遠藤 2015年九州(十一月)場所取組内容

201511えんどう

前頭7枚目だった先場所、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭4枚目の今場所、初日から3連敗。
四日目、隠岐の海を寄り切って初日を出す。
七日目、旭秀鵬に浴びせ倒された際、やや膝が危ない体勢で倒れる。
中日、逸ノ城にあっけなく押し出されて6敗目。
九日目、佐田の海を寄り切って3勝目を上げる。
十日目から再びあっけなく敗れる相撲が続き、5連敗する。
千秋楽、妙義龍を気迫の相撲で寄り倒すが、今場所は4勝11敗と二桁負けを喫する。
場所後、右足首が重度の捻挫のような症状になっていたことが明らかになった。全治3~4週間の見込みで、冬巡業も休場した。



(初) 阿夢露戦 ●叩き込み 28.8秒
 阿夢露、仕切り線少し後方で先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつく。阿夢露、素早く立つ。遠藤、右手で張るような動きをする。阿夢露、両腕を下げて当たる。遠藤、左を差すが上体が起きる。阿夢露、左を差し、右上手を取る。遠藤、左下手を取って左半身で腰を振り、相手の上手を切る。阿夢露、その機に右上手で後ろ廻しを取る。遠藤、左半身。阿夢露、左前廻しを探る。遠藤、体勢を低くし、右から押っ付け、右上手を取る。両者、左四つで胸が合う。遠藤、左下手を離し、肘を張って相手の右上手を切ろうとするが切れず、左下手を取り直す。阿夢露、両廻しを引きつける。遠藤、左下手で振って体を入れ替え、左肘を張りながら腰を振って相手の上手を切る。阿夢露、左下手のみになって俵に右足が掛かるが、堪えて中に戻る。遠藤、右上手を持って頭をつける。阿夢露、相手の左腕を手繰りながら右に回り、右上手に手を伸ばすが取れず。遠藤、右前廻しを持って前に出る。阿夢露、土俵際、叩いて相手の廻しを切り、俵の上で右に開く。遠藤、前のめりになって落ち、阿夢露、土俵内に残る。勝負後、阿夢露、右目付近から出血。

(2) 安美錦戦 ●上手投げ 16.0秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。安美錦、サッと手をついて素早く立ち、頭から踏み込む。両者、頭で当たり合い、互いに突き放す。安美錦、突き勝って前に出る。遠藤、体勢を低くして押し返そうとする。安美錦、叩きながら大きく引く。遠藤、落ちずに前に出る。安美錦、土俵際、更に叩きながら右に回る。遠藤、向き直って前に出、押す。安美錦、左足を俵に掛けて押し、叩きながら右に開く。遠藤、前のめりになる。安美錦、右上手を取り、左で相手の左膝裏を一瞬取り、右に一回転してから前に出る。遠藤、俵に詰まる。安美錦、前に出ながら右上手投げ。遠藤、土俵に裏返る。

(3) 豊ノ島戦 ●叩き込み 8.2秒
 豊ノ島、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方で手をサッとつく。豊ノ島、その瞬間素早く立ち、両腕を交差させる。遠藤、右で押っ付け、左で顎を押し上げ、突き放しながら前に出る。豊ノ島、左に回って体を離す。遠藤、向き直り、右上手を取る。豊ノ島、土俵際、左を差し、右で相手の左手首を掴み、左に回って中に戻り、腰を振って相手の上手を切ろうとするが切れず。遠藤、右に開いて右上手出し投げ。豊ノ島、くるっと右に回って廻しを切る。遠藤、前に出て押そうとする。豊ノ島、土俵際、叩く。遠藤、前にバッタリ落ち、豊ノ島、左足一本で残す。

(4) 隠岐の海戦 ○寄り切り 24.4秒
 隠岐の海、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、両腕を下げて低く踏み込む。隠岐の海、右肘を固めて当たる。遠藤、すぐに右上手前廻しを取り、左差し手を大きく返す。隠岐の海、左半身の高い体勢。遠藤、すぐに右上手を持って右に回る。隠岐の海、向き直って右で差し手を抱え、左下手を探る。遠藤、腰を捻って相手に下手を与えず、右に回って深い左下手も取る。隠岐の海、右上手に手を伸ばすが届かず。遠藤、両廻しを持って前に出る。隠岐の海、左から掬って少し振る。遠藤、両廻しを持って構わず寄る。隠岐の海、右で押っ付けて堪える。遠藤、左下手を離して頭をつける。隠岐の海、右押っ付けで前に出、右上手を取る。遠藤、土俵際で再び左下手を取る。隠岐の海、右上手を引きつけて寄る。遠藤、俵に右足を掛けながら左下手投げで振り、左に回って中に戻る。隠岐の海、左下手も取る。遠藤、左肘を張りながら腰を振って相手の上手を切り、右上手を持ち、左差し手を返して寄る。隠岐の海、土俵際、深い右上手を取るが伸びる。遠藤、相手に体を預けながら寄り切る。

(5) 勢戦 ●寄り切り 6.1秒
 勢、仕切り線少し後方で先に手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつく。勢、素早く立ち、右肩から踏み込む。遠藤、左肘を固めて低く踏み込み、右前廻しを探るが取れず、右から押っ付ける。勢、右を差そうとするがならず、右から突いていなす。遠藤、向き直り、低い体勢で右上手前廻し、左下手を探る。勢、腰を引いて廻しを与えず、左筈で胸を押し上げる。遠藤、左下手を取る。勢、右小手投げで振って前に出る。遠藤、土俵際で右上手前廻しを取る。勢、右で差し手を抱えて寄る。遠藤、上体が起きて俵を割る。

(6) 誉富士戦 ○押し出し 15.5秒
 誉富士、相手が腰を下ろす前に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。誉富士、頭から踏み込む。遠藤、右から張り、左を差す。誉富士、右で差し手を極め気味に抱え、小手に振る。遠藤、左差し手を抜き、右下手前廻しを取る。誉富士、腰を引いて廻しを切り、突っ張りながら前に出る。遠藤、下からあてがって堪え、突き放す。両者、体が離れる。遠藤、右から張って左で廻しを探ろうとする。誉富士、左で顎を押し上げ、右上手を取る。遠藤、左手で廻しを切りながら右に回って体を離す。誉富士、突き放す。遠藤、突っ張りながら前に出る。誉富士、下からあてがうが俵に詰まり、土俵際突き返す。遠藤、右で廻しを探るが取れず、突き放す。誉富士、俵の上で左から突く。遠藤、前のめりになるが堪える。誉富士、俵の上で重心が後ろになり、外に出る。

(7) 旭秀鵬戦 ●浴せ倒し 11.2秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。旭秀鵬、仕切り線後方で手をサッとつく。遠藤、素早く立ち、左肘を固めて踏み込み、右前廻しを狙う。旭秀鵬、右肘を固めて当たり、突き放す。遠藤、下からあてがう。旭秀鵬、右、左と顔を突き上げ、右で頭を叩く。遠藤、前のめりになるが堪え、押し上げる。旭秀鵬、そこで左から顔を突き上げる。遠藤、左足一本でやや傾くが堪え、右から張る。旭秀鵬、そこを左から張り返すが、左手が相手の右腕下をくぐって当たらず。遠藤、向き直って右前廻しを探る。旭秀鵬、頭を下げて左上手に手を掛ける。遠藤、差し手を抜いて下がり、相手の廻しを切る。旭秀鵬、突き放しながら前に出る。遠藤、突き返し、両者、体が離れる。両者、互いに左から張る。旭秀鵬、右から押っ付け、左上手を取って前に出る。遠藤、両差しになろうと左をねじ込むが土俵際、仰け反りながら右で突こうとする。旭秀鵬、左で顔を押し上げながら相手に体を預ける。遠藤、俵の上右足一本で、右膝を曲げて後ろ向きに倒れる。両者、重なって土俵下にずり落ちる。

(中) 逸ノ城戦 ●押し出し 3.8秒
 両者、仕切り線少し後方でほぼ同時にサッと手をついて立つ。遠藤、左肘を固めて踏み込む。逸ノ城、左から張り、右肘でかち上げる。遠藤、顎が上がるが、右を差し、頭を下げ、左から押っ付ける。逸ノ城、左で肘を極め気味に押っ付け、右前腕で相手の顎を押し上げながら前に出る。遠藤、俵に詰まり、あっけなく土俵下に落ちる。

(9) 佐田の海戦 ○寄り切り 12.2秒
 佐田の海、先に手をつく。遠藤、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。佐田の海、頭から踏み込む。遠藤、右から張って左を差し、差し手を返す。佐田の海、右上手を取り、左から絞る。遠藤、右下手前廻しを取り、左下手も取って両下手。佐田の海、左を巻き替えて差す。遠藤、右上手を取り、両廻しを持って前に出る。佐田の海、左下手を取り、両廻しを持ちながら俵に両足を掛けて堪え、中に戻る。遠藤、左下手を離し、左肘を張りながら相手の上手を切り、右上手を持って寄る。佐田の海、土俵際、左差し手を返して左へ回りながら右を巻き替えて差す。遠藤、右上手を持ち、左で押っ付けながら寄り切る。

(10) 魁聖戦 ●押し倒し 1.7秒
 魁聖、相手が腰を下ろす前に、仕切り線少し後方で手をつく。遠藤、仕切り線少し後方でサッと手をつき、左肘を固めて頭から踏み込む。魁聖、両腕を下げて当たる。遠藤、右前廻しを探るが取れず、左を差し込む。魁聖、左で肩を押し、右押っ付けで前に出る。遠藤、右膝がガクッと崩れ、土俵に転がる。

(11) 琴勇輝戦 ●突き出し 2.1秒
 遠藤、仕切り線後方で先に手をつく。琴勇輝、仕切り線後方でサッと手をつく。遠藤、右から張る動きをし、左前廻しを狙う。琴勇輝、両手で突き上げる。遠藤、仰け反る。琴勇輝、突き放しながら前に出る。遠藤、相手の手を叩きながら下がるが、右足が俵の外に滑り出る。琴勇輝、それに気づかず、押す。遠藤、土俵下に落ちる。

(12) 碧山戦 ●押し出し 3.2秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。碧山、仕切り線少し後方で手をサッとつき、両手で相手の肩を押さえる。遠藤、下からあてがう。碧山、顎に向かって突っ張る。遠藤、俵に詰まる。碧山、左喉輪、右押っ付けで押し上げる。遠藤、仰け反って土俵下に落ちる。

(13) 玉鷲戦 ●押し出し 3.3秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。玉鷲、仕切り線少し後方で手をサッとつき、両手を出しながら立つ。遠藤、両手を出して前廻しを狙う。玉鷲、両手突きで相手を起こし、右喉輪で押し上げる。遠藤、仰け反りながら両手で相手の右腕を外す。玉鷲、右で押っ付ける。遠藤、後ろ向きになり、あっさり土俵下に落ちる。

(14) 佐田の富士戦 ●寄り切り 12.9秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。佐田の富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両手で相手の肩を押さえる。遠藤、右廻しに手を掛けるが取れず。佐田の富士、顎に向かって突っ張る。遠藤、下からあてがって下がらず、再び右廻しに手を掛ける。佐田の富士、腰を引いて廻しを切り、右喉輪で押し上げる。遠藤、相手の喉輪を外し、左を差して深い下手を取る。佐田の富士、深い右上手を取る。遠藤、左下手を持ち、右から押っ付ける。佐田の富士、右上手を持って前に出る。遠藤、右上手に手を掛ける。佐田の富士、左を差し、差し手を返しながら寄る。遠藤、上体が起きて俵を割る。

(楽) 妙義龍戦 ○寄り倒し 13.6秒
 遠藤、仕切り線少し後方で先に手をつく。妙義龍、手をサッとつき、右手を出して頭から踏み込む。遠藤、右手を出して低く当たり、左で押っ付ける。妙義龍、右を差す。遠藤、突き上げ、左を巻き替えて差す。妙義龍、突き放す。両者、突き放し合う。妙義龍、右から張る。遠藤、左下手を取って前に出る。妙義龍、右に回り、相手の左腕を抱えて小手に振り、前に出ようとする。遠藤、土俵際堪え、前に出ながら右下手も取って深い両下手。妙義龍、左上手に手を伸ばすが取れず、右を巻き替えようとするがならず、体を開いて右首投げに行こうとする。遠藤、左で後ろ廻しを引きつけて寄る。妙義龍、俵の外に倒れて土俵下に落ち、遠藤、その後、俵の外に倒れる。勝負後、遠藤、土俵下にごろりと落ち、顔をしかめてなかなか土俵に上がれず。

《2015年九州場所取組内容・目次へ》