初場所

千代大龍 2018年初(一月)場所取組内容

201801-ちよたいりゅう

前頭2枚目だった先場所は、7勝8敗で5場所ぶりに負け越した。→先場所の取組内容

前頭3枚目で迎えた今場所、初日は関脇玉鷲に押し出されて黒星発進。
そのまま関脇御嶽海、大関高安、横綱鶴竜らに敗れて5連敗
六日目、稀勢の里休場による不戦勝で初日を出す。
七日目、荒鷲に叩き込まれて6敗目。
中日、大関豪栄道と対戦。立合い当たり勝って一気に突き出し、相撲を取っての初白星。
九日目隠岐の海、十日目北勝富士と先場所活躍した八角部屋の二人に続けて勝ち、3連勝
十一日目、元大関琴奨菊に寄り切られ、7敗目と後がなくなる。
そこから白星を連ね、千秋楽まで4連勝。8勝7敗と勝ち越す。
勝ち越しは2場所ぶり。



(初) 玉鷲戦 ●押し出し 4.2秒
 千代大龍、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。千代大龍、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。玉鷲、頭から当たる。千代大龍、押しながら前に出る。玉鷲、俵に詰まるが、押っ付けながら堪える。千代大龍、引く。玉鷲、乗じて押しながら一気に前に出る。千代大龍、土俵際、叩いて右に回ろうとするが、押されて俵の外に出る。その後、玉鷲、土俵下の浅香山審判の上に落ちる。
20180114 01 315 玉鷲 押し出し 千代大龍 40

(2) 御嶽海戦 ●寄り切り 1.7秒
 御嶽海、先に右手をつく。千代大龍、なかなか手をつかず。御嶽海、手を戻し、腰を上げる。2度目、千代大龍、先に右手をつく。御嶽海、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右肩から踏み込む。千代大龍、右で相手の肩を押さえ、左上手を探って取る。御嶽海、右差しで一気に前に出る。千代大龍、右足が俵の外に出、崩れ落ちる。
20180115 02 315 御嶽海 寄り切り 千代大龍 43

(3) 高安戦 ●突き落し 3.9秒
 千代大龍、先に右手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代大龍、左肩から踏み込む。高安、両肘を固め、両者、体当たり。千代大龍、突っ張る。高安、少し下がるが、右から突く。千代大龍、土俵に転がる。
20180116 03 317 高安 突き落とし 千代大龍 45

(4) 正代戦 ●つきひざ 1.6秒
 千代大龍、先に右手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつく。千代大龍、左手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。正代、右肘を固めて当たる。千代大龍、右喉輪で押すが、左膝から土俵に落ちる。
20180117 04 314 正代 つきひざ 千代大龍 40

(5) 鶴竜戦 ●寄り切り 10.3秒
 千代大龍、仕切り線後方で右手をつく。鶴竜、両手をつこうとする。千代大龍、素早く立つ。鶴竜、遅れて手をサッとついて立つ。千代大龍、待ったと思い、動きを止めかける。しかし立合い成立。鶴竜、頭から低く当たり、前に出ながら右上手を取る。千代大龍、左を差して下手を取る。鶴竜、右上手を引きつけ、左差しでを返しながら寄る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。
20180118 05 320 鶴竜 寄り切り 千代大龍 40

(6) 稀勢の里戦 □ 不戦勝 
 稀勢の里、「左大胸筋損傷の疑い、左前胸部打撲」のため、休場。
20180119 06 319 千代大龍 不戦勝 稀勢の里

(7) 荒鷲戦 ●叩き込み 2.3秒
 荒鷲、先に右手をつき、左手を振る。千代大龍、両手をサッとつく。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、両差しになる。荒鷲、左上手に手を伸ばすが取れず。千代大龍、前に出る。荒鷲、右から突いて叩く。千代大龍、土俵に転がる。
20180120 07 313 荒鷲 叩き込み 千代大龍 40

(中) 豪栄道戦 ○突き出し 2.9秒
 豪栄道、先に右手をつく。千代大龍、右手をつこうとするが止める。豪栄道、ついていた手を戻す。両者、見合う。豪栄道、立合いを嫌って腰を上げる。2度目、千代大龍、仕切り線後方で先に右手をつく。豪栄道、右、左とサッと手をつき、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、踏み込んで当たる。豪栄道、低く当たって右下手を探る。千代大龍、両手で相手を起こし、突き放しながら一気に前に出る。豪栄道、土俵際左へ回ろうとするが、上体が起きて俵を割る。
20180121 08 317 千代大龍 突き出し 豪栄道 40

(9) 隠岐の海戦 ○突き落し 2.4秒
 隠岐の海、先に右手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて踏み込み、右喉輪で押し、それを外して引く。隠岐の海、前のめりになる。千代大龍、そこを右から突く。隠岐の海、前に泳いで土俵に落ちる。
20180122 09 312 千代大龍 突き落とし 隠岐の海 35

(10) 北勝富士戦 ○突き出し 3.3秒
 北勝富士、先に右手をつく。千代大龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、左手を出して頭から踏み込む。千代大龍、左肘でかち上げ気味に当たり、突っ張りながら前に出る。北勝富士、俵に詰まる。千代大龍、相手の胸を突き放す。北勝富士、上体が起きて土俵下に飛び落ちる。
20180123 10 314 千代大龍 突き出し 北勝富士 37

(11) 琴奨菊戦 ●寄り切り 3.9秒
 千代大龍、右手をつく。琴奨菊、すぐに仕切り線後方で左手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、両肘を固めて当たる。琴奨菊、右を差し、左上手前廻しを探るが取れず、左押っ付けでいなし、左も差してがぶる。千代大龍、上体が起きて俵を割る。
20180124 11 314 琴奨菊 寄り切り 千代大龍 37

(12) 宝富士戦 ○突き出し 8.5秒
 宝富士、先に両手をつく。千代大龍、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。宝富士、左肘を固め、右上手を狙う。千代大龍、頭から踏み込んで突き放し、顎に向かって突き上げる。宝富士、下からあてがい、左を差す。千代大龍、下がって体を離し、土俵際から突っ張りながら前に出る。宝富士、下からあてがうが、右足が俵の外に滑り出る。
20180125 12 313 千代大龍 突き出し 宝富士 40-2

(13) 貴景勝戦 ○押し倒し 3.7秒
 貴景勝、両手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。貴景勝、その場で両手を前に出して両手突き。千代大龍、下から撥ね上げ、両手で突き放しながら前に出る。貴景勝、俵に詰まる。千代大龍、相手の胸を押す。貴景勝、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180126 13 315 千代大龍 押し倒し 貴景勝 40

(14) 嘉風戦 ○叩き込み 2.9秒
 両者、手をつこうと動かすもつけず、嘉風、立合いを嫌う。2度目、千代大龍、先に右手をつく。嘉風、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から踏み込む。千代大龍、両手突きで相手を起こし、突っ張りながら前に出、叩きながら大きく引く。嘉風、土俵に落ちる。その後、千代大龍、俵の外にぴょんと出る。
20180127 14 312 千代大龍 寄り切り 嘉風 37

(楽) 大栄翔戦 ○押し出し 4.8秒
 大栄翔、両手をつく。千代大龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、両手を出して頭を下げる。千代大龍、左肘でかち上げ気味に当たる。大栄翔、突き放しに行くが、上体が起きる。千代大龍、両手で突き放しながら前に出る。大栄翔、俵に詰まる。千代大龍、右喉輪で押し上げる。大栄翔、土俵下に落ちる。
20180128 15 312 千代大龍 押し出し 大栄翔 37

《2018年初場所取組内容・目次へ》

琴奨菊 2018年初(一月)場所取組内容

201801-ことしょうぎく

小結だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容
二所ノ関一門連合稽古では、横綱稀勢の里らと稽古した。

前頭2枚目で迎えた今場所、初日は関脇御嶽海と対戦。俵で堪える際、一瞬爪先が俵の外に出て敗れ、黒星発進。
二日目、大関高安と1分40秒を超える相撲の末、上手投げで倒されて連敗。この取組は、今場所の幕内で最長
三日目、大関豪栄道の掬い投げに倒れて3連敗
四日目、横綱稀勢の里と幕内で66回目の対戦。突き落として、初日を出す。先々場所の日馬富士からに続く2つめの金星を獲得。
五日目、横綱白鵬の休場による不戦勝で2勝目。
六日目、今場所進退を懸ける横綱鶴竜に、40秒近い熱戦の末に寄り切られ、4敗目。
七日目、小結阿武咲を土俵際の小手投げで倒して3勝目。
中日、関脇玉鷲に押し出されて5敗目。
九日目、嘉風の引きに乗じて寄り切り、4勝目。
十日目、優勝争いをする栃ノ心に寄り切られて6敗目。
十一日目千代大龍、十二日目新小結貴景勝と連勝。6勝6敗と星を五分に。
十三日目、遠藤に寄り切られ、7敗と後がなくなる。
十四日目、新入幕の阿炎を寄り切り、7勝7敗に。
千秋楽、宝富士に寄り切られ、7勝8敗と惜しくも負け越す。

負け越しは2場所連続。
高安戦での101.8秒は、今場所の幕内全取組の中で最長。琴奨菊の平均取組時間20.5秒は、今場所の幕内力士の中で最長。(→幕内取組各種データ順位



(初) 御嶽海戦 ●寄り切り 5.1秒
 御嶽海、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつく。御嶽海、右肘を固めて踏み込む。琴奨菊、左肘を固めて低く当たる。御嶽海、左を差し、右もねじ込み、両差しになって前に出る。琴奨菊、堪えようとするが、上体が起きて俵に詰まる。御嶽海、寄り立てる。琴奨菊、右足爪先が一瞬俵の外に出る。両者、気づかず相撲を続けるが、土俵下の竹縄審判が手を上げ、木村容堂が取組を止める。
〔琴奨菊の右足爪先が出る〕
20180114 01 316 御嶽海 寄り切り 琴奨菊 39 爪先が出る

(2) 高安戦 ●上手投げ 101.8秒
 高安、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、右肘を固めて踏み込む。高安、両肘を固めて当たる。琴奨菊、右を差す。高安、右を差し、左も差し込んで両差しになる。琴奨菊、差し手を抱えながらがぶる。高安、右から掬う。琴奨菊、右を差す。高安、左上手を取り、引きつける。琴奨菊、腰を振って上手を切ろうとするがならず。高安、右下手を探るが取れず。両者、右四つ、高安が左上手を持った体勢で止まる(約7秒間)。高安、前に出ようとしてから左上手で振る。琴奨菊、堪える。両者、止まる(約4秒間)。高安、前に出ようとするがならず。琴奨菊、右下手を取る。両者、止まる(約15秒間)。琴奨菊、左押っ付けで前に出ようとする。両者、しばらく止まる(約37秒間)。高安、前に出ようとする。琴奨菊、左押っ付けで堪え、機を見て左を巻き替え、両差しになる。高安、右上手を取り、両上手を持って前に出ようとする。琴奨菊、右に回って堪える。高安、両上手を引きつけて前に出る。琴奨菊、俵に詰まる。高安、左上手を離し、手前に豪快な右上手投げ。琴奨菊、宙に舞い、土俵に落ちる。
20180115 02 318 高安 上手投げ 琴奨菊 40

(3) 豪栄道戦 ●掬い投げ 3.4秒
 豪栄道、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をサッとつく。豪栄道、頭から低く踏み込む。琴奨菊、右肘を固めて当たり、左上手前廻しに手を伸ばすが取れず。豪栄道、前に出ながら左、右と差して両差しになり、左から掬う。琴奨菊、土俵に転がる。
20180116 03 318 豪栄道 掬い投げ 琴奨菊 45

(4) 稀勢の里戦 ○突き落し 6.1秒
 稀勢の里、仕切り線後方で右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で、左、右とサッと手をつく。稀勢の里、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、頭から踏み込む。稀勢の里、右手を出して頭から当たり、左を差す。琴奨菊、左を差し、右で差し手を抱えて前に出る。稀勢の里、左から掬って堪える。琴奨菊、左差し手を返し、右押っ付けで前に圧力を掛ける。稀勢の里、左下手を取って堪える。琴奨菊、右から突く。稀勢の里、土俵に転がる。
20180117 04 320 琴奨菊 突き落とし 稀勢の里 43

(5) 白鵬戦 □ 不戦勝 
 白鵬、「左母趾MP関節靱帯損傷、右母趾末節骨骨挫傷、爪下血腫」のため、休場。
20180118 05 319 琴奨菊 不戦勝 白鵬

(6) 鶴竜戦 ●寄り切り 39.6秒
 鶴竜、右手をつく。琴奨菊、すぐに仕切り線後方でサッと両手をつき、左肘を固めて頭から踏み込む。鶴竜、頭から低く当たり、右上手前廻しを狙うが取れず。琴奨菊、右に回り、左差し手を返してがぶりながら前に出る。鶴竜、深い右上手を取って堪える。琴奨菊、左から掬って振り、前に出る。鶴竜、土俵際、右上手投げで振りながら堪える。琴奨菊、左差しで休まず前に出る。鶴竜、右上手を持って土俵際を大きく右へ回り、中に戻って左下手を取る。両者、土俵中央で左四つ、琴奨菊は左下手を持ち、鶴竜は両廻しを引いた形で止まる(約5秒間)。琴奨菊、右で押っ付けながら前に出ようとする。鶴竜、堪える。両者、少し止まる(約3秒間)。琴奨菊、再び右で押っ付けながら前に出ようとする。鶴竜、堪える。両者、止まる(約8秒間)。琴奨菊、また右で押っ付けながら前に出ようとする。鶴竜、腰を捻って相手の下手を切り、両廻しを持って一気に前に出る。琴奨菊、土俵際、左から掬う。鶴竜、振られるが伸びた右上手を持って堪え、左差し手を返して寄る。琴奨菊、俵を割る。
〔回り込んでしのぐ鶴竜〕
20180119 06 320 鶴竜 寄り切り 琴奨菊 20 回り込んでしのぐ鶴竜
〔鶴竜の寄り切り〕
20180119 06 320 鶴竜 寄り切り 琴奨菊 40

(7) 阿武咲戦 ○小手投げ 6.8秒
 阿武咲、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右手を出して頭から踏み込む。琴奨菊、左肘を固め、右で相手の腕を引っ張り込もうとする。阿武咲、押しながら前に出る。琴奨菊、両足が俵に掛かる。阿武咲、左を差し、右喉輪で押し上げる。琴奨菊、俵に両足を掛けて仰け反りながら堪え、右で相手の差し手を抱える。阿武咲、左下手を取って寄るが、右足が少し流れる。琴奨菊、右小手投げを下に打つ。阿武咲、土俵に落ちる。
〔押し上げる阿武咲〕
20180120 07 314 琴奨菊 小手投げ 阿武咲 25
〔琴奨菊の小手投げ〕
20180120 07 314 琴奨菊 小手投げ 阿武咲 37

(中) 玉鷲戦 ●押し出し 6.9秒
 琴奨菊、仕切り線後方で左手をサッとつく。玉鷲、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、左肘を固めて頭を下げる。玉鷲、両手を出して低く踏み込み、両者、頭で当たり合う。玉鷲、左筈で脇を、右で顔を押し上げる。琴奨菊、右を差そうとする。玉鷲、頭をつけて左で押っ付ける。琴奨菊、体を離す。玉鷲、押しながら前に出る。琴奨菊、仰け反って俵を割り、土俵下に落ちる。
20180121 08 316 玉鷲 押し出し 琴奨菊 40

(9) 嘉風戦 ○寄り切り 11.5秒
 嘉風、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をサッとつく。嘉風、右肘を固め、頭から踏み込む。琴奨菊、左肘を固めて当たり、左を差す。嘉風、頭をつけ、左差し手を返し、右から絞りながら前に出る。琴奨菊、一旦左差し手を抜き、右で差し手を抱えながら左を差そうとする。嘉風、右で押っ付けながら前に出る。琴奨菊、俵に詰まるが堪え、左を差そうとし続ける。嘉風、少し引く。琴奨菊、乗じて前に出、左を差して寄る。嘉風、上体が起きて俵を割る。
20180122 09 313 琴奨菊 寄り切り 嘉風 40

(10) 栃ノ心戦 ●寄り切り 10.3秒
 栃ノ心、左手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、右肘を固める。琴奨菊、左肘を固めて頭から低く踏み込み、左上手前廻しに手を掛ける。栃ノ心、腰を遠ざけて上手を与えず、左上手を取る。琴奨菊、左で押っ付け、右下手を取って前に出ようとする。栃ノ心、左上手を持って右に回る。琴奨菊、下手を持った右肘を張りながら上手を切ろうとするが切れず。栃ノ心、右下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。琴奨菊、上体が起きて俵を割る。
20180123 10 313 栃ノ心 寄り切り 琴奨菊 40

(11) 千代大龍戦 ○寄り切り 3.9秒
 千代大龍、右手をつく。琴奨菊、すぐに仕切り線後方で左手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、両肘を固めて当たる。琴奨菊、右を差し、左上手前廻しを探るが取れず、左押っ付けでいなし、左も差してがぶる。千代大龍、上体が起きて俵を割る。
20180124 11 314 琴奨菊 寄り切り 千代大龍 37

(12) 貴景勝戦 ○渡し込み 18.7秒
 貴景勝、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から当たる。琴奨菊、右で相手の腕を引っ張り込み、左を差そうとする。貴景勝、組み止められないように押す。琴奨菊、相手の腕を叩き落とす。貴景勝、両手で押す。琴奨菊、少し叩き、右で引っ張り込もうとする。貴景勝、押しながら前に出る。琴奨菊、左足が俵に掛かる。貴景勝、左筈で脇を、右で肩を押し上げる。琴奨菊、俵に両足を掛けながら堪え、少し中に戻り、右で引っ張り込もうとするがならず、頭を叩く。貴景勝、堪える。琴奨菊、右で相手の左腕をついに引っ張り込み、左を差そうとしながら前に出る。貴景勝、俵に詰まり、右から掬おうとする。琴奨菊、右で相手の足を渡し込みに行く。貴景勝、俵の外に尻餅。琴奨菊、その上に乗る。
20180125 12 316 琴奨菊 渡し込み 貴景勝 37

(13) 遠藤戦 ●寄り切り 13.3秒
 遠藤、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で、左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、右手を出して頭から当たる。琴奨菊、頭から踏み込む。遠藤、押し上げ、叩いて右に開く。琴奨菊、向き直りながら左で顔を押す。遠藤、土俵際、両手で相手の左腕を手繰りながら右に回って体を入れ替え、左喉輪で押し上げ、右下手を取り、左で押っ付ける。琴奨菊、俵に両足を掛けて堪える。遠藤、右下手を持って右に回る。琴奨菊、土俵際、左小手投げで振る。遠藤、右足を大きく上げながら左足一本で堪える。琴奨菊、下がって再び左小手で振る。遠藤、右下手を持って堪え、左押っ付けで押し上げる。琴奨菊、土俵際、また左小手投げに行こうとする。遠藤、腰を落として寄り切る。
〔琴奨菊の小手投げを堪える遠藤〕
20180126 13 312 遠藤 寄り切り 琴奨菊 20 琴奨菊の小手投げを堪える遠藤
〔遠藤の寄り切り〕
20180126 13 312 遠藤 寄り切り 琴奨菊 40

(14) 阿炎戦 ○寄り切り 9.3秒
 阿炎、先に手をつく。琴奨菊、手をつこうとする。阿炎、突っ掛ける。2度目、阿炎、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をサッとつき、頭から踏み込む。阿炎、両手突きで押し上げてから右に開き、右で後ろ廻しを取る。琴奨菊、向き直る。阿炎、右上手を持って前に出る。琴奨菊、土俵際、差し手を返しながら腰を振って上手を切る。阿炎、右で頭を押さえながら引く。琴奨菊、左を差し、右で相手の左腕を抱えて前に出る。阿炎、左で掬いながら左へ回り、一瞬右で首を巻くが止める。琴奨菊、左差しでどんどん前に出る。阿炎、上体が起きて俵を割る。
20180127 14 313 琴奨菊 寄り切り 阿炎 40

(楽) 宝富士戦 ●寄り切り 49.8秒
 宝富士、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつく。宝富士、左肘を固めて踏み込む。琴奨菊、右へ変わって右で相手の左腕を抱える。宝富士、向き直り、下がって体を離し、右に回って右上手を取る。琴奨菊、左から掬うが上手を切れず。宝富士、左下手も取る。琴奨菊廻しを取れず、宝富士両廻しで、両者、左四つで止まる(約4秒間)。宝富士、両廻しを引きつけて前に出る。琴奨菊、右で押っ付けながら堪え、中に戻る。両者、土俵中央左四つで止まる(約8秒間)。宝富士、両廻しを引きつけて前に出る。琴奨菊、右足が俵に掛かるが、左で掬いながら堪え、少し中に戻る。両者、止まる(約11秒間)。琴奨菊、腰を捻って廻しを切ろうとするが切れず、がぶって前に出る。宝富士、伸びた廻しを持ちながら右足を俵に掛けて堪える。琴奨菊、左掬い投げを土俵内へ打ち、体が入れ替わる。宝富士、振られるが堪え、前に出る。琴奨菊、土俵際、右小手投げに行く。宝富士、左差し手を返して堪え、両廻しを引きつけてがぶる。琴奨菊、上体が起きて俵を割る。
20180128 15 313 宝富士 寄り切り 琴奨菊 40

《2018年初場所取組内容・目次へ》

嘉風 2018年初(一月)場所取組内容

201801-よしかぜ

関脇だった先場所、優勝した横綱白鵬にただ一人土をつけるも、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容

場所前の二所ノ関一門連合稽古では、横綱稀勢の里、出稽古に来た横綱鶴竜らと稽古した。(→鶴竜と嘉風が談笑→日刊スポーツ記事 嘉風2横綱からモテモテ 記事が表示されない場合は →こちら))
場所前の収録、戌年の年男としての挨拶では「最年長大関を目指して頑張りたい」と話した。(→年男挨拶 嘉風

前頭2枚目で迎えた今場所、初日は大関高安に小手投げで倒されて黒星発進。
二日目関脇玉鷲、三日目横綱鶴竜に敗れて3連敗
四日目、横綱白鵬を叩き込んで金星獲得。白鵬を破るのは2場所連続。(→殊勲インタビューを受ける嘉風
五日目、横綱稀勢の里を押し倒して二日連続金星獲得。通算金星数は8となり、現役力士では安美錦に並んで最多となる。
六日目、大関豪栄道を叩き込んで3連勝。3勝3敗と星を五分にする。
七日目、初日から勝ちっ放しの御嶽海に引き落とされて4敗目。
中日栃ノ心、九日目元大関琴奨菊と敗れて3連敗
十日目、阿武咲の休場による不戦勝で4勝目。
十一日目、新小結貴景勝に押し出されてから黒星が連なり、千秋楽まで5連敗4勝11敗で今場所を終える。
負け越しは2場所連続。



(初) 高安戦 ●小手投げ 11.7秒
 嘉風、先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から踏み込む。高安、両肘を固めて体当たりする。嘉風、上体が起きる。高安、突っ張りながら前に出る。嘉風、左を差し、右も差そうとする。高安、上体が起きるが、右で差し手を抱えながら堪え、左をねじ込む。嘉風、右に回って体勢を低くし、左を差して深い下手を取る。高安、土俵際、右小手投げで振る。嘉風、左足が上に舞い、右肘から土俵に落ちる。
20180114 01 317 高安 小手投げ 嘉風 38

(2) 玉鷲戦 ●突き出し 6.3秒
 嘉風、先に両手をつく。玉鷲、左、右と手をつく。嘉風、頭から低く踏み込む。玉鷲、突き放して相手を起こし、突っ張り続けて前に出る。嘉風、上体が起きて俵を割る。
20180115 02 316 玉鷲 突き出し 嘉風 40

(3) 鶴竜戦 ●突き落し 2.4秒
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。鶴竜、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込む。嘉風、低く当たる。鶴竜、押し上げて相手を起こし、左から突く。嘉風、土俵に転がる。
20180116 03 321 鶴竜 押し出し 嘉風 40

(4) 白鵬戦 ○叩き込み 3.5秒
 嘉風、先に両手をつく。白鵬、両手をサッとつき、左肘を固めて両足でぴょんと立つ。嘉風、左肘を固めて当たる。白鵬、右で押っ付け、左喉輪で押し上げる。嘉風、仰け反りながら右手で喉輪を外す。白鵬、引いて体を離す。嘉風、乗じて前に出、相手の腕を叩く。白鵬、前に落ちて土俵に両手をつく。
20180117 04 321 嘉風 叩き込み 白鵬 40
〔殊勲インタビューを受ける嘉風〕
20180117 04 321 嘉風 叩き込み 白鵬 75 嘉風 05

(5) 稀勢の里戦 ○押し倒し 12.1秒
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。稀勢の里、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固める。嘉風、右肘を固めて頭から踏み込み、左を差すが、すぐに引きながら叩く。稀勢の里、乗じて前に出る。嘉風、土俵際左へ回る。稀勢の里、向き直る。嘉風、突き放しながら前に出、右を差す。稀勢の里、左押っ付けで突く。嘉風、左下手を取って両差しになる。稀勢の里、外から抱える体勢で寄る。嘉風、右下手投げで振って体を入れ替える。稀勢の里、俵に両足を掛けて堪える。嘉風、両差しで寄る。稀勢の里、仰け反る。嘉風、左筈で相手の胸を押す。稀勢の里、俵を割り、土俵下に転落。
20180118 05 321 嘉風 寄り切り 稀勢の里 40
〔殊勲インタビューを受ける嘉風〕
20180118 05 321 嘉風 寄り切り 稀勢の里 75 嘉風殊勲インタビュー 20

(6) 豪栄道戦 ○叩き込み 1.9秒
 嘉風、先に両手をつく。豪栄道、右手をついて立ち、両肘を固める。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込み、突き放す。豪栄道、頭を下げる。嘉風、そこを叩きながら左へ回る。豪栄道、土俵に両手をつく。
20180119 06 317 嘉風 叩き込み 豪栄道 40-2

(7) 御嶽海戦 ●引き落し 5.8秒
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。御嶽海、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。御嶽海、右肘を固めて当たり、右喉輪。左筈で押しながら前に出る。嘉風、突き放す。御嶽海、少し下がって体を離す。嘉風、叩く。御嶽海、押し上げながら前に出て相手を俵に詰まらせ、引く。嘉風、前にバッタリ落ちる。
20180120 07 316 御嶽海 引き落とし 嘉風 42

(中) 栃ノ心戦 ●突き出し 7.6秒
 嘉風、両手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で両手をサッとつく。嘉風、左肘を固めて頭を下げる。栃ノ心、両肘を固めて当たる。嘉風、右で押っ付け、相手の左上腕を押し上げる。栃ノ心、突き放しながら前に出る。嘉風、土俵際、左へ回って左上手を狙うが取れず。栃ノ心、左から張ろうとする。嘉風、それをかわし、中に入ろうとする。栃ノ心、体を離して中に入れず、突っ張る。嘉風、下からあてがうが、俵の外に出る。
20180121 08 313 栃ノ心 突き出し 嘉風 40
〔嘉風を落とさないように手を取る栃ノ心〕
20180121 08 313 栃ノ心 突き出し 嘉風 47 落ちちゃダメ

(9) 琴奨菊戦 ●寄り切り 11.5秒
 嘉風、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をサッとつく。嘉風、右肘を固め、頭から踏み込む。琴奨菊、左肘を固めて当たり、左を差す。嘉風、頭をつけ、左差し手を返し、右から絞りながら前に出る。琴奨菊、一旦左差し手を抜き、右で差し手を抱えながら左を差そうとする。嘉風、右で押っ付けながら前に出る。琴奨菊、俵に詰まるが堪え、左を差そうとし続ける。嘉風、少し引く。琴奨菊、乗じて前に出、左を差して寄る。嘉風、上体が起きて俵を割る。
20180122 09 313 琴奨菊 寄り切り 嘉風 40

(10) 阿武咲戦 □ 不戦勝 
 阿武咲、「右膝後十字靱帯損傷」のため、休場。
20180123 10 316 嘉風 不戦勝 阿武咲

(11) 貴景勝戦 ●押し出し 17.0秒
 嘉風、先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。貴景勝、両手で突き放して前に出る。嘉風、下からあてがい、土俵際から突き放しながら中に戻る。貴景勝、両手で突き放し続ける。嘉風、下からあてがって堪え、機を見て左を差そうとするがならず、左喉輪で押しながら前に出る。貴景勝、右足が俵に詰まる。嘉風、押し上げてから少し叩き、左下手に手を掛ける。貴景勝、右小手投げで振り回し、左喉輪、右押っ付けで一気に前に出る。嘉風、仰け反って俵を割る。
〔小手投げで振る貴景勝〕
20180124 11 316 貴景勝 押し出し 嘉風 30 小手投げで振る
〔貴景勝の押し出し〕
20180124 11 316 貴景勝 押し出し 嘉風 40

(12) 逸ノ城戦 ●押し倒し 2.6秒
 嘉風、先に両手をつく。逸ノ城、両手をサッとつく。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。逸ノ城、左喉輪で相手を起こし、右で差し手を抱え、左喉輪で仰け反らせながら前に出る。嘉風、後ろに吹っ飛ばされて倒れる。
20180125 12 315 逸ノ城 押し倒し 嘉風 35
20180125 12 315 逸ノ城 押し倒し 嘉風 40

(13) 北勝富士戦 ●押し出し 6.4秒
 嘉風、先に両手をつく。北勝富士、仕切り線後方で右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、やや左へ踏み出す。嘉風、頭から当たる。北勝富士、突き放しながら前に出る。嘉風、下からあてがい、左上手に手を掛けるが取れず。北勝富士、押す。嘉風、土俵際、相手の手を叩いて右に回り、頭を下げる。北勝富士、向き直って押す。嘉風、上体が起きて俵の外に出る。
20180126 13 314 北勝富士 押し出し 嘉風 40

(14) 千代大龍戦 ●叩き込み 2.9秒
 両者、手をつこうと動かすもつけず、嘉風、立合いを嫌う。2度目、千代大龍、先に右手をつく。嘉風、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から踏み込む。千代大龍、両手突きで相手を起こし、突っ張りながら前に出、叩きながら大きく引く。嘉風、土俵に落ちる。その後、千代大龍、俵の外にぴょんと出る。
20180127 14 312 千代大龍 寄り切り 嘉風 37

(楽) 勢戦 ●小手投げ 6.2秒
 嘉風、先に両手をつく。勢、仕切り線後方で両手をサッとつく。嘉風、頭から踏み込む。勢、右肩から当たる。嘉風、左上手前廻しに手を掛けるが取れず、すぐに引く。勢、乗じて前に出る。嘉風、土俵際で左下手を取り、左に回って下手投げに行く。勢、右小手投げを返して堪え、俵伝いに下がりながら更に右小手投げを打つ。嘉風、俵の外に転がる。
20180128 15 314 勢 小手投げ 嘉風 35

《2018年初場所取組内容・目次へ》

逸ノ城 2018年初(一月)場所取組内容

201801-いちのじょう

前頭4枚目だった先場所は、稀勢の里から金星を獲得。10勝5敗の成績だった。→先場所の取組内容

前頭筆頭で迎えた今場所、初日は大関豪栄道に押し出されて黒星発進。
二日目、横綱白鵬と1分15秒近い相撲の末に寄り切られ、2連敗。
三日目、横綱稀勢の里を寄り切り、金星獲得。稀勢の里を破るのは2場所連続。今場所の初日を出す。
四日目、横綱鶴竜に寄り切られて3敗目。
五日目、正代の下手投げに倒れて連敗。1勝4敗と黒星先行。
六日目、関脇玉鷲を押し倒して2勝目。七日目、大関高安を53秒の相撲の末、下手投げで倒して連勝。
中日、初日から7連勝だった関脇御嶽海を50秒を超える相撲の末、寄り切って3連勝。
そのまま、阿武咲と貴景勝の2小結らを倒し、十一日目に勝ち越し決定。十二日目まで7連勝。(→十二日目花道奥で付け人とグータッチ
十三日目、優勝争いトップの栃ノ心に寄り切られて5敗目。
十四日目、宝富士、千秋楽、魁聖と連勝。10勝5敗で今場所を終える。
勝ち越しは3場所連続



(初) 豪栄道戦 ●押し出し 9.1秒
 逸ノ城、仕切り線後方で両手をつく。豪栄道、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。逸ノ城、右腕を内に入れて当たる。豪栄道、左上手前廻しに手を掛けるが取れず、右を差し、左も差そうとしながら前に出る。逸ノ城、右を差し勝ち、左で相手の差し手を抱える。豪栄道、右下手を取って頭をつけ、左に回り、下手を引きつけて前に出る。逸ノ城、俵に詰まり、右から突こうとする。豪栄道、土俵際落ちずに堪える。逸ノ城、俵を割る。
20180114 01 318 豪栄道 押し出し 逸ノ城 40

(2) 白鵬戦 ●寄り切り 73.5秒
 逸ノ城、先に両手をつく。白鵬、腰を下ろし、右、左とサッと手をついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。逸ノ城、胸で当たる。白鵬、すぐに左上手前廻しを取り、右を差して差し手を返し、左に回って頭をつける。逸ノ城、乗じて前に出る。白鵬、再び右を差して差し手を返す。逸ノ城、右下手を探る。白鵬、右に回って下手を遠ざける。逸ノ城、深い右下手を取る。白鵬、腰を振るが相手の下手を切れず、上体が起きる。両者、右四つで止まる(約10秒間)。逸ノ城、前に出ようとする。白鵬、左上手を引きつけて前に出る。逸ノ城、堪える。両者、しばらく止まる(約22秒間)。白鵬、左上手を持って前に出ようとする。逸ノ城、堪え、左上手に手を伸ばす。白鵬、腰を捻って上手を与えず、右下手を取り、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、右に回って相手の下手を切る。白鵬、右で頭を押さえて左上手出し投げを打ちながら左へ回り、頭をつけて右を差す。両者、止まる(約6秒間)。白鵬、右差し手を抜き、右前廻しを取る。逸ノ城、左で押っ付ける。白鵬、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、左足を俵に掛ける。白鵬、寄り切れずに再び頭をつけ、一呼吸後、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、左足を俵に掛けて堪える。白鵬、右で相手の胸を押しながら寄る。逸ノ城、ついに俵を割る。
〔出し投げを打つ白鵬〕
20180115 02 319 白鵬 寄り切り 逸ノ城 20 出し投げを打つ白鵬
〔白鵬の寄り切り〕
20180115 02 319 白鵬 寄り切り 逸ノ城 40

(3) 稀勢の里戦 ○寄り切り 9.9秒
 逸ノ城、先に両手をつく。稀勢の里、仕切り線後方で両手をサッと動かし、頭から踏み込む。逸ノ城、右肩から当たり、右を差そうとする。稀勢の里、右を差し、左を巻き替えて差す。逸ノ城、右を巻き替え返す。稀勢の里、再び左を巻き替えようとする。逸ノ城、密着して巻き替えを許さず、左上手を取って前に出る。稀勢の里、土俵際、右差し手を返して上手を切ろうとするがならず、俵に詰まる。逸ノ城、右下手も取る。稀勢の里、左上手に手を伸ばすが取れず。逸ノ城、両廻しを引きつけて寄る。稀勢の里、腰が伸びて俵を割る。
20180116 03 319 逸ノ城 寄り切り 稀勢の里 40
〔殊勲インタビューを受ける逸ノ城〕
20180116 03 319 逸ノ城 寄り切り 稀勢の里 75 逸ノ城 01 笑顔

(4) 鶴竜戦 ●寄り切り 16.4秒
 逸ノ城、先に両手をつく。鶴竜、両手をサッとつく。逸ノ城、右肘を固める。鶴竜、頭から踏み込む。逸ノ城、右を差し、左で相手の右腕を引っ張り込む。鶴竜、深い右下手を取り、左上手に手を伸ばすが取れず、左を巻き替えに行く。逸ノ城、乗じて外四つで前に出る。鶴竜、俵に詰まるが両差しで堪え、左下手も取って中に戻る。逸ノ城、右上手に手を伸ばす。鶴竜、腰を遠ざけて上手を与えず、深い両下手を持って前に出る。逸ノ城、肩越しの右上手を取るが俵に詰まる。鶴竜、がぶる。逸ノ城、俵に足を掛け、左で押っ付けながら堪える。鶴竜、右へ寄り、左下手を引きつける。逸ノ城、俵を割る。
20180117 04 319 鶴竜 寄り切り 逸ノ城 40

(5) 正代戦 ●下手投げ 21.8秒
 逸ノ城、先に両手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、右腕を内に入れて踏み込み、左上手に手を掛ける。正代、右を差すが、すぐに左で突きながら体を離す。逸ノ城、向き直る。正代、頭をつけて左上手に手を伸ばすが取れず。逸ノ城、右を差して前に出、右下手を取る。正代、土俵際、右下手を取り、左から押っ付けながら腰を振って相手の下手を切る。両者、少し止まる(約3秒間)。正代、右下手を持ち、左から押っ付けながら前に出ようとする。逸ノ城、下がらず堪え、再び右下手を取る。正代、左を巻き替えて両差しになる。逸ノ城、すぐに左を巻き替えて左四つになる。正代、左下手を取り、上手になった右を離して体を開き、土俵際、左下手投げに行く。逸ノ城、右上手を持って前に出る。正代、下手を離し、くるりと回って相手の廻しを切り、右手で相手を後ろから押す。逸ノ城、土俵下に飛び落ちる。
〔下手投げに行く正代〕
20180118 05 314 正代 下手投げ 逸ノ城 30 下手投げに行く正代
〔下手を離してくるりと回る正代〕
20180118 05 314 正代 下手投げ 逸ノ城 35 下手を離してくるり
〔相手の廻しを切って押す正代〕
20180118 05 314 正代 下手投げ 逸ノ城 38 相手の廻しを切って押す
〔土俵下に落ちる逸ノ城〕
20180118 05 314 正代 下手投げ 逸ノ城 42 土俵下へ

(6) 玉鷲戦 ○押し倒し 4.9秒
 逸ノ城、先に両手をつく。玉鷲、左手をついて時をおき、右手をサッとつき、頭から踏み込む。逸ノ城、その場で立ち、左から張り、右を差す。玉鷲、頭をつけ、左から絞る。逸ノ城、右差し手を抜き、右から突く。玉鷲、前に泳ぎ、土俵際向き直る。逸ノ城、右喉輪で押し上げる。玉鷲、俵の外に倒れ、両足バンザイで土俵下に落ちる。
20180119 06 316 逸ノ城 押し倒し 玉鷲 38

(7) 高安戦 ○下手投げ 53.4秒
 逸ノ城、先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立って両肘を固める。逸ノ城、右肘を固めて当たる。高安、体当たりし、突き放しながら前に出る。逸ノ城、右を差す。高安、左上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取る。逸ノ城、右下手を探る。高安、右下手投げで振る。逸ノ城、左で差し手を抱える。高安、右下手を持ち、左から押っ付けながら体を左に傾ける。両者、互いに左上手に手を伸ばすが取れず。両者、右四つで止まる(約5秒間)。両者、互いに上手を探るが取れず。両者、止まる(約9秒間)。逸ノ城、上手を探るが取れず。両者、止まる(約5秒間)。高安、左上手に手を伸ばすが取れず。両者、止まる(約3秒間)。高安、右下手で振り、左を巻き替えに行く。逸ノ城、右肘で相手の差し手を抱えて十分差させず。両者、止まる(約3秒間)。高安、左差し手を抜いて左上手を取る。逸ノ城、右下手を取る。高安、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、相手の下手を切って体を開き、右下手投げ。高安、土俵下に転がり落ちる。
20180120 07 317 逸ノ城 下手投げ 高安 35 キャハハウフフ
20180120 07 317 逸ノ城 下手投げ 高安 43

(中) 御嶽海戦 ○寄り切り 50.2秒
 逸ノ城、先に両手をつく。御嶽海、両手をサッとつく。逸ノ城、素早く立つ。御嶽海、頭から踏み込む。逸ノ城、左で相手の右腕を引っ張り込もうとする。御嶽海、突き放そうとする。逸ノ城、左で相手の右腕を抱えようとする。御嶽海、右腕を抜き、左へ回り、右筈で脇を押し上げる。逸ノ城、肩越しの左上手を取る。御嶽海、右筈で脇を押し、左で押っ付け、右肘を張って相手の上手を切ろうとするが切れず。両者、止まる(約5秒間)。御嶽海、右筈で押し上げながら前に出ようとする。逸ノ城、重たい腰で動かず。両者、止まる(約26秒間)。御嶽海、左に回って上手を切ろうとするが切れず、左上手に手を伸ばす。逸ノ城、そこを一気に前に出、寄り切る。
20180121 08 315 逸ノ城 寄り切り 御嶽海 42

(9) 阿武咲戦 ○小手投げ 2.7秒
 阿武咲、先に両手をつく。逸ノ城、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右手を出す。逸ノ城、右を差し、左で引っ張り込もうとする。阿武咲、右、左と顎を押し上げ、左を差す。逸ノ城、すぐに右小手で投げ捨てる。阿武咲、体が飛び、土俵下に転がり落ちる。
20180122 09 314 逸ノ城 小手投げ 阿武咲 40

(10) 貴景勝戦 ○押し倒し 13.2秒
 逸ノ城、先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。逸ノ城、左で相手の右腕を引っ張り込もうとする。貴景勝、右腕を抜き、両手で突き放す。逸ノ城、右を差そうとする。貴景勝、左で絞る。逸ノ城、前に出る。貴景勝、突き放す。逸ノ城、叩きながら引き、右を差す。貴景勝、体を離そうと下がりながら押し上げる。逸ノ城、右から突いて相手の腕を外す。両者、押し合うが、貴景勝、土俵際。逸ノ城、押そうと前に出る。貴景勝、俵の上で左から突くが、押されて両足バンザイで土俵下へ。
20180123 10 315 逸ノ城 押し倒し 貴景勝 38

(11) 北勝富士戦 ○叩き込み 12.1秒
 逸ノ城、先に両手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとつき、右手を出して左へ踏み出す。逸ノ城、踏み込み、左で引っ張り込もうとするがならず。北勝富士、右喉輪で押し上げるが、相手の圧力に俵へ詰まる。逸ノ城、少し叩く。北勝富士、乗じて押し上げながら少し中に戻る。逸ノ城、右を差す。北勝富士、左から絞って右差し手を返す。逸ノ城、右差し手を抜き、右で引っ張り込んで左を差そうとする。北勝富士、体を離す。逸ノ城、両手で顎を押し上げる。北勝富士、両筈で脇を押し上げる。逸ノ城、堪え、両手で頭を叩く。北勝富士、土俵にバッタリ落ちる。
20180124 11 315 逸ノ城 叩き込み 北勝富士 42

(12) 嘉風戦 ○押し倒し 2.6秒
 嘉風、先に両手をつく。逸ノ城、両手をサッとつく。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。逸ノ城、左喉輪で相手を起こし、右で差し手を抱え、左喉輪で仰け反らせながら前に出る。嘉風、後ろに吹っ飛ばされて倒れる。
20180125 12 315 逸ノ城 押し倒し 嘉風 35
20180125 12 315 逸ノ城 押し倒し 嘉風 40
〔勝ち越しインタビューを受ける逸ノ城〕
20180125 12 315 逸ノ城 押し倒し 嘉風 75 勝ち越し

(13) 栃ノ心戦 ●寄り切り 16.0秒
 逸ノ城、先に両手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。逸ノ城、右肘を固める。両者、すぐに左上手、右下手を取り、右四つがっぷりに。逸ノ城、両廻しを引きつける。栃ノ心、堪えてじわりと右に回り、一呼吸後、両廻しを引きつける。逸ノ城、左上手が切れる。栃ノ心、一気に前に出る。逸ノ城、俵に両足を掛け、右下手を持って堪える。栃ノ心、がぶり、右差し手を返して右へ寄る。逸ノ城、俵を割る。
20180126 13 313 栃ノ心 寄り切り 逸ノ城 36 寄り立てる栃ノ心

(14) 宝富士戦 ○下手出投 11.5秒
 宝富士、両手をつく。逸ノ城、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。宝富士、頭から踏み込む。逸ノ城、左手を出して当たり、左喉輪で相手を起こし、相手の左腕を手繰る。宝富士、向き直って左を差す。逸ノ城、左喉輪で押しながら右を巻き替えて差す。宝富士、右下手を取り、左から押っ付ける。逸ノ城、右に体を開き、右下手出し投げを打ちながら左で頭を押さえる。宝富士、土俵に転がる。
20180127 14 315 逸ノ城 下手出し投げ 宝富士 37-2

(楽) 魁聖戦 ○寄り切り 6.8秒
 魁聖、仕切り線後方で先に両手をつく。逸ノ城、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両腕を内に入れる。逸ノ城、踏み込んですぐに左上手を取る。魁聖、右下手を探りながら前に出る。逸ノ城、左上手投げで振り、右差し手を返して寄る。魁聖、上体が起きて俵を割る。
20180128 15 315 逸ノ城 寄り切り 魁聖 40

《2018年初場所取組内容・目次へ》

北勝富士 2018年初(一月)場所取組内容

201801-ほくとふじ

前頭3枚目だった先場所は、横綱稀勢の里から金星を獲得。11勝4敗で初の技能賞を獲得した。→先場所の取組内容

場所前、八角部屋に出稽古に来た 横綱稀勢の里と稽古した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は →こちら
場所前に表明した、今年の抱負は、「最高位を更新する」。(→北勝富士2018年抱負

自己最高位の前頭筆頭で迎えた今場所、初日は鶴竜、二日目は稀勢の里と、横綱2人に敗れて連敗。
三日目、横綱白鵬を押し出し、金星を獲得。昨年7月場所で鶴竜、9月場所で日馬富士、11月場所で稀勢の里、今場所白鵬と、4場所連続。4場所連続での金星は、1998年11月場所から1999年5月場所にかけての土佐ノ海以来、昭和以降では2人目の快挙。(→北勝富士4場所連続金星→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は →こちら
四日目豪栄道、五日目高安、六日目御嶽海と、2大関1関脇に3連敗。1勝5敗と黒星先行。(→五日目、塩カゴとともに土俵下に落ちる北勝富士
七日目、関脇玉鷲を送り出して2勝目。
中日、小結阿武咲に叩き込まれてから黒星が連なり、十日目に負け越し決定。十一日目まで4連敗
十二日目勢、十三日目嘉風と勝って2連勝。4勝目を上げる。
十四日目は千代の国、千秋楽は途中休場もあった安美錦に叩き込まれて連敗。4勝11敗で今場所を終える。

場所後、地元埼玉県所沢市で、確定申告のPR活動を行う。(確定申告PR活動 →①マスコットキャラクターと→②笑顔の北勝富士→③確定申告PRと来場所への抱負



(初) 鶴竜戦 ●引き落し 5.5秒
 北勝富士、仕切り線後方で先に右手をつく。鶴竜、両手をサッとつく。北勝富士、素早く立ち、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。鶴竜、顎に向かって突き放しながら前に出、右喉輪で仰け反らせてからその手を外す。北勝富士、前のめりになる。鶴竜、そこを叩く。北勝富士、土俵に落ちる。
20180114 01 319 鶴竜 引き落とし 北勝富士 40

(2) 稀勢の里戦 ●寄り切り 12.8秒
 北勝富士、先に右手をつく。稀勢の里、仕切り線後方で両手をサッと動かして素早く立ち、頭から踏み込む。北勝富士、左手を出して頭から当たる。稀勢の里、左で押っ付ける。北勝富士、突き放す。稀勢の里、下がらず前に出る。北勝富士、相手の左腕を手繰りながら土俵際を右に回り、体を入れ替え、右から絞る。稀勢の里、押しながら前に出る。北勝富士、突き放す。稀勢の里、突き放しながら前に出る。北勝富士、土俵際を右に回る。稀勢の里、左を差して寄る。北勝富士、堪えようとするが、左足が俵の外に出る。
〔腕を手繰る北勝富士〕
20180115 02 321 稀勢の里 寄り切り 北勝富士 20 腕を手繰る北勝富士
〔稀勢の里の寄り切り〕
20180115 02 321 稀勢の里 寄り切り 北勝富士 40

(3) 白鵬戦 ○押し出し 5.3秒
 北勝富士、仕切り線後方で先に右手をつく。白鵬、右手を動かす。北勝富士、突っ掛ける。2度目、北勝富士、仕切り線後方で先に右手をつく。白鵬、腰を下ろし、右、左とサッと手をつく。北勝富士、右肘を固めて頭から踏み込む。白鵬、右肘を固めてやや左へ踏み出し、左上手に手を伸ばす。北勝富士、左で押っ付けながら左へ回り、上手を与えず。白鵬、叩きながら引く。北勝富士、乗じて押しながら前に出る。白鵬、上体が起き、土俵下に落ちる。
20180116 03 320 北勝富士 押し出し 白鵬 38
〔殊勲インタビューを受ける北勝富士〕
20180116 03 320 北勝富士 押し出し 白鵬 75 インタビュー北勝富士 10

(4) 豪栄道戦 ●寄り倒し 16.4秒
 北勝富士、先に右手をつく。豪栄道、右手をつこうとする。北勝富士、突っ掛ける。2度目、北勝富士、先に右手をつく。豪栄道、右手をつき、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、頭から踏み込む。北勝富士、左手を出して頭から当たる。豪栄道、右を差す。北勝富士、右喉輪で突き放す。豪栄道、頭を下げる。北勝富士、突き放す。豪栄道、相手の腕を叩きながら下がり、土俵際を左に回って左上手に手を掛けるが取れず、中に戻る。北勝富士、突き放す。豪栄道、右を差し、左も差そうとしながら前に出る。北勝富士、右を差す。豪栄道、右差し手を返し、左で押っ付けながら前に出る。北勝富士、俵に詰まり、左小手投げに行こうとする。豪栄道、右差し手を突きつける。北勝富士、土俵下に落ちる。
〔引く豪栄道〕
20180117 04 317 豪栄道 寄り倒し 北勝富士 15 引く豪栄道
〔豪栄道の寄り倒し〕
20180117 04 317 豪栄道 寄り倒し 北勝富士 37
20180117 04 317 豪栄道 寄り倒し 北勝富士 45

(5) 高安戦 ●押し出し 8.4秒
 北勝富士、先に右手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、両手を出して頭から踏み込む。高安、両肘を固めて体当たりで相手を起こし、突き放す。北勝富士、土俵際を右へ回る。高安、突き放し、叩く。北勝富士、落ちずに押しながら前に出る。高安、土俵際、左に回って体を入れ替え、左上手を取る。北勝富士、土俵際を右へ回ろうとする。高安、廻しを離して押す。北勝富士、塩カゴと共に土俵下に飛び落ちる。
20180118 05 317 高安 押し出し 北勝富士 40

(6) 御嶽海戦 ●押し出し 7.0秒
 北勝富士、先に右手をつく。御嶽海、両手をサッとつく。その直前、北勝富士、左手をサッとついて素早く立ち、左手を出して頭から踏み込む。御嶽海、右手を出して頭から当たり、右喉輪で押す。北勝富士、右で押っ付ける。御嶽海、右筈で胸を押し上げ、左を抜いて押っ付けに変えて力強く前に出る。北勝富士、上体が起きて俵を割る。
20180119 06 315 御嶽海 押し出し 北勝富士 40

(7) 玉鷲戦 ○送り出し 1.9秒
 北勝富士、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。北勝富士、左手をサッとついて素早く立つ。玉鷲、右手をサッとつき、両手を出して頭を下げる。北勝富士、やや左へ踏み出し、左から突く。玉鷲、前につんのめる。北勝富士、俵に詰まった相手の背中を押す。玉鷲、土俵下に落ちる。
20180120 07 315 北勝富士 送り出し 玉鷲 40

(中) 阿武咲戦 ●叩き込み 15.1秒
 阿武咲、先に両手をつく。北勝富士、左、右と足を踏み鳴らして腰を下ろし、右手をつく。阿武咲、素早く立って右手を出す。北勝富士、左手をサッとついて頭を下げる。阿武咲、頭から踏み込んで当たる。北勝富士、やや左へ踏み出し、右を差す。阿武咲、右で顎を押し上げ、左で押っ付け、叩きながら左へ回る。北勝富士、土俵際になる。阿武咲、突き放しながら前に出る。北勝富士、土俵際を右に回る。両者、押し合う。北勝富士、押し勝って前に出、叩きながら下がる。阿武咲、乗じて一気に前に出、喉輪で押し上げる。北勝富士、土俵際仰け反る。阿武咲、喉輪を外して引く。北勝富士、落ちずに押しながら前に出る。阿武咲、左押っ付けで突きながら左へ回る。北勝富士、前のめりになるが堪える。両者、押し合う。阿武咲、押し上げてから左へ開いて叩く。北勝富士、前に飛んで土俵に落ちる。
〔攻める北勝富士〕
20180121 08 314 阿武咲 叩き込み 北勝富士 15 攻める北勝富士
〔仰け反る北勝富士〕
20180121 08 314 阿武咲 叩き込み 北勝富士 20 仰け反る北勝富士
〔阿武咲の叩き込み〕
20180121 08 314 阿武咲 叩き込み 北勝富士 37

(9) 貴景勝戦 ●押し出し 22.0秒
 北勝富士、仕切り線後方で先に右手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて立ち、両手を出して頭から踏み込む。北勝富士、頭から当たる。貴景勝、突き放して前に出る。北勝富士、土俵際堪える。両者、頭をつけ合う。貴景勝、少し引く。北勝富士、乗じて押しながら前に出る。貴景勝、右に回る。北勝富士、突き放す。貴景勝、左で突きながら左へ回る。北勝富士、右喉輪、左押っ付けで押し上げる。貴景勝、左足を俵に掛けて仰け反るが堪える。北勝富士、体を離す。両者、突き放し合う。貴景勝、押し勝って前に出る。北勝富士、上体が起き、叩きながら右に回ろうとする。貴景勝、そこを押す。北勝富士、土俵際、左足一本で大きく傾き、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180122 09 315 貴景勝 押し出し 北勝富士

(10) 千代大龍戦 ●突き出し 3.3秒
 北勝富士、先に右手をつく。千代大龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、左手を出して頭から踏み込む。千代大龍、左肘でかち上げ気味に当たり、突っ張りながら前に出る。北勝富士、俵に詰まる。千代大龍、相手の胸を突き放す。北勝富士、上体が起きて土俵下に飛び落ちる。
20180123 10 314 千代大龍 突き出し 北勝富士 37

(11) 逸ノ城戦 ●叩き込み 12.1秒
 逸ノ城、先に両手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとつき、右手を出して左へ踏み出す。逸ノ城、踏み込み、左で引っ張り込もうとするがならず。北勝富士、右喉輪で押し上げるが、相手の圧力に俵へ詰まる。逸ノ城、少し叩く。北勝富士、乗じて押し上げながら少し中に戻る。逸ノ城、右を差す。北勝富士、左から絞って右差し手を返す。逸ノ城、右差し手を抜き、右で引っ張り込んで左を差そうとする。北勝富士、体を離す。逸ノ城、両手で顎を押し上げる。北勝富士、両筈で脇を押し上げる。逸ノ城、堪え、両手で頭を叩く。北勝富士、土俵にバッタリ落ちる。
20180124 11 315 逸ノ城 叩き込み 北勝富士 42

(12) 勢戦 ○引き落し 3.2秒
 北勝富士、先に右手をつく。勢、仕切り線後方で両手をサッとつく。北勝富士、左手をサッとつき、両手を出して左へ踏み出す。勢、右肩から踏みむ。北勝富士、左で押っ付ける。勢、右をのぞかせて前に出る。北勝富士、右喉輪で押し上げ、その手を外しながら右へと引く。勢、土俵にバッタリ落ちる。
20180125 12 314 北勝富士 引き落とし 勢 40

(13) 嘉風戦 ○押し出し 6.4秒
 嘉風、先に両手をつく。北勝富士、仕切り線後方で右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、やや左へ踏み出す。嘉風、頭から当たる。北勝富士、突き放しながら前に出る。嘉風、下からあてがい、左上手に手を掛けるが取れず。北勝富士、押す。嘉風、土俵際、相手の手を叩いて右に回り、頭を下げる。北勝富士、向き直って押す。嘉風、上体が起きて俵の外に出る。
20180126 13 314 北勝富士 押し出し 嘉風 40

(14) 千代の国戦 ●叩き込み 2.2秒
 千代の国、先に手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込む。千代の国、左肘を固めて当たる。北勝富士、右押っ付けで押し上げる。千代の国、右喉輪で押し上げ、叩きながら右へ開く。北勝富士、右膝から土俵に落ちる。
20180127 14 314 千代の国 叩き込み 北勝富士 37

(楽) 安美錦戦 ●叩き込み 2.9秒
 安美錦、右手をつく。北勝富士、仕切り線後方で右手をつく。木村容堂、安美錦の手が仕切り線から出ているのを直させる。両者、腰を上げ、仕切り直し。2度目、北勝富士、仕切り線後方で右手をつく。安美錦、右手をつき、左手をサッとつく。北勝富士素早く立ち、頭から当たろうとする。安美錦、右手で下から張り、叩きながら引き、右に開く。北勝富士、前に泳いで土俵下に飛び落ちる。
20180128 15 316 安美錦 叩き込み 北勝富士 37

《2018年初場所取組内容・目次へ》

阿武咲 2018年初(一月)場所取組内容

201801-おうのしょう

新小結だった先場所は、8勝7敗の成績。6場所連続で勝ち越した→先場所の取組内容
場所前、今年の抱負を「前の日の自分より強くなる」とする。(→阿武咲2018年抱負

小結2場所目で迎えた今場所、初日は横綱白鵬と対戦。一気に前に出て相手を土俵際にするも、手繰られて突き落としを食らい、黒星発進。
二日目大関豪栄道、三日目関脇御嶽海に敗れて3連敗。(→御嶽海を攻める阿武咲
四日目、関脇玉鷲を叩き込んで初日を出す。(→向き合う阿武咲と玉鷲
五日目、同学年ライバル 貴景勝を引き落として連勝。
六日目、大関高安を2度目の対戦で破り、3連勝。3勝3敗と星を五分にする。
七日目、元大関琴奨菊を一気に追い込むも、土俵際の小手投げで倒されて4敗目。
中日、北勝富士を叩き込み、再び星を五分にする。
九日目、逸ノ城に小手投げで倒され、4勝5敗と再び黒星先行。
十日目から休場。逸ノ城戦で痛めたよう。(→共同通信記事 記事が表示されない場合は →こちら
今場所は、4勝6敗5休で終える。負け越しは昨年11月場所以来、7場所ぶり。



(初) 白鵬戦 ●突き落し 2.5秒
 阿武咲、先に両手をつく。白鵬、腰を下ろし、右、左とサッと手をつく。阿武咲、右手を出して頭から踏み込む。白鵬、左上手に手を伸ばすが取れず。阿武咲、一気に前に出る。白鵬、相手の右腕を手繰り、土俵際、左足一本で相手をかわす。阿武咲、土俵下に飛び落ちる。
20180114 01 321 白鵬 突き落とし 阿武咲 40

(2) 豪栄道戦 ●上手投げ 3.2秒
 阿武咲、先に両手をつく。豪栄道、腰を下ろし、右、左とサッと手をつき、頭から踏み込む。阿武咲、右手を出して頭から当たる。豪栄道、右を差そうとする。阿武咲、左腕を回して相手に差させず。豪栄道、その機に右で後ろ廻しを取り、下がりながら手前に上手投げ。阿武咲、土俵に転がる。
20180115 02 317 豪栄道 上手投げ 阿武咲 40

(3) 御嶽海戦 ●突き落し 5.9秒
 阿武咲、先に両手をつく。御嶽海、右、左とサッと手をつく。阿武咲、右手を出して頭から踏み込む。御嶽海、右手を出して頭から当たり、右喉輪で相手を起こす。阿武咲、右喉輪で相手をのけ反らせ、左筈で脇を押しながら前に出る。御嶽海、左で喉輪を外す。阿武咲、両手で突き放しながら前に出る。御嶽海、俵に詰まるが、右から突いていなす。阿武咲、俵の外に落ちる。
〔攻める阿武咲〕
20180116 03 316 御嶽海 突き落とし 阿武咲 15 阿武咲の攻め
〔御嶽海の突き落とし〕
20180116 03 316 御嶽海 突き落とし 阿武咲 40

(4) 玉鷲戦 ○叩き込み 10.4秒
 阿武咲、先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて立つ。阿武咲、右手を出し、両者、頭から踏み込む。阿武咲、右喉輪で相手を起こす。玉鷲、顎に向かって突き上げる。阿武咲、下から押す。玉鷲、少し引く。阿武咲、乗じて押しながら前に出る。玉鷲、左足を俵に掛けて堪え、中に戻り、両手で突き放しながら前に出る。阿武咲、土俵際、仰け反りながらあてがって堪える。玉鷲、右から張る。阿武咲、左に回り、押し、叩きながら下がる。玉鷲、土俵に落ち、阿武咲、左足一本で残してくるっと回る。
20180117 04 316 阿武咲 叩き込み 玉鷲 40

(5) 貴景勝戦 ○引き落し 2.6秒
 両者、手をサッとつく。貴景勝、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。貴景勝、両手で顎を押し上げる。阿武咲、右で顔を押しながら前に出、両手で押し上げてから引く。貴景勝、両足を開き、土俵に両手をつく。
20180118 05 315 阿武咲 引き落とし 貴景勝 42

(6) 高安戦 ○叩き込み 3.5秒
 阿武咲、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと両手をつく。阿武咲、右手を出して相手の胸を押さえる。高安、両肘を固めて踏み込む。阿武咲、頭から当たる。高安、右上腕で相手を起こすが、自分がやや仰け反る。阿武咲、右喉輪で相手を下がらせ、突き放す。高安、俵に詰まり、左へ回ろうとして体勢を崩す。阿武咲、そこを叩いて体を離す。高安、前のめりになり、土俵に両手をつく。
〔体勢を崩す高安〕
20180119 06 318 阿武咲 叩き込み 高安 30 体勢を崩す高安
〔土俵に手をつく高安〕
20180119 06 318 阿武咲 叩き込み 高安 40
〔殊勲インタビューを受ける阿武咲〕
20180119 06 318 阿武咲 叩き込み 高安 75 殊勲インタビュー阿武咲 10

(7) 琴奨菊戦 ●小手投げ 6.8秒
 阿武咲、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右手を出して頭から踏み込む。琴奨菊、左肘を固め、右で相手の腕を引っ張り込もうとする。阿武咲、押しながら前に出る。琴奨菊、両足が俵に掛かる。阿武咲、左を差し、右喉輪で押し上げる。琴奨菊、俵に両足を掛けて仰け反りながら堪え、右で相手の差し手を抱える。阿武咲、左下手を取って寄るが、右足が少し流れる。琴奨菊、右小手投げを下に打つ。阿武咲、土俵に落ちる。
〔喉輪で攻める阿武咲〕
20180120 07 314 琴奨菊 小手投げ 阿武咲 25
〔琴奨菊の小手投げ〕
20180120 07 314 琴奨菊 小手投げ 阿武咲 37

(中) 北勝富士戦 ○叩き込み 15.1秒
 阿武咲、先に両手をつく。北勝富士、左、右と足を踏み鳴らして腰を下ろし、右手をつく。阿武咲、素早く立って右手を出す。北勝富士、左手をサッとついて頭を下げる。阿武咲、頭から踏み込んで当たる。北勝富士、やや左へ踏み出し、右を差す。阿武咲、右で顎を押し上げ、左で押っ付け、叩きながら左へ回る。北勝富士、土俵際になる。阿武咲、突き放しながら前に出る。北勝富士、土俵際を右に回る。両者、押し合う。北勝富士、押し勝って前に出、叩きながら下がる。阿武咲、乗じて一気に前に出、喉輪で押し上げる。北勝富士、土俵際仰け反る。阿武咲、喉輪を外して引く。北勝富士、落ちずに押しながら前に出る。阿武咲、左押っ付けで突きながら左へ回る。北勝富士、前のめりになるが堪える。両者、押し合う。阿武咲、押し上げてから左へ開いて叩く。北勝富士、前に飛んで土俵に落ちる。
〔攻める北勝富士〕
20180121 08 314 阿武咲 叩き込み 北勝富士 15 攻める北勝富士
〔仰け反る北勝富士〕
20180121 08 314 阿武咲 叩き込み 北勝富士 20 仰け反る北勝富士
〔阿武咲の叩き込み〕
20180121 08 314 阿武咲 叩き込み 北勝富士 37

(9) 逸ノ城戦 ●小手投げ 2.7秒
 阿武咲、先に両手をつく。逸ノ城、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿武咲、右手を出す。逸ノ城、右を差し、左で引っ張り込もうとする。阿武咲、右、左と顎を押し上げ、左を差す。逸ノ城、すぐに右小手で投げ捨てる。阿武咲、体が飛び、土俵下に転がり落ちる。
20180122 09 314 逸ノ城 小手投げ 阿武咲 40

(10) 嘉風戦 ■ 不戦勝 
 阿武咲、「右膝後十字靱帯損傷」のため、休場。
20180123 10 316 嘉風 不戦勝 阿武咲

《2018年初場所取組内容・目次へ》

貴景勝 2018年初(一月)場所取組内容

201801-たかけいしょう

前頭筆頭だった先場所は、日馬富士、稀勢の里の2横綱から金星11勝4敗の成績を上げ、2度目の殊勲賞を獲得した。→先場所の取組内容

部屋の兄弟子 貴ノ岩が横綱日馬富士の暴行を受けた問題で、師匠の貴乃花親方が注目されて騒がしい中、新小結に昇進。貴乃花部屋ではなく、国技館で会見を行った。(新小結 貴景勝会見 →①ひるおび→②TBS→③NHK正午
場所前、今年の抱負を「質のいい相撲を取る」とする。(→貴景勝2018年抱負

迎えた今場所、初日は横綱稀勢の里と対戦。相手に軍配が上がるも、「軍配差し違え」で勝利。先場所に続いて稀勢の里を撃破。新三役の場所を白星スタート。
二日目、今場所進退が懸かる 横綱鶴竜に押し出されて初黒星。
三日目、関脇玉鷲を押し出して2勝目。
四日目、関脇御嶽海に引き落とされ、2勝2敗と星が五分に。
五日目、同じ小結で同学年ライバル 阿武咲に引き落とされて連敗。そのまま栃ノ心、豪栄道と高安の2横綱に敗れ、5連敗
九日目、北勝富士を押し出して3勝目。
十日目、4連勝と好調の逸ノ城と対戦。押し倒されて7敗目と後がなくなる。
十一日目、嘉風を押し出して踏み止まる。
十二日目、琴奨菊に渡し込みで敗れて負け越し決定。十三日目、千代大龍に押し倒されて連敗。
十四日目、正代を押し出して5勝目。
千秋楽、荒鷲に寄り切られ、5勝10敗で今場所を終える。
負け越しは昨年7月場所以来、3場所ぶり



(初) 稀勢の里戦 ○とったり 17.1秒
 貴景勝、両手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。稀勢の里、左肘を固める。貴景勝、両手を出して頭から当たり、突き放す。稀勢の里、下からあてがい、押し返す。貴景勝、左に回って左からいなす。稀勢の里、向き直る。貴景勝、突き放し、右に開く。稀勢の里、向き直る。貴景勝、土俵際から左喉輪で押しながら前に出る。稀勢の里、仰け反って下がり、俵に詰まる。貴景勝、そこを押す。稀勢の里、俵に両足を掛けながら左押っ付けで突く。貴景勝、土俵際。稀勢の里、前に出、右喉輪で相手を押し出そうとする。貴景勝、両手で相手の喉輪を外し、とったりに行く。稀勢の里、前のめりに俵の外に落ち、貴景勝、右膝から俵の外に落ち、両者、足を上げて土俵下に転落。式守勘太夫、軍配を稀勢の里に上げる。「物言い」がつき、協議の結果、「稀勢の里の肘が先についている」と判断、「軍配差し違え」で貴景勝の勝ちとなる。
〔土俵際残す稀勢の里〕
20180114 01 320 貴景勝 とったり 稀勢の里 30 土俵際残す稀勢の里
〔押し出そうとする稀勢の里の腕を手繰る 貴景勝〕
20180114 01 320 貴景勝 とったり 稀勢の里 37
20180114 01 320 貴景勝 とったり 稀勢の里 40
〔説明する藤島審判長〕
20180114 01 320 貴景勝 とったり 稀勢の里 60 説明する 藤島審判長
〔殊勲インタビューを受ける貴景勝〕
20180114 01 320 貴景勝 とったり 稀勢の里 75 殊勲インタビュー 01

(2) 鶴竜戦 ●押し出し 5.5秒
 貴景勝、両手をつく。鶴竜、両手をサッとつく。貴景勝、両手を出して頭を下げる。両者、頭で当たり合い、突き放す。鶴竜、右下手を探る。貴景勝、突き放す。鶴竜、左から張って右下手を取り、前に出る。貴景勝、左で小手に巻き、左に回って下手を切るが土俵際。鶴竜、そのまま寄る。貴景勝、土俵下に落ちる。
20180115 02 320 鶴竜 押し出し 貴景勝 40

(3) 玉鷲戦 ○押し出し 12.8秒
 貴景勝、先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとつく。貴景勝、両手を出して頭から踏み込む。玉鷲、その場で立ち、胸で当たりを受ける。貴景勝、胸に向かって突き放しながら前に出る。玉鷲、左足が俵に掛かるが、堪える。貴景勝、引いて体を離す。玉鷲、中に戻り、両者、見合う。玉鷲、右から張り、突き放す。貴景勝、右から張る。玉鷲、両手で突き放しながら前に出る。貴景勝、左で突きながら土俵際を左へ回る。玉鷲、向き直る。両者、右喉輪で突き放し、体を離して見合う。貴景勝、相手の顔の前で左から張る動きを見せ、前に出て下から押し上げる。玉鷲、上体が起きて俵を割る。
〔張る玉鷲〕
20180116 03 315 貴景勝 押し出し 玉鷲 13 玉鷲の張り
〔張る貴景勝〕
20180116 03 315 貴景勝 押し出し 玉鷲 15 貴景勝の張り
〔見合う両者〕
20180116 03 315 貴景勝 押し出し 玉鷲 25 見合う両者
〔貴景勝の押し出し〕
20180116 03 315 貴景勝 押し出し 玉鷲 37

(4) 御嶽海戦 ●引き落し 7.4秒
 御嶽海、先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から踏み込む。御嶽海、頭で当たり、左前廻しに手を掛ける。貴景勝、左へ回って廻しを切り、左押っ付けで押し上げ、突き放しながら前に出る。御嶽海、下から撥ね上げ、押しながら前に出る。貴景勝、押し返す。御嶽海、引く。貴景勝、前にバッタリ落ちる。
20180117 04 315 御嶽海 引き落とし 貴景勝 42

(5) 阿武咲戦 ●引き落し 2.6秒
 両者、手をサッとつく。貴景勝、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。貴景勝、両手で顎を押し上げる。阿武咲、右で顔を押しながら前に出、両手で押し上げてから引く。貴景勝、両足を開き、土俵に両手をつく。
20180118 05 315 阿武咲 引き落とし 貴景勝 42

(6) 栃ノ心戦 ●寄り切り 7.7秒
 貴景勝、両手をつく。栃ノ心、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、左肘を固め、右手を出して頭を下げる。栃ノ心、右肘を固めて踏み込む。貴景勝、押し上げ、右に回りながら右で突いていなす。栃ノ心、向き直り、左から張って右を差し、肩越しの左上手を取る。貴景勝、右に回る。栃ノ心、左上手を引きつけて前に出る。貴景勝、左から押っ付けるが、上体が起きて俵を割る。
20180119 06 314 栃ノ心 寄り切り 貴景勝 40

(7) 豪栄道戦 ●押し出し 4.2秒
 貴景勝、両手をつく。豪栄道、右手をつき、左手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭を下げる。豪栄道、左肘を固めて頭から踏み込む。貴景勝、低く当たり、両手で突き放す。豪栄道、仰け反って下がる。貴景勝、前に出て突き放す。豪栄道、左前廻しを取り、一気に前に出る。貴景勝、上体が起き、土俵下に飛び落ちる。
〔にらみ合う両者〕
20180120 07 318 豪栄道 押し出し 貴景勝 01 睨み合い
〔豪栄道の押し出し〕
20180120 07 318 豪栄道 押し出し 貴景勝 40

(中) 高安戦 ●叩き込み 3.9秒
 貴景勝、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、右手を出す。高安、左肘を固め、右から張り、左を差し、右上手に手を伸ばす。貴景勝、少し右に回って上手を与えず。高安、少し突っ張り、叩く。貴景勝、落ちずに堪え、突き放そうとする。高安、押し上げ、叩いて左に開く。貴景勝、土俵にバッタリ落ちる。
20180121 08 318 高安 叩き込み 貴景勝 40

(9) 北勝富士戦 ○押し出し 22.0秒
 北勝富士、仕切り線後方で先に右手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて立ち、両手を出して頭から踏み込む。北勝富士、頭から当たる。貴景勝、突き放して前に出る。北勝富士、土俵際堪える。両者、頭をつけ合う。貴景勝、少し引く。北勝富士、乗じて押しながら前に出る。貴景勝、右に回る。北勝富士、突き放す。貴景勝、左で突きながら左へ回る。北勝富士、右喉輪、左押っ付けで押し上げる。貴景勝、左足を俵に掛けて仰け反るが堪える。北勝富士、体を離す。両者、突き放し合う。貴景勝、押し勝って前に出る。北勝富士、上体が起き、叩きながら右に回ろうとする。貴景勝、そこを押す。北勝富士、土俵際、左足一本で大きく傾き、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180122 09 315 貴景勝 押し出し 北勝富士

(10) 逸ノ城戦 ●押し倒し 13.2秒
 逸ノ城、先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。逸ノ城、左で相手の右腕を引っ張り込もうとする。貴景勝、右腕を抜き、両手で突き放す。逸ノ城、右を差そうとする。貴景勝、左で絞る。逸ノ城、前に出る。貴景勝、突き放す。逸ノ城、叩きながら引き、右を差す。貴景勝、体を離そうと下がりながら押し上げる。逸ノ城、右から突いて相手の腕を外す。両者、押し合うが、貴景勝、土俵際。逸ノ城、押そうと前に出る。貴景勝、俵の上で左から突くが、押されて両足バンザイで土俵下へ。
20180123 10 315 逸ノ城 押し倒し 貴景勝 38

(11) 嘉風戦 ○押し出し 17.0秒
 嘉風、先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。貴景勝、両手で突き放して前に出る。嘉風、下からあてがい、土俵際から突き放しながら中に戻る。貴景勝、両手で突き放し続ける。嘉風、下からあてがって堪え、機を見て左を差そうとするがならず、左喉輪で押しながら前に出る。貴景勝、右足が俵に詰まる。嘉風、押し上げてから少し叩き、左下手に手を掛ける。貴景勝、右小手投げで振り回し、左喉輪、右押っ付けで一気に前に出る。嘉風、仰け反って俵を割る。
〔小手投げで振る貴景勝〕
20180124 11 316 貴景勝 押し出し 嘉風 30 小手投げで振る
〔貴景勝の押し出し〕
20180124 11 316 貴景勝 押し出し 嘉風 40

(12) 琴奨菊戦 ●渡し込み 18.7秒
 貴景勝、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左、右とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から当たる。琴奨菊、右で相手の腕を引っ張り込み、左を差そうとする。貴景勝、組み止められないように押す。琴奨菊、相手の腕を叩き落とす。貴景勝、両手で押す。琴奨菊、少し叩き、右で引っ張り込もうとする。貴景勝、押しながら前に出る。琴奨菊、左足が俵に掛かる。貴景勝、左筈で脇を、右で肩を押し上げる。琴奨菊、俵に両足を掛けながら堪え、少し中に戻り、右で引っ張り込もうとするがならず、頭を叩く。貴景勝、堪える。琴奨菊、右で相手の左腕をついに引っ張り込み、左を差そうとしながら前に出る。貴景勝、俵に詰まり、右から掬おうとする。琴奨菊、右で相手の足を渡し込みに行く。貴景勝、俵の外に尻餅。琴奨菊、その上に乗る。
20180125 12 316 琴奨菊 渡し込み 貴景勝 37

(13) 千代大龍戦 ●押し倒し 3.7秒
 貴景勝、両手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。貴景勝、その場で両手を前に出して両手突き。千代大龍、下から撥ね上げ、両手で突き放しながら前に出る。貴景勝、俵に詰まる。千代大龍、相手の胸を押す。貴景勝、土俵下に吹っ飛ぶ。
20180126 13 315 千代大龍 押し倒し 貴景勝 40

(14) 正代戦 ○押し出し 3.5秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。正代、胸で当たり、左から突く。貴景勝、両手で突き放しながら前に出る。正代、上体が起きて俵に詰まる。貴景勝、そこを押し出す。
20180127 14 316 貴景勝 押し出し 正代 37

(楽) 荒鷲戦 ●寄り切り 3.5秒
 荒鷲、先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から当たろうとする。荒鷲、右腕を出して右を差し、両前廻しを取り、引きつけて一気に前に出る。貴景勝、土俵下に落ちる。
20180128 15 317 荒鷲 寄り切り 貴景勝 40

《2018年初場所取組内容・目次へ》

玉鷲 2018年初(一月)場所取組内容

201801-たまわし

前頭筆頭だった先場所は、稀勢の里を押し出して金星を獲得。11勝4敗と二桁勝利を上げた。→先場所の取組内容

3場所ぶりに関脇に復帰した今場所、初日は千代大龍を押し出して白星発進。(→千代大龍を押し出した後、土俵下の浅香山親方の下に落ちる玉鷲
二日目、嘉風を突き出して連勝。(→嘉風の手を取る玉鷲
三日目、新小結の貴景勝に押し出されて初黒星。
そこから小結阿武咲、関脇御嶽海、逸ノ城、北勝富士と敗れて5連敗。2勝5敗と黒星先行。
中日、琴奨菊を押し出して3勝目。(→琴奨菊を攻める玉鷲
九日目豪栄道、十日目高安と大関に連敗。7敗目と後がなくなる。
十一日目、初日から勝ちっ放しだった横綱鶴竜を破る快挙。殊勲インタビューでは笑顔とともに涙も見せる。
十二日目、優勝争いトップの栃ノ心に寄り切られて負け越し決定。
十三日目正代、千秋楽に隠岐の海を押し出し、6勝9敗で今場所を終える。



(初) 千代大龍戦 ○押し出し 4.2秒
 千代大龍、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。千代大龍、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。玉鷲、頭から当たる。千代大龍、押しながら前に出る。玉鷲、俵に詰まるが、押っ付けながら堪える。千代大龍、引く。玉鷲、乗じて押しながら一気に前に出る。千代大龍、土俵際、叩いて右に回ろうとするが、押されて俵の外に出る。その後、玉鷲、土俵下の浅香山審判の上に落ちる。
20180114 01 315 玉鷲 押し出し 千代大龍 40

(2) 嘉風戦 ○突き出し 6.3秒
 嘉風、先に両手をつく。玉鷲、左、右と手をつく。嘉風、頭から低く踏み込む。玉鷲、突き放して相手を起こし、突っ張り続けて前に出る。嘉風、上体が起きて俵を割る。
20180115 02 316 玉鷲 突き出し 嘉風 40

(3) 貴景勝戦 ●押し出し 12.8秒
 貴景勝、先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとつく。貴景勝、両手を出して頭から踏み込む。玉鷲、その場で立ち、胸で当たりを受ける。貴景勝、胸に向かって突き放しながら前に出る。玉鷲、左足が俵に掛かるが、堪える。貴景勝、引いて体を離す。玉鷲、中に戻り、両者、見合う。玉鷲、右から張り、突き放す。貴景勝、右から張る。玉鷲、両手で突き放しながら前に出る。貴景勝、左で突きながら土俵際を左へ回る。玉鷲、向き直る。両者、右喉輪で突き放し、体を離して見合う。貴景勝、相手の顔の前で左から張る動きを見せ、前に出て下から押し上げる。玉鷲、上体が起きて俵を割る。
〔張る玉鷲〕
20180116 03 315 貴景勝 押し出し 玉鷲 13 玉鷲の張り
〔張る貴景勝〕
20180116 03 315 貴景勝 押し出し 玉鷲 15 貴景勝の張り
〔見合う両者〕
20180116 03 315 貴景勝 押し出し 玉鷲 25 見合う両者
〔貴景勝の押し出し〕
20180116 03 315 貴景勝 押し出し 玉鷲 37

(4) 阿武咲戦 ●叩き込み 10.4秒
 阿武咲、先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて立つ。阿武咲、右手を出し、両者、頭から踏み込む。阿武咲、右喉輪で相手を起こす。玉鷲、顎に向かって突き上げる。阿武咲、下から押す。玉鷲、少し引く。阿武咲、乗じて押しながら前に出る。玉鷲、左足を俵に掛けて堪え、中に戻り、両手で突き放しながら前に出る。阿武咲、土俵際、仰け反りながらあてがって堪える。玉鷲、右から張る。阿武咲、左に回り、押し、叩きながら下がる。玉鷲、土俵に落ち、阿武咲、左足一本で残してくるっと回る。
20180117 04 316 阿武咲 叩き込み 玉鷲 40

(5) 御嶽海戦 ●押し出し 11.6秒
 御嶽海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとつく。御嶽海、右手を出して頭から踏み込む。玉鷲、頭から当たる。御嶽海、右喉輪で相手を起こし、押しながら前に出る。玉鷲、右で突きながら右へ回る。御嶽海、叩きながら引く。玉鷲、乗じて前に出、顎に向かって突き上げる。御嶽海、両差しになる。玉鷲、頭をつけ、左右から押っ付けるが左足が俵に掛かる。御嶽海、浅い両差しで前に出、相手の脇を押し上げる。玉鷲、上体が起きて俵を割る。
20180118 05 316 御嶽海 押し出し 玉鷲 40

(6) 逸ノ城戦 ●押し倒し 4.9秒
 逸ノ城、先に両手をつく。玉鷲、左手をついて時をおき、右手をサッとつき、頭から踏み込む。逸ノ城、その場で立ち、左から張り、右を差す。玉鷲、頭をつけ、左から絞る。逸ノ城、右差し手を抜き、右から突く。玉鷲、前に泳ぎ、土俵際向き直る。逸ノ城、右喉輪で押し上げる。玉鷲、俵の外に倒れ、両足バンザイで土俵下に落ちる。
20180119 06 316 逸ノ城 押し倒し 玉鷲 38

(7) 北勝富士戦 ●送り出し 1.9秒
 北勝富士、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。北勝富士、左手をサッとついて素早く立つ。玉鷲、右手をサッとつき、両手を出して頭を下げる。北勝富士、やや左へ踏み出し、左から突く。玉鷲、前につんのめる。北勝富士、俵に詰まった相手の背中を押す。玉鷲、土俵下に落ちる。
20180120 07 315 北勝富士 送り出し 玉鷲 40

(中) 琴奨菊戦 ○押し出し 6.9秒
 琴奨菊、仕切り線後方で左手をサッとつく。玉鷲、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、左肘を固めて頭を下げる。玉鷲、両手を出して低く踏み込み、両者、頭で当たり合う。玉鷲、左筈で脇を、右で顔を押し上げる。琴奨菊、右を差そうとする。玉鷲、頭をつけて左で押っ付ける。琴奨菊、体を離す。玉鷲、押しながら前に出る。琴奨菊、仰け反って俵を割り、土俵下に落ちる。
20180121 08 316 玉鷲 押し出し 琴奨菊 40

(9) 豪栄道戦 ●寄り切り 2.6秒
 豪栄道、先に右手をつく。玉鷲、しばらく時をおき、両手をサッとついて立ち、両手を出して頭から踏み込む。豪栄道、左肘を固めて頭から低く当たり、両差しになって一気に前に出る。玉鷲、上体が起きて俵を割る。
20180122 09 318 豪栄道 寄り切り 玉鷲 40

(10) 高安戦 ●押し出し 10.8秒
 玉鷲、左手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、頭から踏み込む。高安、両肘を固めて体当たり。玉鷲、左で押っ付け、右で相手の左腕を抱えて右に回ろうとする。高安、左腕を抜き、突き放しながら前に出る。玉鷲、下からあてがう。高安、叩いて少し引き、突っ張りながら前に出る。玉鷲、土俵際あてがって堪え、押しながら前に出る。高安、右で相手の腕を突き、押しながら前に出る。玉鷲、俵に足を掛けて左から掬う。高安、右腕を内に回して堪え、押す。玉鷲、土俵下に飛び落ちる。
〔両者のにらみ合い〕
20180123 10 319 高安 押し出し 玉鷲 01 にらみあい
〔高安の押し出し〕
20180123 10 319 高安 押し出し 玉鷲 35
20180123 10 319 高安 押し出し 玉鷲 40

(11) 鶴竜戦 ○押し出し 5.2秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。鶴竜、頭から低く踏み込む。玉鷲、両手を出して頭から当たり、突っ張る。鶴竜、下からあてがい、両手で顎を押し上げ、叩きながら少し引き、右前廻しに手を掛ける。玉鷲、乗じて前に出、突き放す。鶴竜、俵に詰まる。玉鷲、押す。鶴竜、右足が俵の外に滑り出る。
〔引く鶴竜〕
20180124 11 320 玉鷲 押し出し 鶴竜 35 引く鶴竜
〔玉鷲の押し出し〕
20180124 11 320 玉鷲 押し出し 鶴竜 40
〔殊勲インタビューで涙と笑顔を見せる玉鷲〕
20180124 11 320 玉鷲 押し出し 鶴竜 75 玉鷲 01 涙
20180124 11 320 玉鷲 押し出し 鶴竜 75 玉鷲 05 笑顔
20180124 11 320 玉鷲 押し出し 鶴竜 75 玉鷲 11 涙を拭く

(12) 栃ノ心戦 ●寄り切り 10.6秒
 栃ノ心、先に両手をつくが、その手を戻す。両者、見合う。玉鷲、腰を上げ、仕切り直し。2度目、栃ノ心、先に両手をつく。玉鷲、左手をつこうとする。栃ノ心、突っ掛ける。3度目、栃ノ心、先に両手をつく。玉鷲、両手をサッとつく。栃ノ心、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。玉鷲、やや左へ踏み出して頭から当たり、左押っ付け、右喉輪で押し上げる。栃ノ心、下がらず、下から撥ね上げて前に出る。玉鷲、右から突く。栃ノ心、向き直り、両差しになって前に出る。玉鷲、上体が起きて俵に詰まる。栃ノ心、右差し手を返して寄り切る。
20180125 12 318 栃ノ心 寄り切り 玉鷲 37

(13) 正代戦 ○押し出し 8.0秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。玉鷲、左手をついて時をおき、右手をサッとついて立つ。正代、その場で立って右肘を固める。玉鷲、頭から踏み込む。正代、両差しになって一気に前に出る。玉鷲、俵に詰まるが、左で押っ付ける。正代、引いて体を離す。玉鷲、乗じて突っ張りながら一気に前に出る。正代、俵に詰まる。玉鷲、顎に向かって突き上げる。正代、仰け反り、俵伝いに左へ回ろうとする。玉鷲、逃さず押し出す。
20180126 13 316 玉鷲 押し出し 正代 30

(14) 荒鷲戦 ●突き落し 4.6秒
 荒鷲、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。荒鷲、左手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。玉鷲、遅れてその場で立つ。荒鷲、左前廻しに手を掛ける。玉鷲、両手突きから突っ張って廻しを切り、突っ張りながら前に出る。荒鷲、左で突いて左に開く。玉鷲、前に泳いで俵の上になり、向き直ろうとするが足が外に出る。
20180127 14 317 荒鷲 突き落とし 玉鷲 35

(楽) 隠岐の海戦 ○押し出し 11.2秒
 隠岐の海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。隠岐の海、左手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。玉鷲、遅れてその場で立つが、木村玉治郎が止める。2度目、隠岐の海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固める。玉鷲、頭から踏み込み、押しながら前に出る。隠岐の海、上体が起きて土俵際。玉鷲、右喉輪で相手を仰け反らせる。隠岐の海、両手で相手の喉輪を外し、俵伝いに左へ回る。玉鷲、顎に向かって突き上げる。隠岐の海、押し返す。玉鷲、右で突いていなし、左喉輪で押し上げる。隠岐の海、仰け反って土俵下に落ちる。
20180128 15 318 玉鷲 押し出し 隠岐の海 40

《2018年初場所取組内容・目次へ》