写真

五月技量審査場所前 土俵祭

五月技量場所前日の5月8日。
小雨の降る中、いつものように、土俵の無事等を祈る土俵祭りが行われました。
※土俵祭については、昨年秋場所(2010年9月場所)の際に簡単な説明をしましたので、よろしかったら参考になさって下さい。(該当頁を読みたい方は、ここをクリックして下さい)

ただ、いつもと違うのは、協会員全員(親方、力士、行司、呼び出し、床山ら)が参加して行われたこと。
土俵の周りを協会員の方たちがぐるっと取り囲んで、壮観でした。
20110508101土俵祭


一般参加者は、今回見学が「正面側の升席」と場所が制限されていたので、幕内力士らの正面の写真を撮る事はできませんでした。

下は、土俵祭直前の様子。手前は十両の剣武関。その隣でややうつむいているのは磋牙司関です。
20110508105土俵祭

幕内力士らの後姿。一番右側背中は、新入幕の魁聖関。顔が見えているのは高見盛関。その隣は臥牙丸関です。
20110508106土俵祭

土俵祭りが始まる直前、東日本大震災の犠牲者に対し、全員で東方向を向き、黙祷しました。
一般見学者たちの私たちも、もちろん黙祷。なので、写真はありません。

土俵祭りが始まりました。
下は、お祓いを受ける親方たちの様子。
20110508111土俵祭

中央の祭壇に置かれた7本の御幣(ごへい)のうち、4本を土俵の四隅に置きに行く様子。
20110508121土俵祭


徳俵に献酒をする様子。
20110508125土俵祭

その他、土俵中央に鎮め物(「洗米・するめ・昆布・塩・榧(かや)の実・かち栗」を紙に包んだもの)を入れたり、理事の親方らに献酒をします。
そして、呼び出しさんたちが太鼓2基を持って、土俵を3周しながら太鼓を叩き、土俵祭りは無事終了しました。


いよいよ明日から、「技量審査場所」。
テレビ中継もありませんから、インターネットで観戦する予定ですが、ちゃんと見られるかな。アクセス集中でつながらない等のトラブルがなければいいのですが・・・。

力士幟(のぼり)も無い、少し寂しい場所が始まります。
20110508201土俵祭

《五月技量審査場所・目次》へ

5月技量審査場所前稽古総見(3)幕内

幕内の申し合い稽古が始まりました。
仕切る琴奨菊関。背中が見えているのは稀勢の里関。
琴奨菊関の後ろで見つめるのは、臥牙丸関、時天空関、安美錦関ら。

20110429310幕内稽古


仕切る嘉風関と背中は稀勢の里関。

20110429315幕内稽古


申し合いが続く中、横綱・白鵬関が登場。
放駒理事長に呼ばれ、言葉を交わしていました。

20110429320幕内稽古


申し合い稽古が行われている土俵の端で、四股を踏む白鵬関。

20110429323幕内稽古


土俵下の力士たち。肩を回しているのは、栃煌山関。

20110429327幕内稽古


大関・日馬富士関が土俵に上がり、稀勢の里関と申し合い稽古。

20110429330幕内稽古


日馬富士関を両筈(もろはず)で押し出す稀勢の里関。
日馬富士関と稀勢の里関は何度も申し合いをしましたが、稀勢の里関がかなり優勢でした。

20110429335幕内稽古


大関・把瑠都関も稀勢の里関と申し合い。
下は、稀勢の里関を寄り切る把瑠都関。

20110429340幕内稽古


大関同士の申し合い。
把瑠都関と琴欧洲関が稽古。それを見つめる日馬富士関。

20110429401大関稽古


大関の申し合い稽古が続く中、横綱・白鵬関が割り込む形で土俵に上がりました。
そして、土俵下で座っていた(大関陣らの申し合いが始まると、多くの力士らは土俵下で座って稽古を見るようになります)豊響関をわざわざ呼び、申し合いを始めました。
横綱の意外な行動に、館内はちょっと驚いた雰囲気が漂いました。

ファンとしては、本場所で連敗している稀勢の里関や、大関陣との申し合いを期待していました。
しかし、報道によると白鵬関は突き指をしていて、申し合いに参加するかどうかも危ぶまれていたので、申し合いに参加する姿を見られただけで良かったのかもしれません。

20110429501横綱稽古


土俵を見つめる幕内力士ら。
左から阿覧関、若の里関、雅山関、高見盛関、臥牙丸関。

20110429530横綱稽古


横綱の申し合いを見る大関陣。
左から把瑠都関、日馬富士関、琴欧洲関。

20110429540横綱稽古


横綱と豊響関の申し合い稽古が終わった後、大関の申し合い稽古が再開。
下は、四つに組む琴欧洲関と把瑠都関。

20110429605大関稽古


土俵を見つめる幕内力士ら。
左から旭天鵬関、時天空関、栃ノ心関。

20110429630大関稽古


左から鶴竜関、木村山関、隠岐の海関、豪風関、北太樹関。

20110429635大関稽古

幕内力士の申し合い稽古は、幕下や十両に比べてやや低調な印象を受けました。
稀勢の里関は、積極的でしたが、全体的にあまり元気が無かったですね…。

申し合い稽古が終わり、ぶつかり稽古で稽古総見は終了。
下は、胸を出す横綱・白鵬関。

20110429705幕内ぶつかり

ぶつかり稽古後、横綱に水をつける稀勢の里関。

20110429740幕内ぶつかり


いよいよ5月8日から5月技量審査場所が始まります。
NHKの中継も無い、外部表彰もない、異例の場所。
私は、インターネットで幕内の取り組みを見る予定ですが、アクセスが集中したりすると、きちんと見られないんじゃないかとちょっと不安に感じています。
これまでのネット中継のように、ただ取り組みの映像を流すだけでなく、今回は実況や解説もつけるようですが、撮影は正面側からのみのようですし、スローVTRもないだろうと思われます。
録画も、テレビ中継のときのようには行かないし、今までのように取り組みのデータを収集できるかどうか、分かりません。
このブログも、いつものようには行かないことを、あらかじめご了承下さい。

以上、5月技量審査場所前の稽古総見の様子でした。


《5月技量審査場所前稽古総見(1)幕下》へ
《5月技量審査場所前稽古総見(2)十両》へ

《五月技量審査場所・目次》へ

5月技量審査場所前稽古総見(2)十両

幕下の稽古が終わり、次は十両の申し合い稽古が始まりました。
土俵上でこちら向きなのは、佐田の富士関。

20110429201十両稽古


土俵上こちら向きは芳東関。

20110429205十両稽古


四つに組む芳東関。

20110429207十両稽古


土俵周りには申し合いに加わろうとする力士たち。
八百長問題の影響で、引退した力士が多いせいか、人数が少なく感じます。

20110429215十両稽古


仕切る武州山関。

20110429216十両稽古


押っ付ける武州山関。

20110429218十両稽古


寶智山関を押し出す黒海関。

20110429225十両稽古


蹲踞(そんきょ)する佐田の海関。

20110429230十両稽古


仕切る玉飛鳥関。

20110429232十両稽古


蹲踞する磋牙司関。

20110429235十両稽古


仕切る大道関。

20110429237十両稽古


右は佐田の富士関(だと思います…)。

20110429247十両稽古


十両の稽古に入っても、幕下力士が少し残っており、十両の申し合いに意欲的に参加していました。
下は、土俵で仕切る碧山さん。

20110429240十両稽古


突っ張る栃飛龍さん。

20110429245十両稽古


土俵下では幕内力士の栃ノ心関が準備運動をしています。

20110429250十両稽古


申し合い稽古が終わり、幕内力士が胸を出してのぶつかり稽古が始まりました。
胸を出しているのは大関の把瑠都関。

20110429280十両稽古


土俵を見つめる横綱審議委員と理事長。
左から鶴田委員長、放駒理事長、沢村委員。

20110429299横審


十両の稽古が終わって土俵が整え、次はいよいよ幕内の稽古です。

20110429300幕内稽古

《5月技量審査場所前稽古総見(1)幕下》へ
《5月技量審査場所前稽古総見(3)幕内》へ

《五月技量審査場所・目次》へ

5月技量審査場所前稽古総見(1)幕下

八百長問題の影響で、5月場所の興行としての通常開催は見送られ、「技量審査場所」として行われることとなりました。
しかし、場所前の「横綱審議委員稽古総見」は通常通り、4月29日に一般公開で行われました。


開始直後の国技館内の様子。
今回はお客さんの数が少なく、開始直後とは言え、升席もガラガラです…。

20110429101幕下稽古


すぐに幕下の申し合い稽古が始まりました。
※写真にお名前を紹介させていただいていますが、間違っていたらごめんなさい。ご指摘いただければ、訂正いたします。
土俵上、こちらを向いているのは、誉富士さん。

20110429105幕下稽古


土俵周りには、申し合いに参加しようと虎視眈々と狙う力士たち。
土俵上こちらを向いているのは、ブルガリア出身の碧山さん。

20110429110幕下稽古


左から白虎さん、栃飛龍さん、四ツ車さん、鳰の湖さん、肥後ノ城さん

20110429115幕下稽古


土俵を見つめる濱錦さん。

20110429112幕下稽古


勝った力士に、買ってもらおう(次の対戦相手にしてもらおう)と猛アピール!

20110429125幕下稽古


土俵上、こちらを向いているのは、里山さん。元幕内力士で、現在大関の把瑠都関の付け人も務めています。

20110429130幕下稽古


仕切る東龍さん。

20110429135幕下稽古


攻める松谷さん。

20110429137幕下稽古


かなり白熱した稽古が続けられた後、申し合い稽古は終了。
十両力士が胸を出してのぶつかり稽古で、幕内の稽古は終わりました。

胸を出す芳東関。

20110429180幕下稽古


胸を出す佐田の海関。

20110429185幕下稽古


《5月技量審査場所前稽古総見(2)十両》へ
《5月技量審査場所前稽古総見(3)幕内》へ

《五月技量審査場所・目次》へ

相撲協会、東北関東大震災募金活動

日本相撲協会は、東北関東大震災を支援するために都内で募金活動を行いました。
24日は、午後1~3時に渋谷駅南口モヤイ像前、午後3~6時に錦糸町駅北口アルカキット前及び同駅南口ロータリー横で。
25日は、午後3~6時に松坂屋上野店本館北口で予定されています。



錦糸町での募金活動の様子を撮らせて頂きました。
こちらは、錦糸町駅北口アルカキット前の様子。5人の関取の方々が、活動されていました。

20110324101錦糸町アルカキット前


左から大関・魁皇関、大関・琴欧洲関、そして琴奨菊関。

20110324102錦糸町アルカキット前・魁皇と琴欧洲と琴奨菊


左から豪栄道関と栃煌山関。

20110324105錦糸町アルカキット前・豪栄道と栃煌山


募金された方と握手する琴欧洲関。

20110324110錦糸町アルカキット前・魁皇と琴欧洲


こちらは、錦糸町駅南口ロータリー横。
横綱・白鵬関、北太樹関、鶴竜関の3人が活動されていました。
みなさん募金箱を手にされているので、握手ができないのが少し残念。

20110324201錦糸町南口横・白鵬と北太樹と鶴竜

20110324205錦糸町南口横・白鵬と北太樹と鶴竜


旗を持って活動を知らせる力士たち。

20110324251錦糸町南口横・付け人


こちらは、横綱がいることもあり、テレビカメラ等が多く集まっていました。

20110324255錦糸町南口横・後方


途中から、北太樹関と鶴竜関と変わって稀勢の里関と徳瀬川関が活動されていました。

20110324211錦糸町南口横・白鵬と稀勢の里と徳瀬川


私も、ささやかながら募金させていただきました。
被災地の一刻も早い復興をお祈りしています。

《2011年春場所(三月場所)開催中止 目次へ》

優勝額贈呈式

土俵祭りが行われた後、優勝額贈呈式が国技館入口で行われました。
優勝額贈呈式では、優勝力士の写真額を披露して、その写真額の縮小版を優勝力士に手渡して表彰します。

今回の優勝額贈呈式は、秋(九月)場所、九州(十一月)場所の優勝額です。
秋場所は横綱・白鵬の全勝優勝、九州場所は白鵬の14勝1敗での優勝です。
下がその優勝額。白黒写真に彩色が施されています。
20110118優勝額00

贈呈式で、縮小版の優勝額を受け取る白鵬関。
20110118優勝額05

優勝額の前に立って、写真を撮らせてくれる白鵬関。
20110118優勝額10

横綱と優勝額の彩色をなさっている佐藤寿々江さん。
20110118優勝額20

表彰式後、優勝額は、国技館内に掲げるために、運ばれて行きました。
20110118優勝額30

《2011年初場所取組内容・目次へ》

初場所・土俵祭り

いよいよ明日から初場所が始まります。
それを前に今日、国技館で「土俵祭り」が行われました。

20110118国技館前

20110118国技館前10

土俵祭の説明は、昨年秋場所(2010年9月場所)の際、簡単に致しましたので、今回は割愛させていただきます。(該当頁を読みたい方は、ここをクリックして下さい)


土俵祭開始直前の館内。
今場所も、三役以上の力士が参加していました。
20110118土俵祭05

準備の整った土俵上。
お神酒、鎮め物(洗米など)、御幣、榊などが用意されています。
20110118土俵祭10

土俵祭りが執り行われている館内。
(左上から)大関・魁皇関、横綱・白鵬関、大関・把瑠都関、
(左下から)貴乃花親方、放駒理事長、村山副理事長が列席されていました。
20110118土俵祭20

土俵下にいる理事長・幹部役員及び審判委員、三役力士がお祓いを受けます。
20110118土俵祭30

20110118土俵祭40

土俵の中心に、お神酒をささげ、鎮め物の洗米・するめ・昆布・塩・榧(かや)の実・かち栗を入れます。
20110118土俵祭70

20110118土俵祭50

最後に、呼び出しさんたちが太鼓2基を持って、土俵を3周しながら触れ太鼓を叩きます。
20110118土俵祭80

呼び出しさんの『白鵬』と背中に書かれた着物には、腰の辺りに綱のデザインがされていました。
20110118土俵祭85

土俵祭後、鎮め物を入れた土俵の穴をふさぎ、きれいにならして土俵を整えます。
20110118土俵祭90

いよいよ明日から初場所が始まります。
怪我無く、熱戦が展開されますように。

《2011年初場所取組内容・目次へ》

一月場所前 稽古総見(3)幕内稽古

幕内力士の稽古が始まる頃には、場内客席はかなり埋まっていました。
協会発表によると、来場者は5000人だったそう。
前回の9月場所前の稽古総見よりも、盛況でした。
0200

幕内力士の申し合いの様子。
土俵内で顔が見えているのは、隠岐の海関。
0205

申し合いをする豊ノ島関。
0207

仕切りをする豪栄道関。
0209

申し合いをする高見盛関。
0210

仕切りをする琴奨菊関。
0211

四つに組む蒼国来関。
0213

申し合いを見守る力士たち。
左から、豊桜関、豊真将関、稀勢の里関、猛虎浪関、阿覧関、蒼国来関。
0223

左から琴奨菊関、朝赤龍関、北太樹関、徳瀬川関。
0225

勝った力士に買ってもらおう(次の相手に指名してもらおう)と詰め寄る力士たち。
0230
幕内力士のこのやりとりは、かなり盛り上がっていました。
勝った力士の顔を両手で挟み、猛アピールする力士も(笑)。
顔を挟まれた力士は、ちょっと首が痛そうでした。こんな場面で怪我をしないで下さいね~。

先場所大活躍した、大関の魁皇関登場。
0251

横綱白鵬関も登場。
土俵下の白鵬関(土俵下背中)に、水をつける翔天狼関。
0255

四つに組む魁皇関。
0260

上手投げを打つ魁皇関。倒れたのは豪栄道関(だと思います)。
0262

仕切る白鵬関。
0271
白鵬関は大関とは稽古をせず、豊ノ島関、豊真将関らと取り組みを行いました。
稀勢の里関との取り組みでは張り手も出て、場内から「おおー!」という声が上がりました。

大関同士で稽古をしたのは、把瑠都関と琴欧洲関。
0281

投げを打ち合う琴欧洲関と把瑠都関。
0282

申し合いが終わると、ぶつかり稽古。
白鵬関は、稀勢の里をかなり長い間ぶつからせていました。
0305

土俵に転がる稀勢の里関。
0307

また、白鵬関は、魁皇関に胸を出してもらい、ぶつかっていました。
0311

魁皇関にぶつかる白鵬関。
0315


幕内のぶつかり稽古が終わり、稽古総見はすべて終了。
今回は、特別に『大相撲"ファンの触れ合い"感謝の日』と題して、力士との触れ合いが行われました。
概要は下の配布物の通り。(クリックすると大きくなります)
大相撲ファンの触れ合い感謝の日

こういうイベントをできるだけ多く行っていただけると、ファンとしてはとても嬉しいです。

《2011年初場所取組内容・目次へ》