安美錦 2014年秋(九月)場所取組内容

201409あみにしき.gif

8場所ぶりの小結復帰だった先場所は、3勝12敗と大きく負け越し、また十三日目に負傷した左膝治療のため、場所後入院した。
今場所は、序盤は2勝3敗と黒星先行。
しかし、六日目から白星を連ね、十一日目、取り直しの相撲の末に早くも勝ち越しを決め、そのまま8連勝する。
十四日目に大関琴奨菊と、千秋楽に新入幕ながら優勝争いをした逸ノ城と対戦して連敗するも、10勝5敗と二桁勝利を上げる。
また、2010年1月場所以来、27場所ぶりの技能賞を受賞した。

(初) 勢戦 ●押し出し 8.3秒
 勢、先に右手をつく。両者、合わせて立つ。勢、右肩から踏み込む。安美錦、やや左にずれて当たり、右喉輪で押し上げ、左押っ付けでいなす。勢、向き直る。安美錦、押し上げる。勢、右から張り、左を差す。安美錦、右押っ付けで前に出る。勢、左を差し込み、差し手を返す。安美錦、右で頭を抱えながら一気に引く。勢、前のめりになる。安美錦、飛んで俵の外に出、その後、勢、俵の外に倒れる。

(2) 松鳳山戦 ○叩き込み 9.2秒
 安美錦、素早く立って頭から踏み込む。松鳳山、両手突きから突き放す。安美錦、下がらず突き放しながら前に出る。松鳳山、俵に詰まり、相手の手を叩きながら土俵際を右に回る。両者、突き放し合う。松鳳山、右喉輪で押し上げる。安美錦、相手の喉輪を手繰って外し、頭をつける。松鳳山、顔に向かって突っ張り、相手を起こす。安美錦、下からあてがい、機を見て叩きながら大きく引く。松鳳山、前に飛んで土俵に転がる。

(3) 大砂嵐戦 ○寄り切り 9.1秒
 大砂嵐、仕切り線少し後方で先に両手をつく。安美錦、サッと手をつき、小さくぴょんと左に出る。大砂嵐、両手突きに行く。安美錦、左に回りながら相手の手を手繰っていなす。大砂嵐、向き直り、顎に向かって突き放す。安美錦、低い体勢で前に出る。大砂嵐、右で相手の頭を叩きながら下がり、土俵際左に回って体を入れ替え、左を差して下手を取る。安美錦、土俵際、左で相手の右上腕を押し上げ、前に出ながら深い右上手を取り、右に回って頭を叩き、体を開き右上手投げで振り回して俵に追い詰め、左筈で相手の腹を押し上げながら寄り切る。大砂嵐、土俵下に飛び落ちる。

(4) 荒鷲戦 ●叩き込み 13.8秒
 荒鷲、仕切り線後方で先に手をつく。安美錦、サッと手をつき、素早く立ち、頭から踏み込む。荒鷲、少し遅れて立ち、両手を下げて当たる。安美錦、左にずれて当たり、右喉輪で相手を起こす。荒鷲、両手で相手の右腕を手繰りながら左に開いていなす。安美錦、向き直り、左を差す。荒鷲、右で相手の差し手を抱える。安美錦、深い右上手を取り、上手投げに行く。荒鷲、左差し手を抜いて押っ付ける。安美錦、右下手を持って前に出る。荒鷲、右を差そうとするがならず、左で押っ付けながら土俵際を左に回り、右を差し込みながら中に戻る。安美錦、左で内無双。荒鷲、体勢を崩しかけるが堪え、左に回って体を離しながら叩く。安美錦、土俵に落ちる。

(5) 玉鷲戦 ●突き出し 6.8秒
 玉鷲、先に手をつく。安美錦、両手をサッとつき、両者、頭から踏み込む。玉鷲、両手で突き起こし、突っ張りながら前に出る。安美錦、相手の右腕を手繰る。玉鷲、構わず前に出る。安美錦、突き返すが前に出られず、俵に詰まる。玉鷲、休まず突っ張る。安美錦、下からあてがうが俵の上で仰け反り、右から突いて右に回ろうとする。玉鷲、逃さず突く。安美錦、俵の外に出る。

(6) 千代鳳戦 ○寄り切り 7.2秒
 安美錦、相手が手をつく前に、サッと手をついて突っ掛ける。2度目、千代鳳、仕切り線少し後方で先に手をつく。安美錦、右手をサッとついて立ち、両手を下げて頭から踏み込む。千代鳳、左肘を固めて頭から踏み込み、左を差す。安美錦、左筈で押し、右押っ付けから相手の左上腕を押し上げ、右下手を取る。千代鳳、起こされた体勢を低くし、左で相手の差し手を抱え、左上手を探りながら前に出る。安美錦、左に回って上手を与えず、右下手を持ち、左押っ付けで前に出る。千代鳳、引いて右で叩く。安美錦、乗じて一気に前に出る。千代鳳、土俵下に飛び落ちる。

(7) 栃乃若戦 ○送り出し 14.1秒
 栃乃若、仕切り線後方で先に手をつく。安美錦、手をサッとついて頭から踏み込む。栃乃若、両手を下げて踏み込む。安美錦、左にずれて当たり、右筈で押し上げ、左で手前に突く。栃乃若、前のめりになるが堪える。安美錦、両手で突き上げ続ける。栃乃若、下からあてがって堪える。安美錦、機を見て左から突く。栃乃若、向き直る。安美錦、両手で顎を突き上げて相手を仰け反らせ、下から押し上げながら前に出る。栃乃若、土俵際。安美錦、相手の右側につき、左押っ付けで一気に前に出る。栃乃若、背中を見せて俵に詰まる。安美錦、後ろから押す。栃乃若、土俵下に落ちる。

(中) 北太樹戦 ○叩き込み 4.4秒
 安美錦、先に右手をつき、相手が手をつく前に立つ。北太樹、遅れて立つ。安美錦、低く当たって右を差す。北太樹、左上手を取るが、上体が起きて左に回る。安美錦、左押っ付けで前に出る。北太樹、土俵際で上手が切れ、叩きながら土俵際を左に回る。安美錦、乗じて突き上げながら前に出る。北太樹、土俵際体勢を低くして中に入ろうとする。安美錦、そこを叩く。北太樹、土俵に落ちる。

(9) 魁聖戦 ○下手投げ 9.0秒
 魁聖、相手が腰を下ろす前に両手をつく。安美錦、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両手を下げて踏み込む。安美錦、左にずれて当たり、右を差して差し手を返す。魁聖、右を差そうとしながら前に出る。安美錦、左から絞り、土俵際右下手を取る。魁聖、寄りながら左上手を取る。安美錦、俵に足を掛けて堪え、右半身になりながら俵伝いに右に回る。魁聖、右でも前廻しを探る。安美錦、左で相手の右手を外し、右下手で投げ捨てる。魁聖、土俵に落ちる。

(10) 豊響戦 ○押し出し 7.4秒
 豊響、先に手をつく。安美錦、右手をサッとついて立つ。両者、頭で当たり合う。豊響、突っ張る。安美錦、下からあてがい、左押っ付けでいなす。豊響、向き直って左喉輪で押し上げる。安美錦、相手の左腕を右押っ付けで突いていなす。豊響、大きく泳ぎ、土俵際で向き直る。安美錦、一気に前に出、両手で胸を押し上げる。豊響、土俵下に落ちる。

(11) 嘉風戦 ○叩き込み 2.7秒
 嘉風、相手が腰を下ろす前に手をつく。安美錦、サッと手をついて頭から踏み込む。嘉風、両手で突き上げ、相手の手を叩いて体を離す。安美錦、両手で突き放す。嘉風、両足が俵に掛かる。安美錦、突き上げ、叩きながら一気に引き、土俵際右に開く。嘉風、前に飛び落ち、安美錦、土俵下に飛び落ちる。軍配、安美錦。「物言い」がつき、協議の結果、安美錦の足が出るのと、嘉風の体が落ちるのが同時と見て、「取り直し」となる。VTRでは、安美錦の踵が残っているように見えた。(4.7秒)<取り直しの相撲>嘉風、相手が腰を下ろす前に手をつく。安美錦、サッと手をつき、頭から踏み込む。嘉風、突き放す。安美錦、右で相手の手を叩き、右で頭を抱える。嘉風、左下手を取る。安美錦、右で頭を押さえながらのぞかせた左で掬うように押し上げて左に回り、そのまま下がる。嘉風、体が伸びて土俵に落ちる。(2.7秒)

(12) 旭天鵬戦 ○押し出し 3.0秒
 旭天鵬、先に手をつく。安美錦、手をサッとついて素早く立ち、左に変わって左廻しを取る。旭天鵬、向き直って右をねじ込む。安美錦、頭をつけて一気に前に出る。旭天鵬、左、右と相手の腕を引っ張り込み、左上手に手を掛けるが俵に詰まり、左に回り込もうとする。安美錦、体勢を低くして上手を与えず前に出る。旭天鵬、回り切れずに右足が俵の外に出る。その後、安美錦、前に落ちて土俵に転がる。

(13) 隠岐の海戦 ○肩透かし 19.7秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方で先に右手をつく。安美錦、サッと手をついて立つ。隠岐の海、両肘を固めて踏み込む。安美錦、左にずれて当たり、右喉輪で押し上げる。両者、両手で突き放し合う。安美錦、左で相手の右脇を、右で相手の左上腕を押しながら前に出る。隠岐の海、左で押っ付けて堪える。安美錦、左をのぞかせ、右で叩きながら肩すかしを引き、再び左をのぞかせ、右から絞る。隠岐の海、体が左に傾くが、堪えて前に出る。安美錦の右、隠岐の海の左で差し手争い。安美錦、機を見て左に開き、右で叩いて肩透かし。隠岐の海、前に飛び落ちる。

(14) 琴奨菊戦 ●小手投げ 10.3秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。琴奨菊、右肘を固めて踏み込む。安美錦、両手を下げて低く当たり、左を差し込む。琴奨菊、右で差し手を抱えながら左を差そうとする。安美錦、左差し手を返しながら右を差して両差しになる。琴奨菊、外から抱えて一気に前に出る。安美錦、俵に詰まり、土俵際を右に回って左から掬い、更に右から掬い、左下手を取る。琴奨菊、右小手で中に振りながら左を巻き替える。安美錦、右から押っ付けながら前に出る。琴奨菊、土俵際、右小手投げを下に打ち、左で頭を押さえる。安美錦、土俵に転がる。

(楽) 逸ノ城戦 ●押し出し 4.5秒
 安美錦、相手が手をつこうとしたときに、サッと手をついて素早く立つ。逸ノ城、遅れて立ち、両手を下げて踏み込もうとする。安美錦、左にずれて両肘を固めながら当たり、右を差し、頭をつけて左から絞る。逸ノ城、右を深く差し込もうとする。安美錦、左を素早く巻き替えようとする。逸ノ城、右から絞って十分差させず。安美錦、左差し手を抜き、左で叩きながらの肩透かしで下がる。逸ノ城、乗じて一気に前に出る。安美錦、土俵下に落ちる。

《2014年秋場所取組内容・目次へ》