十一日目・十両。(秋場所)

秋場所十一日目・十両の取り組み。
栃ノ心、徳勝龍を力強く押し出し、11連勝。敗れた徳勝龍は2敗に後退。
1敗の里山は、阿夢露戦で、伝え反り気味に体を離そうとして向き直った際に足が出て敗れ、2敗に後退。
誉富士が青狼との7勝対決に勝ち、勝ち越しを決めた。
<成績上位者>
全勝 栃ノ心
一敗 なし
二敗 徳勝龍、里山(2人)

十両全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。

● 旭大星 4勝7敗 寄り切り ○ 天鎧鵬 3勝3敗 (73.1秒)
 旭大星、先に手をつく。天鎧鵬、仕切り線後方で見せるように右手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。旭大星、左に変わって左上手を取る。天鎧鵬、右差しで向き直る。旭大星、左上手で絞りながら左に回る。天鎧鵬、右半身で右前廻しを探る。旭大星、頭をつけ、右上手前廻しも探る。天鎧鵬、左も差そうとしながら前に出る。旭大星、上体が起きかけるが堪え、右前廻しを取る。天鎧鵬、左差し手を抜き、左で押っ付けながら前に出る。旭大星、上体が起き、土俵際を左に回り、中に戻って頭をつける。天鎧鵬、右下手を持ち、やや高い上体で左で相手の差し手を抱える。旭大星、腰を振って相手の下手を切ろうとするがならず、一呼吸後、左に回りながら出し投げで振り、右前廻しも取って中に戻る。天鎧鵬、左前廻しも取って両廻しになる。旭大星、頭をつけるが、持っている廻しが伸び、一呼吸後、右足を飛ばして相手の足を蹴ろうとする。天鎧鵬、それをかわす。一呼吸後、旭大星、再び右足を飛ばして相手の右足を蹴る。天鎧鵬、少しぐらつくが堪え、右下手を深くする。旭大星、上体が起き、両者、胸が合う体勢になる。旭大星、左上手を引きつけながら右下手を深くする。天鎧鵬、両廻しを引きつけて前に出ようとする。旭大星、堪える。両者、右四つがっぷりで止まる(約5秒間)。旭大星、右下手で振ろうとする。天鎧鵬、両廻しを引きつけて動じず、腰を振って相手の廻しを切ろうとするがならず。両者、止まる(約8秒間)。旭大星、腰を振って廻しを切ろうとするがならず、前に出ようとするが出られず。両者、少し止まる(約3秒間)。旭大星、左に回って両廻しを引きつけ、前に出ようとする。天鎧鵬、引きつけ返し、両廻しを持ってがぶって前に出る。旭大星、仰け反って俵を割る。

● 若荒雄 5勝6敗 押し出し ○ 北はり磨 6勝5敗 (18.7秒)
 北はり磨、先に手をつく。若荒雄、両手をサッとついて素早く両手で肩を突いて相手を起こし、突っ張りながら前に出る。北はり磨、下からあてがい、左から突いて左に回る。両者、体が離れて見合う。若荒雄、右から張り、両手で突き放して前に出る。北はり磨、下からあてがい、土俵際で左に開く。若荒雄、土俵際で向き直り、突き放して前に出る。北はり磨、右足を俵に掛け、右で相手の左上腕を押し上げて中に戻る。若荒雄、叩いて左に回る。北はり磨、落ちずに前に出る。若荒雄、土俵際で更に叩き、右押っ付けで前に出る。北はり磨、俵に詰まり、仰け反りながら右で相手の左上腕を押し上げて相手の右側につき、押しながら一気に前に出る。若荒雄、俵に両足を掛けて上体が起きる。北はり磨、下から押し上げる。若荒雄、俵を割る。

● 大栄翔 4勝7敗 引き落とし ○ 旭日松 7勝4敗 (1.3秒)
 大栄翔、先に手をつく。旭日松、左手をサッとついて踏み込み、両手で押し上げ、相手の手を叩きながら引く。大栄翔、土俵に両手をつく。

● 徳真鵬 3勝8敗 寄り切り ○ 魁 4勝7敗 (7.4秒)
 魁、先に手をつく。徳真鵬、時間を掛け、手をつこうとする。魁、相手が手をつく直前に素早く立ち、頭から踏み込む。徳真鵬、両手で相手の肩を押し上げようとする。魁、右前廻しを取る。徳真鵬、両手で顎を押し上げようとするが止め、右で相手の差し手を抱える。魁、右下手を持ち、前に出ながら左差し手を返し、深い左下手も取ってがぶる。徳真鵬、俵に詰まる。魁、左差し手を大きく返す。徳真鵬、上体が起きて土俵下に落ちる。

□ 芳東 4勝7敗 不戦勝 ■ 舛ノ山 1勝4敗6休
 舛ノ山、「右膝前十字靭帯損傷」のため、休場。

● 朝赤龍 5勝6敗 小手投げ ○ 大道 6勝5敗 (6.1秒)
 朝赤龍、先に手をつく。大道、仕切り線後方で手をサッとついて立つ。朝赤龍、その場で立ち、叩きながら左に変わる。大道、向き直って前に出、右を差し、左で相手の右上腕を押し上げる。朝赤龍、俵伝いに左に回り、相手の差し手を外す。大道、叩いて再び右を差し、左上手を取る。朝赤龍、左で相手の差し手を抱え、深い右下手を取り、体を開いて右下手投げに行く。大道、左上手が切れて小手投げを打ち返す。両者傾くが、朝赤龍が先に左手をついて土俵に落ちる。

● 玉飛鳥 4勝7敗 突き落とし ○ 明瀬山 6勝5敗 (12.3秒)
 玉飛鳥、先に手をつく。明瀬山、ゆっくり腰を下ろし、仕切り線後方にサッと手をついて素早く立つ。玉飛鳥、遅れてその場で立ち、右手を出しながら頭から当たる。明瀬山、左肘を固めて当たり、右前廻しに手を掛ける。玉飛鳥、腰を引いて廻しを与えず、右から押っ付ける。明瀬山、左差し手を抜き、突っ張る。玉飛鳥、下からあてがう。明瀬山、右をのぞかせる。玉飛鳥、左から絞る。明瀬山、右差し手を抜き、右で相手の差し手を抱える。玉飛鳥、左差し、右押っ付けで寄る。明瀬山、俵に詰まって右から突いて左で頭を押さえつける。玉飛鳥、ややゆっくり土俵に落ち、明瀬山、右足一本で残してから俵の外に倒れ、土俵下に転がり落ちる。

● 若の里 3勝8敗 寄り切り ○ 富士東 4勝7敗 (8.4秒)
 富士東、先に手をつく。若の里、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。富士東は左肘を、若の里は右肘を固めて当たる。富士東、突っ張りながら前に出る。若の里、下からあてがって左を差す。富士東、左を差し、がぶって前に出る。若の里、上体が起き、俵伝いに左に回る。富士東、逃さず前に出、腰を下ろして寄り切る。

● 土佐豊 5勝6敗 突き出し ○ 琴勇輝 5勝6敗 (4.9秒)
 両者、仕切り線少し後方。土佐豊、先に手をつく。琴勇輝、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。土佐豊、両腕を交差させる。琴勇輝、相手が当たる前に両手で当たり、両手で顎を押し上げる。土佐豊、仰け反って堪え、右押っ付けで押し上げる。琴勇輝、右に回って体を離す。土佐豊、向き直る。琴勇輝、突き上げながら前に出る。土佐豊、上体が起きて俵に詰まる。琴勇輝、そのまま突き出す。

○ 翔天狼 5勝6敗 寄り切り ● 臥牙丸 4勝7敗 (6.4秒)
 臥牙丸、先に手をつく。翔天狼、左、右と手をついて立つ。両者、頭から踏み込む。臥牙丸、低く当たり、両手で突き放しながら前に出る。翔天狼、下からあてがうが上体が起き、土俵際、左から突いて左に回る。臥牙丸、前のめりになるが向き直る。翔天狼、前に出る。臥牙丸、右喉輪で押し上げる。翔天狼、頭をつけて相手の胸を押し上げ、左押っ付けで寄る。臥牙丸、上体が起きて俵を割る。

○ 千代皇 6勝5敗 叩き込み ● 双大竜 5勝6敗 (7.3秒)
 双大竜、仕切り線少し後方で先に手をつく。千代皇、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。双大竜、頭から踏み込む。千代皇、右を差す。双大竜、左押っ付け、右で顔を突き上げる。千代皇、左で相手の右腕を突く。双大竜、体を離して左に回る。千代皇、突っ張る。双大竜、土俵際突き返し、右喉輪で押し上げながら左に回ろうとする。千代皇、右喉輪で突き放す。両者、体が離れて見合う。千代皇、前に出て両差しになろうとする。双大竜、外から挟みつけながら前に出る。千代皇、左差し手を抜き、土俵際、左で突いて右で頭を叩く。双大竜、体が飛んで土俵に落ちる。

○ 誉富士 8勝3敗 押し出し ● 青狼 7勝4敗 (2.7秒)
 誉富士、先に手をつく。青狼、右手をつき、左手をサッとついて素早く立って踏み込む。誉富士、右肘を固めて当たる。青狼、左前廻しを取る。誉富士、右喉輪で押し、左に開いて左から突く。青狼、向き直る。誉富士、右をのぞかせ、左押っ付けで一気に前に出る。青狼、俵の外に出る。誉富士、勢い余って土俵下に落ちる。

● 里山 9勝2敗 寄り切り ○ 阿夢露 7勝4敗 (5.5秒)
 里山、先に手をつく。阿夢露、仕切り線後方でサッと手をつき、右手を出しながら左手を下げて踏み込む。里山、頭を下げて潜り、左前廻しを探る。阿夢露、右から絞り、左差し手で相手を起こそうとしながら前に出る。里山、上体を起こして後ろ向きに仰け反りながら相手の左腕下をくぐろうとする。阿夢露、左腕で相手の頭を抱えて抜けさせず。里山、土俵際で向き直るが、このとき右足が俵の外に出る。しかし土俵上は誰も気付かず、里山、頭を下げて中に戻り、左前廻しを探る。阿夢露、右から絞り、左差し手を返しながら前に出て相手を起こそうとする。里山、俵に詰まり、左半身になる。ここで行司が審判長が手を上げていることに気付き、取り組みを止め、軍配を阿夢露に上げる。勝負後、里山、左足太腿を痛めたようで、足を少し引きずる。

● 徳勝龍 9勝2敗 押し出し ○ 栃ノ心 11勝0敗 (2.4秒)
 徳勝龍、先に手をつく。栃ノ心、すぐに手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、頭から踏み込む。徳勝龍、左肘を固めて当たり、前に出る。徳勝龍、引いて体を離し、土俵際。栃ノ心、左肘をかち上げ気味に当てて相手を起こし、両手で胸を押す。徳勝龍、土俵下に落ちる。

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
 1位:栃ノ心、2位:阿夢露、3位:北はり磨

《2014年秋場所取組内容・目次へ》