初場所

2018年春(3月)場所十両の各日まとめ及び成績上位者変遷

各日の十両(取組時間等)の冒頭に書いたその日のまとめを集めました。
三日目以降は、成績上位者の名前も掲載。

◇初日◇
20180311 01 203 貴ノ岩 寄り切り 翔猿 40 ○貴ノ岩 寄り切り 翔猿●

新十両の貴公俊、炎鵬ともに黒星発進。
横綱日馬富士による傷害事件の被害者で十一月場所から休場していた貴ノ岩が出場。再十両の翔猿を寄り切って白星発進。
先場所白星を上げられず十両に陥落した 元大関照ノ富士は、徳勝龍の上手投げにあっけなく倒れて黒星発進。
ともに幕内から陥落した関取最年長と二番目の力士、安美錦と豪風が対戦。豪風が叩き込んで白星発進。
同学年でともに学生相撲出身の矢後と水戸龍が初対戦。水戸龍が寄り切って白星発進。
→初日・十両取組時間等へ

◇二日目◇
20180312 02 210 照ノ富士 上手投げ 臥牙丸 46 悔しそうな臥牙丸 ○照ノ富士 上手投げ 臥牙丸●

元大関照ノ富士は、臥牙丸を上手投げで倒して初白星。照ノ富士の白星は、半年ぶり。大関だった昨年9月場所の三日目、栃ノ心を寄り切って以来。
今場所から土俵に復帰した貴ノ岩が、志摩ノ海を押し出して2連勝。
東十両筆頭の旭大星が、関取最年長の安美錦を突き落として初白星。安美錦は連敗。
佐田の海は、明生を取り直しの相撲の末に寄り切り、2連勝。
新十両の炎鵬と貴公俊は、ともに2連敗。
→二日目・十両取組時間等へ

◇三日目◇
20180313 03 205 水戸龍 寄り切り 貴源治 37 ○水戸龍 寄り切り 貴源治●

十両4枚目の佐田の海が、旭秀鵬を寄り切って3連勝。
十両8枚目でまだ幕内経験のない琴恵光、十両2場所目の水戸龍も3連勝。
元十両の照ノ富士は、天風を寄り倒して2連勝。
今場所から土俵に復帰し、連勝スタートの貴ノ岩は、照強に寄り切られて初黒星。
ともに新十両の貴公俊と炎鵬が対戦。炎鵬が下手出し投げで勝って初日を出す。
<成績上位者>
全勝 佐田の海、琴恵光、水戸龍(3人)
→三日目・十両取組時間等へ

◇四日目◇
20180314 04 202 照強 小手投げ 炎鵬 35 ○ 照強 小手投げ 炎鵬●

十両4枚目の佐田の海が、「軍配差し違え」で安美錦に勝ち、4連勝。関取最年長の安美錦は4連敗。
十両10枚目の水戸龍が、再十両の志摩ノ海を下手投げで倒し、4連勝。
初日から3連勝の琴恵光が、隆の勝の押し出しに敗れて初黒星。勝ちっ放しは佐田の海、水戸龍の2人のみとなる。
元大関照ノ富士が、千代ノ皇を上手投げで倒し、二日目から3連勝。
ともに170cm未満の照強と新十両の炎鵬が対戦。照強が豪快な小手投げで炎鵬を裏返し、3勝目。
新十両の貴公俊が、再十両の矢後を寄り切り、初日を出す。
<成績上位者>
全勝 佐田の海、水戸龍(2人)
一敗 豪風、臥牙丸、照ノ富士、隆の勝、琴恵光、照強、明瀬山(7人)
→四日目・十両取組時間等へ

◇五日目◇
20180315 05 211 02 佐田の海 送り出し 徳勝龍 40 ○佐田の海 送り出し 徳勝龍●

佐田の海が、徳勝龍との「取り直し」の相撲を制し、初日から5連勝。佐田の海は、この五日間で3回目の「物言い」。
もう一人の初日から勝ちっ放しの水戸龍が、青狼に寄り切られて初黒星。佐田の海が単独トップになる。
二日目から3連勝していた元大関照ノ富士は、十両3場所目の隆の勝に押し出されて2敗目。隆の勝は4勝目。
今場所から土俵に復帰した貴ノ岩が、新十両の炎鵬と対戦。45秒の熱戦の末、潜った相手を起こして寄り切り、3勝目。
関取最年長の安美錦は、東龍を押し出して初日を出す。
<成績上位者>
全勝 佐田の海(1人)
一敗 豪風、臥牙丸、隆の勝、水戸龍、明瀬山(5人)
→五日目・十両取組時間等へ

◇六日目◇
20180316 06 208 隆の勝 押し出し 千代ノ皇 40 ○隆の勝 押し出し 千代ノ皇●

初日からただ一人勝ちっ放しの佐田の海が、旭大星の豪快なとったりに倒れ、初黒星。東十両筆頭の旭大星は、3勝3敗と星を五分に。
西十両筆頭の豪風は、東龍を叩き込んで5勝目。
水戸龍は、ともに学生相撲出身で同学年の新十両 炎鵬と対戦。なかに潜った相手の首を抱えて起こし、小手投げで倒して5勝目。
隆の勝、明瀬山も5勝目を上げ、5人が1敗でトップに並ぶ。
照強が、新十両の貴公俊を豪快な一本背負いに行くが、爪先が先に出て決まらず。貴公俊が送り倒しで3勝目。
ただひとり白星がなかった天風が、青狼を寄り切って初日を出す。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 豪風、佐田の海、隆の勝、水戸龍、明瀬山(5人)
二敗 臥牙丸、琴恵光、大翔鵬(3人)
→六日目・十両取組時間等へ

◇七日目◇
20180317 07 213 豪風 押し倒し 佐田の海 40 ○ 豪風 押し倒し 佐田の海●

豪風と佐田の海が1敗同士で対戦。豪風が激しい相撲で押し倒し、6勝目を上げる。
水戸龍と明瀬山が1敗同士で対戦。約30秒間の相撲の末、水戸龍が寄り切って6勝目を上げる。
隆の勝は、誉富士を押し出して6勝目。豪風、水戸龍とともに3人でトップに並ぶ。
炎鵬が40秒近い相撲の末、大きな矢後を豪快に下手投げで倒し、2勝目。
関取最年長の安美錦が、明生を叩き込んで2勝目を上げる。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 豪風、隆の勝、水戸龍(3人)
二敗 佐田の海、臥牙丸、琴恵光、明瀬山(4人)
→七日目・十両取組時間等へ

◇八日目◇
20180318 08 207 水戸龍 引き落とし 誉富士 40 ○水戸龍 引き落とし 誉富士●

水戸龍が、誉富士を引き落として7勝目。豪風と隆の勝が敗れたため、単独トップに立つ。
今場所から土俵に復帰した貴ノ岩は、2分を超える相撲の末、上手捻りで勝って4勝目。
ともに学生相撲出身で、同期の新十両の炎鵬と幕下の若隆景は熱戦。1分を超える相撲の末、若隆景が上手投げで勝つ。若隆景は西幕下筆頭での勝ち越しを決め、新十両の可能性を高めた。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 水戸龍(1人)
二敗 豪風、佐田の海、臥牙丸、隆の勝、琴恵光、明瀬山(6人)
→八日目・十両取組時間等へ

◇九日目◇
20180319 09 213 豪風 送り出し 照ノ富士 37 ○豪風 送り出し 照ノ富士●

1敗で単独トップの水戸龍が、貴ノ岩に寄り切られて2敗に後退。貴ノ岩は5勝4敗と白星先行に。
西十両筆頭の豪風は、元大関照ノ富士を送り出して7勝目。照ノ富士は4勝5敗と黒星先行に。
佐田の海、隆の勝、琴恵光が7勝目を上げ、豪風、水戸龍と合わせて5人がトップに並ぶ。
関取最年長の安美錦は、幕内の土俵で英乃海を送り出し、3勝目を上げる。
新十両の炎鵬は、大翔鵬を立合い変わりながらの突き落としで破り、3勝目。
新十両の貴公俊は、八日目の取組後、支度部屋で付け人を殴ったことが発覚。きょうから休場。対戦相手だった東幕下筆頭の白鷹山は不戦勝で5勝目。
<成績上位者>
全勝~一敗 なし
二敗 豪風、佐田の海、隆の勝、琴恵光、水戸龍(5人)
三敗 臥牙丸、青狼、明瀬山(3人)
→九日目・十両取組時間等へ

◇十日目◇
20180320 10 301 豪風 突き落とし 碧山 37 ○豪風 突き落とし 碧山●

豪風が幕内土俵で碧山を突き落とし、勝ち越しを決めた。
佐田の海、水戸龍も勝ち越しを決め、3人がトップに並ぶ。
元大関照ノ富士は、東十両筆頭の旭大星を力強く寄り切り、5勝5敗と星を五分に。旭大星も星が五分となる。
関取最年長の安美錦は、徳勝龍を押し出して4勝目。
小兵対決 翔猿ー炎鵬戦は、互いに低い体勢、翔猿が叩き込みで4勝目。炎鵬は7敗目と後がなくなる。
<成績上位者>
全勝~一敗 なし
二敗 豪風、佐田の海、水戸龍(3人)
三敗 隆の勝、琴恵光、明瀬山(3人)
→十日目・十両取組時間等へ

◇十一日目◇
20180321 11 202 翔猿 押し出し 水戸龍 40 ○翔猿 押し出し 水戸龍●

8勝2敗でトップの一人 豪風は、臥牙丸に突き出されて3敗に後退。
やはり2敗でトップだった佐田の海は、琴恵光の立合い変化に倒れて3敗。琴恵光は、勝ち越し。
十両2場所目で2敗トップの1人だった水戸龍は、翔猿に押し出されて3敗に後退。水戸龍は、土俵下に落ちた際、右足かかとを痛めたよう。
明瀬山は、誉富士を力強く押し出して勝ち越し。
2敗力士は消え、8勝3敗で5人がトップに並ぶ展開に変わる。
関取最年長の安美錦は、千代ノ皇との取り直しの相撲の末に勝ち、5勝目。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 豪風、佐田の海、琴恵光、水戸龍、明瀬山(5人)
四敗 臥牙丸、隆の勝、大翔鵬(3人)
→十一日目・十両取組時間等へ

◇十二日目◇
20180322 12 212 琴恵光 掬い投げ 旭秀鵬 40 ○琴恵光 掬い投げ 旭秀鵬●

十両筆頭の豪風は、千代ノ皇に押し出されて4敗目。トップから後退。
佐田の海は、元大関照ノ富士を寄り切り、9勝目でトップを守る。照ノ富士は6勝6敗と星が五分に。
琴恵光は、旭秀鵬に掬い投げで逆転勝ち。9勝目でトップを守る。
再十両の明瀬山は、大翔鵬を寄り切って9勝目。
既に勝ち越している水戸龍は、きょうから休場。佐田の海、琴恵光、明瀬山の3人がトップに並ぶ。
新十両 炎鵬は、貴源治を足取りで倒し、館内を沸かせる。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 佐田の海、琴恵光、明瀬山(3人)
四敗 豪風、水戸龍(2人)
→十二日目・十両取組時間等へ

◇十三日目◇
20180323 13 208 佐田の海 上手投げ 明瀬山 35 ○佐田の海 上手投げ 明瀬山●

ともに9勝3敗で優勝争いトップの佐田の海と明瀬山が対戦。佐田の海が上手投げで勝ち、3敗を守る。
もう一人の9勝3敗力士、琴恵光は、旭大星に引き落とされて4敗に後退。優勝争いは佐田の海が単独トップに。また、東十両筆頭の旭大星が勝ち越し、来場所の新入幕が濃厚に。
隆の勝は、ベテラン豪風を押し出して勝ち越し決定。新十両から3場所連続の勝ち越し。
関取最年長の安美錦は、再十両の大翔鵬を上手投げで倒し、7敗で踏み止まる。また通算勝星数が860となり、歴代9位の寺尾の記録に並ぶ。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 佐田の海(1人)
四敗 琴恵光、明瀬山(2人)
五敗 旭大星、豪風、隆の勝、水戸龍(4人)
→十三日目・十両取組時間等へ

◇十四日目◇
20180324 14 207 大翔鵬 寄り切り 佐田の海 37 ○大翔鵬 寄り切り 佐田の海●

単独トップの佐田の海が、大翔鵬に寄りられて4敗に後退。大翔鵬は勝ち越しを決める。
琴恵光は、豪風を押し出して10勝目。
明瀬山は、千代ノ皇を寄り切り、十両で初めての10勝目。佐田の海、琴恵光と3人でトップに並ぶ。
再十両の志摩ノ海は、剣翔を押し出して勝ち越し。新十両で負け越して以来、10場所ぶりの十両で初めて勝ち越す。
関取最年長の39歳の安美錦は、23歳の隆の勝を引き落として7勝目。千秋楽に勝ち越しを懸ける。
元大関照ノ富士と、今場所から復帰した元幕内貴ノ岩が6勝7敗同士で対戦。貴ノ岩が勝って千秋楽に勝ち越しを懸ける。照ノ富士は負け越し。
照強は、幕下の栃飛龍と対戦。腕捻りで勝って千秋楽に勝ち越しを懸ける。
<成績上位者>
全勝~三敗 なし
四敗 佐田の海、琴恵光、明瀬山(3人)
五敗 なし
→十四日目・十両取組時間等へ

◇千秋楽◇
20180325 15 215 佐田の海 寄り切り 明瀬山 60 佐田の海優勝

トップ3人のうち、琴恵光が敗れ、佐田の海と明瀬山がともに本割で勝って優勝決定戦へ。その取組で、佐田の海が明瀬山を寄り切り、初めての十両優勝を決める。
西十両筆頭の豪風は、勝ち越しを決めてから白星がなかったが、千秋楽は青狼を押し出し、連敗を4で止め、9勝目を上げる。
東十両2枚目で関取最年長の安美錦は、幕内土俵で妙義龍を叩き込み、3連勝で勝ち越し。
今場所から復帰した貴ノ岩は、臥牙丸を寄り切り、3連勝で勝ち越し。
貴源治は、優勝争いに絡む琴恵光を押し出し、3連勝で勝ち越し。
元大関照ノ富士は、志摩ノ海に寄り切られ、4連敗で9敗目。
<成績上位者>
全勝~三敗 なし
四敗 佐田の海 ※優勝、明瀬山(2人)
五敗 琴恵光(1人)
→千秋楽・十両取組時間等へ


《2018年春場所取組内容・目次へ》

大奄美 2018年初(一月)場所取組内容

201801-だいあまみ

新入幕だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容

前頭17枚目で迎えた今場所、初日は朝乃山の上手投げに倒れて黒星発進。
二日目、新入幕の竜電を寄り切り、初日を出す。
五日目の豊山戦。土俵際引き落として軍配をもらうが、踵が先に出たとして「差し違え」で3敗目。
六日目、錦木の小手投げに倒れて連敗。2勝4敗と黒星先行。
十日目の輝戦。引き落として軍配をもらうが、足が先に出たとして今場所2度目の「差し違え」で敗れ、6敗目。
十一日目関取最年長で今場所途中4日間の休場があった安美錦、十二日目元大関でやはり今場所途中8日間の休場があった照ノ富士と対戦して連勝。6勝6敗と星を五分に。
十三日目、琴勇輝に突き落とされ、7敗目と後がなくなる。
十四日目、先場所十両優勝の蒼国来を1分10秒を超える相撲の末、下手投げで倒して7勝7敗に。
千秋楽、十両の碧山を押し出し、8勝7敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所ぶり。



(初) 朝乃山戦 ●上手投げ 6.7秒
 朝乃山、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右手で相手の肩を押さえる。大奄美、右肘を固めて当たり、左廻しに手を伸ばす。朝乃山、左押っ付けで押し上げ、右を差し、左上手を取る。大奄美、右を差し、左上手に手を伸ばすが取れず。朝乃山、左上手で振ってから前に出、土俵際、左に回りながら上手投げを下に打つ。大奄美、土俵に転がる。
20180114 01 301 朝乃山 上手投げ 大奄美 40-1
20180114 01 301 朝乃山 上手投げ 大奄美 43

(2) 竜電戦 ○寄り切り 18.2秒
 竜電、先に左手をつく。大奄美、両手をサッと動かし、右肘を固める。竜電、頭から踏み込み、右を差す。大奄美、左へ踏み出して左上手を探る。竜電、左に回って上手を与えず。大奄美、上手を探りながら前に出る。竜電、右差し手を返す。大奄美、右下手を取る。竜電、両廻しを取る。大奄美、左を巻き替えて両差しになる。竜電、左上手が切れ、右上手のみになる。大奄美、両下手を引きつけて前に出る。竜電、左上手を取り、両上手を持って土俵際堪える。大奄美、相手を吊り上げ、寄る。竜電、俵に足を掛けて左へ伝う。大奄美、逃さず寄り切る。
〔吊る大奄美〕
20180115 02 301 大奄美 寄り切り 竜電 30 吊る
〔大奄美の寄り切り〕
20180115 02 301 大奄美 寄り切り 竜電 38

(3) 石浦戦 ●下手投げ 5.1秒
 石浦、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。石浦、左へ変わって左上手を取り、上手投げで相手を土俵際にする。大奄美、左足を俵に掛けて堪え、少し中に戻る。石浦、深い左下手を取り、右で相手の右膝を押さえながら下手投げで土俵内に振り回す。大奄美、土俵に裏返る。
20180116 03 302 石浦 下手投げ 大奄美 40
20180116 03 302 石浦 下手投げ 大奄美 50

(4) 妙義龍戦 ○送り出し 4.4秒
 妙義龍、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつき、右肘を固めて頭を下げる。妙義龍、右手を出して頭から低く当たる。大奄美、右を差そうとする。妙義龍、左から押っ付けて十分差させず。大奄美、左に回りながら左上手を取る。妙義龍、右下手前廻しを探るが取れず。大奄美、左上手で出し投げを打ち、相手の後ろにつく。妙義龍、俵の外に出る。
20180117 04 301 大奄美 送り出し 妙義龍 35

(5) 豊山戦 ●押し出し 14.8秒
 豊山、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとついて立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。豊山、右手を出して頭から当たり、左で押っ付け、右喉輪で押し上げながら前に出る。大奄美、仰け反りながら左へ回り、右、左と顎に向かって押し上げる。豊山、押しながら前に出る。大奄美、右喉輪で押し上げる。豊山、左押っ付けで喉輪を外す。大奄美、右で顎を、肩を押し、右を差そうとするがならず、肩透かし気味に一気に引く。豊山、前のめりになって飛ぶ。大奄美、土俵下へ飛び、豊山、土俵に落ちる。木村銀治郎は、軍配を大奄美に上げる。「物言い」がつき、協議の結果、藤島審判長は「大奄美の踵が先に出ている」と説明、「軍配差し違え」で、豊山の勝ちとなる。VTRでは、両者のタイミングが微妙だった。
20180118 05 303 豊山 押し出し 大奄美 39
20180118 05 303 豊山 押し出し 大奄美 40-2
〔説明する藤島審判長〕
20180118 05 303 豊山 押し出し 大奄美 60 説明する藤島審判長

(6) 錦木戦 ●小手投げ 4.6秒
 錦木、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつき、右肘を固めて頭から低く踏み込む。錦木、頭から当たる。大奄美、両差しになる。錦木、左で差し手を抱え、左に回りながら右を差す。大奄美、左上手を取って前に出る。錦木、土俵際、左小手投げを打ちながら下がる。大奄美、土俵に転がる。
20180119 06 302 錦木 小手投げ 大奄美 40

(7) 豪風戦 ○突き出し 7.6秒
 大奄美、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、右手を出して踏み込む。大奄美、右肘を固めて当たり、左を差す。豪風、右喉輪で押し上げ、引いて左へ回る。大奄美、ついて行き、押す。豪風、押しながら前に出、引く。大奄美、乗じて押しながら前に出る。豪風、俵の外に出る。
20180120 07 304 大奄美 突き出し 豪風 40

(中) 阿炎戦 ●突き出し 4.6秒
 阿炎、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつき、頭から踏み込む。阿炎、叩きながら左へ変わり、左上手を狙う。大奄美、向き直って上手を与えず。阿炎、顎、胸に突き上げる。大奄美、土俵下に落ちる。
〔立合い変わる阿炎〕
20180121 08 301 阿炎 突き出し 大奄美 07 立合い変わる阿炎
〔阿炎の突き出し〕
20180121 08 301 阿炎 突き出し 大奄美 30

(9) 千代丸戦 ○押し出し 6.7秒
 大奄美、先に手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。大奄美、見ながら立ち、右肘を固める。千代丸、左から張り、右を差す。大奄美、左上手に手を掛ける。千代丸、前に出、左喉輪で押し上げる。大奄美、土俵際、下からあてがって堪え、左下手を探るが取れず、右押っ付けで押し上げる。千代丸、引いて体を離す。大奄美、乗じて押しながら前に出る。千代丸、上体が起きて俵を割る。
20180122 09 305 大奄美 押し出し 千代丸 38

(10) 輝戦 ●押し出し 8.0秒
 輝、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつき、頭を下げる。輝、頭から踏み込む。大奄美、右を差そうとする。輝、左から押っ付ける。大奄美、少し引く。輝、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。大奄美、仰け反りながら左を差す。輝、少し引いて体を離す。大奄美、前に出、引く。輝、乗じて前に出、突き放す。大奄美、俵の上で叩くが、俵を割る。輝、土俵に落ちて転がる。木村秋治郎、軍配を大奄美に上げる。「物言い」がつき、山科審判長は「大奄美の足の方が先に出ている」と説明、「軍配差し違え」で輝の勝ちに。
20180123 10 305 輝 押し出し 大奄美 40
〔説明する山科審判長〕
20180123 10 305 輝 押し出し 大奄美 60 説明する山科審判長

(11) 安美錦戦 ○寄り切り 3.6秒
 安美錦、右手をつく。大奄美、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、右手を出す。安美錦、右から張り、左上手に手を伸ばす。大奄美、左を差し、右も差そうとしながら前に出る。安美錦、土俵際上体が起き、右で首を巻く。大奄美、相手の右について寄り切る。
20180124 11 305 大奄美 寄り切り 安美錦 40

(12) 照ノ富士戦 ○寄り切り 4.8秒
 大奄美、先に左手をつく。照ノ富士、両手をサッとつく。大奄美、右腕を内に入れて踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて踏み込み、右を差す。大奄美、すぐに左上手を取って引きつけ、右差し手を返して前に出る。照ノ富士、俵に詰まる。大奄美、がぶって寄り切る。
20180125 12 305 大奄美 寄り切り 照ノ富士 40-2

(13) 琴勇輝戦 ●突き倒し 2.0秒
 大奄美、左手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手突き。大奄美、左前廻しを探るが取れず。琴勇輝、突き放しながら前に出る。大奄美、体勢を崩し、土俵に右手をつく。
20180126 13 303 琴勇輝 突き倒し 大奄美 40

(14) 蒼国来戦 ○下手投げ 71.6秒
 大奄美、仕切り線後方で先に手をつく。蒼国来、左手をついて時をおき、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。大奄美、右手で相手の肩を押さえる。蒼国来、左肘を固めて当たり、左を差して差し手を返し、右上手を取って前に出ようとする。大奄美、左下手を取って堪える。両者、左四つで止まる(約7秒間)。大奄美、左下手を引きつけながら右を巻き替えに行く。蒼国来、頭をつけて左で押っ付けて相手に差させず。両者、止まる(約12秒間)。大奄美、前に出ようとする。蒼国来、堪える。両者、止まる(約31秒間)。大奄美、腰を振って相手の上手を切ろうとする。蒼国来、じわりと前に出る。大奄美、左下手投げに行く。蒼国来、右足外掛けに行く。大奄美、そのまま下手投げで俵の外に出す。
20180127 14 301 大奄美 下手投げ 蒼国来 40

(楽) 碧山戦 ○押し出し 6.3秒
 大奄美、左手をつく。碧山、すぐ右手をつく。大奄美、右手をつくが戻し、再びつく。碧山、左手をサッとついて頭から踏み込む。大奄美、その場で立って頭から当たる。碧山、突っ張る。大奄美、下からあてがって堪える。碧山、少し引く。大奄美、突き返して前に出、左から突く。碧山、前のめりになり、土俵際向き直る。大奄美、そこを押す。碧山、俵の外に出る。
20180128 15 301 大奄美 押し出し 碧山 37

《2018年初場所取組内容・目次へ》

朝乃山 2018年初(一月)場所取組内容

201801-あさのやま

前頭11枚目だった先場所は、5勝10敗。三段目付出しデビューだった2016年3月場所以来初めて負け越した。→先場所の取組内容
2018年(平成30年)の今年、戌年で年男。大相撲中継で挨拶が流れる。(→年男挨拶

前頭16枚目の今場所から大銀杏を結って土俵に上がる。(→大銀杏姿の朝乃山
初日は大奄美を上手投げで倒して白星発進。
二日目から白星を連ね、六日目まで6連勝。横綱鶴竜、関脇御嶽海、栃ノ心とともに4人でトップに並ぶ。
七日目、大栄翔に押し出されてから黒星が連なり、十日目まで4連敗。両親に「あの6連勝の朝乃山は、幻だったのか」と言われる。(→大相撲中継レポ
十一日目、先場所十両優勝の蒼国来を押し出して7勝目。勝ち越しまであと一つとする。
十二日目 琴勇輝、十三日目 千代丸と連敗して足踏み。
十四日目、千代翔馬を寄り倒して勝ち越しを決める。
千秋楽、ベテラン豪風を突き落とし、9勝6敗で今場所を終える。



(初) 大奄美戦 ○上手投げ 6.7秒
 朝乃山、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右手で相手の肩を押さえる。大奄美、右肘を固めて当たり、左廻しに手を伸ばす。朝乃山、左押っ付けで押し上げ、右を差し、左上手を取る。大奄美、右を差し、左上手に手を伸ばすが取れず。朝乃山、左上手で振ってから前に出、土俵際、左に回りながら上手投げを下に打つ。大奄美、土俵に転がる。
20180114 01 301 朝乃山 上手投げ 大奄美 40-1
20180114 01 301 朝乃山 上手投げ 大奄美 43

(2) 錦木戦 ○寄り切り 4.8秒
 錦木、先に両手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。錦木、頭から低く当たる。朝乃山、両差しになり、右差し手を返しながら左下手を取る。錦木、右を巻き替え、土俵際、右から掬おうとする。朝乃山、上手になった左廻しを引きつけて寄る。錦木、腰が伸びて俵を割る。
20180115 02 302 朝乃山 寄り切り 錦木 40

(3) 竜電戦 ○寄り切り 5.5秒
 朝乃山、先に両手をつく。竜電、左、右とサッと手をつく。朝乃山、右肘を固めて当たる。竜電、左肘を固めて頭から踏み込み、右を差し、左も差そうとする。朝乃山、左で差し手を抱えながら右をねじ込んで差し勝つ。竜電、右下手、左上手を取る。朝乃山、左上手に手を伸ばす。竜電、両廻しを持って左へ回り、相手に上手を与えず、そのまま相手を土俵際にしようとする。朝乃山、右差し手を返して相手を土俵際にし、そのまま寄り切る。
20180116 03 301 朝乃山 寄り切り 竜電 40

(4) 豊山戦 ○寄り切り 9.5秒
 朝乃山、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めてやや左へ踏み出す。豊山、頭から当たる。朝乃山、右を差し、左上手に手を伸ばすが取れず。豊山、顎に向かって押し上げる。朝乃山、下からあてがって下がらず、深い左下手を取って前に出る。豊山、右上手に手を掛ける。朝乃山、右を巻き替えに行く。豊山、左押っ付けで巻き替えを許さず、左差しで前に出る。朝乃山、左下手投げで体を入れ替え、寄る。豊山、俵の外に出る。
〔下手投げで体を入れ替える朝乃山〕
20180117 04 304 朝乃山 寄り切り 豊山 35 下手投げで体を入れ替える
〔朝乃山の寄り切り〕
20180117 04 304 朝乃山 寄り切り 豊山 40

(5) 旭大星戦 ○寄り切り 3.0秒
 旭大星、先に左手をつく。朝乃山、手をつこうと動かす。旭大星、相手が手をつく前に右肘を固めて立ち、朝乃山、遅れて立つ。待ったと思ったか少し力を抜く。しかし、立合い成立。朝乃山、やや左へ踏み出して左上手を取り、引きつけて前に出る。旭大星、右から掬うが上手を切れず、土俵際、左から突こうとする。朝乃山、右差し手を返して寄り切る。
20180118 05 301 朝乃山 寄り切り 旭大星 40

(6) 石浦戦 ○押し出し 7.1秒
 朝乃山、先に両手をつく。石浦、仕切り線後方で右手をついて時をおき、左手をサッとついて立つ。朝乃山、右肘を固める。石浦、左肘を固め、右手を出して頭を下げる。朝乃山、相手の肩に突っ張りながら前に出る。石浦、頭を上げず。朝乃山、右を差す。石浦、左から絞りながら左へ回る。朝乃山、構わず前に出、押す。石浦、上体が起きて俵を割る。
20180119 06 301 朝乃山 押し出し 石浦 40

(7) 大栄翔戦 ●押し出し 3.3秒
 大栄翔、仕切り線後方で先に両手をつく。朝乃山、両手をサッとつく。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。朝乃山、右を差す。大栄翔、左から絞り、右筈で胸を押して前に出る。朝乃山、上体が起きて俵に詰まり、右から突こうとする。大栄翔、動じず左肘で押す。朝乃山、俵の外に出る。
20180120 07 303 大栄翔 押し出し 朝乃山 40

(中) 輝戦 ●上手投げ 8.7秒
 輝、先に両手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。輝、頭から踏み込む。朝乃山、右手を出して頭から当たり、右を差す。輝、左で押っ付け、右筈で脇を押し、右を差して差し手を返し、前に出て左上手を探る。朝乃山、右差し手を返し、腰を振って上手を与えず。輝、左で相手の差し手を抱える。朝乃山、右差しで前に出、深い左上手に手を伸ばす。輝、右差し手を返して上手を与えず。朝乃山、右掬い投げに行く。輝、左上手を取って堪え、上手を引きつけて前に出る。朝乃山、土俵際、左上手に手を掛ける。輝、左へ回りながら左上手投げ。朝乃山、土俵に転がる。
20180121 08 304 輝 上手投げ 朝乃山 38-2

(9) 阿炎戦 ●引き落し 4.3秒
 阿炎、先に手をつく。朝乃山、両手をサッとつく。阿炎、素早く立ち、両手突きに行く。朝乃山、下から撥ね上げる。阿炎、顎に向かって突き放す。朝乃山、押し返して前に出る。阿炎、右に開く。朝乃山、土俵にバッタリ落ちる。
20180122 09 301 阿炎 引き落とし 朝乃山 35

(10) 大翔丸戦 ●押し出し 3.1秒
 朝乃山、先に両手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固める。大翔丸、頭から当たり、左で押っ付けながら前に出、右で顔を押し上げる。朝乃山、土俵際、右から突こうとする。大翔丸、前に出ながら突き放す。朝乃山、上体が起き、土俵下に落ちる。
〔顔を押される朝乃山〕
20180123 10 306 大翔丸 押し出し 朝乃山 20 顔を押される朝乃山
〔大翔丸の押し出し〕
20180123 10 306 大翔丸 押し出し 朝乃山 40

(11) 蒼国来戦 ○押し出し 5.9秒
 朝乃山、先に両手をつく。蒼国来、左手をついて時をおき、右手をサッとつき、右手を出してやや左へ踏み出す。朝乃山、頭から低く当たる。蒼国来、右喉輪で相手を仰け反らせる。朝乃山、左で突いて喉輪を外し、両手で突き放して前に出る。蒼国来、左足を俵に掛け、右下手を探る。朝乃山、左から突いていなし、押しながら前に出る。蒼国来、上体が起きて土俵下に落ちる。
20180124 11 303 朝乃山 押し出し 蒼国来 40

(12) 琴勇輝戦 ●押し出し 6.2秒
 朝乃山、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右手を出して踏み込もうとする。琴勇輝、両手突きで相手を起こし、突っ張ろうとする。朝乃山、突き放し、左押っ付けでいなし、組もうとしながら前に出る。琴勇輝、右をのぞかせる。朝乃山、押し、叩きながら引く。琴勇輝、乗じて前に出、押す。朝乃山、土俵下に落ちる。
20180125 12 303 琴勇輝 押し出し 朝乃山 40

(13) 千代丸戦 ●引き落し 1.2秒
 千代丸、仕切り線後方で先に右手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右手を出して踏み込む。千代丸、両手突きで相手を起こし、左に開く。朝乃山、土俵にバッタリ落ちる。
20180126 13 305 千代丸 引き落とし 朝乃山 40

(14) 千代翔馬戦 ○寄り倒し 5.9秒
 朝乃山、先に両手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左手で相手の上腕を押さえて頭から踏み込み、右下手前廻しに手を掛ける。朝乃山、左で相手の右腕を引っ張り込み、右を差す。千代翔馬、左を巻き替えようとするがならず、左首投げに行こうとする。朝乃山、その機に右下手で後ろ廻しを取る。千代翔馬、左足内掛けに行く。朝乃山、堪え、両差しで前に出る。千代翔馬、土俵際、左首投げに行く。朝乃山、右下手を引きつけて寄る。千代翔馬、土俵下に転がり落ちる。
20180127 14 307 朝乃山 寄り倒し 千代翔馬 37

(楽) 豪風戦 ○突き落し 2.0秒
 朝乃山、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立って頭から踏み込む。朝乃山、右を差し、左で相手の腕を引っ張り込む。豪風、右差しで前に出ようとする。朝乃山、右から突く。豪風、土俵に落ちる。
20180128 15 303 朝乃山 突き落とし 豪風 40

《2018年初場所取組内容・目次へ》

竜電 2018年初(一月)場所取組内容

201801-りゅうでん

2006年3月初土俵。2012年11月場所で新十両となるも、その場所で右股関節を骨折(→怪我をした取組)。序ノ口に陥落したが、番付から四股名を消さないために、4場所連続で1番だけ相撲を取った(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら)。
2014年9月から序ノ口、序二段、三段目と3場所連続優勝。その後、幕下を10場所務め、2016年11月 十両に復帰。
十両連続7場所目で西十両2枚目だった先場所、8勝7敗と勝ち越す。
新入幕会見のようす。(→「(地元の)山梨の方々に力を与えられるようになりたい」 →「三役を目指していきたい」 →「親方の『一からやり直そう』という言葉を心に刻んでやってました」
大相撲中継で流れた新入幕挨拶では、「二桁以上勝てるように頑張ります」と抱負を述べた。(→新入幕挨拶
場所前、好角家のデーモン閣下が期待する力士としてNHKで取り上げる。(→デーモン閣下「今までの苦労を爆発させるという意味で、大暴れしてもらいたい」

前頭16枚目の今場所、初日は錦木を上手投げで倒して白星発進。
二日目、大奄美に寄り切られてから黒星が連なり、朝乃山、同じ新入幕の阿炎と3連敗
五日目、石浦を寄り切ってから今度は白星が連なり、ベテラン豪風、再入幕の豊山、琴勇輝と4連勝。5勝3敗と白星先行。
九日目、先場所十両優勝の蒼国来に寄り倒されて4敗目。
十日目から十両の東龍、大栄翔、大翔丸と3連勝し、十二日目に勝ち越しを決める。
十三日目、宝富士戦。1分を超える相撲の末に寄り切り、十四日目は魁聖を下手投げ。5連勝二桁勝利を上げる。
千秋楽、千代丸に引き落とされるも、敢闘賞を受賞。10勝5敗で今場所を終える。
勝ち越しは5場所連続。



(初) 錦木戦 ○上手投げ 6.1秒
 錦木、左手をつく。竜電、すぐに左手をサッとついて頭から踏み込む。錦木、立てず。2度目、錦木、両手をつく。竜電、すぐに左手をサッとついて頭から踏み込む。錦木、頭から低く当たる。竜電、左を差し、右で押っ付けながら右上手を取り、すぐに上手投げを下に打つ。錦木、土俵に転がる。
20180114 01 302 竜電 上手投げ 錦木 40
〔新入幕初白星インタビューを受ける竜電〕
20180114 01 302 竜電 上手投げ 錦木 75 新入幕初白星 08

(2) 大奄美戦 ●寄り切り 18.2秒
 竜電、先に左手をつく。大奄美、両手をサッと動かし、右肘を固める。竜電、頭から踏み込み、右を差す。大奄美、左へ踏み出して左上手を探る。竜電、左に回って上手を与えず。大奄美、上手を探りながら前に出る。竜電、右差し手を返す。大奄美、右下手を取る。竜電、両廻しを取る。大奄美、左を巻き替えて両差しになる。竜電、左上手が切れ、右上手のみになる。大奄美、両下手を引きつけて前に出る。竜電、左上手を取り、両上手を持って土俵際堪える。大奄美、相手を吊り上げ、寄る。竜電、俵に足を掛けて左へ伝う。大奄美、逃さず寄り切る。
〔吊る大奄美〕
20180115 02 301 大奄美 寄り切り 竜電 30 吊る
〔大奄美の寄り切り〕
20180115 02 301 大奄美 寄り切り 竜電 38

(3) 朝乃山戦 ●寄り切り 5.5秒
 朝乃山、先に両手をつく。竜電、左、右とサッと手をつく。朝乃山、右肘を固めて当たる。竜電、左肘を固めて頭から踏み込み、右を差し、左も差そうとする。朝乃山、左で差し手を抱えながら右をねじ込んで差し勝つ。竜電、右下手、左上手を取る。朝乃山、左上手に手を伸ばす。竜電、両廻しを持って左へ回り、相手に上手を与えず、そのまま相手を土俵際にしようとする。朝乃山、右差し手を返して相手を土俵際にし、そのまま寄り切る。
20180116 03 301 朝乃山 寄り切り 竜電 40

(4) 阿炎戦 ●上手投げ 9.5秒
 阿炎、先に右手をつく。竜電、左、右と手をサッとつき、頭から踏み込む。阿炎、両手突きで相手を起こし、引いて右に回る。竜電、前のめりになるが堪え、俵伝いに回り込む相手を左で押す。阿炎、俵に足を掛けて堪える。竜電、そこを押す。阿炎、突き放して少し中に戻り、再び引く。竜電、乗じて前に出、押す。阿炎、俵の上で肩越しの左上手を取り、右で頭を押さえながら上手投げ。竜電、土俵に転がる。
20180117 04 303 阿炎 上手投げ 竜電 40

(5) 石浦戦 ○寄り切り 5.0秒
 石浦、先に両手をつく。竜電、左手をサッとつく。石浦、左肘を固め、右手を出して頭を下げる。竜電、踏み込み、左を差して前に出、右で下がりを掴む。石浦、右足が俵に掛かる。竜電、右上手で後ろ廻しを取って寄る。石浦、上体が起きて土俵下に落ちる。
20180118 05 302 竜電 寄り切り 石浦 38

(6) 豪風戦 ○押し出し 3.6秒
 竜電、左手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。竜電、左腕を内に入れて踏み込む。豪風、頭から低く当たる。竜電、左を差して前に出る。豪風、土俵際左へ回ろうとするが、竜電、逃さず筈で押す。豪風、土俵下に飛び落ちる。
20180119 06 303 竜電 押し出し 豪風 40

(7) 豊山戦 ○押し出し 12.4秒
 豊山、左手をつく。竜電、すぐに左、右とサッと手をついて突っ掛ける。2度目、豊山、先に両手をつく。竜電、左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊山、右肘を固める。竜電、頭から踏み込み、両差しになろうとする。豊山、左から押っ付け、突き放しながら前に出る。竜電、下からあてがい、土俵際、右を差す。豊山、突き放し、右から張る。竜電、左を差し、右から押っ付けながら前に出る。豊山、上体が起きて土俵下に落ちる。
20180120 07 301 竜電 押し出し 豊山 42

(中) 琴勇輝戦 ○寄り切り 8.9秒
 竜電、先に手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。竜電、頭から踏み込もうとする。琴勇輝、両手突きで相手を起こし、顎に向かって突っ張りながら前に出る。竜電、土俵際、あてがって堪える。琴勇輝、引く。竜電、乗じて一気に前に出る。琴勇輝、俵に詰まる。竜電、両差しになり、右下手を取って寄り切る。
20180121 08 305 竜電 寄り切り 琴勇輝 38

(9) 蒼国来戦 ●寄り倒し 20.0秒
 竜電、左手をつくが、その手を戻して体を揺する。蒼国来、両手をサッとつく。竜電、両手をサッとつく。蒼国来、左肘を固めて踏み込む。竜電、頭から低く当たり、右で押っ付け、左を差して下手を取る。蒼国来、左下手を取り、体を開いて左下手投げに行く。竜電、振られて左足が俵に掛かるが堪え、中に戻る。蒼国来、右上手も取る。竜電、右上手を引きつけて前に出る。蒼国来、左下手投げで振る。竜電、右上手を持って中に戻り、左で押っ付けながら前に出る。蒼国来、両廻しを引きつけて寄る。竜電、右上手を持ったまま俵の外に倒れ、土俵下に落ちる。蒼国来、廻しを引っ張られて土俵下に転落。勝負後、蒼国来、腰を痛そうにする。
20180122 09 304 蒼国来 寄り倒し 竜電 40

(10) 東龍戦 ○寄り切り 8.1秒
 竜電、左手をつくがその手を戻し、両手をつく。東龍、手をつこうとする。竜電、手を戻し、立合いを嫌って腰を上げる。2度目、東龍、仕切り線後方で左手をつく。竜電、手をつこうとする。東龍、素早く立つ。竜電、サッと手を動かして頭から踏み込む。東龍、右肘を固めて当たり、左を差す。竜電、左を差し、右押っ付けで前に出ながら右上手を取る。東龍、土俵際、右に回って体を入れ替える。竜電、右上手で振り、右上手を引きつけて前に出る。東龍、俵を割る。
20180123 10 301 竜電 寄り切り 東龍 40

(11) 大栄翔戦 ○寄り切り 4.2秒
 大栄翔、先に両手をつく。竜電、両手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。大栄翔、両手突きで相手を起こし、突き上げる。竜電、両差しになって前に出る。大栄翔、外から抱えて右に回るが俵に詰まり、左から突こうとする。竜電、腰を下ろして寄り切る。大栄翔、土俵下に飛び落ちる。
20180124 11 302 竜電 寄り切り 大栄翔 40

(12) 大翔丸戦 ○寄り切り 3.5秒
 大翔丸、両手をつく。竜電、サッと両手をつき、両腕を内に入れて踏み込む。大翔丸、頭から低く当たる。竜電、右を差して前に出る。大翔丸、左足が俵に詰まり、右から掬う。竜電、堪えて前に出、腰を下ろして寄り切る。
20180125 12 304 竜電 寄り切り 大翔丸 38

(13) 宝富士戦 ○寄り切り 65.2秒
 宝富士、先に両手をつく。竜電、両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。宝富士、その場で立って左肘を固めて当たる。竜電、左を差し、右で押っ付けながら前に出る。宝富士、左に回り、左を差し込んで下手を取る。竜電、右上手に手を伸ばすが取れず、左下手を取り、右で押っ付けながら相手の下手を切る。宝富士、右上手を取る。竜電、右で差し手争い。宝富士、右上手を持って前に出る。竜電、右下手を取り、左差し手を返し、相手の上手を切る。宝富士、左上手を引きつけて前に出る。竜電、土俵際堪え、体を開いて右下手出し投げを打って相手の上手を切り、頭をつける。宝富士も体勢を低くする。竜電、再び右下手出し投げで振り、左を差して前に出ようとするがならず、再び右下手出し投げに行く。宝富士、向き直る。竜電、頭をつけ、右下手を持って左をのぞかせる。宝富士、外から抱えて上体が起きる。竜電、前に出ようとするが相手が動かず。両者、止まる(約16秒間)。竜電、左差し手で起こしながら前に出る。宝富士、俵の上左足一本になり、外に出る。
20180126 13 311 竜電 寄り切り 宝富士 30
20180126 13 311 竜電 寄り切り 宝富士 40

(14) 魁聖戦 ○下手投げ 17.1秒
 魁聖、先に両手をつく。竜電、左、右とサッと手をつき、左肘を固めて頭から踏み込む。魁聖、胸で当たりを受ける。竜電、右を差し、左も差して前に出る。魁聖、外から抱える。竜電、左下手で後ろ廻しを取って前に出る。魁聖、左上手を取り、右を巻き替えようとするがならず、俵に足を掛けながら右上手を取る。竜電、右肘を張って相手の上手を切り、土俵内へ左下手投げを打つ。魁聖、乗じて中に戻り、左を差す。竜電、左下手で結び目を持ち、右で押っ付けながら前に出る。魁聖、伸びた右上手を持って堪え、土俵際、体を開いて右上手投げに行く。竜電、左下手投げを打ち返す。両者、俵の外に倒れるが、魁聖の左肘が先に土俵につく。
20180127 14 306 竜電 下手投げ 魁聖 40-2
20180127 14 306 竜電 下手投げ 魁聖 45

(楽) 千代丸戦 ●引き落し 1.3秒
 竜電、先に左手をつき、右手をぶらぶら動かす。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。竜電、素早く立ち、頭から踏み込む。千代丸、両手で相手の肩を押さえ、右に開く。竜電、土俵に両手をついて落ちる。
20180128 15 306 千代丸 引き落とし 竜電 40

《2018年初場所取組内容・目次へ》

錦木 2018年初(一月)場所取組内容

201801-にしきぎ

前頭15枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前、時津風部屋に出稽古に行った際、同じく出稽古に来ていた横綱鶴竜らと稽古した。

前頭15枚目で迎えた今場所、初日は新入幕の竜電に上手投げで倒され、黒星発進。
二日目、朝乃山に寄り切られて連敗。
三日目の豊山戦。土俵際 叩き込んで軍配をもらうも「取り直し」に。その相撲で押し出し、初日を出す。
四日目、石浦を寄り倒して連勝。星を五分にする。
七日目 新入幕の阿炎、八日目 大翔丸と連敗。3勝5敗と黒星先行に。
九日目 ベテランの豪風、十日目 先場所十両優勝の蒼国来と連勝。5勝5敗と星を五分に。
十三日目、千代の国に引き落とされて7敗目と後がなくなる。
十四日目 関取最年長の安美錦、千秋楽 新入幕を目指す旭大星と連勝し、8勝7敗と千秋楽に勝ち越しを決める。(→千秋楽 付け人とタイミングのあったグータッチ→十二日目タイミングの合わなかったグータッチ

勝ち越しは3場所ぶり
待った4回は、松鳳山、安美錦と並んで今場所の幕内最多平均取組時間3.97秒は、今場所の幕内で最短。(→幕内取組各種データ順位



(初) 竜電戦 ●上手投げ 6.1秒
 錦木、左手をつく。竜電、すぐに左手をサッとついて頭から踏み込む。錦木、立てず。2度目、錦木、両手をつく。竜電、すぐに左手をサッとついて頭から踏み込む。錦木、頭から低く当たる。竜電、左を差し、右で押っ付けながら右上手を取り、すぐに上手投げを下に打つ。錦木、土俵に転がる。
20180114 01 302 竜電 上手投げ 錦木 40

(2) 朝乃山戦 ●寄り切り 4.8秒
 錦木、先に両手をつく。朝乃山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。錦木、頭から低く当たる。朝乃山、両差しになり、右差し手を返しながら左下手を取る。錦木、右を巻き替え、土俵際、右から掬おうとする。朝乃山、上手になった左廻しを引きつけて寄る。錦木、腰が伸びて俵を割る。
20180115 02 302 朝乃山 寄り切り 錦木 40

(3) 豊山戦 ○押し出し 4.2秒
 錦木、先に両手をつく。豊山、両手をサッとつく。錦木、踏み込んで右を差す。豊山、右肘を固めて低く当たり、左押っ付けで押し上げ、顎に向かって突き放す。錦木、再び右を差そうとする。豊山、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。錦木、相手の圧力に下がる。豊山、左喉輪で押し上げながら前に出、突き放す。錦木、俵に詰まるが、叩きながら俵伝いに左へ回る。豊山、土俵に落ち、錦木、俵の外に出る。木村銀治郎は、軍配を錦木に上げる。「物言い」がつき、協議の結果、出羽海審判長は「錦木の踵が出るのと豊山の手がつくのが同時」と説明、「取り直し」に。(10.3秒)
20180116 03 303 01 錦木-豊山 40
〔説明する出羽海審判長〕
20180116 03 303 01 錦木-豊山 65 説明する出羽海審判長
<取り直しの相撲>錦木、先に両手をつく。豊山、両手をサッとつく。その直前、錦木、素早く立って踏み込む。豊山、遅れて立つが、木村銀治郎、立合いを止める。2度目、錦木、先に両手をつく。豊山、両手をサッとついて立ち、右肘を固めて踏み込む。錦木、頭から当たる。豊山、両差しを狙うが差せず。錦木、右を差す。豊山、体勢を低くして左から絞る。錦木、押す。豊山、引く。錦木、乗じて前に出る。豊山、上体が起きて俵を割る。(4.2秒)
20180116 03 303 02 錦木 押し出し 豊山 40

(4) 石浦戦 ○寄り倒し 4.8秒
 石浦、先に両手をつく。錦木、左、右と手をつく。石浦、素早く立ち、頭から踏み込む。錦木、胸で当たり、両差しを狙う。石浦、頭をつけ、左から絞る。錦木、左を差し、右前腕で相手の顎を押し上げながら前に出る。石浦、俵に詰まり、両手で相手の左腕を手繰って右に回り、一本背負いの体勢になろうとするが、右膝から俵の外に落ちる。
20180117 04 302 錦木 寄り倒し 石浦 40

(5) 大栄翔戦 ●叩き込み 6.3秒
 大栄翔、先に両手をつく。錦木、左、右とサッと手をつく。大栄翔、左肘を固め、右手を出して頭から踏み込む。錦木、頭から当たる。大栄翔、突っ張る。錦木、下からあてがい、押し上げながら前に出る。大栄翔、上体が起きて俵に詰まるが、叩きながら俵伝いに左へ回り込む。錦木、土俵に飛び落ちて転がる。
20180118 05 304 大栄翔 叩き込み 錦木 40

(6) 大奄美戦 ○小手投げ 4.6秒
 錦木、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつき、右肘を固めて頭から低く踏み込む。錦木、頭から当たる。大奄美、両差しになる。錦木、左で差し手を抱え、左に回りながら右を差す。大奄美、左上手を取って前に出る。錦木、土俵際、左小手投げを打ちながら下がる。大奄美、土俵に転がる。
20180119 06 302 錦木 小手投げ 大奄美 40

(7) 阿炎戦 ●掬い投げ 12.4秒
 阿炎、右手をつく。錦木、左手をつき、右手をつこうとする。阿炎、左手をサッとついて素早く立ち、両手突きに行く。錦木、遅れてその場で立つ。阿炎、突っ張る。錦木、下からあてがう。阿炎、右に開いて右で後ろ廻しを一瞬取り、顎に向かって突っ張る。錦木、下からあてがうが下がり、土俵際を左に回る。阿炎、叩き、右を差して右から掬う。錦木、体が飛び、土俵に裏返る。
20180120 07 302 阿炎 掬い投げ 錦木 40

(中) 大翔丸戦 ●押し出し 5.2秒
 大翔丸、先に両手をつく。錦木、手をつこうとする。大翔丸、ふわっと突っ掛ける。2度目、錦木、先に両手をつく。大翔丸、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大翔丸、頭から踏み込む。錦木、左肘を固めて当たる。大翔丸、低く当たり、左筈で脇を押し上げ、右で押っ付けて前に出る。錦木、上体が起き、土俵際を右に回る。大翔丸、逃さず押す。錦木、土俵下に落ちる。
20180121 08 306 大翔丸 上手投げ 錦木 40

(9) 豪風戦 ○押し出し 3.7秒
 錦木、先に左手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。錦木、遅れて右手をサッとつき、その場で立つ。豪風、押し上げ、両差しになるが、右を抜いて肩透かしで左に回る。錦木、前にのめりになる。豪風、俵の外に飛び、そのわずか後に、錦木、土俵に落ちる。
20180122 09 303 錦木 押し出し 豪風 40

(10) 蒼国来戦 ○寄り切り 47.9秒
 錦木、先に手をつく。蒼国来、左手をつき、右手を動かす。錦木、前のめりになって手を戻すが、すぐにまたつく。蒼国来、右手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から当たる。錦木、頭から低く当たる。蒼国来、右喉輪で押し上げ、右に引いていなす。錦木、向き直って両差しになろうとする。蒼国来、左右から押っ付けから左を差し、頭をつけ、右から絞って右上手前廻しを取る。錦木、土俵際左を差し、掬い投げで振り、左をねじ込んで深い下手を取る。蒼国来、中に戻る。両者、左四つで胸が合い、蒼国来は上手、錦木は左下手を持った体勢。蒼国来、右上手を引きつけて前に出る。錦木、左下手を持って堪える。両者、止まる(約3秒間)。蒼国来、上手を引きつけて前に出ようとする。錦木、左下手を持って堪え、右上手を探るが取れず。両者、しばらく止まる(約14秒間)。錦木、右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を捻って上手を与えず、一呼吸後、右上手で振る。錦木、右を巻き替えようとするがならず。蒼国来、左下手も取って前に出る。錦木、土俵際、右小手で振って体を入れ替え、そのまま寄り切る。
20180123 10 304 錦木 寄り切り 蒼国来 40

(11) 碧山戦 ●突き出し 5.0秒
 錦木、先に両手をつく。碧山、右手をサッとつき、右手を出す。両者、頭で当たり合う。碧山、叩きながら右に回る。錦木、向き直るが、押されて重心が後ろになる。碧山、突っ張りながら前に出る。錦木、土俵際を左へ回る。碧山、逃さず突き出す。
20180124 11 301 碧山 突き出し 錦木 43

(12) 輝戦 ○寄り切り 30.7秒
 輝、先に両手をつく。錦木、左手をつく。輝、突っ掛ける。2度目、錦木、先に手をつく。輝、両手をサッとつく。その直前、錦木、素早く立ち、頭から踏み込む。輝、頭から当たり、突き放そうとする。錦木、右で相手の腕を引っ張り込み、左を差して深い下手を取る。輝、右を巻き替えようとする。錦木、下手を持った左腕を返して巻き替えを許さず、自分が右を巻き替えようとするが止める。輝、左下手を取る。両者、左四つでしばらく止まる(約20秒間)。錦木、右を巻き替えてねじ込む。輝、すぐに右を巻き替える。錦木、乗じて左上手を持って前に出、右下手も取り、両廻しを引きつけて寄る。輝、腰が伸びて俵を割る。
20180125 12 302 錦木 寄り切り 輝 40

(13) 千代の国戦 ●引き落し 5.5秒
 両者、同時に左手をつく。千代の国、右手をサッと動かして素早く立つ。錦木、遅れてその場で立つ。千代の国、両手突きで相手を仰け反らせ、引く。錦木、乗じて前に出る。千代の国、突っ張る。錦木、下から撥ね上げて堪える。千代の国、機を見て叩く。錦木、土俵に両手をつく。
20180126 13 308 千代の国 引き落とし 錦木 40

(14) 安美錦戦 ○押し出し 5.4秒
 錦木、先に両手をつく。安美錦、右手をとんとつく。錦木、見ながら立つ。安美錦、頭から当たり、左筈で胸を、右で顎を押し上げる。錦木、仰け反るが堪える。安美錦、左へ回っていなす。錦木、向き直る。安美錦、突き上げ、右で頭を押さえながら引く。錦木、乗じて押しながら一気に前に出る。安美錦、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180127 14 304 錦木 押し出し 安美錦 42

(楽) 旭大星戦 ○押し出し 15.7秒
 旭大星、先に手をつく。錦木、腰を下ろし、左手をつき、右手をサッとつく。旭大星、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。錦木、左を差そうとする。旭大星、両手で突き放す。錦木、突き返しながら前に出る。旭大星、土俵際押し返し、右に回り、左前廻しに手を掛ける。錦木、腰を引いて廻しを切る。旭大星、右喉輪で押し上げながら前に出る。錦木、左で突いて喉輪を外す。旭大星、右筈で相手の脇を押し上げる。錦木、土俵際、左で相手の右腕を引っ張り込み、叩きながら左へ開き、左で廻しに手を伸ばす。旭大星、向き直る。錦木、押しながら前に出る。旭大星、相手の左腕を手繰りながら土俵際を右に回ろうとする。錦木、逃さず押し出す。
20180128 15 302 錦木 押し出し 旭大星 35
20180128 15 302 錦木 押し出し 旭大星 40

《2018年初場所取組内容・目次へ》

石浦 2018年初(一月)場所取組内容

201801-いしうら

前頭10枚目だった9月場所は、3勝12敗の成績だった。→九月場所の取組内容
新入幕から6場所連続で務めた幕内から陥落し、西十両筆頭だった先場所、8勝7敗の成績を上げた。

ひと場所で幕内に復帰。前頭13枚目で迎えた今場所、初日は再入幕の豊山を寄り倒して白星発進。
二日目新入幕の阿炎、三日目大奄美を倒して3連勝
四日目、錦木に寄り倒されてから黒星が連なり、新入幕の竜電、朝乃山と3連敗。3勝3敗と星が五分に。
七日目、輝を突き落として4勝目。
中日、先場所十両優勝の蒼国来に上手投げで敗れて再び星が五分に。
九日目の大栄翔戦。中に潜るが、相手の廻しをほどく形になり、途中「廻し待った」に。再開後、下手捻りで倒して5勝目。
十日目、ベテラン豪風に叩き込まれ、また星が五分に。
十一日目、途中休場から再出場した 元大関照ノ富士を送り出し、6勝目。
十二日目、英乃海に寄り切られ、また星が五分に。
十三日目、大翔丸を寄り切って7勝目。勝ち越しまであと一つとする。
十四日目、千代丸を押し出して勝ち越し決定。
千秋楽、琴勇輝を引き落として3連勝9勝6敗で今場所を終える。
幕内での勝ち越しは、昨年5月場所以来、4場所ぶり。



(初) 豊山戦 ○寄り倒し 9.4秒
 石浦、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方でサッと両手をつく。石浦、素早く立ち、右手を出して頭を下げ、やや左へ踏み出す。豊山、右を差そうとする。石浦、左で押っ付けながら左へ回り、左を差し、土俵際、肩透かしを引いて左へ回る。豊山、前のめりになるが堪え、土俵際向き直る。両者、突き放し合い。石浦、両差しになり、深い左下手を取って左へ回り、前に出る。豊山、土俵際。石浦、そのまま寄る。豊山、土俵下に転落。
20180114 01 303 石浦 寄り倒し 豊山 37
20180114 01 303 石浦 寄り倒し 豊山 43

(2) 阿炎戦 ○引き落し 4.4秒
 阿炎、右手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとついて頭から踏み込む。阿炎、両手で相手の肩を押さえ、突き放そうとする。石浦、低い姿勢で左廻しを取る。阿炎、突き放して廻しを切る。石浦、土俵際、左に開く。阿炎、土俵にバッタリ落ちる。
20180115 02 303 石浦 引き落とし 阿炎 45

(3) 大奄美戦 ○下手投げ 5.1秒
 石浦、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。石浦、左へ変わって左上手を取り、上手投げで相手を土俵際にする。大奄美、左足を俵に掛けて堪え、少し中に戻る。石浦、深い左下手を取り、右で相手の右膝を押さえながら下手投げで土俵内に振り回す。大奄美、土俵に裏返る。
20180116 03 302 石浦 下手投げ 大奄美 40
20180116 03 302 石浦 下手投げ 大奄美 50

(4) 錦木戦 ●寄り倒し 4.8秒
 石浦、先に両手をつく。錦木、左、右と手をつく。石浦、素早く立ち、頭から踏み込む。錦木、胸で当たり、両差しを狙う。石浦、頭をつけ、左から絞る。錦木、左を差し、右前腕で相手の顎を押し上げながら前に出る。石浦、俵に詰まり、両手で相手の左腕を手繰って右に回り、一本背負いの体勢になろうとするが、右膝から俵の外に落ちる。
20180117 04 302 錦木 寄り倒し 石浦 40

(5) 竜電戦 ●寄り切り 5.0秒
 石浦、先に両手をつく。竜電、左手をサッとつく。石浦、左肘を固め、右手を出して頭を下げる。竜電、踏み込み、左を差して前に出、右で下がりを掴む。石浦、右足が俵に掛かる。竜電、右上手で後ろ廻しを取って寄る。石浦、上体が起きて土俵下に落ちる。
20180118 05 302 竜電 寄り切り 石浦 38

(6) 朝乃山戦 ●押し出し 7.1秒
 朝乃山、先に両手をつく。石浦、仕切り線後方で右手をついて時をおき、左手をサッとついて立つ。朝乃山、右肘を固める。石浦、左肘を固め、右手を出して頭を下げる。朝乃山、相手の肩に突っ張りながら前に出る。石浦、頭を上げず。朝乃山、右を差す。石浦、左から絞りながら左へ回る。朝乃山、構わず前に出、押す。石浦、上体が起きて俵を割る。
20180119 06 301 朝乃山 押し出し 石浦 40

(7) 輝戦 ○突き落し 7.1秒
 石浦、先に両手をつく。輝、手をつこうとする。石浦、素早く立ち、両手を出して踏み込む。輝、手をサッとついて立ち、突き放しながら前に出る。石浦、引き、右足を俵に掛けて頭をつける。輝、突き放す。石浦、土俵際を左へ回り、右上手を取り、右に回って体を入れ替える。輝、土俵際、向き直りながら廻しを切り、突き放し、左で突いていなしながら体を入れ替える。石浦、土俵際、向き直りながら左で突く。輝、土俵にバッタリ落ちる。
〔土俵際上手を取る石浦〕
20180120 07 305 石浦 突き落とし 輝 25 土俵際上手を取る石浦
〔土俵際突き放す輝〕
20180120 07 305 石浦 突き落とし 輝 30 土俵際突き放す輝
〔土俵際突く石浦〕
20180120 07 305 石浦 突き落とし 輝 37 土俵際突く石浦

(中) 蒼国来戦 ●上手投げ 13.5秒
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。蒼国来、左手をついて時をおき、右手をサッとついて立つ。石浦、右手を出して頭から踏み込む。蒼国来、踏み込んで右を差す。石浦、頭をつけ、左で押っ付けながら左へ回る。蒼国来、右を差そうとしながら前に出る。石浦、相手の右腕を手繰って左へ回る。蒼国来、向き直って腕を抜く。両者、頭をつけて押し合う。石浦、左上手を取る。蒼国来、右を抜いて相手の左腕を抱え、左差し手で相手を起こそうとする。石浦、相手の左脇下から頭を出す体勢になるが、左下手を持って前に出る。蒼国来、右で肩越しの上手を取って引く。石浦、乗じて前に出る。蒼国来、俵に両足を掛け、低い体勢で手前に上手投げ。石浦、左膝から土俵に落ちる。蒼国来が投げに行くとき、右膝がついているように見えたが、物言いはつかず。
〔相手の腕を手繰る石浦〕
20180121 08 303 蒼国来 上手投げ 石浦 15 相手の腕を手繰る石浦
〔蒼国来の上手投げ〕
20180121 08 303 蒼国来 上手投げ 石浦 38

(9) 大栄翔戦 ○下手捻り 16.2秒
 大栄翔、先に両手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、右手を出す。石浦、頭を下げて潜り、中に入っる。大栄翔、左を差す。石浦、深い左下手を取って頭をつけ、右上手前廻しも取るが、左で相手の廻しの結び目をほどいてしまう。行司 式守錦太夫、両者の動きを止め、廻しを締め直す。両者を同時に叩いて、取組再開(廻し待った中断:30秒間)。大栄翔、両手で相手の左腕を極め上げようとする。石浦、堪え、再び低い体勢になり、機を見て左下手で捻りながら右に回る。大栄翔、土俵に裏返る。
〔潜る石浦〕
20180122 09 302 石浦 下手捻り 大栄翔 05 潜る石浦
〔廻し待った〕
20180122 09 302 石浦 下手捻り 大栄翔 15 廻し待った
〔石浦の下手捻り〕
20180122 09 302 石浦 下手捻り 大栄翔 37

(10) 豪風戦 ●叩き込み 1.4秒
 石浦、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で左手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。石浦、右手を出して低く当たる。豪風、両手で押し上げ、頭を叩きながら左に開く。石浦、両手を土俵につく。
20180123 10 303 豪風 叩き込み 石浦 40

(11) 照ノ富士戦 ○送り出し 2.4秒
 石浦、先に両手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右肩から踏み込もうとする。石浦、右手を出し、左に変わって左上手を取って出し投げでいなし、後ろについて押す。照ノ富士、向き直れず、俵の外に出る。
20180124 11 306 石浦 送り出し 照ノ富士 40

(12) 英乃海戦 ●寄り切り 7.2秒
 石浦、先に両手をつく。英乃海、仕切り線後方で両手をサッとつく。石浦、右手を出して頭から当たり、左で絞りながら左へ回る。英乃海、右を差そうとしながら前に出る。石浦、相手の右腕を手繰りながら左に回る。英乃海、取られた右腕を抜く。石浦、左から張る。英乃海、右を差して前に出る。石浦、土俵際、左で首を巻くが、上体が起きて俵を割る。
20180125 12 301 英乃海 寄り切り 石浦 35
20180125 12 301 英乃海 寄り切り 石浦 40

(13) 大翔丸戦 ○寄り切り 3.5秒
 大翔丸、先に両手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。大翔丸、肩を押して相手を起こす。石浦、低い姿勢で前に出、左下手を取って寄る。大翔丸、上体が起きて土俵下に落ちる。
20180126 13 302 石浦 寄り切り 大翔丸 40

(14) 千代丸戦 ○押し出し 2.7秒
 石浦、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。石浦、素早く立ち、左へ変わっていなす。千代丸、前に泳ぐが向き直る。石浦、両手で胸を押し上げる。千代丸、土俵下に落ち、客席に倒れ込む。
20180127 14 305 石浦 押し出し 千代丸 40

(楽) 琴勇輝戦 ○引き落し 1.0秒
 石浦、先に両手をつき、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、石浦、先に右手をつく。琴勇輝、突っ掛ける。3度目、石浦、右手をつく。琴勇輝、仕切り線後方でサッと手をつく。石浦、素早く立つ。琴勇輝、両手突きに行く。石浦、相手の手を叩いて左に変わる。琴勇輝、前に飛び落ち、土俵下に転がり落ちる。
20180128 15 304 石浦 引き落とし 琴勇輝 35

《2018年初場所取組内容・目次へ》

豊山 2018年初(一月)場所取組内容

201801-ゆたかやま

再入幕で幕内2場所目だった9月場所は、4勝11敗の成績だった。→九月場所の取組内容
十両3枚目だった先場所、9勝6敗の成績を上げる。
場所前、時津風部屋に出稽古に来た横綱白鵬らと稽古した。

再入幕で幕内3場所目の今場所、大銀杏を結って土俵に上がる。(→大銀杏姿の豊山
初日は石浦に寄り倒されて黒星発進。
二日目、大栄翔を押し出して初日を出す。
三日目の錦木戦、相手に軍配が上がるも「取り直し」に。その相撲で押し出されて2敗目。
四日目、学生時代からのライバル 朝乃山に寄り切られて連敗。
五日目の大奄美戦、相手に軍配が上がるも「差し違え」で勝って2勝目。
六日目、輝を押し出して連勝。3勝3敗と星が五分に。
七日目、新入幕の竜電に押し出されて4敗目。
中日ベテランの豪風を突き落としてから白星が連なり、千代の国、新入幕の阿炎と3連勝。6勝4敗と白星先行。
十一日目、魁聖に突き出されて5敗目。
十二日目、栃煌山の休場による不戦勝で7勝目。勝ち越しまであと一つとする。
十三日目、先場所十両優勝の蒼国来に引き落とされて6敗目。
十四日目、大翔丸戦で物言いがつくも、「軍配通り」勝ち、幕内で初めて勝ち越す
千秋楽、千代翔馬を寄り切り、9勝6敗で今場所を終える。
物言い3回は、今場所の幕内で最多。(→幕内取組各種データ順位



(初) 石浦戦 ●寄り倒し 9.4秒
 石浦、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方でサッと両手をつく。石浦、素早く立ち、右手を出して頭を下げ、やや左へ踏み出す。豊山、右を差そうとする。石浦、左で押っ付けながら左へ回り、左を差し、土俵際、肩透かしを引いて左へ回る。豊山、前のめりになるが堪え、土俵際向き直る。両者、突き放し合い。石浦、両差しになり、深い左下手を取って左へ回り、前に出る。豊山、土俵際。石浦、そのまま寄る。豊山、土俵下に転落。
20180114 01 303 石浦 寄り倒し 豊山 37
20180114 01 303 石浦 寄り倒し 豊山 43

(2) 大栄翔戦 ○押し出し 6.1秒
 大栄翔、先に両手をつく。豊山、両手をサッとつく。大栄翔、その直前素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。豊山、当たりを胸で受ける。大栄翔、両手で突き放そうとする。豊山、相手の腕を左から突いていなし、右喉輪で仰け反らせ、両手で押しながら前に出る。大栄翔、右喉輪で押し返す。豊山、突き放し、左筈で相手の脇、右で顎下を力強く突き放す。大栄翔、体が後ろに飛んで俵に詰まり、土俵下に落ちる。
20180115 02 304 豊山 押し出し 大栄翔 35

(3) 錦木戦 ●押し出し 4.2秒
 錦木、先に両手をつく。豊山、両手をサッとつく。錦木、踏み込んで右を差す。豊山、右肘を固めて低く当たり、左押っ付けで押し上げ、顎に向かって突き放す。錦木、再び右を差そうとする。豊山、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。錦木、相手の圧力に下がる。豊山、左喉輪で押し上げながら前に出、突き放す。錦木、俵に詰まるが、叩きながら俵伝いに左へ回る。豊山、土俵に落ち、錦木、俵の外に出る。木村銀治郎は、軍配を錦木に上げる。「物言い」がつき、協議の結果、出羽海審判長は「錦木の踵が出るのと豊山の手がつくのが同時」と説明、「取り直し」に。(10.3秒)
20180116 03 303 01 錦木-豊山 40
〔説明する出羽海審判長〕
20180116 03 303 01 錦木-豊山 65 説明する出羽海審判長
<取り直しの相撲>錦木、先に両手をつく。豊山、両手をサッとつく。その直前、錦木、素早く立って踏み込む。豊山、遅れて立つが、木村銀治郎、立合いを止める。2度目、錦木、先に両手をつく。豊山、両手をサッとついて立ち、右肘を固めて踏み込む。錦木、頭から当たる。豊山、両差しを狙うが差せず。錦木、右を差す。豊山、体勢を低くして左から絞る。錦木、押す。豊山、引く。錦木、乗じて前に出る。豊山、上体が起きて俵を割る。(4.2秒)
20180116 03 303 02 錦木 押し出し 豊山 40

(4) 朝乃山戦 ●寄り切り 9.5秒
 朝乃山、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めてやや左へ踏み出す。豊山、頭から当たる。朝乃山、右を差し、左上手に手を伸ばすが取れず。豊山、顎に向かって押し上げる。朝乃山、下からあてがって下がらず、深い左下手を取って前に出る。豊山、右上手に手を掛ける。朝乃山、右を巻き替えに行く。豊山、左押っ付けで巻き替えを許さず、左差しで前に出る。朝乃山、左下手投げで体を入れ替え、寄る。豊山、俵の外に出る。
〔下手投げで体を入れ替える朝乃山〕
20180117 04 304 朝乃山 寄り切り 豊山 35 下手投げで体を入れ替える
〔朝乃山の寄り切り〕
20180117 04 304 朝乃山 寄り切り 豊山 40

(5) 大奄美戦 ○押し出し 14.8秒
 豊山、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとついて立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。豊山、右手を出して頭から当たり、左で押っ付け、右喉輪で押し上げながら前に出る。大奄美、仰け反りながら左へ回り、右、左と顎に向かって押し上げる。豊山、押しながら前に出る。大奄美、右喉輪で押し上げる。豊山、左押っ付けで喉輪を外す。大奄美、右で顎を、肩を押し、右を差そうとするがならず、肩透かし気味に一気に引く。豊山、前のめりになって飛ぶ。大奄美、土俵下へ飛び、豊山、土俵に落ちる。木村銀治郎は、軍配を大奄美に上げる。「物言い」がつき、協議の結果、藤島審判長は「大奄美の踵が先に出ている」と説明、「軍配差し違え」で、豊山の勝ちとなる。VTRでは、両者のタイミングが微妙だった。
20180118 05 303 豊山 押し出し 大奄美 39
20180118 05 303 豊山 押し出し 大奄美 40-2
〔説明する藤島審判長〕
20180118 05 303 豊山 押し出し 大奄美 60 説明する藤島審判長

(6) 輝戦 ○押し出し 6.6秒
 輝、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方でサッと両手をつくう。輝、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。豊山、右肘を固めて当たる。両者、押し合う。豊山、右喉輪で相手を起こし、右筈、左喉輪で前に出る。輝、俵に詰まり、右で喉輪を外す。豊山、右筈で脇を押し上げる。輝、体が傾き、俵の外に出る。
20180119 06 305 豊山 押し出し 輝 40

(7) 竜電戦 ●押し出し 12.4秒
 豊山、左手をつく。竜電、すぐに左、右とサッと手をついて突っ掛ける。2度目、豊山、先に両手をつく。竜電、左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊山、右肘を固める。竜電、頭から踏み込み、両差しになろうとする。豊山、左から押っ付け、突き放しながら前に出る。竜電、下からあてがい、土俵際、右を差す。豊山、突き放し、右から張る。竜電、左を差し、右から押っ付けながら前に出る。豊山、上体が起きて土俵下に落ちる。
20180120 07 301 竜電 押し出し 豊山 42

(中) 豪風戦 ○突き落し 6.2秒
 豊山、先に左手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。豊山、右肘でかち上げる。豪風、左に回る。豊山、突っ張りながら前に出、引く。豪風、前のめりになる。豊山、そこを左から突く。豪風、土俵に前転。
20180121 08 302 豊山 突き落とし 豪風 40

(9) 千代の国戦 ○寄り倒し 15.1秒
 千代の国、先に手をつく。豊山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、左肘を固めて頭から踏み込む。豊山、右肘を固め、かち上げ気味に当たる。両者、激しく突き放し合う。千代の国、右から思い切り張り、突き上げる。豊山、右から張りに行くがかわされ、両手で突き上げる。千代の国、左喉輪で押して前に出る。豊山、土俵際あてがって堪える。千代の国、引いて左へ回る。豊山、向き直って前に出る。千代の国、右から突いて右に回り、突き上げる。豊山、向き直り、右喉輪で押し上げながら前に出る。千代の国、左筈で相手の脇を押し上げる。豊山、左を差して寄り、右押っ付けで突く。千代の国、俵の外に倒れ、土俵下に転がり落ちる。
〔張る千代の国〕
20180122 09 307 豊山 寄り倒し 千代の国 10 張る千代の国
〔豊山の寄り倒し〕
20180122 09 307 豊山 寄り倒し 千代の国 37

(10) 阿炎戦 ○押し倒し 7.0秒
 阿炎、先に手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿炎、両手突きで相手を起こし、突っ張る。豊山、下から撥ね上げ、左で相手の腕を突き、押しながら前に出る。阿炎、上体が起きて俵に詰まるが、相手の右腕を手繰りながら俵伝いに左へ回る。豊山、突き放しながら前に出る。阿炎、俵の外に吹っ飛んで倒れ、両足バンザイで土俵下へ。
20180123 10 302 豊山 押し倒し 阿炎 40

(11) 魁聖戦 ●突き出し 12.9秒
 魁聖、先に両手をつく。豊山、両手をサッとつく。魁聖、素早く立ち、両腕を内に入れて踏み込む。豊山、両手を出して低く当たり、顎に向かって押し上げ、胸に向かって突っ張る。魁聖、下から撥ね上げて下がらず、押しながら前に出る。豊山、上体が起きて土俵下に落ちる。
〔突っ張る豊山、あてがう魁聖〕
20180124 11 307 魁聖 突き出し 豊山 15 突っ張る豊山、あてがう魁聖
〔魁聖の突き出し〕
20180124 11 307 魁聖 突き出し 豊山 35

(12) 栃煌山戦 □ 不戦勝 
 栃煌山、「左大胸筋肉離れ」のため、休場。
20180125 12 309 豊山 不戦勝 栃煌山

(13) 蒼国来戦 ●引き落し 9.2秒
 豊山、仕切り線後方で先に両手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて踏み込む。豊山、右肘を固めて当たる。蒼国来、右を差す。豊山、左で押っ付け、突っ張りながら前に出る。蒼国来、下からあてがい、再び右を差そうとする。豊山、突っ張る。蒼国来、下からあてがって右を差す。豊山、左で相手の右腕を押し上げる。蒼国来、上体が起きて土俵際。豊山、突き出そうとする。蒼国来、右で頭を押さえて左で突いて左へ回る。豊山、土俵にバッタリ落ちる。
20180126 13 301 蒼国来 引き落とし 豊山 37

(14) 大翔丸戦 ○押し出し 2.4秒
 大翔丸、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。大翔丸、頭から低く当たる。豊山、右かち上げで相手を起こす。大翔丸、引く。豊山、乗じて前に出る。両者、俵の外に飛び出る。式守錦太夫、軍配を豊山に上げる。「物言い」がつき、同体か協議した結果、藤島審判長は「大翔丸の足が先に出ている」と説明。「軍配通り」豊山の勝ち。
20180127 14 303 豊山 押し出し 大翔丸 40
20180127 14 303 豊山 押し出し 大翔丸 40-2
〔説明する藤島審判長〕
20180127 14 303 豊山 押し出し 大翔丸 60 藤島審判長

(楽) 千代翔馬戦 ○寄り切り 3.3秒
 豊山、仕切り線後方で左手をつき、右手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。豊山、素早く立ち、右肘を固める。千代翔馬、右手を出して頭から踏み込み、左下手に手を伸ばして取る。豊山、左を差して一気に前に出る。千代翔馬、俵に詰まり、右から突きながら右に回り込もうとする。豊山、逃さず左差しで寄り切る。
20180128 15 309 豊山 寄り切り 千代翔馬 40

《2018年初場所取組内容・目次へ》

阿炎 2018年初(一月)場所取組内容

201801-あび

十両5枚目だった先場所、11勝4敗の成績を上げる。
初場所、前頭14枚目に昇進し、新入幕
番付発表の日、師匠の錣山親方と会見。「三賞を総なめしたい」との発言に、師匠が、横綱と当たらないと無理だから「二つくらいって、謙虚に言っておけ」と修正させる場面も。(会見の様子 →三賞総なめ発言と師匠のツッコミ→錣山親方「こいつ、笑うと止まらない」→阿炎「世代交代、考えたことない」
その他にも、部屋への取材時に「好き嫌いない」という阿炎に対し、「すしはサビ抜き、食べるのはエビだけ」と暴露したり(→好き嫌い暴露)、インタビューを受ける阿炎の後ろに乱入したり(→師匠乱入)と、師弟の仲の良さが見られた。

好角家のデーモン閣下、阿武松親方等から期待の力士として挙げられる。(→おはよう日本 デーモン閣下→今年のイチ押し力士 阿武松親方推薦

初場所の大相撲中継では、新入幕の挨拶とともに、戌年生まれのため、年男としての挨拶も流れる。(→新入幕挨拶→年男挨拶
初日は大栄翔に突き落とされて黒星発進。
二日目、石浦に引き落とされて連敗。
三日目、ベテラン豪風を突き出し、初日を出す。花道奥で「やっとだよ」と声を出す。(→「やっとだよ」
四日目、同じ新入幕の竜電を上手投げで倒して連勝。
五日目、輝を引き落として3連勝。3勝2敗と白星先行に。
六日目、大翔丸に叩き込まれて星が五分に。
七日目から錦木、大奄美、朝乃山と3連勝。6勝3敗と白星先行。
十日目、豊山に押し倒されて4敗目。
十一日目栃煌山、十二日目千代丸と連勝し、勝ち越し決定。
十三日目、魁聖を送り出して3連勝。9勝目。
十四日目、元大関琴奨菊に寄り切られて5敗目。
千秋楽、勝てば三賞受賞が懸かる松鳳山戦。押し出しで勝ち、10勝5敗の成績を上げ、敢闘賞受賞。三賞インタビューの最後でサッとVサイン。(→ピース阿炎
幕下だった2016年11月場所から8場所連続勝ち越し



(初) 大栄翔戦 ●突き落し 7.1秒
 大栄翔、先に両手をつく。阿炎、右手をつき、左手をサッとつく。大栄翔、立つ。阿炎、相手が当たる前に 長い腕で両手突き、顎に向かって突っ張る。大栄翔、仰け反りながらも下がらず。阿炎、叩きながら右に開く。大栄翔、向き直る。阿炎、顎に向かって突きながら前に出る。大栄翔、土俵際、左から突いて左に開く。阿炎、前に落ちる。
20180114 01 304 大栄翔 突き落とし 阿炎 40

(2) 石浦戦 ●引き落し 4.4秒
 阿炎、右手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとついて頭から踏み込む。阿炎、両手で相手の肩を押さえ、突き放そうとする。石浦、低い姿勢で左廻しを取る。阿炎、突き放して廻しを切る。石浦、土俵際、左に開く。阿炎、土俵にバッタリ落ちる。
20180115 02 303 石浦 引き落とし 阿炎 45

(3) 豪風戦 ○突き出し 3.2秒
 阿炎、先に右手をつく。豪風、左手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。阿炎、両手突きで相手を起こし、突き放しながら前に出る。豪風、土俵下に飛び落ちる。
20180116 03 304 阿炎 突き出し 豪風 40
〔新入幕初白星インタビューを受ける阿炎〕
20180116 03 304 阿炎 突き出し 豪風 75 新入幕初白星インタビュー 15

(4) 竜電戦 ○上手投げ 9.5秒
 阿炎、先に右手をつく。竜電、左、右と手をサッとつき、頭から踏み込む。阿炎、両手突きで相手を起こし、引いて右に回る。竜電、前のめりになるが堪え、俵伝いに回り込む相手を左で押す。阿炎、俵に足を掛けて堪える。竜電、そこを押す。阿炎、突き放して少し中に戻り、再び引く。竜電、乗じて前に出、押す。阿炎、俵の上で肩越しの左上手を取り、右で頭を押さえながら上手投げ。竜電、土俵に転がる。
20180117 04 303 阿炎 上手投げ 竜電 40

(5) 輝戦 ○引き落し 3.2秒
 阿炎、先に手をつく。輝、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿炎、両手突きから右に回る。輝、押しながら前に出る。阿炎、突き放し、土俵際、叩く。輝、土俵に転がる。
20180118 05 305 阿炎 引き落とし 輝 37

(6) 大翔丸戦 ●叩き込み 3.7秒
 阿炎、先に両手をつく。大翔丸、右手をトントンとつく。阿炎、突っ掛ける。2度目、阿炎、先に両手をつく。大翔丸、右手をトントンとつく。阿炎、前のめりになりかけるが立ち、両手突きから突っ張る。大翔丸、下から撥ね上げ、左を差す。阿炎、右で押っ付けようとする。大翔丸、叩きながら左に回る。阿炎、土俵に落ちる。
20180119 06 306 大翔丸 叩き込み 阿炎 40

(7) 錦木戦 ○掬い投げ 12.4秒
 阿炎、右手をつく。錦木、左手をつき、右手をつこうとする。阿炎、左手をサッとついて素早く立ち、両手突きに行く。錦木、遅れてその場で立つ。阿炎、突っ張る。錦木、下からあてがう。阿炎、右に開いて右で後ろ廻しを一瞬取り、顎に向かって突っ張る。錦木、下からあてがうが下がり、土俵際を左に回る。阿炎、叩き、右を差して右から掬う。錦木、体が飛び、土俵に裏返る。
20180120 07 302 阿炎 掬い投げ 錦木 40

(中) 大奄美戦 ○突き出し 4.6秒
 阿炎、先に両手をつく。大奄美、両手をサッとつき、頭から踏み込む。阿炎、叩きながら左へ変わり、左上手を狙う。大奄美、向き直って上手を与えず。阿炎、顎、胸に突き上げる。大奄美、土俵下に落ちる。
〔立合い変わる阿炎〕
20180121 08 301 阿炎 突き出し 大奄美 07 立合い変わる阿炎
〔阿炎の突き出し〕
20180121 08 301 阿炎 突き出し 大奄美 30

(9) 朝乃山戦 ○引き落し 4.3秒
 阿炎、先に手をつく。朝乃山、両手をサッとつく。阿炎、素早く立ち、両手突きに行く。朝乃山、下から撥ね上げる。阿炎、顎に向かって突き放す。朝乃山、押し返して前に出る。阿炎、右に開く。朝乃山、土俵にバッタリ落ちる。
20180122 09 301 阿炎 引き落とし 朝乃山 35
〔花道奥で付け人に懸賞金付きの下がりを渡す阿炎〕
20180122 09 301 阿炎 引き落とし 朝乃山 72 懸賞付きの下がりを渡す 01
20180122 09 301 阿炎 引き落とし 朝乃山 72 懸賞付きの下がりを渡す 05

(10) 豊山戦 ●押し倒し 7.0秒
 阿炎、先に手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿炎、両手突きで相手を起こし、突っ張る。豊山、下から撥ね上げ、左で相手の腕を突き、押しながら前に出る。阿炎、上体が起きて俵に詰まるが、相手の右腕を手繰りながら俵伝いに左へ回る。豊山、突き放しながら前に出る。阿炎、俵の外に吹っ飛んで倒れ、両足バンザイで土俵下へ。
20180123 10 302 豊山 押し倒し 阿炎 40

(11) 栃煌山戦 ○突き出し 1.4秒
 阿炎、先に右手をつく。栃煌山、足をすり、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。阿炎、両手突きからそのまま前に出る。栃煌山、顔をしかめて力なく俵を割る。
20180124 11 308 阿炎 突き出し 栃煌山 40

(12) 千代丸戦 ○押し出し 12.3秒
 阿炎、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿炎、その場で立ち、叩こうとしながら左に変わり、左で突きながら左へ回る。千代丸、向き直る。阿炎、突っ張りながら前に出る。千代丸、あてがいながら土俵際を左へ回って体を入れ替え、両手で突き上げる。阿炎、叩きながら引く。千代丸、乗じて突き放しながら前に出る。阿炎、土俵際から突っ張りながら前に出る。千代丸、俵に詰まり、叩きながら俵伝いに左へ回るが、回り込めずに外に出る。
20180125 12 308 阿炎 押し出し 千代丸 35
〔勝ち越しインタビューを受ける阿炎〕
20180125 12 308 阿炎 押し出し 千代丸 75 阿炎勝ち越し 31 カット

(13) 魁聖戦 ○送り出し 6.0秒
 両者、ほぼ同時に両手をサッとついて立つ。阿炎、両手突きで相手を起こし、引いて左へ回る。魁聖、向き直る。阿炎、顎に向かって押し上げ、左に回って左上手を取り、相手の後ろについて送り出す。
20180126 13 307 阿炎 送り出し 魁聖 40 飛んでる

(14) 琴奨菊戦 ●寄り切り 9.3秒
 阿炎、先に手をつく。琴奨菊、手をつこうとする。阿炎、突っ掛ける。2度目、阿炎、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をサッとつき、頭から踏み込む。阿炎、両手突きで押し上げてから右に開き、右で後ろ廻しを取る。琴奨菊、向き直る。阿炎、右上手を持って前に出る。琴奨菊、土俵際、差し手を返しながら腰を振って上手を切る。阿炎、右で頭を押さえながら引く。琴奨菊、左を差し、右で相手の左腕を抱えて前に出る。阿炎、左で掬いながら左へ回り、一瞬右で首を巻くが止める。琴奨菊、左差しでどんどん前に出る。阿炎、上体が起きて俵を割る。
20180127 14 313 琴奨菊 寄り切り 阿炎 40

(楽) 松鳳山戦 ○押し出し 7.7秒
 阿炎、右手を土俵のすぐ上に浮かせてなかなかつかず。松鳳山、両手をサッとついて突っ掛ける。2度目、阿炎、先に両手をつく。松鳳山、両手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。阿炎、両手突きに行く。松鳳山、右から張る。阿炎、顎に向かって突っ張りながら前に出、左から突いていなす。松鳳山、後ろ向きになる。阿炎、後ろから抱えて前に出、右で後ろ廻しを取る。松鳳山、右に回って向き直り、相手の廻しを切る。阿炎、突き放して前に出る。松鳳山、土俵下に飛び落ちる。阿炎、勝って三賞受賞を決める。
〔向き直ろうとする松鳳山〕
20180128 15 307 阿炎 押し出し 松鳳山 25 向き直ろうとする松鳳山
〔阿炎の押し出し〕
20180128 15 307 阿炎 押し出し 松鳳山 37

《2018年初場所取組内容・目次へ》