大砂嵐 2014年九州(十一月)場所取組内容

201411おおすなあらし.gif

今場所、大砂嵐金太郎から、大砂嵐金崇郎(読みはおなじく「きんたろう」)に改名。
初日から3連敗。
三日目の照ノ富士戦で左足を痛め、四日目から休場。
十日目から再出場し、同じく途中休場があった嘉風と対戦し、初白星を上げる。
十三日目から3連勝し、4勝6敗5休の成績。
負け越しは3場所連続。

(初) 千代鳳戦 ●寄り切り 12.2秒
 大砂嵐、先に手をつく。千代鳳、仕切り線後方にサッと手をつく。大砂嵐、踏み込んで左廻しを狙う。千代鳳、右手を出しながら低く当たり、右をねじ込む。大砂嵐、深い左上手を取る。千代鳳、右下手を取り、頭をつけて腰を引いた低い体勢。大砂嵐、やや強引に上手を引きつけて呼び込む。千代鳳、乗じて右下手を持って一気に前に出る。大砂嵐、左上手を持って俵に両足を掛けて堪え、右から絞りながら少し中に戻る。千代鳳、右下手を持って寄る。大砂嵐、上体が起き、左上手を持ち、右差し手を返しながら俵に足を掛けて堪える。千代鳳、左腕がバンザイになるが、構わず右下手を持って寄る。大砂嵐、左上手が切れるが、俵の上で取り直して上手投げに行こうとする。千代鳳、右下手を持ったまま体を寄せる。大砂嵐、上手が切れて俵の外に出る。

(2) 豊ノ島戦 ●押し出し 4.0秒
 豊ノ島、先に右手をつく。大砂嵐、仕切り線少し後方で左手をつき、右手をサッとついて立つ。豊ノ島、見ながら立ち、両腕を交差させて両差しを狙う。大砂嵐、右肘を固めて当たって相手に左を差させず、左上手に手を伸ばすが取れず。豊ノ島、左腕を抜き、右をのぞかせて一気に前に出る。大砂嵐、俵に詰まり、右から突き落とし気味に掬う。豊ノ島、俵の外に落ち、大砂嵐、土俵下に落ちる。両者のタイミングが微妙だったが、軍配、豊ノ島。物言いはなし。

(3) 照ノ富士戦 ●押し倒し 3.3秒
 大砂嵐、仕切り線少し後方で先に左手をつく。照ノ富士、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大砂嵐、右肘でかち上げ気味に当たる。照ノ富士、左上手に手を伸ばす。大砂嵐、顔に向かって突っ張る。照ノ富士、左を差す。大砂嵐、右膝ががくっと入る形になる。照ノ富士、左を差して一気に前に出る。大砂嵐、後ろに体勢を崩して吹っ飛び、土俵下に転がり落ちる。勝負後、大砂嵐、足を引きずる。

(4) 隠岐の海戦 ■ 不戦勝 
 大砂嵐、「前脛骨筋肉離れ」のため、休場。

(5)~(9)  休場 

(10) 嘉風戦 ○叩き込み 11.4秒
 両者、仕切り線少し後方。大砂嵐、先に手をつく。嘉風、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。大砂嵐、右肘でかち上げようとする。嘉風、左に変わって左から突く。両者、体が離れる。嘉風、左に回る。大砂嵐、右から張り、左で頭を抱えて下がる。嘉風、体を離し、突き放す。大砂嵐、左から張り、左を差す。嘉風、左下手を取って左に回り、突き上げる。大砂嵐、右から張り、左で頭を叩き、左上手に手を伸ばす。嘉風、左に回って向き直る。大砂嵐、顔に突っ張る。嘉風、突っ張り返す。大砂嵐、叩く。嘉風、相手の右につこうとする。大砂嵐、右を差して前に出る。嘉風、体を離す。大砂嵐、突っ張る。嘉風、土俵際、中に入ろうとし、やや足が流れて前のめりになる。大砂嵐、そこを引いて叩く。嘉風、土俵に這う。

(11) 佐田の海戦 ●上手投げ 36.8秒
 佐田の海、先に手をつく。大砂嵐、仕切り線少し後方で先に左手をつき、少し間を空け、素早く立つ。佐田の海、左肘を固めて当たろうとする。大砂嵐、右肘で顎をかち上げる。佐田の海、仰け反って堪える。大砂嵐、顔に向かって激しく突っ張り、少し叩く。佐田の海、その機に右下手を取る。大砂嵐、左上手を取って前に出る。佐田の海、右下手を離して左上手を取り、土俵際を左に回る。大砂嵐、右差し手を返しながらついて行く。佐田の海、左上手を持って頭を下げ、右で激しい差し手争いの末、右下手を取り、両廻しを持って前に出る。大砂嵐、右から掬う。佐田の海、右下手が切れ、左上手を持って右足一本で堪える。大砂嵐、土俵際から中に戻り、左上手を取る。佐田の海、右差し手を返しながら休まず前に出る。大砂嵐、右から掬って堪える。佐田の海、相手の上手を切り、右を差す。大砂嵐、再び左上手に手を伸ばす。佐田の海、左上手を持って左に回り、前に出る。大砂嵐、右差し手を返しながら土俵際堪え、中に戻る。佐田の海、体勢を低くし相手の顎の下に頭を入れ、左上手を持つ。大砂嵐は右を差して右半身で高い体勢になり、両者、しばらく止まる(約15秒間)。佐田の海、左上手を引きつける。大砂嵐、右から掬って振り、左上手を探りながら前に出る。佐田の海、土俵際、左上手投げで振り、土俵際を下がる。大砂嵐、体が伸びて土俵に落ちる。

(12) 勢戦 ●小手投げ 51.3秒
 大砂嵐、仕切り線少し後方で先に手をつく。勢、相手に見せるように右手をつこうとする。大砂嵐、その瞬間、素早く立って踏み込む。勢、少し遅れて立ち、左肘を固める。大砂嵐、右肘で顎をかち上げ、顔に突っ張り、叩く。勢、堪えて押し上げ、左を差して腕を返す。大砂嵐、右で差し手を抱えて前に出ようとする。勢、左差し手を返し、右上手を探りながら前に出る。大砂嵐、右上手に手を伸ばすが取れず、右に回りながら右小手投げに行く。勢、乗じて右上手に手を伸ばすが取れず。大砂嵐、左差し手を返して前に出る。勢、俵に両足を掛けて堪える。大砂嵐、左下手を取る。勢、中に戻って右上手に手を伸ばすが取れず。両者、止まる(約10秒間)。勢、右を巻き替えようとするが止め、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、止まる(約20秒間)。勢、右で相手の廻しを叩き、右で押っ付けてから右を巻き替えようと見せ、すぐに右で小手に巻いて体を開く。大砂嵐、右上手に手を掛ける。勢、そのまま下に向かって右小手投げ。大砂嵐、土俵に転がる。

(13) 北太樹戦 ○吊り出し 4.5秒
 大砂嵐、仕切り線少し後方で手をつく。北太樹、すぐに手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。北太樹、頭から低く踏み込む。大砂嵐、右肘でかち上げて相手を起こす。北太樹、左上手に手を伸ばすが取れず。大砂嵐、両差しになって一気に前に出る。北太樹、俵に詰まり、右で首を巻く。大砂嵐、右差し手を返して寄る。北太樹、俵に両足を掛けて仰け反る。大砂嵐、左で相手の右足を抱え、相手を持ち上げて俵の外に落とす。北太樹、土俵下に転がり落ちる。

(14) 豪風戦 ○寄り切り 5.4秒
 両者、仕切り線少し後方。大砂嵐、先に左手をつく。豪風、両手をサッとついて、頭から低く踏み込む。大砂嵐、右肘を固め、顔に向かってかち上げ、顎を突き上げる。豪風、下からあてがい、左に回って体を離す。大砂嵐、両手で突き上げ、右を差して寄る。豪風、土俵際、左から突き落とそうとするが、相手が落ちる前に俵の外に出る。大砂嵐、土俵に倒れ、豪風、土俵下に飛び落ちる。

(楽) 貴ノ岩戦 ○寄り切り 44.1秒
 大砂嵐、仕切り線少し後方で先に手をつく。貴ノ岩、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴ノ岩、両手を出しながら低く踏み込む。大砂嵐、右肘で相手の顔にかち上げる。貴ノ岩、左を差して右で押っ付ける。大砂嵐、右で相手の差し手を抱え、小手投げに行こうとして呼び込む。貴ノ岩、乗じて左差し手を返しながら前に出る。大砂嵐、堪え、前に出ながら肩越しの右上手を取る。貴ノ岩、頭をつけて右上手前廻しを取り、深い左下手を取る。大砂嵐、左下手も取る。貴ノ岩、中に戻り、左足で相手の右足を蹴って二枚蹴りに行こうとする。大砂嵐、左下手を離して堪え、左下手を取り直し、伸びた右上手もしっかり取り直す。貴ノ岩、両廻しを持って前に出ようとする。大砂嵐、堪える。貴ノ岩、再び左足を飛ばし、二枚蹴りに行く。大砂嵐、少し振られるが堪える。貴ノ岩、両廻しを引きつけて前に出る。大砂嵐、堪えて中に戻ろうとする。貴ノ岩、左下手で振る。大砂嵐、堪えて中に戻る。貴ノ岩、左肘を張りながら相手の上手を切ろうとする。大砂嵐、堪えて上手を離さず。貴ノ岩、深い左下手を取り直す。両者、土俵中央で止まる。ここで、行司が両者を止める。<取組中断>貴ノ岩が鼻血を出していたため、行司が血を拭き取り、鼻に紙を詰める。両者の廻しを同時に叩く。(中断時間:約44秒間)<取組再開>貴ノ岩、両廻しを引きつけながら、左足で相手の右足に外掛け。大砂嵐、右足を上げて相手の足を外し、両廻しを引きつけて前に出る。貴ノ岩、左下手が切れる。大砂嵐、一枚廻しになった右上手が伸びるが、腹をぶつけるようにしながら前に出る。貴ノ岩、俵に詰まり、左差し手を返して相手の上手を切ろうとする。大砂嵐、右上手を離さず、左筈で胸を押し上げながら寄り切る。

《2014年九州場所取組内容・目次へ》