九日目・十両。(秋場所)

秋場所九日目・十両の取り組み。
松鳳山、明瀬山の小手投げに敗れ、初黒星。
豊響、御嶽海を叩き込み、初日から9連勝。単独トップに立つ。
新十両の正代、石浦を極め出し、勝ち越しを決める。
里山、荒鷲を鮮やかな掬い投げで倒し、4連勝。
初日から8連敗だった翔天狼が、幕下・禧勢ノ山を叩き込み、初日を出した。
千代丸が、右肩関節を負傷、今日から休場した。

十両全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。

● 禧勢ノ山 1勝4敗 叩き込み ○ 翔天狼 1勝8敗 (5.2秒)
 禧勢ノ山、先に手をつく。翔天狼、左手をつき、右手をサッとついて素早く立つ。禧勢ノ山、右手を出しながらやや左へ踏み出す。翔天狼、右肘でかち上げる。禧勢ノ山、左に回って左から突く。翔天狼、向き直り、突っ張りながら前に出る。禧勢ノ山、下からあてがい、突き返す。翔天狼、叩きながら下がる。禧勢ノ山、前にバッタリ落ちる。

● 石浦 4勝5敗 極め出し ○ 正代 8勝1敗 (4.0秒)
 石浦、先に腰を下ろし、先に手をつく。正代、仕切り線後方でサッと手をつく。石浦、素早く立ち、やや左に踏み出し、頭を下げて両肘を固める。正代、両腕を下げて当たり、左押っ付けで前に出る。石浦、両差しになるが土俵際。正代、外から極めて前に出る。石浦、上体が起きて俵を割る。
〔正代の極め出し〕
20150921 202 正代 極め出し 石浦 37

○ 千代皇 4勝5敗 突き出し ● 阿炎 3勝6敗 (6.7秒)
 阿炎、先に手をつく。千代皇、仕切り線後方で手をサッとつき、両腕を下げて立つ。阿炎、長い腕で両手突き、顎に向かって突っ張りながら前に出、右喉輪で押し上げる。千代皇、左で喉輪を外し、押しながら前に出る。阿炎、相手の手を叩きながら右に回る。千代皇、左喉輪で押し上げながら前に出る。阿炎、右で相手の喉輪を外し、土俵際を右に回り、右で顔を押し上げる。千代皇、前に出る。阿炎、俵の上で左に開く。千代皇、向き直り、土俵際の相手の胸を突く。阿炎、仰け反って土俵下に落ちる。

○ 天風 5勝4敗 寄り切り ● 希善龍 3勝6敗 (3.7秒)
 希善龍、仕切り線少し後方で先に手をつく。天風、仕切り線少し後方でサッと手をつく。希善龍、素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。天風、右上手を取り、左を差して前に出る。希善龍、左下手を取り、土俵際、下手投げで振ろうとする。天風、右上手を持って右腰を寄せる。希善龍、土俵下に落ち、天風、俵の外に倒れる。

○ 錦木 5勝4敗 押し出し ● 徳真鵬 4勝5敗 (16.5秒)
 錦木、先に手をつく。徳真鵬、左、右と腕を前に出し、仕切り線少し後方で手をサッとついて立つ。錦木、右手を出して頭から踏み込む。徳真鵬、左肘を固めて当たり、両差しになろうとする。錦木、外から押っ付けて相手に差させず。徳真鵬、右をのぞかせて少し前に出る。錦木、押し上げるが前に出られず、左に回って体を離す。徳真鵬、顎に向かって突き上げる。錦木、下から撥ね上げ、頭をつけて土俵際。徳真鵬、相手の顔を押し上げながら、左上手に手を伸ばすが届かず、左で肩を押して相手を起こす。錦木、押し上げながら前に出る。徳真鵬、左上手に手を伸ばして取り、土俵際、左から投げに行くが呼び込む。徳真鵬、俵を割り、錦木、土俵に倒れる。軍配、錦木。「物言い」がつき、協議の結果、「徳真鵬の体が先に飛んでいる」と判断、「軍配通り」錦木の勝ち。

● 阿武咲 6勝3敗 上手出し投げ ○ 旭大星 6勝3敗 (2.7秒)
 旭大星、先に手をつく。阿武咲、手をサッとつく。旭大星、右手を出して頭から当たる。阿武咲、両手で押し上げて相手を起こす。旭大星、右から相手の手を突いて外し、深い右上手を取り、土俵際、体を開いて上手出し投げ。阿武咲、俵の外に落ちる。

● 玉飛鳥 1勝8敗 押し出し ○ 大翔丸 5勝4敗 (10.7秒)
 玉飛鳥、先に手をつく。大翔丸、体を上下に揺らし、動きを止め、手をサッとつく。玉飛鳥、素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。大翔丸、頭で当たり、押し上げる。玉飛鳥、右で押っ付ける。大翔丸、右に回る。玉飛鳥、左を差す。大翔丸、左筈で脇を押し上げ、頭をつける。玉飛鳥、前に出ようとする。大翔丸、左筈で胸を、右筈で肩を押し上げて堪える。玉飛鳥、右で相手の肩を押す。大翔丸、左で相手の右腕を押し上げ、右に開いて体を離すが、土俵際。玉飛鳥、向き直り、押しながら前に出る。大翔丸、右で相手の手をいなしながら体を入れ替える。玉飛鳥、土俵際、左半身で左をのぞかせる。大翔丸、左で顎を押し上げ、両手で胸を押し上げる。玉飛鳥、上体が起きて俵の外に出る。

○ 明瀬山 6勝3敗 小手投げ ● 松鳳山 8勝1敗 (4.0秒)
 明瀬山、仕切り線かなり後方で先に手をつく。松鳳山、手をサッとつく。明瀬山、その直前、素早く立つ。松鳳山、右から張って左を差し、差し手を返して前に出る。明瀬山、左上手に手を伸ばすが取れず。松鳳山、左差し手を返し、右筈で胸を押し上げながら前に出る。明瀬山、土俵際、右で相手の差し手を抱え、右小手投げを打ちながら左で叩く。松鳳山、土俵に落ち、明瀬山、倒れ、両者、俵の外に転がる。軍配、明瀬山。「物言い」がつき、協議の結果、「松鳳山の手が先についている」ことを確認、「軍配通り」、明瀬山の勝ち。

○ 常幸龍 5勝4敗 叩き込み ● 旭日松 5勝4敗 (2.8秒)
 常幸龍、仕切り線後方で先に手をつく。旭日松、仕切り線少し後方で手をサッとつき、素早く立つ。常幸龍、左から張る。旭日松、踏み込んで左を差す。常幸龍、右で差し手を抱え、体を開いて小手投げで振り、更に叩きながら下がる。旭日松、前に飛び落ちる。

○ 里山 4勝5敗 掬い投げ ● 荒鷲 3勝6敗 (16.3秒)
 里山、仕切り線少し後方で先に手をつく。荒鷲、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って右肘を固める。里山、頭から低く当たる。荒鷲、左を差し、差し手を返しながら前に出る。里山、左下手を取る。荒鷲、右上手を取る。里山、体を起こし、右手で相手の差し手を外そうとするがならず、頭をつけて右から押っ付け、右前廻しに手を掛ける。荒鷲、左手で相手の右廻しを切り、左から押っ付ける。里山、頭をつけて体を起こさず。荒鷲、体を開いて右上手投げに行く。里山、左下手を持って堪える。荒鷲、右上手を引きつけて前に出る。里山、左半身で俵に詰まる。荒鷲、右上手を深くする。里山、左掬い投げに行く。両者、体が傾く。荒鷲、上手が切れる。里山、そのまま左から突く。荒鷲、体が飛んで土俵に裏返る。里山、俵の外に倒れ込む。
〔荒鷲の上手投げ〕
20150921 210★ 里山 掬い投げ 荒鷲 20 荒鷲の上手投げ
〔土俵際の投げの打ち合い〕
20150921 210★ 里山 掬い投げ 荒鷲 30 土俵際投げの打ち合い
〔荒鷲の上手が切れ、里山が突く〕
20150921 210★ 里山 掬い投げ 荒鷲 33 荒鷲上手が切れる 20150921 210★ 里山 掬い投げ 荒鷲 37 里山突く

○ 豊響 9勝0敗 叩き込み ● 御嶽海 7勝2敗 (5.0秒)
 御嶽海、先に手をつく。豊響、仕切り線後方で手をサッとつき、両手を出して頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たる。豊響、顎に向かって突っ張る。御嶽海、下から撥ね上げ、押し上げながら前に出る。豊響、上体が起き、右から突きながら体を離す。御嶽海、前のめりになるが堪え、低い体勢で押す。豊響、そこを叩く。御嶽海、土俵に落ち、豊響、俵の上、右足一本で残してバンザイ。
〔土俵際バンザイで残す豊響〕
20150921 211 豊響 叩き込み 御嶽海 40-3

○ 北はり磨 3勝6敗 押し倒し ● 若乃島 4勝5敗 (9.2秒)
 北はり磨、先に手をつく。若乃島、手をサッとつき、素早く立って、頭から踏み込む。北はり磨、頭から低く当たる。若乃島、突っ張る。北はり磨、下から撥ね上げ、右筈で押し上げる。若乃島、右から掬うように腕を返し、左肘で相手の顎を押し上げて起こし、左をねじ込もうとする。北はり磨、右押っ付けで前に出る。若乃島、上体を起こしながら左差し手を抜き、俵に詰まる。北はり磨、右押っ付けで突き、左で顔を押し上げる。若乃島、右に回って中に戻り、右廻しに手を伸ばす。北はり磨、左喉輪で突き放す。若乃島、、右足が返りそうになり、体勢を崩して後ろによろめき、土俵に尻餅をついて転がる。
〔若乃島の右足が返りかける〕
20150921 212 北はり磨 押し倒し 若乃島 30 若乃島の足が返る

□ 天鎧鵬 2勝7敗 不戦勝 ■ 千代丸 1勝8敗
 千代丸、「右肩鎖関節捻挫」のため、休場。

● 富士東 3勝6敗 寄り切り ○ 輝 6勝3敗 (5.4秒)
 富士東、先に手をつく。輝、右、左と手をついて立つ。富士東、頭から低く踏み込む。輝、両手で胸を押し上げる。富士東、突っ張る。相手の腕を撥ね上げ、中に入って前に出る。富士東、土俵際、右で頭を抱えながら左へ回る。輝、そのまま両差しで寄り切る。

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
 1位:里山、2位:豊響、3位:輝

《2015年秋場所取組内容・目次へ》