照ノ富士 2015年秋(九月)場所取組内容

201509-てるのふじ

新大関だった先場所は11勝4敗の成績で終える。→先場所の取組内容
場所前の巡業では、古傷の左膝半月板を負傷。しかし五日後には稽古を再開した。
大関2場所目の今場所は、東正位。
初日は碧山を、二日目には初日に横綱白鵬を破った隠岐の海を、三日目には大砂嵐と1分30秒近い相撲の末に、四日目には2横綱を倒した嘉風を下し、ひたすら白星を連ねて行く。
六日目、全勝で並ぶ関脇栃煌山が敗れて、照ノ富士は再小結の栃ノ心に勝ったため、単独トップに立つ。
さらに白星を連ね、自身初の中日勝ち越しを経て、11連勝。このまま全勝優勝する可能性も感じさせた。
十二日目、中盤失速した栃煌山に敗れ、初黒星。
十三日目、大関稀勢の里に敗れ、連敗。しかもこの取組で、右膝を負傷。肩を借りて歩く状態で、翌日からの出場が危ぶまれた。
十四日目、「右膝前十字靭帯損傷で全治1ヶ月」の診断を受けるも、強行出場。しかし、大関豪栄道戦で力を発揮できず、3連敗。
千秋楽は、1差で単独トップに立つ、横綱鶴竜戦。負傷している中、気迫の相撲で寄り切って12勝3敗で並び、優勝決定戦に持ち込み、千秋楽を大いに盛り上げる。
決定戦では、鶴竜の上手出し投げに敗れ、優勝を逃す。
取組後、病院で再検査を受けたところ、「右膝前十字靭帯損傷で全治1ヶ月」の診断には変化がなかったが、状態が悪化しているとのこと。巡業は全休の可能性も。



(初) 碧山戦 ○寄り切り 4.5秒
 照ノ富士、仕切り線少し後方で先に手をつく。碧山、手をサッとついて素早く立つ。照ノ富士、遅れてその場で立つ。碧山、頭から当たる。照ノ富士、右を差す。碧山、左上手に手を伸ばすが取れず、左を巻き替えようとする。照ノ富士、乗じて前に出ながら左上手を取る。碧山、土俵際、右から掬う。照ノ富士、左上手を引きつけて寄る。碧山、土俵下に落ちる。

(2) 隠岐の海戦 ○寄り切り 4.2秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方で先に右手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつく。隠岐の海、左肘を固めて踏み込もうとする。照ノ富士、右から張って相手に当たらせず、左下手を取り、右で押っ付けながら前に出る。隠岐の海、左下手を探るが取れず、土俵際、右に回りながら右上手を取る。照ノ富士、腰を下ろして相手の上手を切る。隠岐の海、土俵下に落ちる。

(3) 大砂嵐戦 ○寄り切り 88.6秒
 大砂嵐、先に左手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右肘を固める。大砂嵐、両手突きに行く。照ノ富士、仰け反るが下がらず、右を差す。大砂嵐、深い左上手を取る。照ノ富士、左上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取る。大砂嵐、右下手も取る。照ノ富士、左で相手の差し手を抱え、右下手を引きつけながら腰を捻って相手の上手を切ろうとする。大砂嵐、両廻しを離さず。照ノ富士、左上手に手を伸ばすが取れず。両者、足が止まり、大砂嵐、左上手を少し浅くする。両者、腰を引いた体勢で止まる(約8秒間)。照ノ富士、腰を捻って上手を切ろうとする。大砂嵐、上手を離さず。照ノ富士、右下手で右に振り、左上手に手を伸ばすが取れず。大砂嵐、じりっと中央へ戻る。照ノ富士、腰を振って相手の上手を切ろうとするが切れず、左上手を取る。両者、腰を引いた体勢で止まる(約7秒間)。大砂嵐、左上手を更に浅くする。両者、少し止まる(約3秒間)。照ノ富士、両廻しを引きつける。大砂嵐、やや仰け反りながら両廻しを引きつけて堪える。照ノ富士、両廻しを持って右に振る。大砂嵐、左に回って堪える。照ノ富士、右肘を張りながら腰を振って上手を切ろうとする。大砂嵐、上手を離さず。照ノ富士、左上手を引きつけ、右差し手を返して前に出る。大砂嵐、土俵際堪える。照ノ富士、右に振り、休まず前に出る。大砂嵐、俵に足を掛けて残す。両者、止まる(約8秒間)。照ノ富士、寄る。大砂嵐、俵に足を掛けて堪える。照ノ富士、右肘を張りながら相手の上手をついに切り、体を開いて左小手投げで土俵内へ振り、頭をつけ、左上手を探る。大砂嵐、右下手を持った右半身の体勢で、廻しを遠ざけて相手に上手を与えず。両者、少し止まる(約3秒間)。照ノ富士、左上手に手を伸ばしながら前に出る。大砂嵐、俵に詰まる。照ノ富士、深い左上手を取る。大砂嵐、俵に両足を掛けて仰け反りながら堪える。照ノ富士、右下手も取り、低い体勢で寄り立て、右腕を返す。大砂嵐、俵の外に出、左に回転して土俵に倒れる。

(4) 嘉風戦 ○寄り切り 3.7秒
 嘉風、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつき、素早く立って右肘を固める。嘉風、頭から踏み込む。照ノ富士、右を差し、左で相手の右腕を引っ張り込み、極め気味に前に出る。嘉風、取られた右腕を抜くが、俵に詰まる。照ノ富士、外から抱えて俵の外に出す。

(5) 佐田の海戦 ○寄り切り 2.5秒
 佐田の海、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつく。佐田の海、素早く立って踏み込もうとする。照ノ富士、右から張って右上手に手を伸ばす。佐田の海、右に回って上手を与えず。照ノ富士、右上手に手を伸ばすが取れず、左差しで前に出る。佐田の海、右上手に手を掛けるが俵に詰まる。照ノ富士、左差し手を返し、腰を下ろして寄り切る。佐田の海、土俵下に落ちる。

(6) 栃ノ心戦 ○寄り切り 16.7秒
 栃ノ心、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつき、右肘を固めて踏み込む。栃ノ心、左に踏み出して左上手を取る。照ノ富士、前に出ながら右下手を取る。栃ノ心、左上手を持って少し中に戻る。照ノ富士、右肘を張りながら腰を振って相手の上手を切る。栃ノ心、右下手を取る。両者、土俵中央で、互いに下手を持った体勢。栃ノ心、左上手に手を伸ばすが取れず、左で押っ付けながら腰を振って相手の下手を切ろうとするが切れず。照ノ富士、左を巻き替えてねじ込む。栃ノ心、乗じて前に出ながら左上手を取り、両廻しを引きつけて寄る。照ノ富士、土俵際、両下手を持って右に振り、体を入れ替える。栃ノ心、俵に詰まる。照ノ富士、両下手を持ったまま、右腕を返して寄り切る
(7) 佐田の富士戦 ○寄り切り 28.8秒
 佐田の富士、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつき、右肘を固めて踏み込む。佐田の富士、右手を出し、左肘を固めて当たる。照ノ富士、右を差す。佐田の富士、左で差し手を極め気味に抱え、右筈で胸を押し上げる。照ノ富士、右腕を抜く。佐田の富士、右、左と顎に向かって押し上げる。照ノ富士、やや仰け反りながら右で喉輪を突いて外す。佐田の富士、一瞬左半身になるが、向き直って左を差す。照ノ富士、右押っ付けで前に出る。佐田の富士、右足を俵に掛け、頭を下げる。照ノ富士、叩きながら下がる。佐田の富士、前のめりになる。照ノ富士、相手の左側につき、右押っ付けで前に出る。佐田の富士、右足を俵に掛けて向き直り、左を差す。照ノ富士、右で差し手を抱えながら左下手を取る。両者、止まり、佐田の富士、左差し手を返し、右上手に手を伸ばしながら、じりっじりっと中に戻ろうとする(約7秒間)。照ノ富士、体を開いて左下手投げに行く。佐田の富士、その機に右上手を取って堪える。照ノ富士、右上手に手を伸ばすが取れず。佐田の富士、右上手を持って前に出る。照ノ富士、左下手で振り、腰を引いて相手の上手を切る。佐田の富士、右押っ付けで押し上げる。照ノ富士、伸びた左下手を引きつけて前に出、右で相手の左手を握りながら肘で押し上げる。佐田の富士、土俵際で取られた腕を抜くが、上体が起きて俵を割る。

(中) 妙義龍戦 ○小手投げ 25.4秒
 妙義龍、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつく。妙義龍、右手を出す。照ノ富士、右肘を固めて踏み込む。妙義龍、右を差し、左も差そうとする。照ノ富士、外から抱えて右へ振る。妙義龍、両下手を取って前に出る。照ノ富士、更に右へ振る。妙義龍、前に出ようとする。照ノ富士、外から抱えて、相手を腹に乗せるようにして浮かせる。妙義龍、両下手を持って堪え、中に戻る。両者、土俵中央、照ノ富士が腰を伸ばした体勢で外から抱え、妙義龍が両下手を持って相手の胸に顔をつける体勢で止まる(約4秒間)。照ノ富士、外から極めながら少し左へ振る。妙義龍、両下手を持って前に出ようとする。照ノ富士、右へ振り、浮かせながら前に出る。妙義龍、俵に足を掛かるが堪え、前に出る。照ノ富士、土俵際、右へ振って体を入れ替える。妙義龍、左足が俵の外に出る。照ノ富士、勝負がついたのが分からなかったか、更に左で極めたまま、右で上から叩く。

(9) 逸ノ城戦 ○寄り切り 4.6秒
 逸ノ城、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をついて立つ。逸ノ城、両腕を下げて立つ。照ノ富士、右から張って両差しになる。逸ノ城、右で極め気味に抱え、左上手に手を伸ばす。照ノ富士、右差し手を大きく返して上手を与えず、左差し手を抜き、左上手前廻しを取って前に出る。逸ノ城、土俵際、右差し手を抜く。照ノ富士、前に出ながら深い左下手を取って寄る。逸ノ城、上体が起きて土俵下に落ちる。

(10) 玉鷲戦 ○上手投げ 44.9秒
 玉鷲、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。玉鷲、頭から踏み込んで当たる。照ノ富士、右を差す。玉鷲、左押っ付け、右喉輪で押し上げる。照ノ富士、右差し手を抜き、体を下げて再び差そうとする。玉鷲、両手で突き上げる。照ノ富士、仰け反るが堪え、右を差そうとする。玉鷲、頭をつけてから突き放す。照ノ富士、右足が一瞬俵に掛かりそうになるが、左をのぞかせ、右で押っ付けながら中に戻る。玉鷲、左喉輪で突き上げる。照ノ富士、左喉輪で押し上げる。玉鷲、突き放す。照ノ富士、右を差し、左で相手の差し手を抱える。玉鷲、取られた右腕を抜き、相手の肩に手を置いて距離を取ろうとする。照ノ富士、相手の手を叩き、右を差す。玉鷲、左足が俵に掛かり、相手の右腕を両手で抱えて腕捻りに行く。照ノ富士、前のめりになるが堪え、前に出ながら左上手を探る。玉鷲、土俵際、左から力強く突く。照ノ富士、相手の突きに体が浮いて土俵際。玉鷲、そこを両手で突き放しながら前に出る。照ノ富士、下からあてがう。両者、体が離れて一瞬見合う。玉鷲、頭を下げて突き放す。照ノ富士、左から張り、差そうとしながら前に出る。玉鷲、左喉輪で押す。照ノ富士、右で喉輪にあてがって前に出、左上手を取る。玉鷲、土俵際、右下手を取り、左から押っ付ける。両者、足が止まる。照ノ富士、前に圧力を掛け、左に開いて上手投げで振る。玉鷲、右下手を持って堪える。両者、土俵中央、玉鷲が右半身で右下手、照ノ富士が左上手を持ち、ともに低い体勢。玉鷲、左で相手の右手首を掴む。照ノ富士、右を差して相手を起こす。玉鷲、左で押っ付けながら再び体勢を低くする。両者、止まる(約10秒間)。照ノ富士、右下手も取り、両廻しを引きつける。玉鷲、右下手を持ち、左で押っ付けながら堪える。照ノ富士、左上手投げで振り回す。玉鷲、左足一本で振り回され、土俵に転がる。

(11) 琴奨菊戦 ○寄り倒し 16.5秒
 照ノ富士、仕切り線後方で先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、右から張る。琴奨菊、左下手前廻しを探る。照ノ富士、右で押っ付ける。琴奨菊、左差し手を返す。照ノ富士、左下手を取る。琴奨菊、右で押っ付けながらがぶる。照ノ富士、左下手で振る。琴奨菊、その機に深い右上手を取る。両者、土俵中央へ戻る。一呼吸後、琴奨菊、右上手を持ち、左差し手を返してがぶる。照ノ富士、左下手を持ち、右で押っ付けながら下がらず、右で強烈に押っ付ける。琴奨菊、飛ぶように腰を引く。照ノ富士、右で押っ付け、右上手を探る。琴奨菊、腰を引いて上手を与えず。照ノ富士、左下手を持ち、右押っ付けで前に出、強烈な押っ付けで相手を浮かせる。琴奨菊、俵の上、右足一本で傾き、俵の外に転がる。

(12) 栃煌山戦 ●寄り切り 7.7秒
 栃煌山、仕切り線後方で先に手をつく。照ノ富士、仕切り線かなり後方で手をサッとつく。栃煌山、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて当たり、一瞬相手の右腕を両手で抱える。栃煌山、右をのぞかせ、左を差し込んで両差しになる。照ノ富士、左押っ付けから左上手に手を伸ばす。栃煌山、両差し手を返し、上手を与えず。照ノ富士、外から抱え、左小手で振りながら右を差そうとする。栃煌山、堪え、体勢を低くし、左で押っ付けながら前に出る。照ノ富士、右差し手を抜き、再び左小手投げに行こうとするが、上体が起きて土俵際。栃煌山、左筈で胸を押し、右差し手を突きつける。照ノ富士、やや仰け反りながら俵を割る。

(13) 稀勢の里戦 ●寄り倒し 11.4秒
 稀勢の里、仕切り線少し後方で先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつき、右肘を固めて踏み込む。稀勢の里、頭から踏み込んで当たる。照ノ富士、右を差す。稀勢の里、左で押っ付け、右喉輪で押し上げる。照ノ富士、仰け反りながらあてがって下がらず。稀勢の里、左を深く差し、差し手を返して深い右上手を取る。照ノ富士、上体が起きるが、右で差し手を抱えながら左下手を取る。稀勢の里、すぐに相手の下手を切り、右上手を引きつけて前に出る。照ノ富士、左掬い投げを打ちながら体を入れ替え、左下手を取る。稀勢の里、右上手を持って休まず前に出、左下手も取って前に出る。照ノ富士、右から押っ付けながら相手の下手を切り、土俵際、左下手投げに行く。稀勢の里、右上手を持って堪える。照ノ富士、ここで俵に掛けた右足膝がガクッと崩れ、しゃがんで後ろに尻餅をつく。照ノ富士、この取組で、右膝を痛め、土俵を下りるとき、呼出しの肩を借りる。

(14) 豪栄道戦 ●寄り切り 5.7秒
 豪栄道、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつく。豪栄道、右手を出す。照ノ富士、左から張って右を差そうとする。豪栄道、左肘を固めて当たり、両差しになる。照ノ富士、左上手に手を伸ばすが取れず。豪栄道、両下手を取る。照ノ富士、外から差し手を抱え、右から小手に振り、右をねじ込んで差す。豪栄道、左上手を引きつけ、右差し手を返しながら一気に前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。

(楽) 鶴竜戦 ○寄り切り 5.6秒
 照ノ富士、仕切り線少し後方で先に手をつく。鶴竜、仕切り線少し後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。鶴竜、右肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて当たり、左で押っ付けながら右を差そうとする。鶴竜、左押っ付けで差させず。照ノ富士、右喉輪で突き放して下がらせ、前に出て右を差し込む。鶴竜、右を差し、左上手に手を伸ばす。照ノ富士、右差し手を大きく返して上手を与えず、左上手を取って力強く寄る。鶴竜、上体が起き、土俵下に飛び落ちる。

<優勝決定戦> 照ノ富士戦 上手出投 3.9秒
 照ノ富士、仕切り線少し後方で先に手をつく。鶴竜、仕切り線少し後方で手をサッとつく。照ノ富士、右肘を固める。鶴竜、右肘を固めて頭から踏み込み、右を差し、左上手前廻しを取り、右差し手を返しながら頭を下げ、右下手前廻しを取る。照ノ富士、左で相手の差し手を引っ張り込もうとする。鶴竜、両廻しを持って左に回り、左上手出し投げ。照ノ富士、土俵に落ちる。

《2015年秋場所取組内容・目次へ》