九州場所

宇良 2017年九州(十一月)場所取組内容

201711-うら

前頭4枚目だった先場所は、二日目に右膝の前十字靭帯を部分断裂。三日目から休場し、1勝2敗12休の成績だった。→先場所の取組内容

場所前、手術はせず、部屋で稽古を重ねて、出場のめども立っていたとのこと。しかしその後、状態が悪化。
幕内最下位の前頭16枚目となった今場所直前、「右膝前十字靱帯損傷」「左膝半月板損傷」のため、手術的治療及びリハビリ治療を含め約3カ月の休業加療を必要とするとの診断書を出し、九州場所は全休。(→休場を伝えるNHKニュース)(日刊スポーツ記事 →①診断 ①が表示されない場合は→こちら→②足の状態 ②が表示されない場合は→こちら
二場所連続の休場。負け越しは3場所連続。

千秋楽のNHKラジオ放送で、木瀬部屋付きの親方・稲川親方(普天王)が、場所後の11月30日に手術をすること、復帰まで7か月かかり、三段目ぐらいからの再起となるであろうことを発言。(→ooooさんのツイートより ツイートが表示されない場合は→こちら
12月14日、稲川親方が手術後と思われる 宇良の様子をツイート。(→稲川親方のツイートより ツイートが表示されない場合は→こちら



(初) ~(楽) 休場。 
20170912 03 312 逸ノ城 不戦勝 宇良 休場

《2017年九州場所取組内容・目次へ》

妙義龍 2017年九州(十一月)場所取組内容

201711-みょうぎりゅう

前頭15枚目だった5月場所は、4勝11敗の成績だった。→5月場所の取組内容
翌7月場所は十両4枚目で10勝5敗、次場所で先場所の9月場所は、十両筆頭で8勝7敗の成績を上げた。
9月場所後の9月29日、6月1日に結婚、6月17日に長男も誕生していたことを発表した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら

再入幕を果たし、前頭15枚目で迎えた今場所、初日は十両の誉富士を寄り切って白星発進。
二日目、新入幕の大奄美を40秒を超える相撲の末、寄り切って連勝。
三日目 琴勇輝、四日目 史上最年長の39歳で再入幕を果たした安美錦に敗れて連敗。2勝2敗と星が五分に。
五日目、徳勝龍を寄り切って3勝目。
六日目、錦木に寄り切られ、3勝3敗に。
七日目、幕内2場所目の朝乃山を寄り切ってから白星が続き、魁聖、勢と3連勝。6勝3敗と白星先行に。
十日目、輝に押し出されてから黒星が続き、豪風、遠藤、大栄翔と4連敗。十三日目、大栄翔に敗れた際、右膝を痛める
十四日目から休場。6勝8敗1休で今場所を終える。

負け越しは5月場所以来、3場所ぶり。



(初) 誉富士戦 ○寄り切り 3.7秒
 誉富士、先に右手をつく。妙義龍、手をサッとつき、右腕を前に出して頭から踏み込む。誉富士、やや左へ踏み出し、右で相手の肩を押さえる。妙義龍、右差しで前に出る。誉富士、土俵際、左から突こうとする。妙義龍、左上手を取り、そのまま寄り切る。
20171112 301 妙義龍 寄り切り 誉富士 42

(2) 大奄美戦 ○寄り切り 41.6秒
 妙義龍、先に手をつく。大奄美、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。妙義龍、右手で相手の肩を押さえ、右を差す。大奄美、右喉輪で押し上げ、左上手に手を伸ばす。妙義龍、腰を引いて上手を与えず。大奄美、右を差そうとする。妙義龍、左で押っ付け、右差しで前に出る。大奄美、俵に詰まるが堪え、右をねじ込みながら前に出る。妙義龍、右差し手を返しながら左上手を取る。大奄美、右下手を取る。両者、土俵中央で右四つ、妙義龍が左上手を持ち、大奄美が右下手を持ってやや右半身の体勢で止まる(約9秒間)。妙義龍、左上手を引きつけて前に出る。大奄美、右下手を持って堪え、中に戻る。両者、土俵中央、大奄美がやや右半身で右下手を持ち、妙義龍は相手の右肩に顎をつけて左上手を浅く持ち替え、両者、止まる(約15秒間)。妙義龍、左上手を持って前に出ようとする。大奄美、左上手を探る。妙義龍、腰をひねって上手を与えず。大奄美、左から押っ付け、左を巻き替えて差す。妙義龍、左上手を持ち、右で押っ付けながら一気に前に出、土俵際の相手を右筈で押す。大奄美、俵を割る。
20171113 02 302 妙義龍 寄り切り 大奄美 40

(3) 琴勇輝戦 ●突き倒し 7.7秒
 琴勇輝、仕切り線後方で先に両手をつく。妙義龍、右手をつき、左手をサッとついて立ち、右で顔を押し上げる。琴勇輝、右喉輪で押し上げる。妙義龍、左であてがいながら前に出る。琴勇輝、土俵際。妙義龍、少し引く。琴勇輝、顎を押しながら一気に前に出る。妙義龍、土俵際、右から突いて右に回る。琴勇輝、向き直って突き放す。妙義龍、俵の上で今度は左から突く。両者、俵の外に倒れるが、妙義龍が一瞬早く落ちる。
20171114 03 302 琴勇輝 突き倒し 妙義龍 35-2
20171114 03 302 琴勇輝 突き倒し 妙義龍 40-2

(4) 安美錦戦 ●叩き込み 1.9秒
 妙義龍、先に右手をつく。安美錦、手をつこうとする。妙義龍、ふわっと立つ。2度目、安美錦、右手をつくが、相手が手をつこうとすると戻す。妙義龍、先に右手をつく。安美錦、サッと右手をついて素早く立ち、右から張る。妙義龍、右手を出してその場で立つ。安美錦、叩きながら引く。妙義龍、前に飛んで土俵に落ち、安美錦、俵の上右足一本で残す。
20171115 04 303 安美錦 叩き込み 妙義龍 40

(5) 徳勝龍戦 ○寄り切り 2.8秒
 妙義龍、先に右手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、両手を出す。妙義龍、右手で相手の腕を張り、左を差し、前に出ながら右も差す。徳勝龍、土俵際、左で小手に巻いて振ろうとする。妙義龍、右差し手を突きつけ、腰を下ろして寄り切る。
20171116 05 301 妙義龍 寄り切り 徳勝龍 40

(6) 錦木戦 ●寄り切り 36.9秒
 妙義龍、右手をつく。錦木、すぐに左手をつく。妙義龍、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。錦木、右手をサッとついてその場で立ち、右を差そうとする。妙義龍、突き放す。錦木、右を差そうとする。妙義龍、左押っ付けで前に出、左を差して差し手を返す。錦木、右で差し手を抱える。妙義龍、右も差そうとしながら前に出る。錦木、左で押っ付けながら左へ回り、右を巻き替えて差そうとする。妙義龍、右差し手を返し、左から絞る。錦木、右をねじ込み、右下手を探る。妙義龍、左から押っ付ける。錦木、左上手に手を伸ばす。妙義龍、腰を引いて上手を与えず。両者、止まる(約9秒間)。妙義龍、肩透かしを引きながら右に回り、左上手前廻しを探るが取れず。錦木、乗じて前に出、右下手を取る。妙義龍、右下手を取り、左を巻き替えて差す。錦木、すぐに左を巻き替えて差し、右上手を持って前に出る。妙義龍、深い右上手を持ち、土俵際、左から掬おうとするが、俵を割る。
20171117 06 301 錦木 寄り切り 妙義龍 40

(7) 朝乃山戦 ○寄り切り 3.8秒
 朝乃山、先に両手をつく。妙義龍、右手をついて時をおき、左手をサッとついて立つ。朝乃山、右肘を固めて当たる。妙義龍、右筈で脇を押し上げ、深い左上手を取り、右を差して前に出る。朝乃山、肩越しの左上手を取るが土俵際。妙義龍、そのまま寄る。朝乃山、土俵下に飛び落ちる。
20171118 07 304 妙義龍 押し出し 朝乃山 40

(中) 魁聖戦 ○押し出し 10.5秒
 魁聖、先に両手をつく。妙義龍、両手をサッとつき、右手を出して頭から当たる。魁聖、右を差す。妙義龍、左から絞る。魁聖、左で相手の右腕を引っ張り込み、深い左上手に手を掛ける。妙義龍、素早く左に回って上手を切る。魁聖、乗じて押しながら前に出る。妙義龍、土俵際素早く左に回り込む。両者、体が離れて見合う。両者、中に戻り、魁聖、前に出る。妙義龍、右喉輪で押し上げ、右を差し、左筈で押し上げながら前に出る。魁聖、上体が起きて俵を割る。
20171119 08 304 魁聖 押し出し 妙義龍 35

(9) 勢戦 ○寄り切り 25.2秒
 妙義龍、先に両手をつく。勢、右手をつこうとして止め、立合いを嫌う。2度目、勢、先に右手をつく。妙義龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。勢、右肘を固めて踏み込もうとする。妙義龍、右で相手の肩を押さえ、左に動いて左から突く。勢、向き直って押す。妙義龍、右を差そうとする。勢、左で押っ付け、右を差す。妙義龍、左で押っ付けながら前に出る。勢、右差し手を抜いて頭をつけ、右押っ付けで突きながら右に回り、土俵際、左上手前廻しを探る。妙義龍、乗じて前に出、両差しになる。勢、土俵際、右で首を巻き、首投げ、首捻りに行く。妙義龍、深い左下手を取る。勢、左上手に手を伸ばすが取れず。妙義龍、左下手で後ろ廻しを持ち、頭をつける。両者、止まる(約12秒間)。妙義龍、右差し手を抜いて右前廻しを取り、両廻しを引きつけて前に出る。勢、腰が伸びて俵を割る。
20171120 09 305 妙義龍 寄り切り 勢 40

(10) 輝戦 ●押し出し 4.2秒
 妙義龍、右、左とサッと手をついて立つ。輝、すぐに両手をサッとついて立つ。妙義龍、右肘を前に出してあたり、右を差す。輝、左で極め気味に抱える。妙義龍、右差し手を抜き、押し上げ、叩きながら引く。輝、乗じて前に出、押す。妙義龍、土俵際を右に回ろうとするが、俵の外に出る。
20171121 10 302 輝 押し出し 妙義龍 40

(11) 豪風戦 ●押し倒し 3.9秒
 妙義龍、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。妙義龍、右から張って両差しになろうとする。豪風、左押っ付けで突き、押しながら前に出る。妙義龍、俵に詰まる。豪風、両手で胸を押す。妙義龍、左から突こうとするが、俵の外に倒れる。
20171122 11 301 豪風 押し倒し 妙義龍 35

(12) 遠藤戦 ●押し出し 11.0秒
 両者、ほぼ同時に右手をつき、左手をサッと動かして立ち、互いに右で張る。遠藤、低く当たり、右廻しに手を伸ばす。妙義龍、突き放す。遠藤、突き返し、右廻しを探る。妙義龍、腰を引いて廻しを与えず、右喉輪で突き放す。遠藤、両差しになる。妙義龍、右で押っ付けながら右に回り、頭を叩く。遠藤、落ちずに堪え、突き放しながら前に出る。妙義龍、上体が起きて俵に詰まる。遠藤、そこを更に押す。妙義龍、土俵下に飛び落ちる。
20171123 12 304 遠藤 押し出し 妙義龍 40

(13) 大栄翔戦 ●突き倒し 13.1秒
 大栄翔、先に両手をつく。妙義龍、右手をつき、左手をサッとついて素早く立つ。大栄翔、頭から当たる。妙義龍、右を差す。大栄翔、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。妙義龍、押し上げる。大栄翔、頭をつける。妙義龍、突き放す。大栄翔、突き返して前に出る。妙義龍、右からいなし、押しながら前に出る。大栄翔、右足が俵に掛かる。妙義龍、右から突く。大栄翔、乗じて中に戻り、突き放しながら前に出る。妙義龍、俵に詰まり、右足が滑ったように前になり、土俵に尻餅をつく。勝負後、妙義龍、右膝を気にする。
20171124 13 304 大栄翔 突き倒し 妙義龍 40

(14) 正代戦 ■ 不戦勝 
 妙義龍、「左膝半月板損傷」のため、休場。
20171125 14 307 正代 不戦勝 妙義龍

《2017年九州場所取組内容・目次へ》

錦木 2017年九州(十一月)場所取組内容

201711-にしきぎ

前頭13枚目だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容

前頭15枚目で迎えた今場所、初日は新入幕の大奄美を押し出し、白星発進。
二日目、十両の石浦を押し出して連勝。
三日目、史上最年長の39歳で再入幕を果たした安美錦に肩透かしで倒され、初黒星。
四日目、ベテラン豪風に突き落とされて連敗。
五日目琴勇輝、六日目妙義龍と連勝し、4勝2敗と白星先行。
七日目から黒星が続き、輝、十両・豊山、朝乃山と3連敗。4勝5敗と黒星先行に。
十日目、魁聖を押し出して星を五分に。
十一日目から黒星が続き、遠藤、千代翔馬、千代丸と2度目の3連敗。十三日目に負け越しが決まる。その夜から応援に来ていた母親に「残り二日勝たないと、幕内に残れないよ!」と発破をかけられる。(→千秋楽大相撲中継情報(三瓶アナ)
その効果あってか、十四日目碧山、千秋楽大翔丸と連勝し、7勝8敗と1点の負け越しに留める。
負け越しは2場所連続。



(初) 大奄美戦 ○押し出し 17.7秒
 錦木、先に左手をつく。大奄美、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。錦木、頭から低く当たる。大奄美、左上手に手を掛けるが取れず。錦木、右で相手の差し手を抱え、左筈で相手の脇を押し上げる。両者、止まる(約4秒間)。大奄美、前に出る。錦木、右で小手に振って堪え、頭をつけて右上手を探る。大奄美、左差し手を返して上手を与えず。錦木、左に回って体を離し、突き放しながら前に出る。大奄美、上体が起きて俵を割る。
20171112 302 錦木 押し出し 大奄美 35

(2) 石浦戦 ○押し出し 4.7秒
 石浦、両手をつく。錦木、左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。石浦、頭から当たり、左押っ付けで押し上げ、相手の右腕を手繰りながら左へ回る。錦木、構わず前に出る。石浦、土俵際を左へ回るが、俵の外に出る。
20171113 02 301 錦木 押し出し 石浦 40

(3) 安美錦戦 ●肩透かし 2.8秒
 錦木、先に手をつく。安美錦、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込み、押し上げ、右を差す。錦木、左押っ付けで前に出る。安美錦、下がりながら叩き、俵伝いに右へ回る。錦木、土俵に落ち、安美錦、俵で残る。
20171114 03 303 安美錦 肩透かし 錦木 40

(4) 豪風戦 ●突き落し 9.3秒
 錦木、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、頭から踏み込む。錦木、遅れてその場で立ち、当たりを胸で受ける。豪風、押し上げ、少し引く。錦木、乗じて押しながら前に出る。豪風、両差しになり、土俵際を左へ回る。錦木、外から抱えて前に出、右小手で振る。豪風、左差し手を突きつけて堪え、押し上げて体を離し、右から突く。錦木、土俵に転がる。
20171115 04 302 豪風 突き落とし 錦木 40

(5) 琴勇輝戦 ○押し出し 8.6秒
 錦木、先に左手をつく。琴勇輝、両手をサッとつき、突っ掛ける。2度目、錦木、左手をつく。琴勇輝、すぐに両手をサッとつき、素早く立って両手突きに行く。錦木、その場で当たりを受ける。琴勇輝、右喉輪で相手を起こし、突き放す。錦木、突き返して前に出る。両者、押し合うが、錦木、押し勝つ。琴勇輝、俵の外に出る。
20171116 05 302 錦木 押し出し 琴勇輝 40

(6) 妙義龍戦 ○寄り切り 36.9秒
 妙義龍、右手をつく。錦木、すぐに左手をつく。妙義龍、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。錦木、右手をサッとついてその場で立ち、右を差そうとする。妙義龍、突き放す。錦木、右を差そうとする。妙義龍、左押っ付けで前に出、左を差して差し手を返す。錦木、右で差し手を抱える。妙義龍、右も差そうとしながら前に出る。錦木、左で押っ付けながら左へ回り、右を巻き替えて差そうとする。妙義龍、右差し手を返し、左から絞る。錦木、右をねじ込み、右下手を探る。妙義龍、左から押っ付ける。錦木、左上手に手を伸ばす。妙義龍、腰を引いて上手を与えず。両者、止まる(約9秒間)。妙義龍、肩透かしを引きながら右に回り、左上手前廻しを探るが取れず。錦木、乗じて前に出、右下手を取る。妙義龍、右下手を取り、左を巻き替えて差す。錦木、すぐに左を巻き替えて差し、右上手を持って前に出る。妙義龍、深い右上手を持ち、土俵際、左から掬おうとするが、俵を割る。
20171117 06 301 錦木 寄り切り 妙義龍 40

(7) 輝戦 ●押し出し 16.5秒
 錦木、先に両手をつく。輝、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。輝、右手を出して頭から踏み込む。錦木、右肘を固めて当たる。輝、顎に向かって突き放す。錦木、下からあてがい、突き放して前に出、左を差す。輝、左筈で相手の脇を押し上げ、深い右上手を取り、左を差して前に出る。錦木、土俵際、左から掬って相手の上手を切り、左に回って右も差そうとする。輝、左で押っ付けて差させず、頭をつけ、右上手に手を伸ばす。錦木、前に出る。輝、土俵際、左を差す形になるがそれを抜き、左で相手の右腕を抱え、小手に振りながら体を開く。錦木、俵に詰まり、相手に背中を向けた形で相手の左腕を抱え、俵伝いに左へ回り、逆とったりに行く。輝、腰をぶつける。錦木、先に俵の外に出、両者、土俵下に落ちる。
〔逆とったりに行く錦木〕
20171118 07 303 輝 押し出し 錦木 35 逆とったりに行く錦木
〔輝の押し出し〕
20171118 07 303 輝 押し出し 錦木 40

(中) 豊山戦 ●寄り切り 9.6秒
 錦木、先に両手をつく。豊山、サッと両手をつく。錦木、右肘を固める。豊山、低く踏み込む。錦木、右を差す。豊山、左で押っ付け、右、左と顎を押し上げる。錦木、上体が起きるが堪える。豊山、突き放しながら前に出る。錦木、右足を俵に掛け、押し返す。豊山、左で相手の右上腕を押し上げ、右を差して一気に前に出る。錦木、上体が起きて俵を割る。
20171119 08 301 豊山 上手投げ 錦木 40

(9) 朝乃山戦 ●上手投げ 7.2秒
 錦木、先に両手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつく。錦木、素早く立ち、右を差そうとする。朝乃山、すぐに左上手を取る。錦木、左で差し手を抱え、右下手を取る。朝乃山、左上手で振り、上手を引きつけて前に出る。錦木、土俵際、右下手投げに行く。朝乃山、左上手投げを返す。錦木、先に左肘から土俵に落ちる。その後、朝乃山、土俵に落ち、錦木、土俵下に転がり落ちる。
20171120 09 303 朝乃山 上手投げ 錦木 40

(10) 魁聖戦 ○押し出し 5.8秒
 魁聖、先に両手をつく。錦木、両手をサッとつく。魁聖、素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込む。錦木、右手を出して頭から当たり、左を差す。魁聖、右上手に手を伸ばすが取れず、引いて右を巻き替える。錦木、乗じて前に出、左を押っ付けに変えてそのまま前に出る。魁聖、上体が起きて俵を割る。
20171121 10 305 錦木 押し出し 魁聖 40

(11) 遠藤戦 ●寄り切り 21.3秒
 錦木、先に両手をつく。遠藤、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込む。錦木、左を差す。遠藤、低く当たり、少し下がって体を離し、土俵際、右、左と顎を押し上げる。錦木、右で差し手を抱え、左筈で押す。遠藤、俵に足を掛け、右で押っ付けながら右上手を取り、頭をつけて右に回って中に戻り、左前廻しも取り、右上手で捻りながら左へ回る。錦木、右で差し手を抱える。遠藤、左下手を深くし、相手の左肩に顎を乗せる。錦木、左下手を取る。一呼吸後、遠藤、両廻しを引きつけて前に出る。錦木、土俵際、右で小手に振る。遠藤、前に出続ける。錦木、土俵際を右へ回り、左下手で振ろうとする。遠藤、両廻しを引きつけ、腰を下ろして寄る。錦木、腰が伸びて俵を割る。
20171122 11 305 遠藤 寄り切り 錦木 35

(12) 千代翔馬戦 ●寄り切り 5.6秒
 錦木、先に左手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、左手を出しながら突っ掛ける。2度目、錦木、左手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、立合い、飛び上がって右に変わり、右で後ろ廻しを取る。錦木、土俵際。千代翔馬、左喉輪で押し上げ、左を差して下手も取る。錦木、右で差し手を抱える。千代翔馬、両廻しを引きつけて寄る。錦木、俵に足を掛けて堪えようとするが、仰け反って俵の外に出る。
〔立合い変わる千代翔馬〕
20171123 12 307 千代翔馬 寄り切り 錦木 10 立合いの変化
〔千代翔馬の寄り切り〕
20171123 12 307 千代翔馬 寄り切り 錦木 40

(13) 千代丸戦 ●送り出し 7.5秒
 錦木、先に左手をつく。千代丸、右、左とサッと手をついて立つが、錦木、立てず。2度目、錦木、先に左手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。錦木、頭から踏み込む。千代丸、顎に向かって突っ張る。錦木、あてがって下がらず。千代丸、右に回り、土俵際、左から突く。錦木、俵の上、右足爪先が出たと思ったか、やや力を抜く。千代丸、そこを後ろから押す。錦木、土俵下に飛び落ちる。
〔足が出たと力を抜く錦木〕
20171124 13 305 千代丸 送り出し 錦木 30 錦木出ちゃった?
〔千代丸の送り出し〕
20171124 13 305 千代丸 送り出し 錦木 40

(14) 碧山戦 ○押し出し 2.7秒
 錦木、先に左手をつく。碧山、両手をサッとついて素早く立ち、両手で相手の肩を押さえる。錦木、押しながら一気に前に出る。碧山、右に回り、土俵際で右を差す。錦木、そのまま押し出す。
20171125 14 302 錦木 押し出し 碧山 40

(楽) 大翔丸戦 ○押し出し 3.0秒
 錦木、先に両手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。錦木、素早く立つ。大翔丸、頭から当たる。錦木、左を差す。大翔丸、右で肩を押し上げるが、相手の圧力に引き、土俵際を左へ回ろうとする。錦木、逃さず押す。大翔丸、土俵下に落ちる。
20171126 15 304 錦木 押し出し 大翔丸 35

《2017年九州場所取組内容・目次へ》

大奄美 2017年九州(十一月)場所取組内容

201711-だいあまみ

十両3枚目だった先場所、9勝6敗の成績を上げた。

今場所、新入幕を果たす。2016年1月場所幕下15枚目格付出しデビュー以来、11場所での入幕。御嶽海と北勝富士が同い年。鹿児島県の奄美大島出身で、ご当所場所を幕内で迎えた。(→番付発表時ニュース画像 →大相撲中継での新入幕挨拶

新入幕で前頭14枚目の今場所、初日は錦木に、二日目は妙義龍に敗れ、連敗スタート。
三日目、十両の旭秀鵬を寄り切って初日を出す。(→新入幕初白星インタビューでの表情
四日目は輝、五日目は史上最年長の39歳で再入幕を果たした安美錦に敗れ、連敗。1勝4敗と黒星先行。
六日目、ベテラン豪風を叩き込んで2勝目。
七日目から黒星が続き、琴勇輝、隠岐の海、十両の誉富士と3連敗。7敗目と後がなくなる。
十日目朝乃山、十一日目千代丸を寄り切って4勝目。踏みとどまる。
十二日目、勢に上手投げで倒され、負け越しが決まる。
十三日目途中休場から復帰した碧山、十四日目十両の竜電を寄り切り、6勝目。
千秋楽、正代に上手投げで敗れ、6勝9敗で今場所を終える。
負け越しは、十両7枚目だった5月場所以来、3場所ぶり。



(初) 錦木戦 ●押し出し 17.7秒
 錦木、先に左手をつく。大奄美、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。錦木、頭から低く当たる。大奄美、左上手に手を掛けるが取れず。錦木、右で相手の差し手を抱え、左筈で相手の脇を押し上げる。両者、止まる(約4秒間)。大奄美、前に出る。錦木、右で小手に振って堪え、頭をつけて右上手を探る。大奄美、左差し手を返して上手を与えず。錦木、左に回って体を離し、突き放しながら前に出る。大奄美、上体が起きて俵を割る。
20171112 302 錦木 押し出し 大奄美 35

(2) 妙義龍戦 ●寄り切り 41.6秒
 妙義龍、先に手をつく。大奄美、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。妙義龍、右手で相手の肩を押さえ、右を差す。大奄美、右喉輪で押し上げ、左上手に手を伸ばす。妙義龍、腰を引いて上手を与えず。大奄美、右を差そうとする。妙義龍、左で押っ付け、右差しで前に出る。大奄美、俵に詰まるが堪え、右をねじ込みながら前に出る。妙義龍、右差し手を返しながら左上手を取る。大奄美、右下手を取る。両者、土俵中央で右四つ、妙義龍が左上手を持ち、大奄美が右下手を持ってやや右半身の体勢で止まる(約9秒間)。妙義龍、左上手を引きつけて前に出る。大奄美、右下手を持って堪え、中に戻る。両者、土俵中央、大奄美がやや右半身で右下手を持ち、妙義龍は相手の右肩に顎をつけて左上手を浅く持ち替え、両者、止まる(約15秒間)。妙義龍、左上手を持って前に出ようとする。大奄美、左上手を探る。妙義龍、腰をひねって上手を与えず。大奄美、左から押っ付け、左を巻き替えて差す。妙義龍、左上手を持ち、右で押っ付けながら一気に前に出、土俵際の相手を右筈で押す。大奄美、俵を割る。
20171113 02 302 妙義龍 寄り切り 大奄美 40

(3) 旭秀鵬戦 ○寄り切り 4.3秒
 大奄美、先に手をつく。旭秀鵬、仕切り線後方でサッと手をつき、突っ掛ける。2度目、大奄美、先に両手をつく。旭秀鵬、仕切り線後方で両手をサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。旭秀鵬、左から張り、右肘を固めて当たる。大奄美、左上手前廻しを取って前に出る。旭秀鵬、俵に詰まる。大奄美、右下手も取り、腰を下ろして寄り切る。
20171114 03 301 大奄美 寄り切り 旭秀鵬 40
〔新入幕初白星インタビューを受ける〕
20171114 03 301 大奄美 寄り切り 旭秀鵬 75 初白星 01

(4) 輝戦 ●送り出し 8.9秒
 輝、先に左手をつく。大奄美、両手をサッとつく。輝、右手を出して頭から踏み込む。大奄美、右を差して前に出る。輝、左で小手に振り、土俵際から突き放して中に戻る。大奄美、左上手に手を伸ばすが取れず。輝、浅い両差しになり、筈で脇を押しながら前に出る。大奄美、左足が俵に詰まる。輝、左押っ付けから中に入って後ろから押す。大奄美、土俵下に落ちて花道まで走る。
20171115 04 304 輝 送り出し 大奄美 40

(5) 安美錦戦 ●掬い投げ 18.0秒
 安美錦、先に右手をつく。大奄美、手をつこうと動かす。安美錦、素早く立って頭から踏み込む。大奄美、遅れてサッと手をつき、右肘を固めて当たる。安美錦、左に回って左上手を取って出し投げで振る。大奄美、向き直る。安美錦、左上手を持ち、右筈で押し上げる。大奄美、右差しで前に出る。安美錦、土俵際、深い右下手を取って左に回る。大奄美、右を差し、左で押っ付けて相手の下手を切る。安美錦、左上手を持って土俵際。大奄美、右差しで寄る。安美錦、俵に両足を掛けて堪え、左上手を持って俵伝いに左へ回る。大奄美、休まず寄る。安美錦、右差し手を大きく返してながら必死に堪え、俵伝いに右へ回り、右から掬い投げ。大奄美、俵の外に落ち、土俵下に転がり落ちる。
20171116 05 303 安美錦 掬い投げ 大奄美 40

(6) 豪風戦 ○叩き込み 1.8秒
 大奄美、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、右手を出して頭から踏み込む。大奄美、右肘を固めて胸で当たる。豪風、押し上げる。大奄美、叩きながら引く。豪風、前にバッタリ落ちる。
20171117 06 302 大奄美 叩き込み 豪風 40

(7) 琴勇輝戦 ●突き出し 5.5秒
 大奄美、先に両手をつく。琴勇輝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大奄美、右から張る。琴勇輝、両手突きから突っ張る。大奄美、下からあてがう。琴勇輝、突き上げながら前に出る。大奄美、上体が起きて俵を割る。
20171118 07 301 琴勇輝 突き出し 大奄美 40

(中) 隠岐の海戦 ●寄り切り 11.9秒
 隠岐の海、先に右手をつく。大奄美、時間をおき、両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて当たる。大奄美、頭をつけ、すぐに左前廻しを取る。隠岐の海、腰を引くが廻しを切れず、左差し手を返し、深い右上手を取り、上手を引きつけて前に出る。大奄美、左下手を持って左半身の体勢。隠岐の海、一枚廻しだった右上手を取り直し、上手を引きつけて右腰をぶつけるようにして前に出る。大奄美、左腕を殺されて俵の外に出、土俵下に落ちる。
20171119 08 302 隠岐の海 寄り切り 大奄美 40

(9) 誉富士戦 ●引っ掛け 14.9秒
 誉富士、先に右手をつく。大奄美、両手をサッとついて素早く立ち、右から張る。誉富士、頭から踏み込んで当たり、右筈で肩を押す。大奄美、あてがって前に出る。誉富士、左に回る。大奄美、押しながら前に出る。誉富士、土俵際堪え、押し返して中に戻る。両者、押し合う。大奄美、突き放しながら前に出る。誉富士、俵に足を掛けながら押し上げ、俵伝いに左へ回る。大奄美、休まず押しながら前に出る。誉富士、土俵を半周する。両者、互いに右喉輪で押し上げる。誉富士、相手の右腕を両手で取り、左へ回って体を離す。大奄美、俵の外に両手をつく。
20171120 09 301 誉富士 引っ掛け 大奄美 35

(10) 朝乃山戦 ○寄り切り 5.2秒
 朝乃山、先に右手をつく。大奄美、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。大奄美、右肘を固めて頭から当たり、すぐに左上手前廻しを取り、右を差して差し手を返す。朝乃山、右をねじ込み、左上手に手を伸ばして取る。大奄美、左上手を引きつけて前に出る。朝乃山、深い左上手を持って俵に両足を掛ける。大奄美、腰を下ろして寄り切る。
20171121 10 304 大奄美 寄り切り 朝乃山 40

(11) 千代丸戦 ○寄り切り 34.2秒
 大奄美、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。大奄美、その直前、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。千代丸、左肘を固めて当たり、突き放しながら前に出る。大奄美、土俵際を左へ回り、右から突いていなす。千代丸、向き直る。大奄美、突き放しながら前に出、左で廻しを探る。千代丸、土俵際、突き返して廻しを与えず、少し引く。大奄美、乗じて左を差し、前に出る。千代丸、左差しで土俵際を左へ回り、中に戻る。大奄美、左下手を取る。千代丸、深い右上手を取る。両者、左四つで止まる(約9秒間)。千代丸、右上手を持って前に出、右足で外掛けに行く。大奄美、土俵際、左下手投げを打つ。千代丸、堪えて右足を飛ばすが届かず。大奄美、相手の上手を切って寄る。千代丸、力なく俵を割る。
20171122 11 306 大奄美 寄り切り 千代丸 40

(12) 勢戦 ●上手投げ 8.4秒
 勢、先に右手をつく。大奄美、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。勢、右肘を固める。大奄美、右手を出して頭から当たり、左前廻しを取る。勢、左で相手の脇を押し上げ、左を差し、前に出ながら右で相手の腕を引っ張り込む。大奄美、上体が起き、左下手を取る。勢、左差し手を返しながら前に出、深い右上手を取り、やや強引に上手投げ。大奄美、土俵際堪えようとする。勢、そこを更に上手投げ。大奄美、土俵下に転がり落ちる。
20171123 12 303 勢 上手投げ 大奄美 40

(13) 碧山戦 ○寄り切り 9.5秒
 碧山、先に両手をつく。大奄美、仕切り線後方で両手をサッとつき、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。碧山、突き放し、少し下がりながら右を差す。大奄美、乗じて前に出、左上手を取る。碧山、右差しで前に出る。大奄美、左上手を持って左に回り、上手を引きつけて前に出る。碧山、上体が起きて俵を割る。
20171124 13 301 大奄美 寄り切り 碧山 40

(14) 竜電戦 ○寄り切り 18.3秒
 大奄美、仕切り線後方で右手をつく。竜電、すぐに左、右とサッと手をついて立つが、大奄美、立てず。2度目、大奄美、仕切り線後方で先に両手をつく。竜電、両手をサッとつく。大奄美、頭を下げる。竜電、右手を出して頭から踏み込み、右喉輪で相手を起こす。大奄美、左を差して前に出る。竜電、右上手に手を伸ばすが取れず。大奄美、左下手を取る。竜電、右に回り、右前廻しを探るが取れず、左下手を取り、右で押っ付けながら右上手を探る。大奄美、左肘を張って上手を与えず。竜電、何度も右上手を探り、ついに右上手を取る。大奄美、すぐに左下手を引きつけて前に出、右押っ付けで相手の下手を切る。竜電、俵に詰まる。大奄美、左下手を引きつけ、右に寄って俵の外に出す。
20171125 14 301 大奄美 寄り切り 竜電 40

(楽) 正代戦 ●上手投げ 26.0秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。大奄美、両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。正代、遅れてその場で立ち、両肘を固める。大奄美、右を差す。正代、左で押っ付けながら下がり、土俵際、機を見て左を巻き替えて差し、左前廻しを取って前に出る。大奄美、右で相手の左腕を抱えて前に出、左下手を取る。両者、土俵中央、左下手を持った体勢で止まる(約14秒間)。正代、右を巻き替えて両差しになる。大奄美、すぐに右を巻き替えて差し、左上手を持って前に出る。正代、土俵際、左に回りながら左上手投げ。大奄美、土俵に転がる。
20171126 15 303 正代 上手投げ 大奄美 40

《2017年九州場所取組内容・目次へ》

琴勇輝 2017年九州(十一月)場所取組内容

201711-ことゆうき

先々場所の名古屋(七月場所)では、前頭14枚目で4勝11敗の成績だった。→七月場所の取組内容
先場所は、十両3枚目。十四日目に単独トップに立つが、千秋楽に本割、優勝決定戦とも阿炎に敗れて優勝を逃す。成績は10勝5敗。(→九月場所十両各日まとめ →十両優勝戦に臨む4力士の表情

一場所で幕内に戻り、前頭14枚目で迎えた今場所、初日は、史上最年長の39歳で再入幕を果たした安美錦に上手投げで敗れ、黒星発進。
二日目、ベテラン豪風に押し倒されて連敗。
三日目、妙義龍を突き倒して初日。
四日目十両の竜電、五日目錦木と連敗し、1勝4敗と黒星先行。
六日目輝、七日目新入幕の大奄美と、今場所初めて連勝。
九日目、二日目から7連勝と好調の隠岐の海を引き落とし、4勝目。
ここから白星が連なり、十二日目まで4連勝。7勝5敗と白星先行、勝ち越しまであと一つとする。(→十二日目碧山戦際どい勝負
十四日目、幕内2場所目の朝乃山を押し倒し、勝ち越しを決める。
千秋楽は栃ノ心に寄り切られ、8勝7敗で今場所を終える。

幕内での勝ち越しは、昨年9月場所以来、7場所ぶり



(初) 安美錦戦 ●上手投げ 3.6秒
 安美錦、右手をつく。琴勇輝、すぐに仕切り線後方でサッと手をついて立つが、安美錦、立てず。2度目、安美錦、手をつこうとする。琴勇輝、サッと手をついて突っ掛ける。3度目、安美錦、右手をつき、すぐに左手をサッとついて立つ。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとついて立つ。安美錦、頭から踏み込む。琴勇輝、両手突き。安美錦、下がらず前に出、深い左上手を取り、左に回りながら上手投げ。琴勇輝、土俵に転がる。
20171112 303 安美錦 上手投げ 琴勇輝 43

(2) 豪風戦 ●押し倒し 2.1秒
 豪風、先に左手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。豪風、頭から踏み込もうとする。琴勇輝、両手突きで押し上げようとする。豪風、下から押し上げ、右押っ付けで前に出る。琴勇輝、左半身で俵に詰まり、後ろ向きで俵の外に倒れる。
20171113 02 303 豪風 押し倒し 琴勇輝 40

(3) 妙義龍戦 ○突き倒し 7.7秒
 琴勇輝、仕切り線後方で先に両手をつく。妙義龍、右手をつき、左手をサッとついて立ち、右で顔を押し上げる。琴勇輝、右喉輪で押し上げる。妙義龍、左であてがいながら前に出る。琴勇輝、土俵際。妙義龍、少し引く。琴勇輝、顎を押しながら一気に前に出る。妙義龍、土俵際、右から突いて右に回る。琴勇輝、向き直って突き放す。妙義龍、俵の上で今度は左から突く。両者、俵の外に倒れるが、妙義龍が一瞬早く落ちる。
20171114 03 302 琴勇輝 突き倒し 妙義龍 35-2
20171114 03 302 琴勇輝 突き倒し 妙義龍 40-2

(4) 竜電戦 ●寄り切り 15.0秒
 竜電、左手をつく。琴勇輝、すぐに仕切り線後方でサッと両手をつき、両手突きで相手を起こし、顎に向かって突き放す。竜電、下からあてがって堪え、左押っ付けで前に出る。琴勇輝、左喉輪で押し上げ、顔に向かって突き上げる。竜電、右から突く。琴勇輝、一瞬後ろ向きになり、くるっと向き直る。両者、体が離れて土俵際。琴勇輝、中に戻って押し上げる。竜電、中に入る。琴勇輝、左首投げに行く。竜電、堪えて両下手を取って前に出る。琴勇輝、俵を割る。
20171115 04 301 竜電 寄り切り 琴勇輝 35

(5) 錦木戦 ●押し出し 8.6秒
 錦木、先に左手をつく。琴勇輝、両手をサッとつき、突っ掛ける。2度目、錦木、左手をつく。琴勇輝、すぐに両手をサッとつき、素早く立って両手突きに行く。錦木、その場で当たりを受ける。琴勇輝、右喉輪で相手を起こし、突き放す。錦木、突き返して前に出る。両者、押し合うが、錦木、押し勝つ。琴勇輝、俵の外に出る。
20171116 05 302 錦木 押し出し 琴勇輝 40

(6) 輝戦 ○押し出し 4.8秒
 輝、先に左手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつき、両手突きから押し上げ、右に回る。輝、突き放す。琴勇輝、押し上げる。輝、叩きながら引く。琴勇輝、乗じて押しながら一気に前に出る。輝、土俵下に飛び落ちる。
20171117 06 303 琴勇輝 押し出し 輝 42

(7) 大奄美戦 ○突き出し 5.5秒
 大奄美、先に両手をつく。琴勇輝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大奄美、右から張る。琴勇輝、両手突きから突っ張る。大奄美、下からあてがう。琴勇輝、突き上げながら前に出る。大奄美、上体が起きて俵を割る。
20171118 07 301 琴勇輝 突き出し 大奄美 40

(中) 勢戦 ●突き落し 5.4秒
 勢、右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手突き。勢、下から撥ね上げる。琴勇輝、右に回り、突っ張りながら前に出る。勢、下から撥ね上げるが俵に詰まり、右から突いて体を開く。琴勇輝、土俵下に転がり落ちる。
20171119 08 305 勢 突き落とし 琴勇輝 40

(9) 隠岐の海戦 ○引き落し 7.2秒
 隠岐の海、右手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、左手をサッとついて素早く立ち、右肘を固める。琴勇輝、両手突きから突っ張る。隠岐の海、下からあてがって下がらず。琴勇輝、引いて体を離す。隠岐の海、前に落ちる。
20171120 09 302 琴勇輝 引き落とし 隠岐の海 40

(10) 石浦戦 ○押し出し 3.2秒
 石浦、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。石浦、右手を出し、頭から低く踏み込む。琴勇輝、右かち上げで相手を起こし、突き放しながら前に出る。石浦、土俵下に飛び落ちる。
20171121 10 301 琴勇輝 押し出し 石浦 40

(11) 大栄翔戦 ○押し倒し 5.5秒
 大栄翔、仕切り線後方で先に両手をつく。琴勇輝、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、頭から当たろうとする。琴勇輝、両手突きで相手を仰け反らせ、突き放しながら前に出る。大栄翔、俵に詰まり、突き返す。琴勇輝、押す。大栄翔、体勢を崩し、右膝から土俵に落ちる。
20171122 11 304 琴勇輝 押し倒し 大栄翔 35

(12) 碧山戦 ○押し出し 2.9秒
 碧山、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方でサッと手をつく。碧山、両腕を下げて立つ。琴勇輝、両手突きで相手を起こす。碧山、叩きながら引く。琴勇輝、乗じて前に出る。碧山、俵の上右足一本。琴勇輝、土俵に落ち、碧山、俵の外に出る。軍配、琴勇輝。両者のタイミングが微妙に見えたが、物言いはつかず。
20171123 12 302 琴勇輝 押し出し 碧山 40-1

(13) 正代戦 ●小手投げ 12.2秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立って両手突きに行く。正代、その場で立って左を差す。琴勇輝、突き放そうとする。正代、左から突き、左を差し、右上手を取る。琴勇輝、両手で相手の左でを抱えて前に出る。正代、土俵際、出し投げ気味に相手の後ろに回り込んで体を入れ替え、突き放す。琴勇輝、土俵際、右から突く。正代、向き直って左下手を取る。琴勇輝、左喉輪で押し上げ、右押っ付けで廻しを切る。正代、突っ張る。琴勇輝、突き返し、左へ回って中に戻り、両差しになって一気に前に出る。正代、体を開いて左小手投げ。琴勇輝、俵の外に倒れる。その後、正代、土俵下に落ちる。
20171124 13 306 正代 小手投げ 琴勇輝 35
20171124 13 306 正代 小手投げ 琴勇輝 40

(14) 朝乃山戦 ○押し倒し 4.2秒
 朝乃山、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、右肘を固める。琴勇輝、両手突きから右喉輪で押し上げながら前に出る。朝乃山、土俵際仰け反り、体勢を崩して俵の外に尻餅、土俵下に転がり落ちる。
20171125 14 303 琴勇輝 押し倒し 朝乃山 40

(楽) 栃ノ心戦 ●寄り切り 6.0秒
 栃ノ心、先に左手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、左肘を固める。琴勇輝、両手突きで相手を仰け反らせる。栃ノ心、突っ張り、深い左上手を取り、引きつけて前に出る。琴勇輝、俵に詰まって腰が伸びる。栃ノ心、そのまま寄り切る。
20171126 15 305 栃ノ心 寄り切り 琴勇輝 40

《2017年九州場所取組内容・目次へ》

安美錦 2017年九州(十一月)場所取組内容

201711-あみにしき

前頭3枚目だった2016年5月場所、二日目にアキレス腱を断裂し、途中休場。1勝2敗12休の成績だった。→2016年5月場所の取組内容
前頭13枚目となった翌7月場所は全休。9月場所、十両10枚目で復帰。そこから7場所十両を務め、4場所連続で勝ち越し、幕内復帰を決めた。
史上最年長の39歳で再入幕を果たし、番付発表日に会見。同部屋で先場所優勝の横綱日馬富士が、自身の会見後に呼び、並んで記念撮影を行った。(→日馬富士と並んで撮影
会見では「いい迷惑ですよ、こんな朝から」「こんな幕尻じゃ笑顔になれない」などと、安美錦らしいユーモア。また「会見と言えば、もう引退会見しかないと思っていたのでこういう会見が出来て嬉しい」「心が折れそうなとき家族が支えてくれた」とも話す。(再入幕会見 →①朝から迷惑 →②笑顔になれない →③会見嬉しい →④家族の支え
住吉神社奉納土俵入りでは、横綱日馬富士の露払いを久しぶりに務める。(→住吉神社奉納土俵入り →安美錦コメント

前頭13枚目で迎えた今場所、大相撲中継で、新入幕力士のように再入幕の挨拶が流れる。(→再入幕挨拶 →初日日馬富士土俵入り
初日は琴勇輝を上手投げで倒して白星発進。(→再入幕初白星インタビュー
三日目、弟弟子の横綱日馬富士が場所前 貴ノ岩に行った暴行が明らかになり、休場に追い込まれる。それについて安美錦は「本当にお騒がせして申し訳ない」と謝罪。(→スポニチ記事 記事が表示されない場合は→こちら
そんな中、五日目まで5連勝。勝ちっ放しは、横綱白鵬、大関豪栄道と並んで3人となる。
六日目、幕内2場所目の朝乃山の上手投げに倒れ、初黒星。
七日目、安美錦が十両に下がっている間 幕内最年長だった豪風と対戦。叩き込んで6勝目。豪風は、安美錦の再入幕を待っていたとのことで、対戦を喜ぶ。(→時事通信記事 記事が表示されない場合は→こちら
中日、九日目と連敗し、6勝3敗に。
十日目、途中休場から復帰した碧山を押し出し、7勝目。幕内残留を確実にするとともに、勝ち越しまであと一つとする。
しかしそこから黒星が続き、十四日目まで4連敗と足踏み。
千秋楽、勝てば勝ち越しと三賞受賞が懸かる千代翔馬戦。上手出し投げで勝ち、見事勝ち越しと敢闘賞受賞を決める。
三賞インタビューでは、涙を見せる。(→敢闘賞受賞インタビューでの表情 →インタビュー字幕付き
幕内での勝ち越しは、2015年11月場所以来、2年ぶり。



(初) 琴勇輝戦 ○上手投げ 3.6秒
 安美錦、右手をつく。琴勇輝、すぐに仕切り線後方でサッと手をついて立つが、安美錦、立てず。2度目、安美錦、手をつこうとする。琴勇輝、サッと手をついて突っ掛ける。3度目、安美錦、右手をつき、すぐに左手をサッとついて立つ。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとついて立つ。安美錦、頭から踏み込む。琴勇輝、両手突き。安美錦、下がらず前に出、深い左上手を取り、左に回りながら上手投げ。琴勇輝、土俵に転がる。
20171112 303 安美錦 上手投げ 琴勇輝 43
〔再入幕初白星インタビューを受ける〕
20171112 303 安美錦 上手投げ 琴勇輝 75 再入幕初白星インタビュー 01 藤井康生アナと微笑み合う

(2) 輝戦 ○叩き込み 1.5秒
 安美錦、右手をつく。輝、仕切り線後方で左手をサッとつく。安美錦、頭から当たり、叩きながら引く。輝、前に出るが足がついて行かず、土俵に転がる。
20171113 02 304 安美錦 叩き込み 輝 40

(3) 錦木戦 ○肩透かし 2.8秒
 錦木、先に手をつく。安美錦、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込み、押し上げ、右を差す。錦木、左押っ付けで前に出る。安美錦、下がりながら叩き、俵伝いに右へ回る。錦木、土俵に落ち、安美錦、俵で残る。
20171114 03 303 安美錦 肩透かし 錦木 40

(4) 妙義龍戦 ○叩き込み 1.9秒
 妙義龍、先に右手をつく。安美錦、手をつこうとする。妙義龍、ふわっと立つ。2度目、安美錦、右手をつくが、相手が手をつこうとすると戻す。妙義龍、先に右手をつく。安美錦、サッと右手をついて素早く立ち、右から張る。妙義龍、右手を出してその場で立つ。安美錦、叩きながら引く。妙義龍、前に飛んで土俵に落ち、安美錦、俵の上右足一本で残す。
20171115 04 303 安美錦 叩き込み 妙義龍 40

(5) 大奄美戦 ○掬い投げ 18.0秒
 安美錦、先に右手をつく。大奄美、手をつこうと動かす。安美錦、素早く立って頭から踏み込む。大奄美、遅れてサッと手をつき、右肘を固めて当たる。安美錦、左に回って左上手を取って出し投げで振る。大奄美、向き直る。安美錦、左上手を持ち、右筈で押し上げる。大奄美、右差しで前に出る。安美錦、土俵際、深い右下手を取って左に回る。大奄美、右を差し、左で押っ付けて相手の下手を切る。安美錦、左上手を持って土俵際。大奄美、右差しで寄る。安美錦、俵に両足を掛けて堪え、左上手を持って俵伝いに左へ回る。大奄美、休まず寄る。安美錦、右差し手を大きく返してながら必死に堪え、俵伝いに右へ回り、右から掬い投げ。大奄美、俵の外に落ち、土俵下に転がり落ちる。
20171116 05 303 安美錦 掬い投げ 大奄美 40

(6) 朝乃山戦 ●上手投げ 8.0秒
 朝乃山、先に両手をつく。安美錦、右、左とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固める。安美錦、やや左にずれて当たり、右喉輪で押し上げる。朝乃山、左で突いて喉輪を外し、突き放しながら前に出る。安美錦、俵に詰まるが、右下手を取って前に出る。朝乃山、左で差し手を抱え、右を差そうとしながら前に出、深い左上手を取って強引に上手投げで振り回す。安美錦、土俵下に転がり落ちる。
20171117 06 304 朝乃山 上手投げ 安美錦 35

(7) 豪風戦 ○叩き込み 1.5秒
 安美錦、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。安美錦、叩きながら大きく引く。豪風、前に落ちて土俵に転がり、安美錦、俵の中に残る。
20171118 07 302 安美錦 叩き込み 豪風 40

(中) 遠藤戦 ●押し出し 2.4秒
 安美錦、先に右手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。安美錦、素早く立ち、叩きながらまともに引く。遠藤、落ちず、乗じて一気に押し出す。
20171119 08 306 遠藤 押し出し 安美錦 40

(9) 大栄翔戦 ●押し出し 10.8秒
 大栄翔、先に両手をつく。安美錦、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、両手突きから突っ張る。安美錦、下からあてがって下がらず。大栄翔、喉輪で押し上げる。安美錦、右に回って体を離す。大栄翔、突っ張りながら前に出る。安美錦、下からあてがい、土俵際で右を差す。大栄翔、左で押っ付け、右喉輪で押し上げ、押しながら前に出る。安美錦、再び右を差そうとする。大栄翔、左押っ付けで突く。安美錦、素早く土俵際を左に回って向き直る。大栄翔、乗じて前に出、左喉輪で突き放す。安美錦、土俵際、右で突いて喉輪を外すが、土俵下に落ちる。
20171120 09 306 大栄翔 押し出し 安美錦 37

(10) 碧山戦 ○押し出し 2.2秒
 安美錦、先に右手をつく。碧山、右手をつこうとし、安美錦、同時に左手をつこうとするが、ともにつけずに手を戻す。碧山、立合いを嫌う。2度目、碧山、先に右手をつく。安美錦、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。安美錦、頭から当たろうとする。碧山、両手突きで相手を起こし、叩きながら引く。安美錦、乗じて前に出る。碧山、俵の外に出る。その後、安美錦、土俵に両手をつく。
20171121 10 303 安美錦 押し出し 碧山 43

(11) 正代戦 ●引き落し 8.6秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。安美錦、右手をサッとついて立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。正代、胸で当たりを受ける。安美錦、右を差す。正代、左で極めようとする。安美錦、すぐに右差し手を抜いて右上手を取り、土俵際を右に回る。正代、左差しで前に出る。安美錦、俵伝いに右へ回り続け、右上手投げも打ちながら半周し、頭をつけて中に戻ろうとする。正代、腰を引いて相手の上手を切り、体を離す。安美錦、土俵に落ちる。
20171122 11 307 正代 引き落とし 安美錦 37

(12) 隠岐の海戦 ●押し倒し 7.4秒
 隠岐の海、先に右手をつく。安美錦、右手をサッとつく。隠岐の海、左手をサッとついて立ち、両手で相手の肩を押さえる。安美錦、両差しになろうとする。隠岐の海、左を巻き替えて差し、右も巻き替えて両差しになろうとする。安美錦、叩きながら大きく引く。隠岐の海、乗じて前に出る。安美錦、俵の上で左を差す。隠岐の海、左下手を取る。安美錦、左へ回り、右で小手に巻く。隠岐の海、左から掬う。安美錦、右で首を巻き、左足一本で傾きながら堪える。隠岐の海、左差し手を突きつけながら前に出、右で相手の腹を押す。安美錦、俵の外に倒れる。
20171123 12 301 隠岐の海 押し倒し 安美錦 40

(13) 勢戦 ●押し出し 3.9秒
 勢、先に右手をつく。安美錦、両手をサッとつく。勢、素早く立つ。安美錦、右から張って右を差し、左上手を探る。勢、右を抜いて相手の左腕を引っ張り込み、左を巻き替えて差し、左差し手を返して前に出る。安美錦、左足一本で俵に詰まる。勢、押す。安美錦、土俵下に飛び落ちる。
20171124 13 302 勢 押し出し 安美錦 35

(14) 千代丸戦 ●突き出し 7.9秒
 安美錦、先に右手をつくが、その手を戻す。両者、腰を上げて仕切り直し。2度目、千代丸、右手をつく。安美錦、すぐに右手をつき、両者、左手をサッとついてほぼ同時に立つ。千代丸、両手突きに行く。安美錦、左へ動き、左上手を狙う。千代丸、向き直り、顎に向かって押し上げながら前に出る。安美錦、下からあてがうが上体が起き、俵伝いに右へ回る。千代丸、逃さず押す。安美錦、俵の外に出る。
20171125 14 306 千代丸 突き出し 安美錦 40

(楽) 千代翔馬戦 ○上手出投 4.4秒
 安美錦、先に右手をつく。千代翔馬、左、右とサッと手をつく。安美錦、見ながらその場で立ち、右で相手の顔に手をやる。千代翔馬、右肘でかち上げる。安美錦、左を差し、右上手に手を伸ばすが取れず。千代翔馬、左下手を取り、右上手に手を伸ばす。安美錦、右上手を取って右に回り、土俵際、体を開いて右上手出し投げ。千代翔馬、土俵に右手をつく。
20171126 15 306 安美錦 上手出し投げ 千代翔馬 40
〔勝ち越しを決めて気合いの表情〕
20171126 15 306 安美錦 上手出し投げ 千代翔馬 53 よっし!
〔勝ち名乗り〕
20171126 15 306 安美錦 上手出し投げ 千代翔馬 62
〔敢闘賞も受賞〕
20171126 15 306 安美錦 上手出し投げ 千代翔馬 70

《2017年九州場所取組内容・目次へ》

豪風 2017年九州(十一月)場所取組内容

201711-たけかぜ

前頭10枚目だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容
10月2日に行われた全日本力士選手権では、決勝で横綱稀勢の里に敗れ、準優勝した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら

前頭13枚目で迎えた今場所、初日は輝に押し倒されて黒星発進。
二日目、琴勇輝を押し倒して初日を出す。
黒星白星交互に続き、四日目を終えて2勝2敗。
五日目、勢に押し出されてから黒星がつらなり、中日まで4連敗。2勝6敗と黒星先行。(→五日目勢と手をつなぐ
九日目、途中休場から復帰した碧山を突き落として3勝目。
十日目、栃ノ心に寄り切られ、7敗目と後がなくなる。(→十日目豪風の顔
そこから踏み止まって4連勝。7勝7敗と星を五分に。
千秋楽、千代の国に突き出され、7勝8敗と惜しくも負け越す。
負け越しは2場所連続。



(初) 輝戦 ●押し倒し 6.0秒
 輝、先に手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って頭から踏み込む。輝、当たりを胸で受け、左押っ付けでいなす。豪風、向き直る。輝、押す。豪風、叩きながら左へ回る。輝、落ちずに向き直り、押す。豪風、右から突こうとするが、土俵下に吹っ飛ぶ。
20171112 304 輝 押し倒し 豪風 45

(2) 琴勇輝戦 ○押し倒し 2.1秒
 豪風、先に左手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。豪風、頭から踏み込もうとする。琴勇輝、両手突きで押し上げようとする。豪風、下から押し上げ、右押っ付けで前に出る。琴勇輝、左半身で俵に詰まり、後ろ向きで俵の外に倒れる。
20171113 02 303 豪風 押し倒し 琴勇輝 40

(3) 隠岐の海戦 ●叩き込み 6.3秒
 隠岐の海、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、右手を出して頭から踏み込む。隠岐の海、右肘でかち上げる。豪風、押し上げ、引いて右に回り、押し上げる。隠岐の海、右で押っ付け、左喉輪で押し上げる。豪風、押し返す。隠岐の海、両手で頭を押さえつけながら左に回る。豪風、土俵に落ちて転がる。
20171114 03 304 隠岐の海 叩き込み 豪風 40

(4) 錦木戦 ○突き落し 9.3秒
 錦木、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、頭から踏み込む。錦木、遅れてその場で立ち、当たりを胸で受ける。豪風、押し上げ、少し引く。錦木、乗じて押しながら前に出る。豪風、両差しになり、土俵際を左へ回る。錦木、外から抱えて前に出、右小手で振る。豪風、左差し手を突きつけて堪え、押し上げて体を離し、右から突く。錦木、土俵に転がる。
20171115 04 302 豪風 突き落とし 錦木 40

(5) 勢戦 ●押し出し 5.5秒
 勢、先に右手をつく。豪風、左手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。勢、右肘でかち上げ、左を差す。豪風、左をのぞかせ、右上手に手を伸ばすが届かず。勢、左差しで前に出る。豪風、右で首を巻く。勢、押す。豪風、土俵下に落ちる。
20171116 05 304 勢 押し出し 豪風 40-2

(6) 大奄美戦 ●叩き込み 1.8秒
 大奄美、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、右手を出して頭から踏み込む。大奄美、右肘を固めて胸で当たる。豪風、押し上げる。大奄美、叩きながら引く。豪風、前にバッタリ落ちる。
20171117 06 302 大奄美 叩き込み 豪風 40

(7) 安美錦戦 ●叩き込み 1.5秒
 安美錦、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。安美錦、叩きながら大きく引く。豪風、前に落ちて土俵に転がり、安美錦、俵の中に残る。
20171118 07 302 安美錦 叩き込み 豪風 40

(中) 朝乃山戦 ●寄り切り 3.4秒
 朝乃山、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で手をサッとつき、両手を出して頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たる。豪風、左押っ付けで突いて左へ回る。朝乃山、右下手を取って向き直り、一気に前に出る。豪風、土俵際、右で首を巻く。朝乃山、両差しで寄り切る。
20171119 08 303 朝乃山 寄り切り豪風 40

(9) 碧山戦 ○突き落し 4.5秒
 碧山、先に右手をつく。豪風、手をサッとついて素早く立つ。碧山、両手突きから突っ張る。豪風、下からあてがって下がらず、相手の腕を叩き、突き返し、左から突く。碧山、土俵に両手をつく。
20171120 09 304 豪風 突き落とし 碧山 40

(10) 栃ノ心戦 ●寄り切り 8.2秒
 栃ノ心、先に左手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。栃ノ心、左から張り、右を差そうとする。豪風、左で突きながら左に回る。栃ノ心、向き直る。豪風、叩きながら左へ開く。栃ノ心、前のめりになるが向き直り、顎に向かって突っ張りながら前に出る。豪風、俵に詰まる。栃ノ心、左から張って相手を横向きにし、左上手で後ろ廻しを取り、右差し手を返して寄り切る。
20171121 10 309 栃ノ心 寄り切り 豪風 40

(11) 妙義龍戦 ○押し倒し 3.9秒
 妙義龍、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。妙義龍、右から張って両差しになろうとする。豪風、左押っ付けで突き、押しながら前に出る。妙義龍、俵に詰まる。豪風、両手で胸を押す。妙義龍、左から突こうとするが、俵の外に倒れる。
20171122 11 301 豪風 押し倒し 妙義龍 35

(12) 千代丸戦 ○引き落し 3.2秒
 豪風、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。豪風、素早く立ち、頭から踏み込む。千代丸、左肘を固めて当たる。豪風、右をのぞかせる。千代丸、押しながら一気に前に出る。豪風、相手の手を叩いて左に開く。千代丸、土俵に落ちる。
20171123 12 305 豪風 引き落とし 千代丸 40

(13) 大翔丸戦 ○肩透かし 1.2秒
 大翔丸、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で左手をサッとつき、頭から踏み込む。大翔丸、頭から当たる。豪風、左をのぞかせ、すぐに左に回りながら肩透かし。大翔丸、土俵に転がる。
20171124 13 307 豪風 肩透かし 大翔丸 40

(14) 大栄翔戦 ○寄り切り 9.0秒
 大栄翔、先に両手をつく。豪風、腰を下ろし、左手をつき、右手をサッとついて立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。大栄翔、両手突きに行く。豪風、下から両差しになり、深い両下手を取る。大栄翔、外から抱える。豪風、廻しが切れるが構わず一気に前に出、相手に体を預けるようにして寄り切る。
20171125 14 305 豪風 寄り切り 大栄翔 40

(楽) 千代の国戦 ●突き出し 5.0秒
 千代の国、先に左手をつく。豪風、左手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。千代の国、左から張り、右肘でかち上げる。豪風、上体が起きる。千代の国、突っ張りながら前に出る。豪風、土俵際、右から突く。千代の国、構わず押す。豪風、土俵下に落ち、その後、千代の国、土俵に倒れる。勝負後、千代の国、右足首を痛め、車椅子に乗る。千代の国、倒れる直前、右足が豪風の左足甲の上に乗る形になり、体勢を崩して痛めたよう。
20171126 15 308 千代の国 突き出し 豪風 40
20171126 15 308 千代の国 突き出し 豪風 45
20171126 15 308 千代の国 突き出し 豪風 50

《2017年九州場所取組内容・目次へ》

輝 2017年九州(十一月)場所取組内容

201711-かがやき

前頭6枚目だった先場所は、4勝11敗の成績だった。→先場所の取組内容
住吉神社奉納土俵入りでは、横綱稀勢の里の露払いを務める様子が流れた。(→ニュース7

前頭12枚目で迎えた今場所、初日は豪風を押し倒して白星発進。(→初日稀勢の里土俵入り
二日目、史上最年長の39歳で再入幕を果たした安美錦に叩き込まれ、初黒星。
三日目幕内2場所目の朝乃山、四日目新入幕の大奄美に勝って連勝。3勝1敗と白星先行。
五日目魁聖、六日目琴勇輝と連敗。3勝3敗と星が五分に。
七日目錦木、中日大栄翔と連勝し、5勝3敗と再び白星先行。
十日目、妙義龍を押し出し、6勝4敗。
十一日目、好調の隠岐の海に敗れてから黒星がつらなり、十四日目まで4連敗負け越しが決まる。
千秋楽、遠藤を押し出し、7勝8敗と1点の負け越しに留める。
負け越しは3場所連続。



(初) 豪風戦 ○押し倒し 6.0秒
 輝、先に手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って頭から踏み込む。輝、当たりを胸で受け、左押っ付けでいなす。豪風、向き直る。輝、押す。豪風、叩きながら左へ回る。輝、落ちずに向き直り、押す。豪風、右から突こうとするが、土俵下に吹っ飛ぶ。
20171112 304 輝 押し倒し 豪風 45

(2) 安美錦戦 ●叩き込み 1.5秒
 安美錦、右手をつく。輝、仕切り線後方で左手をサッとつく。安美錦、頭から当たり、叩きながら引く。輝、前に出るが足がついて行かず、土俵に転がる。
20171113 02 304 安美錦 叩き込み 輝 40

(3) 朝乃山戦 ○寄り切り 8.9秒
 朝乃山、先に両手をつく。輝、左手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めてやや左へ踏み込む。輝、右手を出し、頭から低く当たる。朝乃山、右を差す。輝、左で小手に振り、押す。朝乃山、俵に詰まる。輝、左から突いていなす。朝乃山、前のめりになるが向き直る。輝、左で押っ付け、右喉輪で押し上げながら前に出る。朝乃山、俵に詰まるが、左上手を探る。輝、下がりながら両差しになり、前に出る。朝乃山、右を巻き替えようとするがならず、俵に詰まる。輝、左下手を取り、腰を下ろして寄り切る。
20171114 03 305 輝 寄り切り 朝乃山 40

(4) 大奄美戦 ○送り出し 8.9秒
 輝、先に左手をつく。大奄美、両手をサッとつく。輝、右手を出して頭から踏み込む。大奄美、右を差して前に出る。輝、左で小手に振り、土俵際から突き放して中に戻る。大奄美、左上手に手を伸ばすが取れず。輝、浅い両差しになり、筈で脇を押しながら前に出る。大奄美、左足が俵に詰まる。輝、左押っ付けから中に入って後ろから押す。大奄美、土俵下に落ちて花道まで走る。
20171115 04 304 輝 送り出し 大奄美 40

(5) 魁聖戦 ●寄り切り 11.3秒
 魁聖、先に両手をつく。輝、仕切り線後方で左手をサッとつく。魁聖、右肘を固める。輝、右手を出して頭から当たり、右喉輪で押し上げ、左から押っ付ける。魁聖、右半身で俵に詰まるが、向き直って両差しになろうとする。輝、右を巻き替えて差し、頭をつける。魁聖、左で差し手を抱える。輝、頭をつけて右差し手を返す。魁聖、左上手に手を伸ばすが届かず、右差しで前に出る。輝、土俵際、左へ回る。魁聖、右差し手を返しながら寄り切る。
20171116 05 305 魁聖 寄り切り 輝 40

(6) 琴勇輝戦 ●押し出し 4.8秒
 輝、先に左手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつき、両手突きから押し上げ、右に回る。輝、突き放す。琴勇輝、押し上げる。輝、叩きながら引く。琴勇輝、乗じて押しながら一気に前に出る。輝、土俵下に飛び落ちる。
20171117 06 303 琴勇輝 押し出し 輝 42

(7) 錦木戦 ○押し出し 16.5秒
 錦木、先に両手をつく。輝、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。輝、右手を出して頭から踏み込む。錦木、右肘を固めて当たる。輝、顎に向かって突き放す。錦木、下からあてがい、突き放して前に出、左を差す。輝、左筈で相手の脇を押し上げ、深い右上手を取り、左を差して前に出る。錦木、土俵際、左から掬って相手の上手を切り、左に回って右も差そうとする。輝、左で押っ付けて差させず、頭をつけ、右上手に手を伸ばす。錦木、前に出る。輝、土俵際、左を差す形になるがそれを抜き、左で相手の右腕を抱え、小手に振りながら体を開く。錦木、俵に詰まり、相手に背中を向けた形で相手の左腕を抱え、俵伝いに左へ回り、逆とったりに行く。輝、腰をぶつける。錦木、先に俵の外に出、両者、土俵下に落ちる。
〔逆とったりに行く錦木〕
20171118 07 303 輝 押し出し 錦木 35 逆とったりに行く錦木
〔輝の押し出し〕
20171118 07 303 輝 押し出し 錦木 40

(中) 大栄翔戦 ○送り出し 4.1秒
 大栄翔、先に両手をつく。輝、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込む。大栄翔、低く当たる。輝、突き放し、大栄翔、突っ張って左喉輪で前に出るが、行司 木村寿之介、輝を手つき不十分と見たか、立合いを止める。2度目、大栄翔、先に両手をつく。輝、両手をサッとつく。大栄翔、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。輝、右で顎を押し上げる。大栄翔、右喉輪で突き放す。輝、下がらず、押しながら前に出る。大栄翔、土俵際を左へ回る。輝、休まず押し、後ろ向きになった相手の背中を押して俵の外に出す。
20171119 08 307 輝 送り出し 大栄翔 40

(9) 千代丸戦 ●叩き込み 7.5秒
 輝、左手をつく。千代丸、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつく。輝、素早く立って頭から踏み込む。千代丸、左手を出して当たり、右を差す。輝、左へ回り、左で小手投げ気味に振る。千代丸、右差し手を抜き、向き直って押し上げる。輝、左押っ付けで前に出る。千代丸、土俵際を左へ回って体を離す。輝、突き放しながら前に出る。千代丸、土俵を半周し、叩く。輝、土俵に落ちる。
20171120 09 307 千代丸 叩き込み 輝 43

(10) 妙義龍戦 ○押し出し 4.2秒
 妙義龍、右、左とサッと手をついて立つ。輝、すぐに両手をサッとついて立つ。妙義龍、右肘を前に出してあたり、右を差す。輝、左で極め気味に抱える。妙義龍、右差し手を抜き、押し上げ、叩きながら引く。輝、乗じて前に出、押す。妙義龍、土俵際を右に回ろうとするが、俵の外に出る。
20171121 10 302 輝 押し出し 妙義龍 40

(11) 隠岐の海戦 ●寄り切り 6.0秒
 隠岐の海、先に右手をつく。輝、仕切り線後方で左手をサッとつく。隠岐の海、左手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めてかち上げ気味に当たる。輝、突き放す。隠岐の海、下がらず、頭をつけて右上手を取り、左で押っ付けながらどんどん前に出る。輝、右をねじ込んで両差しになるが、俵の外に出る。
20171122 11 302 隠岐の海 寄り切り 輝 40

(12) 正代戦 ●押し出し 10.2秒
 輝、先に左手をつく。正代、手をつこうとする。輝、突っ掛ける。2度目、輝、先に左手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつく。輝、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。正代、右肘を固めて当たる。輝、右を差し込む。正代、左上手に手を伸ばす。輝、腰を引いて上手を与えず。正代、左を巻き替えて差す。輝、突っ張る。正代、下からあてがい、左を差して頭をつけ、前に出る。輝、俵の上で右から突く。正代、左で相手の足を押しながら土俵際に踏み止まる。輝、俵の上右足一本になり、堪え切れず俵の外に出る。
20171123 12 306 正代 押し出し 輝 37 そこは…

(13) 千代翔馬戦 ●押し出し 13.1秒
 輝、先に左手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。輝、素早く立ち、両手突きに行く。千代翔馬、左手を出して頭から低く当たり、右前廻しを探る。輝、両手で突き放す。千代翔馬、相手の右腕を手繰って左に回る。輝、向き直り、突っ張る。千代翔馬、両手で相手の左腕を抱え、とったりに行きながら右へ回る。輝、取られた腕を抜く。千代翔馬、右足を飛ばして相手の左足を蹴る。輝、堪える。千代翔馬、顎を押し上げ、右から張る。輝、顎を押し上げ、叩きながら右をのぞかせる。千代翔馬、乗じて前に出、右上手を取る。輝、土俵際、両差し手を返して上手を切るが、俵の上で棒立ち。千代翔馬、相手の胸を押す。輝、土俵下に飛び落ちる。その後、千代翔馬も落ち、輝にぶつかる。
〔とったりに行く千代翔馬〕
20171124 13 309 千代翔馬 押し出し 輝 15 とったりに行く
〔裾払いに行く千代翔馬〕
20171124 13 309 千代翔馬 押し出し 輝 20 裾払い
〔千代翔馬の押し出し〕
20171124 13 309 千代翔馬 押し出し 輝 40

(14) 栃ノ心戦 ●寄り切り 7.9秒
 栃ノ心、先に左手をつく。輝、左手をサッとつく。その直前、栃ノ心、素早く立ち、左肘を固めて踏み込み、右を差す。輝、右手を出して頭から当たり、下から押し上げる。栃ノ心、突き放し、右を差して前に出る。輝、左で小手投げを打ちながら左へ回る。栃ノ心、左も差して寄る。輝、俵の外に出る。
20171125 14 308 栃ノ心 寄り切り 輝 40

(楽) 遠藤戦 ○押し出し 4.9秒
 輝、先に左手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肩から当たろうとする。輝、両手を出して頭から踏み込み、左喉輪で突き放す。遠藤、少し引いて体を離す。輝、前に出、左喉輪で押し上げる。遠藤、土俵際、左を差す。輝、左筈で押しながら前に出る。遠藤、土俵下に飛び落ちる。
20171126 15 301 輝 押し出し 遠藤 45

《2017年九州場所取組内容・目次へ》