蒼国来 2015年夏(五月)場所取組内容

201505そうこくらい

先場所、前頭13枚目で9勝6敗の成績を上げ、今場所は自己最高位の前頭7枚目。 →先場所の取組内容
初日、碧山に突き出されて黒星発進。
二日目に豪風を掬い投げで破って初白星を出す。
四日目の徳勝龍戦で、脳震盪と右目周辺の骨折を負う。2週間の安静と経過観察が必要との診断書を出し、五日目から休場した。

(初) 碧山戦 ●突き出し 2.7秒
 碧山、先に手をつく。蒼国来、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。碧山、頭から踏み込む。蒼国来、左肘を固めて当たる。碧山、突き放しながら力強く前に出る。蒼国来、上体が起き、土俵下に落ちる。

(2) 豪風戦 ○掬い投げ 14.3秒
 蒼国来、先に手をつく。豪風、サッと手をついて素早く立つ。蒼国来、右かち上げで相手を起こし、左を差す。豪風、左差しで一気に前に出、俵に詰まった相手を右で突こうとする。蒼国来、堪えて押しながら前に出、右で顎を押し上げる。豪風、左を差し、右もねじ込んで両差しになろうとする。蒼国来、頭をつけて左から絞り、右上手を取る。豪風、差し手を抜き、叩きながら左へ回る。蒼国来、ついて行き、右で首を巻きながら前に出る。豪風、右で首を巻き、首投げに行く。蒼国来、堪えて左に回り、そのまま回りながら左掬い投げ。豪風、土俵に転がる。

(3) 誉富士戦 ●押し出し 4.6秒
 誉富士、両腕を交差させる。両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。誉富士、両手突きで相手を起こし、突っ張りながら前に出る。蒼国来、相手の手を叩くが俵に詰まる。誉富士、左を差して寄る。誉富士、俵の上で右から突こうとする。誉富士、相手の腹を押す。蒼国来、俵の外に出、土俵下に落ちる。誉富士、俵の外に腹から落ちる。

(4) 徳勝龍戦 ●上手投げ 7.4秒
 蒼国来、先に手をつく。徳勝龍、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。徳勝龍、左から張る。蒼国来、左を差し、右上手に手を伸ばす。徳勝龍、右で相手の差し手を抱え、廻しを遠ざけて上手を与えず、左差し手を返して前に出る。蒼国来、左に回る。徳勝龍、深い右上手を取って前に出る。蒼国来、右上手に手を伸ばすが取れず。徳勝龍、右上手投げを下に打つ。蒼国来、土俵に落ちる。

(5) 北太樹戦 ■不戦勝 
 蒼国来、「脳振盪、右眼窩内側壁骨折」のため、休場。

《2015年夏場所取組内容・目次へ》