鏡桜 2014年秋(九月)場所取組内容

201409かがみおう.gif

幕内通算4場所目。
初日から3連敗。四日目に時天空を寄り切って初白星を出すが、再び連敗し、六日目を終えて1勝5敗と黒星先行。
七日目から4連勝し、星を五分に戻す。
十一日目から4連敗して負け越し決定。千秋楽は十両の双大竜をとったりで下し、今場所は6勝9敗の成績。
未だ幕内での勝ち越しがない。

(初) 徳勝龍戦 ●寄り切り 2.7秒
 鏡桜、先に手をつき、低く踏み込む。徳勝龍、叩きながら右に回る。鏡桜、向き直る。徳勝龍、左差し手を突きつけながら寄り切る。

(2) 旭天鵬戦 ●寄り切り 18.4秒
 旭天鵬、先に手をつく。鏡桜、仕切り線少し後方にサッと手をついて頭から踏み込む。旭天鵬、右を差して前に出る。鏡桜、左上手を取る。旭天鵬、前に出ながら右下手を探る。鏡桜、右下手も取って両廻しになる。旭天鵬、右下手を取る。鏡桜、少し中に戻り、一呼吸後、両廻しを引きつける。旭天鵬、右下手を持って堪える。鏡桜、腰を振って相手の廻しを切ろうとするがならず、機を見て左に回ろうとする。旭天鵬、乗じて右下手を持って前に出、左で押っ付けながら寄る。鏡桜、俵に足を掛けて堪える。旭天鵬、左上手も取って寄り切る。

(3) 旭秀鵬戦 ●寄り切り 5.4秒
 両者、手をサッとついて立つ。鏡桜、右肘を固めて踏み込む。旭秀鵬、左上手前廻しを取り、右を差す。鏡桜、左上手を取る。旭秀鵬、右下手を取って両廻し。鏡桜、右下手を取り、両廻しを引きつけて前に出る。旭秀鵬、引きつけ返し、左上手を引きつけて相手を少し右に振って寄る。鏡桜、土俵下に落ちる。

(4) 時天空戦 ○寄り切り 36.9秒
 鏡桜、先に右手をつき、すぐに合わせて立つ。時天空、右肘を固めて踏み込み、右を差す。鏡桜、頭から低く当たり、左上手を取って絞る。時天空、右をのぞかせて右半身。鏡桜、左上手で絞りながら右筈で押し上げる。時天空、左で相手の右手首を掴み、右差しで前に出、右下手を取る。鏡桜、取られた手首を振りほどき、右を差して差し手を返す。時天空、右下手を持って右半身の体勢。両者、少し止まる(約4秒間)。鏡桜、左上手を引きつける。時天空、左上手に手を掛ける。鏡桜、腰を引いて相手の上手を切り、頭をつけ、機を見て再び左上手を引きつける。時天空、右足で内掛けに行こうとする。鏡桜、相手の足をかわし、左上手を引きつけて前に出る。時天空、土俵際、左押っ付けで堪える。鏡桜、頭をつけて中に戻る。両者土俵中央、鏡桜が頭をつけて右をのぞかせ、時天空が左差し手を抱えたやや右半身の体勢。鏡桜、左上手を持って腰を引く。時天空、左で相手の右手首を掴み、右足を飛ばして相手の左足を蹴る。鏡桜、相手の足をかわし、左上手を引きつけて一気に前に出る。時天空、上体が起きて俵を割る。

(5) 隠岐の海戦 ●寄り切り 2.3秒
 隠岐の海、先に右手をつく。鏡桜、間を置かずに両手をつき、両者、立つ。鏡桜、頭から踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて当たり、左を差して前に出る。鏡桜、右から押っ付けるが相手の圧力に下がり、左足が俵の外に滑り出る。

(6) 千代丸戦 ●突き出し 10.7秒
 鏡桜、先に手をつく。千代丸、仕切り線後方に手をつこうとする。鏡桜、その瞬間に素早く立つ。千代丸、両手突きに行く。鏡桜、右手を出し、左を差して下手を取る。千代丸、両手で顎を突き上げ、相手の廻しを切る。鏡桜、切れた左下手に手を伸ばす。千代丸、両手で突き放して廻しを与えず。鏡桜、相手の手を叩いて引く。千代丸、乗じて前に出る。鏡桜、土俵際叩きながら左に開く。千代丸、向き直り、俵に足を掛けながら顎に向かって押し上げる。鏡桜、仰け反りながら堪え、右上手に手を掛ける。千代丸、突き放して廻しを切り、一気に前に出る。鏡桜、俵に詰まり、相手の手を叩きながら左に回ろうとする。千代丸、逃さず突き放す。鏡桜、俵の外に出る。

(7) 佐田の富士戦 ○寄り切り 30.2秒
 鏡桜、先に両手をつく。佐田の富士、なかなか手をつかず、ようやく右手をつこうとする。鏡桜、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、鏡桜、先に両手をつき、相手が手をつく瞬間に素早く立ち、頭から踏み込む。佐田の富士、両手突きで相手を起こす。鏡桜、右で相手の手を撥ね上げ、左から突き、頭を下げて右上手前廻し、左下手を取る。佐田の富士、右で押っ付けながら左半身になって相手の下手を切る。鏡桜、左前廻しを取り直し、頭をつけて両前廻しを持つ。佐田の富士、両手で相手の左腕を持った左半身の体勢で少し止まる(約4秒間)。鏡桜、両廻しを引きつける。佐田の富士、堪え、左で相手の右上手を切ろうとする。鏡桜、両廻しを引きつけて前に出、左下手を離し、右上手で絞りながら出し投げを打ち、右に回って頭をつける低い体勢。佐田の富士、相手の左腕を両手で抱える。鏡桜、左で相手の右上腕を押さえ、右足で相手の左足を蹴り、右上手を持って右に半回転し、右上手を引きつけて前に出る。佐田の富士、上体が起き、左押っ付けで突くが土俵際。鏡桜、右廻しを引きつけて寄る。佐田の富士、腰が伸びて俵を割る。

(中) 蒼国来戦 ○寄り切り 3.0秒
 鏡桜、先に両手をつく。蒼国来、左手をつき、素早く立ち、左肘を固めてやや右に踏み込む。鏡桜、左にずれて当たり、左上手を取って出し投げで振る。蒼国来、向き直るが上体が起きる。鏡桜、左上手を引きつけ、右から押っ付けながら一気に寄る。蒼国来、土俵下に落ちる。

(9) 荒鷲戦 ○上手出投 2.0秒
 両者、仕切り線少し後方。荒鷲、先に手をつく。鏡桜、サッと手をついて立ち、頭から踏み込む。荒鷲、右肘を固めて低く踏み込み、左で押っ付ける。鏡桜、すぐに左上手を取り、体勢を低くして左に開き、上手出し投げを打ちながら右で頭を叩く。荒鷲、前に落ちて土俵に這う。

(10) 貴ノ岩戦 ○上手投げ 1.3秒
 貴ノ岩、先に手をつき、相手が手をつく瞬間に素早く立つ。鏡桜、いきなり伸び上がり、叩きながら左に変わり、覆いかぶさりながら肩越しの左上手を取る。貴ノ岩、低い姿勢で相手の足を両手で抱える。鏡桜、そのまま左に回りながら上手投げ。貴ノ岩、土俵に転がる。

(11) 栃乃若戦 ●押し倒し 3.4秒
 栃乃若、先に手をつく。鏡桜、サッと手をつき、頭から踏み込む。栃乃若、両差しになろうとしながら前に出る。鏡桜、右で押っ付けるが土俵際になり、右から突きながら土俵際を右に回り、左で頭を叩く。栃乃若、落ちずに前に出る。鏡桜、俵の外に倒れ、土俵下に転がり落ちる。

(12) 誉富士戦 ●押し出し 2.8秒
 誉富士、先に手をつく。鏡桜、サッと手をついて素早く立つ。両者、頭で当たり合う。鏡桜、左上手に手を伸ばす。誉富士、右喉輪で押し上げながら前に出る。鏡桜、左上手が切れて上体が起き、相手の右手を手繰りながら土俵際を左へ回ろうとするが、右足が俵の外に出る。

(13) 佐田の海戦 ●小手投げ 3.4秒
 佐田の海、先に手をつく。鏡桜、両手をサッとつく。佐田の海、素早く立つ。鏡桜、右から張って左を差し、右に回って前に出る。佐田の海、右で首を巻きながら俵伝いに素早く下がる。鏡桜、左で相手の右太腿を抱え、右差し手を突きつけながら前に出る。佐田の海、左小手投げに行く。両者、体が飛んで土俵に落ちる。軍配、鏡桜。「物言い」がつき、協議の結果、鏡桜の足の甲が先についていると判断、「行司差し違え」で佐田の海の勝ちとなる。VTRによると、落ちるのは佐田の海の右肘が先。その前に鏡桜の左足甲が返っている。鏡桜の足が返ったときに、佐田の海の体が大きく飛んでいるが、まだ土俵内と見たよう。やや微妙な判断だった。

(14) 魁聖戦 ●寄り切り 18.4秒
 鏡桜、先に手をつく。魁聖、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。鏡桜、右肘を固めて頭から踏み込む。魁聖、両腕を下げて当たり、右を差す。鏡桜、左上手を取り、頭をつけて深い右下手も取る。魁聖、左で差し手を抱えながら前に出、手を伸ばして左上手を取る。鏡桜、左に腰を捻って相手の上手を切る。魁聖、右下手を取る。鏡桜、頭をつけたまま左に回り、素早く下がって相手の下手を切る。魁聖、乗じて、右差し手を返しながら一気に前に出る。鏡桜、左足を俵に掛けながら堪える。魁聖、左上手を取る。鏡桜、中に戻り、右で内無双を切りながら左に回る。魁聖、乗じて左上手を持って前に出、右差し手を返しながら寄る。鏡桜、左足を俵に掛けながら堪える。魁聖、右下手、左上手を取る。鏡桜、中に戻り、左上手投げで振る。魁聖、堪えて、下手が切れた右で掬いながら相手を土俵際にする。鏡桜、両足が俵に掛かる。魁聖、腰を下ろして寄り切る。

(楽) 双大竜戦 ○とったり 8.5秒
 双大竜、仕切り線後方で先に手をつく。鏡桜、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。鏡桜、頭から踏み込み、左を差そうとする。双大竜、低く当たって突き放す。鏡桜、左をのぞかせる。双大竜、頭をつけて右で絞り、左喉輪で突き上げる。鏡桜、左を差して前に出る。双大竜、右足が俵に詰まり、右上手に手を伸ばす。鏡桜、左差し手を返して上手を与えず、右で押っ付ける。双大竜、俵に両足を掛けながら右押っ付けで押し上げ、左喉輪で突き上げる。鏡桜、両手で相手の左腕を手繰って下がり、土俵際、体を開いてとったり。双大竜、大きく振られ、俵の外に落ちる。

《2014年秋場所取組内容・目次へ》