玉鷲 2015年初(一月)場所取組内容

201501たまわし.gif

初日から○●交互の星が並ぶ。
七日目から5連勝し、十一日目に早くも勝ち越し決定。平幕で最も早く決めた。
十三・十四日目も連勝し、10勝目を上げる。
千秋楽の照ノ富士戦は、勝った方が三賞獲得という大一番。これに敗れ、惜しくも三賞を逃す。
勝ち越しは2場所連続。二桁勝利は、2013年11月場所以来、7場所ぶり。

(初) 妙義龍戦 ○叩き込み 7.3秒
 妙義龍、先に手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。妙義龍、右手を出しながら頭を下げて踏み込み、右を差す。玉鷲、左押っ付け、右喉輪で相手を起こす。妙義龍、突き放して前に出る。玉鷲、俵に詰まる。妙義龍、少し引いて体を離す。玉鷲、突っ張る。妙義龍、下からあてがい、頭を下げる。玉鷲、叩いて右に回る。妙義龍、土俵に転がる。

(2) 佐田の海戦 ●とったり 5.2秒
 佐田の海、先に手をつく。玉鷲、手をサッとつく。佐田の海、素早く立ち、低く踏み込む。玉鷲、頭で当たり合い、顎に向かって突き上げる。佐田の海、相手の右腕を手繰る。玉鷲、向き直って突っ張る。佐田の海、再び相手の右腕を手繰り、左に開く。玉鷲、土俵に両手をつく。

(3) 豊響戦 ○突き落し 6.7秒
 豊響、仕切り線少し後方で先に手をつく。玉鷲、手をサッとつく。豊響、素早く立って頭から踏み込む。玉鷲、頭から当たる。豊響、右喉輪で相手を起こす。玉鷲、突っ張る。豊響、突っ張り返し、左筈で相手の右脇を押し上げて前に出る。玉鷲、俵に詰まる。豊響、胸を押し上げる。玉鷲、俵に両足を掛けながら右で突いていなす。豊響、前のめりになり、俵の外に両手をつく。

(4) 嘉風戦 ●押し出し 7.2秒
 嘉風、先に手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。嘉風、頭から踏み込む。玉鷲、その場で立ち、両者、頭で当たり合う。玉鷲、両手で押し上げて相手を起こし、突っ張る。嘉風、下からあてがい、右喉輪で突き放し、左から張って頭を下げ、胸を押しながら前に出る。玉鷲、俵に詰まる。嘉風、左をのぞかせ、右で胸を押し上げる。玉鷲、上体が起きて俵を割る。

(5) 千代丸戦 ○叩き込み 10.6秒
 千代丸、先に手をつく。玉鷲、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、頭から低く踏み込む。千代丸、両手突きで相手を起こす。玉鷲、下がらず、相手の胸を押し上げる。千代丸、堪え、突き放して前に出る。玉鷲、顎に向かって突っ張り続け、叩きながら右に回る。千代丸、土俵に落ちる。

(6) 旭秀鵬戦 ●送り出し 6.9秒
 両者、長く見合い、なかなか手をつかず。旭秀鵬、先に手をつくが、その手を引く。旭秀鵬、もう一度先に手をつく。玉鷲、サッと手をつく。旭秀鵬、素早く立つ。玉鷲、頭から踏み込み、押し上げる。旭秀鵬、上体が起き、叩きながら下がって俵に詰まる。玉鷲、押し出そうとする。旭秀鵬、俵に両足を掛けながら右押っ付けで突く。玉鷲、左半身になる。旭秀鵬、相手を後ろから抱えてがぶる。玉鷲、土俵下に落ちる。

(7) 荒鷲戦 ○突き出し 4.0秒
 荒鷲、先に手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。荒鷲、右肘を固めて踏み込む。玉鷲、右手で相手の肩を押さえながら当たる。荒鷲、右を差し、左廻しに手を伸ばす。玉鷲、顎に向かって突っ張りながら前に出る。荒鷲、下からあてがうが土俵際になり、俵伝いに左へ回り込もうとするが、右足が俵の外に滑り出、土俵下に落ちる。

(中) 佐田の富士戦 ○押し出し 7.5秒
 両者、なかなか手をつかず。佐田の富士、先に手をつく。玉鷲、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立ち、頭で当たり合う。玉鷲、右喉輪で相手を下がらせ、突き放して前に出る。佐田の富士、左、右と喉輪で押し上げる。玉鷲、下がらず、頭をつけ、右から押っ付け、左筈で押す。佐田の富士、右足を俵に掛けて堪える。玉鷲、左喉輪、右筈で相手の左脇を押し上げる。佐田の富士、上体が浮いて右足一本になり、土俵下に落ちる。

(9) 魁聖戦 ○押し出し 8.6秒
 魁聖、相手が腰を下ろす前に手をつく。玉鷲、サッと手をつく。魁聖、素早く立ち、両手を下げる。玉鷲、頭から踏み込む。魁聖、右を差す。玉鷲、右喉輪で押し上げて前に出る。魁聖、左で相手の肘を押し上げて喉輪を外し、左を差し、前に出ながら右も差そうとする。玉鷲、右押っ付け、左喉輪で押し上げる。魁聖、上体が浮いて下がる。玉鷲、両手で押し上げながら前に出る。魁聖、俵伝いに右へ回る。玉鷲、胸を押す。魁聖、土俵下に飛び落ちる。

(10) 徳勝龍戦 ○叩き込み 7.5秒
 両者、見合い、玉鷲、手をつくがその手を引き、立合いを嫌って立ち上がる。2度目、玉鷲、先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、素早く立ち、左から張る。玉鷲、頭から踏み込み、顎に向かって突っ張る。徳勝龍、下から押し上げ、前に出る。玉鷲、俵に詰まり、左をのぞかせる。徳勝龍、左に開き、右喉輪で押し上げる。玉鷲、土俵際、叩く。徳勝龍、両足が大きく開き、左で相手の廻しを押しながら右手を土俵につく。玉鷲、既に土俵に落ちた相手に押され、土俵下に飛び落ちる。

(11) 大砂嵐戦 ○押し出し 13.1秒
 大砂嵐、仕切り線後方で先に手をつく。玉鷲、サッと手をつく。大砂嵐、素早く立ち、右肘でかち上げる。玉鷲、両手を出しながらやや左にずれて当たり、右喉輪、左押っ付けで押し上げる。大砂嵐、仰け反りながら左で喉輪を外し、向き直って突っ張る。玉鷲、顎に向かって突っ張る。大砂嵐、下からあてがって堪え、左に回って相手の右側につき、左上手を取る。玉鷲、右手で相手の右太腿を抱えようとする。大砂嵐、右足を引いてそれを外し、右で顎を押し上げる。玉鷲、右足を俵に掛けて仰け反りながら右で首を巻き、左で相手の右肘を押し上げて喉輪を外す。大砂嵐、廻しが切れ、体が飛んで後ろ向きになるが、くるっと向き直る。玉鷲、そこを両手で押す。大砂嵐、土俵際、左から張る。玉鷲、相手の胸を押す。大砂嵐、俵の上で叩こうとするが、外に出る。

(12) 豪風戦 ●押し出し 3.8秒
 豪風、先に手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方で手をサッとつく。豪風、素早く立ち、頭から踏み込む。玉鷲、頭で当たり、突き放す。豪風、相手の手を叩き、左に開く。玉鷲、つんのめって前に泳ぎ、土俵際で向き直る。豪風、そこを押す。玉鷲、上体が起きて俵を割る。

(13) 鏡桜戦 ○押し出し 8.7秒
 鏡桜、先に手をつく。玉鷲、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立ち、頭で当たり合う。鏡桜、左下手に手を伸ばす。玉鷲、両手で押し上げ、前に出る。鏡桜、叩きながら左に回る。玉鷲、前のめりになるが堪えて向き直り、突き放す。鏡桜、叩きながら下がる。玉鷲、顎に向かって突き上げる。鏡桜、仰け反りながら堪え、両前廻しを取って前に出る。玉鷲、突き放して廻しを切ろうとするがならず、土俵際、右小手で振って廻しを切る。鏡桜、左半身で俵に詰まる。玉鷲、右押っ付け、左喉輪で押し上げる。鏡桜、俵の上で仰け反って堪える。玉鷲、左で押っ付け、右筈で相手の胸を押す。鏡桜、土俵下に落ちる。

(14) 琴勇輝戦 ○押し出し 7.0秒
 両者、見合ってなかなか手をつかず。玉鷲、先に手をつく。琴勇輝、すぐに仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴勇輝、踏み込んで両手突き。玉鷲、その場で立って当たりを受け、相手の手を撥ね上げる。琴勇輝、上体が起きる。玉鷲、突き放す。琴勇輝、相手の手を叩きながら左に開く。両者、体が離れて見合う。玉鷲、突き放しながら前に出る。琴勇輝、俵に両足を掛けながら堪え、突き返す。玉鷲、顎、胸を押し上げる。琴勇輝、俵の外に出る。

(楽) 照ノ富士戦 ●寄り切り 18.6秒
 両者、長く見合って、共に手をつかず。照ノ富士、腰を上げて立合いを嫌う。2度目、照ノ富士、先にサッと手をついて突っ掛ける。3度目、両者、仕切り線少し後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。照ノ富士、右肘を固めて踏み込む。玉鷲、頭を下げて踏み込み、右喉輪で突き放す。照ノ富士、下がらず、突き放す。玉鷲、右筈で脇を押し上げながら前に出、左喉輪で仰け反らせる。照ノ富士、堪える。玉鷲、頭をつける。照ノ富士、左で相手の差し手を引っ張り込み、右を差そうとしながら前に出る。玉鷲、右差し手を返しながら左で押っ付ける。照ノ富士、下がって左小手投げに行く。玉鷲、少し振られるが堪え、左で顎を押し上げる。照ノ富士、俵に足を掛けながら仰け反って堪え、右を差し、左で肩越しの上手を取って捕まえ、右差し手を返しながら逆に前に出る。玉鷲、右下手を取り、俵に足を掛けて必死に堪える。照ノ富士、相手の下手を切り、腰を下ろし、右差し手を突きつけて寄り切る。玉鷲、土俵下に飛び落ちる。

《2015年初場所取組内容・目次へ》