2017年08月01日

稀勢の里 2017年名古屋(七月)場所取組内容

201707-きせのさと

横綱2場所目で初の東正横綱だった先場所は、3月場所での左上腕の負傷が癒えないまま土俵に上がったものの、十一日目から休場した。→先場所の取組内容
6月、地元茨城の鹿島神宮での土俵入り(→鹿島土俵入り)、新大関高安とともに稽古を再開(→稽古再開)、富岡八幡宮での横綱刻名式(→横綱刻名式)、茨城県出身横綱 常陸山の墓を訪れる(→TBS→NHK)、田子ノ浦部屋宿舎のお寺でのイベント(→NHK→TBS
7月、熱田神宮奉納土俵入り(→土俵入り →コメント)、7/3に31歳の誕生日(→TBS )、6日名古屋場所出場を決断(→NHK )。
場所前、新大関高安と部屋で稽古したほか、阿武松部屋で阿武咲と稽古。また、二所ノ関一門連合稽古では嘉風と稽古した。
迎えた今場所、初日は新関脇御嶽海に寄り切られて黒星発進。
二日目、初顔の貴景勝を突き落とし、初日を出す。
三日目、栃ノ心に寄り切られて早くも2敗目。金星を配給。(→頭に座布団が当たる
四日目、正代を寄り切って2勝目。星を五分にする。
五日目、過去15戦全勝の勢と対戦。小手投げで敗れ、3敗目を喫するとともに、今場所2つ目の金星配給。また、土俵下に落ちた際に、左足首を負傷。
翌六日目から、「左足関節靭帯損傷。およそ3週間の安静加療を要する」という診断書を提出し、休場。2場所連続の途中休場となる。(→休場ニュース
今場所は、2勝4敗9休の成績。
場所後、横綱審議委員会の北村委員長が「出場の判断が甘かったのでは。万全でないならば休んだ方がいい」とコメント。(→横審ニュース



(初) 御嶽海戦 ●寄り切り 7.1秒
 御嶽海、手をつく。稀勢の里、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。御嶽海、右肘を固めて低く当たる。稀勢の里、左を差そうとするが差せず。御嶽海、右を差し勝ち、両差しになって前に出る。稀勢の里、俵に詰まって上体が起きる。御嶽海、両差しで休まず圧力をかける。稀勢の里、堪え切れずに俵を割る。
20170709 01 319 御嶽海 寄り切り 稀勢の里 37

(2) 貴景勝戦 ○突き落し 20.5秒
 貴景勝、先に両手をつく。稀勢の里、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつき、左肘を固めて踏み込む。貴景勝、両手を出して頭から踏み込み、突き放す。稀勢の里、右から張って差そうとする。貴景勝、下から押し上げて相手を起こし、両手で突き放して前に出る。稀勢の里、突き返し、左を差そうとする。貴景勝、引いて体を離す。稀勢の里、右から張り、左を差そうとする。貴景勝、両手で突き放す。稀勢の里、突き返す。貴景勝、突き放しながら前に出る。稀勢の里、土俵際見ながら突き返し、機を見て右から突く。貴景勝、土俵に転がる。
20170710 02 320 稀勢の里 突き落とし 貴景勝 40
20170710 02 320 稀勢の里 突き落とし 貴景勝 50 稀勢の里 01

(3) 栃ノ心戦 ●寄り切り 12.4秒
 栃ノ心、先に両手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと両手をついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。栃ノ心、右肘でかち上げ気味に当たり、左下手を取る。稀勢の里、上体が起きて右で差し手を抱える。栃ノ心、右上手前廻しも取り、左下手を離して右上手出し投げ。稀勢の里、堪える。栃ノ心、再び左を差して下手を取る。稀勢の里、左を差せず、外から抱える体勢になる。栃ノ心、両前廻しを引きつけて前に出る。稀勢の里、右から突き落としに行く。栃ノ心、構わず寄り切る。
20170711 03 321 栃ノ心 寄り切り 稀勢の里 40

(4) 正代戦 ○寄り切り 3.9秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。稀勢の里、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。正代、右肘を固め、左を差す。稀勢の里、すぐに右上手前廻しに手を掛けるが下がりを掴む形。正代、右で差し手争い。稀勢の里、右で下がりを持ち、左で差し手争いをしながらどんどん前に出、土俵際で左を差す。正代、左足が俵の外に出る。
20170712 04 318 稀勢の里 寄り切り 正代 40

(5) 勢戦 ●小手投げ 7.5秒
 勢、先に右手をつく。稀勢の里、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。勢、右肘を固めて頭から当たるが、右を差せずに右上手を取り、左を差す。稀勢の里、前に出ながら深い左下手を取って寄る。勢、右上手が切れて俵に詰まるが、右で差し手を抱えながら俵伝いに右へ回り、体を開いて右小手投げ。稀勢の里、土俵下に飛び落ち、控え行司のところに倒れ込む。勝負後、稀勢の里、花道奥で足を痛そうにする。
20170713 05 319 勢 小手投げ 稀勢の里 40

(6) 琴奨菊戦 ■ 不戦勝 
 稀勢の里、「左足関節靭帯損傷」のため、休場。
20170714 06 319 琴奨菊 不戦勝 稀勢の里

《2017年名古屋場所取組内容・目次へ》