栃ノ心 2015年夏(五月)場所取組内容

201505とちのしん

右膝靱帯断裂の大怪我での3場所連続全休後、4場所連続の優勝(幕下2回、十両2回)で昨年11月に幕内に復帰。その場所も11勝上げて三賞も受賞するが、前頭筆頭だった1月場所で復帰後初めて負け越す。翌3月場所は初めての金星を獲得し、勝ち越し。今場所、再び前頭筆頭に。
初日から横綱大関戦が続き、3連敗スタート。
四日目、勝ちっ放しだった大関稀勢の里を破り、初白星。
五日目は大関昇進を目指す照ノ富士、六日目は大関豪栄道に敗れて連敗。
七日目は小結逸ノ城、中日は関脇妙義龍、九日目は相撲巧者の安美錦に勝って3連勝。
十日目に初金星を獲得するなど好調の佐田の海に敗れるも、その後は白星を連ねて千秋楽まで5連勝。9勝6敗の成績を上げ、来場所の三役復帰が濃厚。

(初) 琴奨菊戦 ●下手投げ 14.4秒
 栃ノ心、先に手をつく。琴奨菊、サッと手をつき、右肘を固めて頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たって下がらず。琴奨菊、右差し手を返し、深い右下手を取る。栃ノ心、左で差し手を抱えて前に出ようとし、左上手を取る。琴奨菊、すぐに右下手で振り、頭をつけて腰を引く。栃ノ心、左上手が切れる。琴奨菊、左で押っ付け、右下手を持ってがぶり寄る。栃ノ心、俵に両足を掛け、左上手を取って堪える。琴奨菊、やや高い上体で寄り切れず、土俵内へ右下手投げで振りながら左で頭を押さえつける。栃ノ心、土俵に転がる。

(2) 日馬富士戦 ●下手投げ 24.7秒
 両者、サッと手をついて立つ。日馬富士、頭から踏み込む。栃ノ心、右肘でかち上げ気味に当たる。日馬富士、左上手前廻しを取り、右差し手を返す。栃ノ心、左で相手の差し手を抱え、相手を起こそうとしながら右を差し込み、右下手を取って引きつける。日馬富士、上体を起こさず。栃ノ心、機を見て左上手に手を伸ばす。日馬富士、腰を捻って上手を与えず。栃ノ心、再び左上手に手を伸ばす。日馬富士、廻しを遠ざけて与えず、右に回る。栃ノ心、肩越しの左上手をがっちり取り、両廻しを引きつけて相手を吊り上げようとする。日馬富士、堪えて前に出る。栃ノ心、土俵際堪え、廻しをしっかり握り直す。日馬富士、体を開いて右下手投げに行き、右足で相手の左足を跳ね上げる。栃ノ心、裏返って土俵に落ちる。

(3) 白鵬戦 ●寄り切り 19.5秒
 栃ノ心、先に手をつく。白鵬、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立ち、右肘を固めて踏み込む。栃ノ心、すぐに左上手前廻しを取り、右前廻しも探る。白鵬、少し左に回り、右差し手を返して相手の上手を切る。栃ノ心、左上手に手を伸ばす。白鵬、左で差し手を抱えて前に出る。栃ノ心、左足が俵に掛かるが、やや深い左上手を取り直す。白鵬、左も差そうとする。栃ノ心、中に戻り、右肘を固めて相手に差させず。白鵬、右下手を取り、左を差そうとし続け、機を見て右下手で捻りながら左に回って左を差し、腰を落として両差しで前に出る。栃ノ心、土俵際、左上手を持って堪え、右上手に手を伸ばすが取れず。白鵬、左下手も取り、両下手を持って寄る。栃ノ心、土俵際、左上手を持ち、右で首を巻きながら堪える。白鵬、相手を浮かせながら寄る。栃ノ心、俵を割る。

(4) 稀勢の里戦 ○突き落し 4.0秒
 栃ノ心、先に手をつく。稀勢の里、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、右肘を固めて踏み込む。稀勢の里、右喉輪で押し上げる。栃ノ心、左下手を取る。稀勢の里、左差しで前に出る。栃ノ心、土俵際、右から突く。稀勢の里、土俵に落ちて転がり、栃ノ心、土俵下に飛び落ちる。

(5) 照ノ富士戦 ●寄り切り 16.3秒
 照ノ富士、先に手をつく。栃ノ心、手をサッとつく。照ノ富士、右肘を固めて踏み込む。栃ノ心、低く踏み込み、すぐに左上手前廻しを取り、右下手も取る。照ノ富士、左上手を引きつけて前に出、右下手も取って引きつける。栃ノ心、両廻しを持って堪え、腰を振って相手の廻しを切ろうとするが切れず。照ノ富士、両廻しを引きつけて前に出る。栃ノ心、土俵際、堪えようとする。照ノ富士、相手を浮かせて俵に追い詰め、腰を下ろして寄り切る。

(6) 豪栄道戦 ●寄り切り 2.4秒
 両者、ほぼ同時に手をつく。豪栄道、素早く立ち、右手を出す。栃ノ心、右肘を固める。豪栄道、左へ踏み出し、すぐに左上手を取り、左に回りながら右で頭を押さえつける。栃ノ心、後ろ向きで俵に詰まる。豪栄道、そのまま俵の外に出す。

(7) 逸ノ城戦 ○寄り切り 9.8秒
 栃ノ心、先に手をつく。逸ノ城、仕切り線少し後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、低く当たる。逸ノ城、左で相手の差し手を抱え、右下手を取る。栃ノ心、右差し手を返し、深い右下手を取って少し前に出、左を巻き替えて両差しになる。逸ノ城、すぐに左を巻き替えて差し、右は深い上手を持った体勢になる。栃ノ心、下手を持った左腕を返し、右押っ付けで前に出ながら右上手を取る。逸ノ城、深い右上手を持ったまま、上体が起きて俵を割る。

(中) 妙義龍戦 ○突き落し 5.7秒
 妙義龍、先に手をつく。栃ノ心、すぐにサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。妙義龍、頭から踏み込む。栃ノ心、右でかち上げ気味に当たる。妙義龍、右喉輪で突き上げる。栃ノ心、両手で顎を突き上げる。妙義龍、右から突いていなし、右で後ろ廻しに手を掛ける。栃ノ心、向き直って廻しを切る。妙義龍、押し上げる。栃ノ心、叩きながら下がり、前のめりになった相手を俵の上で右から突く。妙義龍、土俵に裏返り、栃ノ心、土俵下に飛び落ちる。

(9) 安美錦戦 ○突き出し 4.0秒
 栃ノ心、先に手をつく。安美錦、仕切り線少し後方で手をサッとついて立つ。栃ノ心、その場で立ち、叩きながら左に変わる。安美錦、前のめりになるが向き直る。栃ノ心、突き放す。安美錦、下からあてがうが土俵際。栃ノ心、右喉輪で突き上げる。安美錦、俵の外に出る。

(10) 佐田の海戦 ●寄り切り 6.7秒
 佐田の海、先に手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で手をサッとつく。佐田の海、素早く立って、頭から踏み込む。栃ノ心、左から張り、やや左に踏み出し、突っ張る。佐田の富士、前廻しを探ろうとする。栃ノ心、顎に向かって突き放し、突っ張りながら前に出る。佐田の海、左から突いて左に開く。栃ノ心、向き直って顎を押し上げる。佐田の海、右を差して左上手を取り、引きつけて前に出る。栃ノ心、土俵際、仰け反りながら左で首を巻いて右差し手を抜き、右上手に手を伸ばすが取れず。佐田の海、腰を下ろして寄り切る。

(11) 宝富士戦 ○寄り切り 15.6秒
 栃ノ心、先に手をつく。宝富士、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、右肘を固めて踏み込む。宝富士、左肘を固めて当たり、右上手に手を伸ばすが取れず、左を差す。栃ノ心、左下手を取り、右で押っ付ける。宝富士、深い左下手を取り、右から押っ付ける。両者、左下手を持って止まる(約4秒間)。宝富士、深い左下手を持ち、右で押っ付けながら前に出ようとする。栃ノ心、右押っ付けで堪え、右を素早く巻き替えて差し、右下手を取る。宝富士、左を巻き替えようとして上体が起きる。栃ノ心、両下手を持って力強く前に出る。宝富士、上体が起きて俵を割る。

(12) 豊ノ島戦 ○上手出投 6.4秒
 豊ノ島、先に手をつく。栃ノ心、仕切り線少し後方でサッと手をつく。豊ノ島、素早く立って、両腕を交差させる。栃ノ心、右肘を固めて当たり、左上手に手を伸ばす。豊ノ島、右を差して差し手を返し、左から絞る。栃ノ心、左で差し手を抱えて前に出るが、一瞬前のめりになる。豊ノ島、そこで肩透かしを引く。栃ノ心、落ちずに前に出、左を差し、右押っ付けで前に出る。豊ノ島、左から掬って相手を土俵際にする。栃ノ心、深い右上手を取り、土俵際下がりながら手前に出し投げ。豊ノ島、相手の足にしがみついて堪えようとするが、土俵に転がる。

(13) 玉鷲戦 ○寄り切り 21.9秒
 栃ノ心、先に手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方でサッと手をつく。栃ノ心、素早く立って、右肘を固める。玉鷲、頭から当たる。栃ノ心、左で廻しを狙うが取れず。玉鷲、右喉輪で押し上げる。栃ノ心、左で突いて喉輪を外し、顎に向かって突き上げる。玉鷲、下からあてがう。栃ノ心、右を差して左上手を取り、引きつけて前に出ようとする。玉鷲、右から掬いながら堪え、右下手を取る。栃ノ心、左上手を引き付ける。玉鷲、堪える。両者、右四つ、玉鷲がやや右半身で下手を持ち、栃ノ心が上手を持った体勢で、少し足の位置を変えたり、廻しを握り直したりする(約10秒間)。栃ノ心、右下手も取り、両廻しを引きつけ、相手を一瞬浮かせて前に出る。玉鷲、土俵際、左上手も取るが、上体が起きて俵を割る。

(14) 魁聖戦 ○寄り切り 26.9秒
 両者、仕切り線少し後方。魁聖、先に両手をつく。栃ノ心、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、右肘を固めて低く踏み込み、左上手前廻しを取る。魁聖、右を差そうとする。栃ノ心、左上手で絞り、相手の右肩に頭をつけ、右差し手を返す。魁聖、上体が起きて右半身になってやや仰け反る体勢になるが、右差し手をねじ込みながら胸を合わせようとする。栃ノ心、左上手を引きつけて前に出る。魁聖、右差し手を返しながら堪える。栃ノ心、左上手で絞り、頭をつける。魁聖、右をのぞかせ、左で相手の差し手を抱えて相手の頭の上に顎を置く体勢で少し止まる(約2秒間)。魁聖、肩越しの左上手を取る。栃ノ心、上体を起こして相手の上手を切り、左上手を引きつけ、相手を吊り気味に前に出る。魁聖、俵に両足を掛け、右差し手を返しながら堪える。栃ノ心、右差し手を返しながら寄り切る。

(楽) 誉富士戦 ○上手投げ 13.9秒
 誉富士、両腕を交差させる。両者、ほぼ同時にサッと手をつく。誉富士、頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たり、左前廻しに手を掛ける。誉富士、突っ張る。栃ノ心、突っ張り返す。誉富士、右前廻しを取る。栃ノ心、左上手を取る。誉富士、右下手を持って前に出る。栃ノ心、右で頭を抱えながら左に回る。誉富士、振られて右下手が切れるが左下手を取って堪え、中に戻る。栃ノ心、深い左上手を取る。誉富士、両下手を取ってがぶる。栃ノ心、右で首を巻き、左上手を持って土俵際堪える。誉富士、右足で外掛けに行くが、掛かった位置が高い。栃ノ心、左上手で振りながら相手の足を外す。誉富士、両下手を持って寄る。栃ノ心、土俵際、左上手投げを打ちながら体を入れ替えようとする。誉富士、深い右下手を持って堪える。栃ノ心、右で頭を抱えながら上手投げ。誉富士、土俵に裏返る。

《2015年夏場所取組内容・目次へ》