夏場所

千代大龍 2016年夏(五月)場所取組内容

201605-ちよたいりゅう

前頭8枚目だった先場所は、3勝12敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭16枚目で迎えた今場所、初日は誉富士を押し出して白星発進。
二日目、三日目と連敗するも、四日目、五日目と連勝。序盤は3勝2敗と白星先行。
六日目、十両の里山に寄り切られて3敗目。七日目、英乃海に押し出されて連敗し、3勝4敗と黒星先行に。
中日、新入幕の錦木を引き落とし、星を五分にする。
九日目から3連敗し、7敗目と後がなくなる。
十二日目、豪風を引き落として踏み止まる。
十三日目の蒼国来戦、今場所の幕内全取組で最長となった118.6秒の相撲の末、上手投げで敗れて負け越し決定。
十四日目、佐田の海を叩き込んで6勝目。
千秋楽、豊響に突き出され、6勝9敗で今場所を終える。
負け越しは2場所連続。



(初) 誉富士戦 ○押し出し 2.2秒
 誉富士、先に手をつく。千代大龍、仕切り線後方で手をサッとつく。誉富士、両手突きから突き放そうとする。千代大龍、撥ね上げながら前に出、力強く押す。誉富士、土俵下に飛び落ちる。

(2) 臥牙丸戦 ●押し出し 2.6秒
 臥牙丸、先に手をつく。千代大龍、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。臥牙丸、頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たる。臥牙丸、右押っ付けで一気に前に出、押し上げる。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(3) 遠藤戦 ●押し出し 3.4秒
 千代大龍、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつく。千代大龍、右肘を固めて踏み込む。遠藤、左上手に手を伸ばす。千代大龍、突き放し、相手の手を叩きながら下がる。遠藤、突っ張りながら前に出る。千代大龍、俵の上で、左から突こうとするが、俵の外に出る。

(4) 青狼戦 ○肩透かし 2.1秒
 千代大龍、先に手をつく。青狼、仕切り線後方で手をサッとつき、低く踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、叩きながら右に回る。青狼、土俵に手をついて転がる。

(5) 大翔丸戦 ○肩透かし 1.7秒
 千代大龍、仕切り線少し後方で先に手をつく。大翔丸、手をサッとつく。千代大龍、踏み込む。大翔丸、頭から当たる。千代大龍、左をのぞかせ、右で頭を押さえながら引く。大翔丸、前に落ち、千代大龍、俵の中に残る。

(6) 里山戦 ●寄り切り 7.4秒
 里山、仕切り線後方で先に手をつく。千代大龍、仕切り線少し後方でサッと手をつき、踏み込んで両手突きに行く。里山、相手の腕の下に潜って左を深く差し、深い左下手を取る。千代大龍、肩越しの右上手を取る。里山、中に入ったまま、右前廻しも取り、両廻しを持って右に回る。千代大龍、左を差そうとするがならず。里山、両廻しを引きつけて前に出る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(7) 英乃海戦 ●押し出し 6.0秒
 英乃海、先に左手をつく。千代大龍、右手をつき、両者、ほぼ同時に、もう片方の手をサッとついて立つ。英乃海、右肘を固める。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で相手を起こし、突っ張る。英乃海、前に出ながら両差しになる。千代大龍、左で差し手を抱え、右を巻き替えて差そうとする。英乃海、左で押っ付けて差させず、左で小手に巻き、体を開いて振る。千代大龍、いなされて少し泳ぐ。英乃海、押し上げながら一気に前に出る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(中) 錦木戦 ○引き落し 1.9秒
 錦木、先に両手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、踏み込む。錦木、頭から当たる。千代大龍、左でかち上げ気味に相手を起こし、突っ張り、相手の腕を叩いて右に開く。錦木、土俵に両手をつく。

(9) 徳勝龍戦 ●押し出し 6.5秒
 両者、見合ってなかなか手をつかず。千代大龍、先に右手をつく。徳勝龍、右手をつく。すぐに両者がもう片方の手をつき、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、左から張る。千代大龍、押し上げ、左へ回る。徳勝龍、突き上げながら前に出る。千代大龍、俵に両足を掛けながら仰け反って堪える。徳勝龍、左へ開いていなし、左で相手の右腕を抱えて振り、押しながら一気に前に出る。千代大龍、左へ回ろうとするが、回り切れずに俵を割る。

(10) 松鳳山戦 ●押し出し 3.1秒
 千代大龍、先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとつき、右から張って左を差す。千代大龍、右上手に手を掛ける。松鳳山、すぐに腰を下ろして上手を切り、右押っ付けで前に出る。千代大龍、土俵際、叩こうとする。松鳳山、そこを押し上げる。千代大龍、土俵下に落ちる。

(11) 阿夢露戦 ●叩き込み 6.6秒
 千代大龍、先に右手をつく。阿夢露、仕切り線後方で両手をサッとつく。千代大龍、左手をサッとつく。阿夢露、両肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右で肩を押し上げ、突き放す。阿夢露、顎に向かって突き上げる。千代大龍、押して距離を取る。阿夢露、相手の頭を押し下げ、両手で肩を押す。千代大龍、相手の手を叩いて右に開く。阿夢露、前のめりになる。千代大龍、相手の右側につき、左で顎を押し上げて前に出る。阿夢露、上体が起きて一瞬左で首を巻くが、引いて体を離しながら叩く。千代大龍、体が伸びて土俵に落ちる。

(12) 豪風戦 ○引き落し 1.2秒
 千代大龍、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方で左手をサッとついて立つ。千代大龍、左肘を固めて立つ。豪風、頭から低く当たる。千代大龍、左肘でかち上げ、相手の手を叩いて引く。豪風、前にバッタリ落ちる。

(13) 蒼国来戦 ●上手投げ 118.6秒
 千代大龍、先に右手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて立つ。千代大龍、左手をついて立つ。蒼国来、左肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たる。蒼国来、やや右にずれて当たり、右で押っ付ける。千代大龍、相手の腕を叩いて少し引き、突き上げながら中に戻り、右で相手の肩を押す。蒼国来、左で押っ付け、右で相手の肩を押し、右で突き放す。両者、一旦、体が離れるが、互いに右で肩を押し、頭を下げてつけ合う体勢で止まる(約17秒間)。蒼国来、上体を起こし、左をのぞかせる。千代大龍、右で相手の肩を押す。両者、再び頭をつけ合う体勢で止まる(約18秒間)。蒼国来、左で肩から相手の右手を外し、左で相手の右腕を突いて前に出ようとする。千代大龍、右で相手の肩を押す。両者、三度頭をつけ合う体勢で止まる(約10秒間)。蒼国来、左で肩から相手の右手を外し、左上手に手を伸ばすが取れず。千代大龍、突き放し、また右手で相手の肩を押す。両者、四度頭をつけ合う体勢で止まる(約3秒間)。蒼国来、右から突いて体を離す。千代大龍、右でまた相手の肩を押す。両者、五度頭をつけ合って止まる(約24秒間)。千代大龍、両手で相手の顎を押し上げて起こす。蒼国来、相手の左腕を手繰って右に開く。千代大龍、土俵際、向き直る。蒼国来、右で相手の左腕を抱えながら左を差し、右上手に手を伸ばして取る。千代大龍、両手で相手の左腕を抱えるが止め、胸を合わせて左下手を探る。蒼国来、左差し手を返しながら右上手で捻って左へ回る。千代大龍、土俵中央に戻り、左下手を取る。蒼国来、すぐに右上手を引きつけて前に出る。千代大龍、土俵際、左下手を持ちながら左足で内掛けに行く。蒼国来、下がりながら掛けられた右足を外す。千代大龍、土俵内に戻る。蒼国来、右上手を持って相手を左半身にし、頭をつけて左前廻しを探る。千代大龍、右で相手の左手首を掴む。蒼国来、左前廻しを取り、腰を引いて相手の下手を切り、両前廻しを引きつけて前に出、右から振る。千代大龍、俵の外に崩れ落ちる。

(14) 佐田の海戦 ○叩き込み 2.4秒
 佐田の海、先に右手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、右上手前廻しを狙う。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で突き放し、頭を叩いて右に開く。佐田の海、前に飛んで土俵に落ちる。

(楽) 豊響戦 ●突き出し 5.9秒
 千代大龍、先に右手をつく。豊響、仕切り線後方で両手をサッとつく。千代大龍、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊響、頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で突き放す。豊響、上体が起き、右から張る。千代大龍、頭から当たり、右喉輪で相手を下がらせる。豊響、右から張って押す。千代大龍、相手の腕を叩いて右に回る。豊響、押しながら前に出ようとする。千代大龍、再び引いて土俵際。豊響、乗じて前に出、相手の胸を突く。千代大龍、俵の外に出る。

《2016年夏場所取組内容・目次へ》

遠藤 2016年夏(五月)場所取組内容

201605-えんどう

今年初場所、「右足関節捻挫」のため、七日目から休場。十両に陥落した先場所、11勝4敗と二桁勝利を上げ、一場所で幕内復帰を決めた。→初場所の取組内容
意図して体重を増やし、自己最重量の153kgとなる。しかし、昨年3月場所で大怪我を負った左膝に痛みが出て、状態が思わしくないとの報道もなされた。
前頭15枚目の今場所、初日は臥牙丸の小手投げに敗れ、黒星発進。
二日目、十両の里山を突き出して初日を出す。この勝利で、幕内勝利数が100となる。
ここから白星を連ね、4連勝。序盤は、4勝1敗と白星先行。
六日目、再入幕の青狼に突き落とされて2敗目。
七日目は徳勝龍、中日は大怪我を負ったときの対戦相手、松鳳山を寄り切って連勝。
九日目、佐田の海に突き落されて、3敗目。
十日目から白星を連ね、十一日目に勝ち越し決定。そのまま十四日目まで5連勝し、幕内での自己最多に並ぶ11勝を上げる。
千秋楽、勝てば敢闘賞獲得だったが、豪風に掬い投げで敗れて、受賞を逃す。
勝ち越し、11勝とも、2場所連続。幕内での勝ち越しは、昨年9月場所以来、4場所ぶり。



(初) 臥牙丸戦 ●小手投げ 4.6秒
 臥牙丸、先に手をつくが、相手がなかなか腰を下ろさず、その手を戻す。遠藤、腰を下ろす。臥牙丸、再び先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方で手をサッとついて立つ。臥牙丸、踏み込む。遠藤、踏み込んで左を差し、両廻しを取る。臥牙丸、右で小手に巻く。遠藤、両差しで前に出る。臥牙丸、土俵際、右小手投げを打つ。遠藤、体が傾き、土俵に裏返る。臥牙丸、左手を土俵につきながら相手の上に乗る。

(2) 里山戦 ○突き出し 2.6秒
 里山、仕切り線後方で先に手をつく。遠藤、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。里山、頭から踏み込む。遠藤、突っ張りながら前に出る。里山、上体が起きて俵に詰まり、叩こうとする。遠藤、そのまま突き放す。里山、土俵下に飛び落ちる。

(3) 千代大龍戦 ○押し出し 3.4秒
 千代大龍、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつく。千代大龍、右肘を固めて踏み込む。遠藤、左上手に手を伸ばす。千代大龍、突き放し、相手の手を叩きながら下がる。遠藤、突っ張りながら前に出る。千代大龍、俵の上で、左から突こうとするが、俵の外に出る。

(4) 英乃海戦 ○寄り切り 5.8秒
 英乃海、先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつき、右手を出し、左肘を固めて踏み込む。英乃海、両腕を内に入れて踏み込んで当たる。遠藤、右喉輪で押し上げ、両差しになろうとし、右下手を取る。英乃海、左で差し手を抱え、小手に振りながら右を巻き替えて差す。遠藤、左で押っ付けながら右下手を持って一気に前に出、右差し手を返す。英乃海、上体が起きて俵を割る。

(5) 錦木戦 ○押し出し 5.1秒
 錦木、先に手をつく。遠藤、サッと手をつき、左肘を固めて踏み込む。錦木、頭から当たる。遠藤、突っ張りながら前に出る。錦木、土俵際、左で相手の右腕を抱えて左へ回る。遠藤、右差し手を抜き、突き放しながら前に出る。錦木、上体が起きて俵を割る。

(6) 青狼戦 ●突き落し 52.4秒
 青狼、先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。青狼、右肘を固める。遠藤、右から張り、両差しになろうとしながら前に出る。青狼、右上手を取り、左で頭を叩きながら右に回る。遠藤、左下手を取ってついて行く。青狼、低い体勢で右上手を引きつけ、相手を左半身にし、左前廻しを取る。遠藤、右で相手の左手首を掴む。両者、止まる(約4秒間)。青狼、上体を起こし、両前廻しを引きつける。遠藤、右で押っ付けながら前に出る。青狼、左廻しが切れ、右に回って再び相手を半身にし、頭をつけて左で前廻しを探る。遠藤、右で相手の顔を押し上げて起こそうとするがならず、右手で相手の左手を掴む。両者、少し止まる(約2秒間)。遠藤、右で手首を掴んだまま前に出ようとする。青狼、堪え、再び体勢を低くする。両者、低い体勢で遠藤が左半身の体勢で足が止まり、互いに掴んだ手を動かす(約11秒間)。青狼、頭をつけたまま、右上手を持って右に回り、出し投げを打つ。遠藤、土俵際堪えて中に戻る。両者、止まる(約3秒間)。青狼、右足を飛ばして相手の左足を蹴り、右上手を引きつけて前に出る。遠藤、堪えて中に戻り、左下手を深くして相手を起こし、下手投げで振って前に出る。青狼、再び頭をつけ、土俵際で左下手を探る。遠藤、腰を引いて下手を与えず。青狼、左下手を取って上体を起こす。遠藤、右上手を探る。そこで青狼、右上手を離し、土俵際、右から突いて右に回り、左で頭を押さえつける。遠藤、右肘から落ちて土俵に這う。

(7) 徳勝龍戦 ○寄り切り 9.6秒
 遠藤、仕切り線後方で先に右手をつく。徳勝龍、右手をちょんとつき、左手をサッとついて頭から踏み込もうとする。遠藤、右から張って左を差し、右押っ付けで前に出ながら右上手を取り、引きつけて前に出る。徳勝龍、左下手を取るが俵に詰まる。遠藤、右上手を引きつけて寄る。徳勝龍、左下手を離し、体を開いて掬い投げに行く。遠藤、右上手を持って堪え、再び胸を合わせて寄る。徳勝龍、俵の外に出る。

(中) 松鳳山戦 ○寄り切り 13.6秒
 遠藤、仕切り線後方に右手をつく。松鳳山、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、両腕を交差させる。遠藤、少しだけ前にぴょんと立ち、胸で当たる。松鳳山、両差しになる。遠藤、すぐに左を巻き替え、右上手に手を伸ばすが取れず。松鳳山、深い右上手を取って右に回り、右足で相手の左足を蹴る。遠藤、左下手を取って堪える。松鳳山、更に右に回り、右上手を引きつけ、左を差す。遠藤、左下手を持ち、右で押っ付けながら上手前廻しも取って両廻し。松鳳山、深い右上手を持って、左差し手を返す。遠藤、左下手を離し、左肘を張りながら腰を振って相手の上手を切る。松鳳山、右を巻き替えようとする。遠藤、左差し手を返しながら前に出、巻き替えを許さず。松鳳山、右小手投げで振る。遠藤、振られるが、頭をつけ、両廻しを引きつけて一気に前に出る。松鳳山、下がりながら左手で上手を切るが、土俵際、右で小手に振りながら左で叩く。遠藤、前のめりになりながらも左差しで寄り切る。松鳳山、土俵下に落ち、遠藤、俵の外に倒れる。

(9) 佐田の海戦 ●突き落し 12.7秒
 佐田の海、先に右手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。佐田の海、素早く立って両手突きに行く。遠藤、低く当たって前に出る。佐田の海、右で押っ付けて右上手前廻しを取る。遠藤、左をねじ込んで深い左下手を取り、左下手で振ってから右下手も取る。佐田の海、左上手を探るが取れず、右上手を持って左で押っ付ける。遠藤、両肘を張りながら前に出る。佐田の海、土俵際、左に回りながら左で突き、相手の廻しを切る。遠藤、土俵に転がる。

(10) 御嶽海戦 ○寄り切り 12.9秒
 御嶽海、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。御嶽海、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。遠藤、両腕を下げて頭から踏み込む。御嶽海、顎に向かって突き上げる。遠藤、下がらず、右喉輪で押し上げる。御嶽海、右で押っ付けながら右に回り、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。遠藤、仰け反りながらも左下手を取り、更に右上手を取って前に出る。御嶽海、左下手を取り、下手投げで振る。遠藤、一瞬土俵際になるが、前に出る。御嶽海、深い右上手を取って両廻し。遠藤、前に出ながら左差し手を返して相手の上手を切り、右上手を引きつけて寄る。御嶽海、上体が起きて俵を割る。

(11) 千代鳳戦 ○押し出し 7.1秒
 千代鳳、体を上下に揺らす。遠藤、先に右手をつく。千代鳳、仕切り線後方で左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代鳳、両肘を固めて頭から踏み込む。遠藤、両腕を下げて低く踏み込んで当たり、右で押っ付けながら右に回り、左で顔を押し上げ、左をねじ込む。千代鳳、頭をつけて右で押っ付ける。遠藤、左差し手を抜く。千代鳳、右で顔を押し上げる。遠藤、突き放し、中に入ろうとする。千代鳳、頭を叩きながら引く。遠藤、乗じて一気に前に出、俵に詰まった相手の胸を押し上げる。千代鳳、土俵下に落ちる。

(12) 大砂嵐戦 ○押し出し 2.7秒
 大砂嵐、先に左手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。大砂嵐、右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大砂嵐、踏み込んで右肘でかち上げに行く。遠藤、左肩を出して当たりながら堪え、中に入って一気に前に出る。大砂嵐、肩越しの左上手を取り、土俵際左で叩きながら投げに行く。遠藤、構わず押す。大砂嵐、土俵下に落ちる。

(13) 豊ノ島戦 ○押し出し 4.5秒
 豊ノ島、先に右手をつく。仕切り線少し後方で両手をサッとつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を交差させる。遠藤、左で張る動きをして当たり、右で押っ付け、突き放す。豊ノ島、左を差そうとするが差せず。遠藤、突っ張りながら前に出、両差しになろうとする。豊ノ島、ここで相手の頭が顔に当たって痛そうな表情、左で叩きながら右に回る。遠藤、押しながら前に出る。豊ノ島、力なく土俵下に落ち、膝をついてなかなか土俵に戻れず。勝負後、左目を痛そうにする。

(14) 高安戦 ○寄り切り 15.3秒
 高安、先に右手をつく。遠藤、仕切り線少し後方で両手をサッとつく。高安、左手をサッとついて素早く立ち、左肘を前に出し、頭から踏み込む。遠藤、左手を出して踏み込み、低く当たって右で押っ付け、突き放しながら前に出る。高安、突き返す。両者、激しい突っ張り合い。遠藤、突っ張って前に出、右上手を取って絞り、左で肩を押し上げて相手を左半身にし、右上手を持って右に回り、上手を引きつけて前に出る。高安、土俵際、体を開いて左掬い投げに行く。遠藤、右上手を離さず腰を寄せる。高安、土俵下に落ちる。

(楽) 豪風戦 ●掬い投げ 3.3秒
 遠藤、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で手をサッと手をついて立つ。遠藤、右から張って左を差す。豪風、左で押し上げ、引いて右に回る。遠藤、乗じて押しながら前に出る。豪風、俵に詰まり、左で掬って左から突き、俵の上で残す。遠藤、前のめりになって土俵に落ちる。

《2016年夏場所取組内容・目次へ》

臥牙丸 2016年夏(五月)場所取組内容

201605-ががまる

前頭10枚目だった先場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭15枚目の今場所、初日は再入幕した遠藤を小手投げで破って白星発進。
二日目、千代大龍を押し出して連勝。
三日目、新入幕の錦木の小手投げに敗れて初黒星。
四日目、豊響に寄り切られ、2勝2敗と五分に。
五日目、豪風を寄り切って3勝目。
六日目、七日目と連敗し、3勝4敗と黒星先行。
八日目、豊ノ島を押し出して星を五分にする。この取組で、左足土踏まずを痛めたよう。
九日目、立合いが2度合わず、3度目、押し出されて5敗目。再び黒星先行。十日目も敗れて連敗。
十一日目、十二日目と連勝し、6勝6敗と星を五分にする。
十三日目から黒星が連なり、十四日目に負け越し決定。
千秋楽も敗れて3連敗し、6勝9敗で今場所を終える。
負け越しは3場所連続。



(初) 遠藤戦 ○小手投げ 4.6秒
 臥牙丸、先に手をつくが、相手がなかなか腰を下ろさず、その手を戻す。遠藤、腰を下ろす。臥牙丸、再び先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方で手をサッとついて立つ。臥牙丸、踏み込む。遠藤、踏み込んで左を差し、両廻しを取る。臥牙丸、右で小手に巻く。遠藤、両差しで前に出る。臥牙丸、土俵際、右小手投げを打つ。遠藤、体が傾き、土俵に裏返る。臥牙丸、左手を土俵につきながら相手の上に乗る。

(2) 千代大龍戦 ○押し出し 2.6秒
 臥牙丸、先に手をつく。千代大龍、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。臥牙丸、頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たる。臥牙丸、右押っ付けで一気に前に出、押し上げる。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(3) 錦木戦 ●小手投げ 3.5秒
 臥牙丸、先に手をつく。錦木、手をつき、前のめりになり、一旦手を戻し、再びつこうとする。臥牙丸、素早く立つ。錦木、遅れてその場で立つ。木村秋治郎、止める。2度目、錦木、手をつく。臥牙丸、仕切り線後方で手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。錦木、頭から踏み込む。臥牙丸、頭から低く当たり、左を差して前に出る。錦木、右で小手に巻き、土俵際を右に回って体を入れ替えながら小手投げ。臥牙丸、土俵に転がる。

(4) 豊響戦 ●寄り切り 3.2秒
 臥牙丸、先に手をつく。豊響、手をサッとつき、頭から踏み込む。臥牙丸、頭から当たる。豊響、突き上げ、左上手を取って前に出る。臥牙丸、上体が起きて俵を割る。

(5) 豪風戦 ○寄り切り 5.9秒
 臥牙丸、先に手をつくがその手を引き、再び先に手をつく。豪風、サッと手をついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。臥牙丸、頭から低く当たる。豪風、右で顔を押し上げて起こす。臥牙丸、突き放し、左押っ付けで前に出る。豪風、右差し手を抜いて俵に詰まる。臥牙丸、そのまま左差しで寄り切る。

(6) 大翔丸戦 ●突き落し 1.4秒
 臥牙丸、先に手をつく。大翔丸、サッと手をつく。臥牙丸、頭から踏み込む。大翔丸、当たって右から突きながら体を開く。臥牙丸、土俵に落ちる。

(7) 青狼戦 ●上手投げ 1.7秒
 臥牙丸、先に右手をつく。青狼、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。臥牙丸、右手を出して頭から踏み込む。青狼、いきなり左に回って左上手を取り、右で頭を押さえつけながら上手投げ。臥牙丸、土俵に座る。

(中) 豊ノ島戦 ○押し出し 7.1秒
 臥牙丸、仕切り線後方で先に右手をつく。豊ノ島、右手をつこうとする。臥牙丸、ふわっと突っ掛ける。2度目、臥牙丸、仕切り線後方で右手をつく。豊ノ島、すぐに右手をつく。臥牙丸、ややふわっと立つ。豊ノ島、両腕を交差させて踏み込む。臥牙丸、右肘を固めて当たり、顎に向かって突き放しながら前に出る。豊ノ島、俵に両足を掛けて堪え、相手の右腕を手繰って左へ回る。臥牙丸、両手で突き放す。豊ノ島、仰け反って俵に詰まる。臥牙丸、そこを押す。豊ノ島、俵の外に出る。

(9) 松鳳山戦 ●押し出し 2.3秒
 臥牙丸、先に右手をつく。松鳳山、左手で土俵をかするようにして素早く立ち、右にずれる。臥牙丸、見ながら頭から踏み込む。松鳳山、左を差す。しかし、木村元基、相撲を止める。2度目、 臥牙丸、先に右手をつく。松鳳山、左手で土俵をかするようにして素早く立ち、左腕を前に出し、右肘を固めて踏み込む。臥牙丸、右で差し手を抱える。しかし、木村元基、相撲を止める。3度目、臥牙丸、仕切り線後方で先に右手をつく。松鳳山、右、左と手をつく。松鳳山、左肘を前に出して踏み込み、左を差す。臥牙丸、右で差し手を抱え、右小手で振る。松鳳山、左差し手を抜き、前に出ながら押す。臥牙丸、力なく俵を割る。

(10) 千代鳳戦 ●下手投げ 8.5秒
 臥牙丸、仕切り線後方で先に右手をつく。千代鳳、体を上下に揺すり、仕切り線後方で左手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。臥牙丸、その場で立って頭から当たる。千代鳳、左を差す。臥牙丸、左で肩を押し上げ、右は押っ付けて相手を起こす。千代鳳、右も差して両差しになり、頭をつけて深い右下手を取る。臥牙丸、右上手を取る。千代鳳、深い左下手を取って両下手になる。臥牙丸、左を巻き替えようとして上体が起きる。千代鳳、両下手を引きつけて前に出る。臥牙丸、巻き替えならず左差し手を抜き、右上手を持って右半身になる。千代鳳、左下手投げ。臥牙丸、あっさり左手をつく。

(11) 蒼国来戦 ○寄り切り 2.9秒
 臥牙丸、仕切り線後方で先に右手をつく。蒼国来、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。臥牙丸、頭から低く当たる。蒼国来、右でかち上げ気味に相手を起こし、左を差して下手を取る。臥牙丸、左差しで一気に前に出る。蒼国来、右上手も取るが俵に詰まる。臥牙丸、そのまま寄り切る。

(12) 貴ノ岩戦 ○押し出し 2.6秒
 臥牙丸、先に右手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつく。臥牙丸、素早く立つ。貴ノ岩、両腕を下げて低く踏み込む。臥牙丸、右喉輪、左筈で押し上げる。貴ノ岩、左下手を取る。臥牙丸、右で差し手を抱えて一気に前に出る。貴ノ岩、右前廻しも取って両廻しになるが土俵際。臥牙丸、両手で顎を押す。貴ノ岩、俵を割る。

(13) 佐田の海戦 ●上手出投 4.0秒
 臥牙丸、先に右手をつく。佐田の海、右手をつき、一呼吸置いて踏み込む。臥牙丸、その場で立ち、右手を出して頭から当たる。佐田の海、右で顔を突き起こし、右上手を取って下がり、右に回って俵に詰まる。臥牙丸、乗じて前に出、両差しになろうとする。佐田の海、左上手を取り、右上手を離して左に体を開き、左上手出し投げ。臥牙丸、土俵に這う。

(14) 御嶽海戦 ●肩透かし 7.2秒
 臥牙丸、先に右手をつく。御嶽海、右手をつき、左手もつく。臥牙丸、素早く立ち、右手を出し、頭を下げて踏み込む。御嶽海、右手を出し、頭から低く当たる。臥牙丸、右で相手の腕を引っ張り込んで抱え、極めながら前に出る。御嶽海、俵に両足を掛けて堪える。臥牙丸、少し左へ振る。御嶽海、右差し手を抜き、左に回りながら右で叩く。臥牙丸、土俵に落ちる。

(楽) 大砂嵐戦 ●上手投げ 7.7秒
 臥牙丸、先に右手をつく。大砂嵐、仕切り線後方で左、右と手をサッとつき、両手を出してやや左へ踏み出す。臥牙丸、頭から踏み込もうとする。大砂嵐、両手突きから、すぐに右を差して左上手に手を伸ばして取る。臥牙丸、左で押っ付け、深い右下手を取って前に出る。大砂嵐、右下手も取り、土俵際、左上手投げで振りながら左へ回る。臥牙丸、右下手を持って前に出、左をねじ込んで巻き替えようとする。大砂嵐、右廻しを離し、左に回りながら右で頭を押さえつけて左上手投げ。臥牙丸、土俵に落ちる。

《2016年夏場所取組内容・目次へ》

青狼 2016年夏(五月)場所取組内容

201605-せいろう

昨年7月場所、新入幕。二場所連続7勝8敗の成績で、11月場所は十両に陥落。十両を3場所務め、先場所、西十両筆頭で9勝6敗の成績を上げた。→昨年9月場所の取組内容
前頭14枚目で迎えた今場所、初日は新入幕の錦木に押し出されて黒星発進。
二日目、幕内2場所目の大翔丸を叩き込み、初日を出す。
三日目から黒星が連なり、五日目は十両の千代翔馬に叩き込まれ、3連敗。
六日目、同じく再入幕の遠藤を50秒を超える相撲で突き落とし、連敗を止める。
七日目、いきなり上手を取って、臥牙丸を上手投げで仕留めて連勝。3勝目を上げる。
中日から黒星が連なり、4連敗。十一日目に負け越しが決まる。
十二日目、十三日目と連勝し、5勝目を上げる。
十四日目、千秋楽と連敗し、5勝10敗で今場所を終える。
負け越しは2場所ぶり。二桁負けは、十両だった一昨年11月場所以来、9場所ぶり。



(初) 錦木戦 ●押し出し 3.7秒
 青狼、先に手をつく。錦木、手をつく。青狼、その直前、素早く立つ。錦木、立ち遅れて、行司木村秋治郎が止める。2度目、錦木、先に手をつく。青狼、手をちょんとついて素早く立ち、右手を出して低く踏み込む。錦木、左肘を固めて当たる。青狼、左上手前廻しを探る。錦木、廻しを与えず。青狼、体を離し、左喉輪で押し上げ、顎に向かって突っ張る。錦木、下がらず。青狼、叩きながら下がる。錦木、乗じて前に出る。青狼、俵の外に出る。

(2) 大翔丸戦 ○叩き込み 1.3秒
 青狼、先に手をつく。大翔丸、サッと手をつく。その直前、青狼、素早く立ち、左廻しを探る。大翔丸、押し上げる。青狼、すぐに引いて叩く。大翔丸、あっさり土俵に落ちる。

(3) 英乃海戦 ●寄り切り 4.1秒
 青狼、先に手をつく。英乃海、手をつこうとする。青狼、突っ掛ける。2度目、英乃海、先に手をつく。青狼、仕切り線後方で手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。英乃海、左肘を固めて当たる。青狼、すぐに左上手前廻しを取り、右で押し上げる。英乃海、左を差し、両差しで前に出、がぶる。青狼、左上手が切れ、上体が起きて俵を割る。

(4) 千代大龍戦 ●肩透かし 2.1秒
 千代大龍、先に手をつく。青狼、仕切り線後方で手をサッとつき、低く踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、叩きながら右に回る。青狼、土俵に手をついて転がる。

(5) 千代翔馬戦 ●叩き込み 1.3秒
 青狼、先に手をつく。千代翔馬、手をサッとつく。青狼、その直前素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。千代翔馬、その場で立ち、叩きながら飛んで右に開く。青狼、前に泳いで両手をつく。

(6) 遠藤戦 ○突き落し 52.4秒
 青狼、先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。青狼、右肘を固める。遠藤、右から張り、両差しになろうとしながら前に出る。青狼、右上手を取り、左で頭を叩きながら右に回る。遠藤、左下手を取ってついて行く。青狼、低い体勢で右上手を引きつけ、相手を左半身にし、左前廻しを取る。遠藤、右で相手の左手首を掴む。両者、止まる(約4秒間)。青狼、上体を起こし、両前廻しを引きつける。遠藤、右で押っ付けながら前に出る。青狼、左廻しが切れ、右に回って再び相手を半身にし、頭をつけて左で前廻しを探る。遠藤、右で相手の顔を押し上げて起こそうとするがならず、右手で相手の左手を掴む。両者、少し止まる(約2秒間)。遠藤、右で手首を掴んだまま前に出ようとする。青狼、堪え、再び体勢を低くする。両者、低い体勢で遠藤が左半身の体勢で足が止まり、互いに掴んだ手を動かす(約11秒間)。青狼、頭をつけたまま、右上手を持って右に回り、出し投げを打つ。遠藤、土俵際堪えて中に戻る。両者、止まる(約3秒間)。青狼、右足を飛ばして相手の左足を蹴り、右上手を引きつけて前に出る。遠藤、堪えて中に戻り、左下手を深くして相手を起こし、下手投げで振って前に出る。青狼、再び頭をつけ、土俵際で左下手を探る。遠藤、腰を引いて下手を与えず。青狼、左下手を取って上体を起こす。遠藤、右上手を探る。そこで青狼、右上手を離し、土俵際、右から突いて右に回り、左で頭を押さえつける。遠藤、右肘から落ちて土俵に這う。

(7) 臥牙丸戦 ○上手投げ 1.7秒
 臥牙丸、先に右手をつく。青狼、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。臥牙丸、右手を出して頭から踏み込む。青狼、いきなり左に回って左上手を取り、右で頭を押さえつけながら上手投げ。臥牙丸、土俵に座る。

(中) 豪風戦 ●押し出し 3.1秒
 青狼、先に右手をつき、左手をぶらぶらさせる。豪風、仕切り線後方で左手をサッとついて素早く立つ。青狼、右手を出して踏み込む。豪風、右手を出して低く踏み込んで当たり、相手の手を叩く。青狼、前のめりになりかけるが堪える。豪風、下から押し上げる。青狼、上体が起きて引く。豪風、乗じて一気に前に出て押す。青狼、俵の外に出る。

(9) 大栄翔戦 ●突き出し 3.2秒
 青狼、先に両手をつく。大栄翔、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立ち、右手を出して踏み込む。大栄翔、突っ張りながら前に出る。青狼、上体が起きて土俵際で叩こうとする。大栄翔、構わず突き出す。

(10) 徳勝龍戦 ●寄り切り 10.8秒
 青狼、先に右手をつき、左手をぶらぶらさせる。徳勝龍、右手が土俵をかするように両手をサッと動かす。青狼、素早く立ち、右肘を固める。徳勝龍、左から張って左に踏み出し、左を差す。青狼、左下手を取り、右で押っ付けながら向き直り、右前廻しを探る。徳勝龍、右で差し手を抱える。青狼、左下手を持ち、右で押っ付ける。徳勝龍、右小手で振る。青狼、下手が切れ、向き直って右で顔を押し上げ、右上手を探る。徳勝龍、両手で顎を押し上げる。青狼、相手の手を叩いて右に開き、右で後ろ廻しを探る。徳勝龍、向き直って廻しを与えず。青狼、右で顔を突き上げる。徳勝龍、押し返す。青狼、左上手に手を伸ばす。徳勝龍、右を差し、左で差し手を抱えながら前に出る。青狼、土俵際、右から掬おうとするが、上体が起きて俵を割る。

(11) 豊ノ島戦 ●押し出し 6.3秒
 豊ノ島、先に右手をつく。青狼、腰を下ろし、両手をサッとつく。豊ノ島、左手をサッとつき、素早く立って両腕を交差させる。青狼、両手を下げて低く当たり、右を差す。豊ノ島、右をのぞかせ、相手を起こしながら前に出る。青狼、左上手に手を伸ばす。豊ノ島、上手を与えず、前に出る。青狼、上体が起きて俵に詰まり、右から掬おうとする。豊ノ島、腰を下ろし、左腕を内に回して投げを食わず、相手の胸を押す。青狼、俵を割る。

(12) 蒼国来戦 ○寄り切り 14.8秒
 蒼国来、先に左手をつき、相手が手をつく前に、サッと右手をついて突っ掛ける。2度目、蒼国来は左、右と、青狼は左手を、ほぼ同時にサッとついて立つ。蒼国来左肩から踏み込む。青狼、両手を出して頭から当たり、左喉輪で押し上げ、右で押っ付ける。蒼国来、左下手前廻しを取る。青狼、右を巻き替えて差し、左上手を取り、左に回って相手の左上手を切って相手を右半身にし、右前廻しを探る。蒼国来、右下手を取り、左で相手の右手首を掴む。青狼、両廻しを引きつけて前に出、右を差し込み、両廻しを引きつけて寄る。蒼国来、俵に両足を掛け、右下手を持って堪え、相手の下手を切る。青狼、右差し手を返して寄る。蒼国来、俵を割る。

(13) 阿夢露戦 ○押し出し 12.9秒
 阿夢露、仕切り線後方で右手をつくが、その手を戻し、腰を上げる。両者、仕切り直し。2度目、阿夢露、仕切り線後方で先に両手をつく。青狼、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿夢露、右手を出して低く当たる。青狼、右で肩を押さえる。阿夢露、右で肩に突き放す。青狼、突っ張る。阿夢露、突っ張り返し、両手で突き放す。両者、体が離れて見合う。青狼、左から張って頭をつける。阿夢露、左をのぞかせ、右で頭を叩きながら下がる。青狼、乗じて前に出、頭をつけて左上手を取る。阿夢露、右差し手を返し、相手の上手を切ろうとしながら前に出る。青狼、左上手を離さず。阿夢露、左を差そうとする。青狼、右で押っ付ける。阿夢露、左を差せず、右手で廻しを切りながら引く。青狼、乗じて一気に前に出ながら押す。阿夢露、土俵下に落ちる。

(14) 松鳳山戦 ●押し出し 3.9秒
 青狼、先に右手をつく。松鳳山、手をサッとつき、右から張って左を差す。青狼、頭をつけて右から押っ付ける。松鳳山、左肘で押し上げて相手を起こし、右から張り、左を差す。青狼、土俵際、相手の手を叩いて右に回ろうとする。松鳳山、逃さず押し出す。

(楽) 千代鳳戦 ●押し出し 3.0秒
 青狼、先に左手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線後方でサッと手をつく。青狼、右手を出して当たり、左上手に手を伸ばすが取れず。千代鳳、押しながら前に出る。青狼、上体が起き、叩きながら左へ回る。千代鳳、押し上げる。青狼、上体が起きて俵を割る。

《2016年夏場所取組内容・目次へ》

錦木 2016年夏(五月)場所取組内容

201605-にしきぎ

先場所、十両2枚目で10勝と二桁勝利を上げ、新入幕を決めた。入門から9年で新十両、1年で十両を通過し、幕内力士となる。
前頭14枚目で迎えた今場所、初日は再入幕の青狼を押し出し、白星発進。
二日目は英乃海、三日目は臥牙丸を破り、3連勝スタート。
四日目、大翔丸に押し出されて初黒星。そこから黒星が連なり、六日目は同期の松鳳山に押し出されて3連敗。3勝3敗と五分になる。
七日目、豊ノ島を逆転の小手投げ、連敗を止める。
中日から再び黒星が連なって3連敗。
十一日目、先場所十両優勝の大砂嵐を押し出し、連敗を止める。
十二日目、十三日目と連敗し、負け越し決定。
そこから連勝し、7勝8敗と1点の負け越しに留める。
負け越しは、昨年7月場所以来、5場所ぶり。



(初) 青狼戦 ○押し出し 3.7秒
 青狼、先に手をつく。錦木、手をつく。青狼、その直前、素早く立つ。錦木、立ち遅れて、行司木村秋治郎が止める。2度目、錦木、先に手をつく。青狼、手をちょんとついて素早く立ち、右手を出して低く踏み込む。錦木、左肘を固めて当たる。青狼、左上手前廻しを探る。錦木、廻しを与えず。青狼、体を離し、左喉輪で押し上げ、顎に向かって突っ張る。錦木、下がらず。青狼、叩きながら下がる。錦木、乗じて前に出る。青狼、俵の外に出る。

(2) 英乃海戦 ○極め出し 5.1秒
 錦木、先に手をつく。英乃海、仕切り線後方でサッと手をつき、右肘を固めて踏み込む。錦木、右手を出し、頭から低く当たり、右喉輪で押し上げる。英乃海、左を差す。錦木、右で差し手を抱え、極めながら前に出る。英乃海、堪らず差し手を抜いて俵を割る。

(3) 臥牙丸戦 ○小手投げ 3.5秒
 臥牙丸、先に手をつく。錦木、手をつき、前のめりになり、一旦手を戻し、再びつこうとする。臥牙丸、素早く立つ。錦木、遅れてその場で立つ。木村秋治郎、止める。2度目、錦木、手をつく。臥牙丸、仕切り線後方で手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。錦木、頭から踏み込む。臥牙丸、頭から低く当たり、左を差して前に出る。錦木、右で小手に巻き、土俵際を右に回って体を入れ替えながら小手投げ。臥牙丸、土俵に転がる。

(4) 大翔丸戦 ●押し出し 5.5秒
 錦木、先に手をつく。大翔丸、体を上下に揺らし、動きを止めてから手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。錦木、右手を出して頭から当たる。大翔丸、突き放し、右で肩を押し上げて左で押っ付けながら前に出る。錦木、上体が起き、右で頭を押さえながら左へ下がり、右を差し込むが俵に詰まる。大翔丸、そこを更に押し上げる。錦木、上体が起きて俵を割る。

(5) 遠藤戦 ●押し出し 5.1秒
 錦木、先に手をつく。遠藤、サッと手をつき、左肘を固めて踏み込む。錦木、頭から当たる。遠藤、突っ張りながら前に出る。錦木、土俵際、左で相手の右腕を抱えて左へ回る。遠藤、右差し手を抜き、突き放しながら前に出る。錦木、上体が起きて俵を割る。

(6) 松鳳山戦 ●押し出し 5.0秒
 錦木、先に手をつく。松鳳山、手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。錦木、右手を出して当たる。松鳳山、突き放しながら前に出る。錦木、差そうとするがならず、土俵際、右から突こうとする。松鳳山、低い姿勢で相手を押し、俵の外に出す。

(7) 豊ノ島戦 ○小手投げ 11.0秒
 豊ノ島、先に右手をつく。錦木、左手をつく。豊ノ島、左手をサッとついて素早く立つ。錦木、右手をサッとついて遅れて立つ。豊ノ島、両腕を交差させる。錦木、頭から当たる。豊ノ島、両差しになって前に出る。錦木、外から抱え、土俵際、右で小手に振りながら堪える。豊ノ島、両差しで前に出続ける。錦木、俵に詰まるが、体を開いて右小手投げで逆転。豊ノ島、土俵に落ち、その後、錦木、土俵に倒れる。

(中) 千代大龍戦 ●引き落し 1.9秒
 錦木、先に両手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、踏み込む。錦木、頭から当たる。千代大龍、左でかち上げ気味に相手を起こし、突っ張り、相手の腕を叩いて右に開く。錦木、土俵に両手をつく。

(9) 豪風戦 ●引き落し 1.1秒
 錦木、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って踏み込み、押し上げ、相手の腕を叩いて引く。錦木、前にバッタリ落ちる。

(10) 阿夢露戦 ●叩き込み 6.0秒
 錦木、先に両手をつく。阿夢露、仕切り線後方でサッと手をつき、右手を出して低く踏み込み、左を差す。錦木、右で相手の差し手を抱えて前に出る。阿夢露、取られた左腕を抜き、右に回って右から突く。錦木、向き直って左を差す。阿夢露、右で押っ付けながら右に回り、引いて体を離す。錦木、乗じて前に出る。阿夢露、土俵際、叩きながら今度は左へ開く。錦木、前に飛び、相手の右足を抱えようとしながら俵の外に転がる。

(11) 大砂嵐戦 ○押し出し 5.6秒
 錦木、先に左手をつく。大砂嵐、左、右と手をサッとついて素早く立つ。錦木、両腕を下げて立つ。大砂嵐、両手突きで相手を起こし、左に回って上手を狙う。錦木、左に回って上手を与えず。大砂嵐、左から張って左へ回り、再び上手を探るが取れず、顔に向かって押し上げる。錦木、頭を下げて前に出る。大砂嵐、左へ回って肩越しの上手に手を伸ばすが取れず、叩く。錦木、相手の腹を押しながら一気に前に出る。大砂嵐、俵の外に出る。錦木、俵の外に落ち、大砂嵐、土俵下に飛び落ちる。

(12) 千代鳳戦 ●寄り切り 10.6秒
 錦木、先に両手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線後方で両手をサッとつく。錦木、右手を出して頭を下げる。千代鳳、頭から低く踏み込む。錦木、左を差す。千代鳳、右から絞り、深い左下手を取り、右で差し手を抱えながら前に出る。錦木、右小手投げに行こうとしながら下がる。千代鳳、乗じて前に出、右上手も取って寄る。錦木、右足が俵の外に滑り出る。

(13) 御嶽海戦 ●寄り切り 6.6秒
 錦木、先に左手をつく。御嶽海、右、左と手をサッとついて素早く立つが、錦木、立てず。2度目、錦木、先に両手をつく。御嶽海、右、左と手をついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。錦木、右を差す。御嶽海、突き放し、前に出ながら両差しになる。錦木、土俵際、右小手投げで振りながら右に回る。御嶽海、右下手を取って前に出る。錦木、俵に詰まって上体が起きる。御嶽海、両差し手を返して寄り切る。

(14) 貴ノ岩戦 ○押し出し 6.6秒
 錦木、先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとついて素早く立ち、右肩から低く当たる。錦木、頭から低く当たる。貴ノ岩、右で差し手を極めようとする。錦木、極められそうになった左腕を抜く。貴ノ岩、右喉輪で押し上げる。錦木、仰け反りながら左で突いて喉輪を外し、頭を下げる。貴ノ岩、叩きながら下がり、右を差して差し手を返し、左で押っ付け、左を巻き替えようとする。錦木、乗じて前に出て押し出す。

(楽) 徳勝龍戦 ○寄り切り 25.0秒
 錦木、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、右肘を固めて頭から踏み込む。錦木、頭から低く当たる。徳勝龍、左を差して差し手を返す。錦木、上体が起きるが左下手を取る。徳勝龍、右で差し手を抱えて前に出ようとする。錦木、左下手を持って堪える。徳勝龍、右手を伸ばして深い上手を探る。錦木、腰を捻って上手を与えず、右小手で振る。徳勝龍、堪えながら右上手に手を伸ばすが取れず、左から掬おうとする。錦木、左下手を持って堪える。両者、土俵中央に戻る。徳勝龍、左下手を取る。錦木、左下手を取り直す。両者、止まる(約4秒間)。錦木、右で押っ付けて前に出る。徳勝龍、左下手が切れ、土俵際、右小手投げに行こうとする。錦木、右筈で腹を押し上げながら寄り切る。

《2016年夏場所取組内容・目次へ》

英乃海 2016年夏(五月)場所取組内容

201605-ひでのうみ

再入幕し、前頭12枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
幕内通算4場所目で前頭13枚目の今場所、初日は入幕2場所目の大翔丸に、二日目は新入幕の錦木に敗れて連敗スタート。
三日目、再入幕の青狼を寄り切って初日を出す。
四日目から3連敗し、1勝5敗と黒星先行。
七日目、千代大龍を押し出して2勝目。
中日から黒星が連なり、十日目に負け越し決定。十二日目は、物言いがついたものの、「軍配通り」阿夢露に敗れて5連敗。
十三日目、玉鷲を叩き込んで連敗を止め、そこから千秋楽まで3連勝。5勝10敗で今場所を終える。
負け越しは2場所連続。



(初) 大翔丸戦 ●突き落し 9.3秒
 英乃海、先に手をつく。大翔丸、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。英乃海、両腕を下げ、右肩から踏み込む。大翔丸、頭から当たり、突き放す。英乃海、右前廻しを探る。大翔丸、左へ回り、突き放し、左押っ付けで突き、再び突き放す。英乃海、頭をつけて右手で肩を押して距離を取る。大翔丸、相手の腕を撥ね上げ、左から突いて左へ開く。英乃海、土俵に落ちる。

(2) 錦木戦 ●極め出し 5.1秒
 錦木、先に手をつく。英乃海、仕切り線後方でサッと手をつき、右肘を固めて踏み込む。錦木、右手を出し、頭から低く当たり、右喉輪で押し上げる。英乃海、左を差す。錦木、右で差し手を抱え、極めながら前に出る。英乃海、堪らず差し手を抜いて俵を割る。

(3) 青狼戦 ○寄り切り 4.1秒
 青狼、先に手をつく。英乃海、手をつこうとする。青狼、突っ掛ける。2度目、英乃海、先に手をつく。青狼、仕切り線後方で手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。英乃海、左肘を固めて当たる。青狼、すぐに左上手前廻しを取り、右で押し上げる。英乃海、左を差し、両差しで前に出、がぶる。青狼、左上手が切れ、上体が起きて俵を割る。

(4) 遠藤戦 ●寄り切り 5.8秒
 英乃海、先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつき、右手を出し、左肘を固めて踏み込む。英乃海、両腕を内に入れて踏み込んで当たる。遠藤、右喉輪で押し上げ、両差しになろうとし、右下手を取る。英乃海、左で差し手を抱え、小手に振りながら右を巻き替えて差す。遠藤、左で押っ付けながら右下手を持って一気に前に出、右差し手を返す。英乃海、上体が起きて俵を割る。

(5) 松鳳山戦 ●押し出し 13.2秒
 英乃海、仕切り線少し後方で先に手をつくが、相手がなかなか手をつかず、ついた手を一旦引き、再び先に手をつく。松鳳山、手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。英乃海、少し遅れてその場で立ち、右肘を固めて当たる。松鳳山、左を差して前に出る。英乃海、下がって体を離し、土俵際から押しながら少し中に戻り、右を差そうとする。松鳳山、左で押っ付けて差させず、突き放す。英乃海、押し返す。松鳳山、右喉輪で距離を取る。英乃海、相手の手を外す。松鳳山、左から張って差そうとしながら前に出るが差せず、右喉輪で押し上げ、頭を下げて押しながら前に出る。英乃海、左足が俵の外に滑り出、俵の外に崩れ落ちる。

(6) 佐田の海戦 ●寄り切り 10.2秒
 佐田の海、先に手をつく。英乃海、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、両腕を交差させる。英乃海、両肘を固めて踏み込んで当たり、両差しで前に出ようとする。佐田の海、両上手を取るが、右上手を離し、右で頭を叩きながら持って左に回る。英乃海、乗じて前に出る。佐田の海、土俵際、右を巻き替えて差して中に戻り、左上手を引きつけ、右差し手を返して力強く前に出る。英乃海、上体が起きて俵を割る。

(7) 千代大龍戦 ○押し出し 6.0秒
 英乃海、先に左手をつく。千代大龍、右手をつき、両者、ほぼ同時に、もう片方の手をサッとついて立つ。英乃海、右肘を固める。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で相手を起こし、突っ張る。英乃海、前に出ながら両差しになる。千代大龍、左で差し手を抱え、右を巻き替えて差そうとする。英乃海、左で押っ付けて差させず、左で小手に巻き、体を開いて振る。千代大龍、いなされて少し泳ぐ。英乃海、押し上げながら一気に前に出る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(中) 千代鳳戦 ●寄り切り 13.0秒
 英乃海、先に左手をつくがその手を引く。千代鳳、腕を動かし、体を上下に揺する。英乃海、先に左手をつく。千代鳳、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代鳳、頭から踏み込む。英乃海、両肘を固めて当たる。千代鳳、右喉輪で相手を起こす。英乃海、左で突いて喉輪を外す。千代鳳、低い体勢で押す。英乃海、差そうとするが差せず、左足が俵に詰まる。千代鳳、押し上げる。英乃海、叩きながら土俵際を左に回り、左上手を取る。千代鳳、両差しになり、左下手を持って前に出、相手の上手を切って寄る。英乃海、上体が起きて俵を割る。

(9) 貴ノ岩戦 ●上手出投 8.1秒
 英乃海、先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固める。英乃海、右肘を固めて当たる。貴ノ岩、すぐに左上手前廻しを取り、右を差して下手を取る。英乃海、右下手を取り、腰を振って相手の下手を切り、左で押っ付けながら前に出る。貴ノ岩、土俵際、左上手で出し投げを打ちながら左へ回り、右で頭を押さえつける。英乃海、土俵に両手をつく。

(10) 豊ノ島戦 ●押し出し 13.8秒
 豊ノ島、先に手をつく。英乃海、仕切り線後方でサッと手をつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を交差させる。英乃海、両肘を固めて踏み込み、両者、胸で当たり合う。英乃海、右をのぞかせる。豊ノ島、両肘を固めて前に出、左を巻き替えようとする。英乃海、外から挟み付けながら前に出、左を差す。豊ノ島、左を差して右で押っ付ける。両者、少し止まる(約2秒間)。英乃海、左差しで前に出ようとする。豊ノ島、右で押っ付けながら堪える。両者、少し止まる(約2秒間)。英乃海、右を巻き替えに行く。豊ノ島、左に回って巻き替えを許さず、前に出ながら両差しになる。英乃海、俵に詰まり、俵伝いに左へ回りながら右を巻き替えようとする。豊ノ島、左で押っ付けながら前に出る。英乃海、俵の外に出る。

(11) 豪風戦 ●叩き込み 10.9秒
 英乃海、先に左手をつく。豪風、仕切り線後方で左手をサッとつき、素早く立つ。英乃海、両腕を内に入れて踏み込む。豪風、低く当たり、左押っ付け、右で肩を押しながら前に出、右で頭を押さえつけながら左に回る。英乃海、前のめりになるが堪え、右で顎を押し上げて上体を戻す。豪風、相手の手を叩く。英乃海、押しながら前に出る。豪風、叩きながら土俵際を左へ回る。英乃海、落ちずに突き放す。豪風、俵に両足を掛けながら押す。英乃海、相手の手を叩きながら引く。豪風、押し上げ、叩きながら左へ回る。英乃海、落ちずに堪え、押しながら前に出ようとする。豪風、そこを叩いて下がり、土俵際を左へ回る。英乃海、土俵に両手をつく。

(12) 阿夢露戦 ●肩透かし 5.4秒
 英乃海、先に左手をつく。阿夢露、仕切り線後方で両手をサッとついて立ち、右手を出して低く踏み込む。英乃海、両肘を固めて当たり、両差しになろうとする。阿夢露、右で相手の肩を押し上げて起こし、右を差す。英乃海、前に出ようとする。阿夢露、相手の右腕を手繰りながら左へ回る。英乃海、押しながら前に出る。阿夢露、突っ張りながら下がり、土俵際、叩いて左をのぞかせ、左に回りながら右で頭を叩いて肩透かしを引く。英乃海、土俵に両手をつく。木村秋治郎、軍配を阿夢露に上げる。しかし、物言いがつき、阿夢露が髷を掴んだかどうか協議し、掴んでいないと判断、「軍配通り」、阿夢露の勝ちとなる。

(13) 玉鷲戦 ○叩き込み 0.9秒
 玉鷲、先に左手をつく。英乃海、左手をサッとつく。玉鷲、右手をサッとついて立つ。英乃海、その場で伸び上がり、叩きながら左へ開く。玉鷲、土俵に両手をつく。

(14) 大栄翔戦 ○引き落し 5.8秒
 英乃海、先に手をつく。大栄翔、仕切り線後方で右手をサッとつく。英乃海、右肘を固めて踏み込む。大栄翔、右手を出して左肘を固めて当たる。英乃海、右を差そうとするが差せず。大栄翔、右喉輪で押し上げながら前に出、左で押っ付ける。英乃海、左足を俵に掛け、仰け反りながら右差し手を返して突き、右押っ付けで前に出る。大栄翔、引いて左へ回り、土俵際。英乃海、そこを引く。大栄翔、土俵に手をつく。

(楽) 誉富士戦 ○引き落し 16.4秒
 誉富士、先に右手をつく。英乃海、仕切り線後方に両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。誉富士、頭から踏み込む。英乃海、両腕を内に入れて当たり、両差しになろうとしながら前に出る。誉富士、頭をつけ、右で押っ付けながら右上手を探るが取れず、右喉輪で突き上げる。英乃海、両差しになろうとする。誉富士、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。英乃海、相手の喉輪を外し、左をのぞかせて体勢を低くする。誉富士、右喉輪で押し上げ、相手の手を叩く。英乃海、両差しになろうとしながら一気に前に出る。誉富士、相手の右腕を手繰り、土俵際左に回って中に戻る。英乃海、右をのぞかせる。誉富士、突き放す。英乃海、右を差し、土俵際差し手を抜いて引く。誉富士、土俵に落ちる。

《2016年夏場所取組内容・目次へ》

大翔丸 2016年夏(五月)場所取組内容

201605-だいしょうまる

新入幕で前頭14枚目だった先場所は、8勝7敗と勝ち越した。→先場所の取組内容
入幕二場所目で前頭13枚目の今場所、初日は英乃海を突き落として白星発進。
二日目、三日目と連敗。
四日目、新入幕の錦木を押し出して2勝2敗。
五日目、千代大龍に肩透かしで敗れ、序盤は2勝3敗となる。
六日目から白星を連ね、4連勝。6勝3敗と白星先行。
十一日目、十二日目と連勝し、勝ち越しを決める。
十三日目、先場所十両優勝の大砂嵐を叩き込み、9勝目を上げる。
十四日目、千秋楽と連敗し、9勝6敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所連続。



(初) 英乃海戦 ○突き落し 9.3秒
 英乃海、先に手をつく。大翔丸、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。英乃海、両腕を下げ、右肩から踏み込む。大翔丸、頭から当たり、突き放す。英乃海、右前廻しを探る。大翔丸、左へ回り、突き放し、左押っ付けで突き、再び突き放す。英乃海、頭をつけて右手で肩を押して距離を取る。大翔丸、相手の腕を撥ね上げ、左から突いて左へ開く。英乃海、土俵に落ちる。

(2) 青狼戦 ●叩き込み 1.3秒
 青狼、先に手をつく。大翔丸、サッと手をつく。その直前、青狼、素早く立ち、左廻しを探る。大翔丸、押し上げる。青狼、すぐに引いて叩く。大翔丸、あっさり土俵に落ちる。

(3) 豪風戦 ●叩き込み 1.5秒
 両者、なかなか手をつかず、大翔丸、一旦手をつくが戻し、立合いを嫌う。2度目、豪風、手をつこうとして止める。両者、ほぼ同時に手をつく。豪風、素早く立ち、右手を出しながら踏み込む。大翔丸、頭から当たる。豪風、押し上げてから叩く。大翔丸、土俵に両手をつく。

(4) 錦木戦 ○押し出し 5.5秒
 錦木、先に手をつく。大翔丸、体を上下に揺らし、動きを止めてから手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。錦木、右手を出して頭から当たる。大翔丸、突き放し、右で肩を押し上げて左で押っ付けながら前に出る。錦木、上体が起き、右で頭を押さえながら左へ下がり、右を差し込むが俵に詰まる。大翔丸、そこを更に押し上げる。錦木、上体が起きて俵を割る。

(5) 千代大龍戦 ●肩透かし 1.7秒
 千代大龍、仕切り線少し後方で先に手をつく。大翔丸、手をサッとつく。千代大龍、踏み込む。大翔丸、頭から当たる。千代大龍、左をのぞかせ、右で頭を押さえながら引く。大翔丸、前に落ち、千代大龍、俵の中に残る。

(6) 臥牙丸戦 ○突き落し 1.4秒
 臥牙丸、先に手をつく。大翔丸、サッと手をつく。臥牙丸、頭から踏み込む。大翔丸、当たって右から突きながら体を開く。臥牙丸、土俵に落ちる。

(7) 千代鳳戦 ○叩き込み 2.2秒
 大翔丸、先に両手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線少し後方でサッと左手をついて立ち、左手を出して頭から踏み込む。大翔丸、押し上げ、叩いて左に開く。千代鳳、前にバッタリ落ちる。

(中) 徳勝龍戦 ○突き落し 7.8秒
 大翔丸、先に両手をつく。徳勝龍、サッと手をついて左から張る。大翔丸、頭から低く当たり、押し上げる。徳勝龍、左へ回って左で突き、押しながら前に出る。大翔丸、右から突いて右に回ろうとする。徳勝龍、突き放しながら前に出る。大翔丸、俵に詰まり、叩きながら土俵際を右に回り、体を離す。徳勝龍、左で張って前に出る。大翔丸、左足を俵に掛けながら両差しになり、左筈で相手の脇を突きながら左へ回る。徳勝龍、体勢を崩し、土俵に落ちる。

(9) 阿夢露戦 ○叩き込み 4.4秒
 阿夢露、仕切り線後方で先に右手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。阿夢露、素早く立ち、右手を出して踏み込む。大翔丸、右手を出して当たる。阿夢露、左上手に手を伸ばす。大翔丸、左に回って上手を与えず。阿夢露、突き放し、再び左上手に手を伸ばす。大翔丸、頭を叩いて引く。阿夢露、土俵にバッタリ落ち、その後、大翔丸、俵の外に出る。

(10) 貴ノ岩戦 ●押し倒し 15.5秒
 大翔丸、先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。大翔丸、頭から低く当たる。貴ノ岩、右を差す。大翔丸、左で突きながら左へ回る。貴ノ岩、低い体勢で左廻しを探る。大翔丸、腰を引いて廻しを与えず、右で相手の肩を押し上げる。両者、頭をつけ合う体勢。大翔丸、右で相手の顔を押し上げながら前に出る。貴ノ岩、左で相手の喉輪を突いて外す。大翔丸、一瞬右半身になるが向き直る。貴ノ岩、押しながら前に出る。大翔丸、土俵際、相手の手を叩き、右へ回って中に戻る。貴ノ岩、右を差して前に出る。大翔丸、右差し手で突こうとする。貴ノ岩、やや傾きながら右で相手の左腿を押す。大翔丸、重心が後ろになって俵の外に倒れる。

(11) 玉鷲戦 ○突き落し 4.8秒
 大翔丸、先に両手をつく。しかし、左手が仕切り線より前に出たため、木村寿之介に注意を受け、両者、仕切り直す。2度目、玉鷲、先に左手をつく。大翔丸、手をつこうとする。玉鷲、素早く立つ。大翔丸、少し遅れて左手をサッとついて立つ。玉鷲、両手突きで相手を起こす。しかし、ここで木村寿之介が止める。3度目、玉鷲、先に左手をつく。大翔丸、手をつこうとする。玉鷲、素早く立つ。大翔丸、少し遅れて左手をかするようにして立つ。玉鷲、両手突きで相手を起こし、突っ張る。大翔丸、下から撥ね上げる。玉鷲、引く。大翔丸、乗じて前に出る。玉鷲、土俵際、右を差す。大翔丸、一気に引いて左から突く。玉鷲、土俵に転がる。

(12) 佐田の海戦 ○押し出し 4.7秒
 佐田の海、先に右手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。佐田の海、右肩から踏み込み、右を差す。大翔丸、左押っ付け、右筈で押し上げながら前に出る。佐田の海、引いて体を離す。大翔丸、乗じて押しながら前に出る。佐田の海、俵に両足を掛けて仰け反る。大翔丸、相手の胸を押す。佐田の海、土俵下に飛び落ちる。

(13) 大砂嵐戦 ○叩き込み 1.8秒
 大翔丸、先に両手をつく。大砂嵐、仕切り線少し後方で左、右とサッと手をつき、両手突きに行く。大翔丸、右肘を固め、やや右へ踏み出す。大砂嵐、両手で突き放そうとする。大翔丸、右で突き、下がりながら左で頭を叩く。大砂嵐、体が伸びて土俵に落ちる。

(14) 栃ノ心戦 ●寄り切り 3.2秒
 大翔丸、両手をつく。栃ノ心、すぐに仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、左から張り、左肘を固めて当たる。大翔丸、左に回り、左で押っ付ける。栃ノ心、右差し手を返して左上手を取り、引きつけて前に出る。大翔丸、右下手を取るが、上体が起きて俵を割る。

(楽) 御嶽海戦 ●寄り切り 3.2秒
 御嶽海、先に手をつく。大翔丸、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、頭から踏み込む。大翔丸、右手を出して踏み込み、左筈、右喉輪で相手を起こす。御嶽海、左押っ付けから左を差す。大翔丸、右で首を巻いて下がり、土俵際、左で突いて左へ回る。御嶽海、両差しで寄り切る。

《2016年夏場所取組内容・目次へ》

阿夢露 2016年夏(五月)場所取組内容

201605-あむうる

前頭11枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭12枚目で迎えた今場所、豪風に引き落とされて初日黒星。その際、左膝を負傷し、「2ヶ月の治療を要する」との診断書を出し、二日目から休場。
七日目から再出場するも、3連敗。
十日目、新入幕の錦木を叩き込み、今場所の初日を出す。
そこから白星を連ね、3連勝。
十三日目から黒星が連なり、千秋楽まで3連敗。3勝8敗4休の成績で今場所を終える。
負け越しは4場所連続。



(初) 豪風戦 ●引き落し 1.0秒
 阿夢露、仕切り線後方で先に手をつく。豪風、手をサッとつく。阿夢露、右手を出して踏み込む。豪風、頭から踏み込んで当たる。阿夢露、左を差す。豪風、左から突いて左に開く。阿夢露、左膝から崩れて土俵に落ちる。勝負後、阿夢露、左足を引きずる。

(2) 千代鳳戦 ■ 不戦勝
 阿夢露、「左膝前十字靭帯損傷」のため、休場。

(3) ~(6)  休場

(7) 大栄翔戦 ●突き出し 5.0秒
 大栄翔、先に両手をつく。阿夢露、仕切り線後方で両手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して頭で当たる。阿夢露、突き放す。大栄翔、下がらず、顎に向かって突き上げる。阿夢露、上体が起き、叩きながら左へ回って土俵際。大栄翔、向き直り、突っ張って前に出る。阿夢露、力なく俵を割る。

(中) 佐田の海戦 ●寄り切り 5.8秒
 佐田の海、先に右手をつく。阿夢露、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、右手を出して低く踏み込む。佐田の海、右喉輪で相手を押し上げ、叩きながら右に開く。阿夢露、前につんのめり、土俵際向き直って左を差す。佐田の海、左差し手を返し、左下手を取って寄る。阿夢露、右上手を取って堪える。佐田の海、仰け反って相手を浮かせながら寄る。阿夢露、俵の外に出る。

(9) 大翔丸戦 ●叩き込み 4.4秒
 阿夢露、仕切り線後方で先に右手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。阿夢露、素早く立ち、右手を出して踏み込む。大翔丸、右手を出して当たる。阿夢露、左上手に手を伸ばす。大翔丸、左に回って上手を与えず。阿夢露、突き放し、再び左上手に手を伸ばす。大翔丸、頭を叩いて引く。阿夢露、土俵にバッタリ落ち、その後、大翔丸、俵の外に出る。

(10) 錦木戦 ○叩き込み 6.0秒
 錦木、先に両手をつく。阿夢露、仕切り線後方でサッと手をつき、右手を出して低く踏み込み、左を差す。錦木、右で相手の差し手を抱えて前に出る。阿夢露、取られた左腕を抜き、右に回って右から突く。錦木、向き直って左を差す。阿夢露、右で押っ付けながら右に回り、引いて体を離す。錦木、乗じて前に出る。阿夢露、土俵際、叩きながら今度は左へ開く。錦木、前に飛び、相手の右足を抱えようとしながら俵の外に転がる。

(11) 千代大龍戦 ○叩き込み 6.6秒
 千代大龍、先に右手をつく。阿夢露、仕切り線後方で両手をサッとつく。千代大龍、左手をサッとつく。阿夢露、両肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右で肩を押し上げ、突き放す。阿夢露、顎に向かって突き上げる。千代大龍、押して距離を取る。阿夢露、相手の頭を押し下げ、両手で肩を押す。千代大龍、相手の手を叩いて右に開く。阿夢露、前のめりになる。千代大龍、相手の右側につき、左で顎を押し上げて前に出る。阿夢露、上体が起きて一瞬左で首を巻くが、引いて体を離しながら叩く。千代大龍、体が伸びて土俵に落ちる。

(12) 英乃海戦 ○肩透かし 5.4秒
 英乃海、先に左手をつく。阿夢露、仕切り線後方で両手をサッとついて立ち、右手を出して低く踏み込む。英乃海、両肘を固めて当たり、両差しになろうとする。阿夢露、右で相手の肩を押し上げて起こし、右を差す。英乃海、前に出ようとする。阿夢露、相手の右腕を手繰りながら左へ回る。英乃海、押しながら前に出る。阿夢露、突っ張りながら下がり、土俵際、叩いて左をのぞかせ、左に回りながら右で頭を叩いて肩透かしを引く。英乃海、土俵に両手をつく。木村秋治郎、軍配を阿夢露に上げる。しかし、物言いがつき、阿夢露が髷を掴んだかどうか協議し、掴んでいないと判断、「軍配通り」、阿夢露の勝ちとなる。

(13) 青狼戦 ●押し出し 12.9秒
 阿夢露、仕切り線後方で右手をつくが、その手を戻し、腰を上げる。両者、仕切り直し。2度目、阿夢露、仕切り線後方で先に両手をつく。青狼、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。阿夢露、右手を出して低く当たる。青狼、右で肩を押さえる。阿夢露、右で肩に突き放す。青狼、突っ張る。阿夢露、突っ張り返し、両手で突き放す。両者、体が離れて見合う。青狼、左から張って頭をつける。阿夢露、左をのぞかせ、右で頭を叩きながら下がる。青狼、乗じて前に出、頭をつけて左上手を取る。阿夢露、右差し手を返し、相手の上手を切ろうとしながら前に出る。青狼、左上手を離さず。阿夢露、左を差そうとする。青狼、右で押っ付ける。阿夢露、左を差せず、右手で廻しを切りながら引く。青狼、乗じて一気に前に出ながら押す。阿夢露、土俵下に落ちる。

(14) 蒼国来戦 ●押し出し 13.0秒
 阿夢露、仕切り線後方で先に両手をつく。蒼国来、仕切り線後方で両手をサッとつく。阿夢露、素早く立ち、右手を出して踏み込む。蒼国来、左肘を固め、やや右へ踏み出す。阿夢露、押し上げながら前に出る。蒼国来、右から突いていなす。阿夢露、左半身になるが向き直る。蒼国来、左を差す。阿夢露、左をのぞかせ、右で頭を叩きながら左へ回り、右も差そうとする。蒼国来、外から挟み付けて前に出、右上手を探る。阿夢露、腰を引いて廻しを与えず。蒼国来、顎に向かって突き放す。阿夢露、右喉輪で押し上げながら前に出る。蒼国来、両手で相手の喉輪を外し、右に開く。阿夢露、前のめりになるが堪える。蒼国来、相手の後ろに回り込んで廻しを取ろうとする。阿夢露、土俵際向き直る。蒼国来、そこを押す。阿夢露、俵を割る。

(楽) 豊ノ島戦 ●寄り切り 5.0秒
 豊ノ島、先に右手をつく。阿夢露、仕切り線後方で両手をサッとつき、左手を出して踏み込む。豊ノ島、両腕を内に入れて当たり、左を差そうとする。阿夢露、右押っ付けで相手の左腕を突き、右廻しを探る。豊ノ島、腰を引いて廻しを与えず、再び左を差そうとする。阿夢露、再び右で突く。豊ノ島、叩いて右に開く。阿夢露、前のめりになって俵に詰まる。豊ノ島、右で廻しを取り、左を差す。阿夢露、右足が俵の外に出る。

《2016年夏場所取組内容・目次へ》