荒鷲 2014年名古屋(七月)場所取組内容

201407あらわし.gif

先場所新入幕を果たし、幕内二場所目。
連敗スタートし、四日目まで1勝3敗と黒星先行。
五日目から3連勝、更に十日目から白星を連ね続けて十三日目に幕内で初めての勝ち越しが決定。
千秋楽まで勝ち続けて6連勝。10勝5敗と二桁勝利を上げる。

(初) 千代丸戦 ●押し出し 9.0秒
 荒鷲、踏み込む。千代丸、仕切り線少し後方から両手突き。荒鷲、左廻しを取るが仰け反って切れ、再び左廻しを取って下がる。千代丸、押しながら前に出る。荒鷲、右前廻しに手を掛けるが取れず、右で頭を叩きながら左に回り、左上手出し投げ。千代丸、土俵際堪えて向き直る。荒鷲、右前廻しも取り、両廻しを引きつけて前に出る。千代丸、土俵際を右に回りながら叩く。荒鷲、両廻しが切れる。千代丸、突っ張りながら前に出る。荒鷲、相手の右喉輪を外そうとするが、仰け反って土俵下に落ちる。

(2) 若の里戦 ●寄り切り 10.3秒
 若の里、右から張り、右上手に手を伸ばす。荒鷲、低く踏み込み、左下手を取り、左腕を返しながら右前廻しを探る。若の里、右で相手の差し手を抱えながら左を差し込み、右上手に手を伸ばすが取れず。荒鷲、廻しを引きつけて前に出ようとする。若の里、左下手を取って堪える。荒鷲、左下手を離し、右上手投げに行く。若の里、左下手を持って堪え、右を差す。荒鷲、右上手も切れ、左上手を探るが取れず、左を巻き替えようとする。若の里、それを許さず両差しで前に出、一気に寄り切る。

(3) 臥牙丸戦 ○下手捻り 4.0秒
 荒鷲、素早く立って踏み込む。臥牙丸、やや遅れてその場で立ち、両手突き。荒鷲、低い姿勢で左、右と前廻しを取る。臥牙丸、右で肩を押し上げながら前に出る。荒鷲、左廻しが切れ、右に回って再び左廻しを取る。臥牙丸、右を差そうとするがならず、右手を抜く。荒鷲、右下手を引きつけながら、左を深く差そうとする。臥牙丸、体勢が崩れて左に傾き、左手を土俵につく。

(4) 鏡桜戦 ●寄り切り 3.8秒
 鏡桜、頭から低く踏み込む。荒鷲、右肘を固めて当たり、左前廻しを探る。鏡桜、左上手前廻しを取って左に回る。荒鷲、右前廻しを探りながら前に出る。鏡桜、左上手を持って体を入れ替える。荒鷲、左足を俵に掛け、右差し手を抜いて抱える。鏡桜、左差し手を深くして、相手に体を預けるように掬い投げ。荒鷲、俵の外に出る。

(5) 隠岐の海戦 ○小手投げ 4.0秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方から立ち、右肘を固めて踏み込み、左前廻しを探る。荒鷲、左前廻しに手を掛ける。隠岐の海、腰を引いて相手の廻しを切り、前に出る。荒鷲、右で相手の差し手を抱えて右に回る。隠岐の海、右上手を探りながらついて行く。荒鷲、更に右に回りながらやや強引に右小手投げ。隠岐の海、裏返って土俵に落ちる。直後、荒鷲も倒れて土俵に転がる。

(6) 東龍戦 ○寄り切り 12.1秒
 東龍、仕切り線少し後方から踏み込む。荒鷲、右肘を固めて低く踏み込む。東龍、左上手に手を掛ける。荒鷲、腰を落としながら右差し手を返す。東龍、左上手が切れ、左で差し手を抱える。荒鷲、左上手を取り、右差し手を抜いて左に回って頭をつけ、右前廻しを取って引きつける。東龍、上体が起きる。荒鷲、右を素早く巻き替えて深い右下手を取り、右腕を返しながら前に出、がぶり寄る。東龍、俵に両足を掛けて仰け反りながら堪える。荒鷲、右差し手を返す。東龍、右足が俵の外に出、俵の外に座る。

(7) 双大竜戦 ○叩き込み 12.1秒
 双大竜、仕切り線かなり後方より頭から踏み込む。荒鷲、左前廻しを狙う。双大竜、両手で胸を突き放す。荒鷲、体が離れる。双大竜、前に出、右で顔を押し上げる。荒鷲、右から張る。双大竜、両手で突き放して更に前に出る。荒鷲、土俵際、右から突き、両手で相手の左腕を取り、体を開いてとったりに行く。双大竜、土俵際際どく堪える。荒鷲、そのままとったりで土俵内へ振り回す。双大竜、振り回されるが堪え、右から張って取られた左腕を抜く。両者、体が離れ、互いに右から張る。荒鷲、左腕を伸ばして後ろ廻しを探る。双大竜、腰を引いて廻しを与えず。荒鷲、右から張る。双大竜、突き放しながら前に出、右から張って押す。荒鷲、俵に詰まり、叩きながら左に回る。双大竜、体が飛んで土俵にバッタリ落ちる。

(中) 旭秀鵬戦 ●寄り切り 2.7秒
 旭秀鵬、低く踏み込み、左手を伸ばして深い上手を取り、少し左にずれる。荒鷲、右半身になるが向き直る。旭秀鵬、上手を引きつけて前に出、がぶる。荒鷲、上体が起きて俵を割る。

(9) 蒼国来戦 ●寄り倒し 25.0秒
 荒鷲、仕切り線後方。両者、踏み込む。蒼国来、低く当たって左を差す。荒鷲、左下手を探るが取れず。蒼国来、左差し手を大きく返し、右上手を取って引きつけ、前に出る。荒鷲、土俵際左下手投げで体を入れ替える。蒼国来、土俵際近くになり、左下手を取って両廻し。両者、左四つで止まる(約7秒間)。荒鷲、右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を捻って上手を与えず。荒鷲、また右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を捻りながら前に出、土俵中央に戻る。一呼吸後、蒼国来、右上手投げに行く。荒鷲、左下手を持ち、左足で外掛け。蒼国来、右足で相手の左足を掛け上げ、片足で跳びながら俵に近づく。荒鷲、俵の外に倒れて土俵下に転がり、蒼国来、土俵に這う。

(10) 時天空戦 ○寄り切り 3.2秒
 荒鷲、右肘を固めて踏み込み、左上手前廻しを取る。時天空、左上手に手を掛ける。荒鷲、深い右下手も取って前に出る。時天空、上体が起きて俵に詰まる。荒鷲、右差し手を返しながら寄り切る。

(11) 徳勝龍戦 ○下手投げ 4.1秒
 徳勝龍、頭から踏み込み、右で相手の肩を押さえる。荒鷲、右肘を固めて当たり、手を伸ばして左下手を取る。徳勝龍、左を差し、深い右上手を取って前に出る。荒鷲、素早く左に回り、土俵際体を開いて左下手投げ。徳勝龍、俵の外に左手をついて落ちる。その後、荒鷲、勢い余って土俵下に落ちる。

(12) 旭天鵬戦 ○とったり 3.2秒
 荒鷲、仕切り線少し後方から立つ。旭天鵬、踏み込んで右を差す。荒鷲、左にずれて左上手に手を伸ばすが取れず、左で押っ付けて左に回り、一瞬両手で相手の右腕を取り、左から突いていなす。旭天鵬、土俵下に飛び落ちる。

(13) 北太樹戦 ○掬い投げ 4.6秒
 荒鷲、仕切り線後方。北太樹、左肘を固めて頭から低く踏み込む。荒鷲、左下手を取る。北太樹、左を差し、差し手を返してから左下手を探る。荒鷲、体勢を低くして右から押っ付け、機を見て上体を起こしながら右を巻き替えに行く。北太樹、乗じて左押っ付けで前に出る。荒鷲、土俵際右を差し込み、右掬い投げで体を入れ替える。北太樹、俵の外に出る。

(14) 千代大龍戦 ○とったり 2.7秒
 荒鷲、右肘を固めて踏み込み、左上手に手を伸ばす。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で突き放す。荒鷲、左上手が切れて俵に詰まる。千代大龍、そこを押し出そうとする。荒鷲、相手の右腕を取り、俵伝いに体を開いてとったり。千代大龍、体が飛んで俵の外に落ちる。

(楽) 佐田の海戦 ○掛け投げ 3.8秒
 荒鷲、仕切り線少し後方で先に手をつく。佐田の海、サッと手をついて立ち、右を差す。荒鷲、左上手前廻しを探る。佐田の海、腰を引いて廻しを与えず、左上手を取って前に出る。荒鷲、右下手を取り、土俵際、右に回って下手投げを打ち、更に右足で相手の左足を掛け上げて鮮やかな掛け投げ。佐田の海、体が飛んで俵の外に裏返る。

《2014年名古屋場所取組内容・目次へ》