先に左手をつく。玉鷲、左手をつく。栃煌山、素早く立ち、両足でぴょんと飛ぶ。玉鷲、その場で立ち、やや左にずれて頭から当たり、左で押っ付けながら左へ回る。栃煌山、合わせて左に回り、押し上げてから叩く。玉鷲、前に落ちて土俵に転がる。
20180722 15 315 栃煌山 叩き込み 玉鷲 40

《2018年名古屋場所取組内容・目次へ》