佐田の海 2014年秋(九月)場所取組内容

201409さだのうみ.gif

入幕3場所目。新入幕時より体重が5kg程増えたとのこと。
序盤3勝2敗と白星先行。
六日目の栃煌山戦では、「物言い」がつきながらも突き落としで勝利。そこから3連勝した。
九日目、新入幕の逸ノ城に敗れてから4連敗。6勝6敗と五分になる。
十三日目、十四日目と連勝して勝ち越し。8勝7敗で今場所を終える。

(初) 貴ノ岩戦 ○寄り切り 8.7秒
 貴ノ岩、突っ掛ける。2度目、佐田の海、相手が手をつこうとする瞬間に立ち、頭から低く踏み込む。貴ノ岩、右肘を固めて当たる。佐田の海、右をのぞかせ、前に出ながら左上手を取る。貴ノ岩、左上手、右下手を取る。佐田の海、左上手を引きつけ、右差し手を返して寄る。貴ノ岩、左上手が切れ、俵に足を掛けながら堪える。佐田の海、右差し手を返しながら寄り立てる。貴ノ岩、上体が起きて俵を割る。

(2) 蒼国来戦 ●寄り切り 6.2秒
 佐田の海、先に右手をつく。蒼国来、左手をつき、両者、合わせて立つ。蒼国来、左肘を固めて踏み込む。佐田の海、両腕を交差させながら当たり、右上手前廻しを探るが取れず。蒼国来、左を差し、右で押っ付けながら前に出る。佐田の海、引いて両手で相手の右腕を抱え、土俵際、左に回りながら網打ちに行く。蒼国来、左上手を取って土俵際堪え、その上手を引きつけながら寄る。佐田の海、右足で外掛けに行くが、左足一本で傾き、俵の外に出る。

(3) 北太樹戦 ○押し出し 3.2秒
 佐田の海、先に右手をつく。北太樹、右手をサッとついて頭から踏み込む。佐田の海、頭で当たり合い、相手の顔を押し上げる。北太樹、上体が起きて叩く。佐田の海、乗じて一気に前に出、顎に向かって押し上げる。北太樹、完全に起こされて俵を割る。

(4) 玉鷲戦 ○寄り切り 3.7秒
 佐田の海、先に手をつく。玉鷲、手をサッとつき、両者、立つ。両者、頭で当たり合う。玉鷲、突き上げる。佐田の海、押し返して前に出る。玉鷲、上体が起きて俵を割る。

(5) 旭秀鵬戦 ●寄り切り 3.6秒
 佐田の海、先に右手をつく。旭秀鵬、肩を揺すり、左手をサッとついて立ち、両手を下げて踏み込む。佐田の海、頭から低く当たり、左前廻しに手を掛けるが取れず。旭秀鵬、左を差して差し手を返し、右で相手の差し手を抱える。佐田の海、一瞬右で首を巻く形になるが止め、深い右上手を取る。旭秀鵬、右上手に手を掛ける。佐田の海、上手を与えず、強引に右上手投げに行ってやや呼び込む。旭秀鵬、深い左下手を持って前に出る。佐田の海、体勢を崩して俵の外に出、右上手を持ったまま土俵下に落ちる。旭秀鵬、引きずられて土俵下に落ちる。

(6) 栃煌山戦 ○突き落し 11.7秒
 佐田の海、右手をつく。栃煌山、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃煌山、右肘を固めて踏み込む。佐田の海、左肘を固めて当たり、左押っ付けで一気に前に出、左上手を探るが取れず。栃煌山、俵に両足を掛けながら右下手を取る。佐田の海、左から押っ付けながら左に回る。栃煌山、左上手を取るが右下手は切れる。佐田の海、前に出ながら右下手を取る。栃煌山、右差し手を返して中に戻り、左上手を引きつけ、右下手を探る。佐田の海、右下手を持ち、左押っ付けで下手を与えず。栃煌山、右差し手を返す。佐田の海、上体が起きる。栃煌山、左上手で振って前に出る。佐田の海、左に回り、俵の上で左から突く。栃煌山、左に傾いて土俵に落ち、佐田の海、土俵下に落ちる。軍配、佐田の海。「物言い」がつき、栃煌山の体が落ちたかどうか長く協議した末、先に落ちていると判断、「軍配通り」、佐田の海の勝ち。

(7) 松鳳山戦 ○送り出し 5.1秒
 佐田の海、先に手をつく。松鳳山、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、左にずれて当たり、顎に向かって突っ張りながら前に出る。佐田の海、下からあてがい、相手の右腕を手繰って左に開く。松鳳山、前にのめりになる。佐田の海、相手の後ろに回り、両手で廻しを取って一気に前に出る。松鳳山、土俵下に飛び落ちる。

(中) 千代丸戦 ○押し出し 4.0秒
 千代丸、仕切り線後方。佐田の海、先に手をつき、相手が手をつく瞬間に素早く立ち、両手を出して踏み込む。千代丸、その場で立ち、両手突きから突っ張る。佐田の海、下からあてがい、押しながら前に出る。千代丸、俵に詰まって叩く。佐田の海、動じず押す。千代丸、土俵下に落ちる。

(9) 逸ノ城戦 ●寄り切り 8.3秒
 佐田の海、先に右手をつく。逸ノ城、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、左から張って右を差す。佐田の海、低く当たって左から押っ付け、左上手、右下手を取る。逸ノ城、右下手を取る。佐田の海、両廻しを引きつけて一気に前に出る。逸ノ城、土俵際、右掬い投げで振る。佐田の海、堪えて体勢を低くし、左上手を引きつけ、相手を土俵際にして寄る。逸ノ城、左足を俵に掛け、右差し手を返して相手の上手を切る。佐田の海、上手が切れて左腕を内側に回す。逸ノ城、相手を抱きかかえる。佐田の海、右下手を取り、左で相手の右腕を抱えながら堪える。逸ノ城、そのまま右差しで体を入れ替えて寄り、相手の腹を押す。佐田の海、土俵下に落ちる。

(10) 旭天鵬戦 ●寄り切り 7.9秒
 旭天鵬、先に手をつく。佐田の海、右手をつき、左手をサッとついて頭から踏み込む。旭天鵬、右肘を固めて当たる。佐田の海、右筈で胸を押しながら左下手を取り、右を差そうとする。旭天鵬、左押っ付けで前に出る。佐田の海、土俵際、右で首を巻いて左から掬って体を入れ替え、左下手を取り直す。旭天鵬、土俵際、左下手、右上手を取って中に戻り、両廻しを引きつけて一気に前に出る。佐田の海、上体が起きて俵を割る。

(11) 隠岐の海戦 ●小手投げ 2.5秒
 佐田の海、先に手をつく。隠岐の海、仕切り線後方で手をサッとついて立ち、右肘を固める。佐田の海、頭から踏み込む。隠岐の海、左を差し、右で相手の差し手を抱える。佐田の海、右で押っ付けで前に出ながら右上手を探る。隠岐の海、右に開いて小手投げ。佐田の海、土俵に転がる。

(12) 荒鷲戦 ●突き落し 3.2秒
 荒鷲、先に手をつく。佐田の海、サッと立って踏み込む。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。佐田の海、右を差す。荒鷲、左上手前廻しを探るが取れず、右で頭を叩きながら左に回る。佐田の海、落ちずに一気に前に出る。荒鷲、俵の上で左から突く。佐田の海、前に飛び、荒鷲、俵の外に出、両者、土俵下に落ちる。軍配、佐田の海。「物言い」がつき、協議の結果、荒鷲の踵が残っていると判断。「軍配差し違え」で、荒鷲の勝ち。

(13) 鏡桜戦 ○小手投げ 3.4秒
 佐田の海、先に手をつく。鏡桜、両手をサッとつく。佐田の海、素早く立つ。鏡桜、右から張って左を差し、右に回って前に出る。佐田の海、右で首を巻きながら俵伝いに素早く下がる。鏡桜、左で相手の右太腿を抱え、右差し手を突きつけながら前に出る。佐田の海、左小手投げに行く。両者、体が飛んで土俵に落ちる。軍配、鏡桜。「物言い」がつき、協議の結果、鏡桜の足の甲が先についていると判断、「行司差し違え」で佐田の海の勝ちとなる。VTRによると、落ちるのは佐田の海の右肘が先。その前に鏡桜の左足甲が返っている。鏡桜の足が返ったときに、佐田の海の体が大きく飛んでいるが、まだ土俵内と見たよう。やや微妙な判断だった。

(14) 千代鳳戦 ○寄り倒し 7.9秒
 佐田の海、先に手をつく。千代鳳、しばらく体を上下に揺すり、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代鳳、頭から踏み込む。佐田の海、右手を出しながら当たる。千代鳳、両手突きから突っ張りながら前に出る。佐田の海、下からあてがい、右から突いて右に開き、左半身の相手から右上手を取り、頭をつけて左上手も取る。千代鳳、向き直って左をねじ込み、左下手を取り、右もねじ込む。佐田の海、両上手を引きつけて右足で外掛け。千代鳳、掛けられた左足を上げて外す。佐田の海、一気に前に出る。千代鳳、土俵際、左下手投げを打つ。佐田の海、左足一本で傾きながら前に出る。千代鳳、右膝から土俵に落ち、両足バンザイで土俵下に転落。佐田の海、土俵に落ちる。

(楽) 魁聖戦 ●押し出し 2.6秒
 魁聖、先に手をつく。佐田の海、右手をつく。両者、見合ってから立つ。佐田の海、頭から低く踏み込む。魁聖、両腕を交差させて当たり、両差しになる。佐田の海、両上手前廻しを探るが取れず、右で頭を叩きながら引く。魁聖、乗じて前に出る。佐田の海、土俵際、相手の右腕を手繰りながら左に回ろうとする。魁聖、そこを押す。佐田の海、土俵下に落ちる。

《2014年秋場所取組内容・目次へ》