FC2ブログ

千秋楽・十両。(夏場所)

夏場所千秋楽・十両の全取り組み内容を書き起こしました。
カッコ内は取り組み時間です。

○ 武州山 9勝6敗 押し出し 市原 7勝8敗 ● (12.9秒)
 市原、立合いふわっと立って左に変わる。武州山、よく見て向き直る。両者、押し合い、武州山、左を差す。市原、右上手を探るが取れず、右から突きながら右に回り、頭をつける、再び右上手を探るが取れず。武州山、右を巻き替えて両差し。市原、引く、武州山、乗じて前に出、押し出す。

○ 千代白鵬 13勝2敗 はたき込み 安壮富士 6勝9敗 ● (1.4秒)
 千代白鵬、手を出しながら踏み込み、突き上げてから頭を押さえながら引いて、安壮富士を叩き込む。千代白鵬、十両優勝を決める。

○ 霜鳳 8勝7敗 寄り切り 北桜 10勝5敗 ● (7.7秒)
 両者、踏み込む。霜鳳、左上手を取り、右を差して右下手も取る。北桜、左上手を探るが取れず。霜鳳、両廻しを引きつけて前に出、北桜に何もさせずに寄り切る。

● 大勇武 5勝10敗 はたき込み 光龍 12勝3敗 ○ (10.7秒)
 大勇武、踏み込んで右を差す。光龍、左から押っ付け、少し引く。大勇武、左上手に手を掛ける。光龍、突き放して切り、突き放しながらどんどん前に出る。大勇武、土俵際から押し返す、光龍、引いて大勇武を叩き込む。

● 潮丸 7勝8敗 寄り切り 霧の若 8勝7敗 ○ (17.5秒)
 潮丸、踏み込む。両者、胸で当たり、押し合う。霧の若、押しながら前に出ようとする、少し引く。潮丸、押し返して戻る。両者、止まる。潮丸、右で上手を探るが取れず。霧の若、左を差し、姿勢を低くし、右で潮丸の差し手を押っ付けて嫌い、右を差し勝って両差しでがぶり、潮丸を一気に寄り切る。

● 保志光 8勝7敗 寄り切り 白乃波 7勝8敗 ○ (5.8秒)
 保志光、踏み込む。白乃波、左を差し、腰を落として一気に前に出る。保志光、土俵際右上手投げに行くが、白乃波、堪え、左膝を保志光の右膝裏に当てて動きを封じ、寄り切る。

○ 旭南海 7勝8敗 押し出し 龍皇 5勝10敗 ● (6.1秒)
 旭南海、踏み込む、龍皇、まともに引いて呼び込む。旭南海、乗じて押す、龍皇、土俵際崩れ掛けながらも中に戻る。旭南海、休まず龍皇を押し続ける、龍皇、力なく土俵を割る。

● 猛虎浪 5勝10敗 上手投げ 皇司 5勝10敗 ○ (2.9秒)
 皇司、頭から踏み込んで当たり勝ち、右を差し、すぐに左から突いて猛虎浪を落とす。左手が上手に掛かっていたため、決まり手は上手投げ。

● 春日錦 6勝9敗 下手投げ 海鵬 6勝9敗 ○ (4.4秒)
 海鵬、踏み込んで右前廻しを取る、春日錦、右からかち上げる。海鵬、右前廻しを引きつけ、左を深く差し、鮮やかな左下手投げで春日錦を倒す。

● 磋牙司 7勝8敗 引き落とし 豊桜 8勝7敗 ○ (7.4秒)
 磋牙司、踏み込む。豊桜、両手突きで当たりを止めてから素早く突っ張る。磋牙司、腰が入りかけるが、堪えて右からいなす、向き直った豊桜を左のど輪で突き上げる。豊桜、押しながら前に出、土俵際の磋牙司を左のど輪で仰け反らせてから手前に引き、磋牙司を落とす。

● 片山 9勝6敗 はたき込み 木村山 11勝4敗 ○ (2.8秒)
 片山、頭から踏み込む。木村山、右で押し上げてから引く。片山、乗じて前に出る。木村山、片山を振りほどくように叩き込む。

● 玉鷲 8勝7敗 押し出し 将司 9勝6敗 ○ (3.6秒)
 玉鷲、立合い、呼吸を嫌う。2度目、両者、なかなか呼吸が合わなかったが、何とか立つ。将司、踏み込み、下から押し上げて中に入り、左筈で脇の下を押し上げて前に出、玉鷲を押し出す。

● 境澤 3勝12敗 押し出し 北太樹 6勝9敗 ○ (4.8秒)
 境澤、右肘を固めて踏み込み、突き放しながら前に出る。北太樹、土俵際、境澤の右腕を手繰って左に回り、体を入れ替え、胸を押して土俵外に出す。

● 若麒麟 7勝8敗 寄り切り 若荒雄 8勝7敗 ○ (6.9秒)
若荒雄、踏み込み、左を差し、右上手を取って寄る。若麒麟、手を伸ばして右上手を探るが取れず。若荒雄、寄る、若麒麟、俵に足を掛けて右に回るが、若荒雄、逃さず寄り切る。

《2008年夏場所取組内容・目次へ》