蒼国来 2014年名古屋(七月)場所取組内容

201407そうこくらい.gif

再入幕後二場所目。
連勝スタートだったが、六日目を終えて3勝3敗と五分。
七日目から3連勝し、6勝3敗と白星を先行させる。
十二日目に7勝目を上げ、勝ち越し王手。
しかしそこから3連敗し、7勝8敗と惜しくも負け越す。
負け越しは4場所ぶり。

(初) 鏡桜戦 ○寄り切り 3.0秒
 蒼国来、素早く立って右に踏み出す。鏡桜、右に回って向き直る。蒼国来、両差しになり、前に出ながら左下手を取る。鏡桜、叩く。蒼国来、右下手も取り、一気に寄り切る。

(2) 東龍戦 ○寄り切り 28.4秒
 蒼国来、頭から低く踏み込む。東龍、右上手に手を伸ばす。蒼国来、左差し手を返して上手を与えず。東龍、右で差し手を抱えて前に出る。蒼国来、両差しで左に回る。東龍、外から抱え、極めようとする。蒼国来、両下手を取って引きつけ、相手を吊り上げる。東龍、堪えて土俵に下り、左から小手に振って相手を土俵際にする。蒼国来、両下手を持って少し中に戻る。両者、止まる(開始16秒から約6秒間)。東龍、外から抱えながら前に出ようとする。蒼国来、両下手を引きつける。東龍、前に出られず、左を巻き替えようとする。蒼国来、それを許さず、一気に前に出、腰を落として寄り切る。

(3) 時天空戦 ●内掛け 51.1秒
 時天空、仕切り線少し後方から立って左から張り、やや左に踏み出して右を差す。蒼国来、踏み込めずその場で立ち、頭をつけて左前廻しを探る。時天空、左で相手の差し手を抱え、右半身で右下手を取る。蒼国来、左上手を取り、じわじわ左に回り、右下手を探る。両者、上体が起きた右四つ、蒼国来が上手、時天空が下手を持ってやや右半身の体勢で止まる(開始14秒から約15秒間)。蒼国来、前に出ようとしながら右下手を取る。時天空、その機に左下手を取る。両者、右四つがっぷりになって止まる(開始34秒から約6秒間)。廻しの引きつけ合い。止まる(開始43秒から約6秒間)。蒼国来、右差し手を抜いて左に回り、右手で相手の上手を切ろうとする。時天空、そこを右足で内掛け。蒼国来、体勢を崩して後ろに倒れる。

(4) 臥牙丸戦 ○寄り切り 5.5秒
 臥牙丸、先に立つ。蒼国来、遅れてその場で立ち、左を差す。しかし行司、ここで「はっきよい」。蒼国来、両差しになり、両下手を取って前に出る。臥牙丸、外から抱える体勢で俵に詰まり、左を巻き替えようとする。蒼国来、乗じて相手を浮かせながら寄り切る。

(5) 千代丸戦 ●突き出し 5.1秒
 蒼国来、素早く立って踏み込む。千代丸、その場で立って両手突きで起こし、突っ張る。蒼国来、下からあてがいながら左廻しに手を掛ける。千代丸、突き放して廻しを与えず、休まず突っ張りながら前に出る。蒼国来、上体が起きて俵を割る。

(6) 旭天鵬戦 ●寄り切り 13.6秒
 蒼国来、頭から踏み込む。旭天鵬、両差しを狙う。蒼国来、左押っ付けから左を差し、左下手を取る。旭天鵬、左下手を取り、右で差し手を抱える。蒼国来、右上手も取って両廻し。両者、止まる(約7秒間)。蒼国来、両廻しを持って前に出る。旭天鵬、左下手投げで振りながら体を入れ替え、右を巻き替え両下手を持って寄る。蒼国来、右で首を巻きながら仰け反り、土俵下に落ちる。

(7) 旭秀鵬戦 ○上手投げ 24.6秒
 旭秀鵬、右肘を固めて踏み込む。蒼国来、左にずれて左上手に手を伸ばす。旭秀鵬、向き直って突っ張り、左下手を取る。蒼国来、左を差して右で差し手を抱え、左下手を取る。旭秀鵬、左下手を持ち、右上手を探りながら前に出る。蒼国来、右で相手の腕を抱えながら右に回って上手を与えず。旭秀鵬、前に出ながら右上手を探る。蒼国来、その機に右上手を取る。旭秀鵬、右上手に手を掛けながら前に出るが切れる。蒼国来、土俵際をじわりと右に回る。旭秀鵬、右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を捻って上手を与えず、右下手投げで振ろうとする。旭秀鵬、体勢が傾くが堪え、一呼吸後、腰を振って相手の下手を切る。蒼国来、右に回りながら右上手投げを打つ。旭秀鵬、土俵に転がり、蒼国来、その上に圧し掛かる。

(中) 北太樹戦 ○寄り切り 6.0秒
 北太樹、頭から踏み込む。蒼国来、左肘を固めながら右にずれて低く当たる。北太樹、左を差す。蒼国来、左を差し、右押っ付けで前に出る。北太樹、右押っ付けで堪える。蒼国来、右上手を取り、引きつけて前に出る。北太樹、俵に詰まり、左差し手を抜いて上体が起きる。蒼国来、そのまま寄り切る。

(9) 荒鷲戦 ○寄り倒し 25.0秒
 荒鷲、仕切り線後方。両者、踏み込む。蒼国来、低く当たって左を差す。荒鷲、左下手を探るが取れず。蒼国来、左差し手を大きく返し、右上手を取って引きつけ、前に出る。荒鷲、土俵際左下手投げで体を入れ替える。蒼国来、土俵際近くになり、左下手を取って両廻し。両者、左四つで止まる(約7秒間)。荒鷲、右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を捻って上手を与えず。荒鷲、また右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を捻りながら前に出、土俵中央に戻る。一呼吸後、蒼国来、右上手投げに行く。荒鷲、左下手を持ち、左足で外掛け。蒼国来、右足で相手の左足を掛け上げ、片足で跳びながら俵に近づく。荒鷲、俵の外に倒れて土俵下に転がり、蒼国来、土俵に這う。

(10) 常幸龍戦 ●押し出し 2.9秒
 蒼国来、左肘を固め、やや右にずれて踏み込む。常幸龍、右肘を固めて踏み込み、左を差そうとする。蒼国来、右から押っ付けて差させず。常幸龍、突き放しながら前に出る。蒼国来、相手の手を叩きながら、土俵際右に回ろうとする。常幸龍、そのまま押す。蒼国来、土俵下に落ちる。

(11) 千代大龍戦 ●叩き込み 21.7秒
 千代大龍、素早く立つ。蒼国来、やや右に踏み出し、左肘を固めて踏み込み、右上手を狙う。千代大龍、両手で思い切り突き放す。蒼国来、相手の当たりに俵に詰まる。千代大龍、押し上げ、叩く。蒼国来、乗じて中に戻る。両者、頭を下げて押し合う体勢(約10秒間)。蒼国来、下から押し上げる。千代大龍、相手の頭を叩き、両手で顎を突き上げて一気に前に出る。蒼国来、土俵際、左に開いて左から突き、左上手を探る。千代大龍、向き直り、叩きながら俵伝いに下がる。蒼国来、前のめりになりながら左で相手の右足を抱える。千代大龍、相手に覆いかぶさる体勢で両手で廻しに手を掛けながら手前に引く。蒼国来、前に飛び、俵の外に右手をついて土俵に落ち、千代大龍、俵の外に出て土俵下に落ちる。軍配、千代大龍。「物言い」がつき、千代大龍の足が出たか協議した結果、蒼国来の手が先についていると判断、「軍配通り」千代大龍の勝ち。

(12) 若の里戦 ○寄り切り 7.6秒
 蒼国来、先に手をつき、相手が手をつく瞬間に立つ。若の里、右肘を固めて踏み込む。蒼国来、両腕を交差させて右に踏み出し、右上手を取る。若の里、向き直って右上手に手を伸ばすが取れず。蒼国来、右上手で絞って頭をつけ、左差し手を返す。若の里、左差しでやや半身の高い体勢。蒼国来、右上手を引きつけて前に出る。若の里、右上手に手を伸ばすが取れず、上体が伸びて俵を割る。

(13) 豊ノ島戦 ●下手投げ 17.3秒
 豊ノ島、両腕を交差させる。蒼国来、右に動いて右上手を取る。豊ノ島、左を差し、右もねじ込もうとしながら前に出る。蒼国来、左押っ付けで差させず、自分が左を差す。豊ノ島、左差し、右押っ付けで寄り立てる。蒼国来、左足を俵に掛けて堪える。豊ノ島、左差し手を返して腹をぶつけながらがぶり、相手の上手を切る。蒼国来、堪えて少し中に戻り、右上手を取り直す。豊ノ島、左半身の体勢。両者、少し止まる(約4秒間)。蒼国来、右上手を引きつけて前に出る。豊ノ島、土俵際、左下手投げを打ちながら体を入れ替え、相手を俵の外に出す。蒼国来、土俵下に落ちる。

(14) 妙義龍戦 ●押し出し 5.5秒
 両者、見合ってなかなか手をつかず。両者、ともに片手をついて更に見合うが、蒼国来が突っ掛ける。2度目、妙義龍、先に手をつく。蒼国来、手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。妙義龍、右手を出しながら低く当たり、下から押し上げる。蒼国来、右を差す。妙義龍、腰を引いて相手に下手を与えず、左で押っ付けながら一気に前に出る。蒼国来、上体が起きて俵に詰まり、叩こうとしながら土俵下に落ちる。

(楽) 照ノ富士戦 ●寄り切り 21.9秒
 照ノ富士、仕切り線少し後方で先に両手をつく。蒼国来、両手をサッとついて立ち、右手を出しながら頭を下げて踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて踏み込み、右を差す。蒼国来、左上手前廻しを探るが取れず、左で押っ付ける。照ノ富士、右差し手を抜き、相手の差し手を引っ張り込む。蒼国来、深い左下手を取る。照ノ富士、左下手を取り、相手の左腕に体重を掛ける。蒼国来、両廻しを引きつけて前に出ようとする。照ノ富士、左下手を持って堪える。両者、左四つで少し止まる(約5秒間)。蒼国来、両廻しを引きつけて前に出ようとする。照ノ富士、左下手で振りながら肩越しの右上手を取り、一呼吸後、両廻しを引きつけて前に出る。蒼国来、両廻しを持って堪えようとするが、照ノ富士、左へ左へと前に出、力強く寄り切る。

《2014年名古屋場所取組内容・目次へ》