栃ノ心 2016年初(一月)場所取組内容

201601-とちのしん

小結連続二場所目の先場所、7勝8敗と惜しくも負け越す。→先場所の取組内容
3場所連続で小結を務める今場所、初日は横綱日馬富士、大関照ノ富士と対戦して連敗スタート。
三日目は大関豪栄道を寄り切り、四日目大関稀勢の里戦では、相手得意の四つになりながら下手投げで勝利。2大関を破って星を五分にする。
五日目から大関琴奨菊、横綱白鵬、横綱鶴竜と敗れ、そのまま九日目まで5連敗。
十日目の逸ノ城戦では、1分近い相撲の末に寄り切り、3勝目。そこから4連勝する。
十四日目の安美錦戦では、相手を寄り倒したように見え、軍配ももらうが「物言い」。協議の末、足が先出たとして「差し違え」で敗れた。この相撲で負け越しが決定。
千秋楽、勝ち越しの懸かる相手、関脇嘉風と対戦。寄り切りで敗れて9敗目を喫した。
今場所は6勝9敗の成績で終えた。負け越しは2場所連続。
場所後に、昨年6月に結婚したニノさんとの披露宴を行った。



(初) 日馬富士戦 ●上手投げ 5.2秒
 栃ノ心、サッと手をつく。日馬富士、サッと手をついて素早く踏み込み、右喉輪で押し上げる。栃ノ心、仰け反りながら左で相手の右肘にあてがって堪え、その左で突いて喉輪を外し、左上手を探る。日馬富士、右を差し、左に回って上手を与えず、自分は左上手を取る。栃ノ心、腰を捻って上手を切ろうとするが切れず。日馬富士、左上手を引きつけながら体を入れ替え、そのまま豪快に上手投げ。栃ノ心、土俵下に転がり落ちる。

(2) 照ノ富士戦 ●寄り切り 9.4秒
 栃ノ心、先に手をつくが、その手を引いて見合い、再び手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつく。栃ノ心、右肘を固めて踏み込む。照ノ富士、低く当たって左上手前廻しを取って引きつけ、左に回って頭をつけ、右差し手を返す。栃ノ心、右下手、左上手を取る。照ノ富士、右差し手を返し、腰を振って上手を切ろうとしながら前に出る。栃ノ心、俵に詰まって上体が起きる。照ノ富士、相手を浮かせるようにして寄り切る。

(3) 豪栄道戦 ○寄り切り 5.4秒
 豪栄道、右拳を仕切り線少し上に浮かせる。栃ノ心、仕切り線後方で手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。豪栄道、左肘を固めて低く当たる。栃ノ心、右を差し込む。豪栄道、右差し手を大きく返し、左で押っ付けながら上手前廻しを取る。栃ノ心、下がらず堪え、左上手に手を伸ばすが取れず、右を差し込みながら前に出る。豪栄道、右下手を取って両廻し。栃ノ心、右差し手を返しながら前に出る。豪栄道、右下手で振ろうとするが、左足を俵の外に踏み出す。

(4) 稀勢の里戦 ○下手投げ 29.2秒
 栃ノ心、手をつく。稀勢の里、すぐにサッと手をつき、右手を出しながら踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて踏み込む。稀勢の里、右喉輪で相手を起こし、左押っ付けから左を差し、左下手、右上手を取り、両廻しを引きつけて前に出ようとする。栃ノ心、右で押っ付け、左下手を持って堪える。稀勢の里、右上手一枚廻しが伸び、二枚目を取り直して寄る。栃ノ心、左下手投げを打ちながら体を入れ替える。稀勢の里、両廻しを引きつけて前に出る。栃ノ心、左下手投げで振って堪え、相手の下手を切る。稀勢の里、切れた下手を取り直す。栃ノ心、右上手に手を伸ばすが取れず。両者、左四つで土俵中央、稀勢の里が両廻し、栃ノ心が左下手を持った体勢で止まる(約5秒間)。稀勢の里、両廻しを引きつけて前に出る。栃ノ心、土俵際、左下手投げ。稀勢の里、俵の外に背中から倒れ、栃ノ心、その上に乗る。

(5) 琴奨菊戦 ●寄り切り 12.5秒
 栃ノ心、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線少し後方でサッと手をついて立つ。栃ノ心、右肘を固める。琴奨菊、右肘を固め、踏み込んで当たる。栃ノ心、左上手前廻しに手を伸ばすが取れず。琴奨菊、両差しになり、左で後ろ廻しを取る。栃ノ心、外から抱えて前に出、左上手に手を掛ける。琴奨菊、前に出ながら上手を切り、右、左と差し手を返す。栃ノ心、上体が起きるが堪える。琴奨菊、右から掬って振り、両差しでがぶる。栃ノ心、土俵際、右で首を巻きながら左で突こうとする。琴奨菊、構わず寄る。栃ノ心、腰が伸びて俵を割る。

(6) 白鵬戦 ●上手投げ 13.3秒
 栃ノ心、先に手をつく。白鵬、右手をつき、左手をサッと動かして素早く立つ。栃ノ心、右肘を固める。白鵬、右肘を固めて踏み込み、すぐに低い姿勢で左上手前廻しを取る。栃ノ心、左上手前廻しに手を掛ける。白鵬、腰を引いて上手を与えず、右差し手を大きく返す。栃ノ心、深い右下手を取り、左上手に手を伸ばしながら前に出る。白鵬、腰を左に捻って相手の上手を遠ざけながら、左上手を引きつけて前に出る。栃ノ心、右下手を持って堪える。白鵬、左上手投げで振りながら腰を引いて相手の下手を切り、右差し手を返す。栃ノ心、中に戻り、少し右から掬う。白鵬、左上手を離さず、右差し手を返し、すぐに左へ開いて左上手投げを下に打つ。栃ノ心、土俵に転がる。

(7) 鶴竜戦 ●外掛け 14.9秒
 栃ノ心、先に手をつく。鶴竜、手をサッとつく。栃ノ心、右肘を固める。鶴竜、右肘を固めて頭から踏み込む。栃ノ心、右肘でかち上げる。鶴竜、頭を上げず、右上手を探る。栃ノ心、左で相手の右腕を抱え上げ、相手を起こそうとする。鶴竜、深い右下手を取る。栃ノ心、左で差し手を抱え、腹を出しながら前に出る。鶴竜、左上手前廻しも取る。栃ノ心、深い左上手を取り、相手を浮かせようとする。鶴竜、右下手で振って頭をつけ、右に回って中に戻る。栃ノ心、やや肩越しの左上手で投げに行こうとする。鶴竜、右足で外掛け。栃ノ心、左上手が切れ、左で首を巻いて堪えようとするが、体勢が崩れて土俵に倒れる。

(中) 宝富士戦 ●寄り切り 5.7秒
 宝富士、先に手をつく。栃ノ心、仕切り線少し後方で手をサッとつく。宝富士、左肘を固めて頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たって右を差し、左も差そうとしながら前に出る。宝富士、低い体勢で左を差し、右から押っ付けながら前に出る。栃ノ心、右から押っ付け、一旦左差し手を抜いて再び差そうとする。宝富士、左差し手を返し、右で押っ付けながら寄る。栃ノ心、土俵際、左差しを抜き、肩越しの左上手に手を伸ばす。宝富士、上手を与えず、右下手を取ってがぶる。栃ノ心、上体が起きて俵を割る。

(9) 勢戦 ●下手投げ 10.5秒
 勢、仕切り線少し後方で先に手をつく。栃ノ心、手をサッとつく。勢、右肩から踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて低く踏み込み、すぐに左上手前廻しを取り、引きつけて前に出る。勢、堪えて中に戻り、右下手を取り、下手を深くして相手を起こす。栃ノ心、左上手を引きつけて寄る。勢、俵に足を掛けて必死に残し、右に回りながら体を開いて右下手投げ。栃ノ心、土俵下に落ちる。

(10) 逸ノ城戦 ○寄り切り 59.4秒
 栃ノ心、先に手をつく。逸ノ城、手をつこうとする。栃ノ心、素早く立って右肘を固めて踏み込む。逸ノ城、少し遅れて手をついて立ち、右肘を固めて当たり、右を差す。栃ノ心、やや深い左上手を取る。逸ノ城、左上手を取り、右差し手を返し、右下手を取る。栃ノ心、右下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、右下手を深くしながら堪え、左上手を少し浅くし、両廻しを引きつける。栃ノ心、両廻しを引きつけて堪える。両者、右四つがっぷりでしばらく止まる(約28秒間)。栃ノ心、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、引きつけながら堪えるが、少し下がる。両者、止まる(約4秒間)。栃ノ心、左上手で少し振り、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、土俵際、右下手投げで振る。栃ノ心、右足が俵に掛かるが、両廻しを引きつけて寄る。逸ノ城、腰が伸びて俵を割る。

(11) 琴勇輝戦 ○寄り切り 12.2秒
 栃ノ心、手をつく。琴勇輝、仕切り線後方でサッと手をつき、両手突き。栃ノ心、相手の手を下から撥ね上げ、突き放す。琴勇輝、突っ張りながら前に出る。栃ノ心、突き返しながら左で廻しに手を伸ばすが取れず。琴勇輝、左で顎を押し上げる。栃ノ心、土俵際堪え、突き放しながら中に戻り、右を差す。琴勇輝、左腕がバンザイになる。栃ノ心、左上手を取って引きつけ、右差し手を返して寄る。琴勇輝、上体が起き、土俵下に落ちる。

(12) 松鳳山戦 ○上手投げ 46.8秒
 栃ノ心、手をサッとつく。松鳳山、素早く手をついて立ち、右手を出しながら左へ踏み出して当たり、両差しになり、両差し手を返す。栃ノ心、肩越しの左上手を取る。松鳳山、左下手を取り、右差し手を返して相手の上手を切ろうとするがならず、左下手投げで振って前に出る。栃ノ心、左上手を持ち、右で抱えながら堪え、少し中に戻る。松鳳山、両下手を取って堪え、右差し手を返して相手の上手を切ろうとするがならず、両差し手を返して前に出ようとする。栃ノ心、肩越しの左上手を持ってやや仰け反りながら堪える。松鳳山、右差し手を返してから深い右下手を取る。栃ノ心、左上手投げに行く。松鳳山、堪えて中に戻る。栃ノ心、肩越しの右上手も探る。松鳳山、腰を振って与えず。栃ノ心、左上手を持って少し前に出る。両者、止まる(約5秒間)。栃ノ心、肩越しの左上手一本で相手を浮かせようとする。松鳳山、堪える。両者、少し止まる(約2秒間)。栃ノ心、前に出る。松鳳山、土俵際、右下手投げで少し振りながら堪え、中に戻る。両者、少し止まる(約3秒間)。松鳳山、両下手を引きつけて前に出る。栃ノ心、土俵際、左上手投げで体を入れ替え、そのまま裏返し、相手の上に乗る。

(13) 魁聖戦 ○寄り切り 11.2秒
 魁聖、仕切り線少し後方で先に手をつく。栃ノ心、仕切り線後方でサッと手をつき、右肘を固める。魁聖、右肘を固め、両腕を下げ、やや左に踏み出す。栃ノ心、左上手前廻しを探る。魁聖、左上手、右下手を取って左に回る。栃ノ心、右下手、左上手を取って一旦腰を引く。魁聖、右下手が切れる。栃ノ心、両廻しを引きつけて前に出る。魁聖、腰が伸びて俵に詰まるが、相手の下手を切る。栃ノ心、左上手を引きつけ、右差し手を返して寄る。魁聖、上体が起きて俵を割る。

(14) 安美錦戦 ●打っ棄り 18.4秒
 栃ノ心、仕切り線後少し後方で先に手をつく。安美錦、手をサッとつく。栃ノ心、両肘を固めて踏み込む。安美錦、左に変わって左上手を取って左に回り、頭をつけ、左上手を離し、両手で相手の右足を持ち上げようとする。栃ノ心、左で相手の右腕を引っ張り込み、右差し手を返して相手を起こす。安美錦、左上手、右下手を取り、頭をつけようとする。栃ノ心、左で差し手を抱え、右下手を取って引きつけ、腹を突き出し、相手を浮かせながら前に出る。安美錦、俵に詰まるが堪える。栃ノ心、左上手も取って寄り立てる。安美錦、俵に両足を掛けて必死に残し、右に振ってうっちゃろうとする。栃ノ心、相手に体を預ける。安美錦、俵の上で仰け反る。栃ノ心、相手に覆いかぶさる体勢で左足をつき、安美錦、左踵が俵の外に出て尻餅をつき、栃ノ心、左手をつきながら相手の上に乗る。軍配、栃ノ心。「物言い」がつき、協議の結果、栃ノ心の左足が先に出ていると判断、「軍配差し違え」で安美錦の勝ちとなる。VTRでは、安美錦の左足踵が残っているか、はっきり映っていなかった。また、うっちゃりとしては体が割れておらず、疑問の残る判定だった。

(楽) 嘉風戦 ●寄り切り 8.5秒
 嘉風、先に手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で手をサッとつく。嘉風、左肘を固めて頭から踏み込む。栃ノ心、右肘を固め、やや左に踏み出して当たる。嘉風、左は差そうとし、右は相手の左肘を押し上げる。栃ノ心、右で押っ付ける。嘉風、相手の手を叩きながら下がり、左から張って左を差し、右も差す。栃ノ心、右で差し手を抱え、左押っ付けから左上手を探る。嘉風、腰を左に捻って上手を与えず、深い左下手を取り、左足を相手の右足前に置きながら体を開いて左下手投げを打ち、右手で相手の右膝を押さえ、前に出る。栃ノ心、上体が起きて俵を割る。

《2016年初場所取組内容・目次へ》