千代大龍 2014年名古屋(七月)場所取組内容

201407ちよたいりゅう.gif

連勝スタート後、五日目から5連勝。
九日目の照ノ富士戦では相手に極められながらも、幕内の今場所最長の約3分の相撲を制して勝利。早くも勝ち越し王手。
十一日目の蒼国来戦では物言いがつくが、軍配通り勝利、勝ち越し決定。
今場所は10勝5敗と二桁勝利を上げる。
二桁勝利は昨年11月場所以来。

(初) 常幸龍戦 ○叩き込み 2.1秒
 両者、仕切り線少し後方から踏み込む。常幸龍、左前廻しを取る。千代大龍、右喉輪で押し上げ、下がりながら右で相手の廻しを切って叩く。常幸龍、前のめりになって土俵に落ち、千代大龍、左足一本で残す。

(2) 宝富士戦 ○送り出し 1.7秒
 宝富士、踏み込む。千代大龍、少し遅れて立ち、右に変わって右で後ろ廻しを取り、後ろから押す。宝富士、土俵下に落ちる。

(3) 妙義龍戦 ●押し出し 5.0秒
 妙義龍、右手を出しながら素早く踏み込む。千代大龍、その場で立って左肘を固めて当たり、突き放す。妙義龍、両手で突き放す。千代大龍、相手の手、頭を叩きながら引く。妙義龍、落ちずに前に出る。千代大龍、相手の右腕を抱えて俵伝いに左に回ろうとする。妙義龍、そのまま前に出る。千代大龍、回り込めずに俵の外に出る。

(4) 旭秀鵬戦 ●叩き込み 1.2秒
 千代大龍、左肘を固め、右手を出しながら低く踏み込む。旭秀鵬、右かち上げで相手を起こし、叩きながら右に開く。千代大龍、右膝から崩れて土俵に伸びる。

(5) 佐田の海戦 ○叩き込み 3.0秒
 佐田の海、両腕を下げて踏み込み、右上手を探る。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で突き放し、更に両手で突き放す。佐田の海、相手の手を左から突きながら下がり、俵に詰まる。千代大龍、向き直って押し上げ、手前に叩く。佐田の海、前に飛んで土俵に転がる。

(6) 豊響戦 ○突き出し 4.8秒
 豊響、仕切り線少し方向から両腕を下げて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて低く当たり、右喉輪で相手を起こし、突っ張りながら前に出る。豊響、突き返すが俵に詰まる。千代大龍、顎を突き上げて相手を起こし、胸を突いて俵の外に出す。

(7) 豪風戦 ○突き出し 2.5秒
 豪風、頭から踏み込む。千代大龍、右喉輪で相手を突き放す。豪風、後ろに飛ばされて土俵際。千代大龍、顎、胸に突っ張る。豪風、土俵下に飛び落ちる。

(中) 遠藤戦 ○叩き込み 5.5秒
 遠藤、左肘を固めて踏み込む。千代大龍、両手突きに行く。遠藤、右前廻しに手を掛ける。千代大龍、体を離して廻しを切る。遠藤、両手で突き放す。千代大龍、突き返す。遠藤、左を差す。千代大龍、突き放して体を離す。遠藤、突き返す。千代大龍、相手の手を叩いて下がり、前のめりになった相手を叩いて右に開き、更に右足一本で叩く。遠藤、前に飛び落ち、土俵下に転がり落ちる。

(9) 照ノ富士戦 ○押し出し 179.2秒
 照ノ富士を右肘、千代大龍を左肘を固めて踏み込み、胸で当たり合う。千代大龍、突き放す。照ノ富士、右前廻しを探る。千代大龍、相手の手を叩く。照ノ富士、右から張ろうとするが空振り、左で押し上げ、右で相手の腕を引っ張り込む。千代大龍、左差しで頭を下げる。照ノ富士、体勢を低くし、両手で相手の差し手を抱える。千代大龍、左下手を取り、右で相手の左手首を掴む。両者、しばらく止まる(開始6秒から約53秒間)。照ノ富士、少し右小手で振って相手を起こそうとする。千代大龍、堪える。照ノ富士、相手の両腕を外から抱える体勢になる。両者、しばらく止まる(開始64秒から約20秒間)。千代大龍、右手で相手の左膝下を内無双気味に叩く。照ノ富士、少し右に動くが堪える。千代大龍、少し上体が起きる。照ノ富士、外から極めながら前に出る。千代大龍、右差し手を抜き、土俵際再び頭を下げる。照ノ富士、一呼吸後、右小手投げで振る。千代大龍、向き直って再び頭をつけ、左下手を持ったまま右で押っ付け、じわりと中に戻る。両者、止まり、照ノ富士、相手の左腕に体重を乗せ、相手の腕をたわませる(開始120秒から27秒間)。千代大龍、じわりと前に出、左腕をまっすぐにする。両者、止まり、照ノ富士、再び相手の左腕に体重を乗せてたわませる(開始132秒から約18秒間)。照ノ富士、少し腰を振って相手の下手を切ろうとするが、千代大龍、離さず。両者、しばらく止まる(開始153秒から約24秒間)。千代大龍、左下手を引きつけて前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵に詰まり、俵の上で右から突き落とそうとする。千代大龍、廻しを離して押す。照ノ富士、土俵下に飛び落ちる。

(10) 高安戦 ●寄り切り 6.7秒
 高安、素早く立って踏み込む。千代大龍、左肘を固めて低く当たる。高安、右上手を取って右に回り続け、左を差して下手を取る。千代大龍、左下手を取り、右上手に手を伸ばすが取れず。高安、両廻しを引きつけて前に出る。千代大龍、土俵際、右から突く。高安、落ちずに左廻しを持って寄り切る。千代大龍、土俵下に落ちる。

(11) 蒼国来戦 ○叩き込み 21.7秒
 千代大龍、素早く立つ。蒼国来、やや右に踏み出し、左肘を固めて踏み込み、右上手を狙う。千代大龍、両手で思い切り突き放す。蒼国来、相手の当たりに俵に詰まる。千代大龍、押し上げ、叩く。蒼国来、乗じて中に戻る。両者、頭を下げて押し合う体勢(約10秒間)。蒼国来、下から押し上げる。千代大龍、相手の頭を叩き、両手で顎を突き上げて一気に前に出る。蒼国来、土俵際、左に開いて左から突き、左上手を探る。千代大龍、向き直り、叩きながら俵伝いに下がる。蒼国来、前のめりになりながら左で相手の右足を抱える。千代大龍、相手に覆いかぶさる体勢で両手で廻しに手を掛けながら手前に引く。蒼国来、前に飛び、俵の外に右手をついて土俵に落ち、千代大龍、俵の外に出て土俵下に落ちる。軍配、千代大龍。「物言い」がつき、千代大龍の足が出たか協議した結果、蒼国来の手が先についていると判断、「軍配通り」千代大龍の勝ち。

(12) 豊ノ島戦 ●寄り切り 8.2秒
 豊ノ島、両腕を交差させて踏み込む。千代大龍、踏み込み、突き放そうとする。豊ノ島、右を差して体を離さず、左も差そうとしながら前に出る。千代大龍、左小手投げで振り、肩越しの右上手に手を掛ける。豊ノ島、腰を捻って上手を与えず、両差し手を返しながらがぶって前に出、右差し手を返して相手を傾かせて更に寄る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(13) 東龍戦 ○下手投げ 24.8秒
 東龍、仕切り線少し後方。千代大龍、右手を出しながら踏み込む。東龍、左に変わりながら右で首を巻き、左を差すが土俵際。千代大龍、左下手、右上手を取ってがぶり寄る。東龍、右上手を取り、俵に両足を掛けて堪える。千代大龍、右上手を離して顔を押し上げるが寄り切れず、左下手で手前に振る。東龍、右上手を持って中に戻る。千代大龍、休まず左下手を持って前に出る。東龍、右上手投げで振る。千代大龍、深い左下手を持って堪える。東龍、休まず左に回り、右足を相手の足の間に入れてすぐに右上手投げ。千代大龍、少し振られるが土俵際堪え、逆に左足を相手の右足後ろにあてながら切り返す。東龍、右上手を持って堪え、左を差す。千代大龍、右上手を取る。東龍、腰を引いて上手を切り、左下手を取る。千代大龍、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、左四つで少し止まる(約5秒間)。東龍、両廻しを持って前に出る。千代大龍、土俵際、左下手投げで振る。東龍、右上手を持って堪え、両者、投げの打ち合い。両者、体が飛んで俵の外に落ちるが、わずかに東龍の左肘が早く土俵についた。

(14) 荒鷲戦 ●とったり 2.7秒
 荒鷲、右肘を固めて踏み込み、左上手に手を伸ばす。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で突き放す。荒鷲、左上手が切れて俵に詰まる。千代大龍、そこを押し出そうとする。荒鷲、相手の右腕を取り、俵伝いに体を開いてとったり。千代大龍、体が飛んで俵の外に落ちる。

(楽) 臥牙丸戦 ○引き落し 2.4秒
 臥牙丸、先に左手をつく。千代大龍、仕切り線少し後方に両手をサッとついて踏み込み、左肘を固めて当たって右喉輪で突き上げる。臥牙丸、少し仰け反るが下がらず、両手で押しながら前に出る。千代大龍、引いて相手の手を叩く。臥牙丸、前のめりになって土俵に両手をつく。

《2014年名古屋場所取組内容・目次へ》