豊ノ島 2014年秋(九月)場所取組内容

201409とよのしま.gif

先場所は前頭10枚目と番付を落とすが、10場所ぶりの二桁勝利を上げる。
前頭2枚目の今場所、初日の稀勢の里戦で左膝内側側副靱帯を痛め、翌日から休場。
六日目から再出場し、3連敗で中日に負け越し決定。
しかし九日目から4連勝、十四日目、千秋楽と2連勝し、6勝を上げる。

(初) 稀勢の里戦 ●押し出し 7.2秒
 豊ノ島、先に右手をつく。稀勢の里、仕切り線後方に手をつき、両者、合わせて立つ。豊ノ島、両腕を交差させる。稀勢の里、左肘を固めて踏み込む。豊ノ島、右をのぞかせる。稀勢の里、左で押っ付けながら一気に前に出る。豊ノ島、浅い両差しになるが、俵に詰まる。稀勢の里、外から挟みつけながら圧力を掛け続ける。豊ノ島、俵に両足を掛けて堪える。稀勢の里、相手の胸を押し上げ、俵の外に出す。

(2) 豪栄道 戦 ■ 不戦勝 
 豊ノ島、左膝内側側副靱帯損傷のため、休場。

(3)~(5) 休場 

(6) 常幸龍戦 ●叩き込み 2.8秒
 常幸龍、先に右手をつく。豊ノ島、なかなか手をつかず、右手をサッとついて素早く立ち、両腕を交差させて踏み込む。常幸龍、右肘を固めて低く当たる。豊ノ島、左を差して前に出る。常幸龍、上体が起き、右で頭を叩きながら下がり、土俵際左で背中も叩く。豊ノ島、足が出ずに土俵に這い、常幸龍、左足一本で残す。

(7) 白鵬戦 ●押し出し 2.4秒
 豊ノ島、先に手をつく。白鵬、右手をつき、左手をサッとついて立ち、右肘を固めて踏み込む。豊ノ島、両腕を交差させて当たる。白鵬、左喉輪で押し上げながら前に出、右で押っ付ける。豊ノ島、引いて体を離すが俵の上。白鵬、そこを右で押す。豊ノ島、左足が俵の外に滑り出る。

(中) 鶴竜戦 ●突き落し 2.5秒
 豊ノ島、先に手をつく。鶴竜、右手をつき、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊ノ島、両腕を交差させる。鶴竜、頭から低く当たり、左喉輪で押し上げ、その手を外して叩きながら下がる。豊ノ島、左差しで前に出る。鶴竜、土俵際右から突く。豊ノ島、右で相手の左足を抱えて堪えようとするが、体が裏返って土俵に転がる。

(9) 照ノ富士戦 ○肩透かし 6.1秒
 照ノ富士、相手が腰を下ろす前に手をつく。豊ノ島、ゆっくり腰を下ろし、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、両腕を交差させる。照ノ富士、踏み込んで両上手を探るが取れず。豊ノ島、両差しでがぶって前に出る。照ノ富士、外から抱えて堪え、土俵際、左から振って左に回る。豊ノ島、両差しで前に出続け、左差し手を抜いて下がりながら叩く。照ノ富士、土俵に落ちる。

(10) 千代大龍戦 ○突き落し 5.9秒
 豊ノ島、先に右手をつく。千代大龍、すぐに両手をサッとついて突っ掛ける。2度目、豊ノ島、先に右手をつき、相手が手をつく瞬間に立ち、両腕を交差させて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右で突き放す。豊ノ島、差そうとする。千代大龍、両手で顎を突き上げる。両者、体が離れる。豊ノ島、両腕を交差させ、千代大龍、左肘を固めて当たる。両者、体が離れる。豊ノ島、左喉輪で突き上げる。千代大龍、左で突き放す。豊ノ島、土俵際、右から突きながら右に開く。千代大龍、前につんのめるが、相手を押し出そうとする。豊ノ島、そこを更に俵の上で叩く。千代大龍、前に落ち、豊ノ島、俵の外に出る。両者のタイミングが微妙だったが、軍配、千代大龍。「物言い」がつき、同体か協議した結果、豊ノ島の足が残っていると判断、「軍配差し違え」で豊ノ島の勝ちとなる。勝ち名乗りの際、行司式守勘太夫が軍配の上に乗せた懸賞金を落とし、拾って渡す。VTRでは、豊ノ島の踵が出るのが早く見えた。

(11) 千代丸戦 ○押し出し 8.1秒
 豊ノ島、先に手をつき、相手が手をつく瞬間に素早く立ち、両腕を交差させて踏み込む。千代丸、両手突きから顎を押し上げる。豊ノ島、仰け反りながら堪え、右で相手の左上腕を押し上げながら前に出る。千代丸、喉輪で押す。豊ノ島、体を密着させて前に出る。千代丸、俵に詰まる。豊ノ島、相手の腹を押し上げる。千代丸、仰け反って堪え、俵の上で頭を叩くが、俵の外に出る。

(12) 遠藤戦 ○寄り切り 18.1秒
 豊ノ島、先に手をつく。遠藤、サッと手をついて立つ。豊ノ島、素早く立って両腕を交差させる。遠藤、左肘を固めて低く踏み込む。豊ノ島、右を差そうとする。遠藤、左、右と顎で突き上げ、右上手に手を伸ばす。豊ノ島、左を差し、右上手に手を伸ばしながら前に出る。遠藤、腰を引いて上手を与えず、左下手を探る。豊ノ島、体を右に傾けながら右で絞る。遠藤、左下手を取る。両者、止まる(約5秒間)。遠藤、右上手に手を伸ばすが取れず。豊ノ島、右押っ付けから右上手を探りながら前に出る。遠藤、俵に詰まる。豊ノ島、土俵際で右上手を取り、引きつけて寄る。遠藤、上体が起きて俵を割る。

(13) 魁聖戦 ●突き落し 8.1秒
 豊ノ島、先に手をつく。魁聖、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両腕を交差させて踏み込む。豊ノ島、両腕を交差させて低く当たる。魁聖、差そうとしていた右を抜く。豊ノ島、両差しになりながら前に出る。魁聖、土俵際、右前廻しに手を掛ける。豊ノ島、深い左上手を探る。魁聖、俵に足を掛けながら右差し手を返して相手に上手を与えず、肩越しの左上手を探る。豊ノ島、腰を捻って上手を与えず。魁聖、右差し手を返す。豊ノ島、左腕がバンザイになる。魁聖、そのままその右で突く。豊ノ島、体が振られながらも寄る。魁聖、俵伝いに体を開く。豊ノ島、前に落ちる。その後、魁聖、俵の外に手をつく。

(14) 佐田の富士戦 ○押し出し 36.2秒
 豊ノ島、先に手をつく。佐田の富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、素早く立つ。豊ノ島、右肘を固める。佐田の富士、右肘を固めて当たり、突っ張る。豊ノ島、下がらず、下からあてがって左を差す。佐田の富士、右で押っ付ける。豊ノ島、右上手を探るが取れず、右から押っ付け、右上手を取って頭をつける。佐田の富士、左手で相手の右手首を掴んで廻しを切る。両者、足が止まり、豊ノ島は左をのぞかせて低い体勢、佐田の富士は右で押っ付けやや高い体勢で、向正面側で差し手争い(約6秒間)。佐田の富士、右押っ付けで相手を起こして前に出ようとする。豊ノ島、逆に左差しで前に出る。佐田の富士、堪えて右押っ付けで中央にも戻る。両者、足が止まり、豊ノ島は左をのぞかせて低い体勢、佐田の富士は右で押っ付けやや高い体勢で、佐田の富士が左手で相手の右手首を掴んだ状態で止まる(約12秒間)。豊ノ島、右前腕で相手の胸を押し上げながら左差しで前に出る。佐田の富士、右足が俵に掛かる。豊ノ島、腰を下ろし、右筈で胸を押し上げ、腹をぶつけるようにして寄る。佐田の富士、上体が起きて俵を割る。

(楽) 栃乃若戦 ○寄り切り 5.2秒
 豊ノ島、先に手をつく。栃乃若、仕切り線後方でサッと手をつく。豊ノ島、素早く立ち、両腕を交差させて頭から踏み込む。栃乃若、やや右にずれて右上手を取る。豊ノ島、両差しで前に出る。栃乃若、俵に詰まる。豊ノ島、左半身になりながらがぶり、相手の上手を切る。栃乃若、上体が起きて俵を割る。

《2014年秋場所取組内容・目次へ》