照ノ富士 2015年初(一月)場所取組内容

201501てるのふじ.gif

3場所連続前頭上位。
初日は大関琴奨菊に敗れたのものの、二日目は豪栄道、三日目は稀勢の里の2大関を撃破。
四日目からは2横綱との対戦もあり、3連敗。しかし横綱白鵬戦では33秒、鶴竜戦では1分40秒近い相撲と粘った。
七日目から小結栃煌山らを倒して3連勝。白星を先行させる。
十日目は豊ノ島に敗れるも、十一日目は高安を1分15秒近い相撲で、十二日目は隠岐の海を22秒の相撲で寄り切って連勝。
十四日目の逸ノ城戦では、途中水入りになる、合計5分近い大相撲の末に敗れる。
7勝7敗で迎えた千秋楽、玉鷲と対戦。勝った方が敢闘賞受賞という一番に勝ち、勝ち越し。初の三賞を獲得。来場所の新三役を確実にした。
勝ち越しは2場所連続。

(初) 琴奨菊戦 ●寄り切り 3.2秒
 照ノ富士、先に両手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、右肘を固めて低く踏み込む。照ノ富士、右を差し、左で相手の差し手を極め気味に抱える。琴奨菊、左上手前廻しを取り、一気に前出る。照ノ富士、右差し手を抜き、外から抱える体勢で土俵際。琴奨菊、左で相手の胸を押し上げながらがぶって寄り切る。

(2) 豪栄道戦 ○極め倒し 44.6秒
 両者、ほぼ同時に手をついて立つ。豪栄道、相手の肩に向かって右手を出す。照ノ富士、右から張って踏み込む。豪栄道、低く当たって右を差し、差し手を返す。照ノ富士、深い右下手を取る。豪栄道、右下手を取る。照ノ富士、左上手に手を伸ばすが取れず、左で差し手を抱えて相手を浮かせながら前に出る。豪栄道、右下手投げで体を入れ替える。照ノ富士、土俵際、左で相手の差し手を抱えながら堪え、左上手に手を伸ばす。豪栄道、頭をつけ、腰を引いて上手を与えず。照ノ富士、切れた右下手を取り直し、左で差し手を抱えながら相手を起こそうとする。豪栄道、左を巻き替えようとするがならず、左上手に手を伸ばすが取れず、体を開いて右下手投げに行き、左前廻しも取る。照ノ富士、左で差し手を抱えながら堪え、右でも相手の差し手を抱える。豪栄道、左を深く差し、両差しで前に出る。照ノ富士、右を巻き替えようとするが止め、外から抱えながら右に振る。豪栄道、右下手も取り、深い両下手を持つ。照ノ富士、左から振ろうとする。豪栄道、両下手を持って右外掛け。照ノ富士、掛けられた左足を上げて外す。豪栄道、一呼吸後、深い両下手を持って前に出る。照ノ富士、左から振ろうとする。豪栄道、右足外掛けに行く。照ノ富士、外から極めながら右に振って前に出る。豪栄道、俵に両足が掛かる。照ノ富士、極めながら寄る。豪栄道、俵に足を掛けて必死に残し、俵伝いに左に回る。照ノ富士、極めて寄り続ける。豪栄道、残して少し中に戻る。一呼吸後、照ノ富士、極めながら前に出る。豪栄道、堪える。照ノ富士、左足で外掛け。豪栄道、掛けられた右足が浮き、左膝が曲がる。照ノ富士、極めながら寄る。豪栄道、後ろに崩れ落ちる。

(3) 稀勢の里戦 ○押し出し 14.5秒
 稀勢の里、仕切り線少し後方で先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつく。稀勢の里、素早く立つ。照ノ富士、右から張って左を差し、右押っ付けから上手を探る。稀勢の里、腰を捻って上手を与えず、左下手を取る。照ノ富士、左下手を取る。稀勢の里、右上手も取って前に出る。照ノ富士、左下手を取り、下手投げで振る。稀勢の里、切れた左下手を取り直し、両廻しを持って寄る。照ノ富士、左下手で振りながら左に回り、下手投げで相手を俵に追い詰める。稀勢の里、両廻しを引きつけながら前に出る。照ノ富士、右上手に手を伸ばすが取れず、土俵際左下手投げで振り、体を開いて更に下手投げ。稀勢の里、左足一本になり、土俵際。照ノ富士、廻しを離して押す。稀勢の里、土俵下に落ちる。

(4) 白鵬戦 ●掬い投げ 32.8秒
 照ノ富士、先に手をつく。白鵬、仕切り線少し後方で、右、左と手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。白鵬、右肘を固めて踏み込む。照ノ富士、すぐに左上手を取る。白鵬、右下手を取り、下手を引きつけながら左を巻き替えて両差しになる。照ノ富士、右上手を探る。白鵬、腰を引いて相手の廻しを切る。照ノ富士、外から抱える。両者、少し止まる(約4秒間)。照ノ富士、極めながら前に出ようとする。白鵬、堪えて前に出ようとするがならず、少し右に回る。両者、しばらく止まる(約13秒間)。照ノ富士、極めながら前に出ようとする。白鵬、堪え、機を見て左差し手を抜き、右から掬いながら左で首後ろを押さえて右に回る。照ノ富士、宙で裏返って土俵に転がる。

(5) 鶴竜戦 ●寄り切り 97.6秒
 照ノ富士、先に手をつく。鶴竜、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右から張る。鶴竜、右手を出しながら低く踏み込み、左を差して下手を取る。照ノ富士、左下手を取り、右押っ付けで前に出る。鶴竜、右上手も取り、両廻しを持って前に出、右外掛けに行く。照ノ富士、左下手を持って堪える。鶴竜、掛けた右足を外す。照ノ富士、右上手も取って両廻し、一呼吸後、相手を浮かせて前に出るが、右上手が伸びる。鶴竜、両廻しを持って左に振りながら堪え、中に戻る。両者、左四つがっぷりで少し止まる(約4秒間)。照ノ富士、前に出る。鶴竜、両廻しを持って堪える。両者、止まる(約5秒間)。鶴竜、前に出ようとする。照ノ富士、堪える。鶴竜、両廻しを引きつけて前に出、右外掛けで相手を崩そうとする。照ノ富士、そのまま堪える。鶴竜、前に出る。照ノ富士、土俵際、右上手で左へ振り、相手を土俵際にして寄り立てる。鶴竜、俵に足を掛けて堪え、中に戻る。照ノ富士、両廻しを引きつけて前に出る。鶴竜、土俵際、右に振って堪える。照ノ富士がやや土俵際の位置で、両者、しばらく止まる(約15秒間)。両者、廻しを引きつけ合う。照ノ富士、じわりと中に戻る。両者、土俵中央でしばらく止まる(約20秒間)。照ノ富士、前に出ようとする。鶴竜、右へ振って相手を土俵際にし、右足で外掛け。照ノ富士、掛けられた左足を撥ね上げて外す。鶴竜、相手の廻しを切り、右上手を持って素早く下がり、土俵際右に回って体を入れ替える。照ノ富士、上体が起きて俵の外に出る。

(6) 魁聖戦 ●寄り切り 6.6秒
 魁聖、先に手をつく。照ノ富士、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、左上手前廻しを取る。照ノ富士、左上手を取る。魁聖、すぐに左上手を引きつけ、右下手も取り、両廻しを引きつけながら前に出る。照ノ富士、左上手を持って土俵際を左に回るが、上体が起きて俵を割る。

(7) 栃煌山戦 ○寄り切り 2.3秒
 照ノ富士、相手が腰を下ろす前に手をつく。栃煌山、腰を下ろして手を動かす。照ノ富士、突っ掛ける。2度目、栃煌山、仕切り線少し後方で先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつく。栃煌山、頭から踏み込もうとする。照ノ富士、右から張って左を差し、右押っ付けで一気に前に出る。栃煌山、そのまま俵の外に出る。

(中) 常幸龍戦 ○寄り倒し 2.4秒
 両者、仕切り線少し後方。常幸龍、先に手をつく。照ノ富士、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右から張り、右上手を探るが取れず、右で押っ付けながら前に出る。常幸龍、右から押っ付け、右に回って上手を遠ざけようとする。照ノ富士、右上手を取る。常幸龍、左半身で左から掬って上手を切ろうとする。照ノ富士、右上手を引きつけて前に出る。常幸龍、右膝から崩れて土俵に転がる。勝負後、常幸龍、右膝を痛そうにし、足を引きずる。

(9) 碧山戦 ○寄り切り 13.6秒
 両者、見合ってなかなか手をつかず。碧山、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつく。碧山、その瞬間素早く立ち、頭から踏み込む。照ノ富士、左から張って右を差し、左で差し手を抱える。碧山、右差し手を返し、がぶって前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵に詰まるが、右差し手を返しながら左上手を取る。碧山、廻しを持たずに体を寄せる。照ノ富士、右足を俵に掛けながらやや仰け反って残す。碧山、左上手に手を伸ばすが取れず、左で差し手を抱える。照ノ富士、左上手を持って前に出る。碧山、土俵際。照ノ富士、右差し手を返しながら寄る。碧山、左腕がバンザイになり、右から掬おうとする。照ノ富士、左上手を離さず寄り切る。

(10) 豊ノ島戦 ●押し出し 18.5秒
 豊ノ島、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方に手をつく。豊ノ島、その瞬間素早く立ち、両腕を交差させる。照ノ富士、踏み込む。豊ノ島、両差しになって前に出る。照ノ富士、上体が起き、外から抱えて右へ振る。豊ノ島、両差しでがぶって前に出ようとするがならず、左差し手を抜き、右から掬う。照ノ富士、堪えて向き直る。豊ノ島、再び左を差して両差しになる。照ノ富士、肩越しの右上手に手を伸ばすが取れず、肩越しの左上手を取り、再び右上手に手を伸ばすが取れず。豊ノ島、右下手を取って前に出る。照ノ富士、左上手を持って堪え、右上手に手を伸ばすが取れず。豊ノ島、腰を捻って相手の上手を切る。照ノ富士、肩越しの右上手を取る。豊ノ島、左肘を張りながら筈で脇腹を押して前に出る。照ノ富士、肩越しの右上手を持ったまま、俵に詰まる。豊ノ島、右下手を離し、両筈で押し上げながら腰を下ろす。照ノ富士、右上手を持ったまま俵を割る。

(11) 高安戦 ○寄り切り 74.1秒
 高安、先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右から張る。高安、左肘を固めて当たり、右上手を取る。照ノ富士、右上手、左下手を取る。高安、右に回り、腰を捻って相手の上手を切る。照ノ富士、左下手を持って前に出る。高安、土俵際、堪える。照ノ富士、左から掬う。高安、右上手を持って堪える。照ノ富士、左下手を取り直し、右上手に手を伸ばすが取れず。高安、土俵中央に戻り、左下手も取り、両廻しを引きつけて前に出ようとする。照ノ富士、堪え、相手の下手を切る。高安、体を開き、右上手投げ出し投げで振りながら頭をつける。照ノ富士、左下手が切れ、差し手を返す。高安、右上手を引きつけて前に出る。照ノ富士、腰を振って上手を切ろうとするがならず。両者、土俵中央、高安は頭を相手の左肩につけて右上手を持ち、照ノ富士は相手の左肩に顎を乗せて左下手を持って左半身の体勢で少し止まる(約3秒間)。照ノ富士、下手を引きつけながら相手の上手を切ろうとするがならず。両者、止まる(約4秒間)。高安、腰を振って相手の下手を切ろうとするが切れず。高安は右上手を持ち、照ノ富士は左下手を持って左半身の体勢で、両者、しばらく止まる(約42秒間)。高安、右上手を引きつけて少し右に回り、頭をつける。照ノ富士、左下手を持って前に出る。高安、俵に詰まる。照ノ富士、右押っ付けで押し上げ、右を差して相手を起こしながら寄る。高安、両足を俵に掛けて堪える。照ノ富士、休まず寄り立て、腰を下ろして寄り切る。

(12) 隠岐の海戦 ○寄り切り 22.0秒
 両者、仕切り線後方。隠岐の海、先に手をつく。照ノ富士、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。隠岐の海、両肘を固めて踏み込む。照ノ富士、低く当たる。隠岐の海、両差しになり、左差し手を返す。照ノ富士、左上手に手を掛ける。隠岐の海、右差し手を抜き、右で抱える。照ノ富士、深い左下手を取る。隠岐の海、右上手に手を伸ばすが取れず、右から小手に振って下手を切ろうとするがならず。照ノ富士、左下手を持ち、右押っ付けから右上手を探る。隠岐の海、腰を引いて上手を与えず、深い左下手を取る。両者、少し止まる(約3秒間)。照ノ富士、右押っ付けで相手の下手を切り、左下手を持って前に出る。隠岐の海、右足が俵に掛かる。照ノ富士、右上手を探る。隠岐の海、腰を遠ざけながら中に戻り、右上手に手を伸ばす。照ノ富士、腰を引いて上手を与えず、右押っ付けで前に出る。隠岐の海、右上手を取るが俵の上。照ノ富士、腰を下ろして寄り切る。

(13) 妙義龍戦 ●押し出し 4.0秒
 両者、見合ってなかなか手をつかず。照ノ富士、立合いを嫌う。2度目、妙義龍、先に手をつくが、その手を引く。照ノ富士、手をサッとつく。妙義龍、素早く手をついて立つ。照ノ富士、右から張る。妙義龍、構わず頭から踏み込み、右押っ付け、左喉輪で押し上げながら前に出、両筈で脇を押し上げながら相手を俵に追い詰める。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。

(14) 逸ノ城戦 ●寄り切り 287.4秒
 照ノ富士、先に手をつく。逸ノ城、手をつこうとする。照ノ富士、素早く立ち、右肘を固める。逸ノ城、サッと手をつき、すぐに左上手を取る。照ノ富士、左上手を取り、右下手も探って取る。両者、右四つがっぷりで少し止まる(約5秒間)。逸ノ城、左上手をしっかり握り、両廻しを引きつけて徐々に前に出る。照ノ富士、土俵際になるが、堪えて中に戻る。両者、右四つがっぷりでしばらく止まる(約37秒間)。逸ノ城、両廻しを引きつけて前に出る。照ノ富士、両廻しを持って少し右に振って堪える。逸ノ城、左上手をしっかり取り直そうとする。照ノ富士、右下手を離し、肘を張って上手を切ろうとする。逸ノ城、上手を離さず、照ノ富士、右下手を取り直す。両者、右四つがっぷりで止まる(約17秒間)。逸ノ城、廻しを引きつけて前に出ようとする。照ノ富士、両廻しを持って堪える。両者、止まる(約8秒間)。照ノ富士、両廻しを引きつけ、逸ノ城、引きつけ返し、両者が引きつけ合う。両者、止まる(約7秒間)。逸ノ城、左上手を少し手前にし、右下手を離して肘を張り、相手の上手を切りながら一気に前に出る。照ノ富士、左上手が切れ、右下手のみで土俵際。逸ノ城、右を差し、左上手を引きつけながら、低い体勢で寄る。照ノ富士、足を俵に掛けて、弓なりになりながら必死に堪えて残し、左上手を取る。逸ノ城、右下手を取る。両者、照ノ富士が土俵際の位置、右四つがっぷりで止まる(約17秒間)。照ノ富士、廻しを引きつけて前に出ようとする。逸ノ城、堪えるが、ずるずる下がって左足が俵に掛かる。照ノ富士、それ以上寄れず、両者、そこで止まる(約19秒間)。照ノ富士、両廻しを引きつけて寄ろうとする。逸ノ城、左足を俵に掛けて動かず。両者、同じ位置で止まる(約8秒間)。逸ノ城、両廻しを持って前に出る。照ノ富士、堪え、両者、土俵中央で止まる(約6秒間)。照ノ富士、右肘を張って相手の上手を切ろうとする。逸ノ城、左上手を離さず。両者、止まる(約10秒間)。時計係審判が手を上げ、それを正面審判長が見て手を上げ、土俵下の審判が声を上げて行司 式守勘太夫 に知らせ、行司が両者の廻しを押さえて取組を止める(約6秒間)(立合いから水入りまでの取組時間:3分19秒間)。
<水入り>行司、両者に「そのまま、そのまま」と声を掛け、両者の足先に砂を掛けて、足の位置を土俵に残す。それから両者を分ける(約17秒間)。両者、土俵下に下り、廻しを締め直し、水を飲み、タオルで汗をぬぐって、再び土俵に上がる(約57秒間)。行司、両者に足の位置を指示し、元のように右四つに組ませ、両者の廻しを同時に叩いて勝負再開(約26秒間)。
<水入り後再開>両者、右四つがっぷりで動かず(約6秒間)。逸ノ城、左上手を引きつけ、右肘を張りながら一気に前に出る。照ノ富士、左上手が切れて俵に詰まるが、必死に堪える。逸ノ城、寄り切れず、右で首を巻きながら上手投げで土俵内に振り、右を差し込み、深い右下手を取る。照ノ富士、深い左上手を取る。両者、止まる(約12秒間)。照ノ富士、両廻しを引きつける。逸ノ城、廻しを引きつけ返して堪える。両者、上体がやや起きた体勢で止まる(約48秒間)。照ノ富士、足は止めたまま、左上手を手前に持ち替える。両者、再び止まる(約6秒間)。照ノ富士、左上手を引きつける。逸ノ城、堪えて右下手を深くし、一呼吸後、一気に前に出る。照ノ富士、俵に両足を掛けて仰け反り、ついに俵を割る。(水入り後取組時間:約1分29秒間)(全体取組時間:約4分47秒)

(楽) 玉鷲戦 ○寄り切り 18.6秒
 両者、長く見合って、共に手をつかず。照ノ富士、腰を上げて立合いを嫌う。2度目、照ノ富士、先にサッと手をついて突っ掛ける。3度目、両者、仕切り線少し後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。照ノ富士、右肘を固めて踏み込む。玉鷲、頭を下げて踏み込み、右喉輪で突き放す。照ノ富士、下がらず、突き放す。玉鷲、右筈で脇を押し上げながら前に出、左喉輪で仰け反らせる。照ノ富士、堪える。玉鷲、頭をつける。照ノ富士、左で相手の差し手を引っ張り込み、右を差そうとしながら前に出る。玉鷲、右差し手を返しながら左で押っ付ける。照ノ富士、下がって左小手投げに行く。玉鷲、少し振られるが堪え、左で顎を押し上げる。照ノ富士、俵に足を掛けながら仰け反って堪え、右を差し、左で肩越しの上手を取って捕まえ、右差し手を返しながら逆に前に出る。玉鷲、右下手を取り、俵に足を掛けて必死に堪える。照ノ富士、相手の下手を切り、腰を下ろし、右差し手を突きつけて寄り切る。玉鷲、土俵下に飛び落ちる。

《2015年初場所取組内容・目次へ》