千代大龍 2014年秋(九月)場所取組内容

201409ちよたいりゅう.gif

先場所前頭8枚目で二桁勝利を上げ、今場所は幕内15場所目で新三役に昇進。
初日から横綱大関戦が続き、3連敗スタート。
四日目の関脇・豪風戦で初日を出す。
しかし、五日目から再び黒星が連なり、十日目の豊ノ島戦で右膝の状態を悪化させ、十一日目から休場した。

(初) 白鵬戦 ●叩き込み 2.4秒
 千代大龍、先に両手をつく。白鵬、両手をついて立ち、右から張る。千代大龍、左肘を固めて当たる。白鵬、右上手に手を伸ばす。千代大龍、右に回って上手を与えず。白鵬、押し上げ、頭を押さえつけながら下がる。千代大龍、土俵に這う。

(2) 日馬富士戦 ●押し出し 4.8秒
 千代大龍、手をつく。日馬富士、すぐにサッと手をつき、踏み込み、押し上げる。千代大龍、相手の手を叩いて引き、突っ張る。日馬富士、突っ張り返す。千代大龍、上体が起き、叩きながら引く。日馬富士、乗じて前に出る。千代大龍、俵の外に出る。

(3) 稀勢の里戦 ●寄り切り 31.4秒
 稀勢の里、仕切り線少し後方で先に手をつく。千代大龍、両手をサッとつき、両者、合わせて立つ。稀勢の里、頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で突き放す。稀勢の里、上体が起きる。千代大龍、突っ張り、少し引く。稀勢の里、乗じて押しながら前に出る。千代大龍、俵に両足を掛けて堪え、突っ張りながら中に戻り、押し上げて更に前に出る。稀勢の里、土俵際左を差す。千代大龍、頭をつけ、右で相手の左上腕を押して差し手を嫌う。稀勢の里、右で相手の差し手を抱える。千代大龍、下がって右上手を探るが取れず、左下手を取る。稀勢の里、右上手に手を伸ばす。千代大龍、腰を遠ざけて上手を与えず。稀勢の里、何度も右上手に手を伸ばすが取れず、左下手を取る。千代大龍、腰を振って相手の下手を切ろうとする。稀勢の里、その機に深い右上手を取って前に出る。千代大龍、土俵際、すぐに左下手投げに行く。稀勢の里、右上手を持って堪え、再び左を差そうとする。千代大龍、右で相手の差し手を嫌い、頭をつける。稀勢の里、左筈で押し上げながら、右上手を引きつけて寄る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(4) 豪風戦 ○引き落し 1.6秒
 千代大龍、先に両手をつく。豪風、仕切り線少し後方にサッと手をつき、頭から低く踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪、左喉輪で押し上げ、相手の手を叩きながら右に開く。豪風、前に落ちて土俵に転がる。

(5) 豪栄道戦 ●叩き込み 3.2秒
 豪栄道、右手を下ろそうとするが、相手がなかなか手をつかず、一旦その手を引く。その後、右手をつき、相手が動くのを見て体重を前に掛ける。しかし、やはり相手が手をつかず、右手を引き、立合いを嫌って腰を上げる。2度目、千代大龍、仕切り線少し後方で先に右手をつき、相手が手を下ろそうとしたとき、先に立って踏み込む。豪栄道、やや立ち遅れ、その場で立って左肘を固める。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で押し上げる。豪栄道、上体が起き、相手の手を叩きながら左に回る。千代大龍、向き直って押し出そうとする。豪栄道、更に叩きながら俵伝いに素早く左へ回る。千代大龍、前に飛んで俵の外に落ち、豪栄道、俵の外に出る。軍配、豪栄道。物言いがつき、千代大龍の体が先に飛んでいることを確認、「軍配通り」、豪栄道の勝ち。

(6) 高安戦 ●上手投げ 11.5秒
 高安、先に両手をつく。千代大龍、仕切り線少し後方に手をつこうとする。高安、その瞬間に立つ。千代大龍、両手突きに行く。高安、右に動いて右上手に手を掛ける。千代大龍、右に回って上手を与えず。高安、左下手を取る。千代大龍、左を差して差し手を返し、右上手に手を伸ばすが取れず。千代大龍の廻しの結び目がほどけたため、ここで『廻し待った』。行司木村玉治郎、廻しを締め直し、両者の廻しを叩いて取り組み再開(22秒間)。高安、右上手に何度も手を伸ばし、上手を取り、両廻しを引きつけて前に出る。千代大龍、右上手を探る。高安、右に回って廻しを遠ざけながら上手投げ。千代大龍、土俵に尻もち。

(7) 鶴竜戦 ●寄り切り 3.0秒
 千代大龍、相手が腰を下ろす前に両手をつく。鶴竜、右手をつき、左手を下ろして立ち、頭から踏み込む。千代大龍、右手を出し、左肘を固めて当たる。鶴竜、すぐに右上手を取り、左上手にも手を掛ける。千代大龍、右を差そうとする。鶴竜、右上手を取って右に回り、左前廻しも取り、両廻しを引きつけて一気に前に出る。千代大龍、腰が伸びて俵を割る。

(中) 照ノ富士戦 ●寄り切り 10.6秒
 照ノ富士、仕切り線少し後方で先に手をつき、相手が手をつく前に突っ掛け、その場で立った相手に右肘を相手にぶつける。千代大龍、土俵際まで下がる。2度目、千代大龍、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をついて立つ。千代大龍、右手を出し、左肘を固めて踏み込む。照ノ富士、両手を下げて当たり、左下手に手を掛ける。千代大龍、右喉輪で突き放す。照ノ富士、再び左下手に手を掛ける。千代大龍、叩いて体を離す。照ノ富士、突き放し、両者、突き放し合い。照ノ富士、左で相手の右腕を抱え、右を差そうとする。千代大龍、右差し手を抜いて体を離し、右上手に手を伸ばして取り、左で頭を叩きながら右に回り、左喉輪で押し上げる。照ノ富士、下がらず左下手を持って前に出、右から押っ付ける。千代大龍、右上手を持ったまま俵に詰まる。照ノ富士、左下手を持ち、右押っ付けで押し上げながら相手を俵の外に出す。

(9) 琴奨菊戦 ●寄り切り 4.4秒
 千代大龍、相手が腰を下ろす前に手をつく。琴奨菊、左手を見せるように下ろし、右手をサッとついて立つ。千代大龍、素早く立つ。琴奨菊、頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たる。琴奨菊、左を差し、右で相手の差し手を抱え、がぶって前に出る。千代大龍、俵に詰まる。琴奨菊、左差し手を返しながらそのまま寄り切る。

(10) 豊ノ島戦 ●突き落し 5.9秒
 豊ノ島、先に右手をつく。千代大龍、すぐに両手をサッとついて突っ掛ける。2度目、豊ノ島、先に右手をつき、相手が手をつく瞬間に立ち、両腕を交差させて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右で突き放す。豊ノ島、差そうとする。千代大龍、両手で顎を突き上げる。両者、体が離れる。豊ノ島、両腕を交差させ、千代大龍、左肘を固めて当たる。両者、体が離れる。豊ノ島、左喉輪で突き上げる。千代大龍、左で突き放す。豊ノ島、土俵際、右から突きながら右に開く。千代大龍、前につんのめるが、相手を押し出そうとする。豊ノ島、そこを更に俵の上で叩く。千代大龍、前に落ち、豊ノ島、俵の外に出る。両者のタイミングが微妙だったが、軍配、千代大龍。「物言い」がつき、同体か協議した結果、豊ノ島の足が残っていると判断、「軍配差し違え」で豊ノ島の勝ちとなる。勝ち名乗りの際、行司式守勘太夫が軍配の上に乗せた懸賞金を落とし、拾って渡す。VTRでは、豊ノ島の踵が出るのが早く見えた。

(11) 遠藤戦 ■ 不戦勝 
 千代大龍、「右膝内側側副靭帯損傷」のため、休場。

《2014年秋場所取組内容・目次へ》