旭秀鵬 2014年名古屋(七月)場所取組内容

201407きょくしゅうほう.gif

先場所千秋楽後、右肘の遊離軟骨を取る手術をし、場所前の稽古は十分にできず。
初日は白星だったが、連ねることが出来ず。
中日を終えて4勝4敗と五分。しかし、九日目から4連敗し、十二日目に負け越し決定。
そこから2連勝し、6勝9敗で今場所を終える。
負け越しは3場所ぶり。

(初) 隠岐の海戦 ○寄り切り 10.7秒
 隠岐の海、右肘を固めて踏み込む。旭秀鵬、左上手前廻しを取る。隠岐の海、右差し手を抜き、右で相手の左腕を抱え、左で押っ付けながら前に出、右上手を探る。旭秀鵬、両下手を取り、左下手を深くする。隠岐の海、外から抱えて前に出ようとする。旭秀鵬、両下手を持って堪え、がぶって前に出る。隠岐の海、上体が起きて俵を割る。

(2) 高安戦 ●肩透かし 10.2秒
 高安、頭から低く当たる。旭秀鵬、右を差そうとするがならず、叩きながら体を離す。高安、前のめりになるが堪える。旭秀鵬、押し上げ、叩き、突っ張り、叩く。高安、堪える。旭秀鵬、顎に向かって突っ張る。高安、堪え、上体を下げて両差しになる。旭秀鵬、左上手に手を伸ばして探る。高安、右差し手を抜き、叩きながら体を離す。旭秀鵬、土俵に両手をつく。

(3) 東龍戦 ●寄り切り 3.2秒
 旭秀鵬、突っ掛ける。2度目、旭秀鵬、右肘を固めて低く当たる。東龍、右肘を固め、左にずれて当たり、左上手を取る。旭秀鵬、左上手に手を伸ばすが取れず。東龍、一旦右下手を取り、それを離して左上手で振り、一気に前に出て右差し手を返す。旭秀鵬、上体が起きて俵を割る。

(4) 千代大龍戦 ○叩き込み 1.2秒
 千代大龍、左肘を固め、右手を出しながら低く踏み込む。旭秀鵬、右かち上げで相手を起こし、叩きながら右に開く。千代大龍、右膝から崩れて土俵に伸びる。

(5) 臥牙丸戦 ●寄り切り 5.3秒
 旭秀鵬、素早く立って両差しになろうとする。臥牙丸、遅れてその場で立ち、左押っ付け、右喉輪で前に出る。旭秀鵬、右差し手を抜き、左下手を取る。臥牙丸、左を差し、右で相手の差し手を抱えて前に出る。旭秀鵬、俵に詰まって右上手を取る。臥牙丸、右上手を取ってがぶり、左下手も取る。旭秀鵬、右上手が切れ、上体が起きて右から突こうとする。臥牙丸、両廻しを持って寄り切る。

(6) 時天空戦 ○寄り切り 6.1秒
 時天空、右肘を固めて踏み込む。旭秀鵬、右肘を固めて当たり、左上手前廻しを取って右を差す。時天空、左手を伸ばして深い左上手を取り、右下手も取る。旭秀鵬、右下手も取って両廻し。時天空、右足を飛ばす。旭秀鵬、左足を引いてかわし、両廻しを引きつけ、相手の上手を切る。時天空、右足で内掛けに行こうとしたがならず、再び深い左上手を取る。旭秀鵬、相手を浮かせながら寄り切る。

(7) 蒼国来戦 ●上手投げ 24.6秒
 旭秀鵬、右肘を固めて踏み込む。蒼国来、左にずれて左上手に手を伸ばす。旭秀鵬、向き直って突っ張り、左下手を取る。蒼国来、左を差して右で差し手を抱え、左下手を取る。旭秀鵬、左下手を持ち、右上手を探りながら前に出る。蒼国来、右で相手の腕を抱えながら右に回って上手を与えず。旭秀鵬、前に出ながら右上手を探る。蒼国来、その機に右上手を取る。旭秀鵬、右上手に手を掛けながら前に出るが切れる。蒼国来、土俵際をじわりと右に回る。旭秀鵬、右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を捻って上手を与えず、右下手投げで振ろうとする。旭秀鵬、体勢が傾くが堪え、一呼吸後、腰を振って相手の下手を切る。蒼国来、右に回りながら右上手投げを打つ。旭秀鵬、土俵に転がり、蒼国来、その上に圧し掛かる。

(中) 荒鷲戦 ○寄り切り 2.7秒
 旭秀鵬、低く踏み込み、左手を伸ばして深い上手を取り、少し左にずれる。荒鷲、右半身になるが向き直る。旭秀鵬、上手を引きつけて前に出、がぶる。荒鷲、上体が起きて俵を割る。

(9) 千代丸戦 ●引き落し 1.4秒
 千代丸、仕切り線後方。旭秀鵬、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。千代丸、両手突きで相手を起こし、その手を外しながら右に開く。旭秀鵬、土俵に左手をつく。千代丸、右手で相手の尻を押す。旭秀鵬、俵の外に飛び出す。

(10) 佐田の海戦 ●寄り切り 8.0秒
 旭秀鵬、踏み込み、左前廻しを探る。佐田の海、右肘を固めて低く当たり、腰を引いて相手に廻しを与えず、両手で相手の右腕を取って土俵際を左に回る。旭秀鵬、土俵際、向き直る。佐田の海、両差しになって寄る。旭秀鵬、左上手を取り、俵に両足を掛けて堪える。佐田の海、腰を振って相手の上手を切る。旭秀鵬、外から抱えながら少し中に戻り、右小手投げで振る。佐田の海、両下手を持って堪え、引きつけながら前に出る。旭秀鵬、土俵際、再び右小手投げに行く。佐田の海、少し振られるが、そのまま寄り切る。

(11) 若の里戦 ●寄り切り 40.7秒
 若の里、右から張る。旭秀鵬、構わず踏み込んで左を差す。若の里、右上手に手を掛ける。旭秀鵬、右にずれて相手の上手を切り、左下手を持って前に出る。若の里、右で差し手を抱えて相手の下手を切る。旭秀鵬、左差しで前に出、差し手を返して寄る。若の里、左をのぞかせ、左足一本になりながらも必死に堪え、上体が起きながらも右上手を取る。旭秀鵬、左下手を取る。若の里、右上手を持って少し手前に振る。旭秀鵬、左下手を持って堪え、向き直って右上手を取る。若の里、左を差し、腰を右に捻る。旭秀鵬、右上手が切れ、体を開いて左下手投げに行く。若の里、振られるが右上手を持って堪え、胸を合わせて左を差す。旭秀鵬、中に戻り、右上手に手を伸ばしながら前に出る。若の里、右に回って中に戻る。旭秀鵬、右から押っ付け、左下手で少し振り、右で押っ付け、右で相手の左手首を掴んで体勢を低くする。若の里、相手に合わせて体勢を低くするが、右上手が肩越しになる。両者、止まる(約8秒間)。若の里、手首を相手に掴まれたままの左を差そうとしながら前に出る。旭秀鵬、左下手が切れ、土俵際、左掬い投げに行くが、左足が俵の外に出る。若の里、右上手を持って投げを堪える。

(12) 鏡桜戦 ●寄り切り 10.3秒
 鏡桜、頭から低く当たる。旭秀鵬、右肘を固めて当たる。鏡桜、左上手前廻しを取る。旭秀鵬、両手で押し上げながら前に出る。鏡桜、左上手を離さず、右前廻しを探り、深い右下手を取って体勢を低くする。旭秀鵬、肩越しの左上手に手を掛けるが取れず、右下手を取り、再び肩越しの左上手に何度も手を伸ばすが取れず。鏡桜、両廻しを引きつけて相手を浮かせながら右に振り、一気に前に出る。旭秀鵬、上体が起きて俵を割る。

(13) 徳勝龍戦 ○寄り切り 17.9秒
 旭秀鵬、左から張って左下手を取る。徳勝龍、左を差し、右で差し手を抱え、右上手に手を伸ばすが取れず。旭秀鵬、右上手に手を伸ばして取り、両廻しを引きつけて前に出る。徳勝龍、右から突こうとするがならず、土俵際、左から掬って相手の上手を切り、左に回って体を入れ替え、左差し手を返す。旭秀鵬、左足を俵に掛けながら、右上手を取る。徳勝龍、右上手を取る。両者、少し止まる(約3秒)。旭秀鵬、両廻しを引きつけて前に出る。徳勝龍、その機に左下手を取る。旭秀鵬、上体を低くし、相手の下手を切って前に出る。徳勝龍、左から掬って相手の上手を切ろうとするがならず。旭秀鵬、休まず前に出る。徳勝龍、土俵際、右上手投げに行こうとするが、左足が俵の外に出る。

(14) 栃乃若戦 ○寄り切り 10.2秒
 栃乃若、仕切り線少し後方に手をつく。旭秀鵬、手をついて頭から踏み込む。栃乃若、両腕を交差させてその場で立ち、胸で当たりを受ける。旭秀鵬、左前廻しに手を掛け、頭をつけて右前廻しも取る。栃乃若、両差しになろうとしながら一気に前に出る。旭秀鵬、右を巻き替えて差し、左上手を持って土俵際から少し中に戻る。栃乃若、右下手を持ち、左で差し手争い。旭秀鵬、左上手を引きつけて前に出る。栃乃若、右下手で振りながら左を差そうとする。旭秀鵬、頭をつけ、相手に差させず右前廻しを探る。栃乃若、上から覆いかぶさる体勢で叩く。旭秀鵬、乗じて前に出、右を差して相手を起こし、寄り切る。

(楽) 勢戦 ●寄り切り 10.3秒
 勢、仕切り線少し後方で先に右手をつく。旭秀鵬、少し間を開け、左手をサッとついて立つ。勢、右肩から踏み込む。旭秀鵬、左上手前廻しを取る。勢、右を差して少し左に回りながら差し手を返し、やや右半身で右下手を取る。旭秀鵬、相手の右肩に顎を乗せる。両者、少し止まる(約4秒間)。勢、右下手を引きつけて前に出る。旭秀鵬、そこを左上手投げで振ろうとする。勢、右下手を引きつけて堪え、相手を少し前に出し、頭をつけて寄る。旭秀鵬、上体が起き、土俵際、頭を叩く。勢、そのまま寄り切る。

《2014年名古屋場所取組内容・目次へ》