千代鳳 2014年九州(十一月)場所取組内容

201411ちよおおとり.gif

初日、二日目と連勝。
相手の反則による勝利も含め、序盤は4勝1敗と好調。
六日目から、4連敗して黒星先行。
その後は連勝出来ず、十三日目からの3連敗もあり、6勝9敗と負け越す。
負け越しは2場所ぶり。

(初) 大砂嵐戦 ○寄り切り 12.2秒
 大砂嵐、先に手をつく。千代鳳、仕切り線後方にサッと手をつく。大砂嵐、踏み込んで左廻しを狙う。千代鳳、右手を出しながら低く当たり、右をねじ込む。大砂嵐、深い左上手を取る。千代鳳、右下手を取り、頭をつけて腰を引いた低い体勢。大砂嵐、やや強引に上手を引きつけて呼び込む。千代鳳、乗じて右下手を持って一気に前に出る。大砂嵐、左上手を持って俵に両足を掛けて堪え、右から絞りながら少し中に戻る。千代鳳、右下手を持って寄る。大砂嵐、上体が起き、左上手を持ち、右差し手を返しながら俵に足を掛けて堪える。千代鳳、左腕がバンザイになるが、構わず右下手を持って寄る。大砂嵐、左上手が切れるが、俵の上で取り直して上手投げに行こうとする。千代鳳、右下手を持ったまま体を寄せる。大砂嵐、上手が切れて俵の外に出る。

(2) 常幸龍戦 ○寄り倒し 18.1秒
 常幸龍、先に手をつく。千代鳳、仕切り線後方にサッと手をつき、素早く立って踏み込む。常幸龍、左前廻しに手を伸ばし、左を差す。千代鳳、左下手を取り、低い体勢で右から押っ付け、機を見て右を巻き替えに行く。常幸龍、左押っ付けで前に出、右上手を取る。千代鳳、右を十分差せずその手を抜き、右上手を取る。常幸龍、左下手を取る。千代鳳、両廻しを引きつけて前に出る。常幸龍、腰を振り、相手の下手を切る。千代鳳、右上手を持って前に出る。常幸龍、左肘を張って相手の上手も切る。千代鳳、すぐに左下手を取る。常幸龍、右上手投げで振りながら右に回る。千代鳳、乗じて右を差して両差しになる。常幸龍、深い右上手で投げに行き、右半身になる。千代鳳、結び目向こうの深い左下手を取って体を寄せる。常幸龍、俵に詰まり、左で突こうとする。千代鳳、土俵際の相手に圧し掛かる。常幸龍、後ろ向きに倒れ、千代鳳、その上に落ちる。

(3) 栃ノ心戦 ●寄り倒し 11.6秒
 栃ノ心、先に左手をつく。千代鳳、仕切り線後方に手をつこうとする。栃ノ心、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。千代鳳、頭から低く当たり、突き放そうとするがならず、右下手を取る。栃ノ心、肩越しの左上手を取り、それを引きつけて相手を起こそうとしながら右前廻しを探る。千代鳳、右下手投げに行く。栃ノ心、右前廻しを取り、両廻しを引きつけて前に出る。千代鳳、右下手投げに行くが俵に詰まり、左手で相手の右下手を切り、俵の上で左から突き落としに行く。栃ノ心、前のめりになりながらも右差し手を突きつける。千代鳳、右足が俵の外に出、俵の外に裏返り、その後、栃ノ心、土俵に這う。

(4) 佐田の海戦 ○反則 6.0秒
 佐田の海、先に右手をつく。千代鳳、仕切り線後方に左手をつこうとする。佐田の海、そこで素早く立って踏み込む。千代鳳、頭から低く当たり、突っ張りながら前に出る。佐田の海、下からあてがい、土俵際、左から突いて左に開く。千代鳳、向き直って右を差す。佐田の海、肩越しの左上手に手を伸ばして取り、右で頭を叩きながら土俵際を左に回り、左上手投げ。千代鳳、土俵に裏返る。佐田の海、初日を出して勝ち名乗りを受け、懸賞金も受け取るが、そこで「物言い」がつく。協議の結果、佐田の海が投げを打つ際に髷を掴んでいると判断、「反則」で千代鳳の勝ちとなる。

(5) 高安戦 ○押し出し 5.6秒
 両者、腰を下ろし、しばらく体を上下に揺らす。高安、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、千代鳳、仕切り線少し後方で、先に右手をつく。高安、右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代鳳、頭から低く踏み込む。高安、突っ張り、相手を起こそうとする。千代鳳、頭を上げず、右を差す。高安、右を差そうとする。千代鳳、左で相手の右手首を掴んで差させず、前に出る。高安、引いて体を離し、土俵際で左上手を取る。千代鳳、乗じて前に出る。高安、俵を割る。

(6) 照ノ富士戦 ●突き落し 41.7秒
 両者、仕切り線後方。千代鳳、体を上下に揺らすが、両者、なかなか手をつかず。千代鳳、立合いを嫌って腰を上げる。2度目、千代鳳、仕切り線少し後方で先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方にサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代鳳、頭から踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて低く踏み込む。千代鳳、頭をつけて押す。照ノ富士、右から押っ付け、左で相手の右腕を引っ張り込む。千代鳳、右を差して深い下手を取る。照ノ富士、左で相手の差し手を抱えながら、右を差し、肩越しの左上手を取って引きつける。千代鳳、腰を引いて左から押っ付ける。照ノ富士、左上手を引きつけて相手を右半身にし、右差し手を返す。千代鳳、左で相手の右手首を掴む。照ノ富士、左上手を引きつけて前に出る。千代鳳、土俵際堪える。照ノ富士、左上手投げで振り、頭をつける。千代鳳も体勢を低くし、左で相手の右手首を掴む。照ノ富士、それを嫌がり、右下手を取り、頭をつける。千代鳳、左を差そうとする。照ノ富士、両廻しを引きつけて前に出る。千代鳳、土俵際、右掬い投げに行く。照ノ富士、堪えて前に出る。千代鳳、土俵際、右足を内から掛けて掛け投げに行く。両者、大きく傾くが、照ノ富士、左で相手の背中を上から突く。千代鳳、先に崩れ落ちる。照ノ富士、その上から崩れるが、右足首が相手の右太腿の下敷きになる。照ノ富士、軍配をもらうが、右足首を痛めて苦悶の表情。

(7) 日馬富士戦 ●上手出投 13.9秒
 千代鳳、仕切り線後方に手をつく。日馬富士、すぐに手をサッとつき、頭から鋭く踏み込む。千代鳳、頭から当たる。日馬富士、突き放し、左から張り、突き放し、更に左から張り、右で顔を押し上げる。千代鳳、左で喉輪を外す。日馬富士、左から張るが、相手が頭を下げたため、空振り気味になって一瞬前のめりになり、右足が流れる。千代鳳、右で突き放して前に出る。日馬富士、相手の手を叩き、左で一瞬肩を押さえ、深い左上手を取って頭をつけ、左上手で絞って右差し手を返す。千代鳳、右半身で上体が起き、右下手を探る。日馬富士、機を見て、左上手を持って素早く左に回り、俵の上で相手の頭を右で叩きながら左上手出し投げ。千代鳳、俵の外に倒れ、土俵下に転がり落ちる。

(中) 遠藤戦 ●上手出投 4.7秒
 遠藤、先に手をつく。千代鳳、仕切り線少し後方で手をサッとつき、素早く立って頭から踏み込む。遠藤、やや遅れて立ち、右から張る。千代鳳、右肘を固めて当たり、右を差して下手を探る。遠藤、左で押っ付け、両手で相手の右腕を抱えて外し、左に回りながら左で後ろ廻しを取る。千代鳳、両手で相手の右腕を抱え、土俵際、腕捻りに行こうとする。遠藤、左上手を持って堪え、左に回りながら上手出し投げ。千代鳳、相手の右腕を持ったまま、両足を大きく広げて土俵に落ちる。勝負後、遠藤、左頬が切れて血が出る。

(9) 隠岐の海戦 ●小手投げ 8.4秒
 隠岐の海、先に右手をつく。千代鳳、仕切り線後方で手をつこうとする。隠岐の海、その瞬間、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。千代鳳、頭から低く当たり、左を差す。隠岐の海、左で押っ付ける。千代鳳、左下手を取る。隠岐の海、右で差し手を抱えて前に出ようとしてから、左を巻き替えて差す。千代鳳、左下手を持ち、右で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、土俵際、右に体を開いて右小手投げ。千代鳳、体が伸びて土俵に落ちる。その後、隠岐の海、土俵下に落ちる。

(10) 豊響戦 ○突き落し 10.9秒
 豊響、先に右手をつく。千代鳳、体をしばらく縦に揺らし、仕切り線後方にサッと手をついて立つ。両者、踏み込んで頭で当たり合う。豊響、押し上げながら前に出る。千代鳳、俵に詰まり、左から突きながら土俵際を左へ回る。豊響、両手で押しながら前に出る。千代鳳、下からあてがうが、再び俵に詰まる。豊響、右喉輪、左筈で押し上げる。千代鳳、仰け反りながら右で首を巻き、俵伝いに左へ土俵半周し、左から突く。豊響、俵の外に飛び落ち、千代鳳、土俵下に落ちる。軍配、千代鳳。両者の落ちるタイミングが微妙に見えたが、物言いはなし。VTRでは、豊響の右手がわずかに先に落ちていた。

(11) 松鳳山戦 ●引き落し 2.3秒
 両者、仕切り線少し後方。千代鳳、先に手をつく。松鳳山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、右から張る。千代鳳、低く当たって右上手前廻しを取る。松鳳山、腰を引いて廻しを切り、再び右から張る。千代鳳、前廻しを探ろうとする。松鳳山、上から覆いかぶさるようにして肩越しの右上手を取り、左に下がる。千代鳳、土俵に落ちて転がる。

(12) 旭天鵬戦 ○寄り切り 5.2秒
 旭天鵬、先につく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線後方に手をサッとついて立ち、右手を出しながら低く踏み込む。旭天鵬、右肘を固めて当たり、左を差す。千代鳳、左を差し込み、左下手、右上手を取り、前に出ようとする。旭天鵬、そこを左から掬う。千代鳳、両廻しを持って堪え、前に出、俵に詰まった相手に腹をぶつける。旭天鵬、腰が伸びて俵を割る。

(13) 妙義龍戦 ●押し倒し 10.7秒
 妙義龍、先に右手をつくが、その手を引く。千代鳳、手をつくが、妙義龍、立合いを嫌う。2度目、千代鳳、仕切り線少し後方で先に手をつく。妙義龍、右手をつき、両者、合わせて立つ。千代鳳、頭から低く当たる。妙義龍、両差しになろうとしながら前に出る。千代鳳、右から押っ付けながら右上手を探る。妙義龍、両差し手を返し、前に出る。千代鳳、土俵際、右小手で振る。妙義龍、堪えて前に出、深い左下手を取る。千代鳳、上体が起きる。妙義龍、右下手も探るが取れず、左下手投げに行く。千代鳳、右小手投げを返す。妙義龍、傾きながら右下手前廻しも取り、両下手を引きつけて前に出る。千代鳳、左で廻しを切って右で首を巻くが土俵際。妙義龍、押す。千代鳳、俵の外に崩れ落ちる。

(14) 宝富士戦 ●寄り切り 29.9秒
 宝富士、先に両手をつく。千代鳳、体を上下に揺らし、仕切り線後方に左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代鳳、頭から踏み込む。宝富士、胸で当たる。千代鳳、左を差す。宝富士、右で相手の差し手をしっかり抱え、左を差そうとする。千代鳳、左差し手を返し、右から絞って差し手争いをしながら、じわじわ前に出る。宝富士、左を差し勝ち、左下手、右上手を取る。千代鳳、両廻しを取って前に出ようとする。宝富士、土俵際、相手を腹に乗せるようにして堪え、少し中に戻り、右上手をしっかり取り直す。両者、廻しを引きつけ合う。宝富士、右に振る。両者、腰を引いた左四つで少し止まる(約4秒間)。宝富士、腰を振って相手の上手を切ろうとするが一枚廻しで切れず、そのまま前に出る。千代鳳、体を開いて左下手投げに行く。宝富士、傾くが乗じて前に出る。千代鳳、俵に詰まる。宝富士、左差し手を返しながら寄り切る。

(楽) 栃煌山戦 ●押し出し 11.7秒
 両者、仕切り線後方。千代鳳、体を上下に揺らし、手をサッとついて突っ掛ける。2度目、両者、仕切り線後方。栃煌山、両足裏を摺り、千代鳳、体を上下に揺らす。千代鳳、先に左手をつく。栃煌山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代鳳、右手を出し、左肘を固めて低く踏み込む。栃煌山、両腕を下げて当たる。千代鳳、左を差す。栃煌山、叩いて下がる。千代鳳、右をのぞかせる。栃煌山、左で押っ付け、右で相手の肩を押し上げながら前に出、再び叩く。千代鳳、前にのめりになる。栃煌山、左右押っ付けで押し上げ、叩く。千代鳳、両差しになる。栃煌山、左、右と巻き替えて差す。千代鳳、外から押っ付ける。栃煌山、前に出ながら両差し手を深くしようとする。千代鳳、右で首を巻きに行く。栃煌山、乗じて押し上げながら前に出る。千代鳳、俵に詰まる。栃煌山、相手の胸を押し上げる。千代鳳、右足が俵の外に出る。

《2014年九州場所取組内容・目次へ》