十日目・十両。(九州場所)

九州場所十日目・十両の取り組み。
八日目から単独トップの正代が、錦木を寄り切り、9勝目を上げる。錦木は3敗に後退。
2敗で追う大翔丸が、徳真鵬を寄り切り、勝ち越し。
石浦が、大きな相手千代丸に対して、足を抱えながらの下手投げで勝利。場内を沸かせる。
既に負け越しが決まっている玉飛鳥が、どんどん前に出て阿武咲を寄り切る。阿武咲は、立合いで左足首を負傷したよう。

十両全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。

● 大翔鵬 3勝3敗 上手投げ ○ 大道 5勝5敗 (8.5秒)
 大翔鵬、仕切り線後方で先に手をつく。大道、仕切り線少し後方で手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。大翔鵬、右肘を固め、右を差す。大道、左に回って左上手を取る。大翔鵬、左上手を取る。大道、左に回り続け、右下手を探る。大翔鵬、腰を引いて下手を与えず。大道、左上手で土俵内に振る。大翔鵬、両廻しを引きつけて前に出る。大道、土俵際堪え、体を開いて左上手投げ。大翔鵬、土俵に手をつく。
<大道の上手投げ>
20151117 201 大道 上手投げ 大翔鵬 40

○ 石浦 5勝5敗 下手投げ ● 千代丸 4勝6敗 (5.7秒)
 石浦、足元を均し、腰を下ろす。千代丸、その後、腰を下ろす。石浦、仕切り線少し後方で先に手をつく。千代丸、仕切り線少し後方で手をサッとつく。石浦、素早く立ち、頭を下げてやや左へ踏み出す。千代丸、両手突きで相手を起こす。石浦、両差しになり、左差し手を返して深い左下手を取り、右で相手の右膝を抱えて前に出、そのまま土俵際で下手投げ。千代丸、俵の外に転がる。
<石浦、足を持ち上げながら前に出、下手投げ>
20151117 202 石浦 下手投げ 千代丸 25 20151117 202 石浦 下手投げ 千代丸 40

○ 大翔丸 8勝2敗 寄り切り ● 徳真鵬 4勝6敗 (4.6秒)
 大翔丸、先に手をつく。徳真鵬、左、右と腕を前に出し、手をサッとついて素早く立つ。大翔丸、頭から踏み込む。徳真鵬、両手突きで相手を起こす。大翔丸、相手の手を撥ね上げ、両筈で脇を押し上げながら前に出る。徳真鵬、上体が起きて俵に詰まる。大翔丸、右を差して寄る。徳真鵬、俵を割る。大翔丸、更に相手を押し、土俵下に落とす。
<大翔丸の寄り切り>
20151117 203 大翔丸 寄り切り 徳真鵬 30 押し上げる大翔丸

○ 朝弁慶 6勝4敗 寄り切り ● 天風 4勝6敗 (9.4秒)
 朝弁慶、仕切り線後方で先に手をつく。天風、手をサッとついて素早く立ち、左肘を固める。朝弁慶、頭から当たる。天風、左を差して差し手を返す。朝弁慶、高い体勢で肩越しの右上手を取る。天風、左差し手を返しながら前に出る。朝弁慶、右上手を離さず。天風、左から掬い投げ。朝弁慶、右上手を持って堪え、頭をつけて左下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。天風、土俵際、左から掬う。朝弁慶、右上手を持って堪え、左筈で押し上げながら寄る。天風、相手の上手を切るが俵の外に出、その後、朝弁慶、土俵に落ちる。
<朝弁慶の寄り切り>
20151117 204 朝弁慶 寄り切り 天風 40

● 若乃島 4勝6敗 寄り切り ○ 東龍 5勝5敗 (2.1秒)
 若乃島、先に手をつく。東龍、仕切り線少し後方で手をサッとつく。若乃島、素早く立って頭から踏み込む。東龍、右に変わって右上手を取り、そのまま右に回って体を入れ替え、左差し手を返しながら腰を下ろして寄り切る。

○ 天鎧鵬 6勝4敗 寄り切り ● 旭日松 5勝5敗 (11.8秒)
 天鎧鵬、仕切り線後方で先に手をつく。旭日松、仕切り線後方でサッと手をつき、右手を出して踏み込む。天鎧鵬、右を差す。旭日松、左で押っ付け、右差し手を返す。天鎧鵬、右をねじ込みながら前に出、右下手に手を掛ける。旭日松、右に回って相手に下手を与えず。天鎧鵬、右差し手を返して相手を起こそうとする。旭日松、頭をつけ、右下手を取り、左から押っ付ける。天鎧鵬、肩越しの左上手を取り、右をねじ込んで下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。旭日松、上体が起きて俵を割る。
<天鎧鵬、両廻しを取る>
20151117 206 天鎧鵬 寄り切り 旭日松 30 両廻しを取った天鎧鵬

○ 千代皇 5勝5敗 寄り切り ● 旭大星 4勝6敗 (7.8秒)
 旭大星、先に手をつく。千代皇、手をサッとつく。旭大星、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。千代皇、右を差す。旭大星、左から押っ付け、右喉輪で突き放す。千代皇、右を差す。旭大星、頭をつけて左から押っ付け、左へ左へ回る。千代皇、右差し手を返しながら前に出、左上手を取って寄り切る。

○ 玉飛鳥 2勝8敗 寄り切り ● 阿武咲 2勝8敗 (10.0秒)
 阿武咲、先に手をつく。玉飛鳥、仕切り線後方で手をサッとつく。阿武咲、右手を出しながら頭を下げる。玉飛鳥、両手を出して頭から当たる。阿武咲、両手で押し上げながら少し前に出、叩きながら下がる。玉飛鳥、乗じて押しながら前に出、右を差す。阿武咲、右下手を探るが取れず、俵に詰まり、左から突いて体を入れ替えようとする。玉飛鳥、それを許さず、右差し手を返して寄る。阿武咲、俵に詰まる。玉飛鳥、左上手を取って土俵内に振り、一気に前に出る。阿武咲、土俵下に転がり落ちる。勝負後、阿武咲、足を気にする。立合い踏み込んだときに左足首から音がしたとのこと。花道奥で車椅子に乗り、医務室に向かう。
<玉飛鳥の寄り切り>
20151117 208 玉飛鳥 寄り切り 阿武咲 40

● 錦木 7勝3敗 寄り切り ○ 正代 9勝1敗 (4.4秒)
 錦木、仕切り線少し後方で先に手をつく。正代、仕切り線かなり後方でサッと手をつく。錦木、頭から踏み込む。正代、やや高い体勢で当たって両差しになり、左差し手を返し、右も返して相手を起こしながら前に出る。錦木、右小手投げに行く。正代、左差し手を突きつけて堪え、腰を下ろして寄り切る。
<正代の寄り切り>
20151117 209 正代 寄り切り 錦木 40

● 英乃海 4勝6敗 寄り切り ○ 荒鷲 6勝4敗 (6.2秒)
 荒鷲、先に手をつく。英乃海、仕切り線後方で手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。荒鷲、右肘を固めて当たり、右を差す。英乃海、右を差す。荒鷲、左から押っ付け、機を見て左を巻き替えて両差しになり、深い左下手を取る。英乃海、外から抱える。荒鷲、両差しで前に出る。英乃海、右で首を巻いて俵に詰まる。荒鷲、右差し手を返しながら寄り切る。

○ 輝 5勝5敗 寄り切り ● 明瀬山 5勝5敗 (66.3秒)
 輝、先に手をつく。明瀬山、仕切り線少し後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。輝、右手を出して当たり、右喉輪で突き放す。明瀬山、左を差す。輝、左を差し、右上手に手を伸ばしながら前に出る。明瀬山、上手を与えないよう腰を引くが俵に詰まり、左下手を取って前に出る。輝、その機に右上手前廻しを取る。明瀬山、腰を振って上手を切ろうとするが切れず。輝、左下手も取って両廻し。両者、左四つ、輝が両廻し、明瀬山は左下手のみの体勢で、しばらく止まる(約18秒間)。輝、両廻しを引きつけて前に出る。明瀬山、腰を下ろして堪え、中に戻る。両者、再び止まり、明瀬山、じわりと腰を引く(約25秒間)。輝、両廻しを引きつけて前に出る。明瀬山、右で押っ付けながら腰を振って相手の下手を切る。輝、すぐに切れた下手を取り直し、両廻しを引きつけて寄る。明瀬山、上体が起きて俵を割る。
<輝の寄り切り>
20151117 211 輝 寄り切り 明瀬山 40

○ 北はり磨 4勝6敗 押し出し ● 青狼 3勝7敗 (11.2秒)
 青狼、先に手をつく。北はり磨、手をつこうとする。青狼、突っ掛ける。2度目、青狼、相手が腰を下ろす前に手をつく。北はり磨、仕切り線少し後方で手をつく。青狼、素早く立って、低く踏み込み、左前廻しを狙う。北はり磨、左に踏み出し、左から突いていなす。青狼、向き直る。北はり磨、押す。青狼、突き放す。北はり磨、下から撥ね上げながら前に出る。青狼、突っ張り続け、機を見て右下手を探る。北はり磨、頭をつけ、左を巻き替える。青狼、体を離し、突き放す。北はり磨、頭を下げて押す。青狼、土俵際、叩きながら右に開く。北はり磨、土俵際前のめりになる。青狼、ここで左足爪先が俵の外に出るが、気づかず、右で相手の後ろ廻しを取り、送り出す。軍配、青狼。しかし、「物言い」がつき、「青狼の足が取組の途中で出た」と判断、「軍配差し違え」で北はり磨の勝ちとなる。
<青狼の足が出た瞬間>
20151117 212 北はり磨 押し出し 青狼 40 足が出た場面

○ 貴ノ岩 5勝5敗 突き出し ● 里山 4勝6敗 (5.8秒)
 里山、相手が腰を下ろす前に仕切り線少し後方で手をつく。貴ノ岩、仕切り線少し後方で手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。里山、左肘を固めて低く当たる。貴ノ岩、突き放し、顔に向かって突っ張る。里山、頭を下げる。貴ノ岩、突っ張り続ける。里山、下からあてがう。貴ノ岩、右で頭を押さえつけ、右に回る。里山、落ちずに堪える。貴ノ岩、再び突っ張る。里山、左を差そうとする。貴ノ岩、突っ張ろうとしながら前に出る。里山、左半身で構えるが、その際、右足が俵の外に滑り出る。
<貴ノ岩の突き出し>
20151117 213 貴ノ岩 突き出し 里山 40

○ 富士東 7勝3敗 突き落とし ● 鏡桜 4勝6敗 (10.3秒)
 富士東、仕切り線少し後方で先に手をつく。鏡桜、仕切り線後方で手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。富士東、頭から踏み込もうとする。鏡桜、右から張り、左を差し込み、下手を探る。富士東、両手で肩を押しながら腰を引いて廻しを与えず、突き放そうとする。鏡桜、相手の手を叩きながら左へ回り、左上手を取り、右で頭を押さえつけながら更に左へ回る。富士東、向き直って廻しを切る。両者、土俵際で体が離れる。富士東、見ながら前に出る。鏡桜、相手の手を叩きながら左へ回り、頭を下げて前に出る。富士東、土俵際。鏡桜、左をのぞかせ、右上手前廻しを取る。富士東、土俵際、左から突いて左へm割る。鏡桜、右前廻しを持って堪え、左前廻しも取る。富士東、右手で相手の左廻しを切る。鏡桜、右前廻しを持って堪える。富士東、左小手に巻き、左に回りながら左から突く。鏡桜、土俵に両手をつく。

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
 1位:正代、2位:石浦、3位:大翔丸

《2015年九州場所取組内容・目次へ》