2017年09月

白鵬 2017年秋(九月)場所取組内容

201709-はくほう

先場所は、通算勝利数1位である大関魁皇の1047勝を超えて歴代単独1位となった上、14勝1敗で、二場所連続39回目の優勝を果たした。→先場所の取組内容
場所後、家族とともにモンゴルに帰郷。宮崎県都城市の協力を得て本物の土俵を作った。(→日刊スポーツ記事 記事が表示されない場合は→こちら
7/30からの巡業では、途中休場していた稀勢の里、鶴竜に加えて日馬富士も休み、最初はひとり横綱で参加。他の横綱は途中参加した。
しかし、名古屋場所前に発症したという左膝痛のため、8/13からは巡業を離脱。東日本大震災からの復興を願って行われる岩手県釜石市での土俵入りも初めて休んだ。
→力士健康診断で採血に表情を変える白鵬
8/23のお台場場所には、ずっと休んでいた横綱鶴竜とともに再び参加。4横綱揃い踏みとなった。(→息子の真羽人くんが先場所自分を破った御嶽海と稽古したと聞いた白鵬
→力士会での白鵬 →秋場所への抱負を語る白鵬
番付発表後の稽古総見では相撲を取らず。(→稽古総見の様子
→高安大関昇進披露宴の様子
その後も関取衆との稽古ができず、番付編成会議の9/8、休場を決断した。(→白鵬の休場について語る宮城野親方
白鵬の休場は、今年3月場所以来、通算6度目。3横綱が初日から休場するのは、昭和以降初とのこと。



20170910 300 休場 3横綱

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

2017年9月(秋)場所 十両取組 各種データ順位

2017年9月(秋)場所 十両全取り組みを対象に、各種データを順位化しました。
扱ったデータは「勝ち星数」、「同一決まり手勝利数」、「待った回数」、「物言い回数」、全取り組み時間のうちの「最長取組時間」、「最短取組時間」、及び「長取組平均時間」、「短取組平均時間」です。

■十両優勝
 十両優勝:西十両11枚目 阿炎(初) 10勝5敗
20170924 15 241 各段優勝表彰式 十両 阿炎

■勝ち星数
 10勝 安美錦、琴勇輝、誉富士、阿炎(優勝)

■最多同一決まり手勝利数(カッコ内は全勝利数に占めるその決まり手の割合)
 6回 竜電 寄り切り(75.0%)

■待った回数
 8回 阿炎
 6回 妙義龍
 5回 安美錦

■最多物言い回数
 1回 剣翔、琴恵光、北はり磨、希善龍

※以下の取り組み時間の順位はこのブログ独自に計測した取り組み時間を元にしています。

■最長取り組み時間
 114.9秒 青狼-矢後戦
20170911 203 青狼 寄り切り 矢後 40

■最短取り組み時間
 0.80秒 千代鳳-照強戦
20170920 11 202 照強 叩き込み 千代鳳 25

■長平均取組時間
1位 25.4秒 矢後
2位 23.4秒 青狼
3位 20.4秒 大砂嵐

■短平均取組時間
1位 5.1秒 琴勇輝
2位 5.3秒 豊響
3位 5.5秒 妙義龍

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

2017年9月(秋)場所 幕内取組 各種データ順位

2017年9月(秋)場所 幕内全取り組みを対象に、各種データを順位化しました。
扱ったデータは「勝ち星数」、「同一決まり手勝利数」、「待った回数」、「物言い回数」、全取り組み時間のうちの「最長取組時間」、「最短取組時間」、及び「長取組平均時間」、「短取組平均時間」です。

■幕内優勝
 西横綱(1) 日馬富士(9回目)  (11勝4敗)
20170924 15 325 賜杯拝戴 日馬富士

■三賞
 殊勲賞:西前頭5枚目 貴景勝(1回目)(9勝6敗)
20170924 901 三賞受賞者 11 貴景勝 @サンデースポーツ

 敢闘賞:東前頭3枚目 阿武咲(2回目)(10勝5敗)
20170924 901 三賞受賞者 12 阿武咲 01 @サンデースポーツ

 敢闘賞:東前頭16枚目 朝乃山(1回目)(10勝5敗)
20170924 901 三賞受賞者 13 朝乃山 03 @サンデースポーツ

 技能賞:西関脇 嘉風(4回目)(8勝7敗)
20170924 901 三賞受賞者 14 嘉風 自分の番になると正面向く @サンデースポーツ

■勝ち星数
 11勝 日馬富士(優勝)、豪栄道
 10勝 琴奨菊、阿武咲、大翔丸、遠藤、朝乃山

■最多同一決まり手勝利数(カッコ内は全勝利数に占めるその決まり手の割合)
 7回 日馬富士 寄り切り(63.6%)、大翔丸 突き落し(70.0%)

■待った回数
 6回 豪栄道、玉鷲
 5回 嘉風
 3回 北勝富士、千代大龍、輝、貴ノ岩、荒鷲、石浦

■最多物言い回数
 2回 千代翔馬

※以下の取り組み時間の順位はこのブログ独自に計測した取り組み時間を元にしています。

■最長取組時間
 58.7秒 千代丸-魁聖戦
20170916 07 304 千代丸 寄り切り 魁聖 40

■最短取組時間
 0.9秒 千代の国-石浦戦
20170917 08 307 千代の国 叩き込み 石浦 40

■長平均取組時間
1位 11.5秒 千代丸
2位 11.3秒 魁聖
3位 10.4秒 朝乃山

■短平均取組時間
1位 2.9秒 宇良 ※途中休場のため、2番のみ
2位 4.1秒 碧山 ※途中出場のため、8番のみ
3位 4.2秒 千代大龍
4位 4.6秒 大翔丸

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

2017年秋(9月)場所 十両優勝 阿炎

■十両 阿炎(初) ※序二段、三段目、幕下での優勝経験有

〔本割で単独トップだった琴勇輝を倒し、その後、4人による決定戦を制して優勝〕
20170924 15 233 阿炎 引き落とし 琴勇輝 50
20170924 15 233 阿炎 引き落とし 琴勇輝 70 阿炎、十両優勝

※取組の様子は →「秋場所千秋楽・十両。(取組時間等)」 をご覧ください。


〔表彰状を受けとる 阿炎〕
20170924 15 241 各段優勝表彰式 十両 阿炎


〔優勝インタビュー〕 インタビュアーは藤井康生アナウンサー
20170924 15 291 十両優勝 阿炎 01

<勝った後も、とってもリラックスしているように見えますが>
「そうですね。楽に取ろうと思って。力入らないように。思い切りやりました」

20170924 15 291 十両優勝 阿炎 03

<きょうは本割で勝てば決定戦という土俵、どういう思いで上がりましたか>
自分ちょっと、明るい性格なので、相撲界盛り上げたいなと思って。はい(笑)。ウソです、頑張りました
<いやいや とっても盛り上がりましたよ>
「ホントですか?(笑) ずっと目標にしていた10番勝ちたかったので、思い切りいきました」

20170924 15 291 十両優勝 阿炎 07 ウソです

<幕下でちょっと苦しんだ時もありましたが、だいぶ戻ったとみていいですか>
「そうですね。いや、戻ったというか、成長できたかなと、少し。自分でも。はい。思ってます」
<どの辺り?>
「前に出れるようになったので。前はずっと かわしてばっかりだったので。前に出れてるので、来場所も同じように、二桁勝てるように頑張ります」

<十両優勝、喜びは大きいですよね>
「そうですね。嬉しいですね。はい」
<来場所以降、どんな相撲を見せてくれますか>
「いや、また、自分のできることを、精一杯やります」

<さっき待っててもらったときは、もっと明るく楽しく、でしたが>
「いや、すいません。勘弁してください。へへへへ(笑)

20170924 15 291 十両優勝 阿炎 50

<本当におめでとうございます>
「はい、ありがとうございました」

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

2017年秋(9月)場所 幕下優勝 鏡桜

■幕下 鏡桜 ※十両での優勝経験有。水戸龍との対戦を制して、十両優勝

〔優勝表彰式〕
20170924 15 242 各段優勝表彰式 幕下 鏡桜


〔優勝インタビューの様子〕 インタビュアーは、酒井良彦アナウンサー
20170922 13 291 幕下優勝 鏡桜 01

<優勝を決めて今、率直にどんな思いですか>
「やっぱ嬉しいですね、はい」

<鏡桜さんは幕内の経験もあって、右膝の怪我で今 幕下で相撲を取っていますが、今場所は、かなり力強い相撲が多かったんではないでしょうか>
「そうですね、怪我の方も良くなってきて、体もよく動いていたのかなと思いました」

20170922 13 291 幕下優勝 鏡桜 02 怪我も良くなってきた

<場所前の稽古も、関取衆との稽古をしたそうですね>
「そうですね、あの、はい。出稽古行って、自分から稽古しようと思って。番数を重ねてきました」

<その中できょうはモンゴルの後輩、きょう勝てば新十両の可能性も広がった水戸龍さんとの相撲ですが、相撲内容はどうだったでしょうか>
「相手は体が大きいんで、とりあえず、胸を合わさないようにと思って。頭つけて、前に出ることを考えて行きました」

20170922 13 120 鏡桜 寄り切り 水戸龍 30
20170922 13 120 鏡桜 寄り切り 水戸龍 60

<うまく懐に入れました>
「そうですね。思ったより、いいところ(廻し)取れたんで、前に出ようと思って。はい」
<モンゴルの後輩ということで、その辺りの意識はなかったですか>
「そういうことを意識せずに、チャンスが来たんで、ここで逃さないと思って、一生懸命やりました」

→水戸龍との取組での実況の様子 (Twitter)

<チャンスというのは、優勝のチャンスということですか>
「そうですね、はい。やっぱり優勝しないと、番付は上に上がらないので、このチャンスを待っていたんで、やっと来たかなという感じです」

20170922 13 291 幕下優勝 鏡桜 05 このチャンスを待っていたので

<右膝の怪我という話がありましたが、幕下に番付を下げている中で、支えは何だったでしょうか>
「そうですね。部屋の竜勢と親方の力強い言葉だったのかなと」
<どんな言葉ですか>
「『ここでやんなきゃいけない』『落ちても一生懸命やるごとに、次につながるんだよ』と言ってくれていたんで、それを信じて、一生懸命やりました」。

20170922 13 291 幕下優勝 鏡桜 07 竜勢と親方の言葉が支え

<来場所いよいよ、関取復帰に臨む場所になりますが>
「そうですね。一生懸命稽古して、また来場所に向けて、頑張って行きたいと思います」

20170922 13 291 幕下優勝 鏡桜 11 来場所関取復帰を懸ける

<おめでとうございました>
「ありがとうございました」

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

2017年秋(9月)場所 幕内優勝 日馬富士

■幕内 横綱日馬富士(9回目)

〔賜杯を受け取る 日馬富士〕 八角理事長から手渡される
20170924 15 325 賜杯拝戴 日馬富士

〔支度部屋での記念撮影〕 家族、後援者らとともに
20170924 15 902 支度部屋記念撮影 03 @ニュース7
20170924 15 902 支度部屋記念撮影 05 @ニュース7

〔優勝パレード〕 旗手は、幕内復帰を確実にした 安美錦
20170925 900 日馬富士優勝一夜明け会見 51 優勝パレード 02 @ニュース7
20170925 900 日馬富士優勝一夜明け会見 51 優勝パレード 15 @ニュース7

〔祝勝会で鯛を持ち上げる日馬富士〕 
伊勢ヶ濱親方夫妻に挟まれて。後ろに、安美錦、宝富士、誉富士、照強の姿。
20170924 900 鯛を持ち上げる日馬富士 01 @サンデースポーツ

にっこり笑顔
20170924 900 鯛を持ち上げる日馬富士 07 @サンデースポーツ

(たぶんふざけて)「痛い」と言いながら おちゃめな表情を見せる日馬富士
20170924 900 鯛を持ち上げる日馬富士 11 @サンデースポーツ

※《日馬富士の優勝インタビュー》の様子は、全文を →こちら に書き起こしています。(見る場合は矢印をクリック)


《2017年秋場所取組内容・目次へ》

2017年秋(9月)場所幕内の各日まとめ及び成績上位者変遷

各日の幕内取組内容の冒頭に書いたその日のまとめを集めました。
三日目以降は、成績上位者の名前も掲載。

◆初日◆
20170910 900 秋場所初日@ニュース7

初日から白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱が休場。初めて一人横綱となった日馬富士は、小結 栃煌山を上手投げで倒して白星発進。
大関2場所目の高安は、栃ノ心を押し出して初日白星。
角番の大関 豪栄道は琴奨菊に、照ノ富士は北勝富士に敗れ、ともに初日黒星。
関脇2場所目の御嶽海は、初めて前頭上位に上がった阿武咲に叩き込まれて黒星発進。
35歳で最関脇となった嘉風は、千代大龍の突き出されて黒星発進。
小結 玉鷲は、分の悪い松鳳山に引き落とされて黒星発進。三役以上で勝ったのは、横綱日馬富士と大関高安の二人のみ。
宇良は、正代をとったりで倒して土俵に残り、初日白星。
隠岐の海は、力強い上手投げで遠藤を倒し、初日白星。
新入幕の朝乃山は、蒼国来を寄り切って白星発進。
→初日幕内取組内容へ

◆二日目◆
20170911 02 900 二日目 @ニュース7

横綱日馬富士は、栃ノ心を豪快な下手投げで倒し、2連勝。
大関高安は、小結玉鷲に押し出されて黒星。この相撲で、右足太ももを痛めて車椅子で花道を下がる。また、勝った玉鷲も右足首を捻って痛めたよう。
角番の大関豪栄道は、前日照ノ富士を破った北勝富士を押し出して初日を出す。
もう一人の角番大関照ノ富士は、琴奨菊に寄り切られて連敗。
関脇御嶽海は、千代大龍に叩き込まれて連敗。千代大龍は初日の嘉風に続いて2関脇を破って連勝。
もう一人の関脇嘉風は、阿武咲と熱戦の末に押し倒されて連敗。阿武咲は、初日の御嶽海に続いて2関脇を破って連勝。
宇良は、先場所初めて破った貴景勝と対戦。しかし、突っ張られて俵に詰まり、痛めている右足で堪えて倒れる。この相撲で、右足の状態を悪化させ、車椅子で花道を下がる。貴景勝は連勝。
→二日目幕内取組内容へ

◆三日目◆
20170912 03 900 三日目 幕内7力士が休場@ニュース7

大関高安、平幕の宇良が休場。幕内の休場者は7人に。
横綱日馬富士は、琴奨菊との立合いで呼吸が合わずに力を抜くが、「待った」は認められずに初黒星。日馬富士が敗れたことで、三役以上の勝ちっ放し力士はいなくなり、3連勝は平幕の6人となる。琴奨菊は、3連勝。新入幕から76場所目での初金星となり、昭和以降最スロー記録にもなる。
角番大関照ノ富士は、栃ノ心を寄り切って初日。栃ノ心は3連敗。
もう一人の角番大関豪栄道は、関脇嘉風と対戦。立合いの変化から叩き込み、2勝目。嘉風は3連敗。
関脇2場所目の御嶽海は、松鳳山を引き落として初日。松鳳山は初黒星。
幕内3場所目で自己最高位前頭3枚目の阿武咲は、小結玉鷲を送り出して3連勝。前日右足首を痛めた玉鷲は、2敗目。
十両の安美錦が、昨年5月場所以来(→安美錦2016年5月場所取組内容)の幕内土俵に上がり、徳勝龍と対戦。突き落として3連勝。徳勝龍は3連敗。
ともに昨年3月場所に三段目付け出しデビューを果たした二人、新入幕の朝乃山と再入幕の豊山が対戦。朝乃山が押し倒しで勝つ。
<成績上位者>
全勝 琴奨菊、阿武咲、千代大龍、貴景勝、貴ノ岩、大栄翔(6人)
→三日目幕内取組内容へ

◆四日目◆
20170913 04 900 日馬富士ー北勝富士 @ニュース7

前日初黒星を喫した一人横綱の日馬富士は、北勝富士と対戦。俵に追い詰めるも回り込んで残され、寄り切られて連敗。北勝富士は、先場所の鶴竜に続く2つめの金星獲得。
角番大関照ノ富士は、大関戦初の阿武咲に引き落とされて3敗目。自己最高位前頭3枚目の阿武咲は、1大関2関脇1小結を破って初日から4連勝。
同じく角番大関豪栄道は、栃ノ心を立合い変化から押し出して3勝目。栃ノ心は初日から4連敗。
前日横綱日馬富士を破った琴奨菊は、関脇嘉風を小手投げで倒して4連勝。嘉風は4連敗。
二日目に右足首を痛めた小結玉鷲は、過去8戦全敗と苦手の関脇御嶽海と対戦。一気の出足で寄り切り、2勝目。御嶽海は3敗目。
小結栃煌山は、正代に寄り切られて4連敗。正代は2勝目。
輝は、初日から3連勝と好調の貴景勝を押し倒し、初日を出す。
<成績上位者>
全勝 琴奨菊、阿武咲、千代大龍、貴ノ岩、大栄翔(5人)
一敗 豪栄道、北勝富士、貴景勝、荒鷲、大翔丸、遠藤(6人)
→四日目幕内取組内容へ

◆五日目◆
20170914 05 900 五日目 阿武咲ー日馬富士 @ニュース7

前日、初の大関戦で照ノ富士を破った阿武咲が日馬富士と初の結びで初の横綱戦。叩き込みで勝って、ただ一人5連勝。日馬富士は3連敗。
角番大関豪栄道は、千代大龍に土俵際まで追い込まれるも、突き落としで逆転し、4勝目。初日から4連勝の千代大龍は、初黒星。
もう一人の角番大関照ノ富士は、松鳳山と対戦。寄り切りで敗れて4敗目を喫するとともに、取組後、左膝を痛そうにする。松鳳山は3勝目。
まだ白星のない関脇嘉風は、同じ日本体育大学出身で、前日横綱日馬富士を破った北勝富士と対戦。相手に引かせて一気に押し出し、初日を出す。北勝富士は2敗目。
正代は、元大関琴奨菊を寄り切って3勝目。琴奨菊は初黒星。
初日から4連敗の小結栃煌山は、同じ小結玉鷲を突き落として初日。玉鷲は3敗目。
<成績上位者>
全勝 阿武咲(1人)
一敗 豪栄道、琴奨菊、千代大龍、貴ノ岩、荒鷲、大栄翔、大翔丸(7人)
二敗 北勝富士、松鳳山、正代、貴景勝、逸ノ城、千代の国、宝富士、魁聖、遠藤、朝乃山(10人)
→五日目幕内取組内容へ

◆六日目◆
20170915 06 900 横綱大関5人休場99年ぶり @ニュース7
20170915 06 900 阿武咲6連勝なるか @ニュース7

横綱日馬富士が、千代大龍を寄り切って連敗を3で止める。千代大龍は2連敗。
角番大関豪栄道は、ただ一人初日から5連勝の阿武咲を押し出して5勝目。阿武咲を引きずり下ろしてトップに並ぶ。
もう一人の角番大関照ノ富士は、前日の取組で左膝を痛めて休場。今場所、3横綱2大関が休場となるのは、1918年(大正7年)夏場所以来99年ぶり。正代が不戦勝で4勝目。
前日初日を出した関脇嘉風は、小結栃煌山を寄り切って連勝。栃煌山は5敗目。
もう一人の関脇御嶽海は、初日から4連勝と好調の琴奨菊を掬い投げで倒し、3勝目。琴奨菊は連敗。
蜂窩織炎のため初日から休場していた佐田の海が今日から出場。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 豪栄道、阿武咲、大栄翔、大翔丸(4人)
二敗 琴奨菊、千代大龍、松鳳山、正代、貴景勝、逸ノ城、千代の国、宝富士、貴ノ岩、荒鷲、魁聖、遠藤(12人)
→六日目幕内取組内容へ

◆七日目◆
20170916 07 900 北勝富士-阿武咲 @ニュース7

前日トップに並んだ大関豪栄道は、正代を厳しい攻めで押し出し、6勝目。正代は3敗目。
前日連敗を3で止めた横綱日馬富士は、松鳳山戦。互いに張り合う展開から寄り切り、4勝3敗と白星先行に。松鳳山は3敗目。
前日初黒星を喫した阿武咲は、北勝富士を押し出して6勝目。四日目に横綱日馬富士を破った北勝富士は、そこから3連敗。
関脇御嶽海は、小結栃煌山を押し出して4勝目。栃煌山は6敗目。
関脇嘉風は、栃ノ心に足取りで勝ち、初日から4連敗のあと3連勝。栃ノ心は6敗目。
小結玉鷲は、琴奨菊を一気の出足で押し出して3勝目。琴奨菊は、初日から4連勝のあと3連敗。
追手風部屋の大栄翔と大翔丸は、ともに勝ち、大関豪栄道、阿武咲と4人で並んでトップ。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 豪栄道、阿武咲、大栄翔、大翔丸(4人)
二敗 千代大龍、宝富士、貴ノ岩、荒鷲(4人)
三敗 日馬富士、御嶽海、琴奨菊、松鳳山、正代、貴景勝、逸ノ城、千代の国、千代丸、魁聖、遠藤、朝乃山(12人)
→七日目幕内取組内容へ

◆八日目◆
20170917 08 900 阿武咲と豪栄道 @ニュース7

大関豪栄道は、小結玉鷲を寄り切って1敗を守る。玉鷲は5敗目。
横綱日馬富士は、今日から出場する碧山と対戦。引いて相手を呼び込むが、土俵際での上手出し投げで倒し、5勝目。碧山は1敗7休で負け越し。
横綱大関を撃破して好調の阿武咲は、栃ノ心を引き落として1敗を守り、大関豪栄道、大翔丸と3人でトップに並ぶ。
関脇嘉風は、松鳳山と張り手も交えた激しい相撲の末、寄り切りで勝利。4連敗スタートだったが4連勝で星を五分に。松鳳山は4敗目。
関脇御嶽海は、学生相撲で競った北勝富士と対戦。寄り切られて4敗目。北勝富士は、3回目の対戦で初めて御嶽海に勝利。
小結栃煌山は、琴奨菊に攻め込まれるも、掬い投げで逆転して2勝目。初日から4連勝だった琴奨菊は、4連敗で星が五分に。
六日目から休場中の角番大関照ノ富士は、今日で負け越しが決まり、来場所関脇に陥落することが決定。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 豪栄道、阿武咲、大翔丸(3人)
二敗 千代大龍、貴ノ岩、荒鷲、大栄翔(4人)
三敗 日馬富士、貴景勝、逸ノ城、千代の国、宝富士、遠藤、朝乃山(7人)
→八日目幕内取組内容へ

◆九日目◆
20170918 09 900 豪栄道と阿武咲 @ニュース7

大関豪栄道は、昨日から出場の碧山を突き落とし、1敗を守って勝ち越し。角番を脱出。
1敗だった阿武咲が千代大龍に叩き込まれて2敗目。同じく1敗だった大翔丸も敗れ、豪栄道が単独トップに立つ。
横綱日馬富士は、正代を寄り切って4連勝で6勝目。
関脇嘉風は、小結玉鷲を寄り切り、4連敗スタートから5連勝でついに白星先行に。玉鷲は6敗目。
関脇御嶽海は、貴景勝を引き落として5勝目。
琴奨菊は、栃ノ心を寄り切って連敗を4で止めて5勝目。栃ノ心は負け越し。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 豪栄道(1人)
二敗 阿武咲、千代大龍、貴ノ岩、大翔丸(4人)
三敗 日馬富士、宝富士、荒鷲、大栄翔、朝乃山(5人)
→九日目幕内取組内容へ

◆十日目◆
20170919 10 900 豪栄道と日馬富士@ニュース7

前日単独トップに立った大関豪栄道は、小結栃煌山を押し出し、1敗を守る。栃煌山は7敗目と後がなくなる。
横綱日馬富士は、貴景勝と対戦。見合って押し合う展開から廻しを狙うが、叩き込まれて4敗目。貴景勝は初金星獲得。
関脇嘉風は、正代を押し出し、4連敗から6連勝。
関脇御嶽海は、碧山に叩き込まれて5勝5敗と五分に。途中出場の碧山は初日。
小結玉鷲は、今場所1横綱1大関撃破の北勝富士を押し出して4勝目。北勝富士は6敗目。
中日まで1敗だった阿武咲は、琴奨菊に突き落とされて3敗目。勝ち越し王手から2連敗。琴奨菊は6勝目。
宝富士は、石浦に後ろにつかれる苦しい体勢をしのぎ、送り出して7勝目。石浦は負け越し。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 豪栄道(1人)
二敗 千代大龍(1人)
三敗 阿武咲、宝富士、貴ノ岩、荒鷲、大翔丸、朝乃山(6人)
四敗 日馬富士、嘉風、琴奨菊、貴景勝、逸ノ城、千代の国、大栄翔、魁聖、遠藤(9人)
→十日目幕内取組内容へ

◆十一日目◆
20170920 11 900 豪栄道と千代大龍 @ニュース7

1敗で単独トップの大関豪栄道は、関脇御嶽海を寄り切り、二日目から10連勝。
豪栄道を1差で追う千代大龍は、小結玉鷲に押し出されて3敗目。2敗力士が消え、豪栄道は後続に2差をつける。玉鷲は5勝目。
前日4敗目を喫した横綱日馬富士は、逸ノ城を上手出し投げで倒して7勝目。
関脇嘉風は、碧山を押し出して4連敗スタートから7連勝。勝ち越しまであと1つとする。
前半を盛り上げた阿武咲は、小結栃煌山に押し出され、7勝してから3連敗と足踏み。栃煌山は7敗で踏み止まる。
琴奨菊は、北勝富士を力強く寄り切って7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
貴ノ岩、新入幕の朝乃山が勝ち越し。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 豪栄道(1人)
二敗 なし
三敗 千代大龍、貴ノ岩、朝乃山(3人)
四敗 日馬富士、嘉風、琴奨菊、阿武咲、貴景勝、宝富士、荒鷲、大栄翔、大翔丸、遠藤(10人)
→十一日目幕内取組内容へ

◆十二日目◆
20170921 12 900 十二日目 @ニュース7

1敗で単独トップの大関豪栄道が、松鳳山に叩き込まれて2敗目。しかし、単独トップは変わらず。松鳳山は2大関を破り、6勝6敗と五分に。
横綱日馬富士は、小結玉鷲を寄り切って勝ち越し。2差で豪栄道を追う。玉鷲は、7敗と後がなくなる。
関脇嘉風は、貴景勝を叩き込み、8連勝で勝ち越し。貴景勝はきょうの勝ち越しならず。
関脇御嶽海は、正代を叩き込んで6勝目。正代は7敗目。
小結栃煌山は、逸ノ城を押し出して5勝目。7敗してから連勝で踏み止まる。逸ノ城は、6勝6敗と五分に。
7勝してから3連敗で足踏みだった阿武咲が、千代の国を寄り切って勝ち越し。千代の国は6勝6敗に。
3敗だった千代大龍、貴ノ岩、朝乃山の3力士がすべて敗れ、2敗の豪栄道を追うのは、4敗の10力士となる。
<成績上位者>
全勝~一敗 なし
二敗 豪栄道(1人)
三敗 なし
四敗 日馬富士、嘉風、琴奨菊、阿武咲、千代大龍、貴ノ岩、荒鷲、大栄翔、遠藤、朝乃山(10人)
五敗 貴景勝、宝富士、千代丸、大翔丸、魁聖(5人)
→十二日目幕内取組内容へ

◆十三日目◆
20170922 13 900 十三日目 @ニュース7

前日2敗目を喫したものの、まだ後続に2差をつけてトップの大関豪栄道は、貴景勝の突き放しに引いて回り込むも、体勢を崩して土俵に落ち、連敗。3敗となる。貴景勝は勝ち越し。
横綱日馬富士と関脇嘉風が4敗同士で対戦。日馬富士が鋭い立合いから圧倒し、9勝目。豪栄道との星の差が1つとなり、自力優勝の可能性が出てくる。
前日まで4敗だった琴奨菊、阿武咲、千代大龍、貴ノ岩、荒鷲、大栄翔、遠藤が敗れ、日馬富士とともに豪栄道を1差で追うのは、新入幕の朝乃山のみとなる。
関脇御嶽海は、逸ノ城を押し出して7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
小結玉鷲は、途中出場の碧山を押し出し、7敗で踏み止まる。
小結栃煌山は、輝に押し出され、負け越しが決まる。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 豪栄道(1人)
四敗 日馬富士、朝乃山(2人)
五敗 嘉風、琴奨菊、阿武咲、千代大龍、貴景勝、宝富士、貴ノ岩、荒鷲、大栄翔、千代丸、大翔丸、魁聖、遠藤(13人)
→十三日目幕内取組内容へ

◆十四日目◆
20170923 14 900 十四日目 @ニュース7

優勝争い単独トップながら連敗中の大関豪栄道は、貴ノ岩との熱戦の末、渡し込みで勝ち、11勝目。連敗を止めるとともに単独トップを守る。
豪栄道を1差で追う横綱日馬富士は、関脇御嶽海を寄り切って10勝目。もう一人1差で追っていた新入幕の朝乃山が敗れたため、優勝の行方は千秋楽の日馬富士-豪栄道直接対決で決まることに。御嶽海は、7勝7敗となり、千秋楽に勝ち越しを懸ける。
関脇嘉風は、荒鷲との取り直しの相撲に敗れて6敗目。今場所の二桁勝利はならず。
小結玉鷲は、正代を突き落として7勝目。千秋楽に勝ち越しを懸ける。正代は負け越し。
千代の国は、激しい相撲で魁聖を突き落とし、勝ち越しを決める。
栃ノ心は、石浦を波離間投げで倒して4勝目。
六日目から途中出場で、前日ようやく初日を出した佐田の海は、輝を寄り切って連勝。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 豪栄道(1人)
四敗 日馬富士(1人)
五敗 琴奨菊、阿武咲、宝富士、荒鷲、大翔丸、遠藤、朝乃山(7人)
→十四日目幕内取組内容へ

◆千秋楽◆
20170924 15 900 千秋楽 @ニュース7

千秋楽結び 優勝争い単独トップの大関豪栄道が、1差で追う横綱日馬富士に寄り切られ、両者が11勝4敗で並ぶ。優勝の行方は決定戦へ。その決定戦では、日馬富士が立合いで圧倒し、逆転優勝を果たす。日馬富士の優勝は、7場所ぶり9回目。3敗差を終盤五日間で逆転優勝したのは、一場所15日制が定着してから初。
御嶽海と嘉風が関脇同士で対戦。御嶽海が、土俵際の叩き込みで勝ち、勝ち越しを決める。嘉風は8勝7敗、4回目の技能賞を獲得。
小結玉鷲は、勝ち越しを懸けて貴景勝と対戦。突き出されて敗れ、7勝8敗と負け越す。貴景勝は9勝目。貴景勝は、今場所横綱日馬富士を破って初金星、また大関豪栄道も破り、初の殊勲賞を受賞。
小結栃煌山は、千代の国に引き落とされて6勝9敗。前頭7枚目の千代の国は、9勝6敗。
阿武咲は、貴ノ岩を押し出して10勝目。新入幕から3場所連続二桁勝利。15日制が定着した1949年5月場所以降では史上初の快挙。1横綱1大関を破り、2度目の敢闘賞を受賞。
新入幕の朝乃山は、勝てば三賞受賞が懸かる一番で、千代大龍を押し出して勝利。敢闘賞を受賞。
<成績上位者>
全勝~三敗 なし
四敗 日馬富士※優勝、豪栄道(2人)
五敗 琴奨菊、阿武咲、大翔丸、遠藤、朝乃山(5人)
→千秋楽幕内取組内容へ

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所千秋楽・幕内。

秋場所千秋楽・幕内の取り組み。
千秋楽結び 優勝争い単独トップの大関豪栄道が、1差で追う横綱日馬富士に寄り切られ、両者が11勝4敗で並ぶ。優勝の行方は決定戦へ。その決定戦では、日馬富士が立合いで圧倒し、逆転優勝を果たす。日馬富士の優勝は、7場所ぶり9回目。3敗差を終盤五日間で逆転優勝したのは、一場所15日制が定着してから初。
御嶽海と嘉風が関脇同士で対戦。御嶽海が、土俵際の叩き込みで勝ち、勝ち越しを決める。嘉風は8勝7敗、4回目の技能賞を獲得。
小結玉鷲は、勝ち越しを懸けて貴景勝と対戦。突き出されて敗れ、7勝8敗と負け越す。貴景勝は9勝目。貴景勝は、今場所横綱日馬富士を破って初金星、また大関豪栄道も破り、初の殊勲賞を受賞。
小結栃煌山は、千代の国に引き落とされて6勝9敗。前頭7枚目の千代の国は、9勝6敗。
阿武咲は、貴ノ岩を押し出して10勝目。新入幕から3場所連続二桁勝利。15日制が定着した1949年5月場所以降では史上初の快挙。1横綱1大関を破り、2度目の敢闘賞を受賞。
新入幕の朝乃山は、勝てば三賞受賞が懸かる一番で、千代大龍を押し出して勝利。敢闘賞を受賞。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 隠岐の海 8勝7敗 上手投げ ● 佐田の海 2勝8敗5休 (11.3秒)
 佐田の海、先に右手をつく。隠岐の海、仕切り線後方で右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、右手を出して踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて踏み込んで当たる。佐田の海、頭から当たり、左を差す。隠岐の海、左を差し、右上手に手を伸ばしながら前に出る。佐田の海、腰を遠ざけて上手を与えず、左下手を取り、右で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、右上手を取り、土俵際で右上手投げ。佐田の海、土俵に裏返り、その後、隠岐の海、土俵に落ちる。
20170924 15 301 隠岐の海 上手投げ 佐田の海 37

○ 魁聖 9勝6敗 寄り切り ● 荒鷲 9勝6敗 (4.4秒)
 魁聖、先に両手をつく。荒鷲、右手をつく。魁聖、素早く立って右腕を内に入れるが、待ったと思ったかやや止まりかける。荒鷲、遅れて右肘を固めて当たり、左上手に手を掛ける。行司 木村元基は「はっきよい」。魁聖、両差しになり、腰を引いて上手を切り、右差し手を返しながら前に出る。荒鷲、右を差すが、俵に詰まって上体が起きる。魁聖、腰を下ろして寄り切る。
20170924 15 302 魁聖 寄り切り 荒鷲 37

○ 千代翔馬 8勝7敗 上手投げ ● 豊山 4勝11敗 (1.4秒)
 豊山、先に左手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左で相手の肩を押さえ、右に変わりながら右上手を取り、そのまま右に回りながら上手投げ。豊山、土俵に転がる。
20170924 15 303 千代翔馬 上手投げ 豊山 37

○ 千代丸 9勝6敗 寄り切り ● 勢 6勝9敗 (21.2秒)
 勢、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。勢、右腕を内に入れて踏み込む。千代丸、両手で押し上げ、引きながら右に回る。勢、向き直る。千代丸、右喉輪で押し上げる。勢、左を差し、右上手に手を伸ばすが取れず。千代丸、左下手を取る。両者、左四つで少し止まる(約3秒間)。勢、右上手に手を伸ばす。千代丸、腰を捻って上手を与えず。勢、左差し手を返しながら前に出、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、左四つで少し止まる(約3秒間)。勢、右で差し手を抱えて前に出る。千代丸、俵に詰まるが、左差し手を返しながら左へ回って体を入れ替え、寄る。勢、右で首を巻いた体勢で俵を割る。
20170924 15 304 千代丸 寄り切り 勢 40

○ 徳勝龍 4勝11敗 掛け投げ ● 輝 4勝11敗 (10.1秒)
 輝、先に手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、左肘を固めて頭から当たる。輝、頭から当たり、右喉輪で押し上げ、左を差して差し手を返し、前に出ながら右で差し手を争い。徳勝龍、左を差す。輝、右上手を取って前に出る。徳勝龍、俵に詰まるが、左に回りながら左から掬い、左足で相手の右足を掛け上げる。輝、俵の外に倒れて土俵下にずり落ちる。
20170924 15 305 徳勝龍 掛け投げ 輝 35

○ 逸ノ城 8勝7敗 寄り切り ● 大栄翔 8勝7敗 (8.5秒)
 大栄翔、先に両手をつく。逸ノ城、両手をサッとつく。大栄翔、素早く立ち、右手を出して頭から当たろうとする。逸ノ城、踏み込んで右を差し、前に出る。大栄翔、下がりながら体を離す。逸ノ城、前に出て再び右を差す。大栄翔、俵に両足を掛け、右喉輪で押しながら中に戻る。逸ノ城、また右を差し、左上手に手を掛けながら前に出る。大栄翔、相手の上手を切るが、上体が起きて俵を割る。
20170924 15 306 逸ノ城 寄り切り 大栄翔 40

● 正代 6勝9敗 突き出し ○ 遠藤 10勝5敗 (5.4秒)
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。遠藤、両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、右肘でかち上げ、右を差す。遠藤、右から絞り、突き放し、右から突きながら体を開いていなす。正代、前に泳ぎ、向き直ろうとする。遠藤、そこを左喉輪で押し上げ、突き放す。正代、俵の上で重心が後ろになり、土俵外に出る。
20170924 15 307 遠藤 突き出し 正代 45

● 松鳳山 8勝7敗 突き落とし ○ 大翔丸 10勝5敗 (3.0秒)
 大翔丸、先に両手をつく。松鳳山、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、右から張る。大翔丸、頭から当たり、右に回りながら右で突く。松鳳山、向き直り、再び右から張って右を差す。大翔丸、左で突きながら左へ回る。松鳳山、土俵に落ちる。
20170924 15 308 大翔丸 寄り切り 松鳳山 37

○ 朝乃山 10勝5敗 押し出し ● 千代大龍 8勝7敗 (2.5秒)
 朝乃山、先に両手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。朝乃山、右肘を固める。千代大龍、左肘を固めて踏み込んで当たり、右喉輪で押し上げ、引きながら叩く。朝乃山、乗じて押しながら前に出る。千代大龍、土俵際で叩こうとするが、腹を押されて土俵下に落ちる。
20170924 15 309 朝乃山 押し出し 千代大龍 40

○ 阿武咲 10勝5敗 押し出し ● 貴ノ岩 8勝7敗 (4.4秒)
 阿武咲、先に手をつく。貴ノ岩、腰を下ろし、両手をサッとつく。阿武咲、右手を出して頭から踏み込む。貴ノ岩、左から張って右を差す。阿武咲、左を巻き替えて差し、両差しになってどんどん前に出る。貴ノ岩、右上手を取るが俵に詰まる。阿武咲、右筈で押し上げる。貴ノ岩、俵の外に出る。
20170924 15 310 阿武咲 押し出し 貴ノ岩 40

● 石浦 3勝12敗 押し出し ○ 碧山 3勝5敗7休 (2.2秒)
 石浦、先に手をつく。碧山、両手をサッとつく。その直前、石浦、素早く立って右手を出して頭を下げる。碧山、両手で肩を押し上げて起こし、突き放しながら前に出る。石浦、相手の腕を手繰ろうとするが上体が起き、力なく俵を割る。
20170924 15 311 碧山 押し出し 石浦 40

○ 北勝富士 7勝8敗 押し出し ● 豪風 6勝9敗 (5.4秒)
 北勝富士、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方で左、右と手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、頭で当たり合う。豪風、当たり勝って前に出る。北勝富士、俵に詰まる。豪風、左筈で脇を押し上げる。北勝富士、土俵際を左へ回って残し、頭を下げる。豪風、少し頭を叩く。北勝富士、乗じて押す。豪風、俵の外に出る。
20170924 15 312 北勝富士 押し出し 豪風 40

● 宝富士 9勝6敗 小手投げ ○ 琴奨菊 10勝5敗 (21.4秒)
 宝富士、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をサッとつき、両肘を固めて頭から踏み込む。宝富士、左肘を固め、左を差す。琴奨菊、左を差し、がぶって前に出る。宝富士、俵に詰まるが、左差し手を返しながら堪え、左に回って中に戻る。琴奨菊、右で差し手を抱えて前に出る。宝富士、左下手を取り、右上手にも手を伸ばすが取れず。両者、土俵中央、左四つで少し止まる(約3秒間)。琴奨菊、左から掬い、右で抱えながら前に出る。宝富士、土俵際、左下手を持って堪える。琴奨菊、土俵内へ右小手投げ。宝富士、土俵に転がる。琴奨菊、その上を転がる。
20170924 15 313 琴奨菊 小手投げ 宝富士 40

● 栃ノ心 4勝11敗 寄り切り ○ 錦木 6勝9敗 (6.0秒) 「待った1回」
 両者、ほぼ同時に手をつき、栃ノ心、すぐに立つが、錦木、立てず。2度目、両者、ほぼ同時に手をつき、錦木、頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たる。錦木、右を差して頭をつけ、右下手を取り、左で押っ付けながら左上手を取る。栃ノ心、左上手を探るが取れず、右下手を取る。錦木、両廻しを引きつけて前に出る。栃ノ心、左上手も取るが腰が伸び、土俵下に落ちる。
20170924 15 314 錦木 寄り切り 栃ノ心 40

○ 千代の国 9勝6敗 引き落とし ● 栃煌山 6勝9敗 (3.3秒)
 千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。栃煌山、腰を下ろし、両足をじりっとすり、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。栃煌山、両腕を内に入れる。千代の国、右手を出して左肘を固めて当たり、右喉輪で体を離し、両手で突き放す。栃煌山、下からあてがう。千代の国、機を見て右に開く。栃煌山、土俵に転がる。
20170924 15 315 千代の国 引き落とし 栃煌山 40

● 玉鷲 7勝8敗 突き出し ○ 貴景勝 9勝6敗 (4.6秒)
 貴景勝、先に両手をつく。玉鷲、左手をついて時を置き、右手をサッとついて素早く立つ。貴景勝、両手を出して頭を下げ、両者、頭で当たり合う。貴景勝、突き放しながら前に出る。玉鷲、突き返すが俵に詰まる。貴景勝、相手の胸に突き放す。玉鷲、上体が起きて俵を割る。
20170924 15 316 貴景勝 突き出し 玉鷲 40

○ 御嶽海 8勝7敗 叩き込み ● 嘉風 8勝7敗 (13.8秒)
 嘉風、先に両手をつく。御嶽海、両手をサッとつき、両者、頭から踏み込む。嘉風、左肘を固めて低く当たり、左押っ付けで前に出、突き放し、左下手に手を掛ける。御嶽海、左へ回りながら右を巻き替える。嘉風、突き放しながら前に出る。御嶽海、右を差す。嘉風、突き上げて左を差す。御嶽海、右上手に手を伸ばすが取れず。嘉風、左下手を持って頭をつける。御嶽海、右で押っ付けて相手の下手を切る。嘉風、押す。御嶽海、左で頭を叩きながら引く。嘉風、乗じて前に出る。御嶽海、俵の上で右へ開く。嘉風、前に飛んで土俵に落ちる。御嶽海、俵の上で残してから、土俵下に飛び落ちる。勝負後の勝ち名乗りの際、御嶽海、負けたと思ったか、土俵を下りようとする。VTRでは、御嶽海の左手が髷に入っているようにも見えたが、物言いはなし。
20170924 15 317 御嶽海 叩き込み 嘉風 40
〔腕は擦り傷、鼻からは血を流す 嘉風〕
20170924 15 317 御嶽海 叩き込み 嘉風 50 傷だらけ嘉風

● 豪栄道 11勝4敗 寄り切り ○ 日馬富士 11勝4敗 (5.6秒)
 豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。その直前、豪栄道、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、右上手前廻しを取る。豪栄道、両差しになろうとする。日馬富士、右上手で絞り、左から押っ付けて相手に十分差させず、少し引いて頭を下げる。豪栄道、乗じて前に出る。日馬富士、左上手前廻しも取り、両上手前廻しになる。豪栄道、両差し手を抜く。日馬富士、左を深くし、両下手を引きつけて前に出る。豪栄道、上体が起き、右で首を巻く体勢で俵を割り、土俵下に落ちる。
20170924 15 318 日馬富士 寄り切り 豪栄道 35
〔決定戦に向けて、目を合わさず すれ違う 日馬富士と豪栄道〕
20170924 15 318 日馬富士 寄り切り 豪栄道 75 すれ違い 03
〔支度部屋で 十両の照強を呼んで 立合いの確認をする日馬富士〕
20170924 15 319 日馬富士、照強と立合い 10

《優勝決定戦》
○ 日馬富士 寄り切り ● 豪栄道 (2.1秒)
 豪栄道、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、豪栄道、素早く立ち、両肘を固めて頭を下げる。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、両者、頭で当たり合う。豪栄道、相手の当たりで上体が起き、少し引く。日馬富士、一気に前に出る。豪栄道、俵に詰まり、左小手で振ろうとする。日馬富士、そのまま右差しで寄り切る。
20170924 15 319 優勝決定戦 日馬富士 寄り切り 豪栄道 40
〔優勝を決め、気合いが入ったままの表情で花道を下がる日馬富士〕
20170924 15 319 優勝決定戦 日馬富士 寄り切り 豪栄道 70 日馬富士優勝

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:日馬富士、2位:朝乃山、3位:阿武咲

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

2017年秋(9月)場所十両の各日まとめ及び成績上位者変遷

各日の十両(取組時間等)の冒頭に書いたその日のまとめを集めました。
三日目以降は、成績上位者の名前も掲載。

◇初日◇
20170910 214 安美錦 叩き込み 妙義龍 40 ○ 安美錦 叩き込み 妙義龍 ●

新十両の2人 矢後と大成道が直接対戦。大成道が寄り倒しで初日白星。
十両2枚目で関取最年長の安美錦は、十両筆頭の妙義龍を叩き込んで白星発進。
先場所十両優勝の大奄美は、東龍を上手出し投げで倒して白星発進。
場所直前に部屋の世話人 友鵬さんを亡くした大砂嵐は、琴恵光を押し出して白星発進。
改名した千代ノ皇は、再十両の北はり磨を突き落として白星。
再十両の希善龍は、幕下貴源治から肩越しの上手を取って上手投げで白星発進。
→初日・十両取組時間等へ

◇二日目◇
20170911 214 安美錦 押し出し 蒼国来 42 ○安美錦 押し出し 蒼国来●

十両2枚目で関取最年長の安美錦は、蒼国来を攻め続けて押し出し、2連勝。
旭大星は、大奄美を鮮やかな裾払いで倒し、2連勝。
自己最高位十両5枚目の竜電は、旭秀鵬を寄り切って2連勝。
新十両で初日白星の矢後は青狼との2分近い相撲の末に寄り切られ、2連敗。
新十両で初日黒星の大成道は、幕下の北太樹の小手投げに倒れて初黒星。
→二日目・十両取組時間等へ

◇三日目◇
20170912 03 302 安美錦 突き落とし 徳勝龍 40 ○安美錦 突き落とし 徳勝龍● (幕内での相撲)
十両2枚目の安美錦は、幕内の土俵で徳勝龍と対戦。突き落としで勝って3連勝。
英乃海は、明生を土俵際の掬い投げで倒して3連勝。しかし勝負後、右手首を痛そうにする。
今場所改名した千代ノ皇は、大砂嵐をかわし、寄り切って3連勝。
再十両の希善龍は、青狼を得意の肩越しの上手投げで倒して3連勝。
新十両の大成道は、照強を徳利投げで倒して2勝目。十両で徳利投げの決まり手が出るのは、一昨年夏場所九日目、旭日松が大翔丸に出して以来。幕内では出たことが無いそう。
もう一人の新十両 矢後は、幕下の翔猿に押し倒されて3連敗。
<成績上位者>
全勝 安美錦、英乃海、天風、千代ノ皇、希善龍(5人)
→三日目・十両取組時間等へ

◇四日目◇
20170913 04 203 希善龍 寄り切り 千代ノ皇 35 ○希善龍 寄り切り 千代ノ皇●

十両2枚目で初日から3連勝の安美錦が、旭大星に押し出されて初黒星。旭大星は3勝目。
再十両の希善龍と千代ノ皇が3連勝同士で対戦。希善龍が寄り切って4連勝。
英乃海、天風の3連勝力士が初黒星。希善龍が単独トップに立つ。
新十両の矢後が、阿炎を寄り切って初日を出す。
<成績上位者>
全勝 希善龍(1人)
一敗 安美錦、琴勇輝、旭大星、竜電、山口、英乃海、剣翔、天風、千代鳳、千代ノ皇、大成道(11人)
→四日目・十両取組時間等へ

◇五日目◇
20170914 05 302 琴勇輝 突き出し 遠藤 40 ○琴勇輝 突き出し 遠藤●

ただ一人勝ちっ放しの希善龍が、千代鳳に寄り切られて初黒星。全勝力士が消える。千代鳳は4勝目。
十両3枚目の琴勇輝は、幕内の遠藤と対戦。突き出して4勝目。
新十両の大成道は、大砂嵐を押し出して4勝目。
3場所ぶりに十両に復帰した北はり磨が、新十両の矢後を上手投げで倒して初日。
幕下3枚目の舛の勝が初めて大銀杏を結って十両土俵に上がる。取組では、青狼を押し出して3連勝。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 琴勇輝、英乃海、天風、千代鳳、千代ノ皇、大成道、希善龍(7人)
二敗 妙義龍、安美錦、旭大星、竜電、山口、剣翔、阿炎(7人)
→五日目・十両取組時間等へ

◇六日目◇
20170915 06 205 千代鳳 掬い投げ 天風 40 ○千代鳳 掬い投げ 天風●

二日目から連勝を続けている千代鳳が、同じ4勝1敗の天風を掬い投げで倒し、5連勝。
新十両で好調の大成道は、同じ4勝の千代ノ皇とを寄り切り、5勝目。
再十両の希善龍は、新十両の矢後と対戦。上手投げで倒して5勝目。
十両2枚目の安美錦は、琴勇輝を徳利投げで倒して4勝目。琴勇輝は2敗に後退。
竜電は、英乃海を力強く寄り切り、3勝目。英乃海は2敗に後退。
十両は、千代鳳、大成道、希善龍が3人で並んでトップに。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 千代鳳、大成道、希善龍(3人)
二敗 安美錦、琴勇輝、竜電、英乃海、天風、千代ノ皇、阿炎(7人)
→六日目・十両取組時間等へ

◇七日目◇
20170916 07 205 千代鳳 寄り切り 大砂嵐 40 ○千代鳳 寄り切り 大砂嵐●

1敗でトップの一人 千代鳳が、大砂嵐を寄り切って6勝目。大砂嵐は2勝5敗と黒星先行。
新十両でトップの一人 大成道が、阿炎の上手出し投げに倒れて2敗に後退。阿炎は5勝目。
再十両でトップの一人 希善龍が、一度は軍配をもらうも「取り直し」となり、琴恵光の寄り倒しに敗れて2敗に後退。希善龍、最初の相撲で肩を痛める。希善龍と大成道が敗れたことにより、千代鳳が単独トップに立つ。
関取最年長の安美錦が、東龍を上手投げで倒して5勝目。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 千代鳳(1人)
二敗 安美錦、琴勇輝、竜電、英乃海、阿炎、大成道、希善龍(7人)
三敗 旭大星、天風、千代ノ皇(3人)
→七日目・十両取組時間等へ

◇八日目◇
20170917 08 206 大成道 突き倒し 剣翔 40 ○大成道 突き倒し 剣翔●

前日単独トップに立った千代鳳が、明生に押し出されて2敗に後退。明生は星を五分に。
新十両の大成道は、剣翔を突き倒して6勝目。2敗でトップに並ぶ。剣翔は5敗目。
前日肩を痛めて敗れた希善龍は、約40秒の相撲の末、阿炎を押し出して6勝目。千代鳳、大成道とともに再びトップに並ぶ。阿炎は3敗目。
照強は、大砂嵐との40秒近い相撲の末、吊り出しで勝って3勝目。大砂嵐は6敗目。
<成績上位者>
全勝・一敗 なし
二敗 千代鳳、大成道、希善龍(3人)
三敗 安美錦、琴勇輝、竜電、英乃海、千代ノ皇、阿炎(6人)
→八日目・十両取組時間等へ

◇九日目◇
20170918 09 205 阿炎 押し出し 天風 35 ○阿炎 押し出し 天風●

2敗でトップの一人 千代鳳が、新十両の矢後に寄り切られて連敗し、3敗に後退。矢後は3連勝で4勝目。
2敗でトップの一人 新十両の大成道は、青狼に押し出されて3敗に後退。青狼は1勝4敗から4連勝で白星先行。
2敗でトップの一人 希善龍は、明生の掬い投げに倒れて3敗に後退。明生は4連敗スタートから5連勝。
竜電は、蒼国来を50秒近い相撲の末に寄り切り、6勝目。トップに並ぶ。蒼国来は7敗目と後がなくなる。
2敗だった3人の力士が全員敗れ、3敗で8人が並ぶ展開に。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 安美錦、琴勇輝、竜電、千代鳳、千代ノ皇、阿炎、大成道、希善龍(8人)
四敗 妙義龍、旭秀鵬、誉富士、英乃海、明生、青狼(6人)
→九日目・十両取組時間等へ

◇十日目◇
20170919 10 211 竜電 寄り切り 安美錦 40 ○竜電 寄り切り 安美錦●

3敗が8人で並ぶ中、その中の二人 安美錦と竜電が直接対戦。竜電が安美錦を寄り切って3敗を守る。
同じく3敗同士、新十両の大成道が千代鳳を押し出して3敗を守る。
琴勇輝が臥牙丸を引き落とし、3敗は琴勇輝、竜電、大成道の3人となる。
奄美大島出身同士の対戦は、大奄美が明生を押し出して勝利。
7敗の大砂嵐は、新十両の矢後を1分40秒近い相撲の末に寄り切り、踏みとどまる。矢後は6敗目。
同じ7敗の北はり磨は、3敗でトップの一人希善龍を寄り切って踏みとどまる。希善龍は4敗に後退。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 琴勇輝、竜電、大成道(3人)
四敗 安美錦、旭秀鵬、誉富士、英乃海、千代鳳、千代ノ皇、阿炎、希善龍(8人)
→十日目・十両取組時間等へ

◇十一日目◇
20170920 11 211 竜電 押し出し 東龍 40 ○竜電 押し出し 東龍 40●

竜電が、東龍を押し出して勝ち越し。琴勇輝と大成道が敗れたため、3敗で単独トップに立つ。
関取最年長の安美錦は、山口を叩いて俵の上で残し、7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
再十両の北はり磨は、天風との激しい取組を制し、4勝目。7敗してから3連勝。
自身初の関取での勝ち越しまであと二つの希善龍は、大砂嵐に寄り倒されて3連敗。この取組で、左膝を痛めて立ち上がれず、車椅子で花道を下がる。
<成績上位者>
全勝~二敗 なし
三敗 竜電(1人)
四敗 安美錦、琴勇輝、誉富士、大成道(4人)
五敗 大奄美、旭秀鵬、英乃海、剣翔、明生、千代鳳、千代ノ皇、阿炎、青狼、照強、希善龍(11人)
→十一日目・十両取組時間等へ

◇十二日目◇
20170921 12 211 安美錦 突き落とし 大成道 45 ○安美錦 突き落とし 大成道●

前日単独トップに立った竜電が、大奄美に送り倒されて4敗に後退。
関取最年長の安美錦が、新十両の大成道を突き落として勝ち越し。大成道はきょうの勝ち越しならず。
琴勇輝が、豊響を押し出して勝ち越し。豊響は負け越し。
誉富士が、再十両の北はり磨を押し出して勝ち越し。安美錦、琴勇輝、竜電と4人がトップに並ぶ。北はり磨は負け越し。
7度目の十両で初めての勝ち越しを目指していた希善龍が、昨日の取組で左膝を痛め、きょうから休場。
<成績上位者>
全勝~三敗 なし
四敗 安美錦、琴勇輝、竜電、誉富士(4人)
五敗 大奄美、旭秀鵬、明生、千代鳳、千代ノ皇、阿炎、照強、大成道(8人)
→十二日目・十両取組時間等へ

◇十三日目◇
20170922 13 212 安美錦 寄り切り 英乃海 40 ○安美錦 寄り切り 英乃海●

4敗でトップの1人 安美錦は、英乃海を寄り切って9勝目。
琴勇輝は千代ノ皇を押し出し、誉富士は明生を叩き込んでともに9勝目。安美錦と3人がトップに並ぶ。
前日まで4敗だった竜電は、新十両の大成道に寄り切られて5敗に後退。大成道は勝ち越し。
旭秀鵬と照強の7勝同士の対戦は、やや際どい勝負ながら旭秀鵬が寄り倒しで勝って勝ち越し。
大奄美、阿炎が勝ち越し。
幕下の翔猿が、北はり磨を引き落として5勝目。北はり磨は9敗目。
<成績上位者>
全勝~三敗 なし
四敗 安美錦、琴勇輝、誉富士(3人)
五敗 大奄美、竜電、旭秀鵬、阿炎、大成道(5人)
→十三日目・十両取組時間等へ

◇十四日目◇
20170923 14 214 妙義龍 下手投げ 臥牙丸 40 ○妙義龍 下手投げ 臥牙丸●

4敗でトップの1人 安美錦は、阿炎の立合い変化からの引き落としに敗れて5敗に後退。阿炎は9勝5敗で星が並ぶ。
安美錦と同部屋で同じくトップの1人 誉富士は、天風に押し出されて5敗に後退。天風は勝ち越し。
同じくトップの1人 琴勇輝は、新十両の大成道を一気に突き出し、10勝目。優勝争い単独トップに立つ。
西十両筆頭の妙義龍が、臥牙丸を下手投げで倒して勝ち越しを決める。
明生は、竜電と1分30秒近い相撲の末、下手投げで勝ち、勝ち越しを決める。
新十両の矢後は、旭秀鵬の上手投げに倒れて、負け越し。
西幕下筆頭の北太樹が、大砂嵐を押し出して勝ち越し。
<成績上位者>
全勝~三敗 なし
四敗 琴勇輝(1人)
五敗 安美錦、大奄美、旭秀鵬、誉富士、阿炎(5人)
→十四日目・十両取組時間等へ

◇千秋楽◇
20170924 15 241 各段優勝表彰式 十両 阿炎

4敗で単独トップの琴勇輝が阿炎に突き出されて5敗に後退。安美錦、琴勇輝、誉富士、阿炎の4人の優勝決定戦へ。
阿炎が誉富士を、琴勇輝が安美錦を破って2回戦進出。そして阿炎が、琴勇輝を引き落としで破り、十両優勝を決める。
新十両の矢後が、幕下の木崎を押し出し、7勝8敗と1点の負け越しに留める。木崎は3勝4敗と、入門以来初めての負け越し。
<成績上位者>
全勝~四敗 なし
五敗 安美錦、琴勇輝、誉富士、阿炎※優勝
→千秋楽・十両取組時間等へ

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所千秋楽・十両。(取組時間等)

秋場所千秋楽・十両について。
4敗で単独トップの琴勇輝が阿炎に突き出されて5敗に後退。安美錦、琴勇輝、誉富士、阿炎の4人の優勝決定戦へ。
阿炎が誉富士を、琴勇輝が安美錦を破って2回戦進出。そして阿炎が、琴勇輝を引き落としで破り、十両優勝を決める。
新十両の矢後が、幕下の木崎を押し出し、7勝8敗と1点の負け越しに留める。木崎は3勝4敗と、入門以来初めての負け越し。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 木崎 3勝4敗 押し出し ○ 矢後 7勝8敗 (20.7秒)
 矢後、押しながら前に出る。木崎、あてがって堪え、差そうとする。矢後、叩いて回り込み、相手を土俵際にし、左筈で相手の脇を強烈に押す。矢後、土俵下花道まで吹っ飛ぶ。
20170924 15 201 矢後 押し出し 木崎 45

● 千代鳳 7勝8敗 寄り切り ○ 臥牙丸 5勝10敗 (3.1秒)
 臥牙丸、低く当たって左を差し、前に出て寄り切る。
20170924 15 202 臥牙丸 寄り切り 千代鳳 40

● 大成道 8勝7敗 送り出し ○ 誉富士 10勝5敗 (2.6秒)
 大成道、押す。誉富士、叩いて左に開き、土俵際の相手を後ろから押して送り出す。
20170924 15 203 誉富士 送り出し 大成道 40

● 旭秀鵬 9勝6敗 寄り切り ○ 千代ノ皇 8勝7敗 (7.1秒)
 千代ノ皇、両差しになる。旭秀鵬、右上手に手を掛けるが取れず。千代ノ皇、両差しで前に出て寄り切る。
20170924 15 204 千代ノ皇 寄り切り 旭秀鵬 40

○ 琴恵光 8勝7敗 押し出し ● 山口 5勝10敗 (3.9秒)
 山口、右手で相手の肩を押さえる。琴恵光、右を差そうとする。山口、左から突いて左に回る。琴恵光、向き直る。山口、叩きながら引く。琴恵光、土俵際の相手を押す。山口、土俵下に飛び落ちる。
20170924 15 205 琴恵光 押し出し 山口 40

● 竜電 8勝7敗 寄り切り ○ 青狼 9勝6敗 (56.3秒)
 竜電、両差しになろうとする。青狼、両廻しを取って前に出る。竜電、相手の右廻しを切り、左で相手の右手を警戒する。青狼、左上手を持って頭をつけ、機を見て左下手を取り、両廻しを引きつけて寄り切る。
20170924 15 206 青狼 寄り切り 竜電 35

○ 照強 9勝6敗 下手投げ ● 豊響 4勝11敗 (3.1秒)
 豊響、右手を出す。照強、右から張って低く当たり、深い右下手を取り、すぐに回りながら豪快な下手投げで相手を裏返す。
20170924 15 207 照強 下手投げ 豊響 35

○ 旭大星 6勝9敗 突き落とし ● 北はり磨 5勝10敗 (3.7秒)
 旭大星、左から張り、右を差す。北はり磨、左腕を上げて差し手を嫌い、前に出る。旭大星、土俵際、左から突き落とす。
20170924 15 208 旭大星 突き落とし 北はり磨 40

○ 阿炎 10勝5敗 突き出し ● 琴勇輝 10勝5敗 (6.9秒) 「待った1回」
 琴勇輝、突っ掛ける。2度目、両者、両手突きから突っ張り合う。阿炎、右に回って右上手を取る。琴勇輝、くるっと向き直って廻しを切る。阿炎、突き放しながらどんどん前に出る。琴勇輝、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170924 15 209 阿炎 突き出し 琴勇輝 35

● 大奄美 9勝6敗 寄り切り ○ 大砂嵐 6勝9敗 (50.6秒)
 大砂嵐、前に出て左上手を取る。大奄美、右下手を取って右半身の体勢。両者、しばらく止まる。大砂嵐、右上手を引きつけて前に出、堪える相手を寄り切る。
20170924 15 210 大砂嵐 寄り切り 大奄美 40

● 英乃海 6勝9敗 寄り切り ○ 東龍 6勝9敗 (4.5秒) 「待った1回」
 やや呼吸が合わず、両者が力を抜きかけるが、行司は「はっきよい」。東龍、左上手を持って寄り切るが、「まだまだまだ」と止める。2度目、東龍、すぐに左上手前廻しを取り、右差し手を返して寄り切る。
20170924 15 211 東龍 寄り切り 英乃海 40

○ 安美錦 10勝5敗 上手出し投げ ● 天風 8勝7敗 (3.7秒) 「待った2回」
 天風、ふわっと突っ掛ける。2度目、安美錦、突っ掛ける。3度目、天風、両手突きから左に変わる。安美錦、向き直って右上手を取り、上手出し投げで倒す。
20170924 15 212 安美錦 上手出し投げ 天風 40

○ 明生 9勝6敗 押し出し ● 妙義龍 8勝7敗 (9.3秒)
 妙義龍、両差しを狙う。明生、突き放し、右を差す。妙義龍、突き放しながら前に出る。明生、土俵際、左から突い相手を土俵際にし、突き放す。妙義龍、土俵際叩くが、そのまま押し出す。
20170924 15 213 明生 押し出し 妙義龍 40

● 蒼国来 4勝11敗 寄り切り ○ 剣翔 7勝8敗 (11.4秒)
 剣翔、突き放す。蒼国来、右下手を探るが取れず。両者、頭をつけて押し合う。剣翔、機を見て左を差し、すぐに前に出て寄り切る。
20170924 15 214 剣翔 寄り切り 蒼国来 40

〔優勝決定戦が決まった4力士、花道での表情〕
20170924 15 219 決定戦前 安美錦 安美錦
20170924 15 219 決定戦前 琴勇輝 琴勇輝
20170924 15 219 決定戦前 阿炎 阿炎
20170924 15 219 決定戦前 誉富士 誉富士

<優勝決定戦>
○ 阿炎 叩き込み ● 誉富士 (1.5秒)
 阿炎、立合い、右に変わり、そのまま右に回りながら叩き込む。
20170924 15 231 阿炎 叩き込み 誉富士 40

○ 琴勇輝 突き出し ● 安美錦 (2.1秒) 「待った2回」
 琴勇輝、早く立って両手突きに行く。安美錦、その場で叩いて左に変わるが、行司が止める。2度目、琴勇輝、突っ掛ける。3度目、琴勇輝、両手突きに行く。安美錦、叩きながら左に変わろうとする。琴勇輝、見ながら突き放し、逃さず突き出す。
20170924 15 232 琴勇輝 突き出し 安美錦 40

○ 阿炎 引き落とし ● 琴勇輝 (4.5秒) 「待った1回」
 琴勇輝、突っ掛ける。2度目、阿炎、両手突きで相手を起こし、叩きながら右に回り、更に右に回って相手を引き落とす。
20170924 15 233 阿炎 引き落とし 琴勇輝 42
20170924 15 233 阿炎 引き落とし 琴勇輝 50
20170924 15 233 阿炎 引き落とし 琴勇輝 70 阿炎、十両優勝

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:阿炎、2位:安美錦、3位:照強

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

日馬富士、9回目優勝インタビュー全文(2017年秋場所)

2017年秋場所、9回目の優勝を果たした 横綱日馬富士の館内インタビューは以下の通り。

<では、優勝インタビューです。見事な逆転優勝でした。7場所ぶり、9回目の優勝。横綱日馬富士関です。おめでとうございます!>
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 01

ありがとうございます。(四方に礼。拍手と歓声)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 02 ありがとうございます
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 05 礼をする

<久しぶりに賜杯を抱きました。感触はいかがでしたか>
や、素直にうれしいです。(館内拍手)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 08 素直にうれしい

<今日は、逆転優勝で決めました。まずは本割について伺っていきますが、素晴らしい出足でした。どんな気持ちで土俵に上がって行ったんでしょうか>
今日の一番に、命かけて、全身全霊を持って相撲を取りました。はい、良かったです。(館内拍手)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 11 全身全霊

<その後、支度部屋に戻って、十両の照強関を呼んで、少し立合いを確認してから決定戦に臨みました。あの辺りの狙いはどうだったんでしょう>
いや、照強をテレビに出してやろうかなと思って。はは(笑)。(館内笑いと拍手)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 15 照強をテレビに

<その後、決定戦も素晴らしい内容でした。振り返っていかがですか>
いや本当に、悔いのない相撲だけを取りたいなと思って、気合いを入れて一生懸命取りました。
(館内で『最高―!』という叫び声と拍手)

<今場所は、3横綱が初日から不在で、2大関も休場しました。その中で、横綱としてどんな心境で、上がり続けていたんでしょうか>
(一人横綱は)初めての経験なので、まあ、序盤はなかなか心技体がうまく合わなくて、自分の相撲を取ることがなかなかできなくて。
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 19 初めての経験
ま、ただ、前を見て、明日を信じて。その一日一日の積み重ねで、相撲を取りました。はい。(館内拍手と歓声)

<少し聞きにくいんですが、三日目から3連敗。横綱といえど、弱気になることはありませんでしたか>
もう、下がる場所がないので、前を見て、一生懸命頑張りました(笑)。(館内拍手と歓声)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 21 もう下がる場所がない (下がる場所がないのでと言ったときの表情)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 22 一生懸命頑張りました

<終盤になって、逆転優勝の目が出てきました。この辺り、心境に変化はありましたか>(館内で『最高―!』という叫び声が複数、笑い声)
ま、本当に、余計なことは考えずに、一番一番に集中して、はい。結果は後からついてくることであって、先に考えてもしょうがないので、一番に集中しました。
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 25 先に考えてもしょうがない

<改めて、一人横綱として、十五日間振り返って、いかがでしょうか>
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 30 厚井「一人横綱の場所を振り返って」

や、こういういい結果で終わって、本当に良かったです。はい。
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 31 いい結果で終わってよかった

<少し気が早いんですが、来場所は、今、3横綱2大関が準備を進めています。どういう準備をして迎え撃ちましょうか>
や、相撲取りは、毎日稽古に精進して。毎日が稽古なので。来場所に向けて、一日一日努力して、頑張って行きます。(館内、拍手と歓声)
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 35 毎日が稽古、頑張る

<おめでとうございました>
ありがとうございました。
20170924 15 329 日馬富士優勝インタビュー 40 ありがとうございました
<見事、逆転優勝。横綱日馬富士関でした>

インタビュアー:厚井大樹アナウンサー

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十四日目・幕内。

秋場所十四日目・幕内の取り組み。
優勝争い単独トップながら連敗中の大関豪栄道は、貴ノ岩との熱戦の末、渡し込みで勝ち、11勝目。連敗を止めるとともに単独トップを守る。
豪栄道を1差で追う横綱日馬富士は、関脇御嶽海を寄り切って10勝目。もう一人1差で追っていた新入幕の朝乃山が敗れたため、優勝の行方は千秋楽の日馬富士-豪栄道直接対決で決まることに。御嶽海は、7勝7敗となり、千秋楽に勝ち越しを懸ける。
関脇嘉風は、荒鷲との取り直しの相撲に敗れて6敗目。今場所の二桁勝利はならず。
小結玉鷲は、正代を突き落として7勝目。千秋楽に勝ち越しを懸ける。正代は負け越し。
千代の国は、激しい相撲で魁聖を突き落とし、勝ち越しを決める。
栃ノ心は、石浦を波離間投げで倒して4勝目。
六日目から途中出場で、前日ようやく初日を出した佐田の海は、輝を寄り切って連勝。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 隠岐の海 7勝7敗 叩き込み ● 豪風 6勝8敗 (7.4秒)
 隠岐の海、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつく。隠岐の海、右肘を固めて踏み込もうとする。豪風、左で突きながら左へ変わる。隠岐の海、向き直る。豪風、右から張って右を差す。隠岐の海、左で押っ付け、右で顔を押し上げ、少し引きながら差そうとする。豪風、押しながら前に出る。隠岐の海、押し返し、叩きながら左に開く。豪風、土俵に落ちて転がる。
20170923 14 301 隠岐の海 叩き込み 豪風 40

○ 千代翔馬 7勝7敗 突き落とし ● 徳勝龍 3勝11敗 (2.9秒) 「待った1回」
 千代翔馬、右手をつく。徳勝龍、すぐに両手をサッとついて立つが、千代翔馬、立てず。2度目、両者、ほぼ同時に手をつこうとする。徳勝龍、両手をサッと素早くついて立つ。千代翔馬、右から張って左を差し、右上手に手を伸ばす。徳勝龍、腰を捻って相手に上手を与えず、左差しで前に出る。千代翔馬、右から突く。徳勝龍、右で相手の左足を渡し込みに行くが、土俵に転がる。その後、千代翔馬、土俵に倒れる。
20170923 14 302 千代翔馬 突き落とし 徳勝龍 40

● 豊山 4勝10敗 引き落とし ○ 宝富士 9勝5敗 (2.0秒)
 宝富士、先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両肘を固めて当たる。宝富士、左肘を固めて当たり、左を差そうとするが十分差せずに体を離す。豊山、土俵にバッタリ落ちる。
20170923 14 303 宝富士 引き落とし 豊山 35

○ 千代の国 8勝6敗 突き落とし ● 魁聖 8勝6敗 (21.5秒)
 魁聖、先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方でサッと手をついて素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。魁聖、右腕を内に入れて当たる。千代の国、突き上げる。魁聖、下がらず前に出る。千代の国、顎に向かって激しく突っ張り、前に出る。魁聖、下からあてがって堪え、左で相手の腕を突いて前に出る。千代の国、引き、土俵際、右に開く。魁聖、土俵際、踏みとどまり、相手の胸を押し上げながら前に出る。千代の国、あてがうが俵に詰まり、右喉輪で押し上げてから引いていなし、左で後ろ廻しに手を掛ける。魁聖、向き直って上手を与えず。千代の国、左で極め気味に押っ付けて前に出る。魁聖、右腕を抜く。千代の国、押しながら前に出る。魁聖、土俵際右小手投げに行こうとする。千代の国、浅い両差しになり、左筈で脇を突く。魁聖、土俵に転がる。
20170923 14 304 千代の国 突き落とし 魁聖 40
〔千代の国、勝ち越して気合いの表情〕
20170923 14 304 千代の国 突き落とし 魁聖 52 千代の国気合いの表情

○ 大翔丸 9勝5敗 突き落とし ● 勢 6勝8敗 (8.5秒)
 大翔丸、先に両手をつく。勢、仕切り線後方で両手を見せるようにサッとつき、右肩から踏み込む。大翔丸、頭から当たる。勢、右でかち上げる。大翔丸、左で突きながら左に回り、体を離す。勢、叩きながら下がる。大翔丸、乗じて前に出、押す。勢、土俵際で右を差す。大翔丸、左で突きながら左に回る。両者、体が離れて見合う。勢、右から張り、右上手に手を掛ける。大翔丸、左押っ付けで突きながら引く。勢、土俵に飛び落ちる。
20170923 14 305 大翔丸 突き落とし 勢 40

○ 逸ノ城 7勝7敗 寄り切り ● 錦木 5勝9敗 (8.1秒)
 錦木、手をつく。逸ノ城、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、左から張り、右を差して差し手を返し、左上手を取り、一呼吸後、左上手を引きつけて前に出る。錦木、右下手で振りながら堪え、左を巻き替えようとするがならず、俵に詰まる。逸ノ城、右差し手を返して寄る。錦木、上体が起きて俵を割る。
20170923 14 306 逸ノ城 寄り切り 錦木 40

○ 佐田の海 2勝7敗5休 寄り切り ● 輝 4勝10敗 (11.3秒)
 佐田の海、先に右手をつく。輝、仕切り線後方で左手をサッとつく。その直前、佐田の海、素早く立ち、右手を出して当たり、右喉輪で突き放す。輝、激しく突っ張る。佐田の海、下から撥ね上げて下がらず。輝、両手で突き放し、前に出る。佐田の海、相手の右腕を手繰り、土俵際を左へ回る。輝、突っ張りながら前に出る。佐田の海、左で突きながら左に回り、向き直ろうとする相手の中に入って寄り、腹を押す。輝、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170923 14 307 佐田の海 寄り切り 輝 40

○ 松鳳山 8勝6敗 下手投げ ● 千代丸 8勝6敗 (7.5秒)
 松鳳山、先に右手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。松鳳山、素早く立ち、両肘を固めて踏み込もうとする。千代丸、左で相手の肩を押さえ、右腕を内に入れて当たる。松鳳山、右下手を取る。千代丸、左で差し手を抱え、右は差せず。松鳳山、左肘を固めて相手に差させず、機を見て右に回り、土俵際で右下手投げ。千代丸、土俵下に転がり落ちる。
20170923 14 308 松鳳山 下手投げ 千代丸 40

○ 阿武咲 9勝5敗 押し出し ● 朝乃山 9勝5敗 (3.3秒)
 阿武咲、先に両手をつく。朝乃山、腰を下ろし、両手をサッとつく。阿武咲、素早く立ち、右手を出して頭から当たる。朝乃山、右を差そうとする。阿武咲、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。朝乃山、上体が起きる。阿武咲、胸を押しながら前に出る。朝乃山、仰け反って俵を割り、土俵下に落ちる。
20170923 14 309 阿武咲 押し出し 朝乃山 37

○ 遠藤 9勝5敗 引き落とし ● 千代大龍 8勝6敗 (3.8秒)
 千代大龍、先に右手をつく。遠藤、両手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。千代大龍、左肘でかち上げ、右喉輪で相手を起こす。遠藤、下がらず。千代大龍、叩きながら引く。遠藤、落ちずに堪え、逆に叩きながら引く。千代大龍、土俵に落ちる。
20170923 14 310 遠藤 引き落とし 千代大龍 40

○ 北勝富士 6勝8敗 押し出し ● 碧山 2勝5敗7休 (2.7秒)
 北勝富士、先に右手をつく。碧山、右手をつく。北勝富士、素早く立って頭から踏み込む。碧山、左手をサッとついてその場で立ち、両手で相手の肩を押さえ、押し上げ、引く。北勝富士、頭を押さえられながらも左喉輪で押し上げて前に出、俵に詰まった相手の胸を押す。碧山、上体が起きて俵の外に出る。
20170923 14 311 北勝富士 押し出し 碧山 40

○ 栃ノ心 4勝10敗 波離間投げ ● 石浦 3勝11敗 (9.9秒)
 石浦、先に両手をつく。栃ノ心、仕切り線後方でサッと手をつく。石浦、素早く立ち、右手を出して頭を下げる。栃ノ心、左から張って右を差そうとする。石浦、左に変わって左上手を狙う。栃ノ心、前に泳ぐが向き直る。石浦、前に出て左廻しを取り、頭を下げて中に入ろうとする。栃ノ心、相手を捕まえようと覆いかぶさり、外から抱える。石浦、右差し手を返して、左上手で絞る。栃ノ心、肩越しの左上手を取る。石浦、相手の左脇下から頭を出し、しがみつく体勢で右下手後ろ廻しを取り、両廻しを持って右に回りながら前に出る。栃ノ心、土俵際、左上手で外側へ投げ動きをするが上手が切れ、右へ回って体を入れ替えながら右で掬う。石浦、相手にしがみつきながらも俵の外に出、両者、土俵下に落ちる。決まり手は、上手で外側に投げる動きから「波離間投げ」となる。
20170923 14 312 栃ノ心 波離間投げ 石浦 37-1
20170923 14 312 栃ノ心 波離間投げ 石浦 37-2
20170923 14 312 栃ノ心 波離間投げ 石浦 37-5
20170923 14 312 栃ノ心 波離間投げ 石浦 61 決まり手表示

● 大栄翔 8勝6敗 押し出し ○ 琴奨菊 9勝5敗 (7.5秒)
 大栄翔、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、左肘を固めて頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して頭から当たり、右で顔を押し上げる。琴奨菊、構わず前に出る。大栄翔、引いて土俵際で左を差し、差し手を返しながら左へ回り、右も差す。琴奨菊、右で差し手を抱えてがぶる。大栄翔、俵に詰まる。琴奨菊、両手で顎を押し上げて仰け反らせ、回り込もうとする相手の脇腹を押す。大栄翔、俵の外に出る。
20170923 14 313 琴奨菊 押し出し 大栄翔 40

○ 玉鷲 7勝7敗 突き落とし ● 正代 6勝8敗 (10.1秒)
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、右手をサッとついて素早く立つ。正代、その場で立ち、両腕を内に入れる。玉鷲、両手を出して頭から当たり、右喉輪で押し上げる。正代、左であてがって前に出る。玉鷲、左足を俵に掛け、右を差す。正代、左押っ付けで突く。玉鷲、土俵際を泳ぐが向き直り、押し返す。正代、左押っ付けで突く。玉鷲、土俵内へ少し泳ぐが向き直る。正代、低い体勢で押す。玉鷲、少し下がって体を離し、押し上げ、右から突く。正代、俵の外に右膝から落ち、土俵下にずり落ちる。
20170923 14 314 玉鷲 突き落とし 正代 40

● 貴景勝 8勝6敗 押し出し ○ 栃煌山 6勝8敗 (4.4秒)
 貴景勝、先に両手をつく。栃煌山、腰を下ろし、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとついて立つ。貴景勝、両手を出して頭から踏み込み、突き放そうとする。栃煌山、下からあてがって下がらず。貴景勝、引いて俵に詰まる。栃煌山、乗じて前に出、押す。貴景勝、俵の外に出る。
20170923 14 315 栃煌山 押し出し 貴景勝 40

○ 荒鷲 9勝5敗 引き落とし ● 嘉風 8勝6敗 (2.0秒) 「待った2回」「取り直し」
 嘉風、先に両手をつく。荒鷲、右手をつく。嘉風、ふわっと先に立つ。荒鷲、その場で左から張って右前廻しを狙い、左を差して前に出る。しかし、行司 式守勘太夫が止める。2度目、嘉風、先に両手をつく。荒鷲、手をサッとついて素早く立ち、左に変わる。嘉風、立てず。3度目、嘉風、先に両手をつく。荒鷲、仕切り線後方で右手をつく。嘉風、先にふわっと立つ。荒鷲、左から張り、右肘を固める。嘉風、左肘を固めて頭から当たり、左を差す。荒鷲、右で相手の差し手を抱えて下がり、土俵際で小手投げに行く。嘉風、左掬い投げを返す。両者、片足を大きく上げ、俵の外に倒れる。軍配、荒鷲。「物言い」がつき、協議の結果、体が落ちるのが同時と判断、「取り直し」になる。(3.6秒)
20170923 14 316 01 荒鷲-嘉風 37
20170923 14 316 01 荒鷲-嘉風 40
〔場内に説明する 二所ノ関審判長〕
20170923 14 316 01 荒鷲-嘉風 60 説明する二所ノ関審判長
<取り直しの相撲>嘉風、先に両手をつく。荒鷲、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、踏み込んで右肘を固める。嘉風、見ながらその場で立ち、左肘を固めて頭から当たる。荒鷲、右肘でかち上げ気味に当たる。両者、体が離れる。嘉風、頭を下げて当たろうとする。荒鷲、左から張り、右で相手の首を抱えて引く。嘉風、土俵に這う。(2.0秒)
20170923 14 316 02 荒鷲 引き落とし 嘉風 40

● 貴ノ岩 8勝6敗 渡し込み ○ 豪栄道 11勝3敗 (14.4秒) 「待った2回」
 豪栄道、先に右手をつく。貴ノ岩、両手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左を差して前に出る。しかし、行司 式守伊之助が止める。2度目、豪栄道、先に右手をつく。貴ノ岩、右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右を差そうとする。豪栄道、左肘を固めて差させず、左を差して前に出る。しかし、再び式守伊之助が止める。3度目、豪栄道、右手をつく。貴ノ岩、すぐに両手をサッとつく。豪栄道、左手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右手で相手の肩を押さえる。豪栄道、左肘を固めて頭から当たって右を差し、左も差そうとする。貴ノ岩、左上手を探るが取れず、左に回って体を離す。豪栄道、叩きかけるが止める。両者、突き放し合う。豪栄道、押しながら前に出る。貴ノ岩、土俵際、左に開いて体を離す。豪栄道、俵で踏み止まり、向き直る。貴ノ岩、押しながら前に出る。豪栄道、右で小手に巻こうとする。貴ノ岩、左腕を抜き、叩きながら引く。豪栄道、前のめりになるが堪え、左前廻しを探る。貴ノ岩、土俵際から右で押っ付けながら右に回る。豪栄道、左差しで前に出る。貴ノ岩、左上手を取って下がり、土俵際、左上手投げに行く。豪栄道、右差しで前のめりになるが、左手で相手の左足を渡し込み。貴ノ岩、俵の外に尻餅。豪栄道、その上に乗る。
20170923 14 317 豪栄道 渡し込み 貴ノ岩 35
〔熱戦を制し、乱れ髪の豪栄道〕
20170923 14 317 豪栄道 渡し込み 貴ノ岩 75 豪栄道

● 御嶽海 7勝7敗 寄り切り ○ 日馬富士 10勝4敗 (15.4秒)
 御嶽海、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。御嶽海、素早く立ち、右肘を固め、左腕を内に入れて頭を下げる。日馬富士、頭から低く鋭く踏み込み、左上手前廻しをに手を掛ける。御嶽海、腰を引いて上手を与えず、両差しになる。日馬富士、右上手前廻しを取る。御嶽海、両差し手を返して上手を切ろうとする。日馬富士、左上手前廻しも取って両上手。御嶽海、深い右下手を取るが、やや苦しい体勢。両者、止まる(約7秒間)。日馬富士、両上手を引きつけて前に出る。御嶽海、両下手を持って俵に詰まる。日馬富士、右手を引きつけ、相手の左肘を極め気味に寄る。御嶽海、俵を割る。
20170923 14 318 日馬富士 寄り切り 御嶽海 40
20170923 14 318 日馬富士 寄り切り 御嶽海 45

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:豪栄道、2位:日馬富士、3位:阿武咲

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十四日目・十両。(取組時間等)

秋場所十四日目・十両について。
4敗でトップの1人 安美錦は、阿炎の立合い変化からの引き落としに敗れて5敗に後退。阿炎は9勝5敗で星が並ぶ。
安美錦と同部屋で同じくトップの1人 誉富士は、天風に押し出されて5敗に後退。天風は勝ち越し。
同じくトップの1人 琴勇輝は、新十両の大成道を一気に突き出し、10勝目。優勝争い単独トップに立つ。
西十両筆頭の妙義龍が、臥牙丸を下手投げで倒して勝ち越しを決める。
明生は、竜電と1分30秒近い相撲の末、下手投げで勝ち、勝ち越しを決める。
新十両の矢後は、旭秀鵬の上手投げに倒れて、負け越し。
西幕下筆頭の北太樹が、大砂嵐を押し出して勝ち越し。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 大砂嵐 5勝9敗 押し出し ○ 北太樹 4勝3敗 (4.3秒)
 大砂嵐、両手突きから右を差す。北太樹、右差し、左押っ付けで前に出、土俵際の相手を押し出す。
20170923 14 201 北太樹 押し出し 大砂嵐 40
〔幕下筆頭で勝ち越しを決め、気合いの表情を見せる 北太樹〕
20170923 14 201 北太樹 押し出し 大砂嵐 50 北太樹

● 剣翔 6勝8敗 押し出し ○ 北はり磨 5勝9敗 (15.0秒) 「差し違え」
 剣翔、左から張って右を差す。北はり磨、引いて体を離して押す。剣翔、右で差し手を抱えて前に出る。北はり磨、土俵際堪える。剣翔、右小手で土俵内に振る。北はり磨、向き直り、押しながら前に出る。剣翔、土俵際、叩きながら俵伝いに右へ回る。北はり磨、渡し込みに行こうとしながら前に出るが前に落ち、その後、剣翔、土俵に落ちる。軍配、剣翔。「物言い」がつき、剣翔の足が先に出ていると判断、「軍配差し違え」で北はり磨の勝ち。
20170923 14 202 北はり磨 押し出し 剣翔 42
〔説明する 山科審判長〕
20170923 14 202 北はり磨 押し出し 剣翔 60 説明する山科審判長
〔ここで剣翔の足が出る〕
20170923 14 202 北はり磨 押し出し 剣翔 40

○ 旭秀鵬 9勝5敗 上手投げ ● 矢後 6勝8敗 (20.6秒)
 旭秀鵬、右でかち上げる。両者、突き放し合い。旭秀鵬、叩きながら右に回り、土俵際で右を差す。矢後、左上手を取る。両者、右四つがっぷり。矢後、寄る。旭秀鵬、上手投げを打ちながら堪え、機を見て左上手投げで相手を裏返し。
20170923 14 203 旭秀鵬 上手投げ 矢後 40

○ 天風 8勝6敗 押し出し ● 誉富士 9勝5敗 (4.2秒)
 天風、右肘を固めて当たる。誉富士、右から突いて右に回り、右上手を探るが取れず。天風、前に出て押し出す。
20170923 14 204 天風 押し出し 誉富士 40

● 竜電 8勝6敗 下手投げ ○ 明生 8勝6敗 (88.2秒)
 明生、左を差す。竜電、右から押っ付ける。明生、土俵際、左下手投げ。竜電、右上手を取って堪え、上手を引きつけて前に出る。明生、土俵際、左下手投げ。竜電、堪えて中に戻る。明生は両差し、竜電は両上手を持った体勢で、両者、なかなか出られず。竜電、両上手を引きつけて前に出る。明生、土俵際、右下手投げで逆転。竜電、土俵に転がる。
20170923 14 205 明生 下手投げ 竜電 40

○ 青狼 8勝6敗 寄り倒し ● 山口 5勝9敗 (2.2秒)
 青狼、右で相手の肩を押さえ、左下手を取って一気に前に出る。山口、土俵に転がる。
20170923 14 206 青狼 寄り倒し 山口 40

● 旭大星 5勝9敗 下手投げ ○ 照強 8勝6敗 (13.5秒)
 両者、押し合う。旭大星、左上手を取る。照強、右下手で振り回す。旭大星、切れた左上手を取り直して左に回り、土俵際、左上手投げに行く。照強、右下手投げを返し、右足で相手の左足を跳ね上げる。旭大星、土俵に落ちる。
20170923 14 207 照強 下手投げ 旭大星 40

○ 琴恵光 7勝7敗 寄り切り ● 豊響 4勝10敗 (6.2秒)
 琴恵光、右を差す。豊響、左で押っ付ける。琴恵光、前に出、両差しでがぶって寄り切る。
20170923 14 208 琴恵光 寄り切り 豊響 40

○ 大奄美 9勝5敗 寄り切り ● 千代ノ皇 7勝7敗 (9.3秒)
 千代ノ皇、左に動いて左押っ付けで突く。大奄美、向き直り、左腕を伸ばして上手を取り、引きつけて寄り切る。
20170923 14 209 大奄美 寄り切り 千代ノ皇 40

● 大成道 8勝6敗 突き出し ○ 琴勇輝 10勝4敗 (4.1秒)
 琴勇輝、一気に突き出す。
20170923 14 210 琴勇輝 突き出し 大成道 40

● 安美錦 9勝5敗 引き落とし ○ 阿炎 9勝5敗 (1.6秒)
 阿炎、立合い、叩きながら右に変わり、右上手に手を伸ばすが取れず、そのまま土俵際右に開く。安美錦、土俵に落ちる。
〔立合い変わって上手を求める 阿炎〕
20170923 14 211 阿炎 引き落とし 安美錦 30
〔阿炎の引き落とし〕
20170923 14 211 阿炎 引き落とし 安美錦 40

● 千代鳳 7勝7敗 寄り切り ○ 東龍 5勝9敗 (4.2秒)
 千代鳳、右肘を固めて頭から当たる。東龍、両差しになり、両下手を引きつけて寄り切る。
20170923 14 212 東龍 寄り切り 千代鳳 40

○ 蒼国来 4勝10敗 送り出し ● 英乃海 6勝8敗 (35.2秒)
 両者、頭をつけて押し合う。蒼国来、左を差す。英乃海、前に出る。蒼国来、土俵際、相手をかわして後ろにつき、土俵外に出す。
20170923 14 213 蒼国来 送り出し 英乃海 40

● 臥牙丸 4勝10敗 下手投げ ○ 妙義龍 8勝6敗 (4.7秒) 「待った1回」
 臥牙丸、突っ掛ける。2度目、妙義龍、両差しになる。臥牙丸、右小手投げに行く。妙義龍、堪えて右下手を取り、右下手投げで相手を倒す。
20170923 14 214 妙義龍 下手投げ 臥牙丸 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:妙義龍、2位:北太樹、3位:照強

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十三日目・幕内。

秋場所十三日目・幕内の取り組み。
前日2敗目を喫したものの、まだ後続に2差をつけてトップの大関豪栄道は、貴景勝の突き放しに引いて回り込むも、体勢を崩して土俵に落ち、連敗。3敗となる。貴景勝は勝ち越し。
横綱日馬富士と関脇嘉風が4敗同士で対戦。日馬富士が鋭い立合いから圧倒し、9勝目。豪栄道との星の差が1つとなり、自力優勝の可能性が出てくる。
前日まで4敗だった琴奨菊、阿武咲、千代大龍、貴ノ岩、荒鷲、大栄翔、遠藤が敗れ、日馬富士とともに豪栄道を1差で追うのは、新入幕の朝乃山のみとなる。
関脇御嶽海は、逸ノ城を押し出して7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
小結玉鷲は、途中出場の碧山を押し出し、7敗で踏み止まる。
小結栃煌山は、輝に押し出され、負け越しが決まる。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 錦木 5勝8敗 寄り切り ○ 佐田の海 1勝7敗5休 (5.7秒)
 佐田の海、先に右手をつく。錦木、両手をサッとつき、両者、頭から当たる。佐田の海、下から左を差し込み、右も差して両下手を取る。錦木、外から抱える。佐田の海、土俵際、右から小手に振る。佐田の海、土俵際堪えて前に出る。錦木、俵の外に出る。両者、土俵に倒れ、土俵下に転がり落ちる。
20170922 13 301 佐田の海 寄り切り 錦木 40

● 大栄翔 8勝5敗 浴びせ倒し ○ 朝乃山 9勝4敗 (9.9秒)
 大栄翔、先に両手をつく。朝乃山、両手をサッとつく。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たる。大栄翔、突き放す。朝乃山、左喉輪で相手を仰け反らせ、前に出る。大栄翔、俵に詰まる。両者、突っ張り合い。朝乃山、右を差し、左上手を引きつけて前に出る。大栄翔、俵に足を掛け、右から掬おうとする。朝乃山、左上手を持って体を預ける。大栄翔、背中から土俵に落ち、朝乃山、その上に乗る。
〔仰け反る 大栄翔〕
20170922 13 302 朝乃山 浴びせ倒し 大栄翔 20 仰け反らせる
〔朝乃山の浴びせ倒し〕
20170922 13 302 朝乃山 浴びせ倒し 大栄翔 45

● 豊山 4勝9敗 引き落とし ○ 豪風 6勝7敗 (3.2秒)
 豊山、先に両手をつく。豪風、左手をサッとついて立ち、右手を出して頭から踏み込む。豊山、右を差そうとする。豪風、当たってすぐに左に開き、左から突く。豊山、少し泳ぐが向き直る。豪風、左から張って押し上げ、叩きながら左に開く。豊山、前に落ちる。
20170922 13 303 豪風 引き落とし 豊山 40

● 石浦 3勝10敗 叩き込み ○ 徳勝龍 3勝10敗 (1.7秒)
 石浦、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。石浦、右手を出してやや左へ踏み出す。徳勝龍、見ながら両手で突き、突っ張り、叩く。石浦、土俵に両手をつく。
20170922 13 304 徳勝龍 叩き込み 石浦 40

○ 大翔丸 8勝5敗 突き落とし ● 荒鷲 8勝5敗 (1.6秒)
 荒鷲、先に右手をつく。大翔丸、両手をサッと動かす。荒鷲、右肘を固めて踏み込み、右下手を探る。大翔丸、左から突く。荒鷲、土俵に両手をつく。
20170922 13 305 大翔丸 突き落とし 荒鷲 35

● 貴ノ岩 8勝5敗 引き落とし ○ 千代丸 8勝5敗 (4.5秒)
 千代丸、仕切り線後方で右手をつく。貴ノ岩、すぐに右手をつき、左手をサッとついて立つ。千代丸、両手突きに行く。貴ノ岩、右から張るが相手の腕に阻まれる。千代丸、右喉輪で押し上げる。貴ノ岩、右喉輪で押し返し、廻しを探る。千代丸、両手で顎を押し上げ、その腕を外して引きながら左に回る。貴ノ岩、土俵に両手をつく。
20170922 13 306 千代丸 引き落とし 貴ノ岩 40

● 遠藤 8勝5敗 押し出し ○ 宝富士 8勝5敗 (5.7秒)
 宝富士、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めてやや右へ踏み出す。宝富士、左肘を固めて当たる。遠藤、両差しを狙う。宝富士、左で差し手を抱える。遠藤、右差し手を抜いて突き放す。宝富士、左を差して前に出る。遠藤、引いて体を離す。宝富士、乗じて前に出る。遠藤、力なく土俵下に落ちる。
20170922 13 307 宝富士 押し出し 遠藤 40

○ 千代翔馬 6勝7敗 寄り倒し ● 隠岐の海 6勝7敗 (4.6秒)
 隠岐の海、先に右手をつく。千代翔馬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左手で相手の肩を押さえ、頭から当たる。隠岐の海、左を差す。千代翔馬、右上手前廻しを取る。隠岐の海、右で相手の差し手を引っ張り込む。千代翔馬、深い左下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。隠岐の海、土俵際、右小手投げに行こうとする。千代翔馬、そのまま体を預ける。隠岐の海を下にして、両者、俵の外に倒れる。
20170922 13 308 千代翔馬 寄り倒し 隠岐の海 40

○ 魁聖 8勝5敗 小手投げ ● 勢 6勝7敗 (4.9秒)
 勢、先に手をつく。魁聖、両手をサッとつく。勢、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。魁聖、右腕を内に入れて当たり、左上手前廻しを取る。勢、右を差すが左は差せず、腰を振って相手の上手を切り、叩きながら左に開く。魁聖、前に泳ぐが、土俵際向き直る。勢、そこを押す。魁聖、土俵際、右で相手の腕を抱え、小手投げで逆転。勢、土俵に落ちる。その後、魁聖、土俵に落ちる。
20170922 13 309 魁聖 小手投げ 勢 40

● 阿武咲 8勝5敗 叩き込み ○ 正代 6勝7敗 (8.7秒)
 阿武咲、先に右手をつく。正代、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。阿武咲、素早く立って左肘を固め、右手で相手の肩を押さえ、右喉輪で押し上げる。正代、左で相手の喉輪を撥ね上げ、左を差す。阿武咲、右腕を内に回して相手の差し手を外し、押しながら前に出、両差しになる。正代、左で小手に巻き、土俵際、体を開いて左小手投げに行く。阿武咲、右差し手を突きつけて堪える。正代、相手の腕を離し、くるっと背中を見せて俵伝いに体を離しながら右腕を後ろにして相手の右腕を突く。阿武咲、前のめりになり、俵の外に両手をつく。正代、俵の上で左足一本で残る。
〔小手投げからくるっと回って体を離す 正代〕
20170922 13 310 正代 叩き込み 阿武咲 30-2
20170922 13 310 正代 叩き込み 阿武咲 35-2
20170922 13 310 正代 叩き込み 阿武咲 40-2
20170922 13 310 正代 叩き込み 阿武咲 50 残る正代

○ 北勝富士 5勝8敗 突き落とし ● 千代大龍 8勝5敗 (7.8秒)
 北勝富士、仕切り線後方で先に右をつく。千代大龍、仕切り線後方でサッと両手をつき、素早く立って右から張る。北勝富士、頭から当たる。千代大龍、左肘でかち上げ、頭を叩きながら右に回る。北勝富士、向き直って突き放す。千代大龍、突っ張って前に出る。北勝富士、俵に詰まる。千代大龍、両手で顔を押し上げ、引いて叩きながら右に開く。北勝富士、前のめりになるが堪え、向き直る。千代大龍、突き放しながら前に出る。北勝富士、土俵際右から突いて右に開く。千代大龍、土俵に這う。
20170922 13 311 北勝富士 突き落とし 千代大龍 40

○ 千代の国 7勝6敗 上手投げ ● 琴奨菊 8勝5敗 (6.6秒)
 千代の国、先に手をつく。琴奨菊、左手を見せるようにトンとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、右手を出して頭から踏み込む。琴奨菊、右手を出して頭で当たり合い、左上手に手を伸ばすが取れず。千代の国、右喉輪で押し上げ、叩きながら右に開く。琴奨菊、向き直る。千代の国、左で顔を押し上げながら右上手を取って右に回る。琴奨菊、左差しで前に出る。千代の国、俵に詰まるが、俵の上で体を開いて右上手投げ。琴奨菊、俵の外に倒れ、その後、千代の国、開脚して土俵下にずり落ちる。
20170922 13 312 千代の国 上手投げ 琴奨菊 40

● 栃ノ心 3勝10敗 寄り切り ○ 松鳳山 7勝6敗 (14.5秒)
 栃ノ心、先に手をつくが、相手がなかなか手をつかず、戻す。両者、同時にサッと両手をつく。松鳳山、両肘を固め、やや左へ頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たり、右をねじ込む。松鳳山、左から絞り、右筈で脇を押し上げる。栃ノ心、左で叩いて肩透かしを引き、肩越しの左上手を取る。松鳳山、左差し手を返して前に出、両下手を取る。栃ノ心、右で首を抱えるが止め、肩越しの右上手も取り、両上手を持って右へ振る。松鳳山、土俵際になるが、右から掬う。両者、傾くが堪える。松鳳山、再び両下手を取って寄る。栃ノ心、両上手を持って右に振ろうとするが、右足が俵の外に出る。
〔投げの打ち合い〕
20170922 13 313 松鳳山 寄り切り 栃ノ心 30 投げの打ち合い
〔松鳳山の寄り切り〕
20170922 13 313 松鳳山 寄り切り 栃ノ心 40

○ 輝 4勝9敗 押し出し ● 栃煌山 5勝8敗 (9.0秒)
 輝、先に両手をつく。栃煌山、足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつき、右手を出して踏み込む。輝、右手を出して頭から踏み込む。栃煌山、右喉輪で突き放し、左を差そうとする。輝、右で極め気味に抱えようとする。栃煌山、左差し手を抜く。輝、突き放しながら前に出る。栃煌山、両差しになろうとしながら前に出る。輝、左小手で振って相手を俵に追い詰め、押す。栃煌山、土俵下に落ちる。
20170922 13 314 輝 押し出し 栃煌山 40

○ 玉鷲 6勝7敗 押し出し ● 碧山 2勝4敗7休 (7.6秒) 「待った1回」
 玉鷲、先に左手をついて時を置き、右手をサッとつき、素早く立つ。碧山、右手をサッとついてその場で立ち、右手を出して頭から当たる。しかし、行司 式守勘太夫が立合いを止め、碧山に手つきを注意する。2度目、碧山は右手、玉鷲は左手をつく。両者、もう片方の手をほぼ同時にサッとついて立つ。玉鷲、頭から踏み込む。碧山、いきなり叩いて右に開く。玉鷲、向き直って突き放す。碧山、突っ張りながら前に出る。玉鷲、土俵際、あてがって堪え、押し返す。碧山、土俵際右から突こうとするが、押されて土俵下に飛び落ちる。
20170922 13 315 玉鷲 押し出し 碧山 40

○ 御嶽海 7勝6敗 押し出し ● 逸ノ城 6勝7敗 (7.2秒)
 逸ノ城、先に両手をつく。御嶽海、両手をサッとつく。逸ノ城、右腕を内に入れる。御嶽海、右手を出し、やや左にずれながら頭から当たり、突き放す。逸ノ城、下からあてがい、左上手に手を掛けるが取れず。御嶽海、押す。逸ノ城、右から小手に振るが俵に詰まり、上体が起きる。御嶽海、相手の胸を押す。逸ノ城、俵の外に出る。
20170922 13 316 御嶽海 押し出し 逸ノ城 40

○ 貴景勝 8勝5敗 叩き込み ● 豪栄道 10勝3敗 (4.6秒)
 貴景勝、先に両手をつく。豪栄道、右手をつき、左手をサッとついて立つ。貴景勝、両手を出して頭から当たろうとする。豪栄道、左から張って差そうとする。貴景勝、突き放す。豪栄道、叩きながら左に回る。貴景勝、見ながら突き放す。豪栄道、土俵際を左へ回って中に戻るが、体勢を崩して土俵に落ちる。
20170922 13 317 貴景勝 叩き込み 豪栄道 35
20170922 13 317 貴景勝 叩き込み 豪栄道 40
〔勝ち越しも決め、殊勲インタビューを受ける 貴景勝〕
20170922 13 317 貴景勝 叩き込み 豪栄道 75 貴景勝 08

● 嘉風 8勝5敗 寄り切り ○ 日馬富士 9勝4敗 (2.6秒)
 嘉風、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。嘉風、素早く立ち、頭から当たろうとする。日馬富士、低く鋭く踏み込んで頭で当たり合い、左を差し、前に出ながら右上手を取って一気に寄り切り。両者、土俵下に落ちる。
20170922 13 318 日馬富士 寄り切り 嘉風 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:貴景勝、2位:日馬富士、3位:朝乃山

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十三日目・十両。(取組時間等)

秋場所十三日目・十両について。
4敗でトップの1人 安美錦は、英乃海を寄り切って9勝目。
琴勇輝は千代ノ皇を押し出し、誉富士は明生を叩き込んでともに9勝目。安美錦と3人がトップに並ぶ。
前日まで4敗だった竜電は、新十両の大成道に寄り切られて5敗に後退。大成道は勝ち越し。
旭秀鵬と照強の7勝同士の対戦は、やや際どい勝負ながら旭秀鵬が寄り倒しで勝って勝ち越し。
大奄美、阿炎が勝ち越し。
幕下の翔猿が、北はり磨を引き落として5勝目。北はり磨は9敗目。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 北はり磨 4勝9敗 引き落とし ○ 翔猿 5勝2敗 (5.7秒)
 両者、突き放し合う。翔猿、押し勝ち、機を見て右に開く。北はり磨、土俵に両手をつく。
20170922 13 201 翔猿 引き落とし 北はり磨 40

○ 大砂嵐 5勝8敗 上手出し投げ ● 臥牙丸 4勝9敗 (15.6秒)
 大砂嵐、両手突きから左上手、右下手を取る。臥牙丸、左押っ付けで前に出、右下手を取る。大砂嵐、中に戻り、両者、右四つで少し止まる。臥牙丸、左を巻き替えに行く。大砂嵐、そこを左に開いて上手出し投げで落とす。
20170922 13 202 大砂嵐 上手出し投げ 臥牙丸 40

● 明生 7勝6敗 叩き込み ○ 誉富士 9勝4敗 (7.5秒)
 明生、踏み込み、両者、突き放し合う。誉富士、機を見て叩き込む。
20170922 13 203 誉富士 叩き込み 明生 40

○ 旭秀鵬 8勝5敗 寄り倒し ● 照強 7勝6敗 (23.2秒)
 旭秀鵬、右でかち上げる。照強、左に回る。旭秀鵬、突き放す。照強、頭をつけて右下手を探る。旭秀鵬、深い左上手を取る。照強、左に回って土俵際で体を入れ替えようとする。旭秀鵬、右差し手を返し、両者、俵の外に倒れる。軍配、旭秀鵬。やや際どく見えたが、物言いなし。
20170922 13 204 旭秀鵬 寄り倒し 照強 35
〔ここで照強の左足踵が出たか〕
20170922 13 204 旭秀鵬 寄り倒し 照強 38 ここで照強の足が出たか

○ 矢後 6勝7敗 押し出し ● 山口 5勝8敗 (1.9秒)
 山口、当たってから叩きながら左へ回る。矢後、乗じて前に出、押し出す。
20170922 13 205 矢後 押し出し 山口 40

● 竜電 8勝5敗 寄り切り ○ 大成道 8勝5敗 (10.9秒)
 竜電、踏み込んで右を差す。大成道、突っ張りながら前に出、左下手を取って寄る。竜電、右上手を取るが俵に詰まり、土俵下に落ちる。
20170922 13 206 大成道 寄り切り 竜電 40

○ 阿炎 8勝5敗 上手投げ ● 豊響 4勝9敗 (8.2秒)
 阿炎、両手突きから突っ張り、右で後ろ廻しを取る。豊響、押しながら前に出る。阿炎、土俵際で上手投げ。豊響、裏返って土俵に尻餅、その直後、阿炎も土俵に落ちる。
20170922 13 207 阿炎 上手投げ 豊響 37
20170922 13 207 阿炎 上手投げ 豊響 40

● 旭大星 5勝8敗 肩透かし ○ 青狼 7勝6敗 (5.7秒)
 両者、押し合う。青狼、機を見て叩きながら右に回る。旭大星、土俵に落ちて転がる。
20170922 13 208 青狼 肩透かし 旭大星 45

● 千代ノ皇 7勝6敗 押し出し ○ 琴勇輝 9勝4敗 (5.2秒)
 琴勇輝、両手突きから押し上げながら前に出、そのまま相手を押し出す。
20170922 13 209 琴勇輝 押し出し 千代ノ皇 40

○ 大奄美 8勝5敗 寄り切り ● 千代鳳 7勝6敗 (11.4秒)
 大奄美、右から張って右を差す。千代鳳、頭から当たり、左で絞る。大奄美、前に出る。千代鳳、左へ回って体を離し、相手の引きに乗じて前に出る。大奄美、左押っ付けで前に出て左を差し、右も差して寄り切る。
20170922 13 210 大奄美 寄り切り 千代鳳 40

○ 琴恵光 6勝7敗 突き出し ● 東龍 4勝9敗 (4.9秒)
 琴恵光、両手突きから右を差す。東龍、叩きながら引く。琴恵光、突っ張って俵の外に出す。
20170922 13 211 琴恵光 突き出し 東龍 35

○ 安美錦 9勝4敗 寄り切り ● 英乃海 6勝7敗 (17.2秒)
 英乃海、両手突き。安美錦、頭をつけ、廻しを探りながら前に出る。英乃海、押して体を離す。安美錦、土俵際で右を差し、左で押っ付けながら前に出る。英乃海、左で極め気味に抱え、小手に振ろうとするが、右足が俵の外に滑り出る。
20170922 13 212 安美錦 寄り切り 英乃海 40

● 剣翔 6勝7敗 寄り切り ○ 妙義龍 7勝6敗 (12.4秒)
 妙義龍、右から張る。両者、右四つ、右下手を取る。妙義龍、左を巻き替えて差し、両差しになり、両下手を引きつける。剣翔、左を巻き替えて差す。妙義龍、両廻しを引きつけて寄り切る。
20170922 13 213 妙義龍 寄り切り 剣翔 40

● 蒼国来 3勝10敗 寄り切り ○ 天風 7勝6敗 (29.9秒)
 蒼国来、左を差し、右で差し手争い。天風、右で差し手を抱えて前に出る。蒼国来、右足を飛ばす。天風、動じず、前に出て寄り切る。
20170922 13 214 天風 寄り切り 蒼国来 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:安美錦、2位:阿炎、3位:天風

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十二日目・幕内。

秋場所十二日目・幕内の取り組み。
1敗で単独トップの大関豪栄道が、松鳳山に叩き込まれて2敗目。しかし、単独トップは変わらず。松鳳山は2大関を破り、6勝6敗と五分に。
横綱日馬富士は、小結玉鷲を寄り切って勝ち越し。2差で豪栄道を追う。玉鷲は、7敗と後がなくなる。
関脇嘉風は、貴景勝を叩き込み、8連勝で勝ち越し。貴景勝はきょうの勝ち越しならず。
関脇御嶽海は、正代を叩き込んで6勝目。正代は7敗目。
小結栃煌山は、逸ノ城を押し出して5勝目。7敗してから連勝で踏み止まる。逸ノ城は、6勝6敗と五分に。
7勝してから3連敗で足踏みだった阿武咲が、千代の国を寄り切って勝ち越し。千代の国は6勝6敗に。
3敗だった千代大龍、貴ノ岩、朝乃山の3力士がすべて敗れ、2敗の豪栄道を追うのは、4敗の10力士となる。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 遠藤 8勝4敗 下手投げ ● 佐田の海 0勝7敗5休 (8.4秒)
 佐田の海、先に右手をつく。遠藤、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、両手突き。遠藤、低く当たり、前に出ようとする。佐田の海、引く。遠藤、両手で相手の顔を挟む。佐田の海、押しながら前に出る。遠藤、押し上げ、左へ回る。佐田の海、左上手を取る。遠藤、右手で上手を切り、左へ回る。佐田の海、前に出る。遠藤、右から張り、両差しになって両下手を取り、土俵際右へ振る。佐田の海、体が裏返り、俵の外で尻餅。
〔遠藤の下手投げ、土俵下で身構える石浦〕
20170921 12 301 遠藤 下手投げ 佐田の海 35 土俵下の石浦
〔勝ち越しインタビューを受ける 遠藤〕
20170921 12 301 遠藤 下手投げ 佐田の海 75 遠藤勝ち越し 07 微笑

● 豊山 4勝8敗 寄り切り ○ 千代丸 7勝5敗 (10.5秒)
 豊山、仕切り線後方で先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつく。豊山、右肘を固め、やや左へ踏み込む。千代丸、右肘を固め、左で肩を触り、左上手を狙う。豊山、右を差し、左で押っ付ける。千代丸、一旦右を抜いて差し直す。豊山、右筈で脇を押し上げ、左上手に手を伸ばすが取れず。千代丸、右下手、左上手を取って前に出る。豊山、右から掬いながら堪えようとする。千代丸、両廻しを持って前に出る。豊山、左押っ付けで堪えようとするが、俵を割る。
20170921 12 302 千代丸 寄り切り 豊山 40

○ 石浦 3勝9敗 寄り切り ● 大翔丸 7勝5敗 (5.4秒)
 石浦、仕切り線後方で先に両手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。石浦、素早く立ち、右手を出し、左肘を固めて頭を低くし、左下手を取る。大翔丸、右で差し手を抱える。石浦、左下手を持ち、右で差し手争い。大翔丸、右で頭を叩きながら引く。石浦、乗じて一気に前に出る。大翔丸、俵の外に出、その後、石浦、土俵に落ちる。大翔丸、土俵下に飛び落ちる。
20170921 12 303 石浦 寄り切り 大翔丸 40

● 徳勝龍 2勝10敗 掬い投げ ○ 豪風 5勝7敗 (2.0秒)
 徳勝龍、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、左から張る。豪風、低く当たって左を差し、右で頭を押さえながら下がり、土俵際で掬い投げ。徳勝龍、土俵に落ちる。
20170921 12 304 豪風 掬い投げ 徳勝龍 40

● 貴ノ岩 8勝4敗 突き落とし ○ 隠岐の海 6勝6敗 (4.8秒)
 隠岐の海、右手を先につく。貴ノ岩、両手をサッと動かして立ち、右肘を固め、頭から踏み込み、左上手前廻しを狙う。隠岐の海、右肘を固めて当たる。貴ノ岩、左を差す。隠岐の海、左で押っ付けながら左を差す。貴ノ岩、頭をつけ、右で押っ付けるが左足が俵に掛かる。隠岐の海、左筈で相手の脇を突く。貴ノ岩、土俵に転がる。
20170921 12 305 隠岐の海 突き落とし 貴ノ岩 40

● 朝乃山 8勝4敗 寄り切り ○ 荒鷲 8勝4敗 (12.9秒)
 朝乃山、両手をつく。荒鷲、すぐに右手をつく。朝乃山、早く立つ。荒鷲、遅れて立ち、右肘を固める。朝乃山、やや止まりかけ、当たりを受ける。荒鷲、左上手前廻しに手を掛ける。朝乃山、左上手を取り、腰を引いて相手の上手を遠ざける。荒鷲、左上手を探りながら前に出、右下手を取り、右下手投げで大きく振って前に出る。朝乃山、土俵際、左上手投げで体を入れ替える。荒鷲、左上手を取り、両廻しを持って中に戻る。朝乃山、右差し手を返して上手を切ろうとするがならず。荒鷲、左上手投げで相手を土俵際にする。朝乃山、俵に足を掛けて堪え、中に戻ろうとする。荒鷲、両廻しを引きつけて寄る。朝乃山、ついに俵を割る。
20170921 12 306 荒鷲 寄り切り 朝乃山 40
〔勝ち越しインタビューを受ける 荒鷲〕
20170921 12 306 荒鷲 寄り切り 朝乃山 75 勝ち越しインタビュー 05 笑顔

○ 千代翔馬 5勝7敗 叩き込み ● 錦木 5勝7敗 (4.0秒) 「取り直し」
 錦木、先に左手をつく。千代翔馬、左、右とサッと手をついて素早く立ち、左手を出して頭から踏み込む。錦木、遅れてその場で立ち、左を差す。千代翔馬、顎に向かって突き放し、右上手を取って右に回り、土俵際、右小手投げに行く。錦木、左差し手を突きつける。千代翔馬、体が飛び、錦木、土俵に落ちる。行司 木村晃之助は、軍配を錦木に上げる。「物言い」がつき、協議の結果、体が落ちるのが同時と判断、「取り直し」になる。(4.8秒)
20170921 12 307 01 千代翔馬-錦木 40
〔説明する二所ノ関審判長〕
20170921 12 307 01 千代翔馬-錦木 60 説明する二所ノ関審判長
<取り直しの相撲>錦木、左手をつく。千代翔馬、すぐに左、右とサッと手をついて素早く立ち、左手を出して頭から踏み込む。錦木、その場で立ち、左を差す。千代翔馬、顎に向かって突き放す。錦木、あてがって下がらず、左を差そうとする。千代翔馬、体を離し、右で相手の顔を張り気味に突く。錦木、右膝から土俵に崩れ落ちる。(4.0秒)
20170921 12 307 02 千代翔馬 叩き込み 錦木 35

○ 魁聖 7勝5敗 寄り切り ● 宝富士 7勝5敗 (11.3秒)
 魁聖、先に両手をつく。宝富士、両手をつく。魁聖、素早く立って両腕を内に入れる。宝富士、左肘を固めて頭から当たる。魁聖、左を差し、右も差し勝つ。宝富士、左で差し手を抱えて左へ回り、魁聖、乗じて前に出る。宝富士、右から突いて体を離し、俵に両足を掛けながら左を差して前に出る。魁聖、体を離す。両者、差し手争い、右を差す形になる。魁聖、左上手を取って前に出る。宝富士、左足を俵に掛けて堪え、左上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取る。魁聖、左上手に手を伸ばしながら前に出る。宝富士、俵伝いに左へ回るが、右足が俵の外に出る。
20170921 12 308 魁聖 寄り切り 宝富士 40

○ 大栄翔 8勝4敗 押し出し ● 勢 6勝6敗 (6.2秒)
 大成道、先に両手をつく。勢、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。勢、両腕を内に入れて踏み込む。大栄翔、右手を出して頭から当たり、突っ張り、左から突いていなす。勢、前に泳ぎ、向き直る。大栄翔、押しながら前に出る。勢、俵に詰まって叩く。大栄翔、腹を押す。勢、俵を割る。
20170921 12 309 大栄翔 押し出し 勢 37
〔勝ち越しインタビューを受ける 大栄翔〕
20170921 12 309 大栄翔 押し出し 勢 75 勝ち越し 01

○ 阿武咲 8勝4敗 寄り切り ● 千代の国 6勝6敗 (4.3秒)
 阿武咲、先に手をつく。千代の国、腰を下ろし、仕切り線かなり後方で両手をサッとついて立つ。阿武咲、右手を出す。千代の国、頭から踏み込む。阿武咲、右で相手の肩を押さえながら頭で当たり合い、左を差し、右で相手の左腕を押し上げる。千代の国、左で首を巻く体勢になる。阿武咲、深い両下手を取ってすぐに前に出る。千代の国、俵を割る。
20170921 12 310 阿武咲 寄り切り 千代の国 40
〔勝ち越しインタビューを受ける 阿武咲〕
20170921 12 310 阿武咲 寄り切り 千代の国 75 勝ち越し 10

● 輝 3勝9敗 突き出し ○ 碧山 2勝3敗7休 (7.4秒) 「待った1回」
 輝、先に左手をつく。碧山、右手をつく。輝、素早く立つ。碧山、遅れ、行司 木村容堂が止める。2度目、輝、左手ををつく。碧山、すぐにサッと両手をついて立ち、左腕を内に入れる。輝、右手を出して頭から当たる。碧山、左肘を固めて当たり、両手で上げを押し上げ、突き放す。輝、下からあてがう。碧山、一瞬左を差すが抜き、突っ張り続けて前に出る。輝、俵を割る。碧山、更に相手を押し、土俵下に吹っ飛ばす。
20170921 12 310 碧山 突き出し 輝 37
20170921 12 310 碧山 突き出し 輝 45

○ 栃ノ心 3勝9敗 上手投げ ● 北勝富士 4勝8敗 (15.4秒)
 北勝富士、仕切り線後方で右手をつく。栃ノ心、左手をつく。北勝富士、左手をサッとついて素早く立つ。栃ノ心、やや左へ踏み出し、右肘を固めて当たり、右を差す。北勝富士、右筈で脇を押し上げながら前に出る。栃ノ心、土俵際、肩越しの左上手を取る。北勝富士、左上手を取って寄る。栃ノ心、左上手を持ち、右差し手を返しながら堪える。北勝富士、左上手を持ち、右筈で押し上げながら休まず寄る。栃ノ心、右下手も取って残す。北勝富士、右下手を取って再び寄る。栃ノ心、左上手投げで体を入れ替える。北勝富士、左膝から俵の外に落ちる。
20170921 12 312 栃ノ心 寄り切り 北勝富士 40

● 千代大龍 8勝4敗 突き落とし ○ 琴奨菊 8勝4敗 (1.1秒)
 千代大龍、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で手をサッとつき、右肘を固めてやや左へ踏み込出す。千代大龍、両肘を固めて当たる。琴奨菊、左上手を探るが取れず、左から突く。千代大龍、土俵に転がる。
20170921 12 313 琴奨菊 突き落とし 千代大龍 40

● 逸ノ城 6勝6敗 押し出し ○ 栃煌山 5勝7敗 (5.8秒)
 逸ノ城、先に両手をつく。栃煌山、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとついて立ち、右手を出して左肘を固める。逸ノ城、左から張り、右肘でかち上げてから右を差そうとする。栃煌山、左を差し勝ち、両差しになる。逸ノ城、左上手を探るが取れず。栃煌山、両差しで前に出る。逸ノ城、左を巻き替えに行くがならず、右を巻き替えて差すが俵に詰まる。栃煌山、押し上げる。逸ノ城、俵を割る。
20170921 12 314 栃煌山 押し出し 逸ノ城 40

○ 御嶽海 6勝6敗 叩き込み ● 正代 5勝7敗 (4.2秒)
 御嶽海、先に右手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつく。その直前、御嶽海、素早く立って頭から踏み込む。正代、右かち上げで相手を起こす。御嶽海、突き放しながら体を離す。正代、前に出、右肘を固めて当たり、左を差す。御嶽海、右押っ付けで押し上げる。正代、頭を下げて差そうとする。御嶽海、右に開いて叩く。正代、土俵に両手をつく。
20170921 12 315 御嶽海 叩き込み 正代 40

● 貴景勝 7勝5敗 叩き込み ○ 嘉風 8勝4敗 (10.1秒)
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、腰を下ろし、左手をつき、右手をサッと動かして立ち、両手を出す。両者、頭で当たり合う。貴景勝、両手で突き放しながら前に出る。嘉風、俵に詰まるが、あてがいながら堪え、押し返す。貴景勝、相手の腕を叩きながら引く。嘉風、乗じて前に出、左で張る動きを見せ、頭で当たってから体を離す。貴景勝、前のめりになるが堪える。両者、激しく突き放し合う。嘉風、機を見て叩き、左に開く。貴景勝、土俵に落ちる。
20170921 12 316 嘉風 叩き込み 貴景勝 43
〔勝ち越しインタビューを受ける 嘉風〕
20170921 12 316 嘉風 叩き込み 貴景勝 75 勝ち越し 10

○ 松鳳山 6勝6敗 叩き込み ● 豪栄道 10勝2敗 (9.1秒) 「待った2回」
 松鳳山、先に右手をつく。豪栄道、右手を出すが浮かせる。松鳳山、突っ掛ける。2度目、豪栄道、右手を出すが戻し、再び右手を出す。松鳳山、右手をサッとついて突っ掛ける。3度目、豪栄道、先に右手をつく。松鳳山、右、左とサッと手をつく。豪栄道、左腕を前に出し、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、左肘を固める。松鳳山、右から張り、右喉輪で押し上げる。豪栄道、突き放す。松鳳山、右から張って差そうとする。豪栄道、両手で押し上げ、叩きながら引き、土俵際を左へ回る。松鳳山、落ちずに前に出、突き放す。豪栄道、中に戻り、両手で突き放しながら前に出る。松鳳山、俵に詰まるが、叩きながら右に回る。豪栄道、土俵に落ちる。
20170921 12 317 豪栄道 叩き込み 松鳳山 40
〔殊勲インタビューを受ける 松鳳山〕
20170921 12 317 豪栄道 叩き込み 松鳳山 75 殊勲インタビュー 12 また腫れるような相撲を取ります

● 玉鷲 5勝7敗 寄り切り ○ 日馬富士 8勝4敗 (5.2秒) 「待った1回」
 玉鷲、先に左手をつく。日馬富士、立合いを嫌う。2度目、玉鷲、先に左手をつく。日馬富士、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。日馬富士、右から張って左を差し込む。玉鷲、右で差し手を抱え、小手に振る。日馬富士、左下手を持って堪え、前に出ながら右前廻しも取る。玉鷲、左足が俵に掛かる。日馬富士、両廻しを引きつけて寄り切る。
20170921 12 318 日馬富士 寄り切り 玉鷲 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:嘉風、2位:松鳳山、3位:遠藤

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十二日目・十両。(取組時間等)

秋場所十二日目・十両について。
前日単独トップに立った竜電が、大奄美に送り倒されて4敗に後退。
関取最年長の安美錦が、新十両の大成道を突き落として勝ち越し。大成道はきょうの勝ち越しならず。
琴勇輝が、豊響を押し出して勝ち越し。豊響は負け越し。
誉富士が、再十両の北はり磨を押し出して勝ち越し。安美錦、琴勇輝、竜電と4人がトップに並ぶ。北はり磨は負け越し。
7度目の十両で初めての勝ち越しを目指していた希善龍が、昨日の取組で左膝を痛め、きょうから休場。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 大砂嵐 4勝8敗 押し出し ○ 阿炎 7勝5敗 (3.6秒) 「待った1回」
 大砂嵐、突っ掛ける。2度目、阿炎、両手突き。大砂嵐、撥ね上げる。阿炎、左で突いていなし、右喉輪で一気に前に出、押し出す。
20170921 12 201 阿炎 押し出し 大砂嵐 40

● 青狼 6勝6敗 掬い投げ ○ 琴恵光 5勝7敗 (22.6秒)
 琴恵光、両差しになって前に出る。青狼、右を差し、両廻しを取り、攻め続ける。琴恵光、左上手を取り、土俵際を回り込む。青狼、廻しを引きつけて寄る。琴恵光、土俵際で掬う。青狼、右足爪先が俵の外に出る。
20170921 12 202 琴恵光 掬い投げ 青狼 40

● 剣翔 6勝6敗 押し出し ○ 照強 7勝5敗 (5.3秒)
 照強、潜って右下手を取り、前に出て左前廻しも取る。剣翔、土俵際、左小手で振る。照強、廻しを離して押し出す。
20170921 12 203 照強 押し出し 剣翔 35

● 矢後 5勝7敗 上手投げ ○ 明生 7勝5敗 (18.8秒) 「待った1回」
 明生、突っ掛ける。2度目、矢後、突っ張りながら前に出る。明生、下からあてがい、右上手を取って攻め、上手投げで倒す。
20170921 12 204 明生 上手投げ 矢後 40

□ 旭秀鵬 7勝5敗 不戦勝 ■ 希善龍 6勝6敗
 希善龍、左膝前十字靭帯損傷のため、休場。
20170921 12 205 希善龍休場

● 北はり磨 4勝8敗 押し出し ○ 誉富士 8勝4敗 (8.8秒)
 誉富士、左に回って突っ張る。北はり磨、土俵際を左へ回って体を入れ替える。誉富士、土俵際叩いて体を入れ替え、押し出す。
20170921 12 206 誉富士 押し出し 北はり磨 40

○ 千代ノ皇 7勝5敗 寄り切り ● 山口 5勝7敗 (11.8秒)
 山口、左上手前廻しを取り、左に回って頭をつける。千代ノ皇、右差し手を返して前に出、相手の上手を切って寄り切る。
20170921 12 207 千代ノ皇 寄り切り 山口 40

● 旭大星 5勝7敗 押し出し ○ 千代鳳 7勝5敗 (7.2秒)
 旭大星、押す。千代鳳、押し返しながら差そうとするが差せず、叩きながら引き、土俵際の相手を押し出す。
20170921 12 208 千代鳳 押し出し 旭大星 40

○ 大奄美 7勝5敗 送り倒し ● 竜電 8勝4敗 (2.0秒)
 大奄美、右手で相手の肩を押さえ、左に開いていなし、後ろから押す。竜電、俵の外に倒れる。
20170921 12 209 大奄美 送り倒し 竜電 35

● 豊響 4勝8敗 押し出し ○ 琴勇輝 8勝4敗 (9.4秒)
 琴勇輝、両手突きから突っ張る。豊響、下がらず押し返して前に出る。琴勇輝、機を見て左で後ろ廻しを取り、回り込む相手を押し出す。
20170921 12 210 琴勇輝 押し出し 豊響 40

○ 安美錦 8勝4敗 突き落とし ● 大成道 7勝5敗 (10.7秒)
 大成道、両手突きから突っ張る。安美錦、右廻しに手を掛けるが切れる。大成道、突っ張り続ける。安美錦、叩きながら引いて体を入れ替え、再び叩きながら引く。大成道、土俵に転がり、安美錦、残してから土俵下に飛び落ちる。
20170921 12 211 安美錦 突き落とし 大成道 45

○ 天風 6勝6敗 寄り切り ● 東龍 4勝8敗 (5.7秒)
 東龍、左から張って左下手を取る。天風、右で差し手を抱えて前に出、寄り切る。
20170921 12 212 天風 寄り切り 東龍 40

● 蒼国来 3勝9敗 押し出し ○ 臥牙丸 4勝8敗 (2.7秒)
 臥牙丸、押しながら一気に前に出る。蒼国来、両廻しを取るが、俵を割る。
20170921 12 213 臥牙丸 押し出し 蒼国来 40

● 英乃海 6勝6敗 押し出し ○ 妙義龍 6勝6敗 (3.9秒)
 英乃海、両差しになって前に出る。妙義龍、堪え、外から抱えて前に出、押し上げる。英乃海、俵を割る。
20170921 12 214 妙義龍 押し出し 英乃海 35
20170921 12 214 妙義龍 押し出し 英乃海 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:安美錦、2位:妙義龍・照強

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十一日目・幕内。

秋場所十一日目・幕内の取り組み。
1敗で単独トップの大関豪栄道は、関脇御嶽海を寄り切り、二日目から10連勝。
豪栄道を1差で追う千代大龍は、小結玉鷲に押し出されて3敗目。2敗力士が消え、豪栄道は後続に2差をつける。玉鷲は5勝目。
前日4敗目を喫した横綱日馬富士は、逸ノ城を上手出し投げで倒して7勝目。
関脇嘉風は、碧山を押し出して4連敗スタートから7連勝。勝ち越しまであと1つとする。
前半を盛り上げた阿武咲は、小結栃煌山に押し出され、7勝してから3連敗と足踏み。栃煌山は7敗で踏み止まる。
琴奨菊は、北勝富士を力強く寄り切って7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
貴ノ岩、新入幕の朝乃山が勝ち越し。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 朝乃山 8勝3敗 寄り切り ● 魁聖 6勝5敗 (8.0秒)
 魁聖、先に両手をつく。朝乃山、腰を下ろし、両手をサッとつく。魁聖、素早く立ち、右腕を内に入れる。朝乃山、右肘を固めて頭から踏み込み、左上手前廻しを取り、右を差す。魁聖、左上手に手を伸ばすが取れず。朝乃山、左上手を引きつけて前に出る。魁聖、左上手を取る。朝乃山、がぶって相手の上手を切り、右差し手を返して寄る。魁聖、俵に足が掛かり、左押っ付けで堪えようとするが、俵を割る。
20170920 11 301 朝乃山 寄り切り 魁聖 40
〔勝ち越しインタビューを受ける 朝乃山〕
20170920 11 301 朝乃山 寄り切り 魁聖 75 勝ち越しインタビュー 10 笑顔

○ 錦木 5勝6敗 押し出し ● 豊山 4勝7敗 (5.4秒)
 錦木、先に両手をつく。豊山、見せるように左手を動かし、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊山、両肘を固めて踏み込む。錦木、右腕を内に入れて当たり、右を差す。豊山、左で押っ付け、機を見て右に開く。錦木、乗じて前に出る。豊山、俵に詰まる。錦木、相手の胸を押す。豊山、土俵下に落ちる。
20170920 11 302 錦木 押し出し 豊山 40

● 佐田の海 0勝6敗5休 寄り切り ○ 千代丸 6勝5敗 (2.7秒)
 佐田の海、先に手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、左から張って右を差す。佐田の海、右を差す。千代丸、右差しで一気に前に出る。佐田の海、土俵際、左から突こうとするが相手に覆いかぶさる体勢になる。千代丸、下から相手の腹を押す。佐田の海、土俵下に落ちる。
20170920 11 303 千代丸 寄り切り 佐田の海 40

○ 大栄翔 7勝4敗 掬い投げ ● 徳勝龍 2勝9敗 (3.3秒)
 大栄翔、先に両手をつく。徳勝龍、時を置き、両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して頭から当たり、右喉輪で相手を起こし、突き放してから左へ開く。徳勝龍、前のめりになる。大栄翔、左を差して掬い投げ。徳勝龍、土俵に両手をつく。
20170920 11 304 大栄翔 掬い投げ 徳勝龍 40

● 石浦 2勝9敗 押し倒し ○ 隠岐の海 5勝6敗 (8.9秒)
 石浦、先に手をつく。隠岐の海、右手をついて時を置き、左手をサッと動かして素早く立つ。石浦、右手で相手の肩を押さえ、左に変わって左上手を取ろうとする。隠岐の海、向き直り、両手で顎を押し上げながら前に出る。石浦、土俵際、右から突き、右上手を取って右に回る。隠岐の海、左を差してついて行く。石浦、突っ張り、頭を下げて中に入ろうとする。隠岐の海、右で抱え、左を差して前に出る。石浦、俵の上で叩くが、相手に覆いかぶさる体勢になる。隠岐の海、相手の腹を押す。石浦、俵の外に出、その後、隠岐の海、土俵に倒れる。
20170920 11 305 隠岐の海 押し倒し 石浦 40-1

○ 遠藤 7勝4敗 寄り切り ● 荒鷲 7勝4敗 (4.9秒)
 荒鷲、先に右手をつく。遠藤、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、左肘を固めて頭から踏み込む。荒鷲、左に変わって左上手を狙う。遠藤、向き直って上手を与えず、左を差す。荒鷲、肩越しに右上手へ手を伸ばすが取れず、左下手を取る。遠藤、深い左下手を取り、右押っ付けで前に出る。荒鷲、土俵際、右小手投げで振ろうとする。遠藤、そのまま寄り切る。
20170920 11 306 遠藤 寄り切り 荒鷲 40

○ 貴ノ岩 8勝3敗 叩き込み ● 大翔丸 7勝4敗 (2.0秒)
 大翔丸、先に両手をつく。貴ノ岩、仕切り線後方で両手をサッと動かし、両者、ほぼ同時に立つ。大翔丸、頭から踏み込む。貴ノ岩、右肘でかち上げ、叩きながら右に回る。大翔丸、土俵に落ちて転がる。
20170920 11 307 貴ノ岩 叩き込み 大翔丸 40
〔勝ち越しインタビューを受ける 貴ノ岩〕
20170920 11 307 貴ノ岩 叩き込み 大翔丸 75 勝ち越しインタビュー 11 微笑み

● 千代翔馬 4勝7敗 叩き込み ○ 豪風 4勝7敗 (2.7秒) 「取り直し」
 豪風、先に左手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。豪風、素早く立ち、頭から踏み込もうとする。千代翔馬、右から張る。豪風、左喉輪で押し上げ、左を差して引き、俵の上で体を離す。千代翔馬、土俵に落ち、豪風、俵の外に出、土俵下に落ちる。軍配、千代翔馬、「物言い」がつき、協議の結果、千代翔馬が落ちるのと豪風の足が出るのが同時と判断、「取り直し」となる。(2.8秒)
20170920 11 308 01 豪風-千代翔馬 40-1
〔別角度〕
20170920 11 308 01 豪風-千代翔馬 40-2
〔説明する 藤島審判長〕
20170920 11 308 01 豪風-千代翔馬 60 説明する藤島審判長
<取り直しの相撲>豪風、両手をつく。千代翔馬、すぐに両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪風、左肘を固めて頭から踏み込む。千代翔馬、右肘でかち上げ、引く。豪風、乗じて押しながら前に出、左で突きながら左へ回る。千代翔馬、前のめりになる。豪風、そこを叩く。千代翔馬、土俵に落ちて転がる。
20170920 11 308 02 豪風 叩き込み 千代翔馬 40

● 宝富士 7勝4敗 突き出し ○ 貴景勝 7勝4敗 (5.6秒)
 宝富士、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッと動かして素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。宝富士、胸で当たりを受ける。貴景勝、両手で突き放す。宝富士、下からあてがい、左で突きながら左へ回る。貴景勝、押しながら前に出る。宝富士、俵伝いに左へ回る。貴景勝、逃さず突っ張る。宝富士、土俵下に落ちる。
20170920 11 309 貴景勝 突き出し 宝富士 40

○ 正代 5勝6敗 寄り切り ● 千代の国 6勝5敗 (2.5秒)
 千代の国、先に左手をつく。正代、仕切り線後方でサッと両手をつく。千代の国、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、右肘を固めて当たる。千代の国、右に開いて右で押っ付けで突く。正代、乗じて前に出、両差しになり、右差し手を返す。千代の国、体が浮き、右足が俵の外に出る。
20170920 11 310 正代 寄り切り 千代の国 43

● 松鳳山 5勝6敗 叩き込み ○ 勢 6勝5敗 (5.0秒)
 勢、先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。勢、右腕を内に入れる。松鳳山、右手を出して左へ踏み出し、左肘を固めて当たる。勢、右を差そうとする。松鳳山、突っ張り、左肘を固めて当たる。勢、左を差そうとする。松鳳山、右押っ付けで押し上げ、突っ張る。勢、あてがいながら差そうとする。松鳳山、体を離しながら突っ張り、左肘を固めて頭から当たる。勢、そこを叩いて左に開く。松鳳山、土俵に落ちる。
20170920 11 311 勢 叩き込み 松鳳山 40

● 北勝富士 4勝7敗 寄り切り ○ 琴奨菊 7勝4敗 (6.3秒)
 北勝富士、先に右手をつく。琴奨菊、左手を見せるように動かし、サッとついて素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。北勝富士、頭から当たる。琴奨菊、左を差して前に出、左差し手を返してがぶる。北勝富士、堪えられず、土俵下に落ちる。
20170920 11 312 琴奨菊 寄り切り 北勝富士 40

○ 栃ノ心 2勝9敗 肩透かし ● 輝 3勝8敗 (6.3秒)
 栃ノ心、先に手をつく。輝、左手をサッとつく。その直前、栃ノ心、素早く立ち、右肘を固める。輝、右手を出して頭から当たる。栃ノ心、右を差す。輝、左で極め気味に抱え、右喉輪で押し上げ、顎に向かって突っ張りながら前に出る。栃ノ心、下からあてがい、突き返し、右をのぞかせ、左で頭を叩きながら肩透かし。輝、前に落ち、栃ノ心、俵の上で残す。
20170920 11 313 栃ノ心 肩透かし 輝 40

● 阿武咲 7勝4敗 押し出し ○ 栃煌山 4勝7敗 (4.6秒)
 阿武咲、先に手をつく。栃煌山、腰を下ろし、足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつく。阿武咲、右手を出して相手の肩を押さえる。栃煌山、右を差す。阿武咲、突き放してから少し引く。栃煌山、突き放し、右から張って両差しになる。阿武咲、右で頭を抱えに行って体が起き、土俵際で叩こうとする。栃煌山、相手の腹を押す。阿武咲、土俵下に飛び落ちる。
20170920 11 314 栃煌山 押し出し 阿武咲 40

○ 玉鷲 5勝6敗 押し出し ● 千代大龍 8勝3敗 (2.8秒)
 千代大龍、仕切り線後方で先に右手をつく。玉鷲、左手をついて時を置き、右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。千代大龍、右手を出し、左肘を固めて当たり、突っ張る。玉鷲、下からあてがう。千代大龍、引く。玉鷲、乗じて一気に前に出、押す。千代大龍、土俵下に飛び落ちる。
20170920 11 315 玉鷲 押し出し 千代大龍 43

● 碧山 1勝3敗7休 押し出し ○ 嘉風 7勝4敗 (5.2秒)
 嘉風、仕切り線後方で先に両手をつく。碧山、右手をつき、左手をサッと動かして立ち、右手で相手の肩を押さえ、頭から低く踏み込む。嘉風、相手の当たりで起こされる。碧山、突っ張る。嘉風、下からあてがって下がらず。碧山、叩きながら引く。嘉風、乗じて押しながら一気に前に出る。碧山、俵の外に出る。
20170920 11 316 嘉風 押し出し 碧山 40

● 御嶽海 5勝6敗 寄り切り ○ 豪栄道 10勝1敗 (4.5秒)
 御嶽海、先に手をつく。豪栄道、右手をサッとついて立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たる。豪栄道、低く当たって左を差す。御嶽海、左を差し、右も巻き替えて差す。豪栄道、左上手を取り、頭をつけて右上手前廻しも取る。御嶽海、両差しになるが仰け反る体勢。豪栄道、両上手を引きつけて寄る。御嶽海、俵に詰まり、右から掬おうとするが俵の外に出る。
20170920 11 317 豪栄道 寄り切り 御嶽海 40

● 逸ノ城 6勝5敗 上手出し投げ ○ 日馬富士 7勝4敗 (14.1秒)
 逸ノ城、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。逸ノ城、素早く立ち、右腕を内に入れる。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、右を差し、左上手前廻し、右下手を取る。逸ノ城、右下手を取る。日馬富士、両廻しを引きつけて前に出ようとする。逸ノ城、堪え、右下手で振るが、右半身の体勢になる。日馬富士、左上手出し投げを打ちながら左に回り、右で頭を押さえながらそのまま土俵外に出す。逸ノ城、土俵下に落ちる。
20170920 11 318 日馬富士 上手出し投げ 逸ノ城 37
20170920 11 318 日馬富士 上手出し投げ 逸ノ城 50 日馬富士(^_-)-☆

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:豪栄道、2位:遠藤、3位:朝乃山

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十一日目・十両。(取組時間等)

秋場所十一日目・十両について。
竜電が、東龍を押し出して勝ち越し。琴勇輝と大成道が敗れたため、3敗で単独トップに立つ。
関取最年長の安美錦は、山口を叩いて俵の上で残し、7勝目。勝ち越しまであと1つとする。
再十両の北はり磨は、天風との激しい取組を制し、4勝目。7敗してから3連勝。
自身初の関取での勝ち越しまであと二つの希善龍は、大砂嵐に寄り倒されて3連敗。この取組で、左膝を痛めて立ち上がれず、車椅子で花道を下がる。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 千代ノ皇 6勝5敗 寄り切り ○ 矢後 5勝6敗 (11.3秒)
 千代ノ皇、左から張って右を差そうとするが差せず、引いて左に回る。矢後、乗じて押しながら前に出、突っ張る。千代ノ皇、左を差し、右を巻き替えて差そうとする。矢後、乗じて前に出、押し出す。
20170920 11 201 矢後 寄り切り 千代ノ皇 40

○ 照強 6勝5敗 叩き込み ● 千代鳳 6勝5敗 (0.8秒)
 照強、立合い叩きながら右に変わる。千代鳳、前に飛んで土俵に転がる。
20170920 11 202 照強 叩き込み 千代鳳 25

○ 大砂嵐 4勝7敗 寄り倒し ● 希善龍 6勝5敗 (5.7秒)
 大砂嵐、両手突きから右を差す。希善龍、右下手を取って左で抱える。大砂嵐、両廻しを取って右に振り、前に出る。希善龍、土俵に倒れる。勝負後、希善龍、立ち上がれず、車椅子で下がる。左膝を痛めたよう。
20170920 11 203 大砂嵐 寄り倒し 希善龍 35
20170920 11 203 大砂嵐 寄り倒し 希善龍 40
〔車椅子で花道を下がる 希善龍〕
20170920 11 203 大砂嵐 寄り倒し 希善龍 70 車椅子 01

● 大成道 7勝4敗 突き出し ○ 琴恵光 4勝7敗 (5.0秒)
 両者、両手を出す。琴恵光、右から張って差そうとする。大成道、押す。琴恵光、押し返してどんどん前に出る。大成道、俵の外に出る。
20170920 11 204 琴恵光 突き出し 大成道 40

● 天風 5勝6敗 寄り倒し ○ 北はり磨 4勝7敗 (19.2秒)
 北はり磨、低く当たって押す。天風、押し返す。両者、激しい押し合い。北はり磨、機を見て左を差し、右筈で押し上げながら前に出る。天風、土俵際右小手で振ろうとするが、俵の外に倒れる。
20170920 11 205 北はり磨 寄り倒し 天風 40

● 英乃海 6勝5敗 寄り切り ○ 青狼 6勝5敗 (15.6秒) 「待った1回」
 英乃海、突っ掛ける。2度目、青狼、左上手を取り、攻め続ける。英乃海、上手を切ろうとするがならず、俵を割る。
20170920 11 206 青狼 寄り切り 英乃海 40

○ 明生 6勝5敗 寄り切り ● 豊響 4勝7敗 (9.0秒)
 豊響、当たって前に出る。明生、右上手を取り、出し投げで振ってから左を差し、両廻しを持って寄り切る。
20170920 11 207 明生 寄り切り 豊響 35

○ 旭大星 5勝6敗 押し出し ● 阿炎 6勝5敗 (5.2秒) 「待った1回」
 旭大星、突っ掛ける。2度目、阿炎、両差しになる。旭大星、左で小手に巻き、右喉輪で押し上げ、後ろ向きになった相手を押して俵の外に出す。
20170920 11 208 旭大星 押し出し 阿炎 40

○ 剣翔 6勝5敗 引き落とし ● 琴勇輝 7勝4敗 (3.0秒)
 琴勇輝、両手突きから突き放す。剣翔、叩き、左に開いていなす。琴勇輝、前に泳いで土俵下に飛び落ちる。
20170920 11 209 剣翔 引き落とし 琴勇輝 35

○ 大奄美 6勝5敗 寄り切り ● 臥牙丸 3勝8敗 (3.2秒)
 大奄美、右肘を固めて当たり、相手の右について廻しを取り、前に出て寄り切る。
20170920 11 210 大奄美 寄り切り 臥牙丸 40

○ 竜電 8勝3敗 押し出し ● 東龍 4勝7敗 (4.8秒)
 竜電、やや早く頭から踏み込んで当たる。両者、待ったかと思って動きを止める。しかし行司はハッキヨイ。竜電、押しながら前に出、押し出す。
〔両者動きを止めるが、「ハッキヨイ」で再び動く〕
20170920 11 211 竜電 押し出し 東龍 05 ストップ
20170920 11 211 竜電 押し出し 東龍 06 動く
〔竜電の押し出し〕
20170920 11 211 竜電 押し出し 東龍 40

○ 安美錦 7勝4敗 叩き込み ● 山口 5勝6敗 (1.4秒)
 安美錦、頭から当たり、叩きながら一気に引き、相手を落として右足一本で残る。
20170920 11 212 安美錦 叩き込み 山口 40

○ 誉富士 7勝4敗 叩き込み ● 妙義龍 5勝6敗 (2.8秒)
 妙義龍、踏み込んで突き放す。誉富士、押し返し、土俵際、叩きながら右に回る。妙義龍、土俵に手をつく。
20170920 11 213 誉富士 叩き込み 妙義龍 40

○ 蒼国来 3勝8敗 寄り切り ● 旭秀鵬 6勝5敗 (12.9秒) 「待った1回」
 旭秀鵬、突っ掛ける。2度目、蒼国来、左に変わって左上手を取り、右を差して前に出、寄り切る。
20170920 11 214 旭秀鵬 寄り切り 蒼国来 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:北はり磨、2位:竜電、3位:安美錦

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十日目・幕内。

秋場所十日目・幕内の取り組み。
前日単独トップに立った大関豪栄道は、小結栃煌山を押し出し、1敗を守る。栃煌山は7敗目と後がなくなる。
横綱日馬富士は、貴景勝と対戦。見合って押し合う展開から廻しを狙うが、叩き込まれて4敗目。貴景勝は初金星獲得。
関脇嘉風は、正代を押し出し、4連敗から6連勝。
関脇御嶽海は、碧山に叩き込まれて5勝5敗と五分に。途中出場の碧山は初日。
小結玉鷲は、今場所1横綱1大関撃破の北勝富士を押し出して4勝目。北勝富士は6敗目。
中日まで1敗だった阿武咲は、琴奨菊に突き落とされて3敗目。勝ち越し王手から2連敗。琴奨菊は6勝目。
宝富士は、石浦に後ろにつかれる苦しい体勢をしのぎ、送り出して7勝目。石浦は負け越し。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 遠藤 6勝4敗 上手出し投げ ● 徳勝龍 2勝8敗 (11.8秒)
 遠藤、先に右手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、素早く立って左肘を固める。遠藤、低く当たり、左を差して前に出、右上手を取る。徳勝龍、俵に詰まるが、体を開いて左掬い投げに行く。遠藤、傾くが右上手を持って堪える。徳勝龍、左差しで前に出る。遠藤、俵に詰まる。徳勝龍、左掬い投げで相手を傾かせる。遠藤、堪え、体を開いて右上手出し投げ。徳勝龍、土俵に這う。
〔徳勝龍の掬い投げを堪える 遠藤〕
20170919 10 301 遠藤 上手出し投げ 徳勝龍 20 遠藤堪える
〔遠藤の上手出し投げ〕
20170919 10 301 遠藤 上手出し投げ 徳勝龍 40

● 錦木 4勝6敗 上手投げ ○ 朝乃山 7勝3敗 (9.9秒)
 錦木、先に両手をつく。朝乃山、仕切り線後方でサッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。錦木、右を差す。朝乃山、顎に向かって突き上げる。錦木、下からあてがって下がらず、再び右を差す。朝乃山、左上手を取り、右差し手を返し、左上手投げで振ってから前に出る。錦木、俵に詰まり、右下手投げに行こうとする。朝乃山、左上手投げを下に打つ。錦木、土俵に落ちる。その後、朝乃山、錦木をまたいで土俵下に落ちる。
20170919 10 302 朝乃山 上手投げ 錦木 40

○ 魁聖 6勝4敗 寄り切り ● 佐田の海 0勝5敗5休 (4.6秒)
 佐田の海、先に手をつく。魁聖、腰を下ろし、両手をサッとつく。佐田の海、素早く立ち、左肘を固めて当たり、右喉輪で押し上げる。魁聖、右押っ付けで前に出る。佐田の海、引いて体を離し、右足を俵に掛けながら右前廻しを探る。魁聖、右を差す。佐田の海、左上手に手を伸ばして取り、土俵際を左へ回ろうとする。魁聖、右差し、左押っ付けで寄る。佐田の海、俵を割る。
20170919 10 303 魁聖 寄り切り 佐田の海 40

● 隠岐の海 4勝6敗 引き落とし ○ 千代丸 5勝5敗 (9.0秒)
 隠岐の海、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方でサッと両手をつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘でかち上げ気味に当たる。千代丸、右を差し、左上手に手を掛ける。隠岐の海、少し引いて廻しを与えず。千代丸、突っ張る。隠岐の海、下からあてがい、右喉輪で押し上げ、左で押っ付けながら前に出る。千代丸、土俵際、右差し手を抜いて体を離し、俵の上右足一本。隠岐の海、土俵に落ちる。
20170919 10 304 千代丸 引き落とし 隠岐の海 40

● 豊山 4勝6敗 寄り倒し ○ 荒鷲 7勝3敗 (5.9秒) 「待った1回」
 荒鷲、先に手をつく。豊山、左手を上にあげる。荒鷲、突っ掛ける。2度目、荒鷲、先に手をつく。豊山、両手をサッとつき、両者ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固め、左から張る。豊山、右手を出し、左へ踏み出す。荒鷲、右を差し、左で廻しに手を伸ばしながら前に出る。豊山、土俵際突っ張る。荒鷲、突っ張り返し、左下手を取る。豊山、土俵際、右で突きながら右に回る。荒鷲、両差しで前に出る。豊山、左小手に振ろうとするが、体勢を崩して俵の外に倒れる。荒鷲、その上に乗り、両者、一緒に土俵下に落ちる。
20170919 10 305 荒鷲 寄り倒し 豊山 40

○ 千代翔馬 4勝6敗 突き出し ● 大翔丸 7勝3敗 (3.1秒)
 大翔丸、先に両手をつく。千代翔馬、両手をサッとつく。大翔丸、左肘を固めて頭から当たろうとする。千代翔馬、右肘でかち上げる。大翔丸、右で突きながら右に回る。千代翔馬、左差しで向き直る。大翔丸、引く。千代翔馬、乗じて押しながら前に出る。大翔丸、俵の外に出る。千代翔馬、そこを更に押す。大翔丸、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170919 10 306 千代翔馬 突き出し 大翔丸 43

● 石浦 2勝8敗 送り出し ○ 宝富士 7勝3敗 (20.8秒) 「待った1回」
 宝富士、先に両手をつく。石浦、仕切り線後方で右手をつく。宝富士、突っ掛ける。2度目、宝富士、先に両手をつく。石浦、仕切り線後方で右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出してやや左へ踏み出す。宝富士、左肘を固めて当たる。石浦、頭から当たる。宝富士、左を差す。石浦、右で押っ付け、引いて体を離す。宝富士、押す。石浦、押し上げながら前に出る。宝富士、土俵際、左半身になる。石浦、右から突く。宝富士、後ろ向きになるが向き直ろうとする。石浦、そこをついて行き、相手を後ろから抱える。宝富士、左に回って向き直ろうとする。石浦、右で後ろ廻しを持って回る。宝富士、逆の右に回り、また左に回って廻しを切ろうとする。石浦、相手の廻しの端を持って右に回る。宝富士、向き直る。石浦、引く。宝富士、乗じて前に出る。石浦、土俵際、相手の左腕を取って一本背負いの体勢になろうとする。宝富士、そこを後ろから押す。石浦、土俵下に落ちる。
〔石浦、宝富士の廻しの端を持って回る〕
20170919 10 307 宝富士 送り出し 石浦 25 ほどいてやる!
20170919 10 307 宝富士 送り出し 石浦 27 ほどいてやる!
〔宝富士の送り出し〕
20170919 10 307 宝富士 送り出し 石浦 40

○ 千代の国 6勝4敗 突き落とし ● 大栄翔 6勝4敗 (2.8秒)
 大栄翔、先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合い、突き放す。千代の国、右から突いて右に開く。大栄翔、前に泳いで俵の外に出る。
20170919 10 308 千代の国 突き落とし 大栄翔 40

● 豪風 3勝7敗 突き落とし ○ 勢 5勝5敗 (4.7秒)
 勢、先に右手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。勢、両腕を内に入れて踏み込む。豪風、頭から踏み込んで当たり、左をのぞかせて左に回る。両者、頭をつけて押し合う。豪風、叩きながら少し引く。勢、乗じて押しながら前に出る。豪風、土俵際右に回ろうとする。勢、そこを右から突く。豪風、体勢を崩して土俵に転がる。
20170919 10 309 勢 突き落とし 豪風 45

○ 逸ノ城 6勝4敗 小手投げ ● 貴ノ岩 7勝3敗 (3.4秒)
 逸ノ城、先に両手をつく。貴ノ岩、手をサッとつき、右手を出す。逸ノ城、左に踏み出して左上手を狙うが取れず、右を差す。貴ノ岩、頭から当たり、左上手に手を掛ける。逸ノ城、左に回って上手を与えず。貴ノ岩、右差し手を返し、左から絞る。逸ノ城、右差し手を抜き、右で相手の左腕を抱え、小手投げで振る。貴ノ岩、土俵外に倒れ、下に転がり落ちる。
20170919 10 310 逸ノ城 小手投げ 貴ノ岩 35

● 松鳳山 5勝5敗 つきひざ ○ 輝 3勝7敗 (1.6秒)
 輝、先に手をつく。松鳳山、両手をサッとつき、両手突き。輝、下から撥ね上げ、押そうとする。松鳳山、右に回ろうとするが、足が流れて右膝から土俵に落ちる。
20170919 10 311 輝 つきひざ 松鳳山 37-2

● 栃ノ心 1勝9敗 押し出し ○ 千代大龍 8勝2敗 (16.7秒)
 千代大龍、右手をつく。栃ノ心、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、胸で当たりを受け、右を差してす。栃ノ心、左に回りながら左上手に手を伸ばして取る。千代大龍、左上手を持ち、右で相手の上手を切ろうとしながら左に回る。栃ノ心、左上手を引きつけ、右差し手を返して寄る。千代大龍、土俵際堪えて右下手を取り、じわじわ左へ回って中に戻る。両者、右四つがっぷり。栃ノ心、両廻しを引きつけて前に出ようとする。千代大龍、相手を吊り上げて前に出、土俵際にして寄る。栃ノ心、俵に両足を掛けて堪える。千代大龍、廻しを離し、両手で相手の胸を押す。栃ノ心、俵の外に出る。
〔栃ノ心を吊り上げる 千代大龍〕
20170919 10 312 千代大龍 押し出し 栃ノ心 25 栃ノ心を吊る千代大龍
〔千代大龍の押し出し〕
20170919 10 312 千代大龍 押し出し 栃ノ心 40-1
〔勝ち越しインタビューを受ける千代大龍〕
20170919 10 312 千代大龍 押し出し 栃ノ心 75 千代大龍インタビュー 05

● 阿武咲 7勝3敗 突き落とし ○ 琴奨菊 6勝4敗 (10.5秒)
 阿武咲、先に両手をつく。琴奨菊、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。阿武咲、素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込み、左を差す。琴奨菊、左肘を固めて当たり、右で相手の差し手を抱える。阿武咲、右差し手を抜き、左差しで右上手に手を掛ける。琴奨菊、左差しでがぶって上手を与えず、左差し手を返して前に出ようとする。阿武咲、右で差し手を抱えながら堪える。琴奨菊、がぶってどんどん前に出る。阿武咲、俵に詰まる。琴奨菊、右から手前に突く。阿武咲、土俵に転がる。
20170919 10 313 琴奨菊 突き落とし 阿武咲 40

○ 玉鷲 4勝6敗 押し出し ● 北勝富士 4勝6敗 (8.8秒) 「待った2回」
 北勝富士、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。北勝富士、素早く踏み込むが、玉鷲、立てず。2度目、北勝富士、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。北勝富士、素早く踏み込むが、玉鷲、立てず。3度目、北勝富士、先に右手をつく。玉鷲、左手をつく。北勝富士、素早く踏み込む。玉鷲、遅れてその場で頭から当たり、押し上げながら少し前に出、叩き、押す。北勝富士、体を離す。玉鷲、前に出て両手で顔を押し上げる。北勝富士、俵に詰まる。玉鷲、両手で押し上げる。北勝富士、俵伝いに右へ回る。玉鷲、逃さず押しながら前に出る。北勝富士、回り切れずに土俵下に落ちる。
20170919 10 314 玉鷲 押し出し 北勝富士 37

● 御嶽海 5勝5敗 叩き込み ○ 碧山 1勝2敗7休 (2.2秒)
 御嶽海、先に右手をつく。碧山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。碧山、頭から踏み込む。御嶽海、右手を出し、左肘を固めて当たる。碧山、押し上げ、叩きながら引く。御嶽海、前に飛んで土俵に落ちる。
20170919 10 315 碧山 叩き込み 御嶽海 40

● 正代 4勝6敗 押し出し ○ 嘉風 6勝4敗 (5.1秒) 「待った1回」
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。嘉風、腰を下ろし、右手をつく。正代、立とうと前のめりになる。嘉風、ついていた手を戻し、立合いを嫌う。2度目、正代、仕切り線後方で先に両手をつく。嘉風、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、左肘を固め、頭から踏み込む。正代、右肘を固めて当たり、右を差そうとする。嘉風、突き放し、左を差し、右で押っ付けながら一気に前に出る。正代、土俵下に落ちる。
20170919 10 316 嘉風 押し出し 正代 40

● 栃煌山 3勝7敗 押し出し ○ 豪栄道 9勝1敗 (6.0秒)
 豪栄道、右手をつくが戻す。栃煌山、先に左手をつく。豪栄道、手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。栃煌山、右手で相手の肩を押さえ、両差しになろうとする。豪栄道、左右から押っ付けながら前に出る。栃煌山、俵に詰まる。豪栄道、左から突いていなす。栃煌山、向き直る。豪栄道、右喉輪で押し上げる。栃煌山、右から張って差そうとする。豪栄道、押しながら一気に前に出る。栃煌山、土俵下に落ちる。
20170919 10 317 豪栄道 押し出し 栃煌山 40

○ 貴景勝 6勝4敗 叩き込み ● 日馬富士 6勝4敗 (9.7秒)
 貴景勝、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと両手をつく。貴景勝、素早く立ち、右手を出す。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、両前廻しを狙うが取れず。貴景勝、突き放す。日馬富士、右から張り、左前廻しに手を伸ばす。貴景勝、肩透かし気味に左へ回り、突き放す。日馬富士、右から張って廻しを探る。貴景勝、押す。日馬富士、左から張って廻しを探る。貴景勝、突き放す。両者、体が離れて見合う。日馬富士、低く当たって廻しを探る。貴景勝、突き放す。両者、見合う。日馬富士、左から張って左を差そうとするが差せず、再び左から張って廻しを探ろうとする。貴景勝、そこを叩きながら右に開く。日馬富士、前のめりになって土俵に落ちる。
20170919 10 318 貴景勝 叩き込み 日馬富士 40
〔貴景勝、気合いの入った表情で懸賞を受け取る〕
20170919 10 318 貴景勝 叩き込み 日馬富士 61 勝ち名乗り 05
〔初金星を獲得し、殊勲インタビューを受ける貴景勝〕
20170919 10 318 貴景勝 叩き込み 日馬富士 75 殊勲インタビュー 10

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:貴景勝、2位:豪栄道、3位:宝富士

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所十日目・十両。(取組時間等)

秋場所十日目・十両について。
3敗が8人で並ぶ中、その中の二人 安美錦と竜電が直接対戦。竜電が安美錦を寄り切って3敗を守る。
同じく3敗同士、新十両の大成道が千代鳳を押し出して3敗を守る。
琴勇輝が臥牙丸を引き落とし、3敗は琴勇輝、竜電、大成道の3人となる。
奄美大島出身同士の対戦は、大奄美が明生を押し出して勝利。
7敗の大砂嵐は、新十両の矢後を1分40秒近い相撲の末に寄り切り、踏みとどまる。矢後は6敗目。
同じ7敗の北はり磨は、3敗でトップの一人希善龍を寄り切って踏みとどまる。希善龍は4敗に後退。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 北はり磨 3勝7敗 寄り切り ● 希善龍 6勝4敗 (5.4秒)
 北はり磨、踏み込んで右を差し、差し手を返しながら右足外掛けで崩し、寄り切る。
20170919 10 201 北はり磨 寄り切り 希善龍 40

● 千代ノ皇 6勝4敗 押し出し ○ 照強 5勝5敗 (7.5秒)
 千代ノ皇、右を差そうとする。照強、左に動いて上手を狙うが取れず、右を差して左で絞り、左押っ付けで突いて相手を土俵際にし、押し出す。
20170919 10 202 照強 押し出し 千代ノ皇 40

○ 大砂嵐 3勝7敗 寄り切り ● 矢後 4勝6敗 (97.0秒)
 大砂嵐、右からかち上げる。矢後、堪え、左押っ付けで前に出る。大砂嵐、土俵際で左下手を取って中に戻る。両者、左四つ、大砂嵐は両廻し、矢後は左下手を持った体勢で止まる。大砂嵐、両廻しを引きつけて前に出る。矢後、左下手を持って回り込んで残す。両者、左四つでしばらく止まる。大砂嵐、両廻しを引きつけて前に出、寄り切る。
20170919 10 203 大砂嵐 寄り切り 矢後 40

○ 大成道 7勝3敗 押し出し ● 千代鳳 6勝4敗 (7.5秒)
 千代鳳、押す。大成道、押し返して前に出、相手の引きに乗じて押し出す。
20170919 10 204 大成道 押し出し 千代鳳 30

○ 天風 5勝5敗 押し出し ● 青狼 5勝5敗 (4.1秒)
 青狼、左を差す。天風、右で差し手を抱える。青狼、差し手を抜き、右で突きながら右に回る。天風、乗じて前に出、押し出す。
20170919 10 205 天風 押し出し 青狼 40

○ 剣翔 5勝5敗 寄り切り ● 阿炎 6勝4敗 (3.8秒)
 阿炎、両手突きから突っ張る。剣翔、左から突く。阿炎、右半身になり、後ろから押されて俵に詰まり、向き直る。剣翔、左を差して寄り切る。
20170919 10 206 剣翔 寄り切り 阿炎 40-1

○ 英乃海 6勝4敗 小手投げ ● 琴恵光 3勝7敗 (8.9秒)
 英乃海、右肘を固めて右を差す。琴恵光、右差しで前に出る。英乃海、俵の上で左に開いて小手投げで逆転。琴恵光、土俵下に飛び落ちる。
20170919 10 207 英乃海 小手投げ 琴恵光 35
20170919 10 207 英乃海 小手投げ 琴恵光 40

● 旭大星 4勝6敗 押し出し ○ 誉富士 6勝4敗 (10.1秒)
 旭大星、手を出して当たる。誉富士、左で押っ付ける。旭大星、相手の右腕を手繰り、右喉輪で押し上げる。誉富士、左から突いて喉輪を外す。両者、押し合う。旭大星、いなされて土俵際。誉富士、押し出す。
20170919 10 208 誉富士 押し出し 旭大星 40

○ 大奄美 5勝5敗 上手投げ ● 明生 5勝5敗 (10.8秒)
 明生、左肘を固めて踏み込み、両差しになる。大奄美、左上手を取って前に出る。明生、右足外掛けで堪える。大奄美、左上手投げで振りまわして裏返す。
20170919 10 209 大奄美 上手投げ 明生 30
20170919 10 209 大奄美 上手投げ 明生 40

● 臥牙丸 3勝7敗 引き落とし ○ 琴勇輝 7勝3敗 (9.4秒)
 琴勇輝、両手突きから突き放す。臥牙丸、突き返して前に出る。琴勇輝、土俵際右に回り、左から突く。臥牙丸、バッタリ落ちる。
20170919 10 210 琴勇輝 引き落とし 臥牙丸 40

● 安美錦 6勝4敗 寄り切り ○ 竜電 7勝3敗 (10.2秒)
 安美錦、押し上げてから引く。竜電、乗じて前に出る。安美錦、土俵際で押し上げ、廻しを探る。竜電、前に出、左を差して寄る。安美錦、左で首を持って俵伝いに右に回るが、俵を割る。勝負後、土俵下に落ちそうになる安美錦を竜電が抱き止める。
20170919 10 211 竜電 寄り切り 安美錦 40
〔落ちそうになる安美錦を 抱き止める竜電〕
20170919 10 211 竜電 寄り切り 安美錦 50-2 抱き止め 01
20170919 10 211 竜電 寄り切り 安美錦 50-2 抱き止め 02

● 豊響 4勝6敗 掬い投げ ○ 東龍 4勝6敗 (3.2秒)
 東龍、両差しになる。豊響、外からはさみつけながら前に出る。東龍、土俵際、右掬い投げで逆転。
20170919 10 212 東龍 掬い投げ 豊響 40

● 蒼国来 2勝8敗 寄り切り ○ 山口 5勝5敗 (25.6秒)
 山口、叩きながら左へ回り、左を差す。蒼国来、左差し、右押っ付けで前に出る。山口、左下手出し投げを打ちながら体を入れ替え、頭をつけ、機を見て一気に前に出、寄り切る。
20170919 10 213 山口 寄り切り 蒼国来 40

○ 旭秀鵬 6勝4敗 押し倒し ● 妙義龍 5勝5敗 (5.8秒)
 旭秀鵬、左から張る。妙義龍、左に変わって左から突く。旭秀鵬、向き直り、突き放しながら前に出る。妙義龍、回り込んで残すが、体勢を崩して土俵に落ちる。
20170919 10 214 旭秀鵬 押し倒し 妙義龍 35
20170919 10 214 旭秀鵬 押し倒し 妙義龍 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:竜電、2位:北はり磨、3位:大成道

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所九日目・幕内。

秋場所九日目・幕内の取り組み。
大関豪栄道は、昨日から出場の碧山を突き落とし、1敗を守って勝ち越し。角番を脱出。
1敗だった阿武咲が千代大龍に叩き込まれて2敗目。同じく1敗だった大翔丸も敗れ、豪栄道が単独トップに立つ。
横綱日馬富士は、正代を寄り切って4連勝で6勝目。
関脇嘉風は、小結玉鷲を寄り切り、4連敗スタートから5連勝でついに白星先行に。玉鷲は6敗目。
関脇御嶽海は、貴景勝を引き落として5勝目。
琴奨菊は、栃ノ心を寄り切って連敗を4で止めて5勝目。栃ノ心は負け越し。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 錦木 4勝5敗 寄り倒し ● 隠岐の海 4勝5敗 (7.0秒)
 隠岐の海、先に手をつく。錦木、左手をつく。隠岐の海、立とうとピクっと動く。錦木、それに反応してピクッと動くが止め、右手をサッとついて素早く立つ。隠岐の海、その場で立って右肘を固める。錦木、やや左へ踏み出して頭で当たる。隠岐の海、左を差す。錦木、右上手に手を伸ばすが取れず、左を差して下手を取る。隠岐の海、左に回りながら右を巻き替えて両差しになる。錦木、深い左上手を持って前に出る。隠岐の海、土俵際を左へ回る。錦木、休まず前に出る。隠岐の海、俵の外に倒れる。
20170918 09 301 錦木 寄り切り 隠岐の海 40

○ 徳勝龍 2勝7敗 寄り切り ● 佐田の海 0勝4敗5休 (2.9秒)
 佐田の海、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。佐田の海、低く当たり、左を差して下手を取る。徳勝龍、左を差し、右で差し手を抱えて一気に前に出る。佐田の海、右で首を巻いて俵に詰まり、土俵下に吹っ飛ぶ。
20170918 09 302 徳勝龍 寄り切り 佐田の海 40

○ 朝乃山 6勝3敗 押し出し ● 千代丸 4勝5敗 (8.6秒)
 朝乃山、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固めて踏み込む。千代丸、左肘を固めて当たり、右喉輪で押し上げる。朝乃山、仰け反るが下がらず。千代丸、突っ張る。朝乃山、あてがい、押しながら前に出る。千代丸、俵に詰まる。朝乃山、相手の胸を押し上げ、土俵外に出す。
20170918 09 303 朝乃山 押し出し 千代丸 43

● 大栄翔 6勝3敗 押し出し ○ 豊山 4勝5敗 (15.1秒)
 大栄翔、先に両手をつく。豊山、左手を見せるように動かし、サッと両手をつく。両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、右手を出して頭から踏み込む。豊山、右肘でかち上げる。大栄翔、右喉輪で突き放し、突っ張る。豊山、下からあてがう。大栄翔、叩きながら左へ回る。豊山、前のめりになるが堪える。大栄翔、顎に向かって突き上げながら前に出る。豊山、俵に詰まるが、押し返して中に戻る。大栄翔、左をのぞかせる形になるが、再び突き放しながら前に出る。豊山、右から突く。大栄翔、向き直って突っ張り、叩きながら左へ開く。豊山、前に泳ぐが向き直る。大栄翔、両手で顔を押し上げる。豊山、左で突いて喉輪を外す。大栄翔、前に泳ぐが向き直ろうとする。豊山、そこを押す。大栄翔、俵の外に出る。
20170918 09 304 豊山 押し出し 大栄翔 40

○ 貴ノ岩 7勝2敗 叩き込み ● 遠藤 5勝4敗 (3.3秒)
 遠藤、先に手をつく。貴ノ岩、右手をサッとつき、素早く立つ。遠藤、左肘を固めて踏み込む。貴ノ岩、右肘を固めて当たる。遠藤、左を差す。貴ノ岩、すぐに引いて体を離し、叩く。遠藤、乗じて前に出ながら突き放す。貴ノ岩、俵の上。遠藤、そこを押し出そうとする。貴ノ岩、そこを叩いて、右足一本で相手をかわす。遠藤、俵の外に落ちる。
20170918 09 305 貴ノ岩 叩き込み 遠藤 45

● 大翔丸 7勝2敗 押し出し ○ 宝富士 6勝3敗 (9.7秒)
 宝富士、先に両手をつく。大翔丸、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大翔丸、右肘を固めて頭から踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たり、左を差す。大翔丸、右に回って右から押っ付ける。宝富士、少し下がって体を離し、左を差し直そうとする。大翔丸、頭をつけて押す。宝富士、左へ回りながら左を差そうとする。大翔丸、引く。宝富士、乗じて押しながら前に出る。大翔丸、体勢を崩し、そこを押されて俵の外に出る。
20170918 09 306 宝富士 押し出し 大翔丸 40

● 千代翔馬 3勝6敗 押し出し ○ 魁聖 5勝4敗 (2.7秒)
 魁聖、先に両手をつく。千代翔馬、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、右手を出して頭から踏み込み、右喉輪で押し上げる。魁聖、下からあてがう。千代翔馬、相手の腕を叩いて右に回る。魁聖、乗じて押しながら前に出る。千代翔馬、俵の上で右前廻しを探る。魁聖、相手を押し出す。
20170918 09 307 魁聖 押し出し 千代翔馬 40

● 荒鷲 6勝3敗 下手投げ ○ 勢 4勝5敗 (15.2秒)
 勢、先に右手をつく。荒鷲、右手をつく。勢、素早く立って右肩から踏み込む。荒鷲、右肘を固めて当たり、すぐに左上手前廻しを取る。勢、右差し手を抜き、左を差して差し手を返す。荒鷲、左下手を深くし、右上手を取る。勢、右上手を探る。荒鷲、両廻しを引きつけて前に出る。勢、堪えて左下手を取る。荒鷲、右上手が伸びるが、両廻しを引きつけて前に出る。勢、土俵際堪える。荒鷲、右上手で振って前に出る。勢、土俵際、左下手投げで逆転。荒鷲、土俵に倒れ、その後、勢、俵の外に倒れる。
20170918 09 308 勢 下手投げ 荒鷲 40

● 千代の国 5勝4敗 切り返し ○ 豪風 3勝6敗 (29.6秒)
 千代の国、先に手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと両手をついて立ち、頭から踏み込む。千代の国、右手で肩を押さえながら頭で当たる。豪風、左肘を固めて当たり、叩きながら左へ回る。千代の国、向き直る。両者、押し合う。豪風、叩きながら引く。千代の国、乗じて押しながら前に出る。豪風、俵に両足を掛けて堪え、浅い両差しで左へ回って中に戻る。千代の国、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、土俵中央、豪風が両差しの体勢で止まる(約6秒間)。豪風、左足外掛けに行く。千代の国、堪える。豪風、深い両下手取る。千代の国、右で差し手を抱え、左で上手に手を伸ばす。豪風、両下手を引きつける。千代の国、腰を捻って相手の左下手を切り、右を巻き替えようとするが止め、体を開いて左上手投げで振り回す。豪風、堪えて向き直る。千代の国、左上手が切れ、腰が入ったようになる。豪風、そこを後ろから押す。千代の国、土俵に転がる。
〔上手投げで振り回す 千代の国〕
20170918 09 309 豪風 切り返し 千代の国 30 上手投げで振り回す
〔千代の国、上手が切れて腰が入る形に〕
20170918 09 309 豪風 切り返し 千代の国 35 上手が切れて腰が砕ける
〔豪風、後ろから押すような体勢〕
20170918 09 309 豪風 切り返し 千代の国 40
〔千代の国、土俵に落ちる〕
20170918 09 309 豪風 切り返し 千代の国 43

● 石浦 2勝7敗 押し出し ○ 輝 2勝7敗 (3.1秒) 「待った1回」
 石浦、仕切り線後方で右手をつくが、その手を戻す。輝、先に手をつく。石浦、仕切り線後方で右手をつく。輝、ふわっと突っ掛ける。2度目、石浦、先に両手をつく。輝、左手をサッとつく。石浦、両足でぴょんと立ち、頭を下げる。輝、押しながら前に出る。石浦、相手の左腕を手繰るが俵に詰まる。輝、そこを押す。石浦、右から突こうとするが、俵の外に出る。
20170918 09 310 輝 押し出し 石浦 40

○ 松鳳山 5勝4敗 寄り切り ● 逸ノ城 5勝4敗 (6.5秒)
 逸ノ城、先に両手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、左へ踏み出して頭から当たる。逸ノ城、右を差そうとする。松鳳山、左で押っ付け、右筈で相手の胸を押してから両差しになろうとする。逸ノ城、左で差し手を抱え、右を巻き替えに行く。松鳳山、右差し手を返し、左で絞りながら前に出る。逸ノ城、右差し手を抜き、右で小手に振る。松鳳山、乗じて前に出、寄り切る。
20170918 09 311 松鳳山 寄り切り 逸ノ城 40

● 阿武咲 7勝2敗 叩き込み ○ 千代大龍 7勝2敗 (2.6秒)
 阿武咲、先に右手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。千代大龍、右から張り、左肘を固めて当たり、突っ張りながら前に出る。阿武咲、下からあてがうが上体が起きる。千代大龍、叩く。阿武咲、土俵に両手をつく。
〔仰け反る阿武咲〕
20170918 09 312 千代大龍 叩き込み 阿武咲 30 仰け反る阿武咲
〔千代大龍の叩き込み〕
20170918 09 312 千代大龍 叩き込み 阿武咲 40

● 栃ノ心 1勝8敗 寄り切り ○ 琴奨菊 5勝4敗 (6.2秒)
 栃ノ心、先に手をつく。琴奨菊、左手を見せるように動かし、両手をサッとつく。栃ノ心、素早く立ち、右肘を固める。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込み、左上手前廻しを取って左へ回る。栃ノ心、右半身で右を差す。琴奨菊、右差し手を返して前に出、左上手を深くし、手前に上手投げで振りながら右で頭を押さえる。栃ノ心、向き直る。琴奨菊、深い左上手を持ち、右差し手を返しながら寄る。栃ノ心、左上手を取るが、俵を割る。
20170918 09 313 琴奨菊 寄り切り 栃ノ心 35

● 北勝富士 4勝5敗 肩透かし ○ 栃煌山 3勝6敗 (8.6秒)
 北勝富士、先に右手をつく。栃煌山、足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。北勝富士、頭から低く踏み込む。栃煌山、両差しになろうとしながら前に出る。北勝富士、土俵際、右に開いて体を離す。栃煌山、向き直って右から張り、右を差す。北勝富士、頭をつけて右から絞る。栃煌山、左も差し込んで両差しで前に出、右差し手を抜いて肩透かしを引く。北勝富士、土俵に落ちる。
20170918 09 314 栃煌山 肩透かし 北勝富士 40

● 玉鷲 3勝6敗 寄り切り ○ 嘉風 5勝4敗 (9.4秒) 「待った1回」
 嘉風、先に両手をつく。玉鷲、左手をつく。嘉風、立とうと先に前のめりになるが止め、立合いを嫌う。2度目、嘉風、先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、時を置いて右手をサッとついて素早く立ち、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合う。玉鷲、右喉輪で押そうとする。嘉風、左で押っ付けながら左に回る。玉鷲、突き放す。嘉風、下から中に入り、前に出ながら右下手を取り、両差しでどんどん前に出る。玉鷲、俵に両足を掛けて堪える。嘉風、休まず寄り立てる。玉鷲、土俵下に落ちる。
20170918 09 315 嘉風 寄り切り 玉鷲 40
〔目の上から血を流しながら勝ち名乗りを受ける 嘉風〕
20170918 09 315 嘉風 寄り切り 玉鷲 60 今日は目の上を切る

○ 御嶽海 5勝4敗 引き落とし ● 貴景勝 5勝4敗 (3.7秒)
 御嶽海、先に手をつく。貴景勝、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右肘を固めて頭から当たる。貴景勝、右手を出して頭から踏み込んで当たり、突き放しながら前に出る。御嶽海、下から撥ね上げるが土俵際。貴景勝、相手を押し出そうとするが、左足が流れて前に落ちる。
20170918 09 316 御嶽海 引き落とし 貴景勝 40

● 碧山 0勝2敗7休 突き落とし ○ 豪栄道 8勝1敗 (2.0秒)
 豪栄道、先に右手をつく。碧山、両手をサッとつき、頭から踏み込もうとする。豪栄道、右から張って左を差す。碧山、突き放す。豪栄道、左に回り、左から突く。碧山、土俵に両手をつく。
20170918 09 317 豪栄道 突き落とし 碧山 40

● 正代 4勝5敗 寄り切り ○ 日馬富士 6勝3敗 (5.7秒)
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。日馬富士、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。正代、右肘を固める。日馬富士、頭から踏み込み、左上手に手を掛ける。正代、左を差し、腰を引いて上手を与えず。日馬富士、左を差して差し手を返し、右上手を取って前に出る。正代、左から掬って堪え、頭を下げる。日馬富士、体を開いて右上手出し投げで振り、左で相手の左足を持ちながら前に出る。正代、土俵下に落ちる。
〔相手の足を持つ 日馬富士〕
20170918 09 318 日馬富士 寄り切り 正代 30 相手の足を脅かす
〔日馬富士の寄り切り〕
20170918 09 318 日馬富士 寄り切り 正代 43

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:嘉風、2位:御嶽海、3位:日馬富士・豪栄道・千代大龍

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所九日目・十両。(取組時間等)

秋場所九日目・十両について。
2敗でトップの一人 千代鳳が、新十両の矢後に寄り切られて連敗し、3敗に後退。矢後は3連勝で4勝目。
2敗でトップの一人 新十両の大成道は、青狼に押し出されて3敗に後退。青狼は1勝4敗から4連勝で白星先行。
2敗でトップの一人 希善龍は、明生の掬い投げに倒れて3敗に後退。明生は4連敗スタートから5連勝。
竜電は、蒼国来を50秒近い相撲の末に寄り切り、6勝目。トップに並ぶ。蒼国来は7敗目と後がなくなる。
2敗だった3人の力士が全員敗れ、3敗で8人が並ぶ展開に。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 大成道 6勝3敗 押し出し ○ 青狼 5勝4敗 (12.8秒)
 大成道、突っ張る。青狼、廻しを探るが取れず、突き返し、相手の引きに乗じて押し出す。
20170918 09 201 青狼 押し出し 大成道 40

○ 矢後 4勝5敗 寄り切り ● 千代鳳 6勝3敗 (10.2秒)
 千代鳳、左を差す。矢後、右で差し手を抱えながら前に出、右上手を取って寄り切る。
20170918 09 202 矢後 寄り切り 千代鳳 45

● 大砂嵐 2勝7敗 寄り切り ○ 北はり磨 2勝7敗 (5.9秒)
 大砂嵐、両手突きから差そうとする。北はり磨、浅い両差しで押しながら前に出、左を差して寄り切る。
20170918 09 203 北はり磨 寄り切り 大砂嵐 40

○ 照強 4勝5敗 勇み足 ● 琴恵光 3勝6敗 (4.0秒)
 琴恵光、左を差す。照強、右押っ付けで前に出る。琴恵光、左掬い投げで振り、前に出る。照強、土俵際、右押っ付けで堪える。琴恵光、右足が俵の外に出る。照強、右膝を大きく曲げながら背中から土俵に倒れる。
〔琴恵光の勇み足〕
20170918 09 204 照強 勇み足 琴恵光 40
〔右膝を曲げて堪える 照強〕
20170918 09 204 照強 勇み足 琴恵光 45

● 天風 4勝5敗 押し出し ○ 阿炎 6勝3敗 (4.2秒)
 阿炎、両手突きから突き放しながらどんどん前に出、押し出す。
20170918 09 205 阿炎 押し出し 天風 35

● 希善龍 6勝3敗 掬い投げ ○ 明生 5勝4敗 (8.2秒)
 明生、両差しになり、右下手を取って前に出ようとする。希善龍、左小手投げに行く。明生、右差し手を突きつけ、掬い投げで倒す。
20170918 09 206 明生 掬い投げ 希善龍 40

○ 千代ノ皇 6勝3敗 突き落とし ● 臥牙丸 3勝6敗 (1.4秒)
 千代ノ皇、左に変わって左押っ付けで突きながら左へ回る。臥牙丸、土俵に落ちる。
20170918 09 207 千代ノ皇 突き落とし 臥牙丸 45

● 旭大星 4勝5敗 叩き込み ○ 剣翔 4勝5敗 (5.7秒)
 両者、見ながら押し合う。剣翔、機を見て叩き込む。
20170918 09 208 剣翔 叩き込み 旭大星 40

● 英乃海 5勝4敗 突き出し ○ 琴勇輝 6勝3敗 (4.8秒)
 琴勇輝、両手突きから顎に向かって突き放しながら前に出、そのまま相手を土俵外に出す。
20170918 09 209 琴勇輝 突き出し 英乃海 40

● 大奄美 4勝5敗 突き落とし ○ 誉富士 5勝4敗 (4.6秒)
 大奄美、右から張り、右を差す。誉富士、右喉輪で押し上げる。大奄美、左も差し、両差しで前に出る。誉富士、土俵際、左突き落としで逆転。
20170918 09 210 誉富士 突き落とし 大奄美 35

○ 旭秀鵬 5勝4敗 寄り切り ● 東龍 3勝6敗 (11.3秒)
 旭秀鵬、右を差して左上手を取る。東龍、腰を振るが上手を切れず、左上手を取る。旭秀鵬、上手を引きつけて前に出、右下手も取って寄り切る。
20170918 09 211 旭秀鵬 寄り切り 東龍 40

○ 安美錦 6勝3敗 叩き込み ● 豊響 4勝5敗 (0.8秒) 「待った1回」
 豊響、突っ掛ける。2度目、安美錦、いきなり右に変わって叩く。豊響、土俵に転がる。
20170918 09 212 安美錦 叩き込み 豊響 40

● 山口 4勝5敗 寄り倒し ○ 妙義龍 5勝4敗 (1.5秒) 「待った1回」
 山口、ふわっと突っ掛ける。2度目、妙義龍、右から張る。山口、左に変わって上手を狙うが取れず。妙義龍、右差しで一気に寄り倒す。
20170918 09 213 妙義龍 寄り倒し 山口 40

● 蒼国来 2勝7敗 寄り切り ○ 竜電 6勝3敗 (49.8秒)
 蒼国来、右押っ付けから上手を取る。竜電、左下手を取る。蒼国来、上手を引きつけて前に出る。竜電、右上手を取る。蒼国来、左下手も取り、左下手投げで振り回す。竜電、両廻しを引きつけて前に出る。蒼国来、廻しが切れ、右で差し手を抱える。竜電、右上手を引きつけて前に出、寄り切る。
20170918 09 214 竜電 寄り切り 蒼国来 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:竜電、2位:妙義龍、3位:阿炎

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所八日目・幕内。

秋場所八日目・幕内の取り組み。
大関豪栄道は、小結玉鷲を寄り切って1敗を守る。玉鷲は5敗目。
横綱日馬富士は、今日から出場する碧山と対戦。引いて相手を呼び込むが、土俵際での上手出し投げで倒し、5勝目。碧山は1敗7休で負け越し。
横綱大関を撃破して好調の阿武咲は、栃ノ心を引き落として1敗を守り、大関豪栄道、大翔丸と3人でトップに並ぶ。
関脇嘉風は、松鳳山と張り手も交えた激しい相撲の末、寄り切りで勝利。4連敗スタートだったが4連勝で星を五分に。松鳳山は4敗目。
関脇御嶽海は、学生相撲で競った北勝富士と対戦。寄り切られて4敗目。北勝富士は、3回目の対戦で初めて御嶽海に勝利。
小結栃煌山は、琴奨菊に攻め込まれるも、掬い投げで逆転して2勝目。初日から4連勝だった琴奨菊は、4連敗で星が五分に。
六日目から休場中の角番大関照ノ富士は、今日で負け越しが決まり、来場所関脇に陥落することが決定。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 錦木 3勝5敗 寄り切り ● 徳勝龍 1勝7敗 (4.5秒)
 錦木、先に両手をつく。徳勝龍、見せるように右手を動かして両手をつき、素早く立ち、右手を出して左肘を固める。錦木、両腕を内に入れて当たり、両差しになる。徳勝龍、左を巻き替えて差す。錦木、乗じて右上手を取って前に出る。徳勝龍、俵の上で相手の上手を切るが、仰け反る。錦木、左差し手を返し、右筈で押す。徳勝龍、俵を割る。
20170917 08 301 錦木 寄り切り 徳勝龍 40

○ 豊山 3勝5敗 突き落とし ● 魁聖 4勝4敗 (2.0秒)
 魁聖、仕切り線後方で先に両手をつく。豊山、仕切り線後方で両手をサッとつく。魁聖、右腕を内に入れて踏み込む。豊山、右肘を固めて当たる。魁聖、左押っ付けで前に出る。豊山、俵に詰まり、左から突く。魁聖、土俵に転がる。
20170917 08 302 豊山 突き落とし 魁聖 40

○ 朝乃山 5勝3敗 寄り切り ● 佐田の海 0勝3敗5休 (6.9秒)
 佐田の海、先に右手をつく。朝乃山、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。佐田の海、頭から踏み込む。朝乃山、右肘を固めて当たる。佐田の海、左上手前廻しを取る。朝乃山、腰を引いて廻しを切り、両手で顔を押し上げて右を差す。佐田の海、左上手に手を掛ける。朝乃山、右差し手を返して上手を与えず、前に出ながら左上手を探る。佐田の海、左で突きながら左へ回り、土俵際、右を差して左上手に手を掛ける。朝乃山、右差し手を返して上手を与えず、左上手を取って前に出る。佐田の海、腰が伸びて俵を割る。
20170917 08 303 朝乃山 寄り切り 佐田の海 40

● 大栄翔 6勝2敗 上手投げ ○ 隠岐の海 4勝4敗 (13.0秒)
 大栄翔、先に両手をつく。隠岐の海、腰を下ろし、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。大栄翔、右手を出して頭から当たり、突っ張る。隠岐の海、下からあてがって下がらず。大栄翔、叩いて左に開く。隠岐の海、向き直って突っ張る。大栄翔、押しながら前に出る。隠岐の海、左で相手の腕を押し上げ、左を差して前に出る。大栄翔、左下手を取って右に回り、土俵際、左から掬おうとする。隠岐の海、深い右上手を取って堪え、上手投げを下に打つ。大栄翔、土俵に落ちる。
20170917 08 304 隠岐の海 上手投げ 大栄翔 40

○ 遠藤 5勝3敗 寄り切り ● 千代丸 4勝4敗 (7.6秒)
 遠藤、右手をつく。千代丸、すぐに仕切り線後方で両手をサッとつく。遠藤、見ながら踏み込む。千代丸、右肘を固め、左手を出して当たる。遠藤、右下手を取る。千代丸、右を差す。遠藤、左を巻き替えて差す。千代丸、右押っ付けで一気に前に出る。遠藤、左下手をも探る。千代丸、両手で顔を押し上げる。遠藤、右下手を離さず堪え、両差しで前に出る。千代丸、俵に詰まる。遠藤、左差し手を大きく返し、相手を仰け反らせながら寄り切る。
〔左押っ付けで前に出る 千代丸〕
20170917 08 305 遠藤 寄り切り 千代丸 15 押っ付けで前に出る千代丸
〔遠藤の寄り切り〕
20170917 08 305 遠藤 寄り切り 千代丸 40-1

○ 大翔丸 7勝1敗 叩き込み ● 豪風 2勝6敗 (1.4秒)
 大翔丸、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方で両手をサッとつき、頭から踏み込む。大翔丸、右手を出して当たり、叩きながら引く。豪風、両手を土俵につき、足を宙に舞わせて前に落ちて裏返る。
20170917 08 306 大翔丸 叩き込み 豪風 40

○ 千代の国 5勝3敗 叩き込み ● 石浦 2勝6敗 (0.9秒)
 千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、右手を出して頭を下げる。千代の国、叩き、右から攻めようとする。その前に、石浦、相手の下にもぐる体勢で土俵に両手をつく。
20170917 08 307 千代の国 叩き込み 石浦 40

○ 貴ノ岩 6勝2敗 寄り切り ● 勢 3勝5敗 (9.3秒)
 勢、先に右手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、右手で相手の肩を押さえ、突き放す。勢、両差しを狙う。貴ノ岩、頭を下げて右前廻しに手を掛ける。勢、腰を引いて廻しを切り、叩きながら少し引く。貴ノ岩、乗じて前に出、右を差して左上手を取る。勢、俵に詰まり、右から掬って上手を切ろうとする。貴ノ岩、左上手を離さず。勢、左から突こうとしながら左へ回る。貴ノ岩、右下手も取って寄る。勢、右足爪先が外に出、俵の外に倒れる。
20170917 08 308 貴ノ岩 寄り切り 勢 40

○ 逸ノ城 5勝3敗 寄り切り ● 宝富士 5勝3敗 (5.7秒)
 宝富士、先に両手をつく。逸ノ城、仕切り線後方で両手をサッとつき、左手を出し、右肘を固めて踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。逸ノ城、左喉輪で押し上げ、突き放す。宝富士、下からあてがう。逸ノ城、右から張り、右を差して前に出る。宝富士、両手で相手の右腕を抱えて少し引く。逸ノ城、乗じて前に出、腰を下ろして寄り切る。
20170917 08 309 逸ノ城 寄り切り 宝富士 40

○ 荒鷲 6勝2敗 突き落とし ● 輝 1勝7敗 (5.3秒)
 荒鷲、先に手をつく。輝、左手をつく。その直前、荒鷲、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。輝、右手を出して当たり、突き放す。荒鷲、右を差す。輝、突っ張り、押しながら前に出る。荒鷲、俵に詰まり、右から突く。輝、土俵に落ちて転がる。
20170917 08 310 荒鷲 突き落とし 輝 40

● 千代翔馬 3勝5敗 押し出し ○ 貴景勝 5勝3敗 (35.5秒)
 貴景勝、先に手をつく。千代翔馬、左、右とサッと手をついて立つ。貴景勝、両手を出して頭から当たる。千代翔馬、左肘を固め、右上手に手を伸ばすが取れず。貴景勝、押しながら前に出る。千代翔馬、右から張り、右上手を取る。貴景勝、左を差す。千代翔馬、右足を飛ばして相手の左足を蹴って右に回る。貴景勝、左から掬う。千代翔馬、振られるが右上手を持って堪える。両者、土俵中央に戻る。貴景勝、左を差してやや半身の体勢で、千代翔馬、両廻しを持った体勢で、両者止まる(約10秒間)。千代翔馬、両廻しを引きつけて前に出ようとする。貴景勝、右で押っ付けながら堪える。両者、止まる(約4秒間)。千代翔馬、右上手をやや手前に持ち替え、両廻しを引きつけて前に出る。貴景勝、土俵際、左差し手を返しながら堪える。千代翔馬、右上手で振って前に出る。貴景勝、右を巻き替えて両差しになり、中に戻って左から掬って相手の上手を切り、両手で押す。千代翔馬、土俵下に落ちる。
20170917 08 311 貴景勝 押し出し 千代翔馬 40

● 正代 4勝4敗 引き落とし ○ 千代大龍 6勝2敗 (2.7秒)
 千代大龍、先に右手をつく。正代、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代大龍、右手を出し、左肘を固めて踏み込む。正代、右肘を固めて当たる。千代大龍、右喉輪で押しながら前に出、前のめりになった相手を叩く。正代、土俵に両手をつく。
20170917 08 312 千代大龍 押し出し 正代 40

● 栃ノ心 1勝7敗 引き落とし ○ 阿武咲 7勝1敗 (5.6秒)
 阿武咲、先に両手をつく。栃ノ心、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。阿武咲、素早く立ち、右手を出して頭から当たる。栃ノ心、右を差す。阿武咲、下から押し上げ、左をねじ込みながら前に出る。栃ノ心、土俵際、右で押っ付けながら右に回り、右を差そうとする。阿武咲、向き直って押し上げながら前に出、叩いて右に開く。栃ノ心、土俵に両手をつく。
20170917 08 313 阿武咲 引き落とし 栃ノ心 40

● 琴奨菊 4勝4敗 掬い投げ ○ 栃煌山 2勝6敗 (6.2秒)
 栃煌山、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で両手をサッとつく。栃煌山、素早く立つ。琴奨菊、左手で下から張ろうとする。栃煌山、右で相手の腕を張りながら右へ変わる。琴奨菊、少し泳ぐが向き直る。栃煌山、右で相手の腕を張り、両差しを狙う。琴奨菊、右で差し手を抱え、左を巻き替えて差す。栃煌山、右を巻き替え返そうとする。琴奨菊、乗じて一気に前に出る。栃煌山、土俵際、左から掬って投げ捨てる。琴奨菊、宙を舞って土俵下に転がり落ちる。
20170917 08 314 栃煌山 掬い投げ 琴奨菊 35

● 御嶽海 4勝4敗 寄り切り ○ 北勝富士 4勝4敗 (7.0秒) 「待った1回」
 北勝富士、先に右手をつく。御嶽海、右手をつこうとする。北勝富士、突っ掛ける。2度目、北勝富士、先に右手をつく。御嶽海、右、左と手をつく。北勝富士、素早く立って頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たる。北勝富士、低く当たって右上手前廻しを取る。御嶽海、両差しになるが左差し手が窮屈、右筈で脇を押す。北勝富士、右上手を引きつけて前に出る。御嶽海、俵に詰まる。北勝富士、左で顔を押し上げて相手を起こし、寄る。御嶽海、土俵下に落ちる。
20170917 08 315 北勝富士 寄り切り 御嶽海 40

● 松鳳山 4勝4敗 寄り切り ○ 嘉風 4勝4敗 (19.9秒)
 嘉風、先に両手をつく。松鳳山、仕切り線後方で両手をサッとつき、両手を出す。両者、頭で当たり合う。松鳳山、突っ張る。嘉風、下から撥ね上げ、頭を下げるが中に入れず。松鳳山、両差しになろうとする。嘉風、下がって体を離す。松鳳山、右から張って中に入ろうとする。嘉風、左を差す。松鳳山、右押っ付けで押し上げ、突っ張る。嘉風、下からあてがって下がらず。松鳳山、叩きながら引く。嘉風、乗じて押しながら前に出る。松鳳山、俵に両足を掛けて堪える。嘉風、中に入ろうとする。松鳳山、相手の腕を撥ね上げて下がらせ、右から張る。嘉風、左を差そうとする。松鳳山、突き放し、押しながら前に出る。嘉風、下からあてがい、押し返す。松鳳山、両差しになろうとする。嘉風、左押っ付けで左に回り、左を差して下手を取る。松鳳山、右上手に手を伸ばす。嘉風、腰を引いて上手を与えず、左下手を引きつけて寄る。松鳳山、上体が起きて俵を割る。嘉風、鼻血で血だらけになる。
〔松鳳山の張り手〕
20170917 08 316 嘉風 寄り切り 松鳳山 10 松鳳山の張り手
〔嘉風の寄り切り〕
20170917 08 316 嘉風 寄り切り 松鳳山 40
〔嘉風、血だらけで勝ち名乗り〕
20170917 08 316 嘉風 寄り切り 松鳳山 60 流血

● 玉鷲 3勝5敗 寄り切り ○ 豪栄道 7勝1敗 (3.0秒)
 豪栄道が右手、玉鷲が左手をほぼ同時につく。玉鷲、右手をサッとついて立つ。豪栄道、左から張って右を差す。玉鷲、踏み込むが密着されて突き放せず。豪栄道、両差しで前に出る。玉鷲、右足が踏ん張れず、俵を割る。
20170917 08 317 豪栄道 寄り切り 玉鷲 40

● 碧山 0勝1敗7休 上手出し投げ ○ 日馬富士 5勝3敗 (3.8秒)
 碧山、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつく。碧山、素早く立ち、頭を下げて右手を出す。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、左上手を取る。碧山、右を差す。日馬富士、右で頭を叩きながら引いて相手を呼び込むが、俵に足を掛け、右で頭を叩きながら左上手出し投げ。碧山、土俵下に転がり落ち、その後、日馬富士、俵の外に落ちる。
20170917 08 318 日馬富士 上手出し投げ 碧山 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:嘉風、2位:阿武咲、3位:北勝富士

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所八日目・十両。(取組時間等)

秋場所八日目・十両について。
前日単独トップに立った千代鳳が、明生に押し出されて2敗に後退。明生は星を五分に。
新十両の大成道は、剣翔を突き倒して6勝目。2敗でトップに並ぶ。剣翔は5敗目。
前日肩を痛めて敗れた希善龍は、約40秒の相撲の末、阿炎を押し出して6勝目。千代鳳、大成道とともに再びトップに並ぶ。阿炎は3敗目。
照強は、大砂嵐との40秒近い相撲の末、吊り出しで勝って3勝目。大砂嵐は6敗目。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 北はり磨 1勝7敗 叩き込み ○ 青狼 4勝4敗 (2.2秒) 「待った1回」
 北はり磨、突っ掛ける。2度目、北はり磨、押しながら前に出る。青狼、叩いて右に開く。北はり磨、バッタリ落ちる。
20170917 08 201 青狼 叩き込み 北はり磨 40

○ 希善龍 6勝2敗 押し出し ● 阿炎 5勝3敗 (38.0秒)
 阿炎、両手突きから顎に向かって突っ張る。希善龍、下からあてがう。阿炎、両差しになって前に出る。希善龍、左で小手に巻き、機を見て左上手に手を掛ける。阿炎、右下手投げで上手を切り、前に出る。希善龍、しのいで相手の後ろにつき、向き直った相手を押し出す。
〔希善龍、阿炎の後ろにつく〕
20170917 08 202 希善龍 押し出し 阿炎 35
〔希善龍の押し出し〕
20170917 08 202 希善龍 押し出し 阿炎 40

● 大砂嵐 2勝6敗 吊り出し ○ 照強 3勝5敗 (39.6秒)
 大砂嵐、両手突きに行くが左が当たらず。照強、左押っ付けで左へ回り、左上手で後ろ廻しを取って振り回し、両差し両下手を取る。大砂嵐、両上手を取って前に出る。照強、両下手を引きつけ、土俵際吊って左へ振って土俵外に出す。
20170917 08 203 照強 吊り出し 大砂嵐 40

● 天風 4勝4敗 突き落とし ○ 千代ノ皇 5勝3敗 (2.3秒)
 千代ノ皇、左にずれる。天風、前に出るが、千代ノ皇、土俵際左から突き落とす。
20170917 08 204 千代ノ皇 突き落とし 天風 40

○ 矢後 3勝5敗 寄り切り ● 琴恵光 3勝5敗 (5.8秒)
 琴恵光、左を差して前に出る。矢後、右上手を取る。琴恵光、右を巻き替えようとする。矢後、右上手を引きつけて寄り切る。
20170917 08 205 矢後 寄り切り 琴恵光 40

● 剣翔 3勝5敗 突き倒し ○ 大成道 6勝2敗 (2.2秒)
 剣翔、立合い、叩きながら左へ変わる。大成道、向き直り、左喉輪で押す。剣翔、左膝から崩れて土俵に落ちる。
20170917 08 206 大成道 突き倒し 剣翔 40

● 千代鳳 6勝2敗 押し出し ○ 明生 4勝4敗 (7.4秒)
 千代鳳、低く当たる。明生、叩きながら右に回り、右上手を取って相手を土俵際にする。千代鳳、左を差して相手の上手を切る。明生、叩いていなし、向き直る相手を押し出す。
〔いなされて土俵際の 千代鳳〕
20170917 08 207 明生 押し出し 千代鳳 35
〔明生の押し出し〕
20170917 08 207 明生 押し出し 千代鳳 40

● 旭大星 4勝4敗 寄り切り ○ 臥牙丸 3勝5敗 (6.1秒) 「待った1回」
 旭大星、突っ掛ける。2度目、旭大星、やや左にずれて当たり、右を差す。臥牙丸、両廻しを取り、引きつけて一気に寄り切る。
20170917 08 208 臥牙丸 寄り切り 旭大星 40

○ 大奄美 4勝4敗 寄り切り ● 英乃海 5勝3敗 (23.4秒)
 大奄美、右肘を固めて踏み込む。英乃海、左上手前廻しを取る。両者、右四つがっぷり。大奄美、両廻しを引きつけ、堪える英乃海を寄り切る。
20170917 08 209 大奄美 寄り切り 英乃海 40

○ 誉富士 4勝4敗 突き落とし ● 琴勇輝 5勝3敗 (3.4秒)
 琴勇輝、立合い右に変わりながら叩く。誉富士、向き直る。琴勇輝、突っ張る。誉富士、右から突き落とす。
20170917 08 210 誉富士 突き落とし 琴勇輝 40

● 安美錦 5勝3敗 押し出し ○ 旭秀鵬 4勝4敗 (2.8秒)
 旭秀鵬、両手で突き放す。安美錦、左に変わって相手の腕をいなそうとするが俵に詰まる。旭秀鵬、押し出す。
20170917 08 211 旭秀鵬 押し出し 安美錦 40

○ 山口 4勝4敗 上手出し投げ ● 東龍 3勝5敗 (2.4秒)
 山口、左にずれて当たり、左上手を取って左に回り、右で頭を押さえながら上手出し投げで倒す。
20170917 08 212 山口 上手出し投げ 東龍 40

● 蒼国来 2勝6敗 押し出し ○ 豊響 4勝4敗 (2.4秒)
 蒼国来、左にずれて当たり、右を差そうとする。豊響、そのまま押し出す。
20170917 08 213 豊響 押し出し 蒼国来 40

● 竜電 5勝3敗 寄り倒し ○ 妙義龍 4勝4敗 (8.9秒)
 妙義龍、右を差し、左も差して両差しになる。竜電、上手を探るが取れず、俵に詰まる。妙義龍、上手を与えないよう寄り立て、寄り倒す。
20170917 08 214 妙義龍 寄り倒し 竜電 43

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:妙義龍、2位:照強、3位:旭秀鵬・希善龍

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

新序出世披露(2017年9月場所)

新序出世披露が行われ、6人の力士が披露されました。
20170917 08 050 新序出世披露 01
20170917 08 050 新序出世披露 02

①林(福井県・藤島)福井農林高校相撲部。金沢大会個人3位。
20170917 08 050 新序出世披露 11 林(福井・藤島)02

②優力(ゆりき 東京都・千賀ノ浦)中学校でも相撲を経験。阿武咲の押しを目指す。 
20170917 08 050 新序出世披露 12 優力(ゆりき 東京・千賀ノ浦)02

③清水(長野県・武蔵川)松本第一高校で柔道を経験。北信越ベスト8。
20170917 08 050 新序出世披露 13 清水(長野県・武蔵川)

④菅原(茨城県・朝日山)両親が琴錦(朝日山親方)のファン。
20170917 08 050 新序出世披露 14 菅原(茨城県・朝日山)

⑤野中(青森県・陸奥)陸上四種競技経験。霧島(陸奥親方)の相撲を目指す。
20170917 08 050 新序出世披露 15 野中(青森県・陸奥)

⑥滝田(北海道・峰崎)大工だったが、角界に。
20170917 08 050 新序出世披露 16 滝田(北海道・峰崎)02

序ノ口行司 式守正一郎と 呼出し 大将。
20170917 08 050 新序出世披露 31 序ノ口行司 式守正一郎、呼出し 大将

立ち上がって礼をする6人の出世力士
20170917 08 050 新序出世披露 41
20170917 08 050 新序出世披露 43

新序出世力士と再出世力士一覧。
20170917 08 050 新序出世力士一覧

20170917 08 050 再出世力士一覧

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所七日目・幕内。

秋場所七日目・幕内の取り組み。
前日トップに並んだ大関豪栄道は、正代を厳しい攻めで押し出し、6勝目。正代は3敗目。
前日連敗を3で止めた横綱日馬富士は、松鳳山戦。互いに張り合う展開から寄り切り、4勝3敗と白星先行に。松鳳山は3敗目。
前日初黒星を喫した阿武咲は、北勝富士を押し出して6勝目。四日目に横綱日馬富士を破った北勝富士は、そこから3連敗。
関脇御嶽海は、小結栃煌山を押し出して4勝目。栃煌山は6敗目。
関脇嘉風は、栃ノ心に足取りで勝ち、初日から4連敗のあと3連勝。栃ノ心は6敗目。
小結玉鷲は、琴奨菊を一気の出足で押し出して3勝目。琴奨菊は、初日から4連勝のあと3連敗。
追手風部屋の大栄翔と大翔丸は、ともに勝ち、大関豪栄道、阿武咲と4人で並んでトップ。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 朝乃山 4勝3敗 掬い投げ ● 大奄美 3勝4敗 (47.8秒)
 朝乃山、先に両手をつく。大奄美、仕切り線後方で両手をサッとつき、頭から踏み込む。朝乃山、右腕を内に入れてやや左へ踏み込み、右を差す。大奄美、左上手に手を伸ばす。朝乃山、腰を引いて上手を与えず、右差し手を返しながら何度も左上手に手を伸ばす。大奄美、右下手を持ち、腰を捻って上手を与えず。朝乃山、右下手を取る。大奄美、左上手を探るが取れず。朝乃山、左で押っ付けて前に出ようとするが出られず。両者、右四つ、互いに下手を持った体勢でしばらく止まる(約28秒間)。大奄美、左上手を取って一気に前に出る。朝乃山、土俵際、右から掬って逆転。大奄美、土俵に転がり、朝乃山、その上に乗る。
〔前に出る大奄美〕
20170916 07 301 朝乃山 掬い投げ 大奄美 35 前に出る大奄美
〔朝乃山の掬い投げ〕
20170916 07 301 朝乃山 掬い投げ 大奄美 40

● 豊山 2勝5敗 寄り切り ○ 隠岐の海 3勝4敗 (12.2秒)
 隠岐の海、先に右手をつく。豊山、左手を見せるようにして動かし、両手をサッとつく。その直前、隠岐の海、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。豊山、やや左へ踏み出し、右手を出して頭から当たり、右、左と喉輪で押し上げる。隠岐の海、左で肩を押さえながら左を差し、少し肩透かしを引いて右も差す。豊山、少し下がって左を差し、頭をつける。隠岐の海、前に出ながら右上手を探る。豊山、土俵際を左へ回り、左で掬いながら右を巻き替えようとする。隠岐の海、そのまま前に出て寄り切る。
20170916 07 302 隠岐の海 寄り切り 豊山 40

○ 大翔丸 6勝1敗 突き落とし ● 徳勝龍 1勝6敗 (3.5秒)
 大翔丸、先に両手をつく。徳勝龍、両手をサッとつき、左肘を固めて頭から踏み込む。大翔丸、右手を出して当たる。徳勝龍、左を差し、右で相手の左腕を引っ張り込んで前に出る。大翔丸、左差し手を返しながら左に回り、土俵際左へ回りながら左で突いて体を離す。徳勝龍、前に泳ぎ、土俵下客席に転落。
20170916 07 303 大翔丸 突き落とし 徳勝龍 35

● 魁聖 4勝3敗 寄り切り ○ 千代丸 4勝3敗 (58.7秒)
 魁聖、先に両手をつく。千代丸、仕切り線後方でサッと両手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、右腕を内に入れて踏み込む。千代丸、左肘を固めて当たり、突っ張る。魁聖、下からあてがう。千代丸、顎に向かって突き上げながら前に出る。魁聖、右で突きながら右に回る。千代丸、休まず、顎に向かって突っ張る。魁聖、押しながら前に出る。千代丸、土俵際、左に回り、左で廻しを探りながら前に出る。魁聖、腰を引いて廻しを与えず、土俵際、右押っ付けで突く。千代丸、前のめりになって俵に詰まるが、なんとか体勢を立て直す。魁聖、左押っ付けで前に出る。千代丸、俵伝いに左へ回る。魁聖、頭をつけて右を差す。千代丸、右差しで左上手を取る。両者、右四つで止まる(約7秒間)。千代丸、左上手を引きつけて前に出る。魁聖、右から掬いながら相手を土俵際にする。千代丸、左に回って残す。魁聖、左上手、右下手を取る。両者、右四つがっぷりでしばらく止まる(約21秒間)。千代丸、両廻しを引きつけて前に出る。魁聖、堪えられずに俵を割る。
20170916 07 304 千代丸 寄り切り 魁聖 40

○ 大栄翔 6勝1敗 叩き込み ● 佐田の海 0勝2敗5休 (4.6秒)
 大栄翔、先に両手をつく。佐田の海、両手をサッと動かし、右手を出して頭から踏み込む。大栄翔、右手を出して当たる。両者、突き放し合う。大栄翔、突っ張りながら前に出る。佐田の海、下から撥ね上げるが俵に詰まり、左で突いて左上手を探る。大栄翔、向き直って叩きながら引く。佐田の海、土俵に落ちる。
20170916 07 305 大栄翔 叩き込み 佐田の海 40

● 遠藤 4勝3敗 叩き込み ○ 豪風 2勝5敗 (4.1秒)
 遠藤、先に右手をつく。豪風、左手をつき、右手をサッとついて立ち、頭から踏み込む。遠藤、右から張って左を差す。豪風、両手で押し上げ、左へ回りながら何度も叩く。遠藤、前のめりになる。豪風、土俵際、更に叩いて左に回る。遠藤、土俵に落ちて転がる。
20170916 07 306 豪風 叩き込み 遠藤 40

● 錦木 2勝5敗 突き落とし ○ 宝富士 5勝2敗 (12.0秒)
 宝富士、先に両手をつく。錦木、左、右と手をつく。宝富士、やや早く立ち、左肘を固めて踏み込む。錦木、頭から当たる。宝富士、左を差す。錦木も左を差す。宝富士、左差し手を返し、右押っ付けで前に出、右上手を取る。錦木、右足が俵に掛かり、左から掬う。宝富士、右上手を持って堪え、引く。錦木、乗じて一気に前に出、両差しになる。宝富士、左から突く。錦木、土俵に落ちて転がる。
20170916 07 307 宝富士 突き落とし 錦木 40

● 石浦 2勝5敗 押し倒し ○ 勢 3勝4敗 (3.1秒) 「待った1回」
 石浦、先に右手をつく。勢、両手をサッとついて突っ掛ける。2度目、勢、先に右手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとついて立つ。勢、右肩から踏み込む。石浦、右手を出してやや左にずれて当たり、左に回って両差しになろうとする。勢、左押っ付けで前に出る。石浦、相手の右腕を手繰りながら土俵際を左へ回る。勢、前に飛び、石浦、土俵外に倒れる。軍配、勢。両者が出るタイミングが微妙に見えたが、物言いはなし。
〔立合い不成立〕
20170916 07 308 勢 押し倒し 石浦 01 ごめん
〔土俵際腕を手繰る 石浦〕
20170916 07 308 勢 押し倒し 石浦 35
〔俵の外に倒れる両者〕
20170916 07 308 勢 押し倒し 石浦 40

● 千代の国 4勝3敗 寄り切り ○ 荒鷲 5勝2敗 (13.7秒)
 千代の国、先に手をつく。荒鷲、右手をつく。千代の国、素早く立つ。荒鷲、右肘を固める。千代の国、右手を出して頭から踏み込む。荒鷲、左廻しに手を伸ばす。千代の国、右喉輪で突き放し、前に出る。荒鷲、左上手を取る。千代の国、右下手を取る。荒鷲、左上手出し投げを打って相手の下手を切り、右を差し直す。千代の国、右から掬い、右肘を張って相手の上手を切り、叩く。荒鷲、右下手を持って堪える。千代の国、左小手投げに行く。荒鷲、右差し手を返しながら堪える。千代の国、左首投げに行こうとする。荒鷲、腰を下ろし、右下手を持って寄る。千代の国、俵の外に出ながら左首投げに行く。両者、土俵下の湊審判の上に重なるように落ちる。
〔荒鷲の寄り切り〕
20170916 07 309 荒鷲 寄り切り 千代の国 40
〔両者、土俵下の湊審判の元へ〕
20170916 07 309 荒鷲 寄り切り 千代の国 47 湊審判へ

○ 貴ノ岩 5勝2敗 叩き込み ● 輝 1勝6敗 (26.1秒)
 輝、先に手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。輝、右手を出して当たり、両手で押し上げて相手を起こし、突っ張る。貴ノ岩、下からあてがい、左で突いて左へ回る。輝、向き直って前に出る。貴ノ岩、そこを右から突いていなし、右で後ろ廻しを取ろうとする。輝、向き直って廻しを切り、顔に向かって突っ張る。貴ノ岩、右から張る。輝、右から張り、顔に向かって押し上げる。貴ノ岩、突き放し、右から張ろうとする。輝、左、右と張る。貴ノ岩、差そうとするがならず、引く。輝、乗じて押しながら前に出る。貴ノ岩、土俵際左へ回り、廻しを探るが取れず、叩きながら右に回る。輝、泳ぐが向き直る。両者、離れて見合う。貴ノ岩、頭から踏み込む。輝、両手で突き放して前に出る。貴ノ岩、右から張って右に回り、土俵際、頭を下げる。輝、押し上げる。貴ノ岩、俵に足を掛けて堪え、右で肩を押し上げながら中に戻る。両者、相手の肩に右手を置いて少し止まる(約2秒間)。貴ノ岩、叩いて右に開く。輝、前に泳ぎ、土俵に転がる。
〔貴ノ岩の張り手〕
20170916 07 310 貴ノ岩 叩き込み 輝 20 貴ノ岩の張り手
〔輝の張り手〕
20170916 07 310 貴ノ岩 叩き込み 輝 21 輝の張り手
〔貴ノ岩の叩き込み〕
20170916 07 310 貴ノ岩 叩き込み 輝 40

● 逸ノ城 4勝3敗 小手投げ ○ 千代翔馬 3勝4敗 (1.5秒)
 逸ノ城、サッと手をついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。千代翔馬、遅れて左に変わり、左小手投げを打ちながら右で頭を押さえる。逸ノ城、土俵に転がる。
20170916 07 311 千代翔馬 小手投げ 逸ノ城 40

● 貴景勝 4勝3敗 押し出し ○ 千代大龍 5勝2敗 (3.4秒)
 貴景勝、仕切り線より前にはみ出て先に両手をつくが、行司 木村容堂に指摘されて仕切り線上に直す 。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、左手を出し、右肘を固めて頭から当たろうとする。千代大龍、左肘でかち上げ、突き放しながら前に出る。貴景勝、俵に詰まり、左から突く。千代大龍、構わず押す。貴景勝、土俵下に落ちる。
20170916 07 312 千代大龍 押し出し 貴景勝 37

● 北勝富士 3勝4敗 押し出し ○ 阿武咲 6勝1敗 (6.3秒)
 阿武咲、先に右手をつく。北勝富士、左、右と足を踏み鳴らし、腰を下ろし、仕切り線後方で右手をつく。阿武咲、左手をついて立ち、右手を出す。北勝富士、左手をサッとつき、両者、頭から当たる。北勝富士、右を差す。阿武咲、右喉輪で押し上げ、左腕を内に回して巻き替えて差す。北勝富士、右押っ付けで押し上げる。阿武咲、左喉輪で押し上げ、叩く。北勝富士、左喉輪で押しながら前に出ようとする。阿武咲、右で突いていなす。北勝富士、前に泳いで土俵際。阿武咲、そこを押す。北勝富士、土俵下に飛び落ちる。
20170916 07 313 阿武咲 押し出し 北勝富士 42

○ 玉鷲 3勝4敗 押し出し ● 琴奨菊 4勝3敗 (6.9秒)
 玉鷲、左手をつき、両者、サッと手をついて立つ。琴奨菊、左肘を固めて踏み込む。玉鷲、頭から踏み込んで低く当たる。琴奨菊、左を差す。玉鷲、頭をつけ、左筈で脇を押し上げ、右で押っ付けながら前に出る。琴奨菊、右足が俵に掛かり、左差し手を返しながら堪える。玉鷲、右上手を探るが取れず、左筈で押し上げ、右押っ付けで前に出続ける。琴奨菊、ついに右足が俵の外に出る。
20170916 07 314 玉鷲 押し出し 琴奨菊 40

● 栃ノ心 1勝6敗 足取り ○ 嘉風 3勝4敗 (6.3秒)
 嘉風、先に両手をつく。栃ノ心、腰を下ろし、仕切り線後方で両手をサッとつく。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込もうとする。栃ノ心、叩きながら左に変わる。嘉風、向き直る。栃ノ心、突っ張りながら下がり、右を差して左上手に手を伸ばす。嘉風、少し引いて体を離し、頭を下げ、浅い両差しになって前に出る。栃ノ心、土俵際、左で頭を押さえつけて叩こうとする。嘉風、右で相手の足を持ち上げる。栃ノ心、俵を割る。
20170916 07 315 嘉風 足取り 栃ノ心 40

○ 御嶽海 4勝3敗 押し出し ● 栃煌山 1勝6敗 (5.8秒)
 御嶽海、先に手をつく。栃煌山、腰を下ろし、両足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右肘を固めて頭から踏み込む。栃煌山、右肘を固めて当たる。御嶽海、右を差し、左も差し込んで両差しになる。栃煌山、左右から押っ付ける。御嶽海、前に出る。栃煌山、左で押っ付けながら右喉輪で押し上げる。御嶽海、左で相手の右手首を掴み、右差しで前に出る。栃煌山、俵伝いに左へ回る。御嶽海、相手の腹を押す。栃煌山、上体が起きて俵を割る。
20170916 07 316 御嶽海 寄り切り 栃煌山 40

● 正代 4勝3敗 押し出し ○ 豪栄道 6勝1敗 (7.0秒)
 正代、仕切り線後方で両手をつく。豪栄道、すぐに手をサッとつき、素早く立って頭から踏み込む。正代、右肘を固めて当たり、両差しになろうとする。豪栄道、左上手をに手を掛ける。正代、腰を引いて上手を与えず。豪栄道、突き放して前に出る。正代、俵に詰まる。豪栄道、右押っ付けで突き、左喉輪で押し上げる。正代、両差しを狙う。豪栄道、外から押っ付けて差させず、押しながら前に出る。正代、土俵際を右に回り、俵の上で左から突こうとする。豪栄道、押す。正代、土俵下に飛び落ちる。
20170916 07 317 豪栄道 押し出し 正代 35
20170916 07 317 豪栄道 押し出し 正代 40

● 松鳳山 4勝3敗 寄り切り ○ 日馬富士 4勝3敗 (15.7秒)
 松鳳山、両手をサッとつき、素早く立ち、両腕を交差させてぴょんと飛ぶ。日馬富士、遅れてサッと手をついてその場で立ち、右から張って左を差そうとする。松鳳山、両差しを狙うが差せず、顔に向かって突っ張る。日馬富士、右から張って差そうとする。松鳳山、両差しを狙うが差せず、右から張る。日馬富士、左から張り、頭を下げて前廻しを狙う。松鳳山、引いて体を離す。両者、張り手を交えて突っ張る。日馬富士、前廻しを狙うが取れず、右から張る。松鳳山、右から張る。日馬富士、右から張り、頭を下げて前廻しを狙う。松鳳山、叩きながら右に回り、相手の右腕を手繰る。日馬富士、両前廻しを取り、引きつけて前に出る。松鳳山、腰が伸びて俵を割る。
20170916 07 318 日馬富士 寄り切り 松鳳山 35
20170916 07 318 日馬富士 寄り切り 松鳳山 43

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:阿武咲、2位:豪栄道、3位:日馬富士

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所七日目・十両。(取組時間等)

秋場所七日目・十両について。
1敗でトップの一人 千代鳳が、大砂嵐を寄り切って6勝目。大砂嵐は2勝5敗と黒星先行。
新十両でトップの一人 大成道が、阿炎の上手出し投げに倒れて2敗に後退。阿炎は5勝目。
再十両でトップの一人 希善龍が、一度は軍配をもらうも「取り直し」となり、琴恵光の寄り倒しに敗れて2敗に後退。希善龍、最初の相撲で肩を痛める。希善龍と大成道が敗れたことにより、千代鳳が単独トップに立つ。
関取最年長の安美錦が、東龍を上手投げで倒して5勝目。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 照強 2勝5敗 押し倒し ○ 矢後 2勝5敗 (8.4秒)
 照強、右肘を固めて踏み込む。矢後、差せず、叩いて左を差そうとする。照強、体を離して押し上げる。矢後、突っ張りながら前に出、左を差す。照強、土俵際相手に左腕を手繰って右へ回ろうとするが、押されて土俵に倒れる。
20170916 07 201 矢後 押し倒し 照強 40

● 北はり磨 1勝6敗 叩き込み ○ 木崎 3勝1敗 (2.9秒)
 両者、押し合う。木崎、機を見て叩きながら左に叩く。北はり磨、前に落ちる。
20170916 07 202 木崎 叩き込み 北はり磨 40
〔幕下 木崎、呼出し 鶴太郎に確認して水付け〕
20170916 07 202 木崎 叩き込み 北はり磨 70 初めての水つけ 02
20170916 07 202 木崎 叩き込み 北はり磨 70 初めての水つけ 05

● 大成道 5勝2敗 上手出し投げ ○ 阿炎 5勝2敗 (1.4秒) 「待った1回」
 大成道、突っ掛ける。2度目、阿炎、立合いいきなり右に変わり、肩越しの右上手を取ってそのまま上手出し投げで倒す。
20170916 07 203 阿炎 上手出し投げ 大成道 40

● 千代ノ皇 4勝3敗 寄り切り ○ 青狼 3勝4敗 (22.4秒)
 青狼、すぐに左上手を取り、引きつけて前に出る。千代皇、右下手を取るが、堪え切れずに俵を割る。
20170916 07 204 青狼 寄り切り 千代ノ皇 35

● 大砂嵐 2勝5敗 寄り切り ○ 千代鳳 6勝1敗 (10.9秒)
 大砂嵐、両手突き。千代鳳、右下手、左上手を取り、腹をぶつけながらがぶって寄り切る。
20170916 07 205 千代鳳 寄り切り 大砂嵐 40

● 希善龍 5勝2敗 寄り倒し ○ 琴恵光 3勝4敗 (9.4秒) 「取り直し」
 琴恵光、踏み込み、両差しになって前に出る。希善龍、外から抱えて左に回りながら堪え、土俵際、左小手投げに行く。両者、土俵下に落ちる。軍配、希善龍。しかし「物言い」がつき、体が落ちるのが同時と判断、取り直しに。希善龍、この取組で左肩を痛める。(11.4秒)
20170916 07 206 01 希善龍-琴恵光 40
〔説明する二所ノ関審判長〕
20170916 07 206 01 希善龍-琴恵光 65 説明する二所ノ関審判長
<取り直しの相撲>希善龍、左へ踏み出して左で小手に巻く。琴恵光、両差しになり、右下手を取って前に出る。希善龍、土俵際を左に回りながら右を巻き替えて差す。琴恵光、休まず寄り立てる。希善龍、背中から土俵に倒れる。(9.4秒)
20170916 07 206 02 琴恵光 寄り倒し 希善龍 40

○ 英乃海 5勝2敗 寄り切り ● 天風 4勝3敗 (15.6秒)
 英乃海、左を差し、右も差そうとする。天風、左脇を固めて差させず。英乃海、右に回って体を離し、前に出て右上手に手を掛ける。天風、腰を引いて上手を切る。英乃海、両差しになりながら前に出る。天風、土俵下に落ちる。
20170916 07 207 英乃海 寄り切り 天風 37

○ 旭秀鵬 3勝4敗 押し出し ● 誉富士 3勝4敗 (6.0秒)
 旭秀鵬、右でかち上げ、左で叩きながら右を差す。誉富士、体を離そうとする。旭秀鵬、突き放しながら前に出る。誉富士、叩きながら左へ回るが、俵の外に出る。
20170916 07 208 旭秀鵬 押し出し 誉富士 40

○ 明生 3勝4敗 寄り倒し ● 山口 3勝4敗 (2.2秒)
 山口、立合い叩きながら右に変わろうとする。明生、乗じて一気に前に出る。山口、土俵下に落ちる。
〔立合い変わる 山口〕
20170916 07 209 明生 寄り倒し 山口 08 山口変化
〔明生の寄り倒し〕
20170916 07 209 明生 寄り倒し 山口 40

○ 竜電 5勝2敗 押し出し ● 剣翔 3勝4敗 (2.3秒)
 剣翔、両手突きから引く。竜電、突き放して前に出、そのまま押し出す。
20170916 07 210 竜電 押し出し 剣翔 40

● 臥牙丸 2勝5敗 突き落とし ○ 豊響 3勝4敗 (5.6秒)
 豊響、押しながら前に出る。臥牙丸、両廻しを取るが俵に詰まる。豊響、右で土俵内に突き落とす。
20170916 07 211 豊響 突き落とし 臥牙丸 45

○ 安美錦 5勝2敗 上手投げ ● 東龍 3勝4敗 (1.9秒)
 安美錦、左に変わって左上手を取り、左に回りながらの上手投げで相手を土俵外に出す。
20170916 07 212 安美錦 上手投げ 東龍 40

○ 琴勇輝 5勝2敗 引き落とし ● 妙義龍 3勝4敗 (3.9秒) 「待った1回」
 琴勇輝、突っ掛ける。2度目、琴勇輝、両手突きから突き放す。妙義龍、叩きながら右に回る。琴勇輝、突き上げ、引く。妙義龍、土俵に両手をつく。
20170916 07 213 琴勇輝 引き落とし 妙義龍 35

● 蒼国来 2勝5敗 押し出し ○ 旭大星 4勝3敗 (7.8秒)
 両者、押し合う。旭大星、押し勝って前に出、押し出す。
20170916 07 214 旭大星 押し出し 蒼国来 35
20170916 07 214 旭大星 押し出し 蒼国来 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:安美錦、2位:竜電、3位:照強

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所六日目・幕内。

秋場所六日目・幕内の取り組み。
横綱日馬富士が、千代大龍を寄り切って連敗を3で止める。千代大龍は2連敗。
角番大関豪栄道は、ただ一人初日から5連勝の阿武咲を押し出して5勝目。阿武咲を引きずり下ろしてトップに並ぶ。
もう一人の角番大関照ノ富士は、前日の取組で左膝を痛めて休場。今場所、3横綱2大関が休場となるのは、1918年(大正7年)夏場所以来99年ぶり。正代が不戦勝で4勝目。
前日初日を出した関脇嘉風は、小結栃煌山を寄り切って連勝。栃煌山は5敗目。
もう一人の関脇御嶽海は、初日から4連勝と好調の琴奨菊を掬い投げで倒し、3勝目。琴奨菊は連敗。
蜂窩織炎のため初日から休場していた佐田の海が今日から出場。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

● 錦木 2勝4敗 寄り切り ○ 遠藤 4勝2敗 (16.3秒)
 錦木、先に両手をつく。遠藤、仕切り線後方で両手をサッとつく。錦木、両腕を内に入れる。遠藤、左肘を固めて低く当たり、右上手に手を掛ける。錦木、腰を引いて廻しを与えず。遠藤、左差し手を返し、右に傾きながら右押っ付けから上手を探る。錦木、腰を引いて上手を与えず、左下手を探る。遠藤、右で絞りながら腰を捻って下手を与えず、右で押っ付けながら上手を取り、引きつけて前に出る。錦木、左下手を取るが相手の寄りに下がり、俵に両足を掛けながら堪える。遠藤、休まず寄る。錦木、上体が起きて俵を割る。
20170915 06 301 遠藤 寄り切り 錦木 40

● 隠岐の海 2勝4敗 寄り切り ○ 魁聖 4勝2敗 (4.1秒)
 魁聖、先に両手をつく。隠岐の海、両手をつく。魁聖、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。隠岐の海、左肘を固めて当たる。魁聖、すぐに右上手前廻しを取って左を差し、上手を引きつけて前に出る。隠岐の海、右足が俵に詰まり、力なく俵を割る。
20170915 06 302 魁聖 寄り切り 隠岐の海 40

○ 大翔丸 5勝1敗 突き落とし ● 朝乃山 3勝3敗 (6.5秒)
 朝乃山、先に両手をつく。大翔丸、両手をサッとつく。朝乃山、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。大翔丸、右手を出して頭から当たる。朝乃山、右を差す。大翔丸、左押っ付け、右筈で押し上げ、突っ張る。朝乃山、俵に詰まる。大翔丸、左で突きながら左に回る。朝乃山、前のめりになるが右を差して堪え、押しながら前に出る。大翔丸、土俵際左で突きながら左に開く。朝乃山、左下手を取って堪えようとするが、土俵に落ちて転がる。その後、大翔丸も廻しを引っ張られて土俵に尻餅。
20170915 06 303 大翔丸 突き落とし 朝乃山 45

○ 豊山 2勝4敗 小手投げ ● 佐田の海 0勝1敗5休 (12.1秒)
 佐田の海、先に右手をつく。豊山、仕切り線後方でサッと両手をつく。その直前、佐田の海、素早く立ち、頭から踏み込む。豊山、右肘でかち上げる。佐田の海、左上手前廻しを取る。豊山、腰を引いて廻しを切り、突き放す。佐田の海、下から撥ね上げる。豊山、叩きながら右へ回る。佐田の海、動じず中に入り、右下手を取る。豊山、下がりながら左で小手に巻き、左小手投げで振る。佐田の海、右下手を離さず堪え、左下手も取って前に出る。豊山、左小手で振る。佐田の海、堪えて前に出る。豊山、今度は右から小手投げを下へ打つ。佐田の海、土俵に落ち、その後、豊山、土俵下に落ちる。
20170915 06 304 豊山 小手投げ 佐田の海 40

● 徳勝龍 1勝5敗 寄り切り ○ 千代丸 3勝3敗 (13.5秒)
 千代丸、仕切り線後方で手をつこうとする。徳勝龍、両手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。千代丸、左手を出して当たり、左喉輪で押し上げ、右をのぞかせる。徳勝龍、下からあてがい、右に回りながら右を差す。千代丸、右差し手を返し、左で差し手を抱える。徳勝龍、左で押っ付けながら前に出ようとする。千代丸、右下手を取って堪え、左上手に手を伸ばして取り、両廻しを引きつけて前に出る。徳勝龍、俵に詰まる。千代丸、両廻しを持ってがぶる。徳勝龍、堪え切れずに俵を割る。
20170915 06 305 千代丸 寄り切り 徳勝龍 35

● 石浦 2勝4敗 叩き込み ○ 豪風 1勝5敗 (1.5秒)
 石浦、先に両手をつく。豪風、仕切り線後方でサッと両手をつき、頭から踏み込む。石浦、右手を出して低く当たる。豪風、そこを上から叩く。石浦、土俵に両手をつく。
20170915 06 306 豪風 叩き込み 石浦 40

○ 大栄翔 5勝1敗 寄り切り ● 荒鷲 4勝2敗 (3.1秒)
 大栄翔、先に両手をつく。荒鷲、腰を下ろし、仕切り線後方で右手をちょんとつき、左手を動かして素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。大栄翔、右手を出して頭から当たり、右喉輪で突き放し、突っ張りながら前に出る。荒鷲、左廻しに手を掛けるが俵に詰まり、右小手投げに行こうとする。大栄翔、左差しで体を預ける。荒鷲、俵の外に出る。大栄翔、俵の外に落ち、荒鷲、土俵下に飛び落ちる。
20170915 06 307 大栄翔 寄り切り 荒鷲 40

● 千代翔馬 2勝4敗 上手投げ ○ 宝富士 4勝2敗 (7.5秒)
 宝富士、先に両手をつく。千代翔馬、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代翔馬、左手を出し、右肘を固めて踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たる。千代翔馬、左喉輪で押し上げ、喉輪を外しながら右に回ろうとする。宝富士、乗じて押しながら前に出る。千代翔馬、土俵際、左を差して中に戻る。宝富士、右で差し手を抱え、左を差して差し手を返す。千代翔馬、引いて土俵際、左下手投げに行こうとする。宝富士、右上手投げ。千代翔馬、俵の上の右足一本で大きく傾き、右手を土俵について落ちる。
20170915 06 308 宝富士 上手投げ 千代翔馬 37

○ 千代の国 4勝2敗 叩き込み ● 貴ノ岩 4勝2敗 (4.4秒)「待った1回」
 千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。貴ノ岩、右手をつく。その直前、千代の国、突っ掛ける。2度目、千代の国、仕切り線後方で先に手をつく。貴ノ岩、両手をサッとついて立ち、左から張る。千代の国、頭から当たる。貴ノ岩、右を差す。千代の国、突き放しながら前に出る。貴ノ岩、右で突きながら右に回り、下からあてがって廻しを探ろうとする。千代の国、突っ張る。貴ノ岩、土俵際、右に開いていなすが、このとき、左足が俵の外に滑り出る。千代の国、向き直って叩く。貴ノ岩、土俵に両手をつく。
〔貴ノ岩の足が出る〕
20170915 06 309 千代の国 叩き込み 貴ノ岩 40 足が出た場面
〔その後、叩く千代の国〕
20170915 06 309 千代の国 叩き込み 貴ノ岩 45 その後叩く

○ 逸ノ城 4勝2敗 上手投げ ● 輝 1勝5敗 (26.5秒)「待った1回」
 逸ノ城、先に両手をつく。輝、手をつこうとする。逸ノ城、突っ掛ける。2度目、輝、左手をつく。逸ノ城、すぐに右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。輝、右手を出して踏み込もうとする。逸ノ城、左から張って右を差す。輝、左で小手に巻き、右喉輪で押し上げる。逸ノ城、下からあてがう。輝、顎に向かって突っ張る。逸ノ城、左を差して下手を取る。輝、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、土俵中央で左四つ、互いに下手を持った体勢で止まる(約17秒間)。輝、右を巻き替えて差す。逸ノ城、すぐに上手になった左廻しで投げながら右で頭を押さえつける。輝、土俵に転がる。
20170915 06 310 逸ノ城 上手投げ 輝 40

● 勢 2勝4敗 押し出し ○ 貴景勝 4勝2敗 (3.1秒)
 勢、先に右手をつく。貴景勝、両手をサッと動かし、両手を出して頭から踏み込む。勢、両腕を内に入れて当たる。貴景勝、突き放し、左に開いて左から突く。勢、前に泳ぐが土俵際向き直る。貴景勝、前に出て押す。勢、俵の上で叩くが、胸を押されて土俵下に飛び落ちる。
20170915 06 311 貴景勝 押し出し 勢 40

● 北勝富士 3勝3敗 寄り切り ○ 松鳳山 4勝2敗 (5.8秒)
 北勝富士、先に右手をつく。松鳳山、手をつこうとする。北勝富士、素早く立って頭を下げ、やや左へ踏み出す。松鳳山、サッと手をつき、頭から当たり、左を差して前に出る。北勝富士、右から押っ付ける。松鳳山、左差し手を抜き、顎に向かって突っ張り、再び左を差す。北勝富士、右上手を取る。松鳳山、すぐに相手の上手を切り、両差しで前に出る。北勝富士、左で首を巻いて土俵際を右に回る。松鳳山、乗じてどんどん前に出る。北勝富士、叩きながら土俵際を回るが、俵の外に出る。
20170915 06 312 松鳳山 寄り切り 北勝富士 37

● 玉鷲 2勝4敗 肩透かし ○ 栃ノ心 1勝5敗 (2.2秒)
 栃ノ心、先に両手をつく。玉鷲、左手をつき、時を置いてから素早く立ち、頭から踏み込む。栃ノ心、胸で当たりを受け、左上手に手を掛ける。玉鷲、筈押しで前に出る。栃ノ心、上手が切れ、右をのぞかせ、左で叩いて肩透かし。玉鷲、前に落ちて土俵に転がる。
20170915 06 313 栃ノ心 肩透かし 玉鷲 45

○ 御嶽海 3勝3敗 掬い投げ ● 琴奨菊 4勝2敗 (5.6秒)
 御嶽海、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手を動かし、左肘を固めて頭から踏み込む。御嶽海、頭から踏み込み、右肘を固めて当たり、両差しになって前に出る。琴奨菊、上体が起きて俵に詰まる。御嶽海、両差しで寄り立て、体を開いて左から掬う。琴奨菊、土俵に落ちる。
20170915 06 314 御嶽海 掬い投げ 琴奨菊 40

● 栃煌山 1勝5敗 寄り切り ○ 嘉風 2勝4敗 (21.6秒)
 嘉風、先に両手をつく。栃煌山、足をじりっとすり、仕切り線後方で両手をサッとついて立つ。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。栃煌山、右肘を固めて当たり、右を差そうとする。嘉風、突き放す。栃煌山、押しながら前に出る。嘉風、俵に両足を掛けて堪え、左下手を取り、左へ回って中に戻る。栃煌山、右で差し手を抱え、左を差そうとする。嘉風、頭をつけ、左下手を持って右で押っ付け、左へ回りながら右で相手の左手首を掴んで差させず。栃煌山、右で差し手を抱えながら左を差そうとし続ける。嘉風、前に出ながら右を差し勝つ。栃煌山、土俵際、左で首を巻く体勢になる。嘉風、深い両下手を取って寄り切る。
20170915 06 315 嘉風 寄り切り 栃煌山 40

■ 照ノ富士 1勝5敗 不戦勝 □ 正代 4勝2敗
 照ノ富士、「左膝半月板損傷」のため、休場。
20170915 06 316 正代 不戦勝 照ノ富士休場

● 阿武咲 5勝1敗 押し出し ○ 豪栄道 5勝1敗 (3.1秒)
 阿武咲、先に両手をつく。豪栄道、右手をサッとつき、素早く立って右から張る。阿武咲、右で相手の肩を押さえる。豪栄道、左を差す。阿武咲、右押っ付けで前に出る。豪栄道、叩きながら左に開く。阿武咲、俵に詰まる。豪栄道、そこを押す。阿武咲、俵の外に出る。
20170915 06 317 豪栄道 押し出し 阿武咲 37

● 千代大龍 4勝2敗 寄り切り ○ 日馬富士 3勝3敗 (3.6秒)
 千代大龍、先に右手をつく。日馬富士、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。日馬富士、左から張って両差しになり、前に出ながら左下手を取る。千代大龍、外から抱える体勢になり、土俵際、左小手で振る。日馬富士、振られるが堪え、右差し手を返して寄る。千代大龍、土俵下に落ちる。
20170915 06 318 日馬富士 寄り切り 千代大龍 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:豪栄道、2位:御嶽海・遠藤

《2017年秋場所取組内容・目次へ》

秋場所六日目・十両。(取組時間等)

秋場所六日目・十両について。
二日目から連勝を続けている千代鳳が、同じ4勝1敗の天風を掬い投げで倒し、5連勝。
新十両で好調の大成道は、同じ4勝の千代ノ皇とを寄り切り、5勝目。
再十両の希善龍は、新十両の矢後と対戦。上手投げで倒して5勝目。
十両2枚目の安美錦は、琴勇輝を徳利投げで倒して4勝目。琴勇輝は2敗に後退。
竜電は、英乃海を力強く寄り切り、3勝目。英乃海は2敗に後退。
十両は、千代鳳、大成道、希善龍が3人で並んでトップに。

カッコ内は取組時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 希善龍 5勝1敗 上手投げ ● 矢後 1勝5敗 (14.3秒)
 希善龍、両差しになる。矢後、外から挟み付ける。希善龍、左差し手を抜き、左上手を取って上手投げで振り回して倒す。
20170915 06 201 希善龍 上手投げ 矢後 40

● 北はり磨 1勝5敗 寄り切り ○ 照強 2勝4敗 (7.7秒)
 照強、低く当たる。北はり磨、押し上げる。照強、左から突いていなす。両者、押し合う。照強、右を差して前に出る。北はり磨、右足が俵の外に滑り出る。
20170915 06 202 照強 寄り切り 北はり磨 40

● 千代ノ皇 4勝2敗 寄り切り ○ 大成道 5勝1敗 (6.0秒)
 千代ノ皇、踏み込んで右を差す。大成道、左押っ付けから突き放し、右を差して前に出、寄り切る。
20170915 06 203 大成道 寄り切り 千代ノ皇 40

● 大砂嵐 2勝4敗 上手投げ ○ 青狼 2勝4敗 (24.8秒)
 大砂嵐、右かち上げに行く。青狼、右手を出し、左に変わる。大砂嵐、向き直る。両者、右四つに、大砂嵐は右下手、青狼は左上手を取り、低い体勢で攻め合う。機を見て、青狼、豪快な上手投げで大砂嵐を裏返す。
20170915 06 204 青狼 上手投げ 大砂嵐 40

● 天風 4勝2敗 掬い投げ ○ 千代鳳 5勝1敗 (20.9秒)
 千代鳳、低く当たって深い左下手を取る。天風、右で差し手を抱えて前に出る。千代鳳、堪えて右上手前廻しも取る。天風、右上手を取り、前に出る。千代鳳、左下手投げで振り、両廻しを持って寄る。天風、俵に両足を掛けて堪える。千代鳳、体を開いて土俵内に掬い投げを打って倒す。
20170915 06 205 千代鳳 掬い投げ 天風 40

○ 阿炎 4勝2敗 押し出し ● 琴恵光 2勝4敗 (4.0秒)「待った1回」
 琴恵光、突っ掛ける。2度目、阿炎、両手突きから突っ張りながら前に出る。琴恵光、左に回ろうとするが俵を割る。
20170915 06 206 阿炎 押し出し 琴恵光 45

● 剣翔 3勝3敗 寄り切り ○ 明生 2勝4敗 (64.6秒)
 明生、右を差して左上手前廻しを取る。剣翔、右下手で後ろ廻しを取る。明生、左上手を持って頭をつけ、相手を右半身にする。剣翔、腰を振って相手の上手を切る。剣翔が右下手を持ち、両者、頭をつける体勢に。剣翔、前に出る。明生、土俵際回り込んで残し、相手の下手を切る。両者、廻しを持たずに頭をつけ合う。明生、叩いて回り込んでから両差しになり、両下手を取って寄り切る。勝負後、剣翔、腰を痛そうにする。
〔明生の寄りを堪える剣翔、ここで腰を痛めたか〕
20170915 06 207 明生 寄り切り 剣翔 30 ここで腰を痛めたか
〔剣翔、呼出し大将の肩を借りて土俵から降りる〕
20170915 06 207 明生 寄り切り 剣翔 70 剣翔、大将の肩を借りる 05

○ 旭秀鵬 2勝4敗 掬い投げ ● 臥牙丸 2勝4敗 (7.2秒)
 旭秀鵬、右肘を固めて当たり、左で頭を押さえながら引く。臥牙丸、落ちずに左をのぞかせる。旭秀鵬、右を巻き替え、両差しになるが、右を押っ付けられて差し手を抜き、左から掬い投げ。臥牙丸、土俵に裏返る。
20170915 06 208 旭秀鵬 掬い投げ 臥牙丸 40

○ 竜電 4勝2敗 寄り切り ● 英乃海 4勝2敗 (16.4秒)
 竜電、低く当たって右を差し、右下手を取って前に出る。英乃海、両手で相手の差し手を抱える。竜電、左廻しも取り、両廻しを引きつけて前に出、力強く寄り切る。
〔前に出る 竜電〕
20170915 06 209 竜電 寄り切り 英乃海 20 前に出る竜電
〔竜電の寄り切り〕
20170915 06 209 竜電 寄り切り 英乃海 40

○ 誉富士 3勝3敗 押し倒し ● 山口 3勝3敗 (4.6秒)
 両者、右手を出して当たる。誉富士、押しながら前に出る。山口、土俵際、相手の右腕を手繰るが体が飛び、土俵下に落ちる。
20170915 06 210 誉富士 押し倒し 山口 40

● 旭大星 3勝3敗 押し出し ○ 豊響 2勝4敗 (5.2秒)
 旭大星、立合い、左に変わりながら蹴手繰りに行く。豊響、向き直って押す。旭大星、土俵際を左に回る。豊響、逃さず押し出す。
20170915 06 211 豊響 押し出し 旭大星 40

○ 安美錦 4勝2敗 徳利投げ ● 琴勇輝 4勝2敗 (1.6秒)
 琴勇輝、両手突きに行く。安美錦、右から張り、叩きながら引き、両手で相手の頭を持って投げ落とす。
20170915 06 212 安美錦 徳利投げ 琴勇輝 37
20170915 06 212 安美錦 徳利投げ 琴勇輝 65 決まり手

● 蒼国来 2勝4敗 送り出し ○ 大奄美 3勝3敗 (60.6秒)
 蒼国来、やや早く立ち、右を差そうとする。大奄美、押っ付けて差させず、押す。両者、押し合う展開。大奄美、機を見て左から突いていなし、送り出す。
〔押し合う体勢で止まる両者〕
20170915 06 213 大奄美 送り出し 蒼国来 15 押し合う
〔突いていなす大奄美〕
20170915 06 213 大奄美 送り出し 蒼国来 30 突いていなす
〔大奄美の送り出し〕
20170915 06 213 大奄美 送り出し 蒼国来 40

○ 東龍 3勝3敗 足取り ● 妙義龍 3勝3敗 (8.3秒)「待った1回」
 東龍、突っ掛ける。2度目、東龍、左から張って右を差す。妙義龍、右で首を巻き、右足を相手の左足に掛けようとする。東龍、右差し手を返して前に出る。妙義龍、右半身、両手で相手の右腕につかまる体勢になる。東龍、前に出、左手で相手の右足を抱えるようにして相手を倒す。
20170915 06 214 東龍 足取り 妙義龍 30
20170915 06 214 東龍 足取り 妙義龍 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:安美錦、2位:竜電、3位:照強

《2017年秋場所取組内容・目次へ》