2017年06月

栃ノ心 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-とちのしん

前頭10枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
先場所と同じ前頭10枚目で迎えた今場所、初日は輝を叩き込んで白星発進。
二日目、荒鷲を寄り切って連勝。
三日目、逸ノ城に寄り切られて初黒星。
四日目、宇良戦では、相手に足を抱え上げられるも、土俵際で小手投げ。「物言い」がつく際どい相撲になるが、「軍配通り」勝利。宇良について「この辺(膝の辺り)にいるんだよ」とやりにくさを語る。(→栃ノ心コメント
五日目、蒼国来を寄り切って連勝。4勝1敗と白星先行。
六日目、松鳳山に送り出されて2敗目。
七日目から白星が連なる。
十日目の大翔丸戦では、立合いが2度合わず。3度目、なかなか合わない立合いにイラついた栃ノ心が激しく突っ張り、寄り切って4連勝。勝ち越しを決める。風呂上り後のインタビューでは、イラっとしたことを「気合いが行き過ぎた」と表現。(→勝ち越しインタビューの様子) 翌十一日目も勝って、5連勝。
十二日目、貴景勝の掬い投げに倒れて3敗目。
十三日目、正代を浴びせ倒して10勝目。
十四日目、関脇玉鷲を、立合いの変化からの叩き込みで11勝目。
千秋楽、豊響も立合い変わりながらの突き落としで倒し、12勝3敗で今場所を終える。
勝ち越し、二桁勝利とも3場所ぶり。幕内で12勝は、2011年5月場所以来、6年ぶり。



(初) 輝戦 ○叩き込み 3.3秒
 栃ノ心、先に手をつく。輝、手をつこうとする。栃ノ心、素早く立って踏み込む。輝、頭から低く当たる。栃ノ心、右を差す。輝、押しながら前に出る。栃ノ心、土俵際叩き、右から突く。輝、俵の外に転がり出る。
20170514 01 307 栃ノ心 叩き込み 輝 40

(2) 荒鷲戦 ○寄り切り 6.7秒
 荒鷲、先に右手をつく。栃ノ心、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固めて低く踏み込む。栃ノ心、左へ踏み出して左上手を取る。荒鷲、右下手を取る。栃ノ心、左上手を引きつけて前に出る。荒鷲、左上手前廻しも取るが、腰が伸びて俵に詰まる。栃ノ心、腰を下ろして寄り切る。
20170515 02 306 栃ノ心 寄り切り 荒鷲 40

(3) 逸ノ城戦 ●寄り切り 14.6秒
 逸ノ城、先に両手をつく。栃ノ心、サッと手をつき、右肘を固める。逸ノ城、右を差そうとする。栃ノ心、すぐに左上手を取り、両者、右四つがっぷりに。両者、廻しを引きつけ合う。栃ノ心、機を見て左を巻き替える。逸ノ城、乗じて両上手で一気に前に出、右上手が切れるがそのまま寄り切る。
20170516 03 307 逸ノ城 寄り切り 栃ノ心 40

(4) 宇良戦 ○小手投げ 9.1秒
 宇良、仕切り線かなり後方で右手をつく。栃ノ心、両手をつく。宇良、左手をサッとついて素早く立つ。栃ノ心、見ながら立ち、左から張ろうとする。宇良、頭を下げてかわし、中に入ろうとする。栃ノ心、右を差そうとしながら前に出る。宇良、相手の右腕を取って左へ回る。栃ノ心、取られた腕を抜き、突き放しながら前に出る。宇良、土俵際、中に入り、右差し手を返す。栃ノ心、突き放す。宇良、左に回って右足を俵に掛ける。栃ノ心、左から張る。宇良、頭を下げて中に入り、相手の右足を抱え上げる。栃ノ心、土俵際、右小手投げに行く。宇良、宙で裏返る。栃ノ心、俵の外に左手をつき、宇良、土俵下に落ちる。軍配、栃ノ心。「物言い」がつき、栃ノ心の手が先についているか協議した結果、栃ノ心の手がつく前に宇良の体が返っていると判断、「軍配通り」栃ノ心の勝ちに。
〔相手の足を抱え上げる宇良〕
20170517 04 306 栃ノ心 小手投げ 宇良 30
〔栃ノ心の小手投げ〕
20170517 04 306 栃ノ心 小手投げ 宇良 35
20170517 04 306 栃ノ心 小手投げ 宇良 40
〔説明する藤島審判長〕
20170517 04 306 栃ノ心 小手投げ 宇良 60 説明する藤島審判長

(5) 蒼国来戦 ○寄り切り 12.8秒
 蒼国来、先に左手をつく。栃ノ心、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。蒼国来、右手を出して左肘を固め、左へ踏み出し、両差しになる。栃ノ心、外から極めながら前に出る。蒼国来、上体が起きて土俵際になる。栃ノ心、左上手を取る。蒼国来、両差しで土俵際を右に回る。栃ノ心、左上手を引きつけ、右で押っ付けながら前に出る。蒼国来、上体が起きて俵を割る。
20170518 05 308 栃ノ心 寄り切り 蒼国来 40

(6) 松鳳山戦 ●送り出し 8.7秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。栃ノ心、左肘を固めて踏み込む。松鳳山、左肘を固めてやや左へ踏み出し、頭から当たる。栃ノ心、左でかち上げ、右を差す。松鳳山、左へ回る。両者、突っ張り合う。松鳳山、両差しになって前に出る。栃ノ心、左首投げに行く。松鳳山、右で後ろ廻しを取って堪え、相手の後ろについて前に出る。栃ノ心、土俵下に落ちる。
20170519 06 308 松鳳山 送り出し 栃ノ心 40

(7) 石浦戦 ○下手投げ 6.1秒
 石浦、仕切り線後方で先に右手をつく。栃ノ心、仕切り線すぐ上に両手を浮かせる。石浦、左手をサッとついて立つ。栃ノ心、すぐに立ち、左から張る。石浦、頭を下げて潜り、右下手を取る。栃ノ心、右をのぞかせ、肩越しの左上手を取る。石浦、右下手を後ろ廻しにし、相手の左脇下から頭を出して右に回る。栃ノ心、右下手も取って相手の左肩越しの両廻しとなり、土俵際、持ち上げてから右下手で投げ捨てる。石浦、土俵に落ちる。
20170520 07 306 栃ノ心 下手投げ 石浦 30
20170520 07 306 栃ノ心 下手投げ 石浦 35
20170520 07 306 栃ノ心 下手投げ 石浦 38

(中) 千代大龍戦 ○寄り切り 5.2秒
 千代大龍、仕切り線少し後方で先に右手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たる。栃ノ心、左上手を取る。千代大龍、右喉輪で押し上げて廻しを切る。栃ノ心、左から張って両差しになって寄る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。
20170521 08 305 栃ノ心 寄り切り 千代大龍 40

(9) 妙義龍戦 ○上手投げ 13.8秒
 妙義龍、右手をつく。栃ノ心、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、右肘を固めて踏み込む。妙義龍、右手を出し、頭を下げてやや左へ踏み出し、左上手を取る。栃ノ心、右を差し、左で相手の差し手を引っ張り込み、右下手を取る。妙義龍、左上手を持って前に出る。栃ノ心、左上手に手を伸ばす。妙義龍、腰を引いて上手を与えず。栃ノ心、手を伸ばして左上手を取る。妙義龍、前に出る。栃ノ心、両廻しを持って堪え、前に出ながら左上手投げ。妙義龍、土俵に転がり、栃ノ心、その上に乗る。
20170522 09 305 栃ノ心 上手投げ 妙義龍 40

(10) 大翔丸戦 ○寄り切り 8.0秒
 栃ノ心、先に手をつく。大翔丸、手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、左から張る。大翔丸、左に変わって左から突く。ここで土俵下の藤島審判長が手を上げるが、土俵上は気づかず。大翔丸、押しながら前に出る。ここで行司 木村秋治郎が気づいて止めようとするが、力士は気づかず。栃ノ心、土俵際で叩くが俵の外に出る。大翔丸、土俵下に吹っ飛ぶ。2度目、栃ノ心、先に手をつく。大翔丸、両手をサッと動かす。栃ノ心、やや左へ踏み出して右を差す。大翔丸、左に変わって左押っ付けで左へ回る。しかし、藤島審判長がまた止めようとする。栃ノ心、押して大翔丸を土俵下に落とす。3度目、栃ノ心、先に手をつく。大翔丸、両手をそっとつく。栃ノ心、左へ踏み出し、右から思い切り張る。大翔丸、左に回って右を差す。栃ノ心、右差しで前に出る。大翔丸、土俵際、右から突く。栃ノ心、向き直り、やや乱暴に突っ張る。大翔丸、土俵際頭を下げる。栃ノ心、右を差して前に出る。大翔丸、俵の上で左小手投げに行こうとする。栃ノ心、右差し手を突きつけて寄り切る。大翔丸、土俵下に落ちて転がる。
〔立合い不成立を注意する藤島審判長〕
20170523 10 305 栃ノ心 寄り切り 大翔丸 02 不成立に怒る藤島審判長
〔栃ノ心の寄り切り〕
20170523 10 305 栃ノ心 寄り切り 大翔丸 40
〔勝ち越しインタビューを受ける栃ノ心〕
20170523 10 305 栃ノ心 寄り切り 大翔丸 75 栃ノ心 05

(11) 徳勝龍戦 ○寄り切り 11.8秒
 栃ノ心、先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。栃ノ心、両肘を固めてかち上げる。徳勝龍、構わず前に出、相手得意の右を差す形になる。栃ノ心、右を差し、左上手に手を伸ばして取り、中に戻る。徳勝龍、右下手を取る。栃ノ心、左上手を手前に持ち替え、右下手を探る。徳勝龍、右に回りながら左を巻き替えようとする。栃ノ心、巻き替えを許さず、左上手を引きつけ、右差し手を返して前に出る。徳勝龍、上体が起きて俵を割る。
20170524 11 304 栃ノ心 寄り切り 徳勝龍 40

(12) 貴景勝戦 ●掬い投げ 9.8秒
 貴景勝、先に両手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で両手をサッとつく。貴景勝、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。栃ノ心、右を差す。貴景勝、突き放す。栃ノ心、肩越しの左上手を取り、右押っ付けで前に出る。貴景勝、右差し手を返して堪える。栃ノ心、右上手前廻しも取る。貴景勝、体を開き、右から掬いながら土俵際を右へ回り、掬い投げ。栃ノ心、上手が切れて土俵に落ちる。
20170525 12 309 貴景勝 掬い投げ 栃ノ心 40

(13) 正代戦 ○浴せ倒し 18.1秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。栃ノ心、すぐに両手をサッとつき、右肘を固めてやや左へ踏み出す。正代、左肘を固めて当たり、左を差そうとする。栃ノ心、深い左上手を取り、右で押っ付けながら前に出る。正代、右下手を取るが俵に詰まる。栃ノ心、左上手を持ち、右で押っ付けながら寄る。正代、左下手も取り、俵に両足を掛けて堪える。栃ノ心、右上手にも手を掛ける。正代、すぐに相手の右上手を切り、両下手を持って前に出る。栃ノ心、左上手を持ち、俵に足を掛けて堪え、相手を吊って腹に乗せて堪え、中に戻る。両者、廻しの引きつけ合い。正代、両下手を持って寄る。栃ノ心、土俵際、右で首を巻きながら左上手を持って堪える。正代、両下手を持って相手を土俵外へ左へ振ろうとする。栃ノ心、左上手を引きつけて体を預ける。正代を下にして、両者、土俵に倒れる。
20170526 13 311 栃ノ心 浴びせ倒し 正代 38

(14) 玉鷲戦 ○叩き込み 0.8秒
 両者、腰を下ろして見合うが手をつかず。栃ノ心、腰を上げ、仕切り直し。2度目、栃ノ心、先に手をつく。玉鷲、手をサッと動かして立ち、両手を出して頭から踏み込む。栃ノ心、叩きながら右に変わる。玉鷲、土俵に手をつく。
20170527 14 316 栃ノ心 叩き込み 玉鷲 40
20170527 14 316 栃ノ心 叩き込み 玉鷲 45

(楽) 豊響戦 ○突き落し 1.0秒
 両者、手をつこうとし、栃ノ心は左手をつくが戻し、再び左手をつく。豊響、仕切り線後方で右手をつき、左手をサッと動かして素早く立ち、頭から踏み込む。栃ノ心、その場で立ち、叩きながら右に開く。豊響、土俵に落ちて転がる。
20170528 15 304 栃ノ心 突き落とし 豊響 35
20170528 15 304 栃ノ心 突き落とし 豊響 45

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

輝 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-かがやき

前頭9枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭9枚目で迎えた今場所、初日は、栃ノ心に叩き込まれて黒星発進。
二日目、宇良に押し出されて連敗。
三日目、蒼国来を押し出して初白星。
そこから白星が連なり、中日まで6連勝。6勝2敗と白星先行。6連勝は幕内で初めて。
九日目、十日目と連敗。
十一日目は貴ノ岩、十二日目は千代大龍に勝って連勝し、勝ち越しを決める。十二日目での勝ち越しは、幕内で最速。
十三日目、十四日目と連敗。
千秋楽、魁聖を寄り切り、9勝6敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所ぶり。幕内で9勝は自己最多。



(初) 栃ノ心戦 ●叩き込み 3.3秒
 栃ノ心、先に手をつく。輝、手をつこうとする。栃ノ心、素早く立って踏み込む。輝、頭から低く当たる。栃ノ心、右を差す。輝、押しながら前に出る。栃ノ心、土俵際叩き、右から突く。輝、俵の外に転がり出る。
20170514 01 307 栃ノ心 叩き込み 輝 40

(2) 宇良戦 ●押し出し 9.8秒
 宇良、先に右手をつく。輝、腰を下ろし、左手をサッとついて素早く立つ。宇良、頭を下げて左へ踏み出す。輝、相手を突き起こそうとしながら前に出る。宇良、俵に足を掛けて堪え、相手の腕を押し上げ、右を差して一気に前に出る。輝、土俵際、左で極め気味に振る。宇良、肩透かしを引きながら下がる。輝、一気に前に出る。宇良、右から突いて体を離し、土俵際の相手を押し上げる。輝、上体が起きて土俵下に飛び落ちる。
〔肩透かしを引く宇良〕
20170515 02 307 宇良 押し出し 輝 30 肩透かし
〔いなし気味に突く宇良〕
20170515 02 307 宇良 押し出し 輝 35 突く
〔宇良の押し出し〕
20170515 02 307 宇良 押し出し 輝 38

(3) 蒼国来戦 ○押し出し 4.7秒
 輝、先に左手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて、両者、ほぼ同時に立つ。蒼国来、両腕を下げて当たり、差そうとする。輝、押しながら前に出る。蒼国来、土俵際を右に回り、叩こうとする。輝、逃さず押す。蒼国来、俵の外に出る。
20170516 03 308 輝 押し出し 蒼国来 40

(4) 荒鷲戦 ○押し出し 6.0秒
 荒鷲、先に右手をつく。輝、左手をサッとつく。その直前、荒鷲、素早く立ち、右肩から踏み込んで右を差す。輝、右喉輪で押し上げる。荒鷲、左上手に手を掛けるが取れず。輝、突き放しながら前に出る。荒鷲、左上手を取り、右上手も探るが取れず、右を巻き替えに行く。輝、乗じて前に出、俵に詰まった相手を押す。荒鷲、土俵下に落ちる。
20170517 04 307 輝 押し出し 荒鷲 40

(5) 逸ノ城戦 ○押し出し 14.1秒
 逸ノ城、仕切り線少し後方で先に両手をつく。輝、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。輝、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。逸ノ城、左手を出し、右肘を固めて当たり、右を差そうとする。輝、突き放す。逸ノ城、右を差す。輝、頭をつけ、左で押っ付け、右喉輪で押す。逸ノ城、押しながら前に出、右前廻しを探る。輝、土俵際、腰を引いて廻しを与えず。逸ノ城、外から相手の両腕を抱える。輝、左腕を抜いて左に回り、左から突いて体を離す。逸ノ城、向き直る。輝、押しながら前に出る。逸ノ城、俵に詰まる。輝、左で押っ付けながら前に出る。逸ノ城、俵の外に出、土俵下に飛び落ちる。
20170518 05 307 輝 押し出し 逸ノ城 40

(6) 貴景勝戦 ○突き落し 7.5秒
 貴景勝、先に両手をつく。輝、腰を下ろし、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から低く踏み込む。輝、両手突きから突き放す。両者、突き放し合う。貴景勝、叩きながら土俵際を左へ開く。輝、土俵際残して向き直る。貴景勝、そこを押しながら前に出る。輝、土俵際叩きながら下がり、右から突く。貴景勝、前に落ち、輝、右足一本で残した後、前に落ちて土俵に転がる。
20170519 06 310 輝 突き落とし 貴景勝 45

(7) 松鳳山戦 ○押し出し 4.4秒
 輝、先に左手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、両手突きから突っ張る。しかし、手つき不十分で、藤島審判長が手を上げて止める。2度目、輝、先に左手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、両手を出して左へ踏み出し、突っ張る。輝、下からあてがい、押しながら前に出る。松鳳山、俵に詰まる。輝、相手の胸を押し上げる。松鳳山、土俵下に飛び落ちる。
20170520 07 309 輝 押し出し 松鳳山 37
20170520 07 309 輝 押し出し 松鳳山 40

(中) 豊響戦 ○押し出し 15.8秒
 豊響、先に右手をつく。輝、両手をサッとつく。豊響、素早く立ち、頭から踏み込む。輝、右手を出して頭から踏み込む。豊響、右肘を固めて当たる。輝、顎に向かって突っ張り、前に出る。豊響、俵に両足を掛けて突っ張る。輝、左筈で押し上げる。豊響、左喉輪で押しながら前に出る。輝、右で相手の喉輪を突いて外す。豊響、左半身になるが向き直る。輝、突き放す。豊響、押し上げながら前に出ようとする。輝、右から突く。豊響、前のめりになって向きなろうとする。輝、そこを押す。豊響、俵を割る。
20170521 08 307 輝 押し出し 豊響 40

(9) 阿武咲戦 ●寄り切り 12.0秒
 阿武咲、先に両手をつく。輝、仕切り線少し後方で左手をトンとつく。阿武咲、右手を出して頭から踏み込む。輝、右手を出して当たる。両者、右喉輪で押し上げ、突き放す。輝、右を差し、左で相手の右腕を抱える。阿武咲、右を差し、頭をつけて右下手を取る。輝、左で差し手を抱えて前に出ようとする。阿武咲、頭をつけて腰を引く。輝、左押っ付けで前に出ながら左上手を探るが取れず、左小手投げに行く。阿武咲、乗じて右差しで一気に前に出、寄り切る。
20170522 09 306 阿武咲 寄り切り 輝 40

(10) 勢戦 ●叩き込み 2.1秒
 輝、先に左手をつく。勢、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立つ。輝、右手を出して頭から踏み込む。勢、右肩から当たり、右を差す。輝、右喉輪で押し上げ、頭をつける。勢、叩きながら一気に引く。輝、土俵に落ちる。その後、勢、土俵下に落ちる。
20170523 10 309 勢 叩き込み 輝 40

(11) 貴ノ岩戦 ○押し倒し 5.2秒
 輝、先に左手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右手を出して頭から踏み込む。輝、突き放しながら前に出る。貴ノ岩、俵に詰まる。輝、押し上げる。貴ノ岩、左から突きながら左に回ろうとするがならず、俵の外に倒れる。
20170524 11 311 輝 押し倒し 貴ノ岩 40

(12) 千代大龍戦 ○押し出し 4.3秒
 千代大龍、先に右手をつく。輝、左手をサッとつく。その直前、千代大龍、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。輝、突っ張りながら前に出る。千代大龍、相手の手を叩きながら引く。輝、前のめりになりながらも左筈で胸を押す。千代大龍、土俵を割る。その後、輝、俵の外に落ちて転がる。
20170525 12 305 輝 押し出し 千代大龍 40
〔勝ち越しインタビューを受ける輝〕
20170525 12 305 輝 押し出し 千代大龍 75 輝勝ち越し 51

(13) 琴勇輝戦 ●引き落し 1.8秒
 輝、先に左手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつき、両手突きに行く。輝、下から撥ね上げ、前に出ようとする。琴勇輝、右に開く。輝、前に飛んで土俵に転がる。
20170526 13 304 琴勇輝 引き落とし 輝 40

(14) 徳勝龍戦 ●押し出し 11.1秒
 輝、先に左手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭を下げる。輝、頭から当たり、左筈で脇を、右で顔を押し上げる。徳勝龍、少し引く。両者、右喉輪で押し上げる。輝、押しながら前に出る。徳勝龍、俵に詰まり、土俵際を素早く左へ回って体を離す。輝、前に出て押す。徳勝龍、右から突き、体を入れ替える。輝、土俵際向き直る。徳勝龍、押しながら前に出る。輝、俵の上で堪えようとする。徳勝龍、逃さず押し出す。
20170527 14 304 徳勝龍 押し出し 輝 37

(楽) 魁聖戦 ○寄り切り 9.2秒
 魁聖、仕切り線少し後方で先に両手をつく。輝、左手をトンとつき、両者、ほぼ同時に立つ。輝、右手を出して頭から踏み込む。魁聖、両腕を下げて胸で当たる。輝、右喉輪で突き放す。両者、押し合う。輝、左押っ付けで前に出る。魁聖、右差し手を抜いて右で抱える。輝、両差しで寄る。魁聖、上体が起きて俵を割る。
20170528 15 305 輝 寄り切り 魁聖 40
20170528 15 305 輝 寄り切り 魁聖 50

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

逸ノ城 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-いちのじょう

前頭7枚目だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前は、時津風部屋に出稽古に行き、横綱鶴竜、大関照ノ富士、大関昇進を懸ける関脇高安らと稽古した。
24歳になり、前頭9枚目で迎えた今場所、初日は蒼国来に送り出されて黒星発進。
二日目 松鳳山、三日目 栃ノ心を寄り切って連勝。
四日目、貴景勝に送り出されて2敗目。
そこから黒星が連なり、輝、宇良、荒鷲、豪風に敗れて5連敗。2勝6敗と黒星先行。
九日目、豊響を寄り切って3勝目。
そこから白星が連なり、6連勝で十四日目に勝ち越しを決める。
千秋楽、千代大龍に送り出され、8勝7敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所ぶり。



(初) 蒼国来戦 ●送り出し 2.2秒
 逸ノ城、先に手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて立つ。逸ノ城、踏み込む。蒼国来、叩きながら左に回り、右で頭を叩きながら土俵際を左へ回る。逸ノ城、あっさり俵を割る。
20170514 01 308 蒼国来 送り出し 逸ノ城 40

(2) 松鳳山戦 ○寄り切り 10.8秒
 逸ノ城、仕切り線少し後方で先に両手をつく。松鳳山、両手をサッとつき、両手突きから突き放す。逸ノ城、下からあてがって下がらず。松鳳山、引く。逸ノ城、乗じて押しながら前に出、少し引いて右を差す。松鳳山、突き放して相手の差し手を嫌う。逸ノ城、相手の頭を叩きながら引く。松鳳山、前のめりになるが堪え、左を差す。逸ノ城、左を差し、右で押っ付けながら前に出る。松鳳山、両手で相手の左腕を抱えて極め気味に振る。逸ノ城、土俵際、左差し手を返す。松鳳山、土俵下に落ちる。
20170515 02 308 逸ノ城 寄り切り 松鳳山 40

(3) 栃ノ心戦 ○寄り切り 14.6秒
 逸ノ城、先に両手をつく。栃ノ心、サッと手をつき、右肘を固める。逸ノ城、右を差そうとする。栃ノ心、すぐに左上手を取り、両者、右四つがっぷりに。両者、廻しを引きつけ合う。栃ノ心、機を見て左を巻き替える。逸ノ城、乗じて両上手で一気に前に出、右上手が切れるがそのまま寄り切る。
20170516 03 307 逸ノ城 寄り切り 栃ノ心 40

(4) 貴景勝戦 ●送り出し 9.2秒
 逸ノ城、先に両手をつく。貴景勝、仕切り線後方で両手をサッと動かし、右手を出して頭から踏み込む。逸ノ城、左から張って右を差す。行司 木村寿之介が止める。2度目、逸ノ城、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、仕切り線後方で両手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。逸ノ城、左から張って右を差す。貴景勝、左で押っ付けながら左に回って体を離す。逸ノ城、再び差そうとする。貴景勝、突っ張りながら前に出る。逸ノ城、下からあてがい、右を差そうとする。貴景勝、左で押っ付けながら左に回る。逸ノ城、前に出る。貴景勝、左から突いていなし、相手を後ろから押す。逸ノ城、土俵外に出る。
20170517 04 309 貴景勝 送り出し 逸ノ城 35

(5) 輝戦 ●押し出し 14.1秒
 逸ノ城、仕切り線少し後方で先に両手をつく。輝、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。輝、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。逸ノ城、左手を出し、右肘を固めて当たり、右を差そうとする。輝、突き放す。逸ノ城、右を差す。輝、頭をつけ、左で押っ付け、右喉輪で押す。逸ノ城、押しながら前に出、右前廻しを探る。輝、土俵際、腰を引いて廻しを与えず。逸ノ城、外から相手の両腕を抱える。輝、左腕を抜いて左に回り、左から突いて体を離す。逸ノ城、向き直る。輝、押しながら前に出る。逸ノ城、俵に詰まる。輝、左で押っ付けながら前に出る。逸ノ城、俵の外に出、土俵下に飛び落ちる。
20170518 05 307 輝 押し出し 逸ノ城 40

(6) 宇良戦 ●肩透かし 6.8秒
 宇良、仕切り線後方で先に手をつく。逸ノ城、仕切り線少し後方でサッと手をつく。宇良、頭から低く踏み込む。逸ノ城、左から張り、右でかち上げる。宇良、一瞬頭が上がるがすぐに下げる。逸ノ城、右で頭を叩きながら少し引く。宇良、中に入ろうとする。逸ノ城、右で小手に振る。宇良、向き直るが左肘が極まり気味に、そのまま右で頭を叩きながら左へ回って肩透かし。逸ノ城、土俵外に落ちる。
20170519 06 307 宇良 肩透かし 逸ノ城 40

(7) 荒鷲戦 ●とったり 2.3秒
 荒鷲、先に手をつく。逸ノ城、手をサッとついて立つ。荒鷲、左に動いて左上手を取る。逸ノ城、右差しで前に出る。荒鷲、俵伝いに左へ回り、相手の右腕を抱えてとったり。逸ノ城、俵の外に出る。
20170520 07 307 荒鷲 とったり 逸ノ城 40

(中) 豪風戦 ●押し出し 13.7秒
 逸ノ城、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。逸ノ城、左手を出し、右肘を固めて当たり、左で相手の顔を押し上げ、前に出ながら右を差す。豪風、左で押っ付けながら左に回り、左を巻き替えて差す。逸ノ城、右で差し手を極め気味に抱えて前に出る。豪風、右で叩きながら肩透かしに行く。逸ノ城、右で差し手を抱えながら前に出る。豪風、土俵際を左に回って体を離す。両者、見合う。豪風、左から思い切り張り、下から押し上げて一気に前に出る。逸ノ城、土俵下に落ちる。
20170521 08 308 豪風 押し出し 逸ノ城 30 張られる逸ノ城
20170521 08 308 豪風 押し出し 逸ノ城 40

(9) 豊響戦 ○寄り切り 6.6秒
 逸ノ城、先に両手をつく。豊響、仕切り線後方に右手をつき、左手をサッと動かして素早く立ち、頭から踏み込む。逸ノ城、右肘を固めて当たり、左上手前廻しを取る。豊響、左で押っ付け、右手で相手の上手を切ろうとする。逸ノ城、左上手を引きつけ、右差し手を返して前に出、寄り切る。豊響、土俵下に落ちる。
20170522 09 307 逸ノ城 寄り切り 豊響 40

(10) 貴ノ岩戦 ○突き落し 11.4秒
 逸ノ城、先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、右手を出してやや左へ踏み出す。逸ノ城、左上手に手を伸ばすが届かず。貴ノ岩、右喉輪で押し上げる。逸ノ城、相手の喉輪を叩いて外し、左で相手の右腕を引っ張り込む。貴ノ岩、右差し手を大きく返し、左から絞る。逸ノ城、右小手で振り、左で差し手争いの末に差す。貴ノ岩、右上手前廻しを取り、少し下がりながら出し投げを打つ。逸ノ城、左差し手を抜き、左小手で振る。貴ノ岩、乗じて前に出、右差しで寄る。逸ノ城、俵に詰まり、右から突く。貴ノ岩、土俵に落ちる。
20170523 10 310 逸ノ城 突き落とし 貴ノ岩 35
20170523 10 310 逸ノ城 突き落とし 貴ノ岩 40

(11) 妙義龍戦 ○寄り切り 57.0秒
 逸ノ城、仕切り線少し後方で先に両手をつく。妙義龍、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、やや左へ踏み出して頭から当たる。逸ノ城、右を差そうとする。妙義龍、右喉輪で押し上げ、左押っ付けで前に出る。逸ノ城、右を差し、差し手を返して土俵際堪え、少し中に戻る。妙義龍、頭をつける。逸ノ城、右下手を取る。妙義龍、左で押っ付けながら腰を振って上手を切ろうとする。逸ノ城、右下手を離さず。妙義龍、左を巻き替えて差す。逸ノ城、左を巻き替えて差し、右上手を持って前に出る。妙義龍、右に回って中に戻る。両者、左四つがっぷり、胸が合う体勢で止まる(約13秒)。妙義龍、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、堪えて中に戻る。妙義龍、左肘を張って上手を切ろうとするが切れず。両者、止まる(約10秒間)。妙義龍、左肘を張って上手を切ろうとする。逸ノ城、乗じて廻しを引きつけて前に出る。妙義龍、右上手で振ろうとするが上手が切れる。逸ノ城、腰を下ろして寄り切る。
20170524 11 305 逸ノ城 寄り切り 妙義龍 43

(12) 琴勇輝戦 ○突き落し 5.4秒
 逸ノ城、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方でサッと手を動かす。両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手を出して頭から踏み込み、突き放す。逸ノ城、右を差す。琴勇輝、すぐに左で差し手を抱え、右で叩きながら左へ回る。逸ノ城、向き直る。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。逸ノ城、右から突く。琴勇輝、あっさり前に泳いで土俵下に転がり落ちる。
20170525 12 304 逸ノ城 突き落とし 琴勇輝 35

(13) 徳勝龍戦 ○小手投げ 16.5秒
 逸ノ城、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。逸ノ城、右肘を固めて当たる。徳勝龍、左を差して前に出る。逸ノ城、左下手を取り、土俵際を左へ回って中に戻る。徳勝龍、右上手を取って前に出ようとする。逸ノ城、左下手を持って堪える。徳勝龍、右上手投げで振って前に出る。逸ノ城、左下手を持って堪える。徳勝龍、再び右上手投げで振り、左で頭を押さえる。逸ノ城、左下手を持って前に出る。徳勝龍、土俵際。逸ノ城、右で首を巻いて左下投げに行く。徳勝龍、振られるが右上手を持って堪え、再び左を差して前に出る。逸ノ城、土俵際、左差し手を抜き、右小手投げを下へ打つ。徳勝龍、右膝から土俵に落ち、両者、土俵下に落ちる。
20170526 13 305 逸ノ城 小手投げ 徳勝龍 40

(14) 大翔丸戦 ○寄り切り 6.8秒
 逸ノ城、仕切り線少し後方で先に両手をつく。大翔丸、左手をつく。逸ノ城、素早く立って踏み出す。大翔丸、遅れてその場で立つ。逸ノ城、ふわっと当たるが、行司 木村元基は、 ハッキヨイ。両者、突き放し合う。逸ノ城、押しながら前に出、右前廻しを探る。大翔丸、土俵際、左で押っ付ける。逸ノ城、左で相手の腕を引っ張り込み、右を差して相手を起こして寄る。大翔丸、俵を割る。
20170527 14 303 逸ノ城 寄り切り 大翔丸 40

(楽) 千代大龍戦 ●送り出し 6.5秒
 逸ノ城、先に両手をつく。千代大龍、仕切り線少し後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、右肘を固める。千代大龍、左肘を固めて当たり、突っ張りながら前に出る。逸ノ城、土俵際で右を差す。千代大龍、押し上げ、左を巻き替えようとする。逸ノ城、右押っ付けで前に出る。千代大龍、叩きながら左へ回る。逸ノ城、踏み止まれず、そのまま俵を割る。
20170528 15 306 千代大龍 送り出し 逸ノ城 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

蒼国来 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-そうこくらい

自己最高位の前頭2枚目だった先場所は、横綱日馬富士から初金星を獲得するが、4勝11敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭8枚目で迎えた今場所、初日は逸ノ城を送り出して白星発進。
二日目の貴景勝戦では、一度は相手に軍配が上がるも、差し違えで連勝。
三日目、輝に押し出されて初黒星。
四日目、松鳳山を下手投げで倒し、3勝1敗と白星先行。
五日目、栃ノ心に寄り切られてから黒星が連なり、7連敗で十一日目に負け越し決定。
そのまま、十二日目まで8連敗。
十三日目、妙義龍を叩き込んで4勝目。
十四日目、新入幕の豊山に寄り切られ、10敗目。
千秋楽、徳勝龍を叩き込み、5勝10敗で今場所を終える。
負け越し、二桁黒星とも、2場所連続。



(初) 逸ノ城戦 ○送り出し 2.2秒
 逸ノ城、先に手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて立つ。逸ノ城、踏み込む。蒼国来、叩きながら左に回り、右で頭を叩きながら土俵際を左へ回る。逸ノ城、あっさり俵を割る。
20170514 01 308 蒼国来 送り出し 逸ノ城 40

(2) 貴景勝戦 ○叩き込み 2.9秒
 貴景勝、先に両手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとつき、両者ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から踏み込み、突き放しながら前に出る。蒼国来、上体が起き、土俵際叩く。貴景勝、土俵に落ち、蒼国来、土俵下に落ちる。軍配、貴景勝。「物言い」がつき、協議の結果、貴景勝の手が先についていると判断、「軍配差し違え」で蒼国来の勝ち。
20170515 02 309 蒼国来 叩き込み 貴景勝 37
20170515 02 309 蒼国来 叩き込み 貴景勝 40
〔説明する二所ノ関審判長〕
20170515 02 309 蒼国来 叩き込み 貴景勝 60 説明する二所ノ関審判長

(3) 輝戦 ●押し出し 4.7秒
 輝、先に左手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて、両者、ほぼ同時に立つ。蒼国来、両腕を下げて当たり、差そうとする。輝、押しながら前に出る。蒼国来、土俵際を右に回り、叩こうとする。輝、逃さず押す。蒼国来、俵の外に出る。
20170516 03 308 輝 押し出し 蒼国来 40

(4) 松鳳山戦 ○下手投げ 15.3秒
 松鳳山、右手をつくが、その手を戻し、再びつく。蒼国来、左手をつく。松鳳山、突っ掛ける。2度目、松鳳山、右手をつく。蒼国来、すぐに両手をサッとついて立ち、右から張って右へ踏み出し、左を差す。松鳳山、下がりながら体を離し、土俵際で突き上げる。蒼国来、叩きながら下がる。松鳳山、乗じて前に出、突き放す。蒼国来、下からあてがい、左を差し、右で差し手を抱える。松鳳山、左下手を取る。蒼国来、右上手に手を伸ばす。松鳳山、腰を遠ざけて上手を与えず。両者、土俵中央、左四つで止まる(約4秒間)。松鳳山、右で押っ付けながら一気に前に出る。蒼国来、そこを左に回りながら左下手投げ。松鳳山、左膝を土俵につく。
20170517 04 308 蒼国来 下手投げ 松鳳山 37

(5) 栃ノ心戦 ●寄り切り 12.8秒
 蒼国来、先に左手をつく。栃ノ心、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。蒼国来、右手を出して左肘を固め、左へ踏み出し、両差しになる。栃ノ心、外から極めながら前に出る。蒼国来、上体が起きて土俵際になる。栃ノ心、左上手を取る。蒼国来、両差しで土俵際を右に回る。栃ノ心、左上手を引きつけ、右で押っ付けながら前に出る。蒼国来、上体が起きて俵を割る。
20170518 05 308 栃ノ心 寄り切り 蒼国来 40

(6) 北勝富士戦 ●押し出し 14.4秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で先に右手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、右へ踏み出しながら右で張る。北勝富士、やや左へ踏み出して頭から当たる。蒼国来、左を差す。北勝富士、右から絞り、左喉輪で押し上げ、突き放す。蒼国来、左下手に手を掛ける。北勝富士、押しながら前に出る。蒼国来、左に回って差そうとする。北勝富士、突き放す。蒼国来、右に回って右を差そうとする。北勝富士、左押っ付けで押し上げ、突き放す。蒼国来、俵に詰まり、叩きながら右へ回る。北勝富士、逃さず押す。蒼国来、土俵下に落ちる。
20170519 06 309 北勝富士 押し出し 蒼国来 40

(7) 宇良戦 ●押し出し 5.0秒
 宇良、仕切り線後方で先に手をつく。蒼国来、左手をつき、時をおき、右手をサッとついて見ながら立つ。宇良、頭を下げて潜ろうとする。蒼国来、右手で相手の肩を押さえ、左を差して前に出る。宇良、土俵際、両手で相手の左腕を取って右に回り、俵に詰まった相手を突き放す。蒼国来、上体が起き、左に回ろうとするが、俵の外に出る。
20170520 07 308 宇良 押し出し 蒼国来 30 腕を手繰って回り込む宇良
20170520 07 308 宇良 押し出し 蒼国来 40

(中) 貴ノ岩戦 ●寄り切り 13.0秒
 蒼国来、先に左手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。蒼国来、右肘を固め、やや左へ踏み出す。貴ノ岩、右肘を固めて踏み込んで当たり、すぐに左上手を取り、右を差す。蒼国来、右下手を取り、右半身の体勢になり、左で相手の右手首を掴む。貴ノ岩、掴まれた右腕を抜き、左上手出し投げで振り、右を差し直し、左上手を引きつけて前に出る。蒼国来、左足が俵に掛かる。貴ノ岩、右差し手を返し、左膝を相手の右膝裏にあてながら寄る。蒼国来、足が送れず、上体が起きて俵を割る。
20170521 08 310 貴ノ岩 寄り切り 蒼国来 40

(9) 荒鷲戦 ●寄り切り 3.1秒
 荒鷲、先に右手をつく。蒼国来、仕切り線後方で両手をサッとつき、右手を出して素早く立つ。荒鷲、その場で立ち、叩きながら右に開き、右で相手の左腕を抱え、左喉輪で押しながら前に出る。蒼国来、右足が俵に詰まる。荒鷲、相手の左側から抱えて寄り切る。
20170522 09 308 荒鷲 寄り切り 蒼国来 40

(10) 正代戦 ●突き落し 34.5秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をトンとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。正代、右肘を固めて当たり、右を差す。蒼国来、右を差す。正代、左で押っ付けて前に出る。蒼国来、左押っ付けで押し上げ、左を差そうとする。正代、右を差そうとするならず、左で突きながら体を開き、左上手を探る。蒼国来、向き直って上手を与えず、前に出ながら両差しになろうとする。正代、左で押っ付け、土俵際、左を差し、右押っ付けで少し中に戻り、左下手を取る。蒼国来、深い右上手を取って前に出る。正代、堪えて中に戻る。蒼国来、右上手を手前に持ち変える。正代、左差しでやや半身。両者、土俵中央で止まる(約5秒間)。蒼国来、右上手を引きつけて一気に前に出る。正代、俵に右足が掛かるが堪える。正代、左下手を持ち、蒼国来、右上手を持った体勢で止まる(約3秒間)。蒼国来、右上手を引きつけ、右膝を切り返し気味に相手の左足にあてて寄る。正代、足を外して堪え、俵に両足を掛けながら右で突く。蒼国来、体が振られて土俵下に落ちる。
20170523 10 311 正代 突き落とし 蒼国来 30
20170523 10 311 正代 突き落とし 蒼国来 37
20170523 10 311 正代 突き落とし 蒼国来 42

(11) 大栄翔戦 ●突き出し 5.5秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて立つ。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。蒼国来、右かち上げで相手を起こす。大栄翔、右喉輪で相手を下がらせ、突き放そうとする。蒼国来、相手の左腕を手繰って右に回る。大栄翔、向き直って突っ張りながら前に出る。蒼国来、土俵際を右へ回る。大栄翔、逃さず突っ張る。蒼国来、土俵下に落ちる。
20170524 11 312 大栄翔 突き出し 蒼国来 40

(12) 豊響戦 ●押し出し 5.0秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で先に右手をつく。蒼国来、仕切り線後方でサッと両手をつき、左肘を固めてやや右へ踏み出す。豊響、左手を出し、右肘を固めて頭から踏み込んで当たり、左喉輪で押し上げる。蒼国来、相手の左腕を手繰って右に回る。豊響、向き直り、左喉輪、右押っ付けで前に出る。蒼国来、俵に詰まる。豊響、左喉輪で仰け反らせながら俵の外に出す。
20170525 12 307 豊響 押し出し 蒼国来 38

(13) 妙義龍戦 ○叩き込み 0.9秒
 妙義龍、先に右手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとつく。妙義龍、右手を出して頭から踏み込む。蒼国来、右に変わって叩く。妙義龍、土俵に両手をつく。
20170526 13 306 蒼国来 叩き込み 妙義龍 40

(14) 豊山戦 ●寄り切り 4.0秒
 豊山、仕切り線少し後方で先に両手をつく。蒼国来、左手をついて時をおき、右手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。豊山、両手を出し、その場で頭から当たる。蒼国来、左を差す。豊山、頭をつけて左を差し、右で差し手を抱えながら一気に前に出る。蒼国来、右足が俵の外に出る。
20170527 14 306 豊山 寄り切り 蒼国来 40

(楽) 徳勝龍戦 ○叩き込み 1.1秒
 蒼国来、先に左手をつく。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立つ。蒼国来、その場で立ち、左に変わりながら叩く。徳勝龍、土俵に両手をつく。
20170528 15 307 蒼国来 叩き込み 徳勝龍 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

松鳳山 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-しょうほうざん

前頭3枚目だった先場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容
横綱稀勢の里の露払いを務め、話題の北斗の拳三つ揃えでは「トキ」の廻しをつける。(→松鳳山北斗の拳化粧回し
前頭8枚目で迎えた今場所、初日、貴景勝との激しい相撲の末、押し出されて黒星発進。(→松鳳山の張り手
そのまま逸ノ城、北勝富士、蒼国来に敗れ、初日から4連敗。
五日目、貴ノ岩を送り出して初白星。
六日目、栃ノ心を送り出して連勝。
七日目、輝に押し出されてから再び黒星が連なり、4連敗で十日目に負け越しが決まる。
十一日目、隠岐の海をとったりで倒して3勝目。
そこから妙義龍、新入幕豊山、魁聖と倒して4連勝で6勝目。
千秋楽、栃煌山に突き落とされ、6勝9敗で今場所を終える。
負け越しは3場所連続。



(初) 貴景勝戦 ●押し出し 10.2秒
 貴景勝、手をつく。松鳳山、すぐにサッと手をつき、右から張って左を差そうとする。貴景勝、突き放す。松鳳山、右から張って差そうとする。貴景勝、突き放す。松鳳山、また右から張る。貴景勝、すぐに左で張り返し、突き放す。松鳳山、右から張る。貴景勝、突き放す。両者、体が離れる。松鳳山、右から張る。貴景勝、突き放し、叩きながら右に回る。松鳳山、向き直り、土俵際、右から突こうとするが、相手に押されて左足が俵の外に出る。その後、貴景勝、勢い余って土俵下に飛び落ちる。
20170514 01 309 貴景勝 押し出し 松鳳山 20 張り手 03
20170514 01 309 貴景勝 押し出し 松鳳山 40

(2) 逸ノ城戦 ●寄り切り 10.8秒
 逸ノ城、仕切り線少し後方で先に両手をつく。松鳳山、両手をサッとつき、両手突きから突き放す。逸ノ城、下からあてがって下がらず。松鳳山、引く。逸ノ城、乗じて押しながら前に出、少し引いて右を差す。松鳳山、突き放して相手の差し手を嫌う。逸ノ城、相手の頭を叩きながら引く。松鳳山、前のめりになるが堪え、左を差す。逸ノ城、左を差し、右で押っ付けながら前に出る。松鳳山、両手で相手の左腕を抱えて極め気味に振る。逸ノ城、土俵際、左差し手を返す。松鳳山、土俵下に落ちる。
20170515 02 308 逸ノ城 寄り切り 松鳳山 40

(3) 北勝富士戦 ●寄り切り 7.0秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、右から張って左を差す。北勝富士、右上手を取る。松鳳山、両差しで前に出ながら廻しを探る。北勝富士、土俵際を右に回り、左を差して前に出る。松鳳山、俵に詰まり、左から掬おうとする。北勝富士、腰を下ろして寄り切る。
20170516 03 309 北勝富士 寄り切り 松鳳山 40

(4) 蒼国来戦 ●下手投げ 15.3秒
 松鳳山、右手をつくが、その手を戻し、再びつく。蒼国来、左手をつく。松鳳山、突っ掛ける。2度目、松鳳山、右手をつく。蒼国来、すぐに両手をサッとついて立ち、右から張って右へ踏み出し、左を差す。松鳳山、下がりながら体を離し、土俵際で突き上げる。蒼国来、叩きながら下がる。松鳳山、乗じて前に出、突き放す。蒼国来、下からあてがい、左を差し、右で差し手を抱える。松鳳山、左下手を取る。蒼国来、右上手に手を伸ばす。松鳳山、腰を遠ざけて上手を与えず。両者、土俵中央、左四つで止まる(約4秒間)。松鳳山、右で押っ付けながら一気に前に出る。蒼国来、そこを左に回りながら左下手投げ。松鳳山、左膝を土俵につく。
20170517 04 308 蒼国来 下手投げ 松鳳山 37

(5) 貴ノ岩戦 ○送り出し 8.4秒
 松鳳山、右手をつく。貴ノ岩、サッと手をついて立ち、右肘を固めて踏み込む。松鳳山、左肘を固めて頭から当たる。貴ノ岩、右を差す。松鳳山、突き放し、左を差す。貴ノ岩、左に回りながら右押っ付けで突くが、土俵際になる。松鳳山、向き直り、突き放しながら前に出る。貴ノ岩、土俵際を右に回る。松鳳山、右から突く。貴ノ岩、土俵内に泳ぐ。松鳳山、相手を後ろから押し上げる。貴ノ岩、向き直ろうとするが、俵の外に出、土俵下に落ちる。
20170518 05 310 松鳳山 送り出し 貴ノ岩 40

(6) 栃ノ心戦 ○送り出し 8.7秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。栃ノ心、左肘を固めて踏み込む。松鳳山、左肘を固めてやや左へ踏み出し、頭から当たる。栃ノ心、左でかち上げ、右を差す。松鳳山、左へ回る。両者、突っ張り合う。松鳳山、両差しになって前に出る。栃ノ心、左首投げに行く。松鳳山、右で後ろ廻しを取って堪え、相手の後ろについて前に出る。栃ノ心、土俵下に落ちる。
20170519 06 308 松鳳山 送り出し 栃ノ心 40

(7) 輝戦 ●押し出し 4.4秒
 輝、先に左手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、両手突きから突っ張る。しかし、手つき不十分で、藤島審判長が手を上げて止める。2度目、輝、先に左手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、両手を出して左へ踏み出し、突っ張る。輝、下からあてがい、押しながら前に出る。松鳳山、俵に詰まる。輝、相手の胸を押し上げる。松鳳山、土俵下に飛び落ちる。
20170520 07 309 輝 押し出し 松鳳山 37
20170520 07 309 輝 押し出し 松鳳山 40

(中) 正代戦 ●極め出し 5.1秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、両手突きに行く。正代、やや遅れて立つ。松鳳山、両手で顎を押し上げる。正代、仰け反るが下がらず、左を差そうとする。松鳳山、右を巻き替えて差す。正代、左で抱え、右で押っ付けながら前に出る。松鳳山、右から掬おうとするが俵を割る。
20170521 08 311 正代 極め出し 松鳳山 40

(9) 宇良戦 ●押し出し 4.8秒
 宇良、仕切り線後方で先に両手をつく。松鳳山、右手をついて時をおき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して踏み込む。宇良、頭を下げる。松鳳山、相手の肩を突き、起こそうとする。宇良、頭を上げず。松鳳山、肩越しの右上手を探るが取れず、叩きながら引く。宇良、乗じて押しながら一気に前に出る。松鳳山、土俵下に飛び落ちる。
20170522 09 309 宇良 押し出し 松鳳山 43

(10) 荒鷲戦 ●小手投げ 2.7秒
 荒鷲、先に右手をつき、左手を振る。松鳳山、両手をサッとつき、右手を出しながら左へ踏み出す。荒鷲、左上手に手を伸ばすが取れず。松鳳山、突き放す。荒鷲、左へ回りながら相手の右腕を抱え、右で頭を叩きながら小手投げ。松鳳山、土俵に両手をつく。
20170523 10 307 荒鷲 小手投げ 松鳳山 40

(11) 隠岐の海戦 ○とったり 10.7秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方で右手をつく。松鳳山、手をサッとついて素早く立ち、右手を出し、左肘を固めてやや左へ踏み出す。隠岐の海、やや右に踏み出して右上手に手を伸ばすが届かず。松鳳山、左を差す。隠岐の海、右で押っ付ける。松鳳山、左差し手を返し、右上手に手を伸ばす。隠岐の海、腰を捻って上手を与えず、右上手に手を伸ばす。松鳳山、両手で相手の左腕を抱えて右に回り、左を差して前に出る。隠岐の海、土俵際堪えて左差しで前に出る。松鳳山、右で小手に巻いて右に回り、土俵際、左で相手の左腕を抱えて体を開く。隠岐の海、俵の外に出る。
20170524 11 314 松鳳山 とったり 隠岐の海 38

(12) 妙義龍戦 ○寄り切り 9.5秒
 妙義龍、先に右手をつく。松鳳山、手をサッとつき、右から張って両差しになりながら前に出る。妙義龍、土俵際右で首を巻き、体を開いて右足で掛け投げに行く。松鳳山、堪えて左で後ろ廻しを取って相手の右側につく。妙義龍、中に戻り、右足で掛け投げに行く。松鳳山、足をかわし、左廻しを持ち、右筈で押し上げながら前に出る。妙義龍、土俵下に飛び落ちる。
20170525 12 306 松鳳山 寄り切り 妙義龍 40

(13) 豊山戦 ○寄り倒し 8.1秒
 豊山、仕切り線少し後方で先に手をつく。松鳳山、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右から張る。豊山、左肘を固めて当たる。松鳳山、突っ張り、右から張る。豊山、下からあてがう。松鳳山、左を差す。豊山、右で相手の差し手を抱え、左を差そうとするがならず、両手で相手の左腕を抱えて振ろうとする。松鳳山、その機に右下手を取り、両差しで前に出る。豊山、俵に両足を掛けながら左で突き落としに行く。松鳳山、右差し手を突きつけ、左で渡し込みに行きながら体を預ける。両者、ほぼ同時に俵の外に倒れるが、体勢的に松鳳山が有利とみられ、松鳳山の勝ち。
20170526 13 307 松鳳山 寄り倒し 豊山 37
20170526 13 307 松鳳山 寄り倒し 豊山 40

(14) 魁聖戦 ○寄り切り 7.6秒
 魁聖、先に両手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、左へ踏み出して頭から当たる。魁聖、右肩から当たって前に出る。松鳳山、突っ張りながら前に出る。魁聖、左足が俵に掛かる。松鳳山、左を差して前に出る。魁聖、体を離す。松鳳山、突き放して前に出る。魁聖、俵に詰まる。松鳳山、左を差して寄り切る。
20170527 14 305 松鳳山 寄り切り 魁聖 40

(楽) 栃煌山戦 ●突き落し 3.1秒
 栃煌山、じりっと足をする。松鳳山は仕切り線そば、栃煌山は仕切り線後方で、両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。栃煌山、頭から踏み込もうとする。松鳳山、右から張って両差しを狙う。栃煌山、両肘を固めて当たり、両差しを狙う。松鳳山、体を離し、右から張って差そうとする。栃煌山、右を差し、差し手を返して右から突く。松鳳山、土俵に両手をつく。
20170528 15 311 栃煌山 突き落とし 松鳳山 37

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

貴景勝 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-たかけいしょう

幕内2場所目だった先場所は、11勝4敗の成績を上げ、敢闘賞を受賞した。→先場所の取組内容
自己最高位の前頭7枚目で迎えた今場所、初日は松鳳山を押し出して白星発進。
二日目、蒼国来戦では、一度は軍配をもらうも、先に手がついたとして「差し違え」で敗れて初黒星。
三日目から3連勝。埼玉栄高校で4年先輩の北勝富士戦では、激しい押し合いの末、引き落としで勝利。
六日目、輝に突き落とされて2敗目。
七日目の正代戦では立合い2度合わず(→藤島審判長に注意を受ける)。3度目、自身の引きに乗じて押し出され、今場所初めての連敗。
中日から白星を連ね、栃煌山、豪風、宝富士、千代大龍を倒し、十一日目に勝ち越しを決める。
十二日目、栃ノ心を掬い投げで倒し、5連勝。
十三日目、大翔丸に押し倒されて4敗目。
十四日目、幕下時代から5回対戦して一度も負けていない相手、宇良と対戦(→過去対戦結果)。押し倒して今回も勝ち、白星を二桁にする。
千秋楽、同じ20歳で中学時代から対戦がある阿武咲と当たる(→平成23年全国中学校体育大会決勝戦での両者)。押し出しで勝利し、11勝4敗で今場所を終える。
勝ち越し、二桁勝利とも、2場所連続。



(初) 松鳳山戦 ○押し出し 10.2秒
 貴景勝、手をつく。松鳳山、すぐにサッと手をつき、右から張って左を差そうとする。貴景勝、突き放す。松鳳山、右から張って差そうとする。貴景勝、突き放す。松鳳山、また右から張る。貴景勝、すぐに左で張り返し、突き放す。松鳳山、右から張る。貴景勝、突き放す。両者、体が離れる。松鳳山、右から張る。貴景勝、突き放し、叩きながら右に回る。松鳳山、向き直り、土俵際、右から突こうとするが、相手に押されて左足が俵の外に出る。その後、貴景勝、勢い余って土俵下に飛び落ちる。
20170514 01 309 貴景勝 押し出し 松鳳山 20 張り手 03
20170514 01 309 貴景勝 押し出し 松鳳山 40

(2) 蒼国来戦 ●叩き込み 2.9秒
 貴景勝、先に両手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとつき、両者ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から踏み込み、突き放しながら前に出る。蒼国来、上体が起き、土俵際叩く。貴景勝、土俵に落ち、蒼国来、土俵下に落ちる。軍配、貴景勝。「物言い」がつき、協議の結果、貴景勝の手が先についていると判断、「軍配差し違え」で蒼国来の勝ち。
20170515 02 309 蒼国来 叩き込み 貴景勝 37
20170515 02 309 蒼国来 叩き込み 貴景勝 40
〔説明する二所ノ関審判長〕
20170515 02 309 蒼国来 叩き込み 貴景勝 60 説明する二所ノ関審判長

(3) 勢戦 ○叩き込み 1.9秒
 勢、先に手をつく。貴景勝、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から当たり、叩きながら右に開く。勢、土俵に落ちて転がる。
20170516 03 310 貴景勝 叩き込み 勢 40

(4) 逸ノ城戦 ○送り出し 9.2秒
 逸ノ城、先に両手をつく。貴景勝、仕切り線後方で両手をサッと動かし、右手を出して頭から踏み込む。逸ノ城、左から張って右を差す。行司 木村寿之介が止める。2度目、逸ノ城、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、仕切り線後方で両手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。逸ノ城、左から張って右を差す。貴景勝、左で押っ付けながら左に回って体を離す。逸ノ城、再び差そうとする。貴景勝、突っ張りながら前に出る。逸ノ城、下からあてがい、右を差そうとする。貴景勝、左で押っ付けながら左に回る。逸ノ城、前に出る。貴景勝、左から突いていなし、相手を後ろから押す。逸ノ城、土俵外に出る。
20170517 04 309 貴景勝 送り出し 逸ノ城 35

(5) 北勝富士戦 ○引き落し 13.0秒
 貴景勝、先に両手をつく。北勝富士、仕切り線少し後方で右手をつき、左手をサッとついて頭から踏み込む。貴景勝、両手を出して頭から踏み込み、突き放す。北勝富士、突き放す。貴景勝、左に開いて左から突く。北勝富士、少し泳ぐが向き直る。両者、激しく突き放し合う。貴景勝、押しながら前に出る。北勝富士、上体が起きて俵に詰まり、俵伝いに右へ回って中に戻る。貴景勝、向き直って押し上げ、左に開く。北勝富士、前に泳ぎ、俵の外に落ちる。
20170518 05 309 貴景勝 引き落とし 北勝富士 40

(6) 輝戦 ●突き落し 7.5秒
 貴景勝、先に両手をつく。輝、腰を下ろし、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から低く踏み込む。輝、両手突きから突き放す。両者、突き放し合う。貴景勝、叩きながら土俵際を左へ開く。輝、土俵際残して向き直る。貴景勝、そこを押しながら前に出る。輝、土俵際叩きながら下がり、右から突く。貴景勝、前に落ち、輝、右足一本で残した後、前に落ちて土俵に転がる。
20170519 06 310 輝 突き落とし 貴景勝 45

(7) 正代戦 ●押し出し 9.2秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、両手でサッと土俵をすって素早く立ち、両手突きに行く。正代、その場で立って胸で当たるが、貴景勝の手つき不十分で行司 木村寿之介が止める。2度目、正代、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、両手をサッとすって素早く立ち、両手突きに行く。正代、胸で当たるが、再び、貴景勝の手つき不十分で行司 木村寿之介が止める。3度目、貴景勝、先に両手をつく。正代、仕切り線後方でサッと両手をつく。貴景勝、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。正代、胸で当たる。貴景勝、両手で何度も突き放す。正代、その度、下からあてがう。貴景勝、叩きながら引く。正代、乗じて前に出、突き放す。貴景勝、土俵下に飛び落ちる。
20170520 07 310 正代 押し出し 貴景勝 40

(中) 栃煌山戦 ○押し出し 9.7秒
 貴景勝、先に両手をつく。栃煌山、仕切り線後方で腰を下ろし、ジリッと足をすり、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出し、頭から低く踏み込み、突き放そうとする。栃煌山、あてがって前に出、土俵際の相手を押す。貴景勝、土俵際左へ回りながら左で突く。栃煌山、前のめりになって俵に詰まる。貴景勝、向き直った相手を押す。栃煌山、左をのぞかせて前に出る。貴景勝、叩きながら一気に引く。栃煌山、前に泳いで土俵際。貴景勝、押し上げる。栃煌山、上体が起きて俵を割る。
20170521 08 312 貴景勝 押し出し 栃煌山 40

(9) 豪風戦 ○引き落し 3.4秒
 貴景勝、先に両手をつく。豪風、仕切り線かなり後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。豪風、突き放しながら前に出る。貴景勝、左から突きながら左へ回る。豪風、俵の上から左へ回ろうとするが、左足爪先が引っかかって体勢を崩し、土俵に両手をつく。
20170522 09 310 貴景勝 引き落とし 豪風 40

(10) 宝富士戦 ○押し出し 8.6秒
 貴景勝、先に両手をつく。宝富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。貴景勝、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。貴景勝、突き放す。宝富士、左を差そうとする。貴景勝、右から突いていなし、突き放しながら前に出る。宝富士、上体が起きて俵を割る。
20170523 10 312 貴景勝 押し出し 宝富士 40

(11) 千代大龍戦 ○押し出し 6.4秒
 貴景勝、先に両手をつく。千代大龍、腰を下ろし、右手をつき、左手をサッとついて立つ。貴景勝、右肘を固めて頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右で顔を突き放す。両者、体が離れる。貴景勝、両手で突き放して前に出る。千代大龍、土俵際、左で突く。両者、突き放し合う。千代大龍、叩きながら右に回る。貴景勝、そこを押し上げる。千代大龍、土俵下に落ちる。
20170524 11 306 貴景勝 押し出し 千代大龍 40
〔勝ち越しインタビューを受ける貴景勝〕
20170524 11 306 貴景勝 押し出し 千代大龍 75 勝ち越しインタビュー

(12) 栃ノ心戦 ○掬い投げ 9.8秒
 貴景勝、先に両手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で両手をサッとつく。貴景勝、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。栃ノ心、右を差す。貴景勝、突き放す。栃ノ心、肩越しの左上手を取り、右押っ付けで前に出る。貴景勝、右差し手を返して堪える。栃ノ心、右上手前廻しも取る。貴景勝、体を開き、右から掬いながら土俵際を右へ回り、掬い投げ。栃ノ心、上手が切れて土俵に落ちる。
20170525 12 309 貴景勝 掬い投げ 栃ノ心 40

(13) 大翔丸戦 ●押し倒し 6.6秒
 大翔丸、先に手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。大翔丸、頭から当たる。貴景勝、突き放そうとする。大翔丸、あてがって下がらず。貴景勝、左を差す。大翔丸、少し下がって体を離し、押しながら前に出、右喉輪で押し上げる。貴景勝、土俵際仰け反り、相手の喉輪を外しながら左へ回ろうとする。大翔丸、そのまま右喉輪で押す。貴景勝、俵の外に倒れ、土俵下に転がり落ちる。
20170526 13 308 大翔丸 押し倒し 貴景勝 40

(14) 宇良戦 ○押し倒し 2.7秒
 宇良、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて素早く立つ。宇良、頭を下げる。貴景勝、押しながら前に出る。宇良、俵に詰まり、左から突きながら左に回る。貴景勝、そこを逃さず突き放す。宇良、土俵下へ吹っ飛ぶ。
20170527 14 307 貴景勝 押し倒し 宇良 35
20170527 14 307 貴景勝 押し倒し 宇良 40

(楽) 阿武咲戦 ○押し出し 3.4秒
 阿武咲、先に両手をつく。貴景勝、左手をついて時をおき、右手をサッとついて立ち、両手を出して頭から踏み込む。阿武咲、右手を出して頭から当たる。貴景勝、右喉輪で突き放す。阿武咲、右から張って右を差そうとする。貴景勝、突っ張りながら前に出る。阿武咲、土俵際叩きながら左へ回ろうとする。貴景勝、前のめりになる。阿武咲、相手が出る前に俵の外に足が出る。その後、貴景勝、前に飛んで土俵下に落ち、阿武咲、土俵下に飛び落ちる。
20170528 15 308 貴景勝 押し出し 阿武咲 35
20170528 15 308 貴景勝 押し出し 阿武咲 40
20170528 15 308 貴景勝 押し出し 阿武咲 43

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

北勝富士 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-ほくとふじ

自己最高位の前頭5枚目だった先場所は、7勝8敗と初土俵以来初めて負け越した。→先場所の取組内容
前頭7枚目で迎えた今場所、初日は勢に押し出され、黒星発進。
二日目から豪風、松鳳山、貴ノ岩に勝って3連勝。
五日目、埼玉栄高校の4年後輩にあたる貴景勝と対戦。激しい押し合いの末、引き落とされて2敗目。
六日目、過去2戦2敗の蒼国来に初めて勝利。
七日目、八日目とともに関脇経験のある栃煌山と宝富士を破り、3連勝。
九日目、大学時代インカレ決勝で破った相手 正代に押し出されて3敗目。
十日目碧山、十一日目大翔丸と連勝し、勝ち越しを決める。
十二日目、序ノ口から対戦し続けている相手、宇良と当たる(→過去対戦結果)。土俵際の相手にいなされ、送り出しで敗れて4敗目。花道奥で首をひねる。(→首をひねる北勝富士
十三日目の阿武咲戦では、一度は軍配をもらうも、取り直しの末に敗れ、今場所初めての連敗。
十四日目は遠藤、千秋楽では今場所2横綱1大関を撃破し、技能賞を受賞した嘉風を破って連勝。10勝5敗の成績で今場所を終える。
勝ち越しは2場所ぶり。二桁勝利は、幕内で初めて。



(初) 勢戦 ●押し出し 5.1秒
 北勝富士、仕切り線後方で右手をつく。勢、右手をつき、両者、左手をサッとついて立つ。北勝富士、右手を出してやや左へ踏み出す。勢、踏み込み、右を差して前に出る。北勝富士、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。勢、左筈で相手の脇を押し、俵に追い込む。北勝富士、上体が起き、俵の上左足一本で堪えようとするが、土俵下に落ちる。
20170514 01 310 勢 押し出し 北勝富士 40

(2) 豪風戦 ○押し出し 3.3秒
 北勝富士、先に右手をつく。豪風、手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。北勝富士、頭から低く当たる。豪風、相手の頭を叩きながら左へ下がる。北勝富士、突き上げながら前に出る。豪風、俵の外に出る。
20170515 02 310 北勝富士 押し出し 豪風 37

(3) 松鳳山戦 ○寄り切り 7.0秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、右から張って左を差す。北勝富士、右上手を取る。松鳳山、両差しで前に出ながら廻しを探る。北勝富士、土俵際を右に回り、左を差して前に出る。松鳳山、俵に詰まり、左から掬おうとする。北勝富士、腰を下ろして寄り切る。
20170516 03 309 北勝富士 寄り切り 松鳳山 40

(4) 貴ノ岩戦 ○叩き込み 1.0秒
 北勝富士、先に右手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右手を出して頭から低く踏み込む。北勝富士、頭で当たり合って覆いかぶさる形になり、叩いて右に開く。貴ノ岩、土俵に両手をつく。
20170517 04 310 北勝富士 叩き込み 貴ノ岩 40

(5) 貴景勝戦 ●引き落し 13.0秒
 貴景勝、先に両手をつく。北勝富士、仕切り線少し後方で右手をつき、左手をサッとついて頭から踏み込む。貴景勝、両手を出して頭から踏み込み、突き放す。北勝富士、突き放す。貴景勝、左に開いて左から突く。北勝富士、少し泳ぐが向き直る。両者、激しく突き放し合う。貴景勝、押しながら前に出る。北勝富士、上体が起きて俵に詰まり、俵伝いに右へ回って中に戻る。貴景勝、向き直って押し上げ、左に開く。北勝富士、前に泳ぎ、俵の外に落ちる。
20170518 05 309 貴景勝 引き落とし 北勝富士 40

(6) 蒼国来戦 ○押し出し 14.4秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で先に右手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、右へ踏み出しながら右で張る。北勝富士、やや左へ踏み出して頭から当たる。蒼国来、左を差す。北勝富士、右から絞り、左喉輪で押し上げ、突き放す。蒼国来、左下手に手を掛ける。北勝富士、押しながら前に出る。蒼国来、左に回って差そうとする。北勝富士、突き放す。蒼国来、右に回って右を差そうとする。北勝富士、左押っ付けで押し上げ、突き放す。蒼国来、俵に詰まり、叩きながら右へ回る。北勝富士、逃さず押す。蒼国来、土俵下に落ちる。
20170519 06 309 北勝富士 押し出し 蒼国来 40

(7) 栃煌山戦 ○寄り切り 10.1秒
 北勝富士、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、頭を下げ、やや左へ踏み出す。栃煌山、両肘を固めて踏み込む。北勝富士、左上手に手を伸ばすが取れず。栃煌山、両差しになろうとしながら前に出る。北勝富士、右喉輪で押し上げる。栃煌山、左を差し、右も差そうとしながら前に出る。北勝富士、土俵際になるが、右で押っ付けながら右へ回って中に戻る。栃煌山、左差し手を抜く。北勝富士、右をのぞかせて前に出る。栃煌山、俵に詰まり、左で押っ付け、右差し手を返す。北勝富士、腰を下ろして寄る。栃煌山、上体が起きて俵を割る。
20170520 07 313 北勝富士 寄り切り 栃煌山 40

(中) 宝富士戦 ○寄り切り 36.0秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で先に右手をつく。宝富士、仕切り線少し後方でサッと両手をつく。北勝富士、素早く立ち、頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たり、左を差す。北勝富士、右押っ付けで押し上げ、左喉輪で突き放す。宝富士、再び左を差そうとする。北勝富士、突き上げながら前に出る。宝富士、土俵際、左で相手の右腕を引っ張り込み、右から掬いながら右へ回る。北勝富士、左で押っ付ける。宝富士、左押っ付けから上手を探るが取れず、右下手を取り、左上手に手を伸ばして取り、下手を離して上手を引きつけながら寄る。北勝富士、左足を俵に掛けて堪える。宝富士は左上手を持った体勢、北勝富士は左足を俵の掛けて右下手を持った右半身の体勢で、両者止まる(約7秒間)。宝富士、左上手を引きつけて前に出る。北勝富士、俵に足を掛けて堪える。宝富士、左上手投げで振って寄る。北勝富士、左足一本になりながら堪え、右下手を持った肘を張る。宝富士、左上手が切れる。北勝富士、右下手を引きつけて前に出る。宝富士、左小手投げに行こうとするが、土俵下に飛び落ちる。その後、北勝富士、土俵に落ちる。
〔土俵際堪える北勝富士〕
20170521 08 313 北勝富士 寄り切り 宝富士 30 土俵際堪える北勝富士
〔北勝富士の寄り切り〕
20170521 08 313 北勝富士 寄り切り 宝富士 41

(9) 正代戦 ●押し出し 3.4秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。北勝富士、仕切り線少し後方で右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。正代、両差しになる。北勝富士、右上手に手を伸ばすが取れず、叩きながら右に回る。正代、乗じて前に出。左差し手を突きつける。北勝富士、相手の差し手に阻まれて回り込めず、俵を割る。
20170522 09 311 正代 押し出し 北勝富士 40-2

(10) 碧山戦 ○押し出し 8.1秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で右手をつく。碧山、右手をつく。北勝富士、素早く立って頭から踏み込む。碧山、遅れてその場で立ち、両手突きで押し上げる。北勝富士、下からあてがって下がらず。碧山、引く。北勝富士、乗じて押しながら前に出る。碧山、土俵際を右へ回り、叩く。北勝富士、落ちずに押す。碧山、土俵下に落ちる。
20170523 10 313 北勝富士 押し出し 碧山 40

(11) 大翔丸戦 ○押し出し 4.3秒
 大翔丸、先に両手をつく。北勝富士、右手をつき、左手をサッと動かして素早く立ち、頭から踏み込む。大翔丸、頭から低く当たり、右筈で押す。北勝富士、突き放しながら前に出る。大翔丸、土俵際叩いて回り込もうとするが、押されて左足一本になる。北勝富士、そこを押す。大翔丸、俵の外に出る。
20170524 11 307 北勝富士 押し出し 大翔丸 40
〔勝ち越しインタビューを受ける北勝富士〕
20170524 11 307 北勝富士 押し出し 大翔丸 75 勝ち越しインタビュー

(12) 宇良戦 ●送り出し 5.1秒
 宇良、仕切り線後方で先に手をつく。北勝富士、腰を下ろし、仕切り線少し後方で右手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、見ながら頭から踏み込む。宇良、右手を出しながら右に変わる。北勝富士、左で押しながら向き直る。宇良、土俵際。両者、体が離れて見合う。北勝富士、右を差して前に出ようとする。宇良、土俵際、右押っ付けで押し上げ、左で叩きながら右に回って右から突く。北勝富士、前に泳いで俵の外に出る。
20170525 12 308 宇良 押し出し 北勝富士 40

(13) 阿武咲戦 ●引き落し 3.5秒
 阿武咲、先に両手をつく。北勝富士、仕切り線少し後方で右手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、頭から踏み込む。阿武咲、右手を出して頭から当たる。北勝富士、右を差して前に出る。阿武咲、上体が起き、左で突きながら土俵際を左へ回る。北勝富士、右差しで相手に体を預ける。両者、俵の外に倒れ、土俵下に落ちる。行司 木村晃之助は、軍配を北勝富士に上げるが、「物言い」。藤島審判長は、「北勝富士の手と、阿武咲の踵が出るが同時」と説明。「取り直し」となる。(3.4秒)
20170526 13 309 01 北勝富士-阿武咲 40
〔場内説明する藤島審判長〕
20170526 13 309 01 北勝富士-阿武咲 60 説明する藤島審判長
<取り直しの相撲>阿武咲、先に両手をつく。北勝富士、腰を下ろし、仕切り線少し後方で右手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、頭から踏み込む。阿武咲、右手を出して頭から当たる。北勝富士、右を差す。阿武咲、左上手を取る。北勝富士、右差し手を返して相手の上手を切る。阿武咲、叩きながら左へ開く。北勝富士、前に飛んで土俵に落ちる。(3.5秒)
20170526 13 309 02 阿武咲 叩き込み 北勝富士 40

(14) 遠藤戦 ○寄り切り 14.3秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で先に右手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、頭から踏み込む。遠藤、左を差す。北勝富士、右押っ付けで相手を起こす。遠藤、突き放し、再び左を差そうとする。北勝富士、突き放す。遠藤、突き放し、再び左を差そうとする。北勝富士、右で押っ付けて差させず、前に出ながら右を差す。遠藤、右下手を持ち、体勢を低くする。北勝富士、肩越しの左上手を取る。遠藤、左から絞り、機を見て左を巻き替えに行く。北勝富士、乗じて右押っ付けで前に出、右上手前廻しも取る。遠藤、俵伝いに左へ回る。北勝富士、両上手を持って前に出、寄り切る。遠藤、土俵下に飛び落ちる。
20170527 14 313 北勝富士 寄り切り 遠藤 40

(楽) 嘉風戦 ○押し出し 7.1秒
 嘉風、先に両手をつく。北勝富士、仕切り線後方で右手をつく。嘉風、素早く立って頭から踏み込む。北勝富士、遅れて立って低く当たる。嘉風、左を差して動きが止まりかけるが、行司 木村玉治郎はハッキヨイ。北勝富士、右押っ付けで押し上げながら前に出る。嘉風、上体が起きるが堪える。北勝富士、喉輪で突き放しながら前に出る。嘉風、土俵際を左へ回る。北勝富士、逃さず突き放す。嘉風、俵を割る。
20170528 15 315 北勝富士 押し出し 嘉風 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

2017年5月場所(夏場所)十両番付

2017年7月場所(名古屋場所)幕内番付

201707-幕内番付

2017年名古屋(7月)場所の幕内番付です。
先場所(2017年夏・5月場所)の番付と成績を合わせて表示しています。
成績に「★」がついているものは、優勝者です。
先場所より半枚でも番付が上がったものについては「先場所番付」欄をピンクで表示、下がったものについてはブルーで表示。
十両から幕内、または平幕から三役に昇進したものについては「四股名」の欄をピンクで表示し、また、新大関、新関脇は濃いピンクで表示しています。
三役から平幕に陥落したものについては「四股名」の欄をブルーで表示しています。

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》

勢 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-いきおい

前頭筆頭だった先場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭6枚目で迎えた今場所、初日は、北勝富士を押し出して白星発進。
二日目、正代を押し出して連勝。
三日目、貴景勝に叩き込まれて初黒星。
四日目、栃煌山との激しい相撲の末、押し倒して3勝目。勝負後、鼻血を出す。(→鼻にティッシュを詰めた勢
六日目、七日目と連勝し、5勝2敗と白星先行。
九日目から3連勝し、十一日目に勝ち越しを決める。
十二日目、石浦の肩透かしに倒れて4敗目。
十三日目、宇良を叩き込み、9勝目を上げる。
十四日目は過去3戦全敗と分の悪い小結御嶽海に、千秋楽は関脇琴奨菊に押し出されて今場所初めて連敗。9勝6敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所ぶり。



(初) 北勝富士戦 ○押し出し 5.1秒
 北勝富士、仕切り線後方で右手をつく。勢、右手をつき、両者、左手をサッとついて立つ。北勝富士、右手を出してやや左へ踏み出す。勢、踏み込み、右を差して前に出る。北勝富士、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。勢、左筈で相手の脇を押し、俵に追い込む。北勝富士、上体が起き、俵の上左足一本で堪えようとするが、土俵下に落ちる。
20170514 01 310 勢 押し出し 北勝富士 40

(2) 正代戦 ○押し出し 6.6秒
 勢、先に右手をつく。正代、仕切り線後方でサッと両手をつく。勢、素早く立って踏み込む。正代、両肘を固めて胸で当たり、両差しを狙う。勢、右から突いていなし、右喉輪で押し上げてから右上手を取る。正代、左に回りながら左で掬う。勢、右上手を離す。正代、一瞬相手に背中を向ける形になるが、土俵際くるっと向き直る。勢、そこを押す。正代、俵の外に出る。
20170515 02 311 勢 押し出し 正代 40

(3) 貴景勝戦 ●叩き込み 1.9秒
 勢、先に手をつく。貴景勝、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出して頭から当たり、叩きながら右に開く。勢、土俵に落ちて転がる。
20170516 03 310 貴景勝 叩き込み 勢 40

(4) 栃煌山戦 ○押し倒し 10.8秒
 勢、右手をつく。栃煌山、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。栃煌山、右手を出して頭から踏み込む。勢、踏み込んで当たり勝つ。栃煌山、右をのぞかせ、左で差し手争い。勢、右を差し、左で押っ付け、引いて体を離し、土俵際。栃煌山、乗じて前に出、再び右を差す。勢、前に出ながら右下手を取り、左で押っ付ける。栃煌山、左を巻き替えて両差しになる。勢、右上手を離して左上手を取り、右を巻き替えようとする。栃煌山、乗じて少し前に出、左を巻き替え返して両差しになろうとする。勢、乗じて一気に前に出る。栃煌山、右足が俵に掛かる。勢、そこを右筈で押す。栃煌山、俵の外に崩れ落ちる。勢、鼻から血が流れ出る。
20170517 04 311 勢 押し倒し 栃煌山 38

(5) 碧山戦 ●突き落し 5.8秒
 勢、先に右手をつく。碧山、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。碧山、右肘でかち上げ、突っ張る。勢、下からあてがい、右を差そうとする。碧山、叩きながら右に回り、土俵際、右から突く。勢、土俵に落ちる。
20170518 05 313 碧山 突き落とし 勢 40

(6) 豪風戦 ○叩き込み 1.9秒
 勢、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、右手を出して頭から踏み込む。勢、両腕を下げて踏み込む。豪風、左に開いて左押っ付けで突く。勢、向き直って叩く。豪風、前にバッタリ落ちる。
20170519 06 311 勢 叩き込み 豪風 45 勢

(7) 宝富士戦 ○押し出し 3.5秒
 宝富士、先に両手をつく。勢、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。宝富士、左肘を固めて頭から踏み込む。勢、右肩から踏み込んで当たり、右筈で押しながら前に出る。宝富士、上体が起きて俵に詰まる。勢、相手の胸を押す。宝富士、俵の外に出る。
20170520 07 312 勢 押し出し 宝富士 37


(中) 徳勝龍戦 ●押し出し 2.8秒
 勢、先に右手をつく。徳勝龍、サッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、右手を出して頭から踏み込む。勢、両腕を下げて当たる。徳勝龍、右喉輪で相手を起こし、顎に向かって突っ張って前に出、胸を押す。勢、土俵下に落ちる。
20170521 08 309 徳勝龍 押し出し 勢 40

(9) 貴ノ岩戦 ○小手投げ 2.5秒
 勢、先に右手をつく。貴ノ岩、手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右から思い切り張る。勢、右に踏み出して頭をつけるが、行司 木村晃之助が止める。2度目、勢、先に右手をつく。貴ノ岩、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右肘を固めて踏み込み、左上手前廻しに手を掛ける。勢、右で小手に振って廻しを切り、左で叩きながらそのまま右に回る。貴ノ岩、土俵に転がる。
20170522 09 312 勢 押し出し 貴ノ岩 40

(10) 輝戦 ○叩き込み 2.1秒
 輝、先に左手をつく。勢、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立つ。輝、右手を出して頭から踏み込む。勢、右肩から当たり、右を差す。輝、右喉輪で押し上げ、頭をつける。勢、叩きながら一気に引く。輝、土俵に落ちる。その後、勢、土俵下に落ちる。
20170523 10 309 勢 叩き込み 輝 40

(11) 琴勇輝戦 ○押し出し 2.6秒
 勢、右手をつく。琴勇輝、すぐに両手をサッとつく。勢、素早く立ち、両腕を下げる。琴勇輝、左手を出して頭から当たり、突き放そうとする。勢、相手の腕を叩いて右に開く。琴勇輝、前に少し泳ぐが向き直る。勢、そこを押す。琴勇輝、土俵下に落ち、客席に倒れ込んで立ち上がれず。
20170524 11 308 勢 押し出し 琴勇輝 40
〔勝ち越しインタビューを受ける勢〕
20170524 11 308 勢 押し出し 琴勇輝 75 勢 01

(12) 石浦戦 ●肩透かし 5.0秒
 石浦、先に手をつく。勢、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肩から踏み込む。石浦、右手を出し、やや左へ踏み出して頭から当たる。勢、右肘でかち上げる。石浦、左を差す。勢、右小手で振る。石浦、左肘が極まりかけるが内に曲げながら堪え、左手で下から 右手で上から 相手の右腕付け根を挟み、左へ回りながら肩透かし。勢、土俵に転がる。
20170525 12 310 石浦 肩透かし 勢 35

(13) 宇良戦 ○叩き込み 2.3秒
 宇良、仕切り線後方で先に手をつく。勢、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立つ。宇良、頭を下げて左に踏み出し、相手の右腕を手繰る。勢、すぐに取られた右腕を抜き、上から叩きつぶす。宇良、相手の右足にすがるが、土俵に落ちて転がる。
20170526 13 310 勢 叩き込み 宇良 40

(14) 御嶽海戦 ●押し出し 5.5秒
 勢、先に右手をつく。御嶽海、手をサッとつく。勢、右肘を固めて踏み込む。御嶽海、左肘を固めて頭から踏み込み、突き放し、左を差し、右も差そうとしながら前に出る。勢、左で押っ付け、一瞬右で首を巻く体勢になるが止め、左押っ付けで中に戻る。御嶽海、筈で押し上げる。勢、少し叩いて体を離そうとする。御嶽海、乗じて押しながら前に出る。勢、俵を割る。
20170527 14 314 御嶽海 押し出し 勢

(楽) 琴奨菊戦 ●押し出し 8.3秒
 勢、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとつく。勢、素早く立って右肩から踏み込む。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込み、右を差す。勢、左で押っ付け、右を差す。琴奨菊、右差し手を返し、左上手を取る。勢、右手で廻しを切って体を離す。琴奨菊、左を差し、右で押っ付けながら前に出る。勢、俵に詰まる。琴奨菊、がぶり、相手の胸を押す。勢、上体が起きて俵を割る。
20170528 15 317 琴奨菊 押し出し 勢 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

豪風 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-たけかぜ

前頭筆頭だった先場所は、5勝10敗の成績だった。→先場所の取組内容
右肘の手術をし、春巡業は全休。
二所ノ関連合稽古に参加し、横綱稀勢の里とも稽古。(→①豪風→②稀勢の里と豪風の稽古→③稀勢の里と稽古後の豪風コメント
前頭6枚目で迎えた今場所、初日から3連敗。
四日目、碧山を押し倒して初日を出す。
五日目から再び黒星が連なり、3連敗。
中日、逸ノ城を押し出して2勝目。
九日目、17歳年下の貴景勝と対戦。引き落とされ、7敗目と後がなくなる。
十日目、豊響を引き落として踏み止まる。
十一日目、荒鷲の蹴手繰りを食らって負け越しが決まる。
十三日目、大栄翔を引き落として4勝目を上げるも、十四日目、千秋楽と連敗。4勝11敗で今場所を終える。
負け越し、二桁負けとも2場所連続。



(初) 正代戦 ●押し出し 2.7秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、頭から踏み込む。松鳳山、胸で当たりを受け、左を差そうとする。豪風、左に回り、叩きながら更に回る。正代、押す。豪風、吹っ飛び、土俵下の放駒審判の上に乗る。
20170514 01 311 正代 押し出し 豪風 40
〔放駒親方にまたがる豪風〕
20170514 01 311 正代 押し出し 豪風 50 放駒親方にまたがる豪風

(2) 北勝富士戦 ●押し出し 3.3秒
 北勝富士、先に右手をつく。豪風、手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。北勝富士、頭から低く当たる。豪風、相手の頭を叩きながら左へ下がる。北勝富士、突き上げながら前に出る。豪風、俵の外に出る。
20170515 02 310 北勝富士 押し出し 豪風 37

(3) 栃煌山戦 ●押し出し 3.5秒
 栃煌山、両足をじりっとする。豪風、左手をつき、栃煌山、すぐに手をサッとつき、両者ほぼ同時に立つ。豪風、踏み込む。栃煌山、やや右へ踏み出す。豪風、押し上げてから引く。栃煌山、乗じて押しながら前に出る。豪風、土俵際、右から突こうとする。栃煌山、突き放す。豪風、俵の外に出る。
20170516 03 312 栃煌山 押し出し 豪風 40

(4) 碧山戦 ○押し倒し 9.9秒
 碧山、先に手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、頭から踏み込む。碧山、胸で当たって両差しになる。豪風、左に回りながら体を離す。碧山、乗じて前に出、押す。豪風、相手の手を叩きながら俵伝いに左へ回る。碧山、突き放し続ける。豪風、相手の手を叩き、出てくる相手の脇を右筈で押す。碧山、体勢を崩して土俵に転がる。
20170517 04 313 豪風 押し倒し 碧山 35
20170517 04 313 豪風 押し倒し 碧山 45

(5) 宝富士戦 ●押し出し 4.8秒
 宝富士、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと両手をつき、右肘を固めて頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。豪風、押しながら前に出、両差しになる。宝富士、土俵際左小手投げで振り、体を入れ替える。豪風、俵伝いに左へ回ろうとする。宝富士、押す。豪風、俵の外に出る。宝富士、土俵に落ち、豪風、土俵下に落ちる。
20170518 05 311 宝富士 押し出し 豪風 40-2

(6) 勢戦 ●叩き込み 1.9秒
 勢、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、右手を出して頭から踏み込む。勢、両腕を下げて踏み込む。豪風、左に開いて左押っ付けで突く。勢、向き直って叩く。豪風、前にバッタリ落ちる。
20170519 06 311 勢 叩き込み 豪風 45 勢

(7) 貴ノ岩戦 ●押し出し 3.5秒
 豪風、仕切り線少し後方で先に手をつく。貴ノ岩、右手をちょんとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、頭から踏み込もうとする。貴ノ岩、左から張って右を差す。豪風、引いて体を離し、相手の手を叩く。貴ノ岩、俵に詰まった相手を押し出す。
20170520 07 311 貴ノ岩 押し出し 豪風 40

(中) 逸ノ城戦 ○押し出し 13.7秒
 逸ノ城、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。逸ノ城、左手を出し、右肘を固めて当たり、左で相手の顔を押し上げ、前に出ながら右を差す。豪風、左で押っ付けながら左に回り、左を巻き替えて差す。逸ノ城、右で差し手を極め気味に抱えて前に出る。豪風、右で叩きながら肩透かしに行く。逸ノ城、右で差し手を抱えながら前に出る。豪風、土俵際を左に回って体を離す。両者、見合う。豪風、左から思い切り張り、下から押し上げて一気に前に出る。逸ノ城、土俵下に落ちる。
〔張る豪風〕
20170521 08 308 豪風 押し出し 逸ノ城 30 張られる逸ノ城
〔豪風の押し出し〕
20170521 08 308 豪風 押し出し 逸ノ城 40

(9) 貴景勝戦 ●引き落し 3.4秒
 貴景勝、先に両手をつく。豪風、仕切り線かなり後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。豪風、突き放しながら前に出る。貴景勝、左から突きながら左へ回る。豪風、俵の上から左へ回ろうとするが、左足爪先が引っかかって体勢を崩し、土俵に両手をつく。
20170522 09 310 貴景勝 引き落とし 豪風 40

(10) 豊響戦 ○引き落し 3.4秒
 豊響、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って頭から踏み込む。豊響、右肘でかち上げ、押しながら前に出る。豪風、俵に詰まるが、出てくる相手の手を叩き、左に回って体を離す。豊響、前にバッタリ落ちる。
20170523 10 308 豪風 引き落とし 豊響 40

(11) 荒鷲戦 ●蹴手繰り 1.4秒
 荒鷲、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、右手を出して見ながら立つ。荒鷲、右へ踏み出し、叩きながら左足で相手の左足を蹴る。豪風、右膝から土俵に落ちる。
20170524 11 309 荒鷲 蹴手繰り 豪風 38

(12) 千代翔馬戦 ●突き落し 5.5秒
 豪風、仕切り線後方で先に両手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、頭から踏み込む。千代翔馬、右肘でかち上げる。豪風、動じず、突き放しながら前に出る。千代翔馬、土俵際左を差す。豪風、突き上げる。千代翔馬、右で相手の左腕を抱え、小手に振りながら右に回る。豪風、左差しで前に出る。千代翔馬、土俵際、更に右小手で振り、逆の左から突く。豪風、左膝から土俵に落ちる。
20170525 12 311 千代翔馬 突き落とし 豪風 40
20170525 12 311 千代翔馬 突き落とし 豪風 45

(13) 大栄翔戦 ○引き落し 2.3秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。大栄翔、両手で相手の肩を押し上げる。豪風、体を離し、叩いて左に開く。大栄翔、土俵に両手をつく。
20170526 13 312 豪風 引き落とし 大栄翔 40

(14) 妙義龍戦 ●押し出し 2.9秒
 妙義龍、先に手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと両手をつき、頭から踏み込む。妙義龍、両差しになろうとする。豪風、左から突いて左に回る。妙義龍、乗じて右差しで一気に前に出る。豪風、土俵下に飛び落ちる。
20170527 14 308 妙義龍 押し出し 豪風 40

(楽) 石浦戦 ●押し出し 8.3秒
 石浦、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。石浦、頭から低く踏み込む。。豪風、右手を出して頭から当たり、突き放す。両者、低い体勢で押し合う。豪風、押し上げてから引こうとする。石浦、乗じて筈で押しながら前に出る。豪風、俵の外に出、両者、土俵下に落ちる。
20170528 15 309 石浦 押し出し 豪風 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

正代 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-しょうだい

小結だった先場所は、4勝11敗の成績だった。→先場所の取組内容
静岡県三島市巡業では、横綱鶴竜に約10分 胸を出してもらう。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
千葉県柏市巡業では、先場所破った横綱白鵬に指名され、14番取って全敗だった。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
その他の巡業、稽古総見、時津風部屋で、照ノ富士、高安、稽古を再開した稀勢の里とも稽古した。(→稀勢の里との稽古
前頭5枚目で迎えた今場所、初日は豪風を押し出し、白星発進。
二日目、勢に押し出されて初黒星。
三日目から3連勝し、4勝1敗と白星先行。
六日目、貴ノ岩に外掛けで倒され、2敗目。
七日目、幕内3場所目の貴景勝を押し出してから白星が連なり、4連勝で勝ち越し。全勝の日馬富士、白鵬の2横綱を追う、2敗勢の5人の中に入る。また、十日目での勝ち越しは幕内で自己最速。
十一日目、宇良に送り出されて3敗目。
十二日目は大関照ノ富士に首を抱えられて苦しい体勢に。頭を上げて出るところを、掬い投げで体を入れ替えられ、送り出されて4敗目。
十三日目、栃ノ心に浴びせ倒され、3連敗で5敗目を喫す。
十四日目、場所後に大関昇進を確実にした 関脇高安を寄り倒す。
千秋楽、小結御嶽海を寄り切り、10勝5敗で今場所を終える。
勝ち越し、二桁勝利とも、昨年11月場所以来、3場所ぶり。
平幕上位でただ一人勝ち越し、二桁勝利を上げるも、三役の枠が空きそうにないため、復帰は難しい状況。そのため、風呂場で(勝てば関脇 琴奨菊の平幕陥落が濃厚だったが敗れた)勢に「何をやっているんですか」と言ったとのこと。(→サンケイスポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら



(初) 豪風戦 ○押し出し 2.7秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、頭から踏み込む。松鳳山、胸で当たりを受け、左を差そうとする。豪風、左に回り、叩きながら更に回る。正代、押す。豪風、吹っ飛び、土俵下の放駒審判の上に乗る。
20170514 01 311 正代 押し出し 豪風 40
20170514 01 311 正代 押し出し 豪風 50 放駒親方にまたがる豪風

(2) 勢戦 ●押し出し 6.6秒
 勢、先に右手をつく。正代、仕切り線後方でサッと両手をつく。勢、素早く立って踏み込む。正代、両肘を固めて胸で当たり、両差しを狙う。勢、右から突いていなし、右喉輪で押し上げてから右上手を取る。正代、左に回りながら左で掬う。勢、右上手を離す。正代、一瞬相手に背中を向ける形になるが、土俵際くるっと向き直る。勢、そこを押す。正代、俵の外に出る。
20170515 02 311 勢 押し出し 正代 40

(3) 碧山戦 ○押し出し 6.7秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。碧山、右手をつき、すぐに左手をサッとついて素早く立って踏み込み、頭から当たる。正代、胸で当たって両差しになる。碧山、外から極めながら前に出る。正代、右腕を抜いて俵に詰まる。碧山、両手で顎を押し上げる。正代、下からあてがう。碧山、引く。正代、乗じて前に出、土俵際の相手の胸を押し上げる。碧山、俵の外に出る。
20170516 03 313 正代 押し出し 碧山 40

(4) 宝富士戦 ○寄り切り 31.2秒
 宝富士、先に両手をつく。正代、仕切り線後方でサッと手をつく。宝富士、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、右肘を固めて胸で当たる。宝富士、左を差そうとする。正代、左を差し、右で差し手争い。両者、少し止まる(約4秒間)。再び、宝富士の左、正代の右で差し手争い。宝富士、左を差し勝つ。正代、深い右上手を取る。宝富士、左下手を取り、腰を振って上手を切ろうとするが切れず。正代、伸びた右上手を引きつけて前に出る。宝富士、土俵際堪える。両者左四つ、宝富士が左下手を持って土俵際、正代が深い右上手を持った体勢で止まる(約7秒間)。正代、右上手を引きつけ、左差し手を返して寄る。宝富士、右で押っ付けながら俵の上で堪える。正代、寄り切る。宝富士、土俵下に落ちる。
20170517 04 312 正代 寄り切り 宝富士 40

(5) 栃煌山戦 ○寄り切り 5.5秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。栃煌山、足をじりっとすり、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、頭から踏み込む。正代、その場で立って胸で当たり、左を差す。栃煌山、下がりながら両差しになる。正代、左上手を取り、出し投げで振って相手の後ろにつく。栃煌山、向き直る。正代、そのまま前に出て寄り切る。
20170518 05 312 正代 寄り切り 栃煌山 25 正代の出し投げ
20170518 05 312 正代 寄り切り 栃煌山 40

(6) 貴ノ岩戦 ●外掛け 5.8秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとついて立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。正代、胸で当たって左を差して差し手を返す。貴ノ岩、右上手を取る。正代、左差しで前に出、下手を取る。貴ノ岩、右上手を持って前に出、右膝をあてて相手に足を送らせず、そのまま右足で外掛けに行きながら左喉輪で押す。正代、後ろ向きに倒れる。
20170519 06 312 貴ノ岩 外掛け 正代 38

(7) 貴景勝戦 ○押し出し 9.2秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、両手でサッと土俵をすって素早く立ち、両手突きに行く。正代、その場で立って胸で当たるが、貴景勝の手つき不十分で行司 木村寿之介が止める。2度目、正代、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、両手をサッとすって素早く立ち、両手突きに行く。正代、胸で当たるが、再び、貴景勝の手つき不十分で行司 木村寿之介が止める。3度目、貴景勝、先に両手をつく。正代、仕切り線後方でサッと両手をつく。貴景勝、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。正代、胸で当たる。貴景勝、両手で何度も突き放す。正代、その度、下からあてがう。貴景勝、叩きながら引く。正代、乗じて前に出、突き放す。貴景勝、土俵下に飛び落ちる。
20170520 07 310 正代 押し出し 貴景勝 40

(中) 松鳳山戦 ○極め出し 5.1秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、両手突きに行く。正代、やや遅れて立つ。松鳳山、両手で顎を押し上げる。正代、仰け反るが下がらず、左を差そうとする。松鳳山、右を巻き替えて差す。正代、左で抱え、右で押っ付けながら前に出る。松鳳山、右から掬おうとするが俵を割る。
20170521 08 311 正代 極め出し 松鳳山 40

(9) 北勝富士戦 ○押し出し 3.4秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。北勝富士、仕切り線少し後方で右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。正代、両差しになる。北勝富士、右上手に手を伸ばすが取れず、叩きながら右に回る。正代、乗じて前に出。左差し手を突きつける。北勝富士、相手の差し手に阻まれて回り込めず、俵を割る。
20170522 09 311 正代 押し出し 北勝富士 40-2

(10) 蒼国来戦 ○突き落し 34.5秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をトンとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。正代、右肘を固めて当たり、右を差す。蒼国来、右を差す。正代、左で押っ付けて前に出る。蒼国来、左押っ付けで押し上げ、左を差そうとする。正代、右を差そうとするならず、左で突きながら体を開き、左上手を探る。蒼国来、向き直って上手を与えず、前に出ながら両差しになろうとする。正代、左で押っ付け、土俵際、左を差し、右押っ付けで少し中に戻り、左下手を取る。蒼国来、深い右上手を取って前に出る。正代、堪えて中に戻る。蒼国来、右上手を手前に持ち変える。正代、左差しでやや半身。両者、土俵中央で止まる(約5秒間)。蒼国来、右上手を引きつけて一気に前に出る。正代、俵に右足が掛かるが堪える。正代、左下手を持ち、蒼国来、右上手を持った体勢で止まる(約3秒間)。蒼国来、右上手を引きつけ、右膝を切り返し気味に相手の左足にあてて寄る。正代、足を外して堪え、俵に両足を掛けながら右で突く。蒼国来、体が振られて土俵下に落ちる。
20170523 10 311 正代 突き落とし 蒼国来 30
20170523 10 311 正代 突き落とし 蒼国来 37
20170523 10 311 正代 突き落とし 蒼国来 42
〔勝ち越しインタビューを受ける正代〕
20170523 10 311 正代 突き落とし 蒼国来 75 インタビュー

(11) 宇良戦 ●送り出し 7.0秒
 宇良、仕切り線後方で先に両手をつく。正代、仕切り線後方で両手をつく。宇良、素早く立って踏み込み、頭を下げる。正代、右肘を固めて当たり、左を差す。宇良、頭をつけて右から絞り、左で相手の肩を押し上げる。正代、上体が起きるが、右で押っ付けて右も差そうとする。宇良、両手で相手の左腕を抱えて下がり、土俵際、右にひらりと回って相手に後ろにつき、右で後ろ廻しを取って送り出す。正代、俵の外に出る。
20170524 11 310 宇良 送り出し 正代 33
20170524 11 310 宇良 送り出し 正代 35
20170524 11 310 宇良 送り出し 正代 37
20170524 11 310 宇良 送り出し 正代 40

(12) 照ノ富士戦 ●送り出し 19.7秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。照ノ富士、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、胸で当たり合う。正代、左を差して左へ回る。照ノ富士、右差し手を抱えて前に出る。正代、左から掬おうとする。照ノ富士、右で相手の左腕を極め気味にとったり。正代、振られて土俵際。照ノ富士、左喉輪で押し上げる。正代、土俵際、右から突く。照ノ富士、向き直り、出てくる相手を左から張り、突き放す。正代、再び土俵際、照ノ富士、右から張りに行く。正代、頭を下げてかわし、相手の顎の下に頭をつける。照ノ富士、叩き、右をねじ込み、左で相手の首を抱える。正代、頭を上げて前に出る。照ノ富士、右から掬いながら体を入れ替え、後ろから相手を押す。正代、俵の外に出る。
〔肘が危ない正代〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 15 肘が危ない
〔首を抱えられた正代〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 30 首を抱えられた正代
〔正代の送り出し〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 43

(13) 栃ノ心戦 ●浴せ倒し 18.1秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。栃ノ心、すぐに両手をサッとつき、右肘を固めてやや左へ踏み出す。正代、左肘を固めて当たり、左を差そうとする。栃ノ心、深い左上手を取り、右で押っ付けながら前に出る。正代、右下手を取るが俵に詰まる。栃ノ心、左上手を持ち、右で押っ付けながら寄る。正代、左下手も取り、俵に両足を掛けて堪える。栃ノ心、右上手にも手を掛ける。正代、すぐに相手の右上手を切り、両下手を持って前に出る。栃ノ心、左上手を持ち、俵に足を掛けて堪え、相手を吊って腹に乗せて堪え、中に戻る。両者、廻しの引きつけ合い。正代、両下手を持って寄る。栃ノ心、土俵際、右で首を巻きながら左上手を持って堪える。正代、両下手を持って相手を土俵外へ左へ振ろうとする。栃ノ心、左上手を引きつけて体を預ける。正代を下にして、両者、土俵に倒れる。
20170526 13 311 栃ノ心 浴びせ倒し 正代 38

(14) 高安戦 ○寄り倒し 5.8秒
 正代、仕切り線少し後方で先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、肘を固めて胸で当たり合う。高安、当たり勝ち、突き放す。正代、下からあてがって左へ回る。高安、叩きながら引く。正代、落ちずに突き放す。高安、右上手を取り、呼び込むように下がり、土俵際上手投げに行く。正代、左差し手を突きつける。高安、先に左手をついて土俵に落ち、両者、土俵下に転がり落ちる。
20170527 14 318 正代 寄り倒し 高安 35
20170527 14 318 正代 寄り倒し 高安 40

(楽) 御嶽海戦 ○寄り切り 11.5秒
 御嶽海、先に両手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつく。御嶽海、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。正代、両肘を固めて胸で当たり、左を差す。御嶽海、右を巻き替えて差す。正代、左押っ付けで押し上げて突き、左で後ろ廻しを取って頭をつける。御嶽海、右下手を取って右半身の体勢。正代、右下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。御嶽海、上体が起きて俵を割る。
20170528 15 316 正代 寄り切り 御嶽海 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

貴ノ岩 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-たかのいわ

前頭2枚目だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前の稽古総見では、白鵬とも稽古。(→ニュース画像
前頭5枚目で迎えた今場所、初日は栃煌山に寄り切られて黒星発進。
二日目碧山、三日目宝富士に勝って連勝。
四日目、五日目と連敗し、序盤は2勝3敗と黒星先行。
六日目、正代を外掛けで倒してから3連勝。5勝3敗と白星先行に。
九日目、勢に小手投げで倒されて4敗目。
そこから3連敗し、5勝6敗と再び黒星先行。
十二日目、結びで日馬富士と対戦予定だったが、前日の輝戦で左足を負傷。「左大腿四頭筋肉離れで約3週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場。
今場所は、5勝7敗3休の成績で終える。
負け越しは2場所連続。



(初) 栃煌山戦 ●寄り切り 9.7秒
 栃煌山、先に手をつく。貴ノ岩、手をサッとつく。栃煌山、両差しを狙いながら踏み込む。貴ノ岩、低く踏み込み、左上手前廻しを取って前に出る。栃煌山、腰を引き、土俵際相手の上手を切り、両差し手を返して前に出る。貴ノ岩、外から抱える体勢になる。栃煌山、両差しで前に出る。貴ノ岩、左首投げに行く。栃煌山、右で後ろ廻しを取って堪える。貴ノ岩、左足を内側から絡め、左で小手に巻いて河津掛け気味に反る。栃煌山、右後ろ廻しを持ちながら堪え、前に出る。貴ノ岩、左で小手に振るが、右足が俵の外に出る。
〔足を絡める貴ノ岩〕
20170514 01 312 栃煌山 寄り切り 貴ノ岩 30 足を絡める貴ノ岩
〔栃煌山の寄り切り〕
20170514 01 312 栃煌山 寄り切り 貴ノ岩 40

(2) 碧山戦 ○寄り切り 14.3秒
 碧山、先に手をつく。貴ノ岩、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右手を出して相手の肩を押さえる。碧山、突き放す。貴ノ岩、頭をつけ、右を差して差し手を返し、左で絞りながら左上手を取る。碧山、左で相手の差し手を抱える。貴ノ岩、上体が起きる。碧山、右下手を取る。貴ノ岩、一呼吸後、左上手を引きつけて前に出、左上手を深く取り直し、右差し手を返しながら寄り切る。
20170515 02 313 貴ノ岩 寄り切り 碧山 40

(3) 宝富士戦 ○突き落し 1.8秒
 宝富士、先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、左手を出して頭から踏み込む。宝富士、左肩から当たる。貴ノ岩、左喉輪で押し上げ、右から突く。宝富士、土俵にバッタリ落ちる。
20170516 03 311 貴ノ岩 突き落とし 宝富士 40

(4) 北勝富士戦 ●叩き込み 1.0秒
 北勝富士、先に右手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右手を出して頭から低く踏み込む。北勝富士、頭で当たり合って覆いかぶさる形になり、叩いて右に開く。貴ノ岩、土俵に両手をつく。
20170517 04 310 北勝富士 叩き込み 貴ノ岩 40

(5) 松鳳山戦 ●送り出し 8.4秒
 松鳳山、右手をつく。貴ノ岩、サッと手をついて立ち、右肘を固めて踏み込む。松鳳山、左肘を固めて頭から当たる。貴ノ岩、右を差す。松鳳山、突き放し、左を差す。貴ノ岩、左に回りながら右押っ付けで突くが、土俵際になる。松鳳山、向き直り、突き放しながら前に出る。貴ノ岩、土俵際を右に回る。松鳳山、右から突く。貴ノ岩、土俵内に泳ぐ。松鳳山、相手を後ろから押し上げる。貴ノ岩、向き直ろうとするが、俵の外に出、土俵下に落ちる。
20170518 05 310 松鳳山 送り出し 貴ノ岩 40

(6) 正代戦 ○外掛け 5.8秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとついて立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。正代、胸で当たって左を差して差し手を返す。貴ノ岩、右上手を取る。正代、左差しで前に出、下手を取る。貴ノ岩、右上手を持って前に出、右膝をあてて相手に足を送らせず、そのまま右足で外掛けに行きながら左喉輪で押す。正代、後ろ向きに倒れる。
20170519 06 312 貴ノ岩 外掛け 正代 38

(7) 豪風戦 ○押し出し 3.5秒
 豪風、仕切り線少し後方で先に手をつく。貴ノ岩、右手をちょんとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、頭から踏み込もうとする。貴ノ岩、左から張って右を差す。豪風、引いて体を離し、相手の手を叩く。貴ノ岩、俵に詰まった相手を押し出す。
20170520 07 311 貴ノ岩 押し出し 豪風 40

(中) 蒼国来戦 ○寄り切り 13.0秒
 蒼国来、先に左手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。蒼国来、右肘を固め、やや左へ踏み出す。貴ノ岩、右肘を固めて踏み込んで当たり、すぐに左上手を取り、右を差す。蒼国来、右下手を取り、右半身の体勢になり、左で相手の右手首を掴む。貴ノ岩、掴まれた右腕を抜き、左上手出し投げで振り、右を差し直し、左上手を引きつけて前に出る。蒼国来、左足が俵に掛かる。貴ノ岩、右差し手を返し、左膝を相手の右膝裏にあてながら寄る。蒼国来、足が送れず、上体が起きて俵を割る。
20170521 08 310 貴ノ岩 寄り切り 蒼国来 40

(9) 勢戦 ●小手投げ 2.5秒
 勢、先に右手をつく。貴ノ岩、手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右から思い切り張る。勢、右に踏み出して頭をつけるが、行司 木村晃之助が止める。2度目、勢、先に右手をつく。貴ノ岩、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右肘を固めて踏み込み、左上手前廻しに手を掛ける。勢、右で小手に振って廻しを切り、左で叩きながらそのまま右に回る。貴ノ岩、土俵に転がる。
20170522 09 312 勢 押し出し 貴ノ岩 40

(10) 逸ノ城戦 ●突き落し 11.4秒
 逸ノ城、先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、右手を出してやや左へ踏み出す。逸ノ城、左上手に手を伸ばすが届かず。貴ノ岩、右喉輪で押し上げる。逸ノ城、相手の喉輪を叩いて外し、左で相手の右腕を引っ張り込む。貴ノ岩、右差し手を大きく返し、左から絞る。逸ノ城、右小手で振り、左で差し手争いの末に差す。貴ノ岩、右上手前廻しを取り、少し下がりながら出し投げを打つ。逸ノ城、左差し手を抜き、左小手で振る。貴ノ岩、乗じて前に出、右差しで寄る。逸ノ城、俵に詰まり、右から突く。貴ノ岩、土俵に落ちる。
20170523 10 310 逸ノ城 突き落とし 貴ノ岩 35
20170523 10 310 逸ノ城 突き落とし 貴ノ岩 40

(11) 輝戦 ●押し倒し 5.2秒
 輝、先に左手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右手を出して頭から踏み込む。輝、突き放しながら前に出る。貴ノ岩、俵に詰まる。輝、押し上げる。貴ノ岩、左から突きながら左に回ろうとするがならず、俵の外に倒れる。
20170524 11 311 輝 押し倒し 貴ノ岩 40

(12) 日馬富士戦 ■不戦勝 
 貴ノ岩、「左大腿四頭筋肉離れ」のため、休場。
20170525 12 320 貴ノ岩休場

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

宝富士 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-たからふじ

前頭3枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭4枚目で迎えた今場所、初日は碧山を押し出して白星発進。
二日目、栃煌山に寄り切られてから黒星が連なり、3連敗。
五日目、六日目と連勝し、3勝3敗と星を五分に。
七日目、勢に押し出されてから黒星が連なり、十一日目、負け越しが決まる。
そのまま黒星が連なり続け、千秋楽まで9連敗。3勝12敗で今場所を終える。十四日目に中継解説だった伊勢ヶ濱親方によると、巡業で腰を痛めて、稽古不足だったよう。
負け越しは3場所連続。二桁負けは、昨年9月場所以来、4場所ぶり。



(初) 碧山戦 ○押し出し 15.5秒
 宝富士、先に両手をつく。碧山、手をサッとついて立つ。宝富士、左肘を固めて当たる。碧山、突き放して前に出る。宝富士、土俵際を左へ回る。碧山、突っ張る。宝富士、下からあてがって堪え、押し返して前に出、右を差し、土俵際で左上手前廻しを取る。碧山、土俵際、右をのぞかせ、肩透かしを引きながら右に回って相手の上手を切り、左小手で振り、突き放しながら前に出る。宝富士、土俵際、左に回って体を離す。碧山、突き放し、叩きながら下がる。宝富士、乗じて前に出る。碧山、土俵際叩くが、相手が倒れる前に、右足が俵の外に出る。その後、宝富士、土俵に転がる。
20170514 01 313 宝富士 押し出し 碧山 40

(2) 栃煌山戦 ●寄り切り 17.0秒
 宝富士、先に両手をつく。栃煌山、足をジリッとすり、仕切り線後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。栃煌山、低く当たり、両差しになろうとしながら前に出る。宝富士、土俵際を左へ回る。栃煌山、右をのぞかせ、左筈で押しながら前に出、左も差そうとする。宝富士、土俵際、右に回って体を離す。栃煌山、前に出て再び両差しを狙う。宝富士、左上手を取るが俵に詰まる。栃煌山、右差しで寄り切る。
20170515 02 312 栃煌山 寄り切り 宝富士 40

(3) 貴ノ岩戦 ●突き落し 1.8秒
 宝富士、先に両手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、左手を出して頭から踏み込む。宝富士、左肩から当たる。貴ノ岩、左喉輪で押し上げ、右から突く。宝富士、土俵にバッタリ落ちる。
20170516 03 311 貴ノ岩 突き落とし 宝富士 40

(4) 正代戦 ●寄り切り 31.2秒
 宝富士、先に両手をつく。正代、仕切り線後方でサッと手をつく。宝富士、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、右肘を固めて胸で当たる。宝富士、左を差そうとする。正代、左を差し、右で差し手争い。両者、少し止まる(約4秒間)。再び、宝富士の左、正代の右で差し手争い。宝富士、左を差し勝つ。正代、深い右上手を取る。宝富士、左下手を取り、腰を振って上手を切ろうとするが切れず。正代、伸びた右上手を引きつけて前に出る。宝富士、土俵際堪える。両者左四つ、宝富士が左下手を持って土俵際、正代が深い右上手を持った体勢で止まる(約7秒間)。正代、右上手を引きつけ、左差し手を返して寄る。宝富士、右で押っ付けながら俵の上で堪える。正代、寄り切る。宝富士、土俵下に落ちる。
20170517 04 312 正代 寄り切り 宝富士 40

(5) 豪風戦 ○押し出し 4.8秒
 宝富士、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと両手をつき、右肘を固めて頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。豪風、押しながら前に出、両差しになる。宝富士、土俵際左小手投げで振り、体を入れ替える。豪風、俵伝いに左へ回ろうとする。宝富士、押す。豪風、俵の外に出る。宝富士、土俵に落ち、豪風、土俵下に落ちる。
20170518 05 311 宝富士 押し出し 豪風 40-2

(6) 隠岐の海戦 ○寄り切り 41.2秒
 隠岐の海、先に右手をつく。宝富士、仕切り線少し後方でサッと手をつく。隠岐の海、左肘を固める。宝富士、左肘を固めて踏み込み、左を差す。隠岐の海、右上手前廻しを探るが取れず、右で押っ付ける。宝富士、左下手を取る。隠岐の海、右押っ付けで前に出ようとするがならず。宝富士、左下手を持ち、右で押っ付けながら前に出ようとする。隠岐の海、堪える。宝富士、再び右で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、堪える。両者、左四つで少し止まる(約4秒間)。隠岐の海、右で押っ付ける。両者、再び止まる(約7秒間)。隠岐の海、右押っ付けで前に出ようとするが出られず。宝富士、右上手を探って取り、両廻しになる。両者、少し止まる(約3秒間)。宝富士、両廻しを引きつけて前に出る。隠岐の海、上体が起きて俵を割る。
20170519 06 313 宝富士 寄り切り 隠岐の海 40

(7) 勢戦 ●押し出し 3.5秒
 宝富士、先に両手をつく。勢、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。宝富士、左肘を固めて頭から踏み込む。勢、右肩から踏み込んで当たり、右筈で押しながら前に出る。宝富士、上体が起きて俵に詰まる。勢、相手の胸を押す。宝富士、俵の外に出る。
20170520 07 312 勢 押し出し 宝富士 37

(中) 北勝富士戦 ●寄り切り 36.0秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で先に右手をつく。宝富士、仕切り線少し後方でサッと両手をつく。北勝富士、素早く立ち、頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たり、左を差す。北勝富士、右押っ付けで押し上げ、左喉輪で突き放す。宝富士、再び左を差そうとする。北勝富士、突き上げながら前に出る。宝富士、土俵際、左で相手の右腕を引っ張り込み、右から掬いながら右へ回る。北勝富士、左で押っ付ける。宝富士、左押っ付けから上手を探るが取れず、右下手を取り、左上手に手を伸ばして取り、下手を離して上手を引きつけながら寄る。北勝富士、左足を俵に掛けて堪える。宝富士は左上手を持った体勢、北勝富士は左足を俵の掛けて右下手を持った右半身の体勢で、両者止まる(約7秒間)。宝富士、左上手を引きつけて前に出る。北勝富士、俵に足を掛けて堪える。宝富士、左上手投げで振って寄る。北勝富士、左足一本になりながら堪え、右下手を持った肘を張る。宝富士、左上手が切れる。北勝富士、右下手を引きつけて前に出る。宝富士、左小手投げに行こうとするが、土俵下に飛び落ちる。その後、北勝富士、土俵に落ちる。
〔土俵際堪える北勝富士〕
20170521 08 313 北勝富士 寄り切り 宝富士 30 土俵際堪える北勝富士
〔北勝富士の寄り切り〕
20170521 08 313 北勝富士 寄り切り 宝富士 41

(9) 大栄翔戦 ●突き落し 12.6秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。宝富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。大栄翔、両手を出して頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。大栄翔、突っ張る。宝富士、下からあてがいながら左へ回る。大栄翔、叩く。宝富士、乗じて押しながら前に出、左を差す。大栄翔、右に回って体を離す。宝富士、前に出る。大栄翔、顎に向かって突っ張りながら前に出る。宝富士、左を差す。大栄翔、叩きながら右に回る。宝富士、前に出る。大栄翔、土俵際更に叩く。宝富士、前のめりになり、相手の足にしがみつこうとするが、土俵に落ちて転がる。
20170522 09 313 大栄翔 突き落とし 宝富士 40

(10) 貴景勝戦 ●押し出し 8.6秒
 貴景勝、先に両手をつく。宝富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。貴景勝、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。貴景勝、突き放す。宝富士、左を差そうとする。貴景勝、右から突いていなし、突き放しながら前に出る。宝富士、上体が起きて俵を割る。
20170523 10 312 貴景勝 押し出し 宝富士 40

(11) 千代翔馬戦 ●突き落し 5.5秒
 宝富士、両手をつく。千代翔馬、手をサッとついて素早く立ち、左手を出して踏み込む。宝富士、左肩から当たる。千代翔馬、左喉輪で押し上げ、叩きながら左に回る。宝富士、突き放しながら前に出る。千代翔馬、土俵際を左へ回り込み、左から突く。宝富士、土俵に這う。
20170524 11 313 千代翔馬 突き落とし 宝富士 40

(12) 高安戦 ●上手投げ 4.7秒
 宝富士、先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立って両手を出す。宝富士、両手突きを受けて上体が起きるが、左を差す。高安、深い右上手を取り、すぐに呼び込むように右へ下がり、土俵際で上手投げ。宝富士、俵の外に倒れ、その後、高安、土俵下に落ちる。
20170525 12 314 高安 上手投げ 宝富士 40

(13) 豪栄道戦 ●寄り切り 18.5秒
 宝富士、両手をつく。豪栄道、すぐに手をサッとついて立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。豪栄道、両差しになろうとする。宝富士、右で押っ付けて差させず。豪栄道、差し手を抜き、右を差し直す。宝富士、左で突きながら左へ回る。豪栄道、俵に詰まり、右差し手を抜き、右で相手の上手を探りながら体を入れ替える。宝富士、土俵際、向き直って左を差す。豪栄道、右を巻き替えて差して頭をつけるが、右差し手を抜いて相手の左腕を極め気味に抱える。宝富士、左腕を抜く。豪栄道、左喉輪で押し上げながら前に出る。宝富士、相手の右腕を手繰りながら土俵際を左へ回る。豪栄道、向き直り、右上手に手を掛けるが取れず、右で相手の左腕を抱えようとする。宝富士、左腕を抜く。豪栄道、押し上げる。宝富士、土俵際、右から突く。豪栄道、向き直り、両差しになりながら前に出る。宝富士、俵伝いに左へ回るが、上体が起きて俵を割る。
20170526 13 317 豪栄道 寄り切り 宝富士 40

(14) 石浦戦 ●下手投げ 6.0秒
 宝富士、先に両手をつく。石浦、仕切り線後方で右手をついて時をおき、左手をサッとついて立つ。宝富士、左肘を固めて踏み込む。石浦、両手を出して低く当たる。宝富士、左を差そうとする。石浦、相手の左腕を手繰って右に回る。宝富士、向き直って前に出る。石浦、俵に詰まるが、左下手を取る。宝富士、右上手を取る。石浦、左下手を持って左へ回って中に戻り、そのまま動きを止めずに下手投げで振り回す。宝富士、土俵に倒れる。
20170527 14 309 石浦 下手投げ 宝富士 40

(楽) 琴勇輝戦 ●押し出し 4.3秒
 宝富士、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線後方で両手をサッとつく。宝富士、左肘を固める。琴勇輝、両手で顎を突き上げる。宝富士、左を差そうつする。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。宝富士、土俵際を左へ回るが、俵の外に出る。
20170528 15 310 琴勇輝 押し出し 宝富士 35

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

栃煌山 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-とちおうざん

前頭10枚目だった先場所は、10勝5敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭4枚目で迎えた今場所、初日から力強い相撲で3連勝。
四日目、勢戦では、巻き替えの応酬から押し倒され、初黒星。
五日目、正代に出し投げから寄り切られて連敗。
七日目、中日と再び連敗し、4勝4敗と星が五分に。
九日目、横綱稀勢の里を両差しから寄り切り、4個目の金星を獲得。
十日目、横綱日馬富士に寄り切られ、再び星が五分に。
十一日目は今場所大関昇進を懸ける関脇高安、十二日目は横綱白鵬、十三日目は大関照ノ富士と上位戦が続き、負け越し決定。
十四日目、小結嘉風に寄り切られ、5連敗で9敗目。
千秋楽、松鳳山を突き落とし、6勝9敗で今場所を終える。
負け越しは2場所ぶり。



(初) 貴ノ岩戦 ○寄り切り 9.7秒
 栃煌山、先に手をつく。貴ノ岩、手をサッとつく。栃煌山、両差しを狙いながら踏み込む。貴ノ岩、低く踏み込み、左上手前廻しを取って前に出る。栃煌山、腰を引き、土俵際相手の上手を切り、両差し手を返して前に出る。貴ノ岩、外から抱える体勢になる。栃煌山、両差しで前に出る。貴ノ岩、左首投げに行く。栃煌山、右で後ろ廻しを取って堪える。貴ノ岩、左足を内側から絡め、左で小手に巻いて河津掛け気味に反る。栃煌山、右後ろ廻しを持ちながら堪え、前に出る。貴ノ岩、左で小手に振るが、右足が俵の外に出る。
〔足を絡める貴ノ岩〕
20170514 01 312 栃煌山 寄り切り 貴ノ岩 30 足を絡める貴ノ岩
〔栃煌山の寄り切り〕
20170514 01 312 栃煌山 寄り切り 貴ノ岩 40

(2) 宝富士戦 ○寄り切り 17.0秒
 宝富士、先に両手をつく。栃煌山、足をジリッとすり、仕切り線後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。栃煌山、低く当たり、両差しになろうとしながら前に出る。宝富士、土俵際を左へ回る。栃煌山、右をのぞかせ、左筈で押しながら前に出、左も差そうとする。宝富士、土俵際、右に回って体を離す。栃煌山、前に出て再び両差しを狙う。宝富士、左上手を取るが俵に詰まる。栃煌山、右差しで寄り切る。
20170515 02 312 栃煌山 寄り切り 宝富士 40

(3) 豪風戦 ○押し出し 3.5秒
 栃煌山、両足をじりっとする。豪風、左手をつき、栃煌山、すぐに手をサッとつき、両者ほぼ同時に立つ。豪風、踏み込む。栃煌山、やや右へ踏み出す。豪風、押し上げてから引く。栃煌山、乗じて押しながら前に出る。豪風、土俵際、右から突こうとする。栃煌山、突き放す。豪風、俵の外に出る。
20170516 03 312 栃煌山 押し出し 豪風 40

(4) 勢戦 ●押し倒し 10.8秒
 勢、右手をつく。栃煌山、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。栃煌山、右手を出して頭から踏み込む。勢、踏み込んで当たり勝つ。栃煌山、右をのぞかせ、左で差し手争い。勢、右を差し、左で押っ付け、引いて体を離し、土俵際。栃煌山、乗じて前に出、再び右を差す。勢、前に出ながら右下手を取り、左で押っ付ける。栃煌山、左を巻き替えて両差しになる。勢、右上手を離して左上手を取り、右を巻き替えようとする。栃煌山、乗じて少し前に出、左を巻き替え返して両差しになろうとする。勢、乗じて一気に前に出る。栃煌山、右足が俵に掛かる。勢、そこを右筈で押す。栃煌山、俵の外に崩れ落ちる。勢、鼻から血が流れ出る。
20170517 04 311 勢 押し倒し 栃煌山 38

(5) 正代戦 ●寄り切り 5.5秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。栃煌山、足をじりっとすり、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、頭から踏み込む。正代、その場で立って胸で当たり、左を差す。栃煌山、下がりながら両差しになる。正代、左上手を取り、出し投げで振って相手の後ろにつく。栃煌山、向き直る。正代、そのまま前に出て寄り切る。
〔正代の出し投げ〕
20170518 05 312 正代 寄り切り 栃煌山 25 正代の出し投げ
〔正代の寄り切り〕
20170518 05 312 正代 寄り切り 栃煌山 40

(6) 千代翔馬戦 ○押し出し 3.8秒
 栃煌山、両足をじりっとする。千代翔馬は仕切り線すぐそばで、栃煌山は仕切り線後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。千代翔馬、左手で相手の肩を押さえる。栃煌山、両肘を固めて当たる。千代翔馬、引いて左に回り、土俵際叩こうとする。栃煌山、中に入って押し上げる。千代翔馬、体が浮いて俵の上右足一本。栃煌山、そこを押す。千代翔馬、土俵下に飛び落ちる。
20170519 06 314 栃煌山 押し出し 千代翔馬 35

(7) 北勝富士戦 ●寄り切り 10.1秒
 北勝富士、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、頭を下げ、やや左へ踏み出す。栃煌山、両肘を固めて踏み込む。北勝富士、左上手に手を伸ばすが取れず。栃煌山、両差しになろうとしながら前に出る。北勝富士、右喉輪で押し上げる。栃煌山、左を差し、右も差そうとしながら前に出る。北勝富士、土俵際になるが、右で押っ付けながら右へ回って中に戻る。栃煌山、左差し手を抜く。北勝富士、右をのぞかせて前に出る。栃煌山、俵に詰まり、左で押っ付け、右差し手を返す。北勝富士、腰を下ろして寄る。栃煌山、上体が起きて俵を割る。
20170520 07 313 北勝富士 寄り切り 栃煌山 40

(中) 貴景勝戦 ●押し出し 9.7秒
 貴景勝、先に両手をつく。栃煌山、仕切り線後方で腰を下ろし、ジリッと足をすり、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、両手を出し、頭から低く踏み込み、突き放そうとする。栃煌山、あてがって前に出、土俵際の相手を押す。貴景勝、土俵際左へ回りながら左で突く。栃煌山、前のめりになって俵に詰まる。貴景勝、向き直った相手を押す。栃煌山、左をのぞかせて前に出る。貴景勝、叩きながら一気に引く。栃煌山、前に泳いで土俵際。貴景勝、押し上げる。栃煌山、上体が起きて俵を割る。
20170521 08 312 貴景勝 押し出し 栃煌山 40

(9) 稀勢の里戦 ○寄り切り 4.2秒
 栃煌山、足をジリッとすり、仕切り線後方で左手をつく。稀勢の里、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立って右から張る。栃煌山、右肘を固めて頭から当たり、両差しになって前に出る。稀勢の里、左から突こうとするが、上体が起きて俵に詰まる。栃煌山、がぶる。稀勢の里、俵を割る。
20170522 09 319 栃煌山 寄り切り 稀勢の里 40
〔殊勲インタビューを受ける栃煌山〕
20170522 09 319 栃煌山 寄り切り 稀勢の里 75 インタビュー 10

(10) 日馬富士戦 ●寄り切り 2.5秒
 栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線後方で先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、栃煌山、素早く立ち、右手を出して頭を下げる。日馬富士、右手を出して頭から鋭く踏み込む。両者、頭で当たり合う。栃煌山、相手の当たりに上体が起きる。日馬富士、左押っ付けで前に出、右を差してそのまま寄り切る。
20170523 10 319 日馬富士 寄り切り 栃煌山 40

(11) 高安戦 ●叩き込み 4.0秒
 高安、先に右手をつく。栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線後方でサッと両手をついて立ち、頭から踏み込む。高安、両肘を固めて当たり、突き放して前に出る。栃煌山、あてがうが土俵際。高安、叩きながら左に開く。栃煌山、前に泳いで土俵に倒れる。
20170524 11 317 高安 叩き込み 栃煌山 35

(12) 白鵬戦 ●叩き込み 3.6秒
 栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線少し後方で手をつく。白鵬、仕切り線後方で右、左とサッと手をつき、立とうとする相手の頭を左手で頭を押さえ、右肘でかち上げ、左喉輪で押し上げながら前に出る。栃煌山、土俵際。白鵬、叩きながら右に開く。栃煌山、体が伸びて土俵に落ちる。
〔立合い、栃煌山の頭を押さえる白鵬〕
20170525 12 319 白鵬 叩き込み 栃煌山 03 栃煌山の頭を押さえる白鵬
〔白鵬の叩き込み〕
20170525 12 319 白鵬 叩き込み 栃煌山 37

(13) 照ノ富士戦 ●小手投げ 12.0秒
 栃煌山、足をジリッとすり、仕切り線後方で先に両手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方で両手をサッとつく。その直前、栃煌山、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、右肩から当たる。栃煌山、両差しになろうとする。照ノ富士、右で押っ付けて十分差させず。栃煌山、左差し手を一旦抜き、再び差そうとする。照ノ富士、右押っ付けで前に出る。栃煌山、左上手に手を伸ばし、土俵際を左へ回り、右を差す。照ノ富士、両手で相手の右腕を抱えるが止め、右で押っ付けながら前に出る。栃煌山、両差しになって前に出、右下手を取る。照ノ富士、外から抱え、左上手を取る。栃煌山、すぐに腰を捻って相手の上手を切る。照ノ富士、外から抱えながら前に出ようとする。栃煌山、一旦左差し手を抜き、頭をつける。照ノ富士、下がりながら左小手投げを打つ。栃煌山、土俵に転がる。
20170526 13 318 照ノ富士 小手投げ 栃煌山 35
20170526 13 318 照ノ富士 小手投げ 栃煌山 40

(14) 嘉風戦 ●寄り切り 8.0秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立つ。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。栃煌山、右肘を固めて当たり、右を差そうとする。嘉風、突き放す。栃煌山、右から張る。嘉風、左を差す。栃煌山、突き放す。嘉風、頭を下げる。栃煌山、右から張る。嘉風、再び左を差して下手を探る。栃煌山、右で頭を叩いて左に回る。嘉風、向き直る。栃煌山、右から張り、引く。嘉風、両差しになって一気に前に出る。栃煌山、俵を割る。
20170527 14 315 嘉風 寄り切り 栃煌山 40

(楽) 松鳳山戦 ○突き落し 3.1秒
 栃煌山、じりっと足をする。松鳳山は仕切り線そば、栃煌山は仕切り線後方で、両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。栃煌山、頭から踏み込もうとする。松鳳山、右から張って両差しを狙う。栃煌山、両肘を固めて当たり、両差しを狙う。松鳳山、体を離し、右から張って差そうとする。栃煌山、右を差し、差し手を返して右から突く。松鳳山、土俵に両手をつく。
20170528 15 311 栃煌山 突き落とし 松鳳山 37

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

碧山 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-あおいやま

前頭6枚目だった先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭3枚目で迎えた今場所、初日は宝富士に押し出されて黒星発進。
そのまま黒星が連なり、4連敗。
五日目、勢を突き落として初日を出す。
七日目、遠藤を引き落として2勝目。
八日目、稀勢の里の寄りを何度も堪えて粘るが、力尽きて寄り切られ、6敗目。
再び黒星が連なり、十日目に負け越し決定。十二日目まで5連敗し、10敗に。
十三日目 千代の国を押し出し、十四日目 琴勇輝を送り出し、今場所初めて連勝。
千秋楽 隠岐の海に押し出され、4勝11敗で今場所を終える。
負け越し、二桁負けとも、昨年11月場所以来、3場所ぶり。



(初) 宝富士戦 ●押し出し 15.5秒
 宝富士、先に両手をつく。碧山、手をサッとついて立つ。宝富士、左肘を固めて当たる。碧山、突き放して前に出る。宝富士、土俵際を左へ回る。碧山、突っ張る。宝富士、下からあてがって堪え、押し返して前に出、右を差し、土俵際で左上手前廻しを取る。碧山、土俵際、右をのぞかせ、肩透かしを引きながら右に回って相手の上手を切り、左小手で振り、突き放しながら前に出る。宝富士、土俵際、左に回って体を離す。碧山、突き放し、叩きながら下がる。宝富士、乗じて前に出る。碧山、土俵際叩くが、相手が倒れる前に、右足が俵の外に出る。その後、宝富士、土俵に転がる。
20170514 01 313 宝富士 押し出し 碧山 40

(2) 貴ノ岩戦 ●寄り切り 14.3秒
 碧山、先に手をつく。貴ノ岩、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右手を出して相手の肩を押さえる。碧山、突き放す。貴ノ岩、頭をつけ、右を差して差し手を返し、左で絞りながら左上手を取る。碧山、左で相手の差し手を抱える。貴ノ岩、上体が起きる。碧山、右下手を取る。貴ノ岩、一呼吸後、左上手を引きつけて前に出、左上手を深く取り直し、右差し手を返しながら寄り切る。
20170515 02 313 貴ノ岩 寄り切り 碧山 40

(3) 正代戦 ●押し出し 6.7秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。碧山、右手をつき、すぐに左手をサッとついて素早く立って踏み込み、頭から当たる。正代、胸で当たって両差しになる。碧山、外から極めながら前に出る。正代、右腕を抜いて俵に詰まる。碧山、両手で顎を押し上げる。正代、下からあてがう。碧山、引く。正代、乗じて前に出、土俵際の相手の胸を押し上げる。碧山、俵の外に出る。
20170516 03 313 正代 押し出し 碧山 40

(4) 豪風戦 ●押し倒し 9.9秒
 碧山、先に手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、頭から踏み込む。碧山、胸で当たって両差しになる。豪風、左に回りながら体を離す。碧山、乗じて前に出、押す。豪風、相手の手を叩きながら俵伝いに左へ回る。碧山、突き放し続ける。豪風、相手の手を叩き、出てくる相手の脇を右筈で押す。碧山、体勢を崩して土俵に転がる。
20170517 04 313 豪風 押し倒し 碧山 35
20170517 04 313 豪風 押し倒し 碧山 45

(5) 勢戦 ○突き落し 5.8秒
 勢、先に右手をつく。碧山、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。碧山、右肘でかち上げ、突っ張る。勢、下からあてがい、右を差そうとする。碧山、叩きながら右に回り、土俵際、右から突く。勢、土俵に落ちる。
20170518 05 313 碧山 突き落とし 勢 40

(6) 日馬富士戦 ●寄り切り 3.9秒
 碧山、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。その直前、碧山、早く立ち、右肘を固めて踏み込む。日馬富士、頭から低く当たる。碧山、右でかち上げる。日馬富士、構わず、両前廻しを取って一気に前に出、右筈で相手の胸を押し上げる。碧山、上体が起きて俵に詰まる。日馬富士、右を差して差し手を返す。碧山、俵の外に出る。
20170519 06 321 日馬富士 寄り切り 碧山 40

(7) 遠藤戦 ○引き落し 5.7秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。碧山、右手をつく。遠藤、ふわっと突っ掛ける。2度目、遠藤、仕切り線後方で先に手をつく。碧山、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、両手突きに行く。遠藤、左廻しに手を伸ばすが取れず。碧山、相手を起こし、顎に向かって突き放す。遠藤、仰け反り、俵に詰まるが、下からあてがって押し上げる。碧山、上体が起き、叩きながら引く。遠藤、落ちずに前に出る。碧山、更に叩いて右に回る。遠藤、足がついて行かず、土俵に這う。
20170520 07 314 碧山 引き落とし 遠藤 40

(中) 稀勢の里戦 ●寄り切り 32.8秒
 碧山、先に右手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。稀勢の里、右から張る。碧山、頭から当たる。稀勢の里、左を差し、右で相手の差し手を抱えながら前に出、左下手を取る。碧山、右で差し手を抱えながら土俵際を右へ回る。稀勢の里、左差し手を返しながらついて行く。碧山、中に戻る。稀勢の里、深い右上手を取って前に出る。碧山、右から突く。稀勢の里、少し振られるが堪え、右上手を引きつけて前に出る。碧山、土俵際を右へ回り続け、腰を引いて相手の上手を切る。稀勢の里、前に出、再び右上手を取って寄る。碧山、俵に足を掛けて堪え、右で押っ付けながら右に回って中に戻る。稀勢の里、左下手も取って前に出る。碧山、すぐに右で押っ付けながら腰を振って下手を切る。稀勢の里、再び左下手を取る。両者、左四つ、稀勢の里が両廻し、碧山は左下手を持った体勢。稀勢の里、両廻しを引きつけて前に出る。碧山、俵に詰まり、左下手を持ち、右で押っ付けながら必死に堪え、右上手を取る。稀勢の里、すぐに上手を切り、圧力を掛け続ける。碧山、ついに俵を割る。
20170521 08 321 稀勢の里 寄り切り 碧山 40

(9) 白鵬戦 ●上手出投 5.9秒
 碧山、右手をつく。白鵬、右手をサッとつき、左手を素早く動かして立ち、左から張って左を差し、左下手を取る。碧山、左下手を取り、右上手に手を伸ばすが取れず、腰を振って相手の下手を切ろうとする。白鵬、その機に右上手を取る。碧山、左下手を持ち、右押っ付けで前に出る。白鵬、体を開き、左で頭を押さえながら左へ回って右上手出し投げ。碧山、土俵に転がり、その後、白鵬も土俵に転がる。
20170522 09 320 白鵬 上手出し投げ 碧山 40
20170522 09 320 白鵬 上手出し投げ 碧山 42

(10) 北勝富士戦 ●押し出し 8.1秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で右手をつく。碧山、右手をつく。北勝富士、素早く立って頭から踏み込む。碧山、遅れてその場で立ち、両手突きで押し上げる。北勝富士、下からあてがって下がらず。碧山、引く。北勝富士、乗じて押しながら前に出る。碧山、土俵際を右へ回り、叩く。北勝富士、落ちずに押す。碧山、土俵下に落ちる。
20170523 10 313 北勝富士 押し出し 碧山 40

(11) 照ノ富士戦 ●上手投げ 45.8秒
 碧山、先に手をつくが、その手を戻そうとする。照ノ富士、そこで突っ掛ける。2度目、碧山、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方で両手をサッとつく。碧山、頭から踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて当たり、右を差す。碧山、引いて体を離し、突き放しながら前に出る。照ノ富士、下からあてがい、左で相手の腕を抱える。碧山、右をねじ込みながら前に出る。照ノ富士、右足が俵に掛かるが右下手前廻しを取り、左で押っ付けながら中に戻る。碧山、左から絞る。照ノ富士、左で叩きながら右下手出し投げを打ち、左上手前廻しも探る。碧山、右をのぞかせて前に出る。両者、足が止まり、碧山は右をのぞかせ、照ノ富士は両前廻しを持った体勢(約7秒間)。照ノ富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。碧山、堪えながら右下手を取り、相手の下手を切って右に回る。照ノ富士は左上手を持って左半身の体勢、碧山は右下手を持って左押っ付けの体勢で、両者、止まる(約13秒間)。碧山、左を巻き替えに行く。照ノ富士、そこを左上手投げ。碧山、土俵に転がる。
20170524 11 318 照ノ富士 上手投げ 碧山 35

(12) 豪栄道戦 ●押し出し 2.6秒
 豪栄道、先に右手をつく。碧山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、頭から踏み込もうとする。碧山、両手で相手の肩を押さえ、下がりながら右を差す。豪栄道、乗じて前に出ながら押す。碧山、俵を割る。
20170525 12 318 豪栄道 押し出し 碧山 40

(13) 千代の国戦 ○押し出し 9.9秒
 千代の国、仕切り線少し後方で先に手をつく。碧山、手をつく。千代の国、素早く立つ。碧山、遅れてその場で立って両手突き。しかし、行司 木村容堂、止める。2度目、千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。碧山、腰を下ろし、手をサッとつく。千代の国、素早く立って頭から踏み込む。碧山、両肘を固めてかち上げ、突っ張りながら前に出る。千代の国、俵に詰まり、右で突きながら右へ回る。碧山、向き直り、右から張り、突き上げる。千代の国、頭を下げる。碧山、叩いて右を差す。千代の国、体を離そうと土俵際を左へ回る。碧山、逃さず相手の胸を押し上げる。千代の国、土俵下に飛び落ちる。
20170526 13 313 碧山 押し出し 千代の国 37

(14) 琴勇輝戦 ○送り倒し 5.1秒
 碧山、先に両手をつく。琴勇輝、仕切り線少し後方でサッと手をつく。碧山、素早く立ち、左で相手の肩を押さえて強く当たらせず。しかしここで、行司 木村晃之助が止める。2度目、琴勇輝、仕切り線少し後方で先に両手をつく。碧山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、両手突きで相手を起こす。碧山、突き放す。両者、体が離れて見合う。碧山、突き放しながら前に出る。琴勇輝、土俵際を右に回り、俵の上で左から突こうとし、後ろ向きになる。碧山、そこを押す。琴勇輝、土俵下に転がり落ちる。
20170527 14 310 碧山 送り倒し 琴勇輝 40

(楽) 隠岐の海戦 ●押し出し 9.1秒
 隠岐の海、先に手をつく。碧山、仕切り線少し後方でサッと両手をつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。碧山、頭から低く踏み込み、突き放し、突っ張りながら前に出る。隠岐の海、下からあてがい、土俵際右で押っ付ける。碧山、少し引いて体を離そうとする。隠岐の海、左を差す。碧山、右で頭を押さえながら引く。隠岐の海、乗じて押し出す。
20170528 15 313 隠岐の海 押し出し 碧山 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

大栄翔 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-だいえいしょう

前頭11枚目だった先場所は、11勝4敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前、追手風部屋に出稽古に来た横綱稀勢の里と稽古した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら→ニュース画像
自己最高位の前頭3枚目で迎えた今場所、初日は、今場所大関昇進を懸ける関脇高安と対戦。叩き込まれて黒星発進。
初めての横綱大関戦が多かったこともあり、黒星が連なる。
八日目、千代の国に寄り切られ、8連敗で負け越しが決まる。8連敗は自己ワースト。
九日目、宝富士を突き落とし、ようやく初日を出す。そこから3連勝。
十二日目、関脇玉鷲に掬い投げで倒されて9敗目。そこから3連敗し、11敗目。
千秋楽、千代翔馬を叩き込み、4勝11敗で今場所を終える。
負け越し、二桁負けとも、昨年9月場所以来、4場所ぶり。



(初) 高安戦 ●叩き込み 4.3秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。高安、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、両手を出して頭から当たる。高安、両肘を固めてかち上げ気味に当たり、突っ張る。大栄翔、仰け反りながらあてがって堪える。高安、右から突いて相手を崩し、叩く。大栄翔、土俵に両手をつく。
20170514 01 314 高安 叩き込み 大栄翔 35

(2) 御嶽海戦 ●押し出し 4.0秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。御嶽海、腰を下ろし、手をサッとつく。大栄翔、頭を下げる。御嶽海、右手を出して頭から踏み込み、突き放す。大栄翔、突き放すが前に出られず、引いて右に回る。御嶽海、乗じて押しながら前に出る。大栄翔、俵に詰まる。御嶽海、そこを更に押す。大栄翔、俵の外に出る。
20170515 02 314 御嶽海 押し出し 大栄翔 40

(3) 照ノ富士戦 ●寄り倒し 5.8秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。照ノ富士、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。大栄翔、両手を出して頭から踏み込む。照ノ富士、右肩から踏み込み、右を差す。大栄翔、右喉輪で押し上げ、左を巻き替えて差す。照ノ富士、乗じて前に出、右上手で後ろ廻しを取る。大栄翔、俵に足を掛けながら左下手を取る。照ノ富士、右上手で相手を持ち上げ、左差し手を返して突きつける。大栄翔、俵の外に膝から落ち、土俵下に落ちる。
20170516 03 317 照ノ富士 寄り倒し 大栄翔 35 吊る
20170516 03 317 照ノ富士 寄り倒し 大栄翔 40

(4) 豪栄道戦 ●寄り切り 5.5秒
 大栄翔、仕切り線後方で両手をつく。豪栄道、右手をつき、左手をサッとついて立ち、両腕を内に入れて踏み込む。大栄翔、両手を出して頭から当たり、激しく突っ張る。豪栄道、下から撥ね上げる。大栄翔、叩きながら右に回る。豪栄道、押し上げながら前に出、左をのぞかせる。大栄翔、俵に詰まる。豪栄道、左差し、右押っ付けで前に出る。大栄翔、上体が起きて俵を割る。
20170517 04 317 豪栄道 寄り切り 大栄翔 40

(5) 日馬富士戦 ●上手出投 1.1秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。大栄翔、素早く立ち、頭から踏み込む。日馬富士、右手で相手の肩を押さえて頭で当たり、左に動いて左上手を取って手前に投げる。大栄翔、土俵に両手をつく。
20170518 05 319 日馬富士 上手投げ 大栄翔 40

(6) 稀勢の里戦 ●浴せ倒し 5.2秒
 大栄翔、仕切り線後方で先に両手をつく。稀勢の里、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。稀勢の里、左肘を固めて踏み込む。大栄翔、両手を出して頭から踏み込む。稀勢の里、左を差して前に出る。大栄翔、土俵際を右へ回る。稀勢の里、左差し手を返して体を預ける。大栄翔、俵の外に倒れ、稀勢の里、その上に乗る。
20170519 06 319 稀勢の里 浴びせ倒し 大栄翔 37

(7) 白鵬戦 ●寄り切り 3.4秒
 大栄翔、先に両手をつく。白鵬、右、左とサッと手をつく。大栄翔、素早く立つ。白鵬、左から張り、やや左へ踏み出し、右を差して深い左上手を取る。大栄翔、右下手を取る。白鵬、左上手を引きつけて一気に前に出、腰を下ろして寄り切る。
20170520 07 321 白鵬 寄り切り 大栄翔 40

(中) 千代の国戦 ●寄り切り 32.1秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をつく。大栄翔、突っ掛ける。2度目、大栄翔、仕切り線後方で先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して頭から当たり、顎に向かって突っ張る。千代の国、下からあてがい、突き放し、右から張って右を差し、差し手を大きく返し、深い右下手を取る。大栄翔、左を巻き替えて差し、深い左下手を取り、腰を引いて相手の上手を切る。千代の国、右上手に手を伸ばすが取れず、左下手を取って振り、右上手に手を伸ばすが取れず、腰を振って相手の廻しを切る。大栄翔、左下手を取り直す。千代の国、何度も右上手に手を伸ばすが取れず、腰を振って相手の下手を切る。大栄翔、すぐに左下手を取り直す。千代の国、右上手に何度も手を伸ばし、ついに右上手を取り、すぐに両廻しを引きつけて前に出、腰を下ろして寄り切る。
20170521 08 314 千代の国 寄り切り 大栄翔 40

(9) 宝富士戦 ○突き落し 12.6秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。宝富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。大栄翔、両手を出して頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。大栄翔、突っ張る。宝富士、下からあてがいながら左へ回る。大栄翔、叩く。宝富士、乗じて押しながら前に出、左を差す。大栄翔、右に回って体を離す。宝富士、前に出る。大栄翔、顎に向かって突っ張りながら前に出る。宝富士、左を差す。大栄翔、叩きながら右に回る。宝富士、前に出る。大栄翔、土俵際更に叩く。宝富士、前のめりになり、相手の足にしがみつこうとするが、土俵に落ちて転がる。
20170522 09 313 大栄翔 突き落とし 宝富士 40

(10) 隠岐の海戦 ○押し出し 5.7秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。隠岐の海、両手をサッとつく。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて当たる。大栄翔、右喉輪で押し上げて下がらせ、突っ張り、再び右喉輪で押しながら前に出る。隠岐の海、俵に詰まる。大栄翔、胸を押して土俵外に出す。
20170523 10 314 大栄翔 押し出し 隠岐の海 40

(11) 蒼国来戦 ○突き出し 5.5秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて立つ。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。蒼国来、右かち上げで相手を起こす。大栄翔、右喉輪で相手を下がらせ、突き放そうとする。蒼国来、相手の左腕を手繰って右に回る。大栄翔、向き直って突っ張りながら前に出る。蒼国来、土俵際を右へ回る。大栄翔、逃さず突っ張る。蒼国来、土俵下に落ちる。
20170524 11 312 大栄翔 突き出し 蒼国来 40

(12) 玉鷲戦 ●掬い投げ 7.4秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。玉鷲、左手をついて時をおき、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して頭で当たる。両者、突っ張り合う。大栄翔、下から突っ張って前に出、左で相手の右脇を押し上げる。玉鷲、右で首を抱えて密着し、左を差して体を開きながら左掬い投げ。大栄翔、前に飛び落ちる。
20170525 12 315 玉鷲 掬い投げ 大栄翔 37

(13) 豪風戦 ●引き落し 2.3秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。大栄翔、両手で相手の肩を押し上げる。豪風、体を離し、叩いて左に開く。大栄翔、土俵に両手をつく。
20170526 13 312 豪風 引き落とし 大栄翔 40

(14) 琴奨菊戦 ●寄り切り 3.5秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッと動かして立つ。大栄翔、両手オを出して頭から当たる。琴奨菊、右で相手の左腕を引っ張り込み、左差しで前に出る。大栄翔、上体が起きて俵を割る。
20170527 14 317 琴奨菊 寄り切り 大栄翔 40

(楽) 千代翔馬戦 ○叩き込み 0.8秒
 大栄翔、先に両手をつく。千代翔馬、サッと手をつき、頭から踏み込む。大栄翔、その場で立って叩き、左へ開く。千代翔馬、土俵に両手をつく。
20170528 15 312 大栄翔 叩き込み 千代翔馬 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

千代翔馬 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-ちよしょうま

前頭7枚目だった先場所は、9勝6敗の成績だった。→先場所の取組内容
自己最高位の前頭2枚目で迎えた今場所、初日は関脇玉鷲に押し出されて黒星発進。
二日目、関脇琴奨菊を突き落とし、初日を出す。
三日目から初顔の上位戦が多かったこともあり、中日まで6連敗。1勝7敗と後がなくなる。
九日目、ここまで相撲での白星がない隠岐の海を肩透かしで倒し、2勝目。
十日目、角番の大関豪栄道の掬い投げに倒れ、負け越し決定。
十一日目宝富士、十二日目豪風と突き落とし、今場所初めて連勝。
十三日目、小結嘉風に渡し込みで敗れて9敗目。
十四日目、豊響を小手投げで倒して5勝目。
千秋楽、大栄翔に叩き込まれ、5勝10敗で今場所を終える。
負け越しは2場所ぶり。二桁負けは自身初。



(初) 玉鷲戦 ●押し出し 4.0秒
 玉鷲、左手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左で相手の肩を押さえる。玉鷲、両手を出し、両者、頭で当たり合う。玉鷲、押しながらどんどん前に出る。千代翔馬、相手の手をいなしながら土俵際を左へ回る。玉鷲、逃さず突き放す。千代翔馬、土俵下に吹っ飛び、高田川審判の上に圧し掛かる。
20170514 01 315 玉鷲 押し出し 千代翔馬 40
20170514 01 315 玉鷲 押し出し 千代翔馬 45

(2) 琴奨菊戦 ○突き落し 5.2秒
 琴奨菊、仕切り線後方で先に左手をつく。千代翔馬、左手をつこうとしてやめ、少し経ってから左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、左肘を固めて頭から踏み込む。千代翔馬、右肘を固めて当たる。琴奨菊、左を差し、どんどん前に出る。千代翔馬、土俵際、左掬い投げで振って残す。琴奨菊、左差しで前に出る。千代翔馬、右から突く。琴奨菊、土俵に這う。
20170515 02 315 千代翔馬 突き落とし 琴奨菊 40

(3) 白鵬戦 ●上手投げ 3.1秒
 両者、見合ってなかなか手をつかず。千代翔馬、右手をつく。白鵬、腰を上げて立合いを嫌う。2度目、白鵬、右、左とサッと手をつく。千代翔馬、頭から踏み込もうとする。白鵬、右から張り、左を差して右上手を取り、左差し手を返し、右上手を引きつけながら前に出る。千代翔馬、左下手を取り、土俵際、体を開いて左下手投げに行く。白鵬、右上手投げを返す。両者の体が飛ぶが、千代翔馬が先に土俵に落ちる。
20170516 03 320 白鵬 上手投げ 千代翔馬 40

(4) 照ノ富士戦 ●掬い投げ 4.7秒
 千代翔馬、先に左手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手を動かして立つ。千代翔馬、右手を出し、左肘を固めて踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて当たる。千代翔馬、突き放す。照ノ富士、右を差して左上手を取る。千代翔馬、右下手を取って引きつけ、左を巻き替えようとするがならず。照ノ富士、右差し手を大きく返す。千代翔馬、宙を舞って土俵に転がる。
20170517 04 316 照ノ富士 掬い投げ 千代翔馬 40

(5) 稀勢の里戦 ●寄り倒し 30.5秒
 千代翔馬、左手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立つが、千代翔馬、立てず。2度目、千代翔馬、左手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立つ。千代翔馬、少し遅れ、左手を出して頭から当たり、右上手を取って右に回る。稀勢の里、左差しでついて行き、深い左下手を取る。千代翔馬、右上手投げで振り、右足で外掛けに行く。稀勢の里、掛けられた左足を外す。両者、土俵中央、千代翔馬は左を差して右上手を取り、頭を相手の左肩につけた体勢、稀勢の里は左下手を持って左半身でやや高い体勢で、少し止まる(約3秒間)。稀勢の里、右から絞ろうとする。千代翔馬、左手で相手の右手首を掴み、右足で外掛けに行く。稀勢の里、掛けられた左足を外す。千代翔馬、右上手を持って右に回る。稀勢の里、腰を引いて相手の上手を切る。千代翔馬、左下手を取り、右で押っ付けながら上手を探る。稀勢の里、下手を持った左肘を張って相手に上手を与えず、右上手に手を伸ばして取る。千代翔馬、体を開いて左下手投げに行く。稀勢の里、左下手が切れるが、右上手を持って前に出、胸を合わせて再び左下手を取り、両廻しを引きつけて寄る。千代翔馬、俵の外に倒れ、両者、土俵下に落ちる。
20170518 05 321 稀勢の里 寄り倒し 千代翔馬 45

(6) 栃煌山戦 ●押し出し 3.8秒
 栃煌山、両足をじりっとする。千代翔馬は仕切り線すぐそばで、栃煌山は仕切り線後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。千代翔馬、左手で相手の肩を押さえる。栃煌山、両肘を固めて当たる。千代翔馬、引いて左に回り、土俵際叩こうとする。栃煌山、中に入って押し上げる。千代翔馬、体が浮いて俵の上右足一本。栃煌山、そこを押す。千代翔馬、土俵下に飛び落ちる。
20170519 06 314 栃煌山 押し出し 千代翔馬 35
20170519 06 314 栃煌山 押し出し 千代翔馬 40

(7) 高安戦 ●突き落し 2.5秒
 高安、仕切り線少し後方で先に手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。高安、両肘を固めて力強く当たる。千代翔馬、左下手に手を伸ばすが取れず。高安、突っ張り、右に開いて右で突く。千代翔馬、土俵に手をつき、両足が宙を舞って土俵に転がる。
20170520 07 315 高安 突き落とし 千代翔馬 37
20170520 07 315 高安 突き落とし 千代翔馬 42

(中) 日馬富士戦 ●押し出し 2.5秒
 日馬富士は仕切り線後方で、千代翔馬は仕切り線そばで、両者、ほぼ同時にサッと手をついて立ち、右手を出して踏み込む。日馬富士、右喉輪で相手を起こし、顎に向かって突き放しながら前に出る。千代翔馬、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170521 08 320 日馬富士 押し出し 千代翔馬 43

(9) 隠岐の海戦 ○肩透かし 4.8秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方で右手をサッとついて立つ。千代翔馬、両手をサッとついて立ち、左肘を固めて右から張る動きを見せてやや右へ踏み出し、両差しになる。隠岐の海、右上手を取る。千代翔馬、左から掬って振り、右で頭を押さえつける。隠岐の海、土俵に落ちる。
20170522 09 314 千代翔馬 肩透かし 隠岐の海 40

(10) 豪栄道戦 ●掬い投げ 2.1秒
 豪栄道、先に右手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。豪栄道、左から張って両差しになる。千代翔馬、外から抱える体勢になり、左から小手に振る。豪栄道、両差しで一気に前に出、右差し手を突きつける。千代翔馬、両足が宙を舞い、土俵に落ちる。その後、両者、土俵下に落ちる。
20170523 10 318 豪栄道 掬い投げ 千代翔馬 40

(11) 宝富士戦 ○突き落し 5.5秒
 宝富士、両手をつく。千代翔馬、手をサッとついて素早く立ち、左手を出して踏み込む。宝富士、左肩から当たる。千代翔馬、左喉輪で押し上げ、叩きながら左に回る。宝富士、突き放しながら前に出る。千代翔馬、土俵際を左へ回り込み、左から突く。宝富士、土俵に這う。
20170524 11 313 千代翔馬 突き落とし 宝富士 40

(12) 豪風戦 ○突き落し 5.5秒
 豪風、仕切り線後方で先に両手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、頭から踏み込む。千代翔馬、右肘でかち上げる。豪風、動じず、突き放しながら前に出る。千代翔馬、土俵際左を差す。豪風、突き上げる。千代翔馬、右で相手の左腕を抱え、小手に振りながら右に回る。豪風、左差しで前に出る。千代翔馬、土俵際、更に右小手で振り、逆の左から突く。豪風、左膝から土俵に落ちる。
20170525 12 311 千代翔馬 突き落とし 豪風 40
20170525 12 311 千代翔馬 突き落とし 豪風 45

(13) 嘉風戦 ●渡し込み 6.3秒
 嘉風、先に手をつく。千代翔馬、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って踏み込む。嘉風、立てず。2度目、嘉風、右手をつく。千代翔馬、すぐに仕切り線後方でサッと両手をついて立つが、嘉風、立てず。3度目、嘉風、仕切り線少し後方で両手をつく。千代翔馬、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、右肘を固めて踏み込む。嘉風、左肘を固めて頭から当たり、左を差す。千代翔馬、右で差し手を抱える。嘉風、右で押っ付けながら左差しで前に出る。千代翔馬、土俵際、右小手に振ろうとする。嘉風、右で相手の左足を渡し込みながら前に出る。千代翔馬、俵を割り、両者、土俵下に落ちる。千代翔馬、客席に倒れ込む。
20170526 13 314 嘉風 渡し込み 千代翔馬 40

(14) 豊響戦 ○小手投げ 2.1秒
 豊響、仕切り線少し後方で右手をつく。千代翔馬、すぐに左手をサッとつく。豊響、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。千代翔馬、左で相手の首を抱える。豊響、右差しで前に出る。千代翔馬、相手の右腕を抱え、体を開いて土俵際左小手投げ。豊響、左肘から土俵に落ち、千代翔馬、その上に乗る。
20170527 14 311 千代翔馬 小手投げ 豊響 40

(楽) 大栄翔戦 ●叩き込み 0.8秒
 大栄翔、先に両手をつく。千代翔馬、サッと手をつき、頭から踏み込む。大栄翔、その場で立って叩き、左へ開く。千代翔馬、土俵に両手をつく。
20170528 15 312 大栄翔 叩き込み 千代翔馬 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

隠岐の海 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-おきのうみ

前頭8枚目だった先場所は、10勝5敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭2枚目で迎えた今場所、初日は角番の大関豪栄道の下手出し投げに倒れ、黒星発進。
二日目、横綱稀勢の里に寄り切られて連敗。そのまま横綱戦が続き、四日目まで4連敗。(→三日目 勝負後、日馬富士に抱き止められる
五日目、横綱鶴竜の休場により、不戦勝で初白星。
六日目から再び黒星が連なり、4連敗で九日目に負け越し決定。
そのまま黒星が連なり続け、十三日目まで8連敗。12敗目を喫する。
十四日目、千代の国を寄り切り、相撲を取って初めての白星。
千秋楽、碧山を押し出し、3勝12敗で今場所を終える。
負け越し、二桁負けとも、2場所ぶり。



(初) 豪栄道戦 ●下手出投 11.9秒
 豪栄道、先に右手をつく。隠岐の海は右手を、豪栄道は左手を、ほぼ同時にサッとついて立つ。隠岐の海、踏み込み、右肘でかち上げ気味に当たる。豪栄道、低く当たって左前廻しを探る。隠岐の海、右で相手の左腕を抱える。豪栄道、深い左下手を取る。隠岐の海、左下手を取る。両者、左四つ。豪栄道、機を見て右を巻き替える。隠岐の海、押っ付けながら前に出る。豪栄道、左下手を持ったまま右で叩きながら左へ回り、俵の上左足一本で残す。隠岐の海、土俵に落ちて転がり、豪栄道、左足一本でくるっと回る。
20170514 01 316 豪栄道 下手出し投げ 隠岐の海 47

(2) 稀勢の里戦 ●寄り切り 8.5秒
 隠岐の海、先に右手をつく。稀勢の里、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固める。稀勢の里、左肘を固めて踏み込む。隠岐の海、両差しになろうとする。稀勢の里、左押っ付けから巻き替えて左を差し、左下手を探る。隠岐の海、下手を与えないよう左へ回る。稀勢の里、前に出る。隠岐の海、俵に詰まり、左から掬おうとする。稀勢の里、腰を下ろして寄り切る。
20170515 02 318 稀勢の里 寄り切り 隠岐の海 40

(3) 日馬富士戦 ●寄り切り 6.9秒
 隠岐の海、先に右手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘を固めて左を差そうとする。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、右上手前廻しを取って前に出る。隠岐の海、俵に足が掛かる。日馬富士、上手を引きつけて寄る。隠岐の海、上体が起きて俵を割る。
20170516 03 321 日馬富士 寄り切り 隠岐の海 40

(4) 白鵬戦 ●寄り切り 21.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。白鵬、右手をつき、左手をサッとついて素早く立つ。隠岐の海、左を差そうとする。白鵬、右肘を固めて当たり、左上手前廻しを狙うが取れず。隠岐の海、右を差す。白鵬、左押っ付けから左で差し手を抱える。隠岐の海、深い右下手を取る。白鵬、左上手に手を伸ばす。隠岐の海、相手に上手を与えないよう、じりじり左へ動く。白鵬、左手で相手の横腹を叩きながら上手を探り、手を伸ばして左上手を取り、すぐに引きつけ、がぶって前に出る。隠岐の海、右下手を持って左で押っ付けるが、堪えられずに俵を割る。
20170517 04 321 白鵬 寄り切り 隠岐の海 40

(5) 鶴竜戦 □不戦勝 
 鶴竜、「左足関節離断性骨軟骨炎」のため、休場。
20170518 05 320 鶴竜休場

(6) 宝富士戦 ●寄り切り 41.2秒
 隠岐の海、先に右手をつく。宝富士、仕切り線少し後方でサッと手をつく。隠岐の海、左肘を固める。宝富士、左肘を固めて踏み込み、左を差す。隠岐の海、右上手前廻しを探るが取れず、右で押っ付ける。宝富士、左下手を取る。隠岐の海、右押っ付けで前に出ようとするがならず。宝富士、左下手を持ち、右で押っ付けながら前に出ようとする。隠岐の海、堪える。宝富士、再び右で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、堪える。両者、左四つで少し止まる(約4秒間)。隠岐の海、右で押っ付ける。両者、再び止まる(約7秒間)。隠岐の海、右押っ付けで前に出ようとするが出られず。宝富士、右上手を探って取り、両廻しになる。両者、少し止まる(約3秒間)。宝富士、両廻しを引きつけて前に出る。隠岐の海、上体が起きて俵を割る。
20170519 06 313 宝富士 寄り切り 隠岐の海 40

(7) 照ノ富士戦 ●寄り切り 4.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。照ノ富士、手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、両手を出し、左を差す。照ノ富士、踏み込み、左下手を取って前に出る。隠岐の海、土俵際を左へ回り、右から突く。照ノ富士、構わず寄り切る。
20170520 07 318 照ノ富士 寄り切り 隠岐の海 40

(中) 玉鷲戦 ●押し出し 1.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつこうとする。隠岐の海、ふわっと突っ掛ける。2度目、隠岐の海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッと動かす。両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固めて当たる。玉鷲、頭から踏み込み、両手で押しながら一気に前に出る。隠岐の海、土俵下に落ちる。
20170521 08 315 玉鷲 押し出し 隠岐の海 40

(9) 千代翔馬戦 ●肩透かし 4.8秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方で右手をサッとついて立つ。千代翔馬、両手をサッとついて立ち、左肘を固めて右から張る動きを見せてやや右へ踏み出し、両差しになる。隠岐の海、右上手を取る。千代翔馬、左から掬って振り、右で頭を押さえつける。隠岐の海、土俵に落ちる。
20170522 09 314 千代翔馬 肩透かし 隠岐の海 40

(10) 大栄翔戦 ●押し出し 5.7秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。隠岐の海、両手をサッとつく。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて当たる。大栄翔、右喉輪で押し上げて下がらせ、突っ張り、再び右喉輪で押しながら前に出る。隠岐の海、俵に詰まる。大栄翔、胸を押して土俵外に出す。
20170523 10 314 大栄翔 押し出し 隠岐の海 40

(11) 松鳳山戦 ●とったり 10.7秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方で右手をつく。松鳳山、手をサッとついて素早く立ち、右手を出し、左肘を固めてやや左へ踏み出す。隠岐の海、やや右に踏み出して右上手に手を伸ばすが届かず。松鳳山、左を差す。隠岐の海、右で押っ付ける。松鳳山、左差し手を返し、右上手に手を伸ばす。隠岐の海、腰を捻って上手を与えず、右上手に手を伸ばす。松鳳山、両手で相手の左腕を抱えて右に回り、左を差して前に出る。隠岐の海、土俵際堪えて左差しで前に出る。松鳳山、右で小手に巻いて右に回り、土俵際、左で相手の左腕を抱えて体を開く。隠岐の海、俵の外に出る。
20170524 11 314 松鳳山 とったり 隠岐の海 38

(12) 遠藤戦 ●寄り切り 14.0秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方で先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。遠藤、左肘を固めて当たり、右前廻しを探るが取れず、左下手を取る。隠岐の海、右で差し手を抱える。遠藤、右で押っ付けながら右上手前廻しを取る。隠岐の海、左をのぞかせ、前に出ながら右上手を取る。遠藤、右に回りながら左肘を張って相手の上手を切り、右上手を引きつけて寄る。隠岐の海、俵に足を掛けて堪える。遠藤、休まず寄り立てる。隠岐の海、俵を割る。
20170525 12 312 遠藤 寄り切り 隠岐の海 37

(13) 琴奨菊戦 ●寄り切り 5.6秒
 隠岐の海、先に右手をつき、左手をブラブラ動かす。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。その直前、隠岐の海、素早く立ち、右肘を固める。琴奨菊、両肘を固めて頭から当たる。隠岐の海、右を差す。琴奨菊、右を差して左で押っ付ける。隠岐の海、左で押っ付ける。琴奨菊、右差し手を抜いて右で差し手を抱え、左筈で押しながら前に出る。隠岐の海、俵に詰まって上体が起きる。琴奨菊、腰を下ろして寄り切る。
20170526 13 316 琴奨菊 寄り切り 隠岐の海 40

(14) 千代の国戦 ○寄り切り 12.4秒
 千代の国、仕切り線後方で両手をつく。隠岐の海、仕切り線後方で両手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、右手を出してやや左に踏み出す。隠岐の海、右肘を固めて当たる。千代の国、左で相手の右腕を抱えて振ろうとする。隠岐の海、右腕を抜いて向き直る。千代の国、右喉輪で押し上げ、頭をつけて右で押っ付ける。隠岐の海、左を差して相手を起こす。千代の国、右上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取る。隠岐の海、右押っ付けから上手を取る。千代の国、左下手で振り、右を巻き替えようとする。隠岐の海、右上手を持って前に出る。千代の国、俵に両足を掛けながら右で突く。隠岐の海、少し振られるが堪え、右上手を持って前に出る。千代の国、俵の外に出る。
20170527 14 312 隠岐の海 寄り切り 千代の国 40

(楽) 碧山戦 ○押し出し 9.1秒
 隠岐の海、先に手をつく。碧山、仕切り線少し後方でサッと両手をつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。碧山、頭から低く踏み込み、突き放し、突っ張りながら前に出る。隠岐の海、下からあてがい、土俵際右で押っ付ける。碧山、少し引いて体を離そうとする。隠岐の海、左を差す。碧山、右で頭を押さえながら引く。隠岐の海、乗じて押し出す。
20170528 15 313 隠岐の海 押し出し 碧山 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

遠藤 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-えんどう

前頭5枚目だった先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
3度目の自己最高位 前頭筆頭で迎えた今場所、初日は大関照ノ富士を寄り切り、白星発進。
二日目、横綱日馬富士に押し出されて黒星。三日目、横綱鶴竜に引き落とされて連敗。
四日目、横綱稀勢の里戦。途中足を滑らせて体勢を崩すが、相手を支えにする形で堪え、押し出しで勝利。稀勢の里にとっての初金星を奪う。獲得した金星は、3つめ。
五日目、今場所大関昇進を懸ける関脇高安と対戦。寄り切られて3敗目。
六日目、横綱白鵬に、七日目、平幕の碧山に敗れて3連敗。
中日、角番の大関豪栄道と対戦。過去対戦成績1勝4敗と分の悪い相手を寄り切り、3勝目。
九日目、十日目と関脇に敗れて連敗。7敗目と後がなくなる。
十一日目、小結嘉風を寄り切って4勝目。
十二日目、隠岐の海を寄り切って初めて連勝。7敗で踏み止まる。
十三日目、小結御嶽海に引き落とされて負け越し決定。
十四日目、北勝富士に寄り切られて9敗目。
千秋楽、今場所初金星を獲得した千代の国を押し出し、6勝9敗で今場所を終える。
今場所は、1横綱2大関を撃破。負け越しは2場所ぶり。



(初) 照ノ富士戦 ○寄り切り 7.3秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、左肘を固めて低く踏み込む。照ノ富士、右肘でかち上げ、突き放す。遠藤、左を差し込み、右も差して両差しになる。照ノ富士、外から抱え、左から小手に振る。遠藤、振られて土俵際になる。照ノ富士、更に左で小手投げ。遠藤、右後ろ廻しを持って堪え、前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。
20170514 01 317 遠藤 寄り切り 照ノ富士 40
〔殊勲インタビューを受ける遠藤〕
20170514 01 317 遠藤 寄り切り 照ノ富士 75 遠藤

(2) 日馬富士戦 ●押し出し 4.1秒
 遠藤、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。遠藤、素早く立って踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から低く踏み込み、顎に向かって突き上げる。遠藤、突き返すが前に出られず。日馬富士、土俵際の相手を押し上げる。遠藤、土俵下に落ちる。
20170515 02 320 日馬富士 押し出し 遠藤 40

(3) 鶴竜戦 ●引き落し 6.7秒
 遠藤は仕切り線少し後方で、鶴竜は仕切り線そばで、両者、手をサッとついてほぼ同時に立つ。鶴竜、頭から低く踏み込み、左喉輪で押し上げ、突き放す。遠藤、下がらず、突き放しながら前に出、左喉輪で押し上げる。鶴竜、俵に詰まり、相手の喉輪を外して右に回る。両者、互いに右喉輪。遠藤、相手の喉輪を両手で外そうとする。鶴竜、取られた右腕を外し、前のめりになった相手を左から突く。遠藤、土俵に落ちる。
20170516 03 318 鶴竜 引き落とし 遠藤 40

(4) 稀勢の里戦 ○押し出し 5.8秒
 遠藤、仕切り線後方で先に手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。稀勢の里、左肘を固めて踏み込む。遠藤、左手を出して頭から当たり、突き放す。稀勢の里、突き返す。遠藤、右足が流れて体勢を崩し、右膝をつきそうになる。稀勢の里、一瞬動きが止まる。遠藤、顔が相手の胸に当たって支えられる形になり、体勢を立て直す。稀勢の里、叩きながら引く。遠藤、乗じて押す。稀勢の里、土俵下に落ちる。
〔足が流れた遠藤〕
20170517 04 320 遠藤 押し出し 稀勢の里 20 足が流れた遠藤
〔遠藤の押し出し〕
20170517 04 320 遠藤 押し出し 稀勢の里 40-3
〔殊勲インタビューを受ける遠藤〕
20170517 04 320 遠藤 押し出し 稀勢の里 75 殊勲インタビュー 01

(5) 高安戦 ●寄り切り 9.8秒
 高安、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、頭から踏み込む。高安、両肘を固め、右肩から力強く当たる。遠藤、下から押し上げて下がらず。高安、右を差す。遠藤、下がりながら左を巻き替えて差し、右で押っ付けながら右に回る。高安、乗じて左差しで前に出、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、左下手を取る。高安、右押っ付けで押し上げながら前に出る。遠藤、上体が起き、ややあっさり俵を割る。
20170518 05 315 高安 寄り切り 遠藤 40

(6) 白鵬戦 ●押し出し 14.8秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に右手をつく。白鵬、右、左とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。白鵬、左から張る。遠藤、頭から踏み込んで当たる。白鵬、左肘を固めて当たり、右肘でかち上げる。遠藤、上体が起きる。白鵬、突っ張って距離を取る。遠藤、下からあてがう。白鵬、叩いて少し左へ回る。遠藤、向き直る。白鵬、突き放し、叩きながら左に回り、右で相手の左肩を突く。遠藤、一瞬、右足一本になるが堪える。白鵬、左喉輪、右押っ付けで押しながら一気に前に出る。遠藤、右足を俵に掛けて堪え、向き直る。白鵬、体を離し、再び突っ張る。遠藤、下からあてがい、差そうとする。白鵬、叩いて右に回り、前のめりになった相手を押す。遠藤、大きく泳いで土俵下に飛び落ちる。
20170519 06 320 白鵬 押し出し 遠藤 35
20170519 06 320 白鵬 押し出し 遠藤 40

(7) 碧山戦 ●引き落し 5.7秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。碧山、右手をつく。遠藤、ふわっと突っ掛ける。2度目、遠藤、仕切り線後方で先に手をつく。碧山、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、両手突きに行く。遠藤、左廻しに手を伸ばすが取れず。碧山、相手を起こし、顎に向かって突き放す。遠藤、仰け反り、俵に詰まるが、下からあてがって押し上げる。碧山、上体が起き、叩きながら引く。遠藤、落ちずに前に出る。碧山、更に叩いて右に回る。遠藤、足がついて行かず、土俵に這う。
20170520 07 314 碧山 引き落とし 遠藤 40

(中) 豪栄道戦 ○寄り切り 6.9秒
 豪栄道、先に右手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと両手をつく。豪栄道、素早く立ち、左肘を固めて両差しを狙う。遠藤、左肘を固めて低く踏み込み、右押っ付けで前に出る。豪栄道、右で叩きながら左へ回る。遠藤、土俵際踏みとどまる。豪栄道、俵の上でややふらつくが堪え、左へ回って中に戻る。遠藤、突き放し、右前廻しを取る。豪栄道、叩こうとする。遠藤、前に出ながら両差しになり、腰を下ろして寄り切る。
20170521 08 318 遠藤 寄り切り 豪栄道 40
〔殊勲インタビューを受ける遠藤〕
20170521 08 318 遠藤 寄り切り 豪栄道 75 遠藤インタビュー 05

(9) 琴奨菊戦 ●寄り切り 3.1秒
 遠藤、仕切り線後方で先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、左手を出す。琴奨菊、右肘を固めて踏み込む。遠藤、右で押っ付けながら右に回り、右上手を取る。琴奨菊、右で差し手を抱え、左差しでがぶる。遠藤、上体が起きて俵を割る。
20170522 09 317 琴奨菊 寄り切り 遠藤 40

(10) 玉鷲戦 ●小手投げ 4.9秒
 遠藤、先に手をつく。玉鷲、左手をついて時をおき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、頭から踏み込む。遠藤、左を差す。玉鷲、右で押っ付け、左喉輪で押し上げて相手を起こし、少し叩く。遠藤、再び左を差し、右前廻しを取る。玉鷲、すぐに右小手投げで振る。遠藤、左肘が極まりかけ、堪らず俵を割る。勝負後、遠藤、やや左肘を気にする。
20170523 10 316 玉鷲 小手投げ 遠藤 30

(11) 嘉風戦 ○寄り切り 23.4秒
 嘉風、先に両手をつく。遠藤、一旦腰を下ろすが、腰を上げて下がりを分け直し、再び下す。嘉風、腰を上げて立合いを嫌う。2度目、嘉風、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつき、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。嘉風、右肘を固め、両者、頭で当たり合う。遠藤、左をねじ込む。嘉風、右で押っ付け、左を差そうとしながら前に出る。遠藤、右で押っ付けるが右足が俵に掛かる。嘉風、右で頭を叩いて少し引く。遠藤、乗じて右押っ付けで前に出、左下手を取る。嘉風、左差し手を返して左に回り、右で首を巻いて下がる。遠藤、左下手を持ってついて行く。嘉風、左に回って中に戻る。遠藤、右上手を探る。嘉風、腰を引いて上手を与えず、右押っ付けで前に出、右上手を取る。遠藤、土俵際を左へ回り、右足を俵に掛けながら堪える。嘉風、右上手を引きつけ、左差し手を返して寄る。遠藤、右足を俵に掛けて堪え、左下手を持って前に出る。嘉風、腰を振って廻しを切る。遠藤、下手を探りながら前に出る。嘉風、右上手を持って左に回り、伸びた右上手を引きつけながら前に出る。遠藤、左下手を取って土俵際堪える。嘉風、左で頭を押さえながら引く。遠藤、乗じて前に出、右上手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。嘉風、俵を割る。
20170524 11 315 遠藤 寄り切り 嘉風 40

(12) 隠岐の海戦 ○寄り切り 14.0秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方で先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。遠藤、左肘を固めて当たり、右前廻しを探るが取れず、左下手を取る。隠岐の海、右で差し手を抱える。遠藤、右で押っ付けながら右上手前廻しを取る。隠岐の海、左をのぞかせ、前に出ながら右上手を取る。遠藤、右に回りながら左肘を張って相手の上手を切り、右上手を引きつけて寄る。隠岐の海、俵に足を掛けて堪える。遠藤、休まず寄り立てる。隠岐の海、俵を割る。
20170525 12 312 遠藤 寄り切り 隠岐の海 37

(13) 御嶽海戦 ●引き落し 6.8秒
 御嶽海、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手を出して頭から踏み込む。遠藤、左を差そうとする。御嶽海、両手で相手の差し手を抱えて右に回り、左喉輪で押しながら前に出る。遠藤、右足を俵に掛けて堪える。御嶽海、叩きながら引く。遠藤、乗じて前に出、突っ張り、右で押っ付けながら前に出る。御嶽海、引いて俵の上で左に開く。遠藤、前に落ち、御嶽海、俵の上左足一本で残る。
20170526 13 315 御嶽海 引き落とし 遠藤 40

(14) 北勝富士戦 ●寄り切り 14.3秒
 北勝富士、仕切り線少し後方で先に右手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、頭から踏み込む。遠藤、左を差す。北勝富士、右押っ付けで相手を起こす。遠藤、突き放し、再び左を差そうとする。北勝富士、突き放す。遠藤、突き放し、再び左を差そうとする。北勝富士、右で押っ付けて差させず、前に出ながら右を差す。遠藤、右下手を持ち、体勢を低くする。北勝富士、肩越しの左上手を取る。遠藤、左から絞り、機を見て左を巻き替えに行く。北勝富士、乗じて右押っ付けで前に出、右上手前廻しも取る。遠藤、俵伝いに左へ回る。北勝富士、両上手を持って前に出、寄り切る。遠藤、土俵下に飛び落ちる。
20170527 14 313 北勝富士 寄り切り 遠藤 40

(楽) 千代の国戦 ○押し出し 3.5秒
 千代の国、仕切り線少し後方で先に手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、左手を出してやや右へ踏み出す。遠藤、両腕を前に出し、左を差す。千代の国、右で相手の差し手を抱え、左喉輪で押し上げる。遠藤、下からあてがう。千代の国、叩きながら下がる。遠藤、乗じて押しながら前に出る。千代の国、右足が俵の外に出る。
20170528 15 314 遠藤 寄り切り 千代の国 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

千代の国 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-ちよのくに

前頭6枚目だった先場所は、9勝6敗の成績だった。→先場所の取組内容
場所前に、7年間の交際を実らせて結婚。(→デイリースポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
自己最高位の前頭筆頭に上がり、初めて対戦することになる横綱白鵬とも稽古した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
迎えた今場所、初日は横綱白鵬に寄り切られて黒星発進。
二日目、初の結びの一番、横綱鶴竜と対戦。引き落としで勝って初金星を獲得。懸賞を受け取るときも、花道を下がるときも気合いの表情。(→土俵を下りて下がる際の気合いの表情) 怪我が多く、2年前は三段目に陥落も、そこから幕内に復帰しての初金星。殊勲インタビューでは、涙をこらえる表情を見せる。
三日目、横綱稀勢の里を土俵際に追い詰めるも、引きに乗じて押し出され、二日連続の金星を逃す。花道奥では悔しがる表情。
横綱大関戦が続き、黒星が連なる。七日目、関脇玉鷲に叩き込まれて5連敗。1勝6敗と黒星先行。
中日、大栄翔を寄り切って2勝目。
九日目、今場所大関昇進を懸ける関脇高安と対戦。上手投げで敗れ、7敗目と後がなくなる。
十日目、小結御嶽海に押し出されて負け越し決定。
そのまま黒星が連なり、千秋楽まで7連敗。2勝13敗で今場所を終える。
負け越し、二桁負けとも、昨年11月場所以来、3場所ぶり。



(初) 白鵬戦 ●寄り切り 2.5秒
 千代の国、先に手をつく。白鵬、右、左とサッと手をついて立ち、左から張り、左上手に手を伸ばして取る。千代の国、突き放そうとするがならず。白鵬、左廻しを持って前に出る。千代の国、土俵際、右から突くが、相手が落ちる前に左足が俵の外に出る。その後、白鵬、俵の外に落ち、千代の国、土俵下に飛び落ちる。
20170514 01 318 白鵬 寄り切り 千代の国 40

(2) 鶴竜戦 ○引き落し 1.6秒
 千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。鶴竜、手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、右手を出して頭を下げる。鶴竜、頭から踏み込む。千代の国、喉輪で押し上げ、引いて右に開く。鶴竜、前に落ちる。
20170515 02 321 千代の国 引き落とし 鶴竜 40
20170515 02 321 千代の国 引き落とし 鶴竜 60 勝ち名乗り
20170515 02 321 千代の国 引き落とし 鶴竜 75 殊勲インタビュー 10

(3) 稀勢の里戦 ●押し出し 15.8秒
 千代の国、仕切り線後方で先に両手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、左手を出してやや右へ踏み出し、頭から当たる。稀勢の里、上体が起きるが前に出る。千代の国、右に回り、叩きながら右に開き、顎に向かって押し上げる。稀勢の里、押しながら前に出る。千代の国、下から押し上げながら前に出る。稀勢の里、右足一本を俵に掛けて堪え、左で相手の右腕を抱えて少し中に戻り、左小手で振る。千代の国、右差しで前に出、左筈で胸を押し上げる。稀勢の里、再び俵に詰まり、左足を浮かせて右足一本で堪える。千代の国、相手の手を叩き、左で頭を押さえながら引く。稀勢の里、乗じて前に出る。千代の国、俵の外に出、その後、稀勢の里、土俵下に落ちる。
20170516 03 319 稀勢の里 押し出し 千代の国 25 土俵際の稀勢の里
20170516 03 319 稀勢の里 押し出し 千代の国 40
20170516 03 319 稀勢の里 押し出し 千代の国 73 悔しがる千代の国 07

(4) 日馬富士戦 ●押し出し 3.6秒
 千代の国、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。日馬富士、左から張る。千代の国、左肘を固めて当たる。日馬富士、左上手に手を掛ける。千代の国、腰を引いて相手に廻しを与えず。日馬富士、顎に向かって突き上げ、下から押し上げる。千代の国、引く。日馬富士、乗じて前に出、右押っ付けで押す。千代の国、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170517 04 318 日馬富士 押し出し 千代の国 40

(5) 豪栄道戦 ●押し出し 6.0秒
 千代の国、仕切り線少し後方で先に左手をつく。豪栄道、右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。豪栄道、左肘を固めて踏み込み、右を差す。千代の国、左で差し手を抱えて左へ回り、突き放す。豪栄道、左を差し、右で顎を押し上げながら前に出る。千代の国、仰け反って俵に詰まり、飛び上がって叩く。豪栄道、中から相手の腹を押す。千代の国、俵の外に出る。
20170518 05 316 豪栄道 押し出し 千代の国 40

(6) 照ノ富士戦 ●押し出し 18.3秒
 千代の国、先に手をつく。照ノ富士、手をサッとつく。千代の国、右手を出してぴょんと立ち、頭を下げる。照ノ富士、左で張るが当たらず、右を差す。千代の国、左で小手に巻いて左に回る。照ノ富士、右腕を抜いて向き直り、相手を捕まえようとする。千代の国、叩きながら右に回る。照ノ富士、向き直り、右を差そうとする。千代の国、突き放しながら前に出、相手の手を叩きながら右に回る。照ノ富士、向き直り、左で張ろうとして空振り、右肘でかち上げる。千代の国、一瞬頭が上がるが堪え、突き放す。照ノ富士、叩きながら少し引き、左から張り、左で相手の右腕を引っ張り込もうとする。千代の国、取られた右腕を抜く。照ノ富士、突き放す。千代の国、土俵際の木村玉治郎にぶつかる。照ノ富士、更に突き放す。千代の国、右筈で相手の左脇を押し上げて右に回る。照ノ富士、右押っ付けで前に出る。千代の国、左から突いて左へ回ろうとするが、右足が俵の外に出る。
20170519 06 317 照ノ富士 寄り切り 千代の国 40

(7) 玉鷲戦 ●叩き込み 9.5秒
 千代の国、先に手をつく。玉鷲、時をおき、左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。千代の国、突き放そうとする。玉鷲、下がらず、右喉輪で押し上げる。千代の国、仰け反るが堪え、突き放す。玉鷲、突き返し、頭で当たって突き放して相手を下がらせる。千代の国、土俵際で突っ張る。玉鷲、突っ張りで応戦し、機を見て叩く。千代の国、土俵に両手をつく。
20170520 07 316 玉鷲 叩き込み 千代の国 40

(中) 大栄翔戦 ○寄り切り 32.1秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をつく。大栄翔、突っ掛ける。2度目、大栄翔、仕切り線後方で先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して頭から当たり、顎に向かって突っ張る。千代の国、下からあてがい、突き放し、右から張って右を差し、差し手を大きく返し、深い右下手を取る。大栄翔、左を巻き替えて差し、深い左下手を取り、腰を引いて相手の上手を切る。千代の国、右上手に手を伸ばすが取れず、左下手を取って振り、右上手に手を伸ばすが取れず、腰を振って相手の廻しを切る。大栄翔、左下手を取り直す。千代の国、何度も右上手に手を伸ばすが取れず、腰を振って相手の下手を切る。大栄翔、すぐに左下手を取り直す。千代の国、右上手に何度も手を伸ばし、ついに右上手を取り、すぐに両廻しを引きつけて前に出、腰を下ろして寄り切る。
20170521 08 314 千代の国 寄り切り 大栄翔 40

(9) 高安戦 ●上手投げ 14.5秒
 千代の国、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から当たる。高安、右肘でかち上げる。両者、突っ張り合い。千代の国、突き勝って前に出、右喉輪で突き上げ、少し引く。両者、体が離れる。千代の国、右喉輪で押し上げる。高安、左を差す。千代の国、右上手に手を掛ける。高安、相手の上手を切って深い左下手を取り、右上手も取って前に出る。千代の国、右押っ付けで相手の下手を切る。高安、右上手投げを下に打つ。千代の国、土俵に落ちる。
20170522 09 316 高安 上手投げ 千代の国 40

(10) 御嶽海戦 ●押し出し 6.5秒
 千代の国、仕切り線後方で先に両手をつく。御嶽海、両手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。千代の国、左肘を固めて当たり、右喉輪で押し上げる。御嶽海、右押っ付けから右を差す。千代の国、突き放すが前に出られず、叩きながら左へ回る。御嶽海、乗じて前に出ながら押す。千代の国、土俵下に落ちる。
20170523 10 315 御嶽海 押し出し 千代の国 40

(11) 琴奨菊戦 ●寄り切り 5.7秒
 千代の国、先に手をつく。琴奨菊、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。琴奨菊、右で相手の左腕を引っ張り込み、左差し手を返して前に出る。千代の国、土俵際を左へ回り、右で小手に振る。琴奨菊、堪えて右上手を取って寄る。千代の国、仰け反って堪えるが、俵の外に出る。
20170524 11 316 琴奨菊 寄り切り 千代の国 37

(12) 嘉風戦 ●寄り切り 20.7秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。千代の国、仕切り線かなり後方で両手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。嘉風、頭から低く当たる。千代の国、突っ張りながら前に出る。嘉風、左を差す。千代の国、右上手を取る。嘉風、両差しで前に出ようとする。千代の国、上手を離して激しく突っ張る。嘉風、左から張り、左上手を取って左へ回り、突き放して相手を俵に追い詰め、左上手に手を伸ばす。千代の国、俵に足を掛けて右下手を取る。嘉風、左を巻き替えて差し、両差しになる。千代の国、深い右上手を持って少し中に戻る。嘉風、相手の上手を切る。千代の国、左で首を巻いて首投げに行こうとするが止める。嘉風、両差しで前に出る。千代の国、左で首を巻いて左半身になる。嘉風、相手の左側について寄り切る。
20170525 12 313 嘉風 寄り切り 千代の国 40

(13) 碧山戦 ●押し出し 9.9秒
 千代の国、仕切り線少し後方で先に手をつく。碧山、手をつく。千代の国、素早く立つ。碧山、遅れてその場で立って両手突き。しかし、行司 木村容堂、止める。2度目、千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。碧山、腰を下ろし、手をサッとつく。千代の国、素早く立って頭から踏み込む。碧山、両肘を固めてかち上げ、突っ張りながら前に出る。千代の国、俵に詰まり、右で突きながら右へ回る。碧山、向き直り、右から張り、突き上げる。千代の国、頭を下げる。碧山、叩いて右を差す。千代の国、体を離そうと土俵際を左へ回る。碧山、逃さず相手の胸を押し上げる。千代の国、土俵下に飛び落ちる。
20170526 13 313 碧山 押し出し 千代の国 37

(14) 隠岐の海戦 ●寄り切り 12.4秒
 千代の国、仕切り線後方で両手をつく。隠岐の海、仕切り線後方で両手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、右手を出してやや左に踏み出す。隠岐の海、右肘を固めて当たる。千代の国、左で相手の右腕を抱えて振ろうとする。隠岐の海、右腕を抜いて向き直る。千代の国、右喉輪で押し上げ、頭をつけて右で押っ付ける。隠岐の海、左を差して相手を起こす。千代の国、右上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取る。隠岐の海、右押っ付けから上手を取る。千代の国、左下手で振り、右を巻き替えようとする。隠岐の海、右上手を持って前に出る。千代の国、俵に両足を掛けながら右で突く。隠岐の海、少し振られるが堪え、右上手を持って前に出る。千代の国、俵の外に出る。
20170527 14 312 隠岐の海 寄り切り 千代の国 40

(楽) 遠藤戦 ●押し出し 3.5秒
 千代の国、仕切り線少し後方で先に手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、左手を出してやや右へ踏み出す。遠藤、両腕を前に出し、左を差す。千代の国、右で相手の差し手を抱え、左喉輪で押し上げる。遠藤、下からあてがう。千代の国、叩きながら下がる。遠藤、乗じて押しながら前に出る。千代の国、右足が俵の外に出る。
20170528 15 314 遠藤 寄り切り 千代の国 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

嘉風 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-よしかぜ

前頭4枚目だった先場所は、横綱鶴竜から金星を獲得、8勝7敗で勝ち越した。→先場所の取組内容
神奈川県藤沢市巡業の幕内トーナメントでは優勝した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
場所前の稽古の画像。(→稽古総見、二所ノ関連合稽古→①→②→稀勢の里との稽古
小結で迎えた今場所、初日は横綱稀勢の里を押し出し、白星発進。
二日目、横綱白鵬に叩き込まれて黒星。
三日目、角番大関豪栄道を叩き込み、四日目、横綱鶴竜を押し出し、2横綱1大関撃破。(→鶴竜を破っての殊勲インタビューでのコメント
五日目、関脇玉鷲に押し出されて2敗目。
六日目、関脇琴奨菊を肩透かしで倒し、4勝2敗と白星先行。
七日目、横綱日馬富士に押し出されて3敗目。その際、日馬富士にガシッと抱きしめられた。(→抱擁シーン
八日目、今場所大関昇進を懸ける関脇高安と対戦。かち上げで起こされ、叩き込まれて4勝4敗に。
九日目、小結御嶽海を叩き込んで5勝目。
十日目大関照ノ富士、十一日目遠藤に連敗し、5勝6敗と初めて黒星先行に。
十二日目から白星を連ね、3連勝で十四日目に勝ち越しを決める。
千秋楽、立合いの呼吸が合わず、嘉風は待ったと思って止まりかけるが、取組は続行。北勝富士に押し出され、8勝7敗で今場所を終える。
今場所は、3度目の技能賞を受賞。勝ち越しは3場所連続。



(初) 稀勢の里戦 ○押し出し 7.3秒
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。稀勢の里、腰を下ろし、手をサッとついて立つ。嘉風、頭から低く踏み込む。稀勢の里、左肘を固めて当たる。嘉風、右肘を固めて当たり、左を差し、右から押っ付ける。稀勢の里、上体が起きて右足が俵に掛かる。嘉風、左差し手を返して寄る。稀勢の里、右から突こうとする。嘉風、少し振られるが堪え、相手の胸を押し上げる。稀勢の里、土俵下に落ちる。
20170514 01 321 嘉風 押し出し 稀勢の里 38
〔殊勲インタビューを受ける嘉風〕
20170514 01 321 嘉風 押し出し 稀勢の里 75 殊勲インタビュー

(2) 白鵬戦 ●叩き込み 10.7秒
 嘉風、先に両手をつく。白鵬、腰を下ろし、右手をつこうとする。嘉風、ふわっと突っ掛ける。2度目、嘉風、先に両手をつく。白鵬、腰を下ろし、右、左とサッと手をつき、素早く立つ。嘉風、その場で立って頭を下げる。白鵬、踏み込んで右でかち上げ、左で顔を押し上げる。嘉風、上体が起きる。白鵬、激しく突っ張る。嘉風、突き放して距離を取る。白鵬、突っ張り続ける。嘉風、少し叩き、土俵際頭を下げる。白鵬、そこを叩きながら下がる。嘉風、前にバッタリ落ちる。
20170515 02 319 白鵬 叩き込み 嘉風 40

(3) 豪栄道戦 ○叩き込み 3.3秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。豪栄道、右手をつき、左手をサッとついて素早く立つ。嘉風、頭から当たる。豪栄道、右でかち上げる。嘉風、上体が起きるが、右で押し上げながら左を差し込む。豪栄道、左を差す。嘉風、右で頭を叩きながら左へ回る。豪栄道、前のめりになって土俵に落ちる。

(4) 鶴竜戦 ○押し出し 7.8秒
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。鶴竜、両手をサッとつき、左から張る。嘉風、頭から当たり、右喉輪で相手を起こす。鶴竜、突き放す。嘉風、下がらず。鶴竜、叩きながら左に回る。嘉風、向き直り、左を差す。鶴竜、上体が起きて引く。嘉風、乗じて一気に前に出る。鶴竜、土俵際、右で頭を叩くが、先に俵の外に出る。嘉風、土俵に落ち、鶴竜、土俵下に落ちる。
20170517 04 319 嘉風 押し出し 鶴竜 40 鶴竜の足が出ている
〔殊勲インタビューを受ける嘉風〕
20170517 04 319 嘉風 押し出し 鶴竜 75 殊勲インタビュー 10 特に、といった後

(5) 玉鷲戦 ●押し出し 4.0秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から低く当たる。玉鷲、力強く突っ張る。嘉風、上体が起き、土俵際で叩く。玉鷲、そのまま押す。嘉風、土俵下に飛び落ちる。
20170518 05 314 玉鷲 押し出し 嘉風 40

(6) 琴奨菊戦 ○肩透かし 6.1秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、右肘を固めて頭から踏み込む。琴奨菊、左肘を固めて当たり、右で相手の差し手を引っ張り込んで抱え、前に出ようとする。嘉風、機を見て、左に回りながら肩透かしを引く。琴奨菊、堪えて前に出るが土俵に落ち、嘉風、俵の上で残る。
20170519 06 316 嘉風 肩透かし 琴奨菊 40-2

(7) 日馬富士戦 ●押し出し 6.2秒
 嘉風、先に両手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、踏み込んで頭で当たり合う。日馬富士、頭が相手の下になる。嘉風、上体が起きて少し下がり、左から張って左を差す。日馬富士、左下手を探る。嘉風、腰を引いて相手に廻しを与えず。日馬富士、叩いて体を離し、顎に向かって突き放しながら前に出る。嘉風、上体が起きて俵を割る。日馬富士、相手が落ちないようガシッと抱きしめる。
20170520 07 319 日馬富士 押し出し 嘉風 40
20170520 07 319 日馬富士 押し出し 嘉風 50

(中) 高安戦 ●叩き込み 2.6秒
 嘉風、先に両手をつく。高安、仕切り線後方でサッと両手をつき、両肘を固めて踏み込む。嘉風、頭から当たる。高安、左かち上げ気味に相手を起こし、顎に向かって突き放し、叩く。嘉風、前にバッタリ落ちる。
20170521 08 316 高安 叩き込み 嘉風 40

(9) 御嶽海戦 ○叩き込み 10.5秒
 嘉風、先に両手をつく。御嶽海、手をサッとつく。嘉風、素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たって右を差す。嘉風、左押っ付けで前に出、突き放す。御嶽海、左へ回り、頭をつけて右で押っ付ける。嘉風、筈で脇を押し上げ、機を見て叩く。御嶽海、土俵に落ちる。
20170522 09 315 嘉風 叩き込み 御嶽海 37

(10) 照ノ富士戦 ●寄り切り 5.8秒
 嘉風、先に両手をつく。照ノ富士、両手をサッとつく。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、胸で当たりを受け、左前廻しを探る。嘉風、腰を引いて廻しを与えず。照ノ富士、右を差す。嘉風、左を巻き替えて両差しになろうとする。照ノ富士、右で押っ付け、左筈で押し上げて相手を起こし、右上手を取って引きつけ、前に出る。嘉風、俵を割る。
20170523 10 317 照ノ富士 寄り切り 嘉風 40

(11) 遠藤戦 ●寄り切り 23.4秒
 嘉風、先に両手をつく。遠藤、一旦腰を下ろすが、腰を上げて下がりを分け直し、再び下す。嘉風、腰を上げて立合いを嫌う。2度目、嘉風、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつき、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。嘉風、右肘を固め、両者、頭で当たり合う。遠藤、左をねじ込む。嘉風、右で押っ付け、左を差そうとしながら前に出る。遠藤、右で押っ付けるが右足が俵に掛かる。嘉風、右で頭を叩いて少し引く。遠藤、乗じて右押っ付けで前に出、左下手を取る。嘉風、左差し手を返して左に回り、右で首を巻いて下がる。遠藤、左下手を持ってついて行く。嘉風、左に回って中に戻る。遠藤、右上手を探る。嘉風、腰を引いて上手を与えず、右押っ付けで前に出、右上手を取る。遠藤、土俵際を左へ回り、右足を俵に掛けながら堪える。嘉風、右上手を引きつけ、左差し手を返して寄る。遠藤、右足を俵に掛けて堪え、左下手を持って前に出る。嘉風、腰を振って廻しを切る。遠藤、下手を探りながら前に出る。嘉風、右上手を持って左に回り、伸びた右上手を引きつけながら前に出る。遠藤、左下手を取って土俵際堪える。嘉風、左で頭を押さえながら引く。遠藤、乗じて前に出、右上手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。嘉風、俵を割る。
20170524 11 315 遠藤 寄り切り 嘉風 40

(12) 千代の国戦 ○寄り切り 20.7秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。千代の国、仕切り線かなり後方で両手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。嘉風、頭から低く当たる。千代の国、突っ張りながら前に出る。嘉風、左を差す。千代の国、右上手を取る。嘉風、両差しで前に出ようとする。千代の国、上手を離して激しく突っ張る。嘉風、左から張り、左上手を取って左へ回り、突き放して相手を俵に追い詰め、左上手に手を伸ばす。千代の国、俵に足を掛けて右下手を取る。嘉風、左を巻き替えて差し、両差しになる。千代の国、深い右上手を持って少し中に戻る。嘉風、相手の上手を切る。千代の国、左で首を巻いて首投げに行こうとするが止める。嘉風、両差しで前に出る。千代の国、左で首を巻いて左半身になる。嘉風、相手の左側について寄り切る。
20170525 12 313 嘉風 寄り切り 千代の国 40

(13) 千代翔馬戦 ○渡し込み 6.3秒
 嘉風、先に手をつく。千代翔馬、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って踏み込む。嘉風、立てず。2度目、嘉風、右手をつく。千代翔馬、すぐに仕切り線後方でサッと両手をついて立つが、嘉風、立てず。3度目、嘉風、仕切り線少し後方で両手をつく。千代翔馬、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、右肘を固めて踏み込む。嘉風、左肘を固めて頭から当たり、左を差す。千代翔馬、右で差し手を抱える。嘉風、右で押っ付けながら左差しで前に出る。千代翔馬、土俵際、右小手に振ろうとする。嘉風、右で相手の左足を渡し込みながら前に出る。千代翔馬、俵を割り、両者、土俵下に落ちる。千代翔馬、客席に倒れ込む。
20170526 13 314 嘉風 渡し込み 千代翔馬 40

(14) 栃煌山戦 ○寄り切り 8.0秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立つ。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。栃煌山、右肘を固めて当たり、右を差そうとする。嘉風、突き放す。栃煌山、右から張る。嘉風、左を差す。栃煌山、突き放す。嘉風、頭を下げる。栃煌山、右から張る。嘉風、再び左を差して下手を探る。栃煌山、右で頭を叩いて左に回る。嘉風、向き直る。栃煌山、右から張り、引く。嘉風、両差しになって一気に前に出る。栃煌山、俵を割る。
20170527 14 315 嘉風 寄り切り 栃煌山 40

(楽) 北勝富士戦 ●押し出し 7.1秒
 嘉風、先に両手をつく。北勝富士、仕切り線後方で右手をつく。嘉風、素早く立って頭から踏み込む。北勝富士、遅れて立って低く当たる。嘉風、左を差して動きが止まりかけるが、行司 木村玉治郎はハッキヨイ。北勝富士、右押っ付けで押し上げながら前に出る。嘉風、上体が起きるが堪える。北勝富士、喉輪で突き放しながら前に出る。嘉風、土俵際を左へ回る。北勝富士、逃さず突き放す。嘉風、俵を割る。
20170528 15 315 北勝富士 押し出し 嘉風 40

〔嘉風、技能賞を受賞〕
20170528 15 351 技能賞 嘉風 06 直れ
20170528 15 900 千秋楽 12 三賞受賞者 @ニュース7

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

御嶽海 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-みたけうみ

2度目の小結だった先場所は、9勝6敗と初めて三役で勝ち越した。→先場所の取組内容
地元長野県の松本市で巡業が行われ、大人気だった。(→スポーツ報知記事、記事が表示されない場合は→こちら
二場所連続で小結で迎えた今場所、初日に横綱鶴竜と対戦。相手の引きに乗じ、押し出して白星発進。
二日目大栄翔、三日目関脇玉鷲に勝ち、初日から3連勝。
四日目、今場所大関昇進を懸ける関脇高安と対戦。土俵際まで追い込むも、首投げで逆転され、初黒星を喫する。
そこから上位戦が続いたこともあり、横綱白鵬、稀勢の里、大関豪栄道、照ノ富士らに敗れて6連敗。3勝6敗と黒星先行に。
十日目、千代の国を押し出し、連敗を止めて4勝目。
十一日目、横綱日馬富士を寄り切り。初日の鶴竜に続いて2横綱撃破。
十二日目は関脇琴奨菊、十三日目は遠藤、十四日目は勢と5連勝。勝ち越しを決める。
千秋楽、正代に寄り切られ、8勝7敗の成績で終える。初めて殊勲賞を受賞。勝ち越しは3場所連続、三役では2場所連続。



(初) 鶴竜戦 ○押し出し 5.4秒
 御嶽海、手をついて前のめりになり、一旦その手を戻す。両者、ほぼ同時にサッと手をついて立ち、頭から低く踏み込む。御嶽海、右手を出して当たる。鶴竜、押し上げながら前に出る。御嶽海、土俵際を右に回る。鶴竜、下がりながら右を差す。御嶽海、乗じて左で極め気味に抱え、右筈で押しながら前に出る。鶴竜、土俵下に落ちる。
20170514 01 320 御嶽海 押し出し 鶴竜 40
〔殊勲インタビューを受ける御嶽海〕
20170514 01 320 御嶽海 押し出し 鶴竜 75 殊勲インタビュー

(2) 大栄翔戦 ○押し出し 4.0秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。御嶽海、腰を下ろし、手をサッとつく。大栄翔、頭を下げる。御嶽海、右手を出して頭から踏み込み、突き放す。大栄翔、突き放すが前に出られず、引いて右に回る。御嶽海、乗じて押しながら前に出る。大栄翔、俵に詰まる。御嶽海、そこを更に押す。大栄翔、俵の外に出る。
20170515 02 314 御嶽海 押し出し 大栄翔 40

(3) 玉鷲戦 ○掬い投げ 7.5秒
 御嶽海、先に手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たり、両者、突き放し合う。玉鷲、突っ張る。御嶽海、下からあてがい、押して前に出る。玉鷲、俵に足が掛かるが、右押っ付け、左喉輪で前に出る。御嶽海、土俵際両差しになり、体を入れ替えるように左から掬う。玉鷲、体が伸びて土俵に裏返る。
20170516 03 314 御嶽海 掬い投げ 玉鷲 40-2
20170516 03 314 御嶽海 掬い投げ 玉鷲 45-2

(4) 高安戦 ●首投げ 7.3秒
 両者、ほぼ同時に手をサッとつく。高安、両肘を固めて踏み込む。御嶽海、右肘を固めて頭から踏み込み、相手の当たりに下がらず。高安、右喉輪で押し上げる。御嶽海、下がらず相手の喉輪を外し、押しながら前に出る。高安、上体が起きて土俵際。御嶽海、右押っ付けで押し上げ、左を差して寄る。高安、俵に足を掛けながら左首投げ。御嶽海、土俵に裏返り、高安、その上に乗る。
20170517 04 314 高安 首投げ 御嶽海 38

(5) 白鵬戦 ●上手投げ 4.5秒
 御嶽海、先に右手をつく。白鵬、右、左とサッと手をついて立ち、左から張る。御嶽海、左肘を固めて頭から当たろうとする。白鵬、そこを右肘でかち上げて起こす。御嶽海、一瞬頭が上がるが、右を差して前に出る。白鵬、右を差して左上手を取り、上手投げで相手を土俵際にし、右で頭を押さえつけながら相手を土俵下に沈め、自分も土俵下に落ちる。
20170518 05 318 白鵬 上手投げ 御嶽海 40

(6) 豪栄道戦 ●下手投げ 8.0秒
 御嶽海、両手をつく。豪栄道、すぐに右手をつき、左手をサッと動かす。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。豪栄道、頭から低く当たる。御嶽海、顔に向かって押し上げる。豪栄道、下がらず、叩きながら左へ開く。御嶽海、泳ぐが向き直る。豪栄道、右肘でかち上げ、左で押し上げる。御嶽海、土俵際、左で後ろ廻しを取り、右で頭を押さえながら左に回って体を入れ替える。豪栄道、土俵際、右差し手を返して後ろ廻しを取る。御嶽海、左で首を巻く。豪栄道、右下手投げ。御嶽海、土俵外に裏返る。
20170519 06 318 豪栄道 下手投げ 御嶽海 40

(7) 稀勢の里戦 ●寄り切り 55.0秒
 御嶽海、先に手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って左肘を固める。御嶽海、両肘を固めて頭から当たり、左を差し、右押っ付けで押し上げる。稀勢の里、上体が起きるが、右押っ付けで堪える。御嶽海、右から絞りながら右上手を取る。稀勢の里、左手で相手の上手を切る。御嶽海、再び右から絞り、左筈を相手の腹にあてて肘を張り、相手に上手を与えず。稀勢の里、左を十分差せず、上体が起きた体勢。御嶽海、右上手を取り、上手投げで振って寄る。稀勢の里、俵に詰まるが、左下手を取って堪え、中に戻る。両者土俵中央、御嶽海、頭をつけて右上手を持ち、稀勢の里、左下手を左半身の体勢で、しばらく止まる(約15秒間)。稀勢の里、左下手を引きつけて前に出る。御嶽海、右上手を持って土俵際堪える。両者、しばらく止まる(約12秒間)。稀勢の里、前に出ようとする。御嶽海、右足内掛けに行く。稀勢の里、足を外して寄る。御嶽海、俵を割る。
20170520 07 320 稀勢の里 寄り切り 御嶽海 40

(中) 照ノ富士戦 ●極め出し 5.0秒
 御嶽海、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手を動かし、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手をを出し、左肘を固めて頭から踏み込み、両差しになって前に出る。照ノ富士、外から抱え、やや仰け反って相手を浮かせ、極めて前に出る。御嶽海、堪らず俵を割る。
20170521 08 317 照ノ富士 極め出し 御嶽海 30
20170521 08 317 照ノ富士 極め出し 御嶽海 40

(9) 嘉風戦 ●叩き込み 10.5秒
 嘉風、先に両手をつく。御嶽海、手をサッとつく。嘉風、素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たって右を差す。嘉風、左押っ付けで前に出、突き放す。御嶽海、左へ回り、頭をつけて右で押っ付ける。嘉風、筈で脇を押し上げ、機を見て叩く。御嶽海、土俵に落ちる。
20170522 09 315 嘉風 叩き込み 御嶽海 37

(10) 千代の国戦 ○押し出し 6.5秒
 千代の国、仕切り線後方で先に両手をつく。御嶽海、両手をサッとつく。千代の国、素早く立ち、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。千代の国、左肘を固めて当たり、右喉輪で押し上げる。御嶽海、右押っ付けから右を差す。千代の国、突き放すが前に出られず、叩きながら左へ回る。御嶽海、乗じて前に出ながら押す。千代の国、土俵下に落ちる。
20170523 10 315 御嶽海 押し出し 千代の国 40

(11) 日馬富士戦 ○寄り切り 4.6秒
 御嶽海、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、御嶽海、素早く立ち、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。日馬富士、頭から低く踏み込んで当たる。御嶽海、両差しになって前に出る。日馬富士、左上手を取って左へ回る。御嶽海、右差し手を返して前に出る。日馬富士、土俵際、右押っ付けで押し上げて右を差し、左上手を取るが、その際、左足が俵の外に出る。日馬富士、気づかず、左上手投げで相手を土俵際にするが、取組を止められる。
20170524 11 320 御嶽海 寄り切り 日馬富士 35 日馬富士の足が出る

(12) 琴奨菊戦 ○寄り切り 7.9秒
 御嶽海、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。御嶽海、素早く立ち、頭から踏み込む。琴奨菊、頭から当たる。御嶽海、左を差して差し手を返し、深い右上手を取る。琴奨菊、右で差し手を抱えてがぶりながら前に出る。御嶽海、右上手投げで振って体を入れ替える。琴奨菊、土俵際から少し戻り、左から掬う。御嶽海、そこを右外掛けで堪える。琴奨菊、掛けられた足を外す。御嶽海、右上手を持って前に出る。琴奨菊、土俵際、左肘を張りながら相手の上手を切るが、左足が俵の外に出る。
20170525 12 316 御嶽海 寄り切り 琴奨菊 40

(13) 遠藤戦 ○引き落し 6.8秒
 御嶽海、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手を出して頭から踏み込む。遠藤、左を差そうとする。御嶽海、両手で相手の差し手を抱えて右に回り、左喉輪で押しながら前に出る。遠藤、右足を俵に掛けて堪える。御嶽海、叩きながら引く。遠藤、乗じて前に出、突っ張り、右で押っ付けながら前に出る。御嶽海、引いて俵の上で左に開く。遠藤、前に落ち、御嶽海、俵の上左足一本で残る。
20170526 13 315 御嶽海 引き落とし 遠藤 40

(14) 勢戦 ○押し出し 5.5秒
 勢、先に右手をつく。御嶽海、手をサッとつく。勢、右肘を固めて踏み込む。御嶽海、左肘を固めて頭から踏み込み、突き放し、左を差し、右も差そうとしながら前に出る。勢、左で押っ付け、一瞬右で首を巻く体勢になるが止め、左押っ付けで中に戻る。御嶽海、筈で押し上げる。勢、少し叩いて体を離そうとする。御嶽海、乗じて押しながら前に出る。勢、俵を割る。
20170527 14 314 御嶽海 押し出し 勢

(楽) 正代戦 ●寄り切り 11.5秒
 御嶽海、先に両手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつく。御嶽海、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。正代、両肘を固めて胸で当たり、左を差す。御嶽海、右を巻き替えて差す。正代、左押っ付けで押し上げて突き、左で後ろ廻しを取って頭をつける。御嶽海、右下手を取って右半身の体勢。正代、右下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。御嶽海、上体が起きて俵を割る。
20170528 15 316 正代 寄り切り 御嶽海 40
〔殊勲賞受賞インタビューを受ける御嶽海〕
20170528 15 351 殊勲賞 御嶽海 01

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

琴奨菊 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-ことしょうぎく

大関から関脇に陥落した先場所は、9勝6敗と、一場所での大関復帰には、1勝足らなかった。→先場所の取組内容
場所前、第一子の男の子が誕生。
二所ノ関一門連合稽古では、稀勢の里、高安、嘉風らと稽古。(稀勢の里との稽古→①→②→③→稽古後コメント
関脇2場所目で迎えた今場所、初日は横綱日馬富士に寄り切られて黒星発進。そのまま三日目まで3連敗。
四日目、関脇玉鷲を叩き込んで初日を出す。
五日目、大関照ノ富士に上手投げで敗れてから再び黒星が連なり、大関豪栄道、横綱白鵬らに4連敗。7敗目と後がなくなる。
九日目、遠藤戦では、がぶり寄りを見せて2勝目。
十日目、幕内対戦が63回と歴代最多の横綱稀勢の里と対戦(→幕内対戦回数記録)。寄り切りで勝って連勝。
十一日目、千代の国を寄り切って3連勝。7敗で踏み止まり続ける。
十二日目、小結御嶽海に寄り切られて8敗目。負け越しが決まる。
十三日目から千秋楽まで3連勝。7勝8敗と1点の負け越しに留め、三役残留が濃厚に。



(初) 日馬富士戦 ●寄り切り 5.6秒
 日馬富士は仕切り線そばで、琴奨菊は仕切り線後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。日馬富士、左から張って両差しを狙う。琴奨菊、左肘を固めて当たる。日馬富士、深い左下手を取り、右も差して両下手を取る。琴奨菊、外から抱える体勢になり、左から押っ付ける。日馬富士、両下手を引きつけて寄る。琴奨菊、上体が起きて俵を割る。
20170514 01 319 日馬富士 寄り切り 琴奨菊

(2) 千代翔馬戦 ●突き落し 5.2秒
 琴奨菊、仕切り線後方で先に左手をつく。千代翔馬、左手をつこうとしてやめ、少し経ってから左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、左肘を固めて頭から踏み込む。千代翔馬、右肘を固めて当たる。琴奨菊、左を差し、どんどん前に出る。千代翔馬、土俵際、左掬い投げで振って残す。琴奨菊、左差しで前に出る。千代翔馬、右から突く。琴奨菊、土俵に這う。
20170515 02 315 千代翔馬 突き落とし 琴奨菊 40

(3) 高安戦 ●叩き込み 3.6秒
 高安、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立ち、両肘を固めて胸で強く当たり合う。琴奨菊、相手の当たりに弾かれて上体が起きる。高安、突っ張りながら前に出る。琴奨菊、左足を俵に掛けて堪える。高安、叩きながら左へ回る。琴奨菊、土俵に落ちる。
20170516 03 315 高安 叩き込み 琴奨菊 10
20170516 03 315 高安 叩き込み 琴奨菊 15 激しく突っ張る高安
20170516 03 315 高安 叩き込み 琴奨菊 40

(4) 玉鷲戦 ○寄り切り 9.9秒
 玉鷲、先に左手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと両手をつきく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込む。玉鷲、右喉輪で相手を起こす。琴奨菊、右で相手の左腕を引っ張り込み、左を差して前に出る。玉鷲、土俵際、右小手で振る。琴奨菊、振られるが堪え、右もねじ込んで寄る。玉鷲、俵に両足を掛けて堪える。琴奨菊、両差しでがぶり続ける。玉鷲、ついに俵を割る。
20170517 04 315 琴奨菊 寄り切り 玉鷲 37-2

(5) 照ノ富士戦 ●上手投げ 13.7秒
 琴奨菊、仕切り線後方で手をつく。照ノ富士、すぐに仕切り線少し後方でサッと手をついて突っ掛ける。2度目、琴奨菊、仕切り線後方で手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつく。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、左手を出して右肩から踏み込んで当たる。琴奨菊、すぐに左上手前廻しを取り、右差し手を返して前に出る。照ノ富士、右下手を取って堪え、相手の上手を切る。琴奨菊、左で押っ付けながらがぶる。照ノ富士、土俵際堪える。琴奨菊、右から掬う。照ノ富士、右下手を持って中に戻る。琴奨菊、深い右下手を取る。照ノ富士、左上手に手を伸ばして取り、前に出ながら上手投げ。琴奨菊、土俵に転がる。
20170518 05 317 照ノ富士 上手投げ 琴奨菊 40

(6) 嘉風戦 ●肩透かし 6.1秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、右肘を固めて頭から踏み込む。琴奨菊、左肘を固めて当たり、右で相手の差し手を引っ張り込んで抱え、前に出ようとする。嘉風、機を見て、左に回りながら肩透かしを引く。琴奨菊、堪えて前に出るが土俵に落ち、嘉風、俵の上で残る。
20170519 06 316 嘉風 肩透かし 琴奨菊 40-2

(7) 豪栄道戦 ●突き落し 8.2秒
 豪栄道、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固めて頭から踏み込む。琴奨菊、左肘を固めて当たり、左を差す。豪栄道、左差し、右押っ付けで前に出る。琴奨菊、左で掬いながら左に回って堪える。豪栄道、右押っ付けで前に出ようとする。琴奨菊、再び左から掬い、右で差し手を抱えながらがぶる。豪栄道、土俵際、右から突く。琴奨菊、土俵に転がる。
20170520 07 317 豪栄道 突き落とし 琴奨菊 37

(中) 白鵬戦 ●上手出投 6.4秒
 琴奨菊、仕切り線後方で先に左手をつく。白鵬、右手をつき、左手をサッとついて素早く立つ。琴奨菊、少し遅れてその場で立ち、右肘を固める。白鵬、踏み込んで左上手前廻しに手を伸ばす。琴奨菊、腰を引いて上手を与えず、左を差して前に出ようとする。白鵬、左上手を取る。琴奨菊、右差し手を抜いて上手を探るが取れず。白鵬、左下手を持ち、右上手を取って両廻し。琴奨菊、右で押っ付け、腰をぶつけて相手の下手を切る。白鵬、左差し手を抜いて体を開き、左で頭を押さえながら右上手出し投げ。琴奨菊、土俵に転がる。
20170521 08 319 白鵬 上手出し投げ 琴奨菊 40

(9) 遠藤戦 ○寄り切り 3.1秒
 遠藤、仕切り線後方で先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、左手を出す。琴奨菊、右肘を固めて踏み込む。遠藤、右で押っ付けながら右に回り、右上手を取る。琴奨菊、右で差し手を抱え、左差しでがぶる。遠藤、上体が起きて俵を割る。
20170522 09 317 琴奨菊 寄り切り 遠藤 40

(10) 稀勢の里戦 ○寄り切り 2.7秒
 稀勢の里、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、右肘を固めて頭から踏み込む。稀勢の里、左肘を固めて当たる。琴奨菊、左を差し、前に出ながら差し手を返して寄る。稀勢の里、力なく土俵下に落ちる。
20170523 10 320 琴奨菊 寄り切り 稀勢の里 40

(11) 千代の国戦 ○寄り切り 5.7秒
 千代の国、先に手をつく。琴奨菊、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。琴奨菊、右で相手の左腕を引っ張り込み、左差し手を返して前に出る。千代の国、土俵際を左へ回り、右で小手に振る。琴奨菊、堪えて右上手を取って寄る。千代の国、仰け反って堪えるが、俵の外に出る。
20170524 11 316 琴奨菊 寄り切り 千代の国 37

(12) 御嶽海戦 ●寄り切り 7.9秒
 御嶽海、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。御嶽海、素早く立ち、頭から踏み込む。琴奨菊、頭から当たる。御嶽海、左を差して差し手を返し、深い右上手を取る。琴奨菊、右で差し手を抱えてがぶりながら前に出る。御嶽海、右上手投げで振って体を入れ替える。琴奨菊、土俵際から少し戻り、左から掬う。御嶽海、そこを右外掛けで堪える。琴奨菊、掛けられた足を外す。御嶽海、右上手を持って前に出る。琴奨菊、土俵際、左肘を張りながら相手の上手を切るが、左足が俵の外に出る。
20170525 12 316 御嶽海 寄り切り 琴奨菊 40

(13) 隠岐の海戦 ○寄り切り 5.6秒
 隠岐の海、先に右手をつき、左手をブラブラ動かす。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。その直前、隠岐の海、素早く立ち、右肘を固める。琴奨菊、両肘を固めて頭から当たる。隠岐の海、右を差す。琴奨菊、右を差して左で押っ付ける。隠岐の海、左で押っ付ける。琴奨菊、右差し手を抜いて右で差し手を抱え、左筈で押しながら前に出る。隠岐の海、俵に詰まって上体が起きる。琴奨菊、腰を下ろして寄り切る。
20170526 13 316 琴奨菊 寄り切り 隠岐の海 40

(14) 大栄翔戦 ○寄り切り 3.5秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッと動かして立つ。大栄翔、両手オを出して頭から当たる。琴奨菊、右で相手の左腕を引っ張り込み、左差しで前に出る。大栄翔、上体が起きて俵を割る。
20170527 14 317 琴奨菊 寄り切り 大栄翔 40

(楽) 勢戦 ○押し出し 8.3秒
 勢、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとつく。勢、素早く立って右肩から踏み込む。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込み、右を差す。勢、左で押っ付け、右を差す。琴奨菊、右差し手を返し、左上手を取る。勢、右手で廻しを切って体を離す。琴奨菊、左を差し、右で押っ付けながら前に出る。勢、俵に詰まる。琴奨菊、がぶり、相手の胸を押す。勢、上体が起きて俵を割る。
20170528 15 317 琴奨菊 押し出し 勢 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

高安 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-たかやす

再び関脇に上がった先場所は、12勝3敗の成績だった。→先場所の取組内容
小結だった先々場所の11勝と合わせると、「三役の地位での連続3場所の合計が33勝以上」という大関昇進への目安に、あと10勝となる。そのため夏場所は、大関とりの場所に。高安が大関昇進を懸けるのは、昨年11月場所以来、2度目。
番付発表時の会見では、「全勝したい」「次は自分が優勝したい」と意欲を燃やす。(→会見の様子
稽古総見では、横綱日馬富士と稽古。(→日馬富士との稽古)ぶつかり稽古では、横綱白鵬の胸を借りる。 →大関とり挑む関脇高安“横綱パワー”吸収(デイリースポーツ記事) 記事が表示されない場合は→こちら→稽古総見後高安コメント
同部屋の兄弟子 横綱 稀勢の里が、怪我の影響で十分稽古できないこともあり、時津風部屋や阿武松部屋に積極的に出稽古に行って横綱鶴竜らと稽古し、二所ノ関一門連合稽古では白鵬とも稽古した。(→白鵬との稽古後コメント
迎えた今場所、場所入りの際は、菖蒲柄の着物を身につけ、勝負に懸ける気持ちを高める。(→高安の場所入り
初日は、大栄翔を叩き込んで白星発進。
二日目は角番大関の豪栄道を突き出して完勝。三日目は関脇の琴奨菊を叩き込んで3連勝。
四日目は、初日に横綱鶴竜を撃破した小結御嶽海と対戦。土俵際に追い込まれるが、首投げで逆転。五日目は遠藤を寄り切って5連勝。
六日目、関脇玉鷲に押し出されて初黒星。
連敗せず、七日目から3連勝し、九日目に勝ち越しを決める。
十日目、勝ちっ放しの横綱白鵬に寄り倒されて2敗目。
連敗せず、また白星を連ね、十二日目に10勝目。大関昇進の目安に到達。(→支度部屋でのコメント
十三日目、横綱日馬富士を叩き込んで11勝目。観戦に来ていた両親も喜ぶ。横綱を破ったこと、目安より更に星を積み上げたことで、昇進ムードが一気に高まる。(→支度部屋でのコメント
十四日目、正代戦では、引き、更に呼び込むような上手投げに行き、乗じて寄り倒される。
千秋楽、土俵に上がる前に、高安の大関昇進を諮る理事会の開催が八角理事長に要請され、理事長も了承したことで、事実上昇進が決まる。取組では、大関照ノ富士に肘を極めながらの小手投げで敗れて連敗。11勝4敗で今場所を終え、技能賞を受賞。
場所後は、大関昇進に向けて大きく注目される。(→千秋楽翌日会見の様子→昇進前日の様子
大関昇進伝達式では、「大関の名に恥じぬよう、正々堂々精進します」と述べ、正式に大関高安が誕生。(→伝達式口上→鯛を持ち上げる→稀勢の里と握手→伝達式後会見でのコメント



(初) 大栄翔戦 ○叩き込み 4.3秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。高安、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、両手を出して頭から当たる。高安、両肘を固めてかち上げ気味に当たり、突っ張る。大栄翔、仰け反りながらあてがって堪える。高安、右から突いて相手を崩し、叩く。大栄翔、土俵に両手をつく。
20170514 01 314 高安 叩き込み 大栄翔 35

(2) 豪栄道戦 ○突き出し 3.6秒
 豪栄道、右手をつく。高安、すぐに右手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固めて頭から低く踏み込む。高安、当たりで相手をはじき起こす。豪栄道、上体が完全に起きる。高安、突っ張りながら前に出る。豪栄道、相手の手を叩きながら左へ回ろうとするが土俵際。高安、逃さず突っ張りながら前に出る。豪栄道、俵の外に出る。
20170515 02 317 高安 突き出し 豪栄道 40

(3) 琴奨菊戦 ○叩き込み 3.6秒
 高安、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立ち、両肘を固めて胸で強く当たり合う。琴奨菊、相手の当たりに弾かれて上体が起きる。高安、突っ張りながら前に出る。琴奨菊、左足を俵に掛けて堪える。高安、叩きながら左へ回る。琴奨菊、土俵に落ちる。
20170516 03 315 高安 叩き込み 琴奨菊 10
20170516 03 315 高安 叩き込み 琴奨菊 15 激しく突っ張る高安
20170516 03 315 高安 叩き込み 琴奨菊 40

(4) 御嶽海戦 ○首投げ 7.3秒
 両者、ほぼ同時に手をサッとつく。高安、両肘を固めて踏み込む。御嶽海、右肘を固めて頭から踏み込み、相手の当たりに下がらず。高安、右喉輪で押し上げる。御嶽海、下がらず相手の喉輪を外し、押しながら前に出る。高安、上体が起きて土俵際。御嶽海、右押っ付けで押し上げ、左を差して寄る。高安、俵に足を掛けながら左首投げ。御嶽海、土俵に裏返り、高安、その上に乗る。
20170517 04 314 高安 首投げ 御嶽海 38

(5) 遠藤戦 ○寄り切り 9.8秒
 高安、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、頭から踏み込む。高安、両肘を固め、右肩から力強く当たる。遠藤、下から押し上げて下がらず。高安、右を差す。遠藤、下がりながら左を巻き替えて差し、右で押っ付けながら右に回る。高安、乗じて左差しで前に出、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、左下手を取る。高安、右押っ付けで押し上げながら前に出る。遠藤、上体が起き、ややあっさり俵を割る。
20170518 05 315 高安 寄り切り 遠藤 40

(6) 玉鷲戦 ●押し出し 2.9秒
 高安、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて立つ。高安、両肘を固める。玉鷲、左手を出して頭から踏み込む。高安、右肘でかち上げる。玉鷲、下がらず、右喉輪で押し上げ、突き放しながら一気に前に出る。高安、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170519 06 315 玉鷲 押し出し 高安 40

(7) 千代翔馬戦 ○突き落し 2.5秒
 高安、仕切り線少し後方で先に手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。高安、両肘を固めて力強く当たる。千代翔馬、左下手に手を伸ばすが取れず。高安、突っ張り、右に開いて右で突く。千代翔馬、土俵に手をつき、両足が宙を舞って土俵に転がる。
20170520 07 315 高安 突き落とし 千代翔馬 37
20170520 07 315 高安 突き落とし 千代翔馬 42

(中) 嘉風戦 ○叩き込み 2.6秒
 嘉風、先に両手をつく。高安、仕切り線後方でサッと両手をつき、両肘を固めて踏み込む。嘉風、頭から当たる。高安、左かち上げ気味に相手を起こし、顎に向かって突き放し、叩く。嘉風、前にバッタリ落ちる。
20170521 08 316 高安 叩き込み 嘉風 40

(9) 千代の国戦 ○上手投げ 14.5秒
 千代の国、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から当たる。高安、右肘でかち上げる。両者、突っ張り合い。千代の国、突き勝って前に出、右喉輪で突き上げ、少し引く。両者、体が離れる。千代の国、右喉輪で押し上げる。高安、左を差す。千代の国、右上手に手を掛ける。高安、相手の上手を切って深い左下手を取り、右上手も取って前に出る。千代の国、右押っ付けで相手の下手を切る。高安、右上手投げを下に打つ。千代の国、土俵に落ちる。
20170522 09 316 高安 上手投げ 千代の国 40
〔勝ち越しインタビューを受ける 高安〕
20170522 09 316 高安 上手投げ 千代の国 75 勝ち越しインタビュー 10

(10) 白鵬戦 ●寄り倒し 25.5秒
 高安、先に右手をつく。白鵬、右、左とサッと手をつく。高安、素早く立つ。白鵬、右から張って、右へ踏み出す。高安、向き直る。白鵬、右を差し、左上手を探るが取れず、右下手を取る。高安、左上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取り、何度も左手を伸ばしながら前に出る。白鵬、左上手を取り、両廻しを持って前に出る。高安、左上手を取って両廻しになる。白鵬、腰を下ろして相手の廻しを切る。高安、土俵際、右から掬って中に戻る。白鵬、左上手を持って頭をつける。高安、右を差した右半身の体勢、左で相手の右手首を掴む。白鵬、機を見て右筈で押し上げ、左上手を持って一気に前に出る。高安、土俵際で左で頭を叩く。白鵬、そのまま相手に体を預ける。高安を下にして、両者、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170523 10 321 白鵬 寄り倒し 高安 40

(11) 栃煌山戦 ○叩き込み 4.0秒
 高安、先に右手をつく。栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線後方でサッと両手をついて立ち、頭から踏み込む。高安、両肘を固めて当たり、突き放して前に出る。栃煌山、あてがうが土俵際。高安、叩きながら左に開く。栃煌山、前に泳いで土俵に倒れる。
20170524 11 317 高安 叩き込み 栃煌山 35

(12) 宝富士戦 ○上手投げ 4.7秒
 宝富士、先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、素早く立って両手を出す。宝富士、両手突きを受けて上体が起きるが、左を差す。高安、深い右上手を取り、すぐに呼び込むように右へ下がり、土俵際で上手投げ。宝富士、俵の外に倒れ、その後、高安、土俵下に落ちる。
20170525 12 314 高安 上手投げ 宝富士 40

(13) 日馬富士戦 ○叩き込み 8.9秒
 高安、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。高安、素早く立って踏み込み、左を差そうとする。日馬富士、頭から低く当たり、右で押っ付ける。高安、右上手を取って右へ回る。日馬富士、堪えて左下手を取り、サッと体を開いて下手投げを打ち、下手を離す。高安、前に泳ぎ、土俵際向き直る。日馬富士、そこを押し上げる。高安、俵に足を掛けて堪える。日馬富士、頭を下げて当たろうとする。高安、そこを叩く。日馬富士、前につんのめって土俵に手をつき、土俵下に転がり落ちる。
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 40-1
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 50-1
〔喜ぶ高安の両親〕
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 60 喜ぶご両親 02
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 60 喜ぶご両親 15
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 60 喜ぶご両親 20
〔殊勲インタビューを受ける 高安〕
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 75 インタビュー 01

(14) 正代戦 ●寄り倒し 5.8秒
 正代、仕切り線少し後方で先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、肘を固めて胸で当たり合う。高安、当たり勝ち、突き放す。正代、下からあてがって左へ回る。高安、叩きながら引く。正代、落ちずに突き放す。高安、右上手を取り、呼び込むように下がり、土俵際上手投げに行く。正代、左差し手を突きつける。高安、先に左手をついて土俵に落ち、両者、土俵下に転がり落ちる。
20170527 14 318 正代 寄り倒し 高安 35
20170527 14 318 正代 寄り倒し 高安 40

(楽) 照ノ富士戦 ●小手投げ 13.7秒
 高安、先に右手をつく。照ノ富士、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、頭を下げて左肘を固める。照ノ富士、踏み込んで当たり、左上手前廻しを探る。高安、左を差そうとするがさせず、左で頭を叩きながら右へ回る。照ノ富士、向き直る。両者、突き放し合う。高安、両差しになろうとする。照ノ富士、頭をつけ、極めながら前に出る。高安、左差し手を抜く。照ノ富士、左で極めながら小手投げを打つ。高安、堪らず土俵に転がり、右肘を気にする。
20170528 15 319 照ノ富士 小手投げ 高安 35

〔高安、技能賞を受賞〕
20170528 15 351 技能賞 高安
20170528 15 900 千秋楽 12 三賞受賞者 @ニュース7

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

玉鷲 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-たまわし

関脇2場所目だった先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
関脇連続3場所目の今場所、初日は千代翔馬を押し出して白星発進。
二日目、大関照ノ富士を土俵下に吹っ飛ばして連勝(→土俵下に落ちた照ノ富士)。殊勲インタビューでは笑顔全開。
三日目、小結御嶽海に掬い投げで倒されて初黒星。御嶽海には7回対戦して全敗。
四日目、関脇琴奨菊に寄り切られて連敗。相手の寄りを俵でこらえ続けた際に腰を痛めたようで、花道奥で付け人の肩を借りる。(→付け人に肩を借りる玉鷲
五日目、ここまで2横綱1大関を撃破した小結嘉風を押し出し、3勝目。
六日目、今場所大関昇進が懸かり、ここまで勝ちっ放しの関脇高安と対戦。土俵下に吹っ飛ばし、初黒星をつける。(→取組後の玉鷲コメント→“ツンデレ”付け人の秘策(スポーツ報知記事) 記事が表示されない場合は→こちら
そのまま白星を連ねて4連勝。6勝2敗と白星先行。
九日目、横綱日馬富士に寄り切られて3敗目。
十日目、遠藤の肘を極めるような小手投げで倒して7勝目。
十一日目は、横綱稀勢の里の休場による不戦勝で、勝ち越しが決まる。
十三日目は、ただ一人勝ちっ放しの横綱白鵬戦と対戦。3度目の立合いからの相撲で寄り倒され、黒星をつけられず。
十四日目は栃ノ心戦。相手の立合い変わりながらの叩き込みに敗れて5敗目。
千秋楽、大関豪栄道を叩き込み、10勝5敗で今場所を終える。
待った合計5回は、白鵬と並んで今場所の幕内最多。(→今場所の幕内各種データ順位
勝ち越しは6場所連続。三役では4場所連続。関脇で二桁勝利を上げ、大関昇進への足掛かりを作る。



(初) 千代翔馬戦 ○押し出し 4.0秒
 玉鷲、左手をつく。千代翔馬、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左で相手の肩を押さえる。玉鷲、両手を出し、両者、頭で当たり合う。玉鷲、押しながらどんどん前に出る。千代翔馬、相手の手をいなしながら土俵際を左へ回る。玉鷲、逃さず突き放す。千代翔馬、土俵下に吹っ飛び、高田川審判の上に圧し掛かる。
20170514 01 315 玉鷲 押し出し 千代翔馬 40
20170514 01 315 玉鷲 押し出し 千代翔馬 45

(2) 照ノ富士戦 ○押し出し 5.6秒
 玉鷲、先に左手をつく。照ノ富士、両手をサッとついて立ち、右から張る。玉鷲、踏み込み、左筈で押し上げ、右で小手に振り、突き放しながら前に出る。照ノ富士、右を差すが土俵際。玉鷲、押す。照ノ富士、土俵下の稀勢の里の上に落ちる。
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 43
〔殊勲インタビューを受ける玉鷲〕
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 75 玉鷲殊勲インタビュー


(3) 御嶽海戦 ●掬い投げ 7.5秒
 御嶽海、先に手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たり、両者、突き放し合う。玉鷲、突っ張る。御嶽海、下からあてがい、押して前に出る。玉鷲、俵に足が掛かるが、右押っ付け、左喉輪で前に出る。御嶽海、土俵際両差しになり、体を入れ替えるように左から掬う。玉鷲、体が伸びて土俵に裏返る。
20170516 03 314 御嶽海 掬い投げ 玉鷲 40-2
20170516 03 314 御嶽海 掬い投げ 玉鷲 45-2

(4) 琴奨菊戦 ●寄り切り 9.9秒
 玉鷲、先に左手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと両手をつきく。両者、ほぼ同時に立ち、頭から踏み込む。玉鷲、右喉輪で相手を起こす。琴奨菊、右で相手の左腕を引っ張り込み、左を差して前に出る。玉鷲、土俵際、右小手で振る。琴奨菊、振られるが堪え、右もねじ込んで寄る。玉鷲、俵に両足を掛けて堪える。琴奨菊、両差しでがぶり続ける。玉鷲、ついに俵を割る。
20170517 04 315 琴奨菊 寄り切り 玉鷲 37-2

(5) 嘉風戦 ○押し出し 4.0秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から低く当たる。玉鷲、力強く突っ張る。嘉風、上体が起き、土俵際で叩く。玉鷲、そのまま押す。嘉風、土俵下に飛び落ちる。
20170518 05 314 玉鷲 押し出し 嘉風 40

(6) 高安戦 ○押し出し 2.9秒
 高安、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて立つ。高安、両肘を固める。玉鷲、左手を出して頭から踏み込む。高安、右肘でかち上げる。玉鷲、下がらず、右喉輪で押し上げ、突き放しながら一気に前に出る。高安、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170519 06 315 玉鷲 押し出し 高安 40

(7) 千代の国戦 ○叩き込み 9.5秒
 千代の国、先に手をつく。玉鷲、時をおき、左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。千代の国、突き放そうとする。玉鷲、下がらず、右喉輪で押し上げる。千代の国、仰け反るが堪え、突き放す。玉鷲、突き返し、頭で当たって突き放して相手を下がらせる。千代の国、土俵際で突っ張る。玉鷲、突っ張りで応戦し、機を見て叩く。千代の国、土俵に両手をつく。
20170520 07 316 玉鷲 叩き込み 千代の国 40

(中) 隠岐の海戦 ○押し出し 1.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつこうとする。隠岐の海、ふわっと突っ掛ける。2度目、隠岐の海、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッと動かす。両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固めて当たる。玉鷲、頭から踏み込み、両手で押しながら一気に前に出る。隠岐の海、土俵下に落ちる。
20170521 08 315 玉鷲 押し出し 隠岐の海 40

(9) 日馬富士戦 ●寄り切り 4.7秒
 玉鷲、先に左手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。玉鷲、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から低く当たり、左廻しに手を掛ける。玉鷲、押す。日馬富士、左膝が土俵につきそうな低い体勢になるが堪え、叩きながら右に回る。玉鷲、前のめりになり、土俵際向き直る。日馬富士、そこを突き上げ、両下手を取って寄る。玉鷲、上体が起きて俵を割る。両者、土俵下に落ちる。勝負後、日馬富士、右足を痛そうにする。親指を痛めたよう。
20170522 09 321 日馬富士 寄り切り 玉鷲 15 日馬富士の低い体勢
20170522 09 321 日馬富士 寄り切り 玉鷲 40

(10) 遠藤戦 ○小手投げ 4.9秒
 遠藤、先に手をつく。玉鷲、左手をついて時をおき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、頭から踏み込む。遠藤、左を差す。玉鷲、右で押っ付け、左喉輪で押し上げて相手を起こし、少し叩く。遠藤、再び左を差し、右前廻しを取る。玉鷲、すぐに右小手投げで振る。遠藤、左肘が極まりかけ、堪らず俵を割る。勝負後、遠藤、やや左肘を気にする。
20170523 10 316 玉鷲 小手投げ 遠藤 30

(11) 稀勢の里戦 □不戦勝 
 稀勢の里、「左上腕二頭筋損傷」のため、休場。
20170524 11 321 稀勢の里休場
〔玉鷲、勝ち越しインタビュー〕
20170524 11 321 玉鷲勝ち越しインタビュー

(12) 大栄翔戦 ○掬い投げ 7.4秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。玉鷲、左手をついて時をおき、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して頭で当たる。両者、突っ張り合う。大栄翔、下から突っ張って前に出、左で相手の右脇を押し上げる。玉鷲、右で首を抱えて密着し、左を差して体を開きながら左掬い投げ。大栄翔、前に飛び落ちる。
20170525 12 315 玉鷲 掬い投げ 大栄翔 37

(13) 白鵬戦 ●寄り倒し 13.2秒
 両者、見合う。玉鷲、先に左手をつく。白鵬、右手をつこうとする。玉鷲、ついていた手を戻す。白鵬、腰を上げ、仕切り直し。2度目、玉鷲、先に左手をつく。白鵬、手をつかずに腰を上げ、仕切り直し。3度目、玉鷲、左手をつく。白鵬、すぐに右、左と手をつく。玉鷲、素早く立って左手を出す。白鵬、右手を出し、左にサッと開いて左から突く。玉鷲、前に泳ぐが、左足を俵に掛けながら向き直る。白鵬、右を差す。玉鷲、すぐに左を巻き替える。白鵬、両手で顎を押し上げる。玉鷲、堪えて右へ回って中に戻る。白鵬、左喉輪で押し上げる。玉鷲、喉輪を外し、右で押っ付ける。白鵬、右を差す。玉鷲、左で首を巻く。白鵬、素早く左上手を取る。玉鷲、右差し手を返して上手を切ろうとするがならず、右下手を取る。白鵬、左上手を持ってじりじり前に出、左上手を引きつけて寄り立てる。玉鷲、深い左上手も取り、両廻しを持ちながら俵に両足を掛けて堪える。白鵬、腰を下ろし、右差し手を突きつけて体を預ける。玉鷲、俵の外に倒れ、白鵬、その上に乗る。
20170526 13 320 白鵬 寄り倒し 玉鷲 38

(14) 栃ノ心戦 ●叩き込み 0.8秒
 両者、腰を下ろして見合うが手をつかず。栃ノ心、腰を上げ、仕切り直し。2度目、栃ノ心、先に手をつく。玉鷲、手をサッと動かして立ち、両手を出して頭から踏み込む。栃ノ心、叩きながら右に変わる。玉鷲、土俵に手をつく。
20170527 14 316 栃ノ心 叩き込み 玉鷲 40
20170527 14 316 栃ノ心 叩き込み 玉鷲 45

(楽) 豪栄道戦 ○叩き込み 2.0秒
 豪栄道、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、両者見合う。豪栄道、立とうと動き、玉鷲、素早く立つが、呼吸が合わず、行司 式守勘太夫が止める。2度目、豪栄道、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、両者、合わせて立つ。豪栄道、左から張る。玉鷲、踏み込んで両手突きで起こし、叩きながら下がる。豪栄道、土俵に落ちて転がる。
20170528 15 318 玉鷲 叩き込み 豪栄道 40
20170528 15 318 玉鷲 叩き込み 豪栄道 50

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

豪栄道 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-ごうえいどう

先場所は、前の場所で痛めた右足首の状態が思わしくなく、二日目から4連敗。六日目から休場し、1勝5敗9休の成績だった。→先場所の取組内容
場所後、治療のため、しばらく巡業を休場。靖国神社奉納相撲から復帰した。(→土俵入りの様子
稽古総見では、久々に横綱、大関と稽古した。(→横綱鶴竜との稽古
5度目の角番で迎えた今場所、初日は隠岐の海を下手出し投げで倒して白星発進。
二日目、今場所大関昇進を懸ける高安に突き出されて初黒星。三日目、初日に横綱稀勢の里を破った嘉風に叩き込まれ、連敗。
四日目、初顔で埼玉栄高校の後輩に当たる 大栄翔を寄り切って2勝目。
そこから白星を連ね、七日目、関脇に陥落している琴奨菊を突き落として4連勝。5勝2敗と白星先行。
中日は遠藤、九日目は大関照ノ富士に寄り切られて連敗。
十日目、千代翔馬を掬い投げで倒して6勝目。
十一日目、勝ちっ放しの横綱白鵬に、上手捻りで敗れて5敗目。
十二日目、碧山を押し出して7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
十三日目、宝富士を寄り切って勝ち越し。角番を脱出する。
十四日目、横綱日馬富士を叩き込んで9勝目。
千秋楽、関脇の玉鷲に叩き込まれ、9勝6敗で今場所を終える。



(初) 隠岐の海戦 ○下手出投 11.9秒
 豪栄道、先に右手をつく。隠岐の海は右手を、豪栄道は左手を、ほぼ同時にサッとついて立つ。隠岐の海、踏み込み、右肘でかち上げ気味に当たる。豪栄道、低く当たって左前廻しを探る。隠岐の海、右で相手の左腕を抱える。豪栄道、深い左下手を取る。隠岐の海、左下手を取る。両者、左四つ。豪栄道、機を見て右を巻き替える。隠岐の海、押っ付けながら前に出る。豪栄道、左下手を持ったまま右で叩きながら左へ回り、俵の上左足一本で残す。隠岐の海、土俵に落ちて転がり、豪栄道、左足一本でくるっと回る。
20170514 01 316 豪栄道 下手出し投げ 隠岐の海 47

(2) 高安戦 ●突き出し 3.6秒
 豪栄道、右手をつく。高安、すぐに右手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固めて頭から低く踏み込む。高安、当たりで相手をはじき起こす。豪栄道、上体が完全に起きる。高安、突っ張りながら前に出る。豪栄道、相手の手を叩きながら左へ回ろうとするが土俵際。高安、逃さず突っ張りながら前に出る。豪栄道、俵の外に出る。
20170515 02 317 高安 突き出し 豪栄道 40

(3) 嘉風戦 ●叩き込み 3.3秒
 嘉風、仕切り線少し後方で先に両手をつく。豪栄道、右手をつき、左手をサッとついて素早く立つ。嘉風、頭から当たる。豪栄道、右でかち上げる。嘉風、上体が起きるが、右で押し上げながら左を差し込む。豪栄道、左を差す。嘉風、右で頭を叩きながら左へ回る。豪栄道、前のめりになって土俵に落ちる。
20170516 03 316 嘉風 叩き込み 豪栄道 40-2

(4) 大栄翔戦 ○寄り切り 5.5秒
 大栄翔、仕切り線後方で両手をつく。豪栄道、右手をつき、左手をサッとついて立ち、両腕を内に入れて踏み込む。大栄翔、両手を出して頭から当たり、激しく突っ張る。豪栄道、下から撥ね上げる。大栄翔、叩きながら右に回る。豪栄道、押し上げながら前に出、左をのぞかせる。大栄翔、俵に詰まる。豪栄道、左差し、右押っ付けで前に出る。大栄翔、上体が起きて俵を割る。
20170517 04 317 豪栄道 寄り切り 大栄翔 40

(5) 千代の国戦 ○押し出し 6.0秒
 千代の国、仕切り線少し後方で先に左手をつく。豪栄道、右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。豪栄道、左肘を固めて踏み込み、右を差す。千代の国、左で差し手を抱えて左へ回り、突き放す。豪栄道、左を差し、右で顎を押し上げながら前に出る。千代の国、仰け反って俵に詰まり、飛び上がって叩く。豪栄道、中から相手の腹を押す。千代の国、俵の外に出る。
20170518 05 316 豪栄道 押し出し 千代の国 40

(6) 御嶽海戦 ○下手投げ 8.0秒
 御嶽海、両手をつく。豪栄道、すぐに右手をつき、左手をサッと動かす。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。豪栄道、頭から低く当たる。御嶽海、顔に向かって押し上げる。豪栄道、下がらず、叩きながら左へ開く。御嶽海、泳ぐが向き直る。豪栄道、右肘でかち上げ、左で押し上げる。御嶽海、土俵際、左で後ろ廻しを取り、右で頭を押さえながら左に回って体を入れ替える。豪栄道、土俵際、右差し手を返して後ろ廻しを取る。御嶽海、左で首を巻く。豪栄道、右下手投げ。御嶽海、土俵外に裏返る。
20170519 06 318 豪栄道 下手投げ 御嶽海 40

(7) 琴奨菊戦 ○突き落し 8.2秒
 豪栄道、先に右手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固めて頭から踏み込む。琴奨菊、左肘を固めて当たり、左を差す。豪栄道、左差し、右押っ付けで前に出る。琴奨菊、左で掬いながら左に回って堪える。豪栄道、右押っ付けで前に出ようとする。琴奨菊、再び左から掬い、右で差し手を抱えながらがぶる。豪栄道、土俵際、右から突く。琴奨菊、土俵に転がる。
20170520 07 317 豪栄道 突き落とし 琴奨菊 37

(中) 遠藤戦 ●寄り切り 6.9秒
 豪栄道、先に右手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと両手をつく。豪栄道、素早く立ち、左肘を固めて両差しを狙う。遠藤、左肘を固めて低く踏み込み、右押っ付けで前に出る。豪栄道、右で叩きながら左へ回る。遠藤、土俵際踏みとどまる。豪栄道、俵の上でややふらつくが堪え、左へ回って中に戻る。遠藤、突き放し、右前廻しを取る。豪栄道、叩こうとする。遠藤、前に出ながら両差しになり、腰を下ろして寄り切る。
20170521 08 318 遠藤 寄り切り 豪栄道 40

(9) 照ノ富士戦 ●寄り切り 15.6秒
 豪栄道、先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固める。照ノ富士、右肘を固めて踏み込み、左上手を取る。豪栄道、左を差し、右差し手を抜き、右で叩きながら左に回る。照ノ富士、左廻しを持って前に出、下手になった左を深くし、右上手に手を伸ばす。豪栄道、左下手を取る。照ノ富士、左下手を持ち、右押っ付けで前に出る。豪栄道、右上手も取り、俵に両足を掛けて堪える。照ノ富士、右押っ付けで相手を傾かせ、腰を下ろして寄り切る。
20170522 09 318 照ノ富士 寄り切り 豪栄道 40

(10) 千代翔馬戦 ○掬い投げ 2.1秒
 豪栄道、先に右手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。豪栄道、左から張って両差しになる。千代翔馬、外から抱える体勢になり、左から小手に振る。豪栄道、両差しで一気に前に出、右差し手を突きつける。千代翔馬、両足が宙を舞い、土俵に落ちる。その後、両者、土俵下に落ちる。
20170523 10 318 豪栄道 掬い投げ 千代翔馬 40

(11) 白鵬戦 ●上手捻り 10.1秒
 豪栄道、先に右手をつく。白鵬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、右手を出す。白鵬、右から張って右を差し、左上手に手を伸ばして取る。豪栄道、右下手を探る。白鵬、腰を捻って廻しを与えず。豪栄道、右差しで前に出ようとする。白鵬、右下手も取る。豪栄道、腰を捻って相手の下手を切り、右下手前廻しを探る。白鵬、右に回りながら右差し手を返し、左上手で捻る。豪栄道、土俵に裏返り、白鵬、その上に乗る。
20170524 11 319 白鵬 上手投げ 豪栄道 37

(12) 碧山戦 ○押し出し 2.6秒
 豪栄道、先に右手をつく。碧山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、頭から踏み込もうとする。碧山、両手で相手の肩を押さえ、下がりながら右を差す。豪栄道、乗じて前に出ながら押す。碧山、俵を割る。
20170525 12 318 豪栄道 押し出し 碧山 40

(13) 宝富士戦 ○寄り切り 18.5秒
 宝富士、両手をつく。豪栄道、すぐに手をサッとついて立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。豪栄道、両差しになろうとする。宝富士、右で押っ付けて差させず。豪栄道、差し手を抜き、右を差し直す。宝富士、左で突きながら左へ回る。豪栄道、俵に詰まり、右差し手を抜き、右で相手の上手を探りながら体を入れ替える。宝富士、土俵際、向き直って左を差す。豪栄道、右を巻き替えて差して頭をつけるが、右差し手を抜いて相手の左腕を極め気味に抱える。宝富士、左腕を抜く。豪栄道、左喉輪で押し上げながら前に出る。宝富士、相手の右腕を手繰りながら土俵際を左へ回る。豪栄道、向き直り、右上手に手を掛けるが取れず、右で相手の左腕を抱えようとする。宝富士、左腕を抜く。豪栄道、押し上げる。宝富士、土俵際、右から突く。豪栄道、向き直り、両差しになりながら前に出る。宝富士、俵伝いに左へ回るが、上体が起きて俵を割る。
20170526 13 317 豪栄道 寄り切り 宝富士 40

(14) 日馬富士戦 ○叩き込み 4.0秒
 豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。豪栄道、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から踏み込んで当たる。豪栄道、右前廻しを探るが取れず。日馬富士、押し上げる。豪栄道、下がらず。日馬富士、叩きながら大きく引く。豪栄道、乗じて前に出る。日馬富士、俵に詰まり、土俵際を左へ回る。豪栄道、ついて行く。日馬富士、体勢を低くして中に入ろうとする。豪栄道、そこを手前に叩く。日馬富士、土俵に落ちる。
20170527 14 320 豪栄道 叩き込み 日馬富士 40

(楽) 玉鷲戦 ●叩き込み 2.0秒
 豪栄道、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、両者見合う。豪栄道、立とうと動き、玉鷲、素早く立つが、呼吸が合わず、行司 式守勘太夫が止める。2度目、豪栄道、先に右手をつく。玉鷲、左手をつき、両者、合わせて立つ。豪栄道、左から張る。玉鷲、踏み込んで両手突きで起こし、叩きながら下がる。豪栄道、土俵に落ちて転がる。
20170528 15 318 玉鷲 叩き込み 豪栄道 40
20170528 15 318 玉鷲 叩き込み 豪栄道 50

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

照ノ富士 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-てるのふじ

先場所は、十四日目に単独トップに立つも、新横綱の稀勢の里に逆転優勝される。→先場所の取組内容
場所中に悪化した左膝の治療のため、巡業を休み、モンゴルに帰国。体重も11キロ落とす。
靖国神社奉納相撲から、巡業に復帰。(→土俵入り、支度部屋コメント→①→②
巡業後は、時津風部屋に出稽古に行くなどした。
迎えた今場所、初日は遠藤に寄り切られて黒星発進。二日目、関脇 玉鷲に押し出されて連敗。
三日目、初顔の大栄翔を寄り倒して初日。そこから白星を連ね、8連勝で十日目に勝ち越しを決める。
十二日目、正代を送り出して10連勝。しかし、花道奥で付け人に肩を借り、足を痛そうにする。
十三日目、栃煌山を下がりながらの小手投げで倒し、11連勝。
十四日目、勝ちっ放しで、この日に勝てば優勝が決まる横綱白鵬と対戦。相手に廻しを与えないようにするも、自分も廻しを取れず、37秒の相撲の末に寄り切りで敗れる。
千秋楽は、場所後の大関昇進を確実にした関脇 高安と対戦。相手の肘を極めながらの小手投げで勝ち、12勝3敗で今場所を終える。



(初) 遠藤戦 ●寄り切り 7.3秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、左肘を固めて低く踏み込む。照ノ富士、右肘でかち上げ、突き放す。遠藤、左を差し込み、右も差して両差しになる。照ノ富士、外から抱え、左から小手に振る。遠藤、振られて土俵際になる。照ノ富士、更に左で小手投げ。遠藤、右後ろ廻しを持って堪え、前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。
20170514 01 317 遠藤 寄り切り 照ノ富士 40

(2) 玉鷲戦 ●押し出し 5.6秒
 玉鷲、先に左手をつく。照ノ富士、両手をサッとついて立ち、右から張る。玉鷲、踏み込み、左筈で押し上げ、右で小手に振り、突き放しながら前に出る。照ノ富士、右を差すが土俵際。玉鷲、押す。照ノ富士、土俵下の稀勢の里の上に落ちる。
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 43
〔照ノ富士、土俵下の稀勢の里にぶつかる〕
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 50 稀勢の里踏まれる 01
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 50 稀勢の里踏まれる 05
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 50 稀勢の里踏まれる 10
20170515 02 316 玉鷲 押し出し 照ノ富士 50 稀勢の里踏まれる 15

(3) 大栄翔戦 ○寄り倒し 5.8秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。照ノ富士、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつく。大栄翔、両手を出して頭から踏み込む。照ノ富士、右肩から踏み込み、右を差す。大栄翔、右喉輪で押し上げ、左を巻き替えて差す。照ノ富士、乗じて前に出、右上手で後ろ廻しを取る。大栄翔、俵に足を掛けながら左下手を取る。照ノ富士、右上手で相手を持ち上げ、左差し手を返して突きつける。大栄翔、俵の外に膝から落ち、土俵下に落ちる。
〔大栄翔を浮かせる 照ノ富士〕
20170516 03 317 照ノ富士 寄り倒し 大栄翔 35 吊る
〔照ノ富士の寄り倒し〕
20170516 03 317 照ノ富士 寄り倒し 大栄翔 40

(4) 千代翔馬戦 ○掬い投げ 4.7秒
 千代翔馬、先に左手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手を動かして立つ。千代翔馬、右手を出し、左肘を固めて踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて当たる。千代翔馬、突き放す。照ノ富士、右を差して左上手を取る。千代翔馬、右下手を取って引きつけ、左を巻き替えようとするがならず。照ノ富士、右差し手を大きく返す。千代翔馬、宙を舞って土俵に転がる。
20170517 04 316 照ノ富士 掬い投げ 千代翔馬 40

(5) 琴奨菊戦 ○上手投げ 13.7秒
 琴奨菊、仕切り線後方で手をつく。照ノ富士、すぐに仕切り線少し後方でサッと手をついて突っ掛ける。2度目、琴奨菊、仕切り線後方で手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつく。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、左手を出して右肩から踏み込んで当たる。琴奨菊、すぐに左上手前廻しを取り、右差し手を返して前に出る。照ノ富士、右下手を取って堪え、相手の上手を切る。琴奨菊、左で押っ付けながらがぶる。照ノ富士、土俵際堪える。琴奨菊、右から掬う。照ノ富士、右下手を持って中に戻る。琴奨菊、深い右下手を取る。照ノ富士、左上手に手を伸ばして取り、前に出ながら上手投げ。琴奨菊、土俵に転がる。
20170518 05 317 照ノ富士 上手投げ 琴奨菊 40

(6) 千代の国戦 ○押し出し 18.3秒
 千代の国、先に手をつく。照ノ富士、手をサッとつく。千代の国、右手を出してぴょんと立ち、頭を下げる。照ノ富士、左で張るが当たらず、右を差す。千代の国、左で小手に巻いて左に回る。照ノ富士、右腕を抜いて向き直り、相手を捕まえようとする。千代の国、叩きながら右に回る。照ノ富士、向き直り、右を差そうとする。千代の国、突き放しながら前に出、相手の手を叩きながら右に回る。照ノ富士、向き直り、左で張ろうとして空振り、右肘でかち上げる。千代の国、一瞬頭が上がるが堪え、突き放す。照ノ富士、叩きながら少し引き、左から張り、左で相手の右腕を引っ張り込もうとする。千代の国、取られた右腕を抜く。照ノ富士、突き放す。千代の国、土俵際の木村玉治郎にぶつかる。照ノ富士、更に突き放す。千代の国、右筈で相手の左脇を押し上げて右に回る。照ノ富士、右押っ付けで前に出る。千代の国、左から突いて左へ回ろうとするが、右足が俵の外に出る。
20170519 06 317 照ノ富士 寄り切り 千代の国 40

(7) 隠岐の海戦 ○寄り切り 4.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。照ノ富士、手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、両手を出し、左を差す。照ノ富士、踏み込み、左下手を取って前に出る。隠岐の海、土俵際を左へ回り、右から突く。照ノ富士、構わず寄り切る。
20170520 07 318 照ノ富士 寄り切り 隠岐の海 40

(中) 御嶽海戦 ○極め出し 5.0秒
 御嶽海、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手を動かし、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手をを出し、左肘を固めて頭から踏み込み、両差しになって前に出る。照ノ富士、外から抱え、やや仰け反って相手を浮かせ、極めて前に出る。御嶽海、堪らず俵を割る。
20170521 08 317 照ノ富士 極め出し 御嶽海 30
20170521 08 317 照ノ富士 極め出し 御嶽海 40

(9) 豪栄道戦 ○寄り切り 15.6秒
 豪栄道、先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固める。照ノ富士、右肘を固めて踏み込み、左上手を取る。豪栄道、左を差し、右差し手を抜き、右で叩きながら左に回る。照ノ富士、左廻しを持って前に出、下手になった左を深くし、右上手に手を伸ばす。豪栄道、左下手を取る。照ノ富士、左下手を持ち、右押っ付けで前に出る。豪栄道、右上手も取り、俵に両足を掛けて堪える。照ノ富士、右押っ付けで相手を傾かせ、腰を下ろして寄り切る。
20170522 09 318 照ノ富士 寄り切り 豪栄道 40

(10) 嘉風戦 ○寄り切り 5.8秒
 嘉風、先に両手をつく。照ノ富士、両手をサッとつく。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、胸で当たりを受け、左前廻しを探る。嘉風、腰を引いて廻しを与えず。照ノ富士、右を差す。嘉風、左を巻き替えて両差しになろうとする。照ノ富士、右で押っ付け、左筈で押し上げて相手を起こし、右上手を取って引きつけ、前に出る。嘉風、俵を割る。
20170523 10 317 照ノ富士 寄り切り 嘉風 40

(11) 碧山戦 ○上手投げ 45.8秒
 碧山、先に手をつくが、その手を戻そうとする。照ノ富士、そこで突っ掛ける。2度目、碧山、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方で両手をサッとつく。碧山、頭から踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて当たり、右を差す。碧山、引いて体を離し、突き放しながら前に出る。照ノ富士、下からあてがい、左で相手の腕を抱える。碧山、右をねじ込みながら前に出る。照ノ富士、右足が俵に掛かるが右下手前廻しを取り、左で押っ付けながら中に戻る。碧山、左から絞る。照ノ富士、左で叩きながら右下手出し投げを打ち、左上手前廻しも探る。碧山、右をのぞかせて前に出る。両者、足が止まり、碧山は右をのぞかせ、照ノ富士は両前廻しを持った体勢(約7秒間)。照ノ富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。碧山、堪えながら右下手を取り、相手の下手を切って右に回る。照ノ富士は左上手を持って左半身の体勢、碧山は右下手を持って左押っ付けの体勢で、両者、止まる(約13秒間)。碧山、左を巻き替えに行く。照ノ富士、そこを左上手投げ。碧山、土俵に転がる。
20170524 11 318 照ノ富士 上手投げ 碧山 35

(12) 正代戦 ○送り出し 19.7秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。照ノ富士、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、胸で当たり合う。正代、左を差して左へ回る。照ノ富士、右差し手を抱えて前に出る。正代、左から掬おうとする。照ノ富士、右で相手の左腕を極め気味にとったり。正代、振られて土俵際。照ノ富士、左喉輪で押し上げる。正代、土俵際、右から突く。照ノ富士、向き直り、出てくる相手を左から張り、突き放す。正代、再び土俵際、照ノ富士、右から張りに行く。正代、頭を下げてかわし、相手の顎の下に頭をつける。照ノ富士、叩き、右をねじ込み、左で相手の首を抱える。正代、頭を上げて前に出る。照ノ富士、右から掬いながら体を入れ替え、後ろから相手を押す。正代、俵の外に出る。
〔正代の肘を極め気味にとったりを打つ 照ノ富士〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 15 肘が危ない
〔正代の首を抱える 照ノ富士〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 30 首を抱えられた正代
〔照ノ富士の送り出し〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 43
〔勝負後、花道奥で足を痛そうにする 照ノ富士〕
20170525 12 317 照ノ富士 送り出し 正代 75 足が痛い 10

(13) 栃煌山戦 ○小手投げ 12.0秒
 栃煌山、足をジリッとすり、仕切り線後方で先に両手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方で両手をサッとつく。その直前、栃煌山、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、右肩から当たる。栃煌山、両差しになろうとする。照ノ富士、右で押っ付けて十分差させず。栃煌山、左差し手を一旦抜き、再び差そうとする。照ノ富士、右押っ付けで前に出る。栃煌山、左上手に手を伸ばし、土俵際を左へ回り、右を差す。照ノ富士、両手で相手の右腕を抱えるが止め、右で押っ付けながら前に出る。栃煌山、両差しになって前に出、右下手を取る。照ノ富士、外から抱え、左上手を取る。栃煌山、すぐに腰を捻って相手の上手を切る。照ノ富士、外から抱えながら前に出ようとする。栃煌山、一旦左差し手を抜き、頭をつける。照ノ富士、下がりながら左小手投げを打つ。栃煌山、土俵に転がる。
20170526 13 318 照ノ富士 小手投げ 栃煌山 35
20170526 13 318 照ノ富士 小手投げ 栃煌山 40

(14) 白鵬戦 ●寄り切り 36.9秒
 照ノ富士、先に両手をつく。白鵬、仕切り線後方で右、左と手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。照ノ富士、胸で当たる。白鵬、右を差し、左も差そうとする。照ノ富士、左で差し手を抱え、右肘は固めて差させず。白鵬の左、照ノ富士の右で、差し手争い。照ノ富士、少し左に回って左上手を探るが取れず、右上手に手を伸ばす。白鵬、腰を捻って上手を与えず。両者、止まる(約7秒間)。照ノ富士、右上手に手を伸ばす。白鵬、上手を与えず。照ノ富士、左で抱えて前に出、廻しを探るが取れず。白鵬、左で頭を叩いて肩透かし。照ノ富士、堪え、頭をつけて右で押っ付け、左上手に手を伸ばすが取れず、右で相手の左手首を掴む。白鵬、右に回り、掴まれた左手を振りほどき、左を差そうとする。照ノ富士、頭をつけて右で押っ付ける。白鵬、一旦左差し手を抜いて少し引き、相手の上体が上がった機に左を十分差す。照ノ富士、左を巻き替えて差す。白鵬、左差し、右押っ付けで前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。
20170527 14 319 白鵬 寄り切り 照ノ富士 40

(楽) 高安戦 ○小手投げ 13.7秒
 高安、先に右手をつく。照ノ富士、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、頭を下げて左肘を固める。照ノ富士、踏み込んで当たり、左上手前廻しを探る。高安、左を差そうとするがさせず、左で頭を叩きながら右へ回る。照ノ富士、向き直る。両者、突き放し合う。高安、両差しになろうとする。照ノ富士、頭をつけ、極めながら前に出る。高安、左差し手を抜く。照ノ富士、左で極めながら小手投げを打つ。高安、堪らず土俵に転がり、右肘を気にする。
20170528 15 319 照ノ富士 小手投げ 高安 35

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

白鵬 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-はくほう

先場所は、右足親指と太腿の負傷で、五日目から休場。2勝3敗10休の成績だった。→先場所の取組内容
場所後、治療のためモンゴルに帰国。再来日して部屋で稽古を再開し、靖国神社奉納相撲より巡業に復帰した。(→巡業復帰ニュース
その後、巡業の稽古で、正代や宇良などの若手と稽古した。(日刊スポーツ記事 →正代 記事が表示されない場合は→こちら→宇良 記事が表示されない場合は→こちら→貴源治 記事が表示されない場合は→こちら
稽古総見では、遠藤、貴ノ岩、正代を指名。ぶつかり稽古では、大関昇進が懸かる高安に胸を出した。(→稽古総見ニュース
その後、自身の部屋で石浦らと、時津風部屋で正代、豊山らと、伊勢ヶ濱部屋で宝富士らと稽古。また、自分の一門ではない二所ノ関一門連合にも参加し、稀勢の里の様子を見るとともに、高安、玉鷲と稽古した。(→二所一門連合稽古に参加→稀勢の里と言葉をかわす白鵬
場所前受けたインタビューで、「『ここにいたよ 俺』というのを、見せられれば」と存在感を見せたい気持ちを表した。(→「ここにいたよ俺」
迎えた今場所、初日は初対戦の千代の国を寄り切り、白星発進。
二日目、初日に稀勢の里を破った嘉風を叩き込んで連勝。
そのまま白星を連ね、優勝した1年前の夏場所以来の 中日勝ち越し。横綱日馬富士と勝ちっ放しで並走。
十日目、今場所大関昇進を懸ける関脇 高安と対戦。寄り倒して10連勝。
十一日目、大関豪栄道を上手捻りで倒して11連勝。この日、横綱日馬富士が初黒星を喫したため、ついに単独トップに立つ。
十二日目は栃煌山、十三日目は玉鷲と勝って13連勝。日馬富士が2敗目を喫したため、後続に2差がつき、十四日目に勝てば優勝決定となる。(→支度部屋でのコメント
十四日目、大関照ノ富士と対戦。やや慎重な攻めで、37秒の相撲の末に寄り切り、38回目の優勝を決める。(→優勝決定直後の表情
千秋楽、横綱日馬富士と対戦。四つに組んで、力の入った1分半近い相撲の末、寄り切りで勝利。13回目の全勝優勝を果たす。
優勝インタビューでは、「ただいま!帰ってきました!!」との第一声。怪我による2度の休場を乗り越えて、1年ぶりの優勝の喜びを表す。(→優勝インタビュー全文
待った回数 合計5回は、玉鷲と並んで今場所の幕内最多。日馬富士との取り組み 87.8秒は、今場所の幕内で最長。(→今場所の幕内各種データ順位



(初) 千代の国戦 ○寄り切り 2.5秒
 千代の国、先に手をつく。白鵬、右、左とサッと手をついて立ち、左から張り、左上手に手を伸ばして取る。千代の国、突き放そうとするがならず。白鵬、左廻しを持って前に出る。千代の国、土俵際、右から突くが、相手が落ちる前に左足が俵の外に出る。その後、白鵬、俵の外に落ち、千代の国、土俵下に飛び落ちる。
20170514 01 318 白鵬 寄り切り 千代の国 40

(2) 嘉風戦 ○叩き込み 10.7秒
 嘉風、先に両手をつく。白鵬、腰を下ろし、右手をつこうとする。嘉風、ふわっと突っ掛ける。2度目、嘉風、先に両手をつく。白鵬、腰を下ろし、右、左とサッと手をつき、素早く立つ。嘉風、その場で立って頭を下げる。白鵬、踏み込んで右でかち上げ、左で顔を押し上げる。嘉風、上体が起きる。白鵬、激しく突っ張る。嘉風、突き放して距離を取る。白鵬、突っ張り続ける。嘉風、少し叩き、土俵際頭を下げる。白鵬、そこを叩きながら下がる。嘉風、前にバッタリ落ちる。
20170515 02 319 白鵬 叩き込み 嘉風 40

(3) 千代翔馬戦 ○上手投げ 3.1秒
 両者、見合ってなかなか手をつかず。千代翔馬、右手をつく。白鵬、腰を上げて立合いを嫌う。2度目、白鵬、右、左とサッと手をつく。千代翔馬、頭から踏み込もうとする。白鵬、右から張り、左を差して右上手を取り、左差し手を返し、右上手を引きつけながら前に出る。千代翔馬、左下手を取り、土俵際、体を開いて左下手投げに行く。白鵬、右上手投げを返す。両者の体が飛ぶが、千代翔馬が先に土俵に落ちる。
20170516 03 320 白鵬 上手投げ 千代翔馬 40

(4) 隠岐の海戦 ○寄り切り 21.7秒
 隠岐の海、先に右手をつく。白鵬、右手をつき、左手をサッとついて素早く立つ。隠岐の海、左を差そうとする。白鵬、右肘を固めて当たり、左上手前廻しを狙うが取れず。隠岐の海、右を差す。白鵬、左押っ付けから左で差し手を抱える。隠岐の海、深い右下手を取る。白鵬、左上手に手を伸ばす。隠岐の海、相手に上手を与えないよう、じりじり左へ動く。白鵬、左手で相手の横腹を叩きながら上手を探り、手を伸ばして左上手を取り、すぐに引きつけ、がぶって前に出る。隠岐の海、右下手を持って左で押っ付けるが、堪えられずに俵を割る。
20170517 04 321 白鵬 寄り切り 隠岐の海 40

(5) 御嶽海戦 ○上手投げ 4.5秒
 御嶽海、先に右手をつく。白鵬、右、左とサッと手をついて立ち、左から張る。御嶽海、左肘を固めて頭から当たろうとする。白鵬、そこを右肘でかち上げて起こす。御嶽海、一瞬頭が上がるが、右を差して前に出る。白鵬、右を差して左上手を取り、上手投げで相手を土俵際にし、右で頭を押さえつけながら相手を土俵下に沈め、自分も土俵下に落ちる。
20170518 05 318 白鵬 上手投げ 御嶽海 40

(6) 遠藤戦 ○押し出し 14.8秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に右手をつく。白鵬、右、左とサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。白鵬、左から張る。遠藤、頭から踏み込んで当たる。白鵬、左肘を固めて当たり、右肘でかち上げる。遠藤、上体が起きる。白鵬、突っ張って距離を取る。遠藤、下からあてがう。白鵬、叩いて少し左へ回る。遠藤、向き直る。白鵬、突き放し、叩きながら左に回り、右で相手の左肩を突く。遠藤、一瞬、右足一本になるが堪える。白鵬、左喉輪、右押っ付けで押しながら一気に前に出る。遠藤、右足を俵に掛けて堪え、向き直る。白鵬、体を離し、再び突っ張る。遠藤、下からあてがい、差そうとする。白鵬、叩いて右に回り、前のめりになった相手を押す。遠藤、大きく泳いで土俵下に飛び落ちる。
20170519 06 320 白鵬 押し出し 遠藤 35
20170519 06 320 白鵬 押し出し 遠藤 40

(7) 大栄翔戦 ○寄り切り 3.4秒
 大栄翔、先に両手をつく。白鵬、右、左とサッと手をつく。大栄翔、素早く立つ。白鵬、左から張り、やや左へ踏み出し、右を差して深い左上手を取る。大栄翔、右下手を取る。白鵬、左上手を引きつけて一気に前に出、腰を下ろして寄り切る。
20170520 07 321 白鵬 寄り切り 大栄翔 40

(中) 琴奨菊戦 ○上手出投 6.4秒
 琴奨菊、仕切り線後方で先に左手をつく。白鵬、右手をつき、左手をサッとついて素早く立つ。琴奨菊、少し遅れてその場で立ち、右肘を固める。白鵬、踏み込んで左上手前廻しに手を伸ばす。琴奨菊、腰を引いて上手を与えず、左を差して前に出ようとする。白鵬、左上手を取る。琴奨菊、右差し手を抜いて上手を探るが取れず。白鵬、左下手を持ち、右上手を取って両廻し。琴奨菊、右で押っ付け、腰をぶつけて相手の下手を切る。白鵬、左差し手を抜いて体を開き、左で頭を押さえながら右上手出し投げ。琴奨菊、土俵に転がる。
20170521 08 319 白鵬 上手出し投げ 琴奨菊 40

(9) 碧山戦 ○上手出投 5.9秒
 碧山、右手をつく。白鵬、右手をサッとつき、左手を素早く動かして立ち、左から張って左を差し、左下手を取る。碧山、左下手を取り、右上手に手を伸ばすが取れず、腰を振って相手の下手を切ろうとする。白鵬、その機に右上手を取る。碧山、左下手を持ち、右押っ付けで前に出る。白鵬、体を開き、左で頭を押さえながら左へ回って右上手出し投げ。碧山、土俵に転がり、その後、白鵬も土俵に転がる。
20170522 09 320 白鵬 上手出し投げ 碧山 40
20170522 09 320 白鵬 上手出し投げ 碧山 42

(10) 高安戦 ○寄り倒し 25.5秒
 高安、先に右手をつく。白鵬、右、左とサッと手をつく。高安、素早く立つ。白鵬、右から張って、右へ踏み出す。高安、向き直る。白鵬、右を差し、左上手を探るが取れず、右下手を取る。高安、左上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取り、何度も左手を伸ばしながら前に出る。白鵬、左上手を取り、両廻しを持って前に出る。高安、左上手を取って両廻しになる。白鵬、腰を下ろして相手の廻しを切る。高安、土俵際、右から掬って中に戻る。白鵬、左上手を持って頭をつける。高安、右を差した右半身の体勢、左で相手の右手首を掴む。白鵬、機を見て右筈で押し上げ、左上手を持って一気に前に出る。高安、土俵際で左で頭を叩く。白鵬、そのまま相手に体を預ける。高安を下にして、両者、土俵下に吹っ飛ぶ。
〔白鵬の張り差し〕
20170523 10 321 白鵬 寄り倒し 高安 02 白鵬張り差し
〔白鵬の寄り倒し〕
20170523 10 321 白鵬 寄り倒し 高安 40
〔白鵬を引き上げる高安〕
20170523 10 321 白鵬 寄り倒し 高安 50 白鵬を引き上げる 01
20170523 10 321 白鵬 寄り倒し 高安 50 白鵬を引き上げる 05
20170523 10 321 白鵬 寄り倒し 高安 50 白鵬を引き上げる 07
20170523 10 321 白鵬 寄り倒し 高安 50 白鵬を引き上げる 10

(11) 豪栄道戦 ○上手捻り 10.1秒
 豪栄道、先に右手をつく。白鵬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、右手を出す。白鵬、右から張って右を差し、左上手に手を伸ばして取る。豪栄道、右下手を探る。白鵬、腰を捻って廻しを与えず。豪栄道、右差しで前に出ようとする。白鵬、右下手も取る。豪栄道、腰を捻って相手の下手を切り、右下手前廻しを探る。白鵬、右に回りながら右差し手を返し、左上手で捻る。豪栄道、土俵に裏返り、白鵬、その上に乗る。
20170524 11 319 白鵬 上手投げ 豪栄道 37

(12) 栃煌山戦 ○叩き込み 3.6秒
 栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線少し後方で手をつく。白鵬、仕切り線後方で右、左とサッと手をつき、立とうとする相手の頭を左手で頭を押さえ、右肘でかち上げ、左喉輪で押し上げながら前に出る。栃煌山、土俵際。白鵬、叩きながら右に開く。栃煌山、体が伸びて土俵に落ちる。
20170525 12 319 白鵬 叩き込み 栃煌山 03 栃煌山の頭を押さえる白鵬
20170525 12 319 白鵬 叩き込み 栃煌山 37

(13) 玉鷲戦 ○寄り倒し 13.2秒
 両者、見合う。玉鷲、先に左手をつく。白鵬、右手をつこうとする。玉鷲、ついていた手を戻す。白鵬、腰を上げ、仕切り直し。2度目、玉鷲、先に左手をつく。白鵬、手をつかずに腰を上げ、仕切り直し。3度目、玉鷲、左手をつく。白鵬、すぐに右、左と手をつく。玉鷲、素早く立って左手を出す。白鵬、右手を出し、左にサッと開いて左から突く。玉鷲、前に泳ぐが、左足を俵に掛けながら向き直る。白鵬、右を差す。玉鷲、すぐに左を巻き替える。白鵬、両手で顎を押し上げる。玉鷲、堪えて右へ回って中に戻る。白鵬、左喉輪で押し上げる。玉鷲、喉輪を外し、右で押っ付ける。白鵬、右を差す。玉鷲、左で首を巻く。白鵬、素早く左上手を取る。玉鷲、右差し手を返して上手を切ろうとするがならず、右下手を取る。白鵬、左上手を持ってじりじり前に出、左上手を引きつけて寄り立てる。玉鷲、深い左上手も取り、両廻しを持ちながら俵に両足を掛けて堪える。白鵬、腰を下ろし、右差し手を突きつけて体を預ける。玉鷲、俵の外に倒れ、白鵬、その上に乗る。
20170526 13 320 白鵬 寄り倒し 玉鷲 38

(14) 照ノ富士戦 ○寄り切り 36.9秒
 照ノ富士、先に両手をつく。白鵬、仕切り線後方で右、左と手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。照ノ富士、胸で当たる。白鵬、右を差し、左も差そうとする。照ノ富士、左で差し手を抱え、右肘は固めて差させず。白鵬の左、照ノ富士の右で、差し手争い。照ノ富士、少し左に回って左上手を探るが取れず、右上手に手を伸ばす。白鵬、腰を捻って上手を与えず。両者、止まる(約7秒間)。照ノ富士、右上手に手を伸ばす。白鵬、上手を与えず。照ノ富士、左で抱えて前に出、廻しを探るが取れず。白鵬、左で頭を叩いて肩透かし。照ノ富士、堪え、頭をつけて右で押っ付け、左上手に手を伸ばすが取れず、右で相手の左手首を掴む。白鵬、右に回り、掴まれた左手を振りほどき、左を差そうとする。照ノ富士、頭をつけて右で押っ付ける。白鵬、一旦左差し手を抜いて少し引き、相手の上体が上がった機に左を十分差す。照ノ富士、左を巻き替えて差す。白鵬、左差し、右押っ付けで前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。
20170527 14 319 白鵬 寄り切り 照ノ富士 40

(楽) 日馬富士戦 ○寄り切り 87.8秒
 両者、ほぼ同時に腰を下ろす。日馬富士、左手をつこうとして前のめりになり、突っ掛ける形になる。2度目、白鵬、右、左とサッと手をつく。日馬富士、遅れて仕切り線後方で両手をサッとつく。白鵬、右手を相手の額の前に出し、左を差す。日馬富士、頭をつけ、左に回って右上手前廻しを取る。白鵬、左差し手を抜いて小手に巻く。日馬富士、右を深く差して前に出、深い右下手、左上手を取る。白鵬、俵に両足を掛けて堪え、右下手を取って中に戻り、左上手に手を伸ばす。日馬富士、両廻しを持ち、腰を引いた体制で相手に上手を与えず、じりっじりっと前に出、左上手を引きつけて前に出る。白鵬、左押っ付けで堪え、左上手に手を伸ばす。日馬富士、すぐに腰を引いて上手を与えず。両者、土俵中央に戻って止まる(約4秒間)。日馬富士、両廻しを引きつけて前に出る。白鵬、左で差し手を抱えながら堪え、左上手に手を伸ばす。日馬富士、腰を引いて上手を与えず。両者、土俵中央に戻って止まる(約6秒間)。日馬富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。白鵬、左差し手を抱えて堪える。日馬富士、起きた体勢を少し低くする。両者、止まる(約5秒間)。日馬富士、両廻しを引きつける。白鵬、堪える。日馬富士、腰を引く。白鵬、左上手に手を伸ばすが取れず。両者、止まる(約7秒間)。日馬富士、両廻しを引きつける。白鵬、土俵際、左小手で振って中に戻る。両者、止まる(約6秒間)。白鵬、左上手に手を伸ばすが取れず、左で相手の脇腹を叩いてから取る。日馬富士、両廻しを引きつける。白鵬、両廻しを持って堪える。両者、止まる(約5秒間)。白鵬、右下手を離し、右肘を張りながら腰を振って相手の上手を切り、右差し手を返して一気に前に出る。日馬富士、俵を割る。
20170528 15 320 白鵬 寄り切り 日馬富士 40

白鵬、38回目の優勝。全勝優勝は13回目。
20170528 15 331 賜杯拝戴 白鵬 10カット

優勝インタビューを受ける白鵬。 優勝インタビューの全文は →こちら
20170528 15 337 白鵬優勝インタビュー 01

《2017年夏場所取組内容・目次へ》

日馬富士 2017年夏(五月)場所取組内容

201705-はるまふじ


休場明けだった先場所は、10勝5敗の成績だった。→先場所の取組内容
巡業では、積極的に若手に胸を指導した。(日刊スポーツ記事→十両朝乃山を指導  記事が表示されない場合は →こちら、スポーツ報知記事→遠藤と宇良に指導 記事が表示されない場合は →こちら
4月14日に33歳となる。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
ニコニコ動画などが開催するイベント「大相撲超会議場所」の幕内トーナメントで優勝した。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
稽古総見では、大関昇進が懸かる関脇高安と稽古した。(→稽古総見ニュース→高安との稽古
迎えた夏場所、初日から白星を連ね、5連勝で幕内通算勝利数が684勝に。歴代単独10位となる。(→四日目終了時点の幕内勝星数記録
更に六日目は、通算勝利数が800に。関脇の高安が初黒星を喫したことにより、勝ちっ放しは日馬富士と白鵬の二人だけに。
七日目、嘉風を立合いで圧倒してから押し出し、相手が落ちないようガシッと抱きしめる。
八日目、3年ぶりに中日勝ち越し。
九日目、関脇玉鷲を寄り切るが、土俵下に落ちる際に右足親指を負傷する。しかし、その影響を感じさせず、十日目も勝って10連勝。
十一日目、小結御嶽海戦。土俵際で上手を取る際に足が出、初黒星。優勝争いから一歩後退し、白鵬が単独トップに立つ。(→初黒星に苦笑いの日馬富士
十二日目は不戦勝。十三日目、今場所大関昇進を懸ける関脇高安と対戦。叩き込まれて2敗目を喫する。
十四日目、大関豪栄道に叩き込まれて3敗目。白鵬は全勝を守り、この日に優勝を決める。
千秋楽、優勝者 白鵬との横綱対戦。1分半近い相撲の末、寄り切りで敗れる。しかし、力のこもった熱戦を見せ、11勝4敗で今場所を終える。
白鵬との取り組み 87.8秒は、今場所の幕内最長。(→今場所の幕内各種データ順位



(初) 琴奨菊戦 ○寄り切り 5.6秒
 日馬富士は仕切り線そばで、琴奨菊は仕切り線後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。日馬富士、左から張って両差しを狙う。琴奨菊、左肘を固めて当たる。日馬富士、深い左下手を取り、右も差して両下手を取る。琴奨菊、外から抱える体勢になり、左から押っ付ける。日馬富士、両下手を引きつけて寄る。琴奨菊、上体が起きて俵を割る。
20170514 01 319 日馬富士 寄り切り 琴奨菊

(2) 遠藤戦 ○押し出し 4.1秒
 遠藤、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。遠藤、素早く立って踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から低く踏み込み、顎に向かって突き上げる。遠藤、突き返すが前に出られず。日馬富士、土俵際の相手を押し上げる。遠藤、土俵下に落ちる。
20170515 02 320 日馬富士 押し出し 遠藤 40

(3) 隠岐の海戦 ○寄り切り 6.9秒
 隠岐の海、先に右手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘を固めて左を差そうとする。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、右上手前廻しを取って前に出る。隠岐の海、俵に足が掛かる。日馬富士、上手を引きつけて寄る。隠岐の海、上体が起きて俵を割る。
20170516 03 321 日馬富士 寄り切り 隠岐の海 40

(4) 千代の国戦 ○押し出し 3.6秒
 千代の国、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。日馬富士、左から張る。千代の国、左肘を固めて当たる。日馬富士、左上手に手を掛ける。千代の国、腰を引いて相手に廻しを与えず。日馬富士、顎に向かって突き上げ、下から押し上げる。千代の国、引く。日馬富士、乗じて前に出、右押っ付けで押す。千代の国、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170517 04 318 日馬富士 押し出し 千代の国 40

(5) 大栄翔戦 ○上手出投 1.1秒
 大栄翔、仕切り線少し後方で先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。大栄翔、素早く立ち、頭から踏み込む。日馬富士、右手で相手の肩を押さえて頭で当たり、左に動いて左上手を取って手前に投げる。大栄翔、土俵に両手をつく。
20170518 05 319 日馬富士 上手投げ 大栄翔 40

(6) 碧山戦 ○寄り切り 3.9秒
 碧山、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。その直前、碧山、早く立ち、右肘を固めて踏み込む。日馬富士、頭から低く当たる。碧山、右でかち上げる。日馬富士、構わず、両前廻しを取って一気に前に出、右筈で相手の胸を押し上げる。碧山、上体が起きて俵に詰まる。日馬富士、右を差して差し手を返す。碧山、俵の外に出る。
20170519 06 321 日馬富士 寄り切り 碧山 40

(7) 嘉風戦 ○押し出し 6.2秒
 嘉風、先に両手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、踏み込んで頭で当たり合う。日馬富士、頭が相手の下になる。嘉風、上体が起きて少し下がり、左から張って左を差す。日馬富士、左下手を探る。嘉風、腰を引いて相手に廻しを与えず。日馬富士、叩いて体を離し、顎に向かって突き放しながら前に出る。嘉風、上体が起きて俵を割る。日馬富士、相手が落ちないようガシッと抱きしめる。
20170520 07 319 日馬富士 押し出し 嘉風 40
20170520 07 319 日馬富士 押し出し 嘉風 50

(中) 千代翔馬戦 ○押し出し 2.5秒
 日馬富士は仕切り線後方で、千代翔馬は仕切り線そばで、両者、ほぼ同時にサッと手をついて立ち、右手を出して踏み込む。日馬富士、右喉輪で相手を起こし、顎に向かって突き放しながら前に出る。千代翔馬、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170521 08 320 日馬富士 押し出し 千代翔馬 43

(9) 玉鷲戦 ○寄り切り 4.7秒
 玉鷲、先に左手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。玉鷲、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から低く当たり、左廻しに手を掛ける。玉鷲、押す。日馬富士、左膝が土俵につきそうな低い体勢になるが堪え、叩きながら右に回る。玉鷲、前のめりになり、土俵際向き直る。日馬富士、そこを突き上げ、両下手を取って寄る。玉鷲、上体が起きて俵を割る。両者、土俵下に落ちる。勝負後、日馬富士、右足を痛そうにする。親指を痛めたよう。
〔日馬富士の低い体勢〕
20170522 09 321 日馬富士 寄り切り 玉鷲 15 日馬富士の低い体勢
〔日馬富士の寄り切り〕
20170522 09 321 日馬富士 寄り切り 玉鷲 40

(10) 栃煌山戦 ○寄り切り 2.5秒
 栃煌山、ジリッと足をすり、仕切り線後方で先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、栃煌山、素早く立ち、右手を出して頭を下げる。日馬富士、右手を出して頭から鋭く踏み込む。両者、頭で当たり合う。栃煌山、相手の当たりに上体が起きる。日馬富士、左押っ付けで前に出、右を差してそのまま寄り切る。
20170523 10 319 日馬富士 寄り切り 栃煌山 40

(11) 御嶽海戦 ●寄り切り 4.6秒
 御嶽海、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、御嶽海、素早く立ち、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。日馬富士、頭から低く踏み込んで当たる。御嶽海、両差しになって前に出る。日馬富士、左上手を取って左へ回る。御嶽海、右差し手を返して前に出る。日馬富士、土俵際、右押っ付けで押し上げて右を差し、左上手を取るが、その際、左足が俵の外に出る。日馬富士、気づかず、左上手投げで相手を土俵際にするが、取組を止められる。
20170524 11 320 御嶽海 寄り切り 日馬富士 35 日馬富士の足が出る

(12) 貴ノ岩戦 □不戦勝 
 貴ノ岩、「左大腿四頭筋肉離れ」のため、休場。
20170525 12 320 貴ノ岩休場

(13) 高安戦 ●叩き込み 8.9秒
 高安、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。高安、素早く立って踏み込み、左を差そうとする。日馬富士、頭から低く当たり、右で押っ付ける。高安、右上手を取って右へ回る。日馬富士、堪えて左下手を取り、サッと体を開いて下手投げを打ち、下手を離す。高安、前に泳ぎ、土俵際向き直る。日馬富士、そこを押し上げる。高安、俵に足を掛けて堪える。日馬富士、頭を下げて当たろうとする。高安、そこを叩く。日馬富士、前につんのめって土俵に手をつき、土俵下に転がり落ちる。
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 40-1
20170526 13 319 高安 叩き込み 日馬富士 50-1

(14) 豪栄道戦 ●叩き込み 4.0秒
 豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。豪栄道、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。日馬富士、右手を出して頭から踏み込んで当たる。豪栄道、右前廻しを探るが取れず。日馬富士、押し上げる。豪栄道、下がらず。日馬富士、叩きながら大きく引く。豪栄道、乗じて前に出る。日馬富士、俵に詰まり、土俵際を左へ回る。豪栄道、ついて行く。日馬富士、体勢を低くして中に入ろうとする。豪栄道、そこを手前に叩く。日馬富士、土俵に落ちる。
20170527 14 320 豪栄道 叩き込み 日馬富士 40

(楽) 白鵬戦 ●寄り切り 87.8秒
 両者、ほぼ同時に腰を下ろす。日馬富士、左手をつこうとして前のめりになり、突っ掛ける形になる。2度目、白鵬、右、左とサッと手をつく。日馬富士、遅れて仕切り線後方で両手をサッとつく。白鵬、右手を相手の額の前に出し、左を差す。日馬富士、頭をつけ、左に回って右上手前廻しを取る。白鵬、左差し手を抜いて小手に巻く。日馬富士、右を深く差して前に出、深い右下手、左上手を取る。白鵬、俵に両足を掛けて堪え、右下手を取って中に戻り、左上手に手を伸ばす。日馬富士、両廻しを持ち、腰を引いた体制で相手に上手を与えず、じりっじりっと前に出、左上手を引きつけて前に出る。白鵬、左押っ付けで堪え、左上手に手を伸ばす。日馬富士、すぐに腰を引いて上手を与えず。両者、土俵中央に戻って止まる(約4秒間)。日馬富士、両廻しを引きつけて前に出る。白鵬、左で差し手を抱えながら堪え、左上手に手を伸ばす。日馬富士、腰を引いて上手を与えず。両者、土俵中央に戻って止まる(約6秒間)。日馬富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。白鵬、左差し手を抱えて堪える。日馬富士、起きた体勢を少し低くする。両者、止まる(約5秒間)。日馬富士、両廻しを引きつける。白鵬、堪える。日馬富士、腰を引く。白鵬、左上手に手を伸ばすが取れず。両者、止まる(約7秒間)。日馬富士、両廻しを引きつける。白鵬、土俵際、左小手で振って中に戻る。両者、止まる(約6秒間)。白鵬、左上手に手を伸ばすが取れず、左で相手の脇腹を叩いてから取る。日馬富士、両廻しを引きつける。白鵬、両廻しを持って堪える。両者、止まる(約5秒間)。白鵬、右下手を離し、右肘を張りながら腰を振って相手の上手を切り、右差し手を返して一気に前に出る。日馬富士、俵を割る。
20170528 15 320 白鵬 寄り切り 日馬富士 40

《2017年夏場所取組内容・目次へ》