豪栄道 2014年九州(十一月)場所取組内容

201411ごうえいどう.gif

新大関だった先場所は、前場所で負傷した左膝の影響もあったのか、千秋楽で勝ち越しを決める苦しい場所だった。
今場所は、大関二場所目。
連敗で苦しいスタート。
三日目からは白星を連ね、四日目は先場所敗れた逸ノ城を寄り切り、雪辱を果たす。
中日からは黒星が連なり、十一日目に早くも7敗と追い込まれる。
十二日目の横綱鶴竜戦では、前日初黒星を喫して絶対に負けたくない鶴竜が立合いの変化で叩き込み。5連敗で豪栄道の負け越しが決まる。
十三日目に照ノ富士を寄り切って連敗を止めるが、再び連敗し、5勝10敗と大きく負け越す。
来場所は角番となる。

(初) 宝富士戦 ●肩透かし 3.6秒
 宝富士、先に手をつく。豪栄道、サッと手をつく。宝富士、左肘を固めて踏み込む。豪栄道、右肘を固めて低く当たり、突き放し、右を差して前に出る。宝富士、右をのぞかせ左で差し手を抱え、土俵際、左で背中を押さえつけながら右に回り、相手の後ろにつく。豪栄道、俵の外に両手をつく。

(2) 豪風戦 ●突き落し 2.1秒
 豪風、先に両手をつく。豪栄道、右手をつこうとする。豪風、相手が手をつく前に素早く立ち、両足でぴょんと立つ。豪栄道、両手を下げて低く当たる。豪風、左肘を固めて当たる。豪栄道、右をのぞかせ、左で押っ付けて前に出る。豪風、一気に引き、土俵際、左から突く。豪栄道、前に落ち、豪風、土俵下に落ちる。軍配、豪風。「物言い」がつき、協議の結果、豪風の足は残っている、豪栄道の手が先についていると判断、「軍配通り」豪風の勝ち。

(3) 勢戦 ○叩き込み 10.1秒
 勢、仕切り線少し後方で先に右手をつく。豪栄道、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、頭から低く踏み込む。勢、右肘を固めて当たる。豪栄道、左前廻しを探る。勢、右を十分差せず、叩きながら引き、右を差して土俵際を右に回る。豪栄道、右をのぞかせてついて行く。勢、中に戻る。豪栄道、右下手を取る。勢、左で押っ付け、機を見て左を巻き替えようとする。豪栄道、右脇を締めて差させず、一転、右で頭を叩きながら素早く左に回り、土俵際、左足一本で残す。勢、土俵に転がり、その後、豪栄道、土俵下に飛び落ちる。

(4) 逸ノ城戦 ○寄り切り 3.7秒
 逸ノ城、仕切り線少し後方。両者、ほぼ同時に手をついて立つ。豪栄道、左肘を固めて踏み込み、右から張る。逸ノ城、左上手に手を伸ばすが取れず、右を差す。豪栄道、低く当たり、右下手を取る。逸ノ城、左で差し手を抱え、右で頭を巻いて左に回りながら小手投げに行く。豪栄道、左前廻しを取り、乗じて前に出る。逸ノ城、土俵下に落ちる。

(5) 栃煌山戦 ○叩き込み 2.3秒
 豪栄道、先に右手をつく。栃煌山、仕切り線後方でサッと手をつく。豪栄道、左肘を固めて低く踏み込む。栃煌山、やや左に踏み出し、右肘を固めて当たり、右を差す。豪栄道、左で押っ付け、右で頭を叩きながら素早く引き、土俵際左に開く。栃煌山、前に落ちて土俵に転がる。

(6) 安美錦戦 ●叩き込み 2.8秒
 両者、ほぼ同時に手をついて立つ。安美錦、低く踏み込む。豪栄道、左肘を固めて当たる。安美錦、右喉輪で相手を起こす。豪栄道、相手の手を叩いて外す。安美錦、堪え、両手で相手の頭を叩いて大きく引く。豪栄道、前に飛び落ちる。

(7) 碧山戦 ○押し出し 2.4秒
 豪栄道、先に右手をつく。碧山、時間を掛けて右手をつこうとする。豪栄道、先に立ち、碧山、立てず。2度目、豪栄道、先に右手をつく。碧山、右手をサッとつき、頭を下げて踏み込む。豪栄道、両肘を固めて低く当たり、両筈で押し上げながら一気に前に出る。碧山、上体が起きて俵を割る。

(中) 高安戦 ●寄り切り 9.4秒
 高安、先に両手をつく。豪栄道、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、右から張って左を差そうとする。豪栄道、両肘を固めて当たり、左を差して腕を返し、右押っ付けで前に出、深い右上手を探る。高安、左半身で上体が起きるが、左下手を取って向き直り、相手に上手を与えず、右上手に手を伸ばす。豪栄道、腰を引いて上手を与えず、左下手を取る。高安、右で相手の差し手を抱え、左下手を取る。豪栄道、右を巻き替えようとする。高安、それを許さず、右上手に手を伸ばして取り、両廻しを引きつけて前に出る。豪栄道、土俵際、右押っ付けで突こうとする。高安、そのまま寄り切る。

(9) 日馬富士戦 ●突き落し 1.9秒
 両者、ほぼ同時に立つ。日馬富士、両手を出しながら鋭く踏み込む。豪栄道、低く当たって下から相手の手を撥ね上げる。日馬富士、叩いて左に開き、前のめりになった相手を左で突く。豪栄道、前に飛んで土俵下に転がり落ちる。

(10) 琴奨菊戦 ●送り倒し 10.8秒
 豪栄道、先に手をつく。琴奨菊、手をさっとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、両肘を固める。琴奨菊、左肘を固め、頭から踏み込んで当たる。豪栄道、左を差して一気に前に出る。琴奨菊、左足一本を俵に掛けて堪える。豪栄道、左に回る。琴奨菊、乗じて前に出、左を差して差し手を返し、左下手で後ろ廻しを取る。豪栄道、土俵際、右で首を巻きながら土俵際を回る。琴奨菊、左下手を持って前に出る。豪栄道、右足を内に入れて首投げに行こうとする。琴奨菊、低い体勢で堪え、右手で相手の右足を抱え上げて前に出る。豪栄道、俵の外に倒れる。

(11) 白鵬戦 ●叩き込み 2.0秒
 両者、ほぼ同時に手をついて立つ。白鵬、左から張り、右肘でかち上げる。豪栄道、左上手前廻しを探るが取れず。白鵬、すぐに叩きながら大きく引き、土俵際左に開く。豪栄道、前にバッタリ落ち、その後、白鵬、俵の外に出る。

(12) 鶴竜戦 ●叩き込み 1.2秒
 豪栄道、先に右手をつき、相手が手をつこうとした瞬間に素早く立ち、右肘を固める。鶴竜、その場で立ち、伸び上がって叩きながら右に変わる。豪栄道、前に飛んで土俵に転がる。

(13) 照ノ富士戦 ○寄り切り 7.5秒
 豪栄道、先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方で左手をつき、両者見合う。豪栄道、やや早く立ち、右手を出しながら踏み込む。照ノ富士、右から張る。豪栄道、右を差して腕を返す。照ノ富士、左で差し手を抱え、右を差す。豪栄道、深い右下手を取り、左押っ付けから左上手前廻しを取って前に出る。照ノ富士、上体が起き、土俵際体を開いて左小手投げに行く。豪栄道、相手の左足に右足を外から掛けて堪え、左で相手の左足を押さえて足を送らせず、左上手前廻しを取り直して一気に前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵に詰まる。豪栄道、腰を下ろして寄り切る。

(14) 魁聖戦 ●上手投げ 15.9秒
 魁聖、仕切り線少し後方で先に両手をつく。豪栄道、手をサッとついて頭から踏み込む。魁聖、両腕を下げて当たり、右を差す。豪栄道、左上手前廻しを取る。魁聖、右を差し込みながら相手を起こそうとする。豪栄道、頭をつけて、右差し手を返し、機を見て体を開き、左上手出し投げを打ちながら左に回り、右で押っ付けながら前に出る。魁聖、右差し手を抜き、下がりながら右小手投げで振り、土俵際で左を差して腕を返す。豪栄道、やや深い右上手を取る。魁聖、右上手を取り、両者、左四つで正対する。豪栄道、体を捻って左下手投げに行こうとする。魁聖、右上手投げで相手を土俵際へ振る。豪栄道、右足先が土俵に引っ掛かったか、足が送れず、右膝から崩れ落ちる。魁聖、相手の上に圧し掛かりそうになるが、手をついて堪える。

(楽) 稀勢の里戦 ●突き落し 8.6秒
 両者、ほぼ同時に腰を下ろす。稀勢の里、すぐに右、左と手をついて立ち、左肘を固めて踏み込む。豪栄道、低く当たる。稀勢の里、左をのぞかせる。豪栄道、右押っ付けで一気に前に出、右上手を探る。稀勢の里、腰を捻って上手を与えず、左下手を取って前に出る。豪栄道、左下手を取り、右押っ付けで突きながら右に回る。稀勢の里、そのまま左下手を持って前に出る。豪栄道、両手で相手の差し手を抱え、土俵際を右に素早く回り込み、とったりに行きながら体を入れ替える。稀勢の里、そこを右から突く。豪栄道、土俵にバッタリ落ちる。

《2014年九州場所取組内容・目次へ》