安美錦 2014年名古屋(七月)場所取組内容

201407あみにしき.gif

昨年3月場所以来、8場所ぶりの三役復帰。場所前も充実した稽古をして今場所に臨んだよう。
上位戦が続く前半、二日目に大関稀勢の里を破るが、他は白星が上がらず。
中盤2勝を上げるが、十三日目の玉鷲戦で、土俵に落ちた際に元々痛めている膝の状態が悪化。かなり痛そうにする。
しかし休場せずに場所を務め、3勝12敗の成績で終える。
左膝内側側副靱帯と前十字靱帯の損傷との診断を受け、千秋楽の翌日から入院し、次場所に向けて回復に努めているとのこと。

(初) 白鵬戦 ●押し出し 3.8秒
 安美錦、立合い、前に体重を掛けようとして止め、「あ、すみません」と叫ぶ。白鵬、突っ掛けて止まらず前に出、右肘で相手の胸にかち上げ気味に当たる。安美錦、土俵下に飛び落ちる。2度目、安美錦、素早く立ち、左肘を固めて低く当たる。白鵬、右肘を固めて当たり、右をねじ込む。安美錦、左から押っ付け、素早く左を巻き替える。白鵬、すぐに右を巻き替え返す。安美錦、叩きながら引く。白鵬、前のめりになる。安美錦、相手が落ちる前に俵の外に出る。白鵬、土俵に落ち、安美錦、土俵下、審判長に向かって飛び落ちる。

(2) 稀勢の里戦 ○叩き込み 2.5秒
 稀勢の里、仕切り線少し後方に手をつく。安美錦、手をサッとついて低く踏み込み、押し上げる。稀勢の里、下がらず。安美錦、相手の頭を叩きながら引く。稀勢の里、前に出る。安美錦、土俵際、右に回り込んで俵の上で残す。稀勢の里、足が流れて土俵に転がる。軍配、安美錦。「物言い」がつき、安美錦が髷を掴んだか協議した結果、髷は掴んでいないと判断。「軍配通り」安美錦の勝ち。

(3) 豪栄道戦 ●寄り切り 2.3秒
 安美錦、仕切り線後方から踏み込む。豪栄道、低く当たって右下手を取る。安美錦、左で首を巻き、右で差し手を抱えて引く。豪栄道、乗じて一気に前に出、寄り切る。安美錦、土俵下に飛び落ちる。

(4) 栃煌山戦 ●押し出し 2.8秒
 栃煌山、仕切り線後方から見ながら立つ。安美錦、その場で伸び上がり、叩きながら左に変わる。栃煌山、右手で相手を押し上げながら向き直り、右から張って両差しになる。安美錦、右上手に手を伸ばす。栃煌山、一気に前に出、両筈で相手の腹を押す。安美錦、土俵下に落ちる。

(5) 碧山戦 ●突き出し 4.5秒
 安美錦、低く踏み込もうとする。碧山、両手突きで相手の当たりを止め、顎に向かって突っ張りながら前に出る。安美錦、俵に詰まり、右に回り込もうとする。碧山、逃さず押す。安美錦、土俵下に落ち、客席に倒れ込む。

(6) 琴奨菊戦 ●押し出し 4.7秒
 安美錦、頭から低く踏み込み、左を差す。琴奨菊、右で相手の差し手を抱えて起こそうとしながら左を差す。安美錦、右を巻き替えに行く。琴奨菊、左押っ付けで一気に前に出、外から抱えてがぶる。安美錦、俵の上で堪える。琴奨菊、両手で相手の顎を押し上げる。安美錦、土俵下に落ちる。

(7) 鶴竜戦 ●突き出し 4.6秒
 安美錦、頭から低く当たる。鶴竜、右肘を固めて当たり、右を差す。安美錦、左から押っ付け、上体を起こして少し引く。鶴竜、両手で顎に突き放しながら前に出る。安美錦、下からあてがいながら右に回り、俵の上で左廻しを探る。鶴竜、両手で顎に突き上げる。安美錦、仰け反って土俵下に飛び落ちる。

(中) 勢戦 ○引き落し 10.5秒
 勢、両腕を下げて踏み込む。安美錦、両腕を交差させながら、左にずれて頭で当たり、両差しになろうとする。勢、向き直って左右から押っ付ける。安美錦、体を離す。勢、右、左と顔を張り、両腕を下げて差そうとする。安美錦、突き放し、相手の手を叩き、右前廻しに手を掛ける。勢、叩いて少し下がる。安美錦、落ちずに前に出る。勢、土俵際で右をのぞかせる。安美錦、下がって右を差す。勢、左で押っ付ける。安美錦、叩きながら下がり、左を差す。勢、叩いて下がるが、土俵際で前のめりになる。安美錦、そこを引く。勢、前に倒れる。

(9) 嘉風戦 ●寄り切り 9.7秒
 両者、頭から踏み込む。安美錦、低く当たって前廻しを探る。嘉風、突き放し、左から張る。安美錦、右から張り、中に入ろうとする。嘉風、突っ張りながら前に出る。安美錦、土俵際、頭を下げる。嘉風、左を差し、下手を取って頭を下げる。安美錦、左差し手を返すが相手を起こせず、右で差し手を抱えながら俵に詰まる。嘉風、右上手を探る。安美錦、右小手投げで振る。嘉風、左下手が切れるが、右上手前廻しを取って堪え、それを持って寄る。安美錦、上体が起きて俵を割る。

(10) 松鳳山戦 ○突き落し 3.3秒
 安美錦、頭から踏み込む。松鳳山、両手突き。安美錦、下からあてがう。松鳳山、左喉輪で押し上げる。安美錦、右上手に手を伸ばすが取れず、右から突きながら下がる。松鳳山、乗じて左差しで前に出る。安美錦、俵に詰まる。松鳳山、足が流れて左膝から土俵に落ち、安美錦、土俵下に転がり落ちる。軍配、松鳳山。「物言い」がつき、松鳳山が先に落ちていると判断、「軍配差し違え」で安美錦の勝ち。

(11) 魁聖戦 ●寄り切り 16.4秒
 安美錦、ぴょんと立ち、左にずれて当たる。魁聖、両手を下げて当たる。安美錦、左廻しを取って左に回り、右前廻しも取る。魁聖、右をねじ込む。安美錦、右廻しを離し、左上手を持って更に左に回り、低い体勢で右下手を探る。魁聖、覆いかぶさる体勢になり、左で相手の差し手を引っ張り込む。安美錦、深い右下手を取り、左上手を離す。魁聖、左手を伸ばして肩越しの左上手を取り、引きつけようとする。安美錦、左手で内無双に行くが崩せず、潜った体勢で左に回る。魁聖、右をのぞかせ、左上手を持って起こしながら前に出る。安美錦、頭が相手の右脇に入った体勢で俵に詰まり、頭を抜いて上体を起こす。魁聖、右差し手を返して寄る。安美錦、力なく俵を割る。

(12) 大砂嵐戦 ●上手出投 2.2秒
 大砂嵐、仕切り線少し後方に手をつく。安美錦、やや左にずれて踏み込む。大砂嵐、右でかち上げるが相手の胸に当たる。安美錦、右を差して前に出る。大砂嵐、左上手を取って出し投げを打ちながら左に回り、右で頭を叩く。安美錦、振られて土俵に落ちる。

(13) 玉鷲戦 ●押し倒し 2.9秒
 安美錦、早く立ち、立合い不成立。2度目、頭から踏み込む。玉鷲、左にずれて当たり、相手を右半身にし、左押っ付け右喉輪で一気に前に出る。安美錦、土俵際を右に回ろうとするが、後ろにいた行司木村玉光に左足がぶつかり、回り込めずに土俵に落ちる。玉光、前に倒れて土俵に這う。安美錦、土俵下に転がり落ち、膝を痛めたようでなかなか土俵に上がれず、下りる時も呼出しの肩を借りる。通路を歩くときには、苦痛に顔を歪める。

(14) 千代鳳戦 ●押し出し 3.2秒
 千代鳳、先に左手をつく。安美錦、両手をサッとついて頭から踏み込む。千代鳳、頭から当たり、押しながら前に出る。安美錦、右で叩きながら引く。千代鳳、落ちずに押しながら前に出る。安美錦、あっけなく俵を割る。

(楽) 栃乃若戦 ●寄り切り 5.5秒
 栃乃若、相手が腰を下ろす前に、仕切り線少し後方に両手をつく。安美錦、サッと手をつき、頭から踏み込む。栃乃若、当たりを胸で受け、左を差す。安美錦、右上手前廻しを探る。栃乃若、肩越しの右上手を取って右に回り、上手を引きつけながら左を差し込む。安美錦、右を巻き替えて差す。栃乃若、すぐに左を巻き替え返そうとするがならず、それでも肩越しの右上手を引きつけて前に出る。安美錦、左筈で押し上げながら上手を切ろうとするが切れず、俵に詰まって土俵を割る。

《2014年名古屋場所取組内容・目次へ》