秋場所

朝乃山 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-あさのやま

十両5枚目だった先場所、四日目から中日まで単独トップに立ち、十三日目までは他の力士と並びながらもトップを守り、十四日目に再び単独トップに。しかし、勝てば十両優勝の千秋楽で敗れ、優勝決定巴戦でも敗れて優勝を逃す。(→7月場所十両各日まとめ及び成績上位者変遷
8月2日 地元富山市の巡業で、大きな歓声を浴びた。(→Nスタ→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
新入幕となり、会見。(→Nスタ→ニュース7→NW9→NEWS23→新弟子検査時の様子(Nスタ)
前頭16枚目で迎えた今場所、初日は蒼国来を寄り切って白星発進。(→初日の放送で流れた新入幕挨拶の様子→新入幕白星インタビュー
二日目、遠藤に叩き込まれて初黒星。
三日目、同期でともに三段目付け出しデビューの豊山と対戦。押し倒しで勝って2勝目。
四日目、近畿大学の7学年先輩 徳勝龍に突き落とされて、2勝2敗と五分に。(→悔しそうな朝乃山
初日から白星黒星交互の「ヌケヌケ」だったが、七日目、中日と連勝。
そのまま十一日目まで5連勝し、勝ち越しを決める。(→十一日目土俵下で→勝ち越しインタビュー
十二日目、荒鷲に寄り切られて4敗目。
十三日目、同学年の大栄翔を浴びせ倒して9勝目(→勝ち名乗りを受ける朝乃山)。3敗で単独トップの大関豪栄道を、1差で横綱日馬富士とともに追う立場となり、「(優勝争いに入っていて)やばいですね」と言ったそう(→十四日目の放送より)。
十四日目、阿武咲に押し出されて優勝争いから脱落。(→取組前花道奥の朝乃山
千秋楽、勝てば三賞受賞が懸かる一番で、千代大龍を押し出す。10勝5敗と二桁勝利を上げるとともに、敢闘賞を受賞。(→敢闘賞受賞インタビュー→三賞受賞者の記念撮影
勝ち越しは、初土俵以来10場所連続。二桁勝利は2場所連続。



(初) 蒼国来戦 ○寄り切り 7.0秒
 朝乃山、先に両手をつく。蒼国来、仕切り線少し後方で左手をつき、右手をサッとついて素早く立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。蒼国来、左肘を固めてやや左へ踏み出し、右喉輪で突き放す。朝乃山、突き放し、右を差す。蒼国来、右下手を取り、左上手を探る。朝乃山、右から掬い、腰を引いて相手の廻しを切り、左押っ付けで前に出る。蒼国来、右下手を取り直すが、俵を割る。両者、勢い余って土俵下に落ちる。
20170910 301 朝乃山 寄り切り 蒼国来 40
〔新入幕初白星インタビューを受ける 朝乃山〕
20170910 301 朝乃山 寄り切り 蒼国来 75 朝乃山 05

(2) 遠藤戦 ●叩き込み 5.8秒
 朝乃山、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。遠藤、左肘を固めて低く当たり、右を差す。朝乃山、右を差す。遠藤、左を巻き替えて両差しになる。朝乃山、すぐに右を巻き替え返す。遠藤、左押っ付けで押し上げ、突く。朝乃山、両足が大きく開き、左足が俵に詰まる。遠藤、そこを叩く。朝乃山、前にバッタリ落ちる。
20170911 02 302 遠藤 叩き込み 朝乃山 40

(3) 豊山戦 ○押し倒し 8.9秒
 朝乃山、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。豊山、胸で当たってから左に回り、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。朝乃山、左で押し上げて喉輪を外し、左下手を取る。豊山、左筈で胸を押し、右で差し手を抱えて寄り、体を開いて手前に右小手投げ打ちながら左で頭を押さえる。朝乃山、左下手を持って向き直り、低い体勢で右から押っ付けながら前に出る。豊山、土俵際回り込みながら体を離す。朝乃山、筈で押しながら前に出る。豊山、体勢を崩して土俵に転がる。
20170912 03 301 朝乃山 押し倒し 豊山 40

(4) 徳勝龍戦 ●突き落し 10.3秒
 朝乃山、先に両手をつく。徳勝龍、両手を見せるようにトンとつく。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。徳勝龍、右手を出して頭から当たり、右で相手の左腕を引っ張り込む。朝乃山、左差し手を返して前に出る。徳勝龍、俵に詰まり、土俵際を左へ回る。朝乃山、左下手を取って前に出、右上手を探る。徳勝龍、そこを右から突く。朝乃山、土俵に転がる。
20170913 04 301 徳勝龍 突き落とし 朝乃山 40
〔悔しそうな表情を見せる 朝乃山〕
20170913 04 301 徳勝龍 突き落とし 朝乃山 50 悔しい

(5) 隠岐の海戦 ○下手捻り 7.2秒
 隠岐の海、先に右手をつく。朝乃山、両手をサッとつく。隠岐の海、右肘を固める。朝乃山、右肘を固めて当たり、左上手に手を伸ばす。隠岐の海、右を差し、左で強烈に抱えて左に回る。朝乃山、抱えられた右腕を抜き、左で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、右差し手を抜いて抱える。朝乃山、左下手を取り、右上手前廻しを探る。隠岐の海、土俵際、体を開いて右小手投げに行く。朝乃山、堪えて左下手で捻る。隠岐の海、後ろ向きに倒れて土俵に転がる。
〔小手投げに行く 隠岐の海〕
20170914 05 301 朝乃山 下手捻り 隠岐の海 30 小手投げに行く隠岐の海
〔朝乃山の下手捻り〕
20170914 05 301 朝乃山 下手捻り 隠岐の海 37 下手捻りに行く朝乃山

(6) 大翔丸戦 ●突き落し 6.5秒
 朝乃山、先に両手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。大翔丸、右手を出して頭から当たる。朝乃山、右を差す。大翔丸、左押っ付け、右筈で押し上げ、突っ張る。朝乃山、俵に詰まる。大翔丸、左で突きながら左に回る。朝乃山、前のめりになるが右を差して堪え、押しながら前に出る。大翔丸、土俵際左で突きながら左に開く。朝乃山、左下手を取って堪えようとするが、土俵に落ちて転がる。その後、大翔丸も廻しを引っ張られて土俵に尻餅。
20170915 06 303 大翔丸 突き落とし 朝乃山 45

(7) 大奄美戦 ○掬い投げ 47.8秒
 朝乃山、先に両手をつく。大奄美、仕切り線後方で両手をサッとつき、頭から踏み込む。朝乃山、右腕を内に入れてやや左へ踏み込み、右を差す。大奄美、左上手に手を伸ばす。朝乃山、腰を引いて上手を与えず、右差し手を返しながら何度も左上手に手を伸ばす。大奄美、右下手を持ち、腰を捻って上手を与えず。朝乃山、右下手を取る。大奄美、左上手を探るが取れず。朝乃山、左で押っ付けて前に出ようとするが出られず。両者、右四つ、互いに下手を持った体勢でしばらく止まる(約28秒間)。大奄美、左上手を取って一気に前に出る。朝乃山、土俵際、右から掬って逆転。大奄美、土俵に転がり、朝乃山、その上に乗る。
〔前に出る大奄美〕
20170916 07 301 朝乃山 掬い投げ 大奄美 35 前に出る大奄美
〔朝乃山の掬い投げ〕
20170916 07 301 朝乃山 掬い投げ 大奄美 40

(中) 佐田の海戦 ○寄り切り 6.9秒
 佐田の海、先に右手をつく。朝乃山、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たる。佐田の海、左上手前廻しを取る。朝乃山、腰を引いて廻しを切り、両手で顔を押し上げて右を差す。佐田の海、左上手に手を掛ける。朝乃山、右差し手を返して上手を与えず、前に出ながら左上手を探る。佐田の海、左で突きながら左へ回り、土俵際、右を差して左上手に手を掛ける。朝乃山、右差し手を返して上手を与えず、左上手を取って前に出る。佐田の海、腰が伸びて俵を割る。
20170917 08 303 朝乃山 寄り切り 佐田の海 40

(9) 千代丸戦 ○押し出し 8.6秒
 朝乃山、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。千代丸、左肘を固めて当たり、右喉輪で押し上げる。朝乃山、仰け反るが下がらず。千代丸、突っ張る。朝乃山、あてがい、押しながら前に出る。千代丸、俵に詰まる。朝乃山、相手の胸を押し上げ、土俵外に出す。
20170918 09 303 朝乃山 押し出し 千代丸 43

(10) 錦木戦 ○上手投げ 9.9秒
 錦木、先に両手をつく。朝乃山、仕切り線後方でサッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。錦木、右を差す。朝乃山、顎に向かって突き上げる。錦木、下からあてがって下がらず、再び右を差す。朝乃山、左上手を取り、右差し手を返し、左上手投げで振ってから前に出る。錦木、俵に詰まり、右下手投げに行こうとする。朝乃山、左上手投げを下に打つ。錦木、土俵に落ちる。その後、朝乃山、錦木をまたいで土俵下に落ちる。
20170919 10 302 朝乃山 上手投げ 錦木 40

(11) 魁聖戦 ○寄り切り 8.0秒
 魁聖、先に両手をつく。朝乃山、腰を下ろし、両手をサッとつく。魁聖、素早く立ち、右腕を内に入れる。朝乃山、右肘を固めて頭から踏み込み、左上手前廻しを取り、右を差す。魁聖、左上手に手を伸ばすが取れず。朝乃山、左上手を引きつけて前に出る。魁聖、左上手を取る。朝乃山、がぶって相手の上手を切り、右差し手を返して寄る。魁聖、俵に足が掛かり、左押っ付けで堪えようとするが、俵を割る。
20170920 11 301 朝乃山 寄り切り 魁聖 40
〔勝ち越しインタビューを受ける 朝乃山〕
20170920 11 301 朝乃山 寄り切り 魁聖 75 勝ち越しインタビュー 10 笑顔

(12) 荒鷲戦 ●寄り切り 12.9秒
 朝乃山、両手をつく。荒鷲、すぐに右手をつく。朝乃山、早く立つ。荒鷲、遅れて立ち、右肘を固める。朝乃山、やや止まりかけ、当たりを受ける。荒鷲、左上手前廻しに手を掛ける。朝乃山、左上手を取り、腰を引いて相手の上手を遠ざける。荒鷲、左上手を探りながら前に出、右下手を取り、右下手投げで大きく振って前に出る。朝乃山、土俵際、左上手投げで体を入れ替える。荒鷲、左上手を取り、両廻しを持って中に戻る。朝乃山、右差し手を返して上手を切ろうとするがならず。荒鷲、左上手投げで相手を土俵際にする。朝乃山、俵に足を掛けて堪え、中に戻ろうとする。荒鷲、両廻しを引きつけて寄る。朝乃山、ついに俵を割る。
20170921 12 306 荒鷲 寄り切り 朝乃山 40

(13) 大栄翔戦 ○浴せ倒し 9.9秒
 大栄翔、先に両手をつく。朝乃山、両手をサッとつく。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たる。大栄翔、突き放す。朝乃山、左喉輪で相手を仰け反らせ、前に出る。大栄翔、俵に詰まる。両者、突っ張り合い。朝乃山、右を差し、左上手を引きつけて前に出る。大栄翔、俵に足を掛け、右から掬おうとする。朝乃山、左上手を持って体を預ける。大栄翔、背中から土俵に落ち、朝乃山、その上に乗る。
〔仰け反る大栄翔〕
20170922 13 302 朝乃山 浴びせ倒し 大栄翔 20 仰け反らせる
〔朝乃山の浴びせ倒し〕
20170922 13 302 朝乃山 浴びせ倒し 大栄翔 45

(14) 阿武咲戦 ●押し出し 3.3秒
 阿武咲、先に両手をつく。朝乃山、腰を下ろし、両手をサッとつく。阿武咲、素早く立ち、右手を出して頭から当たる。朝乃山、右を差そうとする。阿武咲、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。朝乃山、上体が起きる。阿武咲、胸を押しながら前に出る。朝乃山、仰け反って俵を割り、土俵下に落ちる。
20170923 14 309 阿武咲 押し出し 朝乃山 37

(楽) 千代大龍戦 ○押し出し 2.5秒
 朝乃山、先に両手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、右肘を固める。千代大龍、左肘を固めて踏み込んで当たり、右喉輪で押し上げ、引きながら叩く。朝乃山、乗じて押しながら前に出る。千代大龍、土俵際で叩こうとするが、腹を押されて土俵下に落ちる。
20170924 15 309 朝乃山 押し出し 千代大龍 40

〔敢闘賞を受賞した 朝乃山〕
20170924 15 321 敢闘賞 朝乃山 01
20170924 901 三賞受賞者 13 朝乃山 03 @サンデースポーツ

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

豊山 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-ゆたかやま

新入幕だった5月場所は、4勝11敗と入門以来初めて負け越した。→先場所の取組内容 幕内から落ち、十両5枚目だった先場所は、千秋楽まで優勝争い。11勝4敗の成績で優勝決定巴戦に進むも、優勝は逃す。(→7月場所十両各日まとめ及び成績上位者変遷
8月3日に行われた地元新潟県での巡業で、大きな声援を浴びた。(→新潟日報記事 記事が表示されない場合は→こちら
力士健康診断では、注射で痛そうな表情を見せた。(→あさチャン
一場所で幕内に復帰し、前頭15枚目で迎えた今場所、初日は徳勝龍を寄り切って白星発進。
二日目、妙義龍に寄り切られて初黒星。
三日目、同期でライバル 新入幕の朝乃山と対戦。押し倒されて連敗。
四日目 遠藤、五日目 大翔丸と金沢学院東高校の先輩に続けて敗れ、二日目から4連敗。
六日目、蜂窩織炎による休場から途中出場した佐田の海を小手投げで倒し、2勝目を上げる。
中日、九日目と連勝し、4勝5敗と星を盛り返す。
十日目、荒鷲に寄り倒されて6敗目。(→土俵下に落ちる両力士) 右膝裏を痛め、翌日からテーピング。
黒星が連なり、十二日目に負け越し決定。(→十一日目錦木戦での表情
そのまま千秋楽まで6連敗。4勝11敗で今場所を終える。
負け越し、二桁負けとも、2場所ぶり。



(初) 徳勝龍戦 ○寄り切り 3.9秒
 豊山、先に手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。豊山、右肘を固めて当たり、左を差し込んでどんどん前に出る。徳勝龍、上体が起きて俵を割る。
20170910 302 豊山 寄り切り 徳勝龍 40

(2) 妙義龍戦 ●寄り切り 6.8秒
 妙義龍、先に右手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。妙義龍、素早く立ち、右腕を内に入れて踏み込む。豊山、遅れて右肘を固めて当たる。妙義龍、右を差す。豊山、体を離す。妙義龍、少し引く。豊山、乗じて突き放しながら前に出る。妙義龍、下から押し上げ、右を差して前に出る。豊山、上体が起き、左で小手に巻きながら右で頭を叩くが、右足が俵の外に出る。
20170911 02 301 妙義龍 寄り切り 豊山 40

(3) 朝乃山戦 ●押し倒し 8.9秒
 朝乃山、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。豊山、胸で当たってから左に回り、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。朝乃山、左で押し上げて喉輪を外し、左下手を取る。豊山、左筈で胸を押し、右で差し手を抱えて寄り、体を開いて手前に右小手投げ打ちながら左で頭を押さえる。朝乃山、左下手を持って向き直り、低い体勢で右から押っ付けながら前に出る。豊山、土俵際回り込みながら体を離す。朝乃山、筈で押しながら前に出る。豊山、体勢を崩して土俵に転がる。
20170912 03 301 朝乃山 押し倒し 豊山 40

(4) 遠藤戦 ●引き落し 18.7秒
 豊山、仕切り線後方で先に手をつく。遠藤、両手をサッとついて素早く立ち、頭から低く踏み込む。豊山、右手を出して頭から当たる。遠藤、左廻しを探るが取れず、少し引く。豊山、乗じて押しながら前に出る。遠藤、突っ張りながら前に出る。豊山、下から撥ね上げ、突き返して前に出る。遠藤、土俵際、叩きながら左へ回る。豊山、土俵際堪える。遠藤、相手の右腕を手繰りながら左へ回る。豊山、右で押っ付け、左喉輪で押し上げる。遠藤、左半身の体勢で右足を俵に掛けながら堪え、向き直って左をのぞかせる。豊山、更に左で顔を押し上げる。遠藤、中に戻り、両者、突っ張り合い。遠藤、引いて土俵際。豊山、押し出そうとする。遠藤、そこを叩きながら右に開く。豊山、土俵に落ち、遠藤、右足一本で残す。勝負後、遠藤、左目を痛そうにする。
20170913 04 302 遠藤 引き落とし 豊山 40

(5) 大翔丸戦 ●突き落し 6.0秒
 豊山、先に手をつく。大翔丸、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊山、右肘を固めて踏み込む。大翔丸、右肘を固めて頭から当たり、叩きながら引く。豊山、乗じて押しながら前に出る。大翔丸、土俵際、右筈で押し上げる。豊山、左で首を巻いて引く。大翔丸、乗じて前に出る。豊山、右をのぞかせて前に出る。大翔丸、大きく引いて土俵際左から突く。豊山、土俵に落ちる。その後、大翔丸、土俵下に飛び落ちる。
20170914 05 304 大翔丸 突き落とし 豊山 37

(6) 佐田の海戦 ○小手投げ 12.1秒
 佐田の海、先に右手をつく。豊山、仕切り線後方でサッと両手をつく。その直前、佐田の海、素早く立ち、頭から踏み込む。豊山、右肘でかち上げる。佐田の海、左上手前廻しを取る。豊山、腰を引いて廻しを切り、突き放す。佐田の海、下から撥ね上げる。豊山、叩きながら右へ回る。佐田の海、動じず中に入り、右下手を取る。豊山、下がりながら左で小手に巻き、左小手投げで振る。佐田の海、右下手を離さず堪え、左下手も取って前に出る。豊山、左小手で振る。佐田の海、堪えて前に出る。豊山、今度は右から小手投げを下へ打つ。佐田の海、土俵に落ち、その後、豊山、土俵下に落ちる。
20170915 06 304 豊山 小手投げ 佐田の海 40

(7) 隠岐の海戦 ●寄り切り 12.2秒
 隠岐の海、先に右手をつく。豊山、左手を見せるようにして動かし、両手をサッとつく。その直前、隠岐の海、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。豊山、やや左へ踏み出し、右手を出して頭から当たり、右、左と喉輪で押し上げる。隠岐の海、左で肩を押さえながら左を差し、少し肩透かしを引いて右も差す。豊山、少し下がって左を差し、頭をつける。隠岐の海、前に出ながら右上手を探る。豊山、土俵際を左へ回り、左で掬いながら右を巻き替えようとする。隠岐の海、そのまま前に出て寄り切る。
20170916 07 302 隠岐の海 寄り切り 豊山 40

(中) 魁聖戦 ○突き落し 2.0秒
 魁聖、仕切り線後方で先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。魁聖、右腕を内に入れて踏み込む。豊山、右肘を固めて当たる。魁聖、左押っ付けで前に出る。豊山、俵に詰まり、左から突く。魁聖、土俵に転がる。
20170917 08 302 豊山 突き落とし 魁聖 40

(9) 大栄翔戦 ○押し出し 15.1秒
 大栄翔、先に両手をつく。豊山、左手を見せるように動かし、サッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。豊山、右肘でかち上げる。大栄翔、右喉輪で突き放し、突っ張る。豊山、下からあてがう。大栄翔、叩きながら左へ回る。豊山、前のめりになるが堪える。大栄翔、顎に向かって突き上げながら前に出る。豊山、俵に詰まるが、押し返して中に戻る。大栄翔、左をのぞかせる形になるが、再び突き放しながら前に出る。豊山、右から突く。大栄翔、向き直って突っ張り、叩きながら左へ開く。豊山、前に泳ぐが向き直る。大栄翔、両手で顔を押し上げる。豊山、左で突いて喉輪を外す。大栄翔、前に泳ぐが向き直ろうとする。豊山、そこを押す。大栄翔、俵の外に出る。
20170918 09 304 豊山 押し出し 大栄翔 40

(10) 荒鷲戦 ●寄り倒し 5.9秒
 荒鷲、先に手をつく。豊山、左手を上にあげる。荒鷲、突っ掛ける。2度目、荒鷲、先に手をつく。豊山、両手をサッとつき、両者ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固め、左から張る。豊山、右手を出し、左へ踏み出す。荒鷲、右を差し、左で廻しに手を伸ばしながら前に出る。豊山、土俵際突っ張る。荒鷲、突っ張り返し、左下手を取る。豊山、土俵際、右で突きながら右に回る。荒鷲、両差しで前に出る。豊山、左小手に振ろうとするが、体勢を崩して俵の外に倒れる。荒鷲、その上に乗り、両者、一緒に土俵下に落ちる。
20170919 10 305 荒鷲 寄り倒し 豊山 40

(11) 錦木戦 ●押し出し 5.4秒
 錦木、先に両手をつく。豊山、見せるように左手を動かし、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊山、両肘を固めて踏み込む。錦木、右腕を内に入れて当たり、右を差す。豊山、左で押っ付け、機を見て右に開く。錦木、乗じて前に出る。豊山、俵に詰まる。錦木、相手の胸を押す。豊山、土俵下に落ちる。
20170920 11 302 錦木 押し出し 豊山 40

(12) 千代丸戦 ●寄り切り 10.5秒
 豊山、仕切り線後方で先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。豊山、右肘を固め、やや左へ踏み込む。千代丸、右肘を固め、左で肩を触り、左上手を狙う。豊山、右を差し、左で押っ付ける。千代丸、一旦右を抜いて差し直す。豊山、右筈で脇を押し上げ、左上手に手を伸ばすが取れず。千代丸、右下手、左上手を取って前に出る。豊山、右から掬いながら堪えようとする。千代丸、両廻しを持って前に出る。豊山、左押っ付けで堪えようとするが、俵を割る。
20170921 12 302 千代丸 寄り切り 豊山 40

(13) 豪風戦 ●引き落し 3.2秒
 豊山、先に両手をつく。豪風、左手をサッとついて立ち、右手を出して頭から踏み込む。豊山、右を差そうとする。豪風、当たってすぐに左に開き、左から突く。豊山、少し泳ぐが向き直る。豪風、左から張って押し上げ、叩きながら左に開く。豊山、前に落ちる。
20170922 13 303 豪風 引き落とし 豊山 40

(14) 宝富士戦 ●引き落し 2.0秒
 宝富士、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両肘を固めて当たる。宝富士、左肘を固めて当たり、左を差そうとするが十分差せずに体を離す。豊山、土俵にバッタリ落ちる。
20170923 14 303 宝富士 引き落とし 豊山 35

(楽) 千代翔馬戦 ●上手投げ 1.4秒
 豊山、先に左手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左で相手の肩を押さえ、右に変わりながら右上手を取り、そのまま右に回りながら上手投げ。豊山、土俵に転がる。
20170924 15 303 千代翔馬 上手投げ 豊山 37

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

徳勝龍 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-とくしょうりゅう

前頭9枚目だった先場所は、4勝11敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭15枚目で迎えた今場所、初日は再入幕の豊山に寄り切られて黒星発進。二日目も敗れて連敗。
三日目、アキレス腱断裂の大怪我により十両に落ちて7場所目の安美錦と対戦。突き落とされて3連敗。
四日目、新入幕で、近畿大学の7学年後輩になる朝乃山と対戦。突き落として初日を出す。
五日目、再入幕の魁聖に押し出されてから黒星が連なり、4連敗。1勝7敗と後がなくなる。
九日目、佐田の海を寄り切って踏みとどまり、2勝目。
十日目、遠藤に上手出し投げで倒され、負け越しが決まる。(→花道で悔しそうな表情) そこから3連敗して二桁負けに。
十三日目、千秋楽と白星を積み、4勝11敗で今場所を終える。
負け越し、二桁負けとも2場所連続。



(初) 豊山戦 ●寄り切り 3.9秒
 豊山、先に手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。豊山、右肘を固めて当たり、左を差し込んでどんどん前に出る。徳勝龍、上体が起きて俵を割る。
20170910 302 豊山 寄り切り 徳勝龍 40

(2) 隠岐の海戦 ●寄り切り 21.3秒
 隠岐の海、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて当たる。徳勝龍、右喉輪で押し上げる。隠岐の海、左で突いて喉輪を外し、左へ回る。徳勝龍、向き直る。隠岐の海、左を差す。徳勝龍、左を差して差し手を返し、一呼吸後、前に出る。隠岐の海、左下手を持って堪え、前に出ながら右上手に手を伸ばして取る。徳勝龍、腰を捻って相手の下手を切る。隠岐の海、右上手を引きつけて前に出る。徳勝龍、右足が俵の外に滑り出る。
20170911 02 303 隠岐の海 寄り切り 徳勝龍 30 上手を引きつけて寄る

(3) 安美錦戦 ●突き落し 3.3秒
 安美錦、先に右手をつく。徳勝龍、手を動かす。安美錦、突っ掛ける。2度目、安美錦、右手をつく。徳勝龍、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。安美錦、頭から踏み込む。徳勝龍、左肘を固めて少し右に動き、突っ張る。安美錦、叩きながら下がる。徳勝龍、落ちずに堪え、押しながら前に出る。安美錦、俵の上で右から突きながら右に回る。徳勝龍、俵の外に両手をつき、安美錦、土俵内に残る。
20170912 03 302 安美錦 突き落とし 徳勝龍 37
20170912 03 302 安美錦 突き落とし 徳勝龍 40

(4) 朝乃山戦 ○突き落し 10.3秒
 朝乃山、先に両手をつく。徳勝龍、両手を見せるようにトンとつく。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。徳勝龍、右手を出して頭から当たり、右で相手の左腕を引っ張り込む。朝乃山、左差し手を返して前に出る。徳勝龍、俵に詰まり、土俵際を左へ回る。朝乃山、左下手を取って前に出、右上手を探る。徳勝龍、そこを右から突く。朝乃山、土俵に転がる。
20170913 04 301 徳勝龍 突き落とし 朝乃山 40

(5) 魁聖戦 ●押し出し 2.8秒
 魁聖、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立つ。魁聖、両腕を内に入れて当たる。徳勝龍、右喉輪で押し上げ、引く。魁聖、乗じて押しながら前に出る。徳勝龍、俵の外に出る。
20170914 05 303 魁聖 押し出し 徳勝龍 40

(6) 千代丸戦 ●寄り切り 13.5秒
 千代丸、仕切り線後方で手をつこうとする。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。千代丸、左手を出して当たり、左喉輪で押し上げ、右をのぞかせる。徳勝龍、下からあてがい、右に回りながら右を差す。千代丸、右差し手を返し、左で差し手を抱える。徳勝龍、左で押っ付けながら前に出ようとする。千代丸、右下手を取って堪え、左上手に手を伸ばして取り、両廻しを引きつけて前に出る。徳勝龍、俵に詰まる。千代丸、両廻しを持ってがぶる。徳勝龍、堪え切れずに俵を割る。
20170915 06 305 千代丸 寄り切り 徳勝龍 35

(7) 大翔丸戦 ●突き落し 3.5秒
 大翔丸、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。大翔丸、右手を出して当たる。徳勝龍、左を差し、右で相手の左腕を引っ張り込んで前に出る。大翔丸、左差し手を返しながら左に回り、土俵際左へ回りながら左で突いて体を離す。徳勝龍、前に泳ぎ、土俵下客席に転落。
20170916 07 303 大翔丸 突き落とし 徳勝龍 35

(中) 錦木戦 ●寄り切り 4.5秒
 錦木、先に両手をつく。徳勝龍、見せるように右手を動かして両手をつき、素早く立ち、右手を出して左肘を固める。錦木、両腕を内に入れて当たり、両差しになる。徳勝龍、左を巻き替えて差す。錦木、乗じて右上手を取って前に出る。徳勝龍、俵の上で相手の上手を切るが、仰け反る。錦木、左差し手を返し、右筈で押す。徳勝龍、俵を割る。
20170917 08 301 錦木 寄り切り 徳勝龍 40

(9) 佐田の海戦 ○寄り切り 2.9秒
 佐田の海、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。佐田の海、低く当たり、左を差して下手を取る。徳勝龍、左を差し、右で差し手を抱えて一気に前に出る。佐田の海、右で首を巻いて俵に詰まり、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170918 09 302 徳勝龍 寄り切り 佐田の海 40

(10) 遠藤戦 ●上手出投 11.8秒
 遠藤、先に右手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、素早く立って左肘を固める。遠藤、低く当たり、左を差して前に出、右上手を取る。徳勝龍、俵に詰まるが、体を開いて左掬い投げに行く。遠藤、傾くが右上手を持って堪える。徳勝龍、左差しで前に出る。遠藤、俵に詰まる。徳勝龍、左掬い投げで相手を傾かせる。遠藤、堪え、体を開いて右上手出し投げ。徳勝龍、土俵に這う。
〔投げを堪える 遠藤〕
20170919 10 301 遠藤 上手出し投げ 徳勝龍 20 遠藤堪える
〔遠藤の上手出し投げ〕
20170919 10 301 遠藤 上手出し投げ 徳勝龍 40

(11) 大栄翔戦 ●掬い投げ 3.3秒
 大栄翔、先に両手をつく。徳勝龍、時を置き、両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して頭から当たり、右喉輪で相手を起こし、突き放してから左へ開く。徳勝龍、前のめりになる。大栄翔、左を差して掬い投げ。徳勝龍、土俵に両手をつく。
20170920 11 304 大栄翔 掬い投げ 徳勝龍 40

(12) 豪風戦 ●掬い投げ 2.0秒
 徳勝龍、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、左から張る。豪風、低く当たって左を差し、右で頭を押さえながら下がり、土俵際で掬い投げ。徳勝龍、土俵に落ちる。
20170921 12 304 豪風 掬い投げ 徳勝龍 40

(13) 石浦戦 ○叩き込み 1.7秒
 石浦、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。石浦、右手を出してやや左へ踏み出す。徳勝龍、見ながら両手で突き、突っ張り、叩く。石浦、土俵に両手をつく。
20170922 13 304 徳勝龍 叩き込み 石浦 40

(14) 千代翔馬戦 ●突き落し 2.9秒
 千代翔馬、右手をつく。徳勝龍、すぐに両手をサッとついて立つが、千代翔馬、立てず。2度目、両者、ほぼ同時に手をつこうとする。徳勝龍、両手をサッと素早くついて立つ。千代翔馬、右から張って左を差し、右上手に手を伸ばす。徳勝龍、腰を捻って相手に上手を与えず、左差しで前に出る。千代翔馬、右から突く。徳勝龍、右で相手の左足を渡し込みに行くが、土俵に転がる。その後、千代翔馬、土俵に倒れる。
20170923 14 302 千代翔馬 突き落とし 徳勝龍 40

(楽) 輝戦 ○掛け投げ 10.1秒
 輝、先に手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、左肘を固めて頭から当たる。輝、頭から当たり、右喉輪で押し上げ、左を差して差し手を返し、前に出ながら右で差し手を争い。徳勝龍、左を差す。輝、右上手を取って前に出る。徳勝龍、俵に詰まるが、左に回りながら左から掬い、左足で相手の右足を掛け上げる。輝、俵の外に倒れて土俵下にずり落ちる。
20170924 15 305 徳勝龍 掛け投げ 輝 35

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

隠岐の海 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-おきのうみ

前頭9枚目だった先場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭14枚目で迎えた今場所、初日遠藤、二日目徳勝龍に 力強い相撲で連勝。
三日目から黒星が連なり、新入幕 朝乃山らに4連敗。2勝4敗と黒星先行に。
七日目、中日と連勝。4勝4敗と星を五分に。
2連敗、2連勝し、十二日目を終えて6勝6敗。(→十日目千代丸戦
十三日目、千代翔馬に寄り倒され、7敗目と後がなくなる。
十四日目、仲の良い豪風と6勝7敗同士で対戦。叩き込みで勝って、踏みとどまる。(→勝負後の表情
千秋楽、佐田の海を上手投げで倒し、8勝7敗と勝ち越しを決める。
勝ち越しは3月場所以来、3場所ぶり。



(初) 遠藤戦 ○上手投げ 3.8秒
 隠岐の海、先に右手をつく。遠藤、両手をサッとつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。遠藤、左肘を固めて頭から踏み込み、右上手前廻しを狙う。隠岐の海、左を差し、右も差そうとする。遠藤、左を巻き替える。隠岐の海、右上手を取って引きつけて前に出、下に向かって力強い上手投げ。遠藤、土俵に転がる。
20170910 303 隠岐の海 上手投げ 遠藤 45

(2) 徳勝龍戦 ○寄り切り 21.3秒
 隠岐の海、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて当たる。徳勝龍、右喉輪で押し上げる。隠岐の海、左で突いて喉輪を外し、左へ回る。徳勝龍、向き直る。隠岐の海、左を差す。徳勝龍、左を差して差し手を返し、一呼吸後、前に出る。隠岐の海、左下手を持って堪え、前に出ながら右上手に手を伸ばして取る。徳勝龍、腰を捻って相手の下手を切る。隠岐の海、右上手を引きつけて前に出る。徳勝龍、右足が俵の外に滑り出る。
20170911 02 303 隠岐の海 寄り切り 徳勝龍 30 上手を引きつけて寄る

(3) 大翔丸戦 ●寄り切り 5.4秒
 隠岐の海、先に右手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。隠岐の海、その直前に素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。大翔丸、右手を出して頭から当たり、突き放しながら前に出る。隠岐の海、下からあてがい、押し返し、右上手前廻しを取るが俵に詰まる。大翔丸、左筈で脇を押し上げ、右差し手を突きつけながら寄る。隠岐の海、上体が起きて俵を割る。
20170912 03 304 大翔丸 寄り切り 隠岐の海 38

(4) 東龍戦 ●上手投げ 9.9秒
 隠岐の海、先に手をつく。東龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。東龍、右肘を固めて踏み込む。隠岐の海、左腕を内に入れて固めて当たる。東龍、両差しになる。隠岐の海、外から挟み付けて前に出、左を差す。東龍、右上手を取るが俵に詰まる。隠岐の海、右上手を取って寄る。東龍、伸びた右上手を持って俵の上で堪え続け、相手を左へ振りながら残して中に戻り、そのまま右上手投げ。隠岐の海、土俵に転がる。
20170913 04 303 東龍 上手投げ 隠岐の海 35

(5) 朝乃山戦 ●下手捻り 7.2秒
 隠岐の海、先に右手をつく。朝乃山、両手をサッとつく。隠岐の海、右肘を固める。朝乃山、右肘を固めて当たり、左上手に手を伸ばす。隠岐の海、右を差し、左で強烈に抱えて左に回る。朝乃山、抱えられた右腕を抜き、左で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、右差し手を抜いて抱える。朝乃山、左下手を取り、右上手前廻しを探る。隠岐の海、土俵際、体を開いて右小手投げに行く。朝乃山、堪えて左下手で捻る。隠岐の海、後ろ向きに倒れて土俵に転がる。
〔小手投げに行く 隠岐の海〕
20170914 05 301 朝乃山 下手捻り 隠岐の海 30 小手投げに行く隠岐の海
〔朝乃山の下手捻り〕
20170914 05 301 朝乃山 下手捻り 隠岐の海 37 下手捻りに行く朝乃山

(6) 魁聖戦 ●寄り切り 4.1秒
 魁聖、先に両手をつく。隠岐の海、両手をつく。魁聖、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。隠岐の海、左肘を固めて当たる。魁聖、すぐに右上手前廻しを取って左を差し、上手を引きつけて前に出る。隠岐の海、右足が俵に詰まり、力なく俵を割る。
20170915 06 302 魁聖 寄り切り 隠岐の海 40

(7) 豊山戦 ○寄り切り 12.2秒
 隠岐の海、先に右手をつく。豊山、左手を見せるようにして動かし、両手をサッとつく。その直前、隠岐の海、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。豊山、やや左へ踏み出し、右手を出して頭から当たり、右、左と喉輪で押し上げる。隠岐の海、左で肩を押さえながら左を差し、少し肩透かしを引いて右も差す。豊山、少し下がって左を差し、頭をつける。隠岐の海、前に出ながら右上手を探る。豊山、土俵際を左へ回り、左で掬いながら右を巻き替えようとする。隠岐の海、そのまま前に出て寄り切る。
20170916 07 302 隠岐の海 寄り切り 豊山 40

(中) 大栄翔戦 ○上手投げ 13.0秒
 大栄翔、先に両手をつく。隠岐の海、腰を下ろし、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。大栄翔、右手を出して頭から当たり、突っ張る。隠岐の海、下からあてがって下がらず。大栄翔、叩いて左に開く。隠岐の海、向き直って突っ張る。大栄翔、押しながら前に出る。隠岐の海、左で相手の腕を押し上げ、左を差して前に出る。大栄翔、左下手を取って右に回り、土俵際、左から掬おうとする。隠岐の海、深い右上手を取って堪え、上手投げを下に打つ。大栄翔、土俵に落ちる。
20170917 08 304 隠岐の海 上手投げ 大栄翔 40

(9) 錦木戦 ●寄り倒し 7.0秒
 隠岐の海、先に手をつく。錦木、左手をつく。隠岐の海、立とうとピクっと動く。錦木、それに反応してピクッと動くが止め、右手をサッとついて素早く立つ。隠岐の海、その場で立って右肘を固める。錦木、やや左へ踏み出して頭で当たる。隠岐の海、左を差す。錦木、右上手に手を伸ばすが取れず、左を差して下手を取る。隠岐の海、左に回りながら右を巻き替えて両差しになる。錦木、深い左上手を持って前に出る。隠岐の海、土俵際を左へ回る。錦木、休まず前に出る。隠岐の海、俵の外に倒れる。
20170918 09 301 錦木 寄り切り 隠岐の海 40

(10) 千代丸戦 ●引き落し 9.0秒
 隠岐の海、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方でサッと両手をつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘でかち上げ気味に当たる。千代丸、右を差し、左上手に手を掛ける。隠岐の海、少し引いて廻しを与えず。千代丸、突っ張る。隠岐の海、下からあてがい、右喉輪で押し上げ、左で押っ付けながら前に出る。千代丸、土俵際、右差し手を抜いて体を離し、俵の上右足一本。隠岐の海、土俵に落ちる。
20170919 10 304 千代丸 引き落とし 隠岐の海 40

(11) 石浦戦 ○押し倒し 8.9秒
 石浦、先に手をつく。隠岐の海、右手をついて時を置き、左手をサッと動かして素早く立つ。石浦、右手で相手の肩を押さえ、左に変わって左上手を取ろうとする。隠岐の海、向き直り、両手で顎を押し上げながら前に出る。石浦、土俵際、右から突き、右上手を取って右に回る。隠岐の海、左を差してついて行く。石浦、突っ張り、頭を下げて中に入ろうとする。隠岐の海、右で抱え、左を差して前に出る。石浦、俵の上で叩くが、相手に覆いかぶさる体勢になる。隠岐の海、相手の腹を押す。石浦、俵の外に出、その後、隠岐の海、土俵に倒れる。
20170920 11 305 隠岐の海 押し倒し 石浦 40-1

(12) 貴ノ岩戦 ○突き落し 4.8秒
 隠岐の海、右手を先につく。貴ノ岩、両手をサッと動かして立ち、右肘を固め、頭から踏み込み、左上手前廻しを狙う。隠岐の海、右肘を固めて当たる。貴ノ岩、左を差す。隠岐の海、左で押っ付けながら左を差す。貴ノ岩、頭をつけ、右で押っ付けるが左足が俵に掛かる。隠岐の海、左筈で相手の脇を突く。貴ノ岩、土俵に転がる。
20170921 12 305 隠岐の海 突き落とし 貴ノ岩 40

(13) 千代翔馬戦 ●寄り倒し 4.6秒
 隠岐の海、先に右手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左手で相手の肩を押さえ、頭から当たる。隠岐の海、左を差す。千代翔馬、右上手前廻しを取る。隠岐の海、右で相手の差し手を引っ張り込む。千代翔馬、深い左下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。隠岐の海、土俵際、右小手投げに行こうとする。千代翔馬、そのまま体を預ける。隠岐の海を下にして、両者、俵の外に倒れる。
20170922 13 308 千代翔馬 寄り倒し 隠岐の海 40

(14) 豪風戦 ○叩き込み 7.4秒
 隠岐の海、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込もうとする。豪風、左で突きながら左へ変わる。隠岐の海、向き直る。豪風、右から張って右を差す。隠岐の海、左で押っ付け、右で顔を押し上げ、少し引きながら差そうとする。豪風、押しながら前に出る。隠岐の海、押し返し、叩きながら左に開く。豪風、土俵に落ちて転がる。
20170923 14 301 隠岐の海 叩き込み 豪風 40

(楽) 佐田の海戦 ○上手投げ 11.3秒
 佐田の海、先に右手をつく。隠岐の海、仕切り線後方で右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、右手を出して踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて踏み込んで当たる。佐田の海、頭から当たり、左を差す。隠岐の海、左を差し、右上手に手を伸ばしながら前に出る。佐田の海、腰を遠ざけて上手を与えず、左下手を取り、右で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、右上手を取り、土俵際で右上手投げ。佐田の海、土俵に裏返り、その後、隠岐の海、土俵に落ちる。
20170924 15 301 隠岐の海 上手投げ 佐田の海 37

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

遠藤 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-えんどう

前頭3枚目だった先場所は、場所前の稽古総見で左足首痛が悪化し、五日目から休場。2勝3敗10休の成績だった。→先場所の取組内容
場所後の7月下旬に内視鏡による遊離軟骨除去手術を行い、夏巡業は全休した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
前頭14枚目で迎えた今場所、初日は隠岐の海に上手投げで倒され、黒星発進。
二日目、新入幕の朝乃山を叩き込んで初日を出す。そこから魁聖、豊山と再入幕力士を倒して3連勝。(→四日目花道奥で目を痛そうにする
六日目を終えて、4勝2敗と白星先行。「自分が思っている相撲が取れているわけではないが、体は少しずつ走ってきているし、足も動いている」と答える。(NHKNEWSWEBより※ページは既に削除)
十日目から3連勝し、十二日目に勝ち越し決定。(→勝ち越しを決めるも口は重めの遠藤
十四日目、千秋楽と連勝し、10勝5敗で今場所を終える。(→土俵下で笑みを堪える遠藤
勝ち越しは、3月場所以来 3場所ぶり。二桁勝利は、昨年9月場所以来 1年ぶり。



(初) 隠岐の海戦 ●上手投げ 3.8秒
 隠岐の海、先に右手をつく。遠藤、両手をサッとつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。遠藤、左肘を固めて頭から踏み込み、右上手前廻しを狙う。隠岐の海、左を差し、右も差そうとする。遠藤、左を巻き替える。隠岐の海、右上手を取って引きつけて前に出、下に向かって力強い上手投げ。遠藤、土俵に転がる。
20170910 303 隠岐の海 上手投げ 遠藤 45

(2) 朝乃山戦 ○叩き込み 5.8秒
 朝乃山、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。遠藤、左肘を固めて低く当たり、右を差す。朝乃山、右を差す。遠藤、左を巻き替えて両差しになる。朝乃山、すぐに右を巻き替え返す。遠藤、左押っ付けで押し上げ、突く。朝乃山、両足が大きく開き、左足が俵に詰まる。遠藤、そこを叩く。朝乃山、前にバッタリ落ちる。
20170911 02 302 遠藤 叩き込み 朝乃山 40

(3) 魁聖戦 ○寄り倒し 7.4秒
 魁聖、先に両手をつく。遠藤、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとついて立ち、左肘を固め、右手を出して頭から踏み込む。魁聖、胸で当たる。遠藤、両差しを狙う。魁聖、左で押っ付け、右を巻き替えて差す。遠藤、左で押っ付けながら左に回り、右喉輪で押し上げ、右上手前廻しを取る。魁聖、左で相手の右腕を抱えて廻しを切る。遠藤、両差しになり、左差し手を返す。魁聖、体勢を崩して俵の外に倒れる。
20170912 03 303 遠藤 寄り倒し 魁聖 40

(4) 豊山戦 ○引き落し 18.7秒
 豊山、仕切り線後方で先に手をつく。遠藤、両手をサッとついて素早く立ち、頭から低く踏み込む。豊山、右手を出して頭から当たる。遠藤、左廻しを探るが取れず、少し引く。豊山、乗じて押しながら前に出る。遠藤、突っ張りながら前に出る。豊山、下から撥ね上げ、突き返して前に出る。遠藤、土俵際、叩きながら左へ回る。豊山、土俵際堪える。遠藤、相手の右腕を手繰りながら左へ回る。豊山、右で押っ付け、左喉輪で押し上げる。遠藤、左半身の体勢で右足を俵に掛けながら堪え、向き直って左をのぞかせる。豊山、更に左で顔を押し上げる。遠藤、中に戻り、両者、突っ張り合い。遠藤、引いて土俵際。豊山、押し出そうとする。遠藤、そこを叩きながら右に開く。豊山、土俵に落ち、遠藤、右足一本で残す。勝負後、遠藤、左目を痛そうにする。
20170913 04 302 遠藤 引き落とし 豊山 40

(5) 琴勇輝戦 ●突き出し 4.2秒
 遠藤、先に右手をつく。琴勇輝、両手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手突き。遠藤、低く当たり、下からあてがう。琴勇輝、叩きながら右に開く。遠藤、前に泳ぎ、右足が俵に掛かる。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。遠藤、俵伝いに左へ回るが、回り切れずに俵を割る。
20170914 05 302 琴勇輝 突き出し 遠藤 40

(6) 錦木戦 ○寄り切り 16.3秒
 錦木、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。錦木、両腕を内に入れる。遠藤、左肘を固めて低く当たり、右上手に手を掛ける。錦木、腰を引いて廻しを与えず。遠藤、左差し手を返し、右に傾きながら右押っ付けから上手を探る。錦木、腰を引いて上手を与えず、左下手を探る。遠藤、右で絞りながら腰を捻って下手を与えず、右で押っ付けながら上手を取り、引きつけて前に出る。錦木、左下手を取るが相手の寄りに下がり、俵に両足を掛けながら堪える。遠藤、休まず寄る。錦木、上体が起きて俵を割る。
20170915 06 301 遠藤 寄り切り 錦木 40

(7) 豪風戦 ●叩き込み 4.1秒
 遠藤、先に右手をつく。豪風、左手をつき、右手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。遠藤、右から張って左を差す。豪風、両手で押し上げ、左へ回りながら何度も叩く。遠藤、前のめりになる。豪風、土俵際、更に叩いて左に回る。遠藤、土俵に落ちて転がる。
20170916 07 306 豪風 叩き込み 遠藤 40

(中) 千代丸戦 ○寄り切り 7.6秒
 遠藤、右手をつく。千代丸、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつく。遠藤、見ながら踏み込む。千代丸、右肘を固め、左手を出して当たる。遠藤、右下手を取る。千代丸、右を差す。遠藤、左を巻き替えて差す。千代丸、右押っ付けで一気に前に出る。遠藤、左下手をも探る。千代丸、両手で顔を押し上げる。遠藤、右下手を離さず堪え、両差しで前に出る。千代丸、俵に詰まる。遠藤、左差し手を大きく返し、相手を仰け反らせながら寄り切る。
〔押っ付けで前に出る 千代丸〕
20170917 08 305 遠藤 寄り切り 千代丸 15 押っ付けで前に出る千代丸
〔遠藤の寄り切り〕
20170917 08 305 遠藤 寄り切り 千代丸 40-1

(9) 貴ノ岩戦 ●叩き込み 3.3秒
 遠藤、先に手をつく。貴ノ岩、右手をサッとつき、素早く立つ。遠藤、左肘を固めて踏み込む。貴ノ岩、右肘を固めて当たる。遠藤、左を差す。貴ノ岩、すぐに引いて体を離し、叩く。遠藤、乗じて前に出ながら突き放す。貴ノ岩、俵の上。遠藤、そこを押し出そうとする。貴ノ岩、そこを叩いて、右足一本で相手をかわす。遠藤、俵の外に落ちる。
20170918 09 305 貴ノ岩 叩き込み 遠藤 45

(10) 徳勝龍戦 ○上手出投 11.8秒
 遠藤、先に右手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、素早く立って左肘を固める。遠藤、低く当たり、左を差して前に出、右上手を取る。徳勝龍、俵に詰まるが、体を開いて左掬い投げに行く。遠藤、傾くが右上手を持って堪える。徳勝龍、左差しで前に出る。遠藤、俵に詰まる。徳勝龍、左掬い投げで相手を傾かせる。遠藤、堪え、体を開いて右上手出し投げ。徳勝龍、土俵に這う。
〔投げを堪える 遠藤〕
20170919 10 301 遠藤 上手出し投げ 徳勝龍 20 遠藤堪える
〔遠藤の上手出し投げ〕
20170919 10 301 遠藤 上手出し投げ 徳勝龍 40

(11) 荒鷲戦 ○寄り切り 4.9秒
 荒鷲、先に右手をつく。遠藤、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、左肘を固めて頭から踏み込む。荒鷲、左に変わって左上手を狙う。遠藤、向き直って上手を与えず、左を差す。荒鷲、肩越しに右上手へ手を伸ばすが取れず、左下手を取る。遠藤、深い左下手を取り、右押っ付けで前に出る。荒鷲、土俵際、右小手投げで振ろうとする。遠藤、そのまま寄り切る。
20170920 11 306 遠藤 寄り切り 荒鷲 40

(12) 佐田の海戦 ○下手投げ 8.4秒
 佐田の海、先に右手をつく。遠藤、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、両手突き。遠藤、低く当たり、前に出ようとする。佐田の海、引く。遠藤、両手で相手の顔を挟む。佐田の海、押しながら前に出る。遠藤、押し上げ、左へ回る。佐田の海、左上手を取る。遠藤、右手で上手を切り、左へ回る。佐田の海、前に出る。遠藤、右から張り、両差しになって両下手を取り、土俵際右へ振る。佐田の海、体が裏返り、俵の外で尻餅。
20170921 12 301 遠藤 下手投げ 佐田の海 35 土俵下の石浦
〔勝ち越しインタビューを受ける 遠藤〕
20170921 12 301 遠藤 下手投げ 佐田の海 75 遠藤勝ち越し 07 微笑

(13) 宝富士戦 ●押し出し 5.7秒
 宝富士、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めてやや右へ踏み出す。宝富士、左肘を固めて当たる。遠藤、両差しを狙う。宝富士、左で差し手を抱える。遠藤、右差し手を抜いて突き放す。宝富士、左を差して前に出る。遠藤、引いて体を離す。宝富士、乗じて前に出る。遠藤、力なく土俵下に落ちる。
20170922 13 307 宝富士 押し出し 遠藤 40

(14) 千代大龍戦 ○引き落し 3.8秒
 千代大龍、先に右手をつく。遠藤、両手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。千代大龍、左肘でかち上げ、右喉輪で相手を起こす。遠藤、下がらず。千代大龍、叩きながら引く。遠藤、落ちずに堪え、逆に叩きながら引く。千代大龍、土俵に落ちる。
20170923 14 310 遠藤 引き落とし 千代大龍 40

(楽) 正代戦 ○突き出し 5.4秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。遠藤、両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、右肘でかち上げ、右を差す。遠藤、右から絞り、突き放し、右から突きながら体を開いていなす。正代、前に泳ぎ、向き直ろうとする。遠藤、そこを左喉輪で押し上げ、突き放す。正代、俵の上で重心が後ろになり、土俵外に出る。
20170924 15 307 遠藤 突き出し 正代 45

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

魁聖 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-かいせい

前頭15枚目だった5月場所、3月場所直前に痛めた右膝の痛みの影響もあり、7勝8敗と負け越した。→先々場所の取組内容 先場所は、2012年3月場所以来 5年ぶりに十両に陥落。東十両筆頭で10勝5敗の成績を上げ、一場所で幕内に復帰を決めた。
夏巡業でのテレビ取材で、相変わらずゲームとコーラが好きなことを明かす。(→スポーツ探求バラエティ!! at sports
怪我をする前は202キロぐらいあった体重を、一時は180キロに落とすが「体重が乗らなかった」そう。現在は192キロぐらいを維持しているとのこと。(大相撲中継二日目の放送より)
前頭13枚目で迎えた今場所、初日、錦木を掬い投げで倒して白星発進。通算400勝目を上げる。
二日目、大翔丸を押し出して連勝。
三日目、四日目と連敗。その後も、2連勝、2連敗を繰り返し、十日目を終えて6勝4敗。
十一日目、新入幕の朝乃山に寄り切れて5敗目。
翌十二日目は連敗せず、宝富士を寄り切って7勝目。
十三日目、勢を小手投げで倒し、勝ち越し決定。
十四日目、千代の国に突き落とされて敗れるも(→花道奥の表情)、千秋楽、荒鷲を寄り切り、9勝6敗で今場所を終える。
幕内での勝ち越しは、今年1月場所以来、4場所ぶり。
千代丸戦の58.7秒は、今場所の幕内取組で最長時間。(→秋場所 幕内取組 各種データ順位



(初) 錦木戦 ○掬い投げ 14.4秒
 魁聖、両手をつく。錦木、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両腕を下げて踏み込む。錦木、低く当たって左下手を探る。魁聖、右で押っ付けながら前に出、深い右上手に手を掛ける。錦木、腰を引いて相手の上手を切り、前に出る。魁聖、右を巻き替えて差し、土俵際堪える。錦木、左上手を取って頭をつける。魁聖、左足を俵に掛け、左上手に手を伸ばすが取れず。両者、少し止まる(約2秒間)。錦木、深い左上手を持ち、右差し手を返して寄る。魁聖、右差し手を返して体を開き、掬い投げを下に打つ。錦木、土俵に落ちる。
20170910 304 魁聖 掬い投げ 錦木 41

(2) 大翔丸戦 ○押し出し 7.3秒
 魁聖、先に手をつく。大翔丸、左、右と手をつく。魁聖、両腕を下げて踏み込む。大翔丸、右手を出して頭から当たる。魁聖、前に出る。大翔丸、土俵際、左に回って体を離す。魁聖、差そうとしながら前に出る。大翔丸、相手の腕を叩いて左へ回る。魁聖、向き直って押す。大翔丸、土俵下に落ちる。
20170911 02 304 魁聖 押し出し 大翔丸 40

(3) 遠藤戦 ●寄り倒し 7.4秒
 魁聖、先に両手をつく。遠藤、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとついて立ち、左肘を固め、右手を出して頭から踏み込む。魁聖、胸で当たる。遠藤、両差しを狙う。魁聖、左で押っ付け、右を巻き替えて差す。遠藤、左で押っ付けながら左に回り、右喉輪で押し上げ、右上手前廻しを取る。魁聖、左で相手の右腕を抱えて廻しを切る。遠藤、両差しになり、左差し手を返す。魁聖、体勢を崩して俵の外に倒れる。
20170912 03 303 遠藤 寄り倒し 魁聖 40

(4) 大栄翔戦 ●送り出し 15.7秒
 大栄翔、先に両手をつく。魁聖、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両腕を内に入れる。大栄翔、右手を出しながらやや左へ踏み出し、頭から当たり、右喉輪で押し上げる。魁聖、下がらず前に出る。大栄翔、土俵際左から突いていなす。魁聖、向き直る。両者、押し合う。魁聖、前に出る。大栄翔、土俵際右から突いていなす。魁聖、向き直ろうとする。大栄翔、左喉輪で押し上げながら前に出る。魁聖、土俵際、右から突く。大栄翔、向き直り、叩きながら引いて体を離し、右喉輪で押し上げる。魁聖、左で押し上げて喉輪を外す。大栄翔、押しながら前に出る。魁聖、土俵際、右から突いて後ろ向きになる。大栄翔、そこを押す。魁聖、土俵下に飛び落ちる。
20170913 04 305 大栄翔 送り出し 魁聖 40

(5) 徳勝龍戦 ○押し出し 2.8秒
 魁聖、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立つ。魁聖、両腕を内に入れて当たる。徳勝龍、右喉輪で押し上げ、引く。魁聖、乗じて押しながら前に出る。徳勝龍、俵の外に出る。
20170914 05 303 魁聖 押し出し 徳勝龍 40

(6) 隠岐の海戦 ○寄り切り 4.1秒
 魁聖、先に両手をつく。隠岐の海、両手をつく。魁聖、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。隠岐の海、左肘を固めて当たる。魁聖、すぐに右上手前廻しを取って左を差し、上手を引きつけて前に出る。隠岐の海、右足が俵に詰まり、力なく俵を割る。
20170915 06 302 魁聖 寄り切り 隠岐の海 40

(7) 千代丸戦 ●寄り切り 58.7秒
 魁聖、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、右腕を内に入れて踏み込む。千代丸、左肘を固めて当たり、突っ張る。魁聖、下からあてがう。千代丸、顎に向かって突き上げながら前に出る。魁聖、右で突きながら右に回る。千代丸、休まず、顎に向かって突っ張る。魁聖、押しながら前に出る。千代丸、土俵際、左に回り、左で廻しを探りながら前に出る。魁聖、腰を引いて廻しを与えず、土俵際、右押っ付けで突く。千代丸、前のめりになって俵に詰まるが、なんとか体勢を立て直す。魁聖、左押っ付けで前に出る。千代丸、俵伝いに左へ回る。魁聖、頭をつけて右を差す。千代丸、右差しで左上手を取る。両者、右四つで止まる(約7秒間)。千代丸、左上手を引きつけて前に出る。魁聖、右から掬いながら相手を土俵際にする。千代丸、左に回って残す。魁聖、左上手、右下手を取る。両者、右四つがっぷりでしばらく止まる(約21秒間)。千代丸、両廻しを引きつけて前に出る。魁聖、堪えられずに俵を割る。
20170916 07 304 千代丸 寄り切り 魁聖 40

(中) 豊山戦 ●突き落し 2.0秒
 魁聖、仕切り線後方で先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。魁聖、右腕を内に入れて踏み込む。豊山、右肘を固めて当たる。魁聖、左押っ付けで前に出る。豊山、俵に詰まり、左から突く。魁聖、土俵に転がる。
20170917 08 302 豊山 突き落とし 魁聖 40

(9) 千代翔馬戦 ○押し出し 2.7秒
 魁聖、先に両手をつく。千代翔馬、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、右手を出して頭から踏み込み、右喉輪で押し上げる。魁聖、下からあてがう。千代翔馬、相手の腕を叩いて右に回る。魁聖、乗じて押しながら前に出る。千代翔馬、俵の上で右前廻しを探る。魁聖、相手を押し出す。
20170918 09 307 魁聖 押し出し 千代翔馬 40

(10) 佐田の海戦 ○寄り切り 4.6秒
 佐田の海、先に手をつく。魁聖、腰を下ろし、両手をサッとつく。佐田の海、素早く立ち、左肘を固めて当たり、右喉輪で押し上げる。魁聖、右押っ付けで前に出る。佐田の海、引いて体を離し、右足を俵に掛けながら右前廻しを探る。魁聖、右を差す。佐田の海、左上手に手を伸ばして取り、土俵際を左へ回ろうとする。魁聖、右差し、左押っ付けで寄る。佐田の海、俵を割る。
20170919 10 303 魁聖 寄り切り 佐田の海 40

(11) 朝乃山戦 ●寄り切り 8.0秒
 魁聖、先に両手をつく。朝乃山、腰を下ろし、両手をサッとつく。魁聖、素早く立ち、右腕を内に入れる。朝乃山、右肘を固めて頭から踏み込み、左上手前廻しを取り、右を差す。魁聖、左上手に手を伸ばすが取れず。朝乃山、左上手を引きつけて前に出る。魁聖、左上手を取る。朝乃山、がぶって相手の上手を切り、右差し手を返して寄る。魁聖、俵に足が掛かり、左押っ付けで堪えようとするが、俵を割る。
20170920 11 301 朝乃山 寄り切り 魁聖 40

(12) 宝富士戦 ○寄り切り 11.3秒
 魁聖、先に両手をつく。宝富士、両手をつく。魁聖、素早く立って両腕を内に入れる。宝富士、左肘を固めて頭から当たる。魁聖、左を差し、右も差し勝つ。宝富士、左で差し手を抱えて左へ回り、魁聖、乗じて前に出る。宝富士、右から突いて体を離し、俵に両足を掛けながら左を差して前に出る。魁聖、体を離す。両者、差し手争い、右を差す形になる。魁聖、左上手を取って前に出る。宝富士、左足を俵に掛けて堪え、左上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取る。魁聖、左上手に手を伸ばしながら前に出る。宝富士、俵伝いに左へ回るが、右足が俵の外に出る。
20170921 12 308 魁聖 寄り切り 宝富士 40

(13) 勢戦 ○小手投げ 4.9秒
 勢、先に手をつく。魁聖、両手をサッとつく。勢、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。魁聖、右腕を内に入れて当たり、左上手前廻しを取る。勢、右を差すが左は差せず、腰を振って相手の上手を切り、叩きながら左に開く。魁聖、前に泳ぐが、土俵際向き直る。勢、そこを押す。魁聖、土俵際、右で相手の腕を抱え、小手投げで逆転。勢、土俵に落ちる。その後、魁聖、土俵に落ちる。
20170922 13 309 魁聖 小手投げ 勢 40

(14) 千代の国戦 ●突き落し 21.5秒
 魁聖、先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。魁聖、右腕を内に入れて当たる。千代の国、突き上げる。魁聖、下がらず前に出る。千代の国、顎に向かって激しく突っ張り、前に出る。魁聖、下からあてがって堪え、左で相手の腕を突いて前に出る。千代の国、引き、土俵際、右に開く。魁聖、土俵際、踏みとどまり、相手の胸を押し上げながら前に出る。千代の国、あてがうが俵に詰まり、右喉輪で押し上げてから引いていなし、左で後ろ廻しに手を掛ける。魁聖、向き直って上手を与えず。千代の国、左で極め気味に押っ付けて前に出る。魁聖、右腕を抜く。千代の国、押しながら前に出る。魁聖、土俵際右小手投げに行こうとする。千代の国、浅い両差しになり、左筈で脇を突く。魁聖、土俵に転がる。
20170923 14 304 千代の国 突き落とし 魁聖 40

(楽) 荒鷲戦 ○寄り切り 4.4秒
 魁聖、先に両手をつく。荒鷲、右手をつく。魁聖、素早く立って右腕を内に入れるが、待ったと思ったかやや止まりかける。荒鷲、遅れて右肘を固めて当たり、左上手に手を掛ける。行司 木村元基は「はっきよい」。魁聖、両差しになり、腰を引いて上手を切り、右差し手を返しながら前に出る。荒鷲、右を差すが、俵に詰まって上体が起きる。魁聖、腰を下ろして寄り切る。
20170924 15 302 魁聖 寄り切り 荒鷲 37

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

錦木 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-にしきぎ

前頭15枚目だった先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
8月14日に行われた岩手県釜石市復興土俵入りで、同県出身の錦木が 横綱稀勢の里の露払いを務めた。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
茨城県日立市巡業の子ども相撲で、観客のスマホを借りて記念撮影するなど、土俵を盛り上げた。(→日立市巡業
お台場巡業でのテレビ取材で、おちゃめな表情を見せた。(→同期の千代の国をちゃかす→アップ→サインを断る→千代の国にいじられる
夏巡業では朝稽古を皆勤し、大関高安と三番稽古も行った。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
前頭13枚目で迎えた今場所、初日は魁聖の掬い投げに倒され、黒星発進。
二日目、千代丸を押し出して初日を出す。
三日目、四日目と追手風部屋力士に連敗。(→大翔丸の廻しを離さない錦木
五日目、豪風を押し出して2勝目。
六日目、七日目と連敗し、2勝5敗と黒星先行。
中日、九日目と初めて連勝し、4勝目。
十日目、新入幕の朝乃山に上手投げで倒されて6敗目。
十一日目、豊山を押し出して5勝目。(→豊山戦での表情→懸賞を受け取る錦木
十二日目 千代翔馬戦では、一度は軍配をもらうも取り直しに。その相撲で敗れて7敗目と後がなくなる。(→助け起こす千代翔馬に大丈夫のジェスチャー
十三日目、佐田の海に寄り切られて負け越し決定。十四日目、逸ノ城に寄り切られて3連敗。
千秋楽、栃ノ心を寄り切り、6勝9敗で今場所を終える。
負け越しは、3月場所以来3場所ぶり。



(初) 魁聖戦 ●掬い投げ 14.4秒
 魁聖、両手をつく。錦木、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両腕を下げて踏み込む。錦木、低く当たって左下手を探る。魁聖、右で押っ付けながら前に出、深い右上手に手を掛ける。錦木、腰を引いて相手の上手を切り、前に出る。魁聖、右を巻き替えて差し、土俵際堪える。錦木、左上手を取って頭をつける。魁聖、左足を俵に掛け、左上手に手を伸ばすが取れず。両者、少し止まる(約2秒間)。錦木、深い左上手を持ち、右差し手を返して寄る。魁聖、右差し手を返して体を開き、掬い投げを下に打つ。錦木、土俵に落ちる。
20170910 304 魁聖 掬い投げ 錦木 41

(2) 千代丸戦 ○押し出し 5.2秒
 錦木、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立つ。錦木、見ながら胸で当たる。千代丸、右肘を固めて当たり、突っ張る。錦木、下からあてがって下がらず。千代丸、引く。錦木、乗じて押しながら前に出る。千代丸、上体が起きて俵を割る。
20170911 02 305 錦木 押し出し 千代丸 40

(3) 大栄翔戦 ●突き落し 5.6秒
 大栄翔、先に両手をつく。錦木、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、両手を出して頭から踏み込む。錦木、右肘でかち上げて相手を起こす。大栄翔、突っ張る。錦木、突き放す。大栄翔、右から突いて右に回る。錦木、前に出て押す。大栄翔、俵に詰まって左から突き、向き直った相手を更に左から突いて左に開く。錦木、俵の外に両手をつき、大栄翔、左足一本で一瞬残してから俵の外に出る。
20170912 03 305 大栄翔 突き落とし 錦木 40

(4) 大翔丸戦 ●突き落し 3.4秒
 錦木、先に手をつく。大翔丸、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。錦木、両差しを狙う。大翔丸、右手を出して頭から踏み込み、押し上げる。錦木、左を差そうとする。大翔丸、右から突く。錦木、土俵に落ちる。
20170913 04 304 大翔丸 突き落とし 錦木 40

(5) 豪風戦 ○押し出し 4.0秒
 錦木、先に手をつく。豪風、左手をサッとつき、素早く立って頭から踏み込む。錦木、遅れてその場で立ち、右を差す。豪風、左押っ付けで左に回り、叩きながら引こうとする。錦木、乗じて押しながら前に出る。豪風、土俵下に飛び落ちる。
20170914 05 306 錦木 押し出し 豪風 40

(6) 遠藤戦 ●寄り切り 16.3秒
 錦木、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。錦木、両腕を内に入れる。遠藤、左肘を固めて低く当たり、右上手に手を掛ける。錦木、腰を引いて廻しを与えず。遠藤、左差し手を返し、右に傾きながら右押っ付けから上手を探る。錦木、腰を引いて上手を与えず、左下手を探る。遠藤、右で絞りながら腰を捻って下手を与えず、右で押っ付けながら上手を取り、引きつけて前に出る。錦木、左下手を取るが相手の寄りに下がり、俵に両足を掛けながら堪える。遠藤、休まず寄る。錦木、上体が起きて俵を割る。
20170915 06 301 遠藤 寄り切り 錦木 40

(7) 宝富士戦 ●突き落し 12.0秒
 宝富士、先に両手をつく。錦木、左、右と手をつく。宝富士、やや早く立ち、左肘を固めて踏み込む。錦木、頭から当たる。宝富士、左を差す。錦木も左を差す。宝富士、左差し手を返し、右押っ付けで前に出、右上手を取る。錦木、右足が俵に掛かり、左から掬う。宝富士、右上手を持って堪え、引く。錦木、乗じて一気に前に出、両差しになる。宝富士、左から突く。錦木、土俵に落ちて転がる。
20170916 07 307 宝富士 突き落とし 錦木 40

(中) 徳勝龍戦 ○寄り切り 4.5秒
 錦木、先に両手をつく。徳勝龍、見せるように右手を動かして両手をつき、素早く立ち、右手を出して左肘を固める。錦木、両腕を内に入れて当たり、両差しになる。徳勝龍、左を巻き替えて差す。錦木、乗じて右上手を取って前に出る。徳勝龍、俵の上で相手の上手を切るが、仰け反る。錦木、左差し手を返し、右筈で押す。徳勝龍、俵を割る。
20170917 08 301 錦木 寄り切り 徳勝龍 40

(9) 隠岐の海戦 ○寄り倒し 7.0秒
 隠岐の海、先に手をつく。錦木、左手をつく。隠岐の海、立とうとピクっと動く。錦木、それに反応してピクッと動くが止め、右手をサッとついて素早く立つ。隠岐の海、その場で立って右肘を固める。錦木、やや左へ踏み出して頭で当たる。隠岐の海、左を差す。錦木、右上手に手を伸ばすが取れず、左を差して下手を取る。隠岐の海、左に回りながら右を巻き替えて両差しになる。錦木、深い左上手を持って前に出る。隠岐の海、土俵際を左へ回る。錦木、休まず前に出る。隠岐の海、俵の外に倒れる。
20170918 09 301 錦木 寄り切り 隠岐の海 40

(10) 朝乃山戦 ●上手投げ 9.9秒
 錦木、先に両手をつく。朝乃山、仕切り線後方でサッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。錦木、右を差す。朝乃山、顎に向かって突き上げる。錦木、下からあてがって下がらず、再び右を差す。朝乃山、左上手を取り、右差し手を返し、左上手投げで振ってから前に出る。錦木、俵に詰まり、右下手投げに行こうとする。朝乃山、左上手投げを下に打つ。錦木、土俵に落ちる。その後、朝乃山、錦木をまたいで土俵下に落ちる。
20170919 10 302 朝乃山 上手投げ 錦木 40

(11) 豊山戦 ○押し出し 5.4秒
 錦木、先に両手をつく。豊山、見せるように左手を動かし、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊山、両肘を固めて踏み込む。錦木、右腕を内に入れて当たり、右を差す。豊山、左で押っ付け、機を見て右に開く。錦木、乗じて前に出る。豊山、俵に詰まる。錦木、相手の胸を押す。豊山、土俵下に落ちる。
20170920 11 302 錦木 押し出し 豊山 40

(12) 千代翔馬戦 ●叩き込み 4.0秒
 錦木、先に左手をつく。千代翔馬、左、右とサッと手をついて素早く立ち、左手を出して頭から踏み込む。錦木、遅れてその場で立ち、左を差す。千代翔馬、顎に向かって突き放し、右上手を取って右に回り、土俵際、右小手投げに行く。錦木、左差し手を突きつける。千代翔馬、体が飛び、錦木、土俵に落ちる。行司 木村晃之助は、軍配を錦木に上げる。「物言い」がつき、協議の結果、体が落ちるのが同時と判断、「取り直し」になる。(4.8秒)
20170921 12 307 01 千代翔馬-錦木 40
〔説明する 二所ノ関審判長〕
20170921 12 307 01 千代翔馬-錦木 60 説明する二所ノ関審判長
<取り直しの相撲>錦木、左手をつく。千代翔馬、すぐに左、右とサッと手をついて素早く立ち、左手を出して頭から踏み込む。錦木、その場で立ち、左を差す。千代翔馬、顎に向かって突き放す。錦木、あてがって下がらず、左を差そうとする。千代翔馬、体を離し、右で相手の顔を張り気味に突く。錦木、右膝から土俵に崩れ落ちる。(4.0秒)
20170921 12 307 02 千代翔馬 叩き込み 錦木 35

(13) 佐田の海戦 ●寄り切り 5.7秒
 佐田の海、先に右手をつく。錦木、両手をサッとつき、両者、頭から当たる。佐田の海、下から左を差し込み、右も差して両下手を取る。錦木、外から抱える。佐田の海、土俵際、右から小手に振る。佐田の海、土俵際堪えて前に出る。錦木、俵の外に出る。両者、土俵に倒れ、土俵下に転がり落ちる。
20170922 13 301 佐田の海 寄り切り 錦木 40

(14) 逸ノ城戦 ●寄り切り 8.1秒
 錦木、手をつく。逸ノ城、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、左から張り、右を差して差し手を返し、左上手を取り、一呼吸後、左上手を引きつけて前に出る。錦木、右下手で振りながら堪え、左を巻き替えようとするがならず、俵に詰まる。逸ノ城、右差し手を返して寄る。錦木、上体が起きて俵を割る。
20170923 14 306 逸ノ城 寄り切り 錦木 40

(楽) 栃ノ心戦 ○寄り切り 6.0秒
 両者、ほぼ同時に手をつき、栃ノ心、すぐに立つが、錦木、立てず。2度目、両者、ほぼ同時に手をつき、錦木、頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たる。錦木、右を差して頭をつけ、右下手を取り、左で押っ付けながら左上手を取る。栃ノ心、左上手を探るが取れず、右下手を取る。錦木、両廻しを引きつけて前に出る。栃ノ心、左上手も取るが腰が伸び、土俵下に落ちる。
20170924 15 314 錦木 寄り切り 栃ノ心 40

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

佐田の海 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-さだのうみ

前頭14枚目だった先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
先場所、終盤辺りから蜂窩織炎のため 右足脛辺りに熱。8月は治療に当たりながら巡業に出る。番付発表の翌日に足がパンパンに腫れ、一週間入院。9/6に退院し、初日(9/10)から出るつもりだったが、師匠に「無理をするな。準備が足りていないから、今出ても違うところを怪我をする可能性がある」と言われ、初日から五日間休場。その間、土俵の稽古を積む。(大相撲中継レポートより)
佐田の海の休場は、幕内では初めて。西幕下4枚目だった2013年3月場所以来。
六日目から出場し、再入幕の豊山と対戦。前に出るも、小手投げを打たれ続けて倒され、黒星発進。
七日目大栄翔、八日目新入幕の朝乃山に敗れて3連敗。負け越しが決まる。
そのまま十二日目まで黒星が連なり、7敗5休となる。
十三日目、錦木を寄り切って初日を出し、十四日目、輝を寄り切って連勝。(→輝戦
千秋楽、隠岐の海に敗れ、2勝8敗5休で今場所を終える。
負け越しは3月場所以来、3場所ぶり。



(初)~(5) 休場
20170910 300 休場 碧山と佐田の海

(6) 豊山戦 ●小手投げ 12.1秒
 佐田の海、先に右手をつく。豊山、仕切り線後方でサッと両手をつく。その直前、佐田の海、素早く立ち、頭から踏み込む。豊山、右肘でかち上げる。佐田の海、左上手前廻しを取る。豊山、腰を引いて廻しを切り、突き放す。佐田の海、下から撥ね上げる。豊山、叩きながら右へ回る。佐田の海、動じず中に入り、右下手を取る。豊山、下がりながら左で小手に巻き、左小手投げで振る。佐田の海、右下手を離さず堪え、左下手も取って前に出る。豊山、左小手で振る。佐田の海、堪えて前に出る。豊山、今度は右から小手投げを下へ打つ。佐田の海、土俵に落ち、その後、豊山、土俵下に落ちる。
20170915 06 304 豊山 小手投げ 佐田の海 40

(7) 大栄翔戦 ●叩き込み 4.6秒
 大栄翔、先に両手をつく。佐田の海、両手をサッと動かし、右手を出して頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して当たる。両者、突き放し合う。大栄翔、突っ張りながら前に出る。佐田の海、下から撥ね上げるが俵に詰まり、左で突いて左上手を探る。大栄翔、向き直って叩きながら引く。佐田の海、土俵に落ちる。
20170916 07 305 大栄翔 叩き込み 佐田の海 40

(中) 朝乃山戦 ●寄り切り 6.9秒
 佐田の海、先に右手をつく。朝乃山、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たる。佐田の海、左上手前廻しを取る。朝乃山、腰を引いて廻しを切り、両手で顔を押し上げて右を差す。佐田の海、左上手に手を掛ける。朝乃山、右差し手を返して上手を与えず、前に出ながら左上手を探る。佐田の海、左で突きながら左へ回り、土俵際、右を差して左上手に手を掛ける。朝乃山、右差し手を返して上手を与えず、左上手を取って前に出る。佐田の海、腰が伸びて俵を割る。
20170917 08 303 朝乃山 寄り切り 佐田の海 40

(9) 徳勝龍戦 ●寄り切り 2.9秒
 佐田の海、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。佐田の海、低く当たり、左を差して下手を取る。徳勝龍、左を差し、右で差し手を抱えて一気に前に出る。佐田の海、右で首を巻いて俵に詰まり、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170918 09 302 徳勝龍 寄り切り 佐田の海 40

(10) 魁聖戦 ●寄り切り 4.6秒
 佐田の海、先に手をつく。魁聖、腰を下ろし、両手をサッとつく。佐田の海、素早く立ち、左肘を固めて当たり、右喉輪で押し上げる。魁聖、右押っ付けで前に出る。佐田の海、引いて体を離し、右足を俵に掛けながら右前廻しを探る。魁聖、右を差す。佐田の海、左上手に手を伸ばして取り、土俵際を左へ回ろうとする。魁聖、右差し、左押っ付けで寄る。佐田の海、俵を割る。
20170919 10 303 魁聖 寄り切り 佐田の海 40

(11) 千代丸戦 ●寄り切り 2.7秒
 佐田の海、先に手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、左から張って右を差す。佐田の海、右を差す。千代丸、右差しで一気に前に出る。佐田の海、土俵際、左から突こうとするが相手に覆いかぶさる体勢になる。千代丸、下から相手の腹を押す。佐田の海、土俵下に落ちる。
20170920 11 303 千代丸 寄り切り 佐田の海 40

(12) 遠藤戦 ●下手投げ 8.4秒
 佐田の海、先に右手をつく。遠藤、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、両手突き。遠藤、低く当たり、前に出ようとする。佐田の海、引く。遠藤、両手で相手の顔を挟む。佐田の海、押しながら前に出る。遠藤、押し上げ、左へ回る。佐田の海、左上手を取る。遠藤、右手で上手を切り、左へ回る。佐田の海、前に出る。遠藤、右から張り、両差しになって両下手を取り、土俵際右へ振る。佐田の海、体が裏返り、俵の外で尻餅。
20170921 12 301 遠藤 下手投げ 佐田の海 35 土俵下の石浦

(13) 錦木戦 ○寄り切り 5.7秒
 佐田の海、先に右手をつく。錦木、両手をサッとつき、両者、頭から当たる。佐田の海、下から左を差し込み、右も差して両下手を取る。錦木、外から抱える。佐田の海、土俵際、右から小手に振る。佐田の海、土俵際堪えて前に出る。錦木、俵の外に出る。両者、土俵に倒れ、土俵下に転がり落ちる。
20170922 13 301 佐田の海 寄り切り 錦木 40

(14) 輝戦 ○寄り切り 11.3秒
 佐田の海、先に右手をつく。輝、仕切り線後方で左手をサッとつく。その直前、佐田の海、素早く立ち、右手を出して当たり、右喉輪で突き放す。輝、激しく突っ張る。佐田の海、下から撥ね上げて下がらず。輝、両手で突き放し、前に出る。佐田の海、相手の右腕を手繰り、土俵際を左へ回る。輝、突っ張りながら前に出る。佐田の海、左で突きながら左に回り、向き直ろうとする相手の中に入って寄り、腹を押す。輝、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170923 14 307 佐田の海 寄り切り 輝 40

(楽) 隠岐の海戦 ●上手投げ 11.3秒
 佐田の海、先に右手をつく。隠岐の海、仕切り線後方で右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、右手を出して踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて踏み込んで当たる。佐田の海、頭から当たり、左を差す。隠岐の海、左を差し、右上手に手を伸ばしながら前に出る。佐田の海、腰を遠ざけて上手を与えず、左下手を取り、右で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、右上手を取り、土俵際で右上手投げ。佐田の海、土俵に裏返り、その後、隠岐の海、土俵に落ちる。
20170924 15 301 隠岐の海 上手投げ 佐田の海 37

《2017年秋場所取組内容・目次へ》