高安 2015年秋(九月)場所取組内容

201509-たかやす

前頭2枚目の先場所、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭3枚目の今場所、初日は関脇妙義龍に寄り切られて黒星発進。
二日目、大関豪栄道を寄り切り、初白星。
三日目、逸ノ城と1分16秒の相撲の末、寄り倒される。この取組で、左足を痛め、車椅子で花道を下がる。
「左下腿筋挫傷、左足関節靱帯損傷で約3週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出し、四日目から休場。高安の休場は、2005年3月の初土俵以来、初めて。
今場所は、1勝3敗11休の成績で終える。



(初) 妙義龍戦 ●寄り切り 8.7秒
 妙義龍、右手をサッとつく。高安、仕切り線少し後方でサッと手をつき、素早く立つ。妙義龍、右肘を固めて低く踏み込み、左前廻しを探る。高安、右肘でかち上げて廻しを与えず、顎に向かって突っ張る。妙義龍、下がらず、下からあてがいながら前に出る。高安、叩きながら左へ回る。妙義龍、落ちずに向き直り、顎に向かって突き上げる。高安、土俵際突っ張る。妙義龍、左から突き、半身になった相手を押し上げる。高安、土俵際堪える。妙義龍、両差しになって寄る。高安、上体が起きて俵の外に出る。

(2) 豪栄道戦 ○寄り切り 10.8秒
 高安、先に右手をつく。豪栄道、手をサッとつき、頭から踏み込む。高安、左肘を固めて当たり、左を差そうとする。豪栄道、相手に左を十分差させず、右を差し勝ち、深い左上手に手を掛ける。高安、すぐに腰を捻って相手の上手を切る。豪栄道、右下手を取る。高安、右下手、左上手を取り、少し右に回って両廻しをしっかり握り、腰を振って相手の下手を切り、両廻しを引きつけて前に出る。豪栄道、右から掬って上手を切ろうとするがならず、土俵際、左から突こうとするが俵を割る。高安、その後、土俵に落ちる。

(3) 逸ノ城戦 ●寄り倒し 76.0秒
 逸ノ城、先に手をつく。高安、仕切り線後方でサッと手をついて立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。逸ノ城、右肘を固めて当たり、右をねじ込む。高安、右差し、左押っ付けで前に出る。逸ノ城、土俵際、少し左に回って堪える。高安、右下手を取り、左上手に手を伸ばすが取れず。逸ノ城、右下手を取る。高安、左上手に手を伸ばす。逸ノ城、腰を捻って上手を与えず、少し中に戻る。高安、腰を振って相手の廻しを切ろうとするが切れず。両者、右下手を持った体勢で止まる(約4秒間)。高安、左で押っ付けながら腰を振って相手の下手を切る。両者、右四つ、高安が下手を持っただけの体勢で止まる(約12秒間)。逸ノ城、右下手を探るが取れず。両者、止まる(約5秒間)。高安、左上手に手を伸ばすが取れず。逸ノ城、左上手に手を伸ばす。高安、腰を捻って上手を与えず。両者、止まり、上手に手を伸ばすが取れず(約27秒間)。逸ノ城、右下手を取る。高安、左上手に手を伸ばすが取れず。逸ノ城、左上手も取る。高安、少し左に回り、腰を捻って相手の下手を切る。逸ノ城、すぐに左上手を引きつけて前に出る。高安、右下手投げで振り、やや呼び込む。逸ノ城、左上手を引きつけて前に出る。高安、右下手が切れ、左膝から土俵に落ち、土俵下に転落。勝負後、高安、土俵に戻れず。車椅子で花道を下がる。

(4) 栃煌山戦 ■ 不戦勝 
 高安、「左下腿筋挫傷 左足関節靭帯損傷」のため、休場。

《2015年秋場所取組内容・目次へ》