白鵬、千秋楽優勝インタビュー全文。

2015年3月場所、34回目の幕内優勝を果たした白鵬の館内インタビューは以下の通り。

<それでは、白鵬関にうかがいます。優勝、おめでとうございます!>
(やや小さい声で)どうも、ありがとうございます。(お辞儀)(館内、歓声と拍手)

<今場所も、賜杯を抱きました。今、どんな気持ちでしょう>
まあ…初場所ね、えー、新記録を達成して。それにふさわしい、優勝だったと思います。(館内、歓声と拍手)
20150322 335白鵬優勝インタビュー 10

<今日は目の前で照ノ富士関が勝って、白鵬関が勝てば優勝という結びだったんですが、凄い相撲になりました。振り返っていかがですか>
そうですね、あのー、今場所、相撲内容がね、満足できる相撲が多かったんで、ま、それを信じて、やりました。

<今、お話にもありましたが、先場所大鵬さんの記録を塗り替えて、この春場所に入りました。どんな気持ちで、この春場所に臨んだんですか>
まあ、色々騒がしましたけど…、ええ、(館内、笑い)………まあ、…………………………………(館内、歓声と拍手。途中、『頑張れ!』等、色んな声が飛び、拍手がさらに盛り上がる)(25秒程の沈黙後、)まあ、頑張ります。
20150322 335白鵬優勝インタビュー 13

<横綱として十五日間、相撲内容を振り返ってどうだったでしょう>
そうですね、本当に、ひとつ、ふたつ、上に行ったような、そういう相撲内容でしたんでね、本当に、春場所もね、2年ぶりに優勝しましたんで、大阪の皆さん、十五日間ありがとうございますっ!(拍手と歓声)

<上に行ったような内容というのは、先場所よりも内容が良かった、こういうことでしょうか>
そうですねー。やっぱり、色々な物にね、囚われず、本当に自由にやっているような気がします。

<強い横綱として、今場所優勝争いを演じた照ノ富士関についても一言伺いたいんですが、改めて、今場所優勝を争った、照ノ富士関、どうでしょうか>
…いやー、本当に、近い将来、いい所へ行くような、感じがします。はい。
20150322 335白鵬優勝インタビュー 15

<失礼ながら、横綱のライバルになって行くような存在でしょうか?>
…まあ、すぐ、こういうこと、言うからね(笑)。<へへへ(笑)>(館内、笑い)
ま、お互いに頑張って行きたいです。はい。
20150322 335白鵬優勝インタビュー 30

<大変失礼しました。それでは最後にですね、横綱、これでまた再び、6場所連続での優勝です。来場所以降に向けての気持ちもお願いします。>
まあ、来場所はもう、はは、何も考えてないんで。また、大阪の皆さん、来年、会いましょう! ありがとうございました!(館内拍手と歓声)

<どうもありがとうございました。横綱白鵬関でした>
20150322 335白鵬優勝インタビュー 90

インタビュアー:太田雅英アナウンサー

《2015年春場所取組内容・目次へ》