松鳳山 2014年九州(十一月)場所取組内容

201411しょうほうざん.gif

新入幕だった2011年11月場所以来、3年ぶりに幕内二桁台の地位。
初日は白星スタートするも、二日目から5連敗。
七日目から3連勝、十一日目から2連勝して星を五分にする。
十四日目を終えて7勝7敗とするが、千秋楽に敗れて惜しくも負け越す。
負け越しは3場所連続。

(初) 玉鷲戦 ○押し出し 7.5秒
 玉鷲、先に手をつく。松鳳山、仕切り線後方にサッと手を手をついて立つ。玉鷲、頭から低く踏み込み、一気に前に出る。松鳳山、俵に詰まる。玉鷲、左喉輪で押し上げる。松鳳山、左を差し、俵に両足を掛けながら仰け反って堪え、両差しになって前に出る。玉鷲、右小手に振ろうとする。松鳳山、乗じて前に出、土俵際の相手の胸を押す。玉鷲、俵の外に出る。

(2) 徳勝龍戦 ●寄り切り 5.0秒
 松鳳山、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、松鳳山、相手が手をつこうとした瞬間、素早く立って両手突き。徳勝龍、その場で立ち、左を差して一気に前に出る。松鳳山、俵に詰まる。徳勝龍、胸を合わせ、右上手を取って引きつけながら寄る。松鳳山、土俵下に飛び落ちる。

(3) 常幸龍戦 ●突き出し 6.6秒
 常幸龍、先に右手をつく。松鳳山、仕切り線少し後方で両手をサッとつき、素早く立って両手突き、左を差し、右も差そうとする。常幸龍、挟みつけて前に出る。松鳳山、右差し手を抜いて右から押っ付ける。常幸龍、右小手投げで振る。松鳳山、左半身になるが向き直る。常幸龍、前に出ながら顎、胸を突く。松鳳山、土俵下に落ちる。

(4) 荒鷲戦 ●とったり 3.6秒
 荒鷲、先に右手をつく。松鳳山、仕切り線少し後方に両手をサッとつき、右手を出しながら左にずれて踏み込む。荒鷲、左上手に手を伸ばすが取れず。松鳳山、右喉輪で押し上げる。荒鷲、両手で相手の右腕を手繰る。松鳳山、前に出て左を差す。荒鷲、土俵際、体を開いてとったり。松鳳山、両足が開いて土俵に手をつく。

(5) 栃ノ心戦 ●叩き込み 2.9秒
 栃ノ心、先に左手をつく。松鳳山、すぐに両手をサッとつき、頭から踏み込む。栃ノ心、左から張りながら左にずれて当たる。松鳳山、突っ張る。栃ノ心、突っ張り返し、押し上げてから叩く。松鳳山、前に落ちる。

(6) 貴ノ岩戦 ●下手投げ 15.3秒
 貴ノ岩、先に手をつき、相手が手をつこうとした瞬間、素早く立って踏み込む。松鳳山、右手を出して頭を下げながらやや左にずれて当たり、右喉輪で突き上げ、突っ張りながら前に出る。貴ノ岩、仰け反りながら堪え、左で相手の手をいなして左に開く。松鳳山、土俵際向き直る。貴ノ岩、突っ張りながら前に出る。松鳳山、俵に詰まる。貴ノ岩、左を差し、右上手を取る。松鳳山、左を差し、右で差し手を抱えながら俵に足を掛けて堪え、少し中に戻る。貴ノ岩、右上手を引きつけて前に出るが右上手が伸びる。松鳳山、左下手を取るが切れ、俵に詰まる。貴ノ岩、左下手投げを見せてからがぶる。松鳳山、俵に足を掛けて堪える。貴ノ岩、体を開いて土俵内に下手投げ。松鳳山、土俵に裏返り、貴ノ岩、その上に乗る。

(7) 佐田の海戦 ○突き出し 6.1秒
 佐田の海、先に手をつく。松鳳山、仕切り線後方で手をサッとつき、両手で相手の顔を押し上げ、突っ張る。佐田の海、相手の手を下から撥ね上げる。松鳳山、右喉輪で押し上げて距離を取り、顎に向かって突っ張りながら前に出る。佐田の海、下からあてがうが俵に詰まり、左で相手の手をいなしながら、土俵際を左に回る。松鳳山、逃さず更に突き上げる。佐田の海、仰け反り、土俵下に飛び落ちる。

(中) 栃乃若戦 ○寄り切り 14.9秒
 両者、仕切り線少し後方。栃乃若、先に手をつく。松鳳山、手をサッとついて立ち、両手で突き上げ、右で顎を押し上げる。栃乃若、仰け反って堪える。松鳳山、突っ張ろうとする。栃乃若、下からあてがいながら前に出る。松鳳山、相手の左手を手繰りながら土俵際を右に回る。栃乃若、取られた左手を抜く。松鳳山、左喉輪で押し上げて前に出、更に右喉輪で突き上げる。栃乃若、仰け反って堪える。松鳳山、左肘を固め、右前廻しを探る。栃乃若、右で押っ付けながら前に出る。松鳳山、下がって体を離し、突き上げる。栃乃若、体が離れる。松鳳山、右から張って左を差し、左腕を返して右筈で胸を押し上げながら前に出る。栃乃若、上体が起きて俵に詰まり、左を差す。松鳳山、右上手に手を掛ける。栃乃若、すぐに腰を引いて上手を切る。松鳳山、左下手を取る。栃乃若、右で差し手を抱えながら体を開き、右小手投げに行く。松鳳山、左差し手を突きつけながら前に出る。栃乃若、上体が起きて俵を割る。

(9) 誉富士戦 ○突き出し 4.3秒
 誉富士、手をつかずにふわっと立ち、松鳳山、遅れて立って、右喉輪で押し上げるが、行司が止める。2度目、誉富士、両腕を交差させる。松鳳山、手をサッとついて素早く立つ。誉富士、手をついて立つ。松鳳山、やや左に踏み出し、両者、頭で当たり合う。松鳳山、両手で押し上げ、引いて右に回り、右で廻しを取る。誉富士、左手で廻しを切ろうとするが切れず、引く。松鳳山、右廻しを離し、突き放しながら一気に前に出る。誉富士、俵に詰まる。松鳳山、胸に向かって突っ張る。誉富士、俵を割る。勝負後、誉富士、右足を引きずる。

(10) 阿夢露戦 ●下手出投 75.8秒
 阿夢露、仕切り線後方。両者、見合ってなかなか手をつかず、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。松鳳山、両手突き。阿夢露、左上手前廻しに手を伸ばすが取れず。松鳳山、突っ張る。阿夢露、下からあてがって堪え、廻しを探りながら前に出る。松鳳山、叩き、突き放し、また叩きながら土俵際を右に回る。 阿夢露、突っ張りながら前に出、左喉輪で押し上げる。松鳳山、俵に両足を掛け、仰け反って堪える。阿夢露、頭をつけ、右押っ付けから右上手を探る。松鳳山、中に戻り、右で相手の差し手を抱える。阿夢露、右上手を取り、右に回って相手の左側につき、頭をつけて左前廻しを取る。松鳳山、右で相手の左差し手を抱えて正対する。阿夢露、両廻しを持って右に回るが、右上手一枚廻しが伸び、取り直そうとする。松鳳山、腰を振ってそれをさせず。阿夢露、少し左に回り、廻しを引きつけて前に出ようとするが上手が伸びて十分引きつけられず。松鳳山、差し手を返しながら堪える。阿夢露、頭をつけ、両廻しを持ってじわりと左に回る。両者、止まる(約7秒間)。阿夢露、両廻しを引きつけて前に出る。松鳳山、堪える。両者、しばらく止まる(約20秒間)。阿夢露、両廻しを引きつけて前に出る。松鳳山、左から掬って堪え、右上手に手を伸ばす。阿夢露、再び低い体勢になって廻しを与えず。松鳳山、右から小手に振る。阿夢露、両廻しを持って堪え、前に出る。松鳳山、右から振る。阿夢露、堪えて前に出、体を開いて右上手出し投げで振り回し、両前廻しを取って頭をつける。松鳳山、やや覆いかぶさる体勢で、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、止まる(約4秒間)。阿夢露、廻しを持った肘を上げて相手を起こし、右に回りながら出し投げ。松鳳山、体が飛んで土俵に裏返る。

(11) 千代鳳戦 ○引き落し 2.3秒
 両者、仕切り線少し後方。千代鳳、先に手をつく。松鳳山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、右から張る。千代鳳、低く当たって右上手前廻しを取る。松鳳山、腰を引いて廻しを切り、再び右から張る。千代鳳、前廻しを探ろうとする。松鳳山、上から覆いかぶさるようにして肩越しの右上手を取り、左に下がる。千代鳳、土俵に落ちて転がる。

(12) 妙義龍戦 ○押し出し 6.6秒
 妙義龍、先に右手をつく。松鳳山、手をサッとついて右手を出しながら低く踏み込む。妙義龍、右から張る。松鳳山、突き放す。妙義龍、再び右から張り、突っ張る。松鳳山、突っ張り返す。妙義龍、相手の手を叩いて引く。松鳳山、乗じて前に出、突き放す。妙義龍、俵に詰まり、相手に覆いかぶさるように叩いて右に回ろうとする。松鳳山、中に入って相手の腹を押す。妙義龍、俵の外に出る。

(13) 千代大龍戦 ●突き出し 4.9秒
 千代大龍、先に手をつく。松鳳山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。松鳳山、右から張って左を差す。千代大龍、左肘を固めて当たり、両手で力強く突き放しながら前に出る。松鳳山、下からあてがうが土俵際。千代大龍、両手で相手の胸、腹に突き放す。松鳳山、仰け反り、土俵下に落ちる。

(14) 蒼国来戦 ○寄り切り 5.8秒
 蒼国来、先に左手をつく。松鳳山、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両手を出す。蒼国来、頭から低く当たる。松鳳山、相手を起こし、右で顔を押し上げて前に出る。蒼国来、左で喉輪を外す。松鳳山、右から張って両差しになろうとする。蒼国来、左手で相手の右手首を掴む。松鳳山、右手を振りほどき、左差し手を返して前に出る。蒼国来、上体が起き、土俵際右小手に振ろうとする。松鳳山、右で押っ付け、左差し手を突きつけて寄り切る。

(楽) 旭秀鵬戦 ●下手投げ 17.7秒
 旭秀鵬、先に手をつく。松鳳山、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。旭秀鵬、右肘を固める。松鳳山、やや左にずれて当たり、右喉輪で突き放す。旭秀鵬、左から突こうとして空振りになるが、体勢を低くして左を差す。松鳳山、深い右上手を取る。旭秀鵬、左半身で左下手を取り、肩越しの右上手を探るが取れず、下から右上手に手を伸ばし、今度は取る。松鳳山、右上手投げに行く。旭秀鵬、右上手を持って堪え、胸を合わせて深い左下手を取り直す。松鳳山、腰を振って下手を切り、左に回る。旭秀鵬、切られた左下手を取り直し、伸びた右上手を取り直そうとする。松鳳山、左掬い投げに行く。旭秀鵬、傾くが堪え、両廻しを持って前に出る。松鳳山、土俵際、右上手投げに行く。旭秀鵬、振られながら深い左下手を取り直し、土俵際、下手投げを返す。松鳳山、体が飛んで俵の外に裏返る。

《2014年九州場所取組内容・目次へ》