千代丸 2014年九州(十一月)場所取組内容

201411ちよまる.gif

先場所後、虫垂炎の手術を受け、秋巡業は休場。10kg体重が落ちた状態で今場所に臨んだ。
初日二日目と連勝スタート。その後も2度の2連勝で、中日を終えて6勝2敗と白星先行。
九日目から3連敗するも、十二、十三日目の連勝で勝ち越し決定。
しかしそこから連敗し、この場所は8勝7敗の成績。
勝ち越しは2場所ぶり。

(初) 琴勇輝戦 ○叩き込み 6.5秒
 両者、仕切り線後方。千代丸、先に手をつく。琴勇輝、すぐにサッと手をついて立ち、両手突き。千代丸、下から相手の手を撥ね上げ、突き放して前に出る。琴勇輝、土俵際から両手で突き返して中に戻る。千代丸、下からあてがって堪え、叩きながら左に開く。琴勇輝、前に落ち、土俵下に転がり落ちる。

(2) 栃乃若戦 ○突き出し 12.8秒
 千代丸、先に手をつく。栃乃若、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、立つ。千代丸、両手突き。栃乃若、下からあてがう。千代丸、相手の手を叩きながら右に回る。栃乃若、乗じて前に出る。千代丸、土俵際で突き上げる。栃乃若、下がらず下からあてがって堪える。千代丸、右に回って体を入れ替え、相手の顎、胸を押し上げる。栃乃若、下からあてがうが上体が起き、土俵下に飛び落ちる。

(3) 阿夢露戦 ●寄り切り 2.3秒
 両者、仕切り線後方で見合い、なかなか手をつかず。両者、ほぼ同時に手をつく。千代丸、両手突き。阿夢露、頭から低く踏み込み、両差しになる。千代丸、突き放せず上体が起きる。阿夢露、左下手を取って一気に前に出、腰を下ろして寄り切る。

(4) 貴ノ岩戦 ○引き落し 1.3秒
 貴ノ岩、先に手をつく。千代丸、仕切り線後方にサッと手をつく。貴ノ岩、素早く立って踏み込む。千代丸、両手突きから引く。貴ノ岩、土俵に両手をつく。

(5) 旭秀鵬戦 ○引き落し 1.4秒
 千代丸、先に右手をつく。旭秀鵬、手をサッとついて踏み込む。千代丸、両手突きで起こし、相手の手を叩きながら右に開く。旭秀鵬、土俵に転がる。

(6) 蒼国来戦 ●下手出投 9.8秒
 千代丸、仕切り線後方で先に手をつく。蒼国来、左手をつき、右手をサッとついて素早く立ち、やや右に踏み込む。千代丸、その場で立って両手突き。蒼国来、左を差す。千代丸、右に回りながら左で頭を押さえつける。蒼国来、落ちずに左差しでついて行き、相手の左脇下に頭を入れ、左下手を取る。千代丸、右で相手の差し手を抱えて前に出る。蒼国来、頭を抜き、右で相手の左腕を絞り上げる。千代丸、下がりながら左腕を抜く。蒼国来、右で押っ付ける。千代丸、右で差し手を抱え、左を差そうとする。蒼国来、右押っ付けで押し上げ、一転、左に体を開いて右で叩きながら左下手出し投げ。千代丸、土俵に落ちる。

(7) 北太樹戦 ○突き出し 6.0秒
 千代丸、先に手をつく。北太樹、手をサッとついて頭から踏み込む。千代丸、両手で相手の肩を押さえる。北太樹、頭をつけて右で押っ付ける。千代丸、少し引き、右喉輪で突き放し、両手で押しながら前に出る。北太樹、上体が起き、叩きながら左に回り、土俵際で頭を下げて右で廻しを探る。千代丸、両手で顎を押し上げながら前に出る。北太樹、俵の上で叩くが、千代丸、逃さず押し出す。

(中) 誉富士戦 ○引き落し 1.6秒
 誉富士、相手が手をつく前に、自分も手をつかずに立って左足を一歩踏み出す。2度目、誉富士、両手をサッとつき、素早く立って頭から踏み込む。千代丸、両手で押し上げ、手を叩きながら引く。誉富士、土俵に這う。

(9) 妙義龍戦 ●押し出し 2.6秒
 妙義龍、右手をつくが、やや体勢を崩しそうになり、その手を引く。千代丸、先に手をつく。妙義龍、手をサッとついて右から張る。千代丸、両手突きに行くが、相手が下になって当たらず、引く。妙義龍、乗じて一気に前に出、顎、胸を押し上げる。千代丸、仰け反って俵を割る。

(10) 栃ノ心戦 ●押し出し 14.9秒
 栃ノ心、相手が手をつく前に、サッと手をついて立ち、相手にぶつかる。千代丸、相手の当たりで土俵際まで下がる。2度目、両者、仕切り線やや後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。栃ノ心、左から張る。千代丸、顎に向かって突き上げる。栃ノ心、下からあてがうが土俵際、叩きながら右に回る。千代丸、落ちずに向き直る。栃ノ心、突っ張りながら前に出る。千代丸、土俵際叩きながら左に回る。栃ノ心、向き直り、顎に向かって突っ張り、両廻しに手を掛ける。千代丸、左で突き放して廻しを切る。両者、突っ張り合う。栃ノ心、左で顎を突き放して距離を取り、右で思い切り張り、右を差して両廻しを探る。千代丸、両手で押し上げてから引く。栃ノ心、乗じて相手の胸を押す。千代丸、土俵下に落ちる。千代丸、激しい相撲で口から出血。

(11) 玉鷲戦 ●押し出し 5.3秒
 千代丸、仕切り線少し後方で先に手をつき、相手が手をつく瞬間に立つ。玉鷲、頭から踏み込む。千代丸、両手で突き上げ、突っ張るが前に出られず。玉鷲、下から撥ね上げ、押し上げながら前に出る。千代丸、俵に両足を掛けて堪える。玉鷲、相手の胸を押し上げる。千代丸、仰け反って堪えるが、俵の外に出る。

(12) 徳勝龍戦 ○引き落し 4.4秒
 千代丸、先に手をつき、相手が手をつく瞬間に素早く立つ。両者、両手突きから突っ張り合う。千代丸、右喉輪で押し上げる。徳勝龍、下からあてがって堪える。千代丸、右腕を抜いて右に開く。徳勝龍、前にバッタリ落ちる。

(13) 隠岐の海戦 ○突き落し 11.7秒
 隠岐の海、先に手をつき、相手が手をつこうとした瞬間、素早く立ち、両手を下げて踏み込む。千代丸、両手で突き放し、突っ張りながら前に出る。隠岐の海、下からあてがい、土俵際、右喉輪で押し上げ、右を差す。千代丸、突き放して体を離し、突っ張る。隠岐の海、右から突いて右に回る。両者、体が離れる。千代丸、突き放そうとする。隠岐の海、下からあてがって前に出る。千代丸、引いて土俵際を左に回り込む。隠岐の海、右差しで相手に体を預ける。千代丸、俵伝いに左へ回りながら左から突く。隠岐の海、体が伸びて左で相手の右足を抱えながら土俵に裏返り、千代丸、その後、土俵に落ちて逆転勝利。勝ち名乗りの際、千代丸、自分が負けたと思ってそのまま下がろうとする。

(14) 荒鷲戦 ●寄り切り 3.8秒
 荒鷲、先に手をつく。千代丸、仕切り線後方に手をつこうとする。荒鷲、その瞬間、素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。千代丸、両手で突き放そうとする。荒鷲、両差しで相手を抱えて体を離さず、深い両下手を取って一気に前に出る。千代丸、上体が起き、土俵際、右で首を巻く。荒鷲、腰を下ろして寄り切る。

(楽) 旭天鵬戦 ●寄り切り 3.6秒
 旭天鵬、先に左手をつく。千代丸、仕切り線後方で手をつこうとする。その瞬間、旭天鵬、素早く立って、左から張って踏み込み、深い左上手を取る。千代丸、右を差す。旭天鵬、左上手を引きつけて一気に前に出る。千代丸、俵に詰まって左から突こうとする。旭天鵬、腰を下ろして寄り切る。

《2014年九州場所取組内容・目次へ》