NHK、生中継をしないことを決定!

NHKが、日曜日から開催される名古屋場所について、生中継放送を行わないことを決定しました。
これまで放送を中止したことは無く、史上初めてのことだそうです。
生放送は行わない代わりに、夕方6時台にダイジェストを放送するとのこと。

ダイジェストというのは、たぶん今までも放送していた25分程度の番組『大相撲・幕内の全取組』のことだと思います。
これを見れば、一応の幕内の取り組みの様子は分かるのですが、私がデータを取るのに困るのは、
・立合いに不成立があっても分からない
・長い取り組みはカットされることがあり、取り組み時間、相撲内容ともきちんとデータが取れない
・生放送では、取り組み直後に角度の異なるスロー映像を流すが、ダイジェストではこの部分がほとんど放送されないので、向正面側の動き等がよく分からない
などです。

親方のそれぞれの力士に対する解説や、レポーターによる支度部屋や花道での力士情報も、非常に有益だったので、これらが聞けないのは残念。

それと、そもそも十両の放送がないんですよね…。
また、『新十両紹介』のコーナーも見られないのが残念。今場所は、ブラジル出身の魁聖と史上9組目の親子関取となった佐田の海が新十両だったんですが…。

ま、色々と残念な状況ですが、ダイジェスト番組を見て、出来るだけ取り組み内容のデータを取りたいと思っています。
いつもの場所のようには行きませんが、よろしくお願いします。

《2010年名古屋場所取組内容・目次へ》