玉鷲 2014年秋(九月)場所取組内容

201409たまわし.gif

先場所は3勝12敗と大きく負け越す。
初日白星スタートだったものの、二日目から3連敗。五日目は今場所技能賞の安美錦を破るも、六日目からまた4連敗し、九日目で早くも7敗と追い込まれる。
そこから4連勝して踏み止まる。十三日目の蒼国来戦は1分30秒近い相撲で勝利。
十四日目に高安の掬い投げに敗れて負け越し決定。
しかし千秋楽、旭天鵬を小手投げで倒して7勝8敗に留める。

(初) 荒鷲戦 ○送り出し 9.5秒
 両者、仕切り線少し後方で仕切る。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。玉鷲、右手を出し、やや左にずれて踏み込む。荒鷲、左前廻しを探る。玉鷲、押し上げ、両手で突き放しながら前に出る。荒鷲、左に回り、左押っ付けで前に出る。玉鷲、引いて体を離すが土俵際。荒鷲、左下手を探る。玉鷲、すぐに右小手に振って相手の廻しを切る。荒鷲、振られて土俵際。玉鷲、相手の後ろについて押す。荒鷲、向き直ろうとするが、俵の外に出る。両者、土俵下に落ちる。勝負後、荒鷲、鼻血が出る。

(2) 栃煌山戦 ●引き落し 2.8秒
 両者、仕切り線少し後方。栃煌山、相手が手をつこうと動いた際に、素早く立って踏み込む。玉鷲、立ち遅れてその場で立つ。栃煌山、両差しになろうとする。玉鷲、突き上げる。栃煌山、叩いて左に開く。玉鷲、前に泳いで落ちる。

(3) 松鳳山戦 ●突き出し 3.2秒
 玉鷲、左手をつき、松鳳山、すぐに両手をサッとついて立ち、両手突き。玉鷲、上体が起こされ、右で押し上げようとするが、手が外れて一瞬右半身。松鳳山、右喉輪で押し上げて一気に前に出る。玉鷲、俵に詰まり、右から突こうとする。松鳳山、逃さず突く。玉鷲、俵の外に出る。

(4) 佐田の海戦 ●寄り切り 3.7秒
 佐田の海、先に手をつく。玉鷲、手をサッとつき、両者、立つ。両者、頭で当たり合う。玉鷲、突き上げる。佐田の海、押し返して前に出る。玉鷲、上体が起きて俵を割る。

(5) 安美錦戦 ○突き出し 6.8秒
 玉鷲、先に手をつく。安美錦、両手をサッとつき、両者、頭から踏み込む。玉鷲、両手で突き起こし、突っ張りながら前に出る。安美錦、相手の右腕を手繰る。玉鷲、構わず前に出る。安美錦、突き返すが前に出られず、俵に詰まる。玉鷲、休まず突っ張る。安美錦、下からあてがうが俵の上で仰け反り、右から突いて右に回ろうとする。玉鷲、逃さず突く。安美錦、俵の外に出る。

(6) 北太樹戦 ●押し出し 7.1秒
 玉鷲、仕切り線少し後方の位置。両者、ほぼ同時に手をサッとついて立ち、頭で当たり合う。北太樹、左を差す。玉鷲、右喉輪で突き放す。北太樹、左手を伸ばして廻しを取り、両差しになって前に出る。玉鷲、相手の廻しを切り、右で押っ付けながら土俵際を右に回る。北太樹、そのまま前に出、両手で相手の胸を押す。玉鷲、俵の外に出る。

(7) 魁聖戦 ●突き出し 3.3秒
 玉鷲、相手が腰を下ろす前に手をつき、相手が手をつこうとしたとき、素早く立ち、左にずれながら両手突き。魁聖、完全に立ち遅れ、行司が止める。2度目、玉鷲、相手が腰を下ろす前に手をつく。魁聖、仕切り線後方に手をつく。玉鷲、素早く立ち、やや左にずれて頭から踏み込む。魁聖、両手を下げて当たる。玉鷲、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。魁聖、右半身で下がらず、突き放しながら前に出る。玉鷲、俵に詰まり、左で相手の手を突くが、右足が俵の外に出る。

(中) 旭秀鵬戦 ●寄り切り 17.3秒
 玉鷲、先に左手をつく。旭秀鵬、左手をつこうとするが止めて手を引き、少し経ってから左手をつく。玉鷲、ついていた左手を引き、旭秀鵬も手を引く。両者、見合う。玉鷲、左手をつく。旭秀鵬、左手をサッとついて立ち、両手を下げて踏み込む。玉鷲、頭から当たり、右に踏み出し、前に出ながら右上手に手を掛けるが取れず。旭秀鵬、左差し手を返し、右で相手の腕を抱える。玉鷲、右で相手の差し手を抱える。旭秀鵬、左差し手を返して下手を取り、右上手も取る。玉鷲、左筈で脇にあてがい、右で相手の腕を抱える。旭秀鵬、両廻しを引きつけて前に出る。玉鷲、上体が起き、右で小手に振ろうとするが俵に詰まり、腰を捻って相手の廻しを切る。旭秀鵬、深い左下手を取り直す。玉鷲、左足を俵に掛けて体勢を低くし、右で差し手を抱えて左を差す。旭秀鵬、深い左下手を持って頭をつけ、右を巻き替え、右差し手を返しながら寄る。玉鷲、上体が起きて俵を割る。

(9) 千代鳳戦 ●押し出し 8.9秒
 玉鷲、先に手をつく。千代鳳、体を上下に揺すってから仕切り線後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、頭から踏み込む。千代鳳、低く当たる。玉鷲、突き起こす。千代鳳、下がらず、左で相手の右手首を掴んで前に出る。玉鷲、叩きながら下がり、右に回る。千代鳳、落ちずに向き直る、玉鷲、押し上げる。千代鳳、下から押し上げながら前に出る。玉鷲、右に回って体を離し、土俵際、体勢を低くして押す。千代鳳、左で廻しを取って左に回り、右喉輪で押し上げる。玉鷲、上体が起き、左で喉輪を突いて外しながら俵伝いに左へ回る。千代鳳、左下手を持ってついて行く。玉鷲、左で相手の右手首を掴んだまま、回り切れずに俵の外に出る。

(10) 時天空戦 ○押し出し 9.0秒
 両者、ほぼ同時に手をつき、すぐに立つ。時天空、左から張り、左に回って左上手を取り、右で顎を押す。玉鷲、土俵際向き直り、右で押っ付け、左で相手の右肘にあてがいながら前に出る。時天空、左廻しを持って左に回る。玉鷲、右で相手の左肘を極め気味に前に出る。時天空、右廻しも取るが俵に詰まる。玉鷲、右で極めながら左喉輪で押し上げて前に出る。時天空、両廻しを持って仰け反りながら俵伝いに右へ回る。玉鷲、逃さず押し出す。

(11) 佐田の富士戦 ○押し出し 10.9秒
 玉鷲、先に手をつき、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、玉鷲、先に手をつく。佐田の富士、サッと手をついて立ち、両者、頭で当たり合う。玉鷲、右喉輪で押し上げながら前に出る。佐田の富士、左で押っ付けながら堪える。玉鷲、体勢を低くし、右押っ付けで押し上げながら前に出る。佐田の富士、右足が俵に詰まるが、右で相手の左上腕を押し上げ、両手で押しながら少し中に戻る。玉鷲、右押っ付けから右上手で結び目を取り、上手投げで振るがやや呼び込んで土俵際。佐田の富士、押し上げながら前に出る。玉鷲、下からあてがうが俵に詰まり、左押っ付けで相手を右半身にし一気に前に出る。佐田の富士、上体が起きて土俵下に落ちる。

(12) 千代丸戦 ○押し出し 3.2秒
 玉鷲、先に手をつく。千代丸、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代丸、両手突き。玉鷲、頭から当たる。千代丸、両手で突き起こして突っ張る。玉鷲、下がらず、突っ張りながら前に出る。千代丸、俵に詰まり、左から突いて左に回ろうとする。玉鷲、相手の腹を押す。千代丸、俵の外に出る。

(13) 蒼国来戦 ○小手投げ 83.4秒
 玉鷲、先に手をつく。蒼国来、左手をつき、少ししてから突っ掛ける。2度目、両者、ほぼ同時に手をつく。蒼国来、素早く立って、頭から踏み込む。玉鷲、少し遅れて、その場で両手突き。蒼国来、廻しを探る。玉鷲、腰を引いて廻しを与えず。両者、頭を下げて押し合う。玉鷲、相手の肩に両手を置く。蒼国来、相手の手を叩いて少し引く。玉鷲、押し上げながら前に出る。蒼国来、左をのぞかせる。玉鷲、右で絞り、左喉輪で押し上げる。蒼国来、前に出る。玉鷲、左足が俵に掛かるが、頭を下げて堪える。両者、頭をつけ合って止まる(約6秒間)。蒼国来、押して前に出ようとするがならず。両者、しばらく止まる(約23秒間)。蒼国来、相手を起こそうとする。玉鷲、堪える。両者、止まる(約24秒間)。蒼国来、押すが相手を起こせず、少し叩く。玉鷲、右で小手に巻き、左で頭を押さえながら右に回って体を入れ替える。蒼国来、土俵際。玉鷲、土俵内に右小手投げで振り回す。蒼国来、左差しで向き直る。玉鷲、頭をつけて右から押っ付ける。蒼国来、右で叩き、左差し手を抜いて上手を探る。玉鷲、右で小手に巻き、土俵際、体を開いて右小手投げ。蒼国来、土俵下に落ちる。

(14) 高安戦 ●掬い投げ 5.9秒
 両者、ほぼ同時に手をついてすぐに立ち、頭から踏み込む。玉鷲、突き放す。高安、顎に向かって突っ張る。玉鷲、土俵際、右から突いていなし、右で後ろ廻しを取り、左喉輪で押し上げながら前に出る。高安、左半身で下がるが、右で喉輪を外しながら左で掬う。玉鷲、右上手が切れ、左肘から土俵に落ちる。

(楽) 旭天鵬戦 ○小手投げ 7.0秒
 旭天鵬、先に手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。旭天鵬、右腕を出して踏み込む。玉鷲、やや左にずれて両手突き、右喉輪で突き放し、突っ張ろうとする。旭天鵬、突き返して前に出る。玉鷲、土俵際で右を差し、左で押っ付ける。旭天鵬、左上手に手を伸ばす。玉鷲、左に回って少し中に戻る。旭天鵬、右差し手を抜き、左下手を取る。玉鷲、すぐに右小手で振りながら左で頭を押さえて相手を俵に追い詰める。旭天鵬、上体が起きて俵を割る。

《2014年秋場所取組内容・目次へ》