大砂嵐 2015年夏(五月)場所取組内容

201505おおすなあらし

先場所、前頭11枚目で11勝を上げ、今場所は自己最高位に並ぶ前頭3枚目に。
初日は千代鳳を叩き込んで白星発進。
二日目は大関昇進を目指す照ノ富士に敗れて初黒星。
三日目は関脇妙義龍、四日目は大関豪栄道を破って連勝。
五日目は横綱日馬富士に中に入られて瞬殺される。
六日目は碧山を送り出して4勝目。
七日目、大関稀勢の里戦では、土俵際まで攻め込むも、相手の突き落としを食い、左肩から土俵に落ちる。この取組で肩を痛め、翌日の横綱白鵬戦は「左肩甲骨々折」のため、休場した。
今場所は、4勝4敗7休の成績で終える。

(初) 千代鳳戦 ○叩き込み 1.3秒
 大砂嵐、先に手をつく。千代鳳、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代鳳、低く踏み込む。大砂嵐、両手で相手を突き起こす。千代鳳、左膝から土俵に崩れ落ちる。

(2) 照ノ富士戦 ●寄り切り 10.9秒
 照ノ富士、先に手をつく。大砂嵐、サッと手をつき、両手で相手の顎を突き上げる。照ノ富士、仰け反って堪える。大砂嵐、左を差すが止め、右下手、深い左上手を取る。照ノ富士、右下手、深い左上手を取る。両者、右四つで両廻しを取り、腰を引いた体勢。照ノ富士、両廻しを引きつけて前に出る。大砂嵐、堪えようとするが、右足が俵の外に出る。照ノ富士、気付かず、腰を下ろして更に寄り切る。

(3) 妙義龍戦 ○突き落し 4.7秒
 大砂嵐、先に手をつく。妙義龍、しばらく見合ってからサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。妙義龍、右手を出しながら踏み込む。大砂嵐、両手突きから突き放す。妙義龍、右を差し、左も差そうとしながら前に出る。大砂嵐、叩いて俵に詰まるが、更に叩きながら俵伝いに左へ回り、左から突く。妙義龍、土俵に落ちて転がる。

(4) 豪栄道戦 ○上手出投 4.9秒
 大砂嵐、仕切り線後方で手をつく。豪栄道、サッと手をつき、左肘を固めて踏み込む。大砂嵐、両手で突き放す。両者、体が離れて見合う。豪栄道、中に入ろうとする。大砂嵐、バタバタ突き放しながら左に回り、左上手を取り、土俵外へ上手出し投げ。豪栄道、俵の外に崩れ落ちる。

(5) 日馬富士戦 ●寄り切り 1.7秒
 大砂嵐、仕切り線後方で先に手をつく。日馬富士、手をつこうとする。大砂嵐、素早く立って両手突き。日馬富士、頭から低く踏み込んで中に入り、左下手を取って一気に前に出る。大砂嵐、上体が起きて土俵下に落ちる。

(6) 碧山戦 ○送り出し 3.1秒
 大砂嵐、先に手をつく。碧山、手をサッとついて立つ。大砂嵐、両手で顔を押さえ、押し上げる。碧山、突き放しながら前に出る。大砂嵐、叩いて左に開く。碧山、俵に詰まり、棒立ちになる。大砂嵐、相手を後ろから押す。碧山、俵の外に出る。

(7) 稀勢の里戦 ●突き落し 8.9秒
 大砂嵐、先に手をつく。稀勢の里、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。大砂嵐、両手で顔を押し上げ、左喉輪で押し上げながら前に出る。稀勢の里、左をのぞかせるが仰け反り、土俵際、右で相手の左上腕を押し上げて喉輪を外す。大砂嵐、上体が起き、少し下がって体を離す。稀勢の里、やや高い体勢で、押しながら前に出る。大砂嵐、土俵際、両差しになる。稀勢の里、下がりながら左で突く。大砂嵐、左下手を取って両差しで前に出る。稀勢の里、右で首を巻き、土俵際、左から突く。大砂嵐、体が飛び、左肩から土俵に落ちて裏返り、その後、両者、土俵下へ転がり落ちる。この取組で、大砂嵐、左肩を痛めたよう。

(中) 白鵬戦 ■不戦勝 
 大砂嵐、「左肩甲骨々折」のため、休場。

《2015年夏場所取組内容・目次へ》