妙義龍 2016年初(一月)場所取組内容

201601-みょうぎりゅう

三役連続5場所目だった先場所、六日目から千秋楽まで10連敗、2勝13敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭8枚目の今場所、初日は高安に押し倒されて黒星発進。
二日目、臥牙丸に肩透かしで勝って初日を出す。
三日目の玉鷲戦。相手を土俵際まで追い込むも、膝から落ちて敗れる。
四日目から3連勝。4勝2敗と白星先行。
七日目から黒星が連なり、4勝6敗と黒星先行に。
十一日目の豪風戦、取り直しの末に押し出し、連敗を4で止める。
十二日目、千代鳳に寄り切られ、7敗と後がなくなる。
そこから踏み止まり続け、千秋楽に8勝7敗で勝ち越しを決める。
勝ち越しは昨年9月場所以来、2場所ぶり。



(初) 高安戦 ●押し倒し 18.3秒
 高安は仕切り線後方で、妙義龍は真上で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。妙義龍、腕を出しながら頭を下げて踏み込む。高安、両腕を交差させて当たる。妙義龍、下から押し上げながら前に出る。高安、堪え、顎に向かって押し上げる。妙義龍、右で押っ付け、左で顎を押し上げる。高安、右で相手の喉輪を外し、右下手を探る。妙義龍、頭をつけ、左から絞る。高安、機を見て叩き、右に回って体を離す。妙義龍、前に泳いで俵に詰まる。高安、押し上げる。妙義龍、相手の左腕を手繰りながら俵伝いに左へ回るが、土俵下に吹っ飛ぶ。

(2) 臥牙丸戦 ○肩透かし 1.9秒
 臥牙丸、仕切り線後方で先に手をつく。妙義龍、手をサッとついて素早く立ち、右腕を前に出して低く踏み込む。臥牙丸、頭から低く当たり、左押っ付けで前に出る。妙義龍、引いて右差し手を抜き、叩きながら左に開く。臥牙丸、土俵に両手をつき、側転気味に転がる。

(3) 玉鷲戦 ●つきひざ 10.1秒
 妙義龍、先に手をつく。玉鷲、すぐに仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、頭から踏み込む。妙義龍、相手を突き起こし、押し上げ、少し叩き、再び突き放して前に出る。玉鷲、土俵際堪え、突き返して前に出る。妙義龍、相手の手を叩きながら下がり、土俵際、頭を叩きながら左に回る。玉鷲、向き直り、右喉輪で押し上げる。妙義龍、右から張って頭を下げ、筈で押し上げながら前に出る。玉鷲、上体が起きて土俵際。しかし、妙義龍、右足親指が返り、右膝から土俵に落ちる。玉鷲、俵の外に出る。

(4) 蒼国来戦 ○押し倒し 5.1秒
 妙義龍、先に手をつく。蒼国来、仕切り線かなり後方でサッと手をつき、右肘を固めて踏み込む。妙義龍、右手を出しながら低く踏み込み、両差しを狙う。蒼国来、右肘でかち上げて相手を起こす。妙義龍、両手で突き放す。蒼国来、左足を俵に掛け、右を差す。妙義龍、左で押っ付け、右喉輪で押し上げながら前に出る。蒼国来、左上手に手を伸ばすが取れず、相手の喉輪を両手で外しながら俵伝いに左へ回るが、体勢を崩し、後ろ向きに倒れて両足バンザイ。

(5) 阿夢露戦 ○押し出し 3.1秒
 阿夢露、仕切り線少し後方で先に手をつく。妙義龍、手をサッとついて素早く立ち、右手を出して低く踏み込む。阿夢露、頭から低く当たり、外から押っ付ける。妙義龍、両差し手を抜き、頭を叩きながら右に回る。阿夢露、前のめりになるが堪え、向き直る。妙義龍、押しながら前に出る。阿夢露、右から絞るが、右足が俵の外に出、土俵下に落ちる。

(6) 豊ノ島戦 ○首投げ 15.4秒
 豊ノ島、先に手をつく。妙義龍、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。妙義龍、頭から踏み込む。豊ノ島、両腕を交差させて当たりを受け、両差しになろうとする。妙義龍、左で押っ付けながら前に出、右を巻き替えながら下がる。豊ノ島、巻き替え返して両差しになる。妙義龍、右に回って体を離す。両者、押し合い、体が離れて見合う。豊ノ島、当たって両差しになろうとする。妙義龍、外から抱えて一気に前に出る。豊ノ島、土俵際、左から掬いながら左へ回ろうとする。妙義龍、右で首を巻き、首投げで相手を捻り崩しながら体を預ける。豊ノ島、下手を取るが後ろ向きに倒れ、妙義龍、その上に乗る。

(7) 琴勇輝戦 ●突き出し 3.2秒
 両者、見合う。妙義龍、右手をつきかけるが、その手を引っ込める。両者、見合い、妙義龍、何度か右手をつこうとするが止め、琴勇輝、立合いを嫌って立ち上がり、仕切り直しに。2度目、妙義龍、仕切り線真上で、琴勇輝、仕切り線後方で、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。妙義龍、左から張る動きを見せる。琴勇輝、両手突きから突っ張りながら前に出る。妙義龍、下からあてがうが俵に詰まる、相手の左腕を手繰ろうとするが、左足が俵に外に滑り出る。

(中) 隠岐の海戦 ●小手投げ 11.1秒
 隠岐の海、右手を出して浮かせる。妙義龍、それに合わせてサッと手をついて、突っ掛ける。2度目、隠岐の海、先に手をつく。妙義龍、手をサッとつく。隠岐の海、素早く立ち、右肘を固める。妙義龍、右手を出して頭から踏み込み、右喉輪で押し上げる。隠岐の海、仰け反って少し下がる。妙義龍、前に出、更に右喉輪で突き上げる。隠岐の海、土俵際、左で頭を押さえ、右から突きながら右に回る。妙義龍、向き直って押す。隠岐の海、右を差す。妙義龍、左から絞り、右喉輪で押し上げる。隠岐の海、相手の喉輪を外し、左を差す。妙義龍、右から絞って相手の差し手を外し、両差しになって前に出る。隠岐の海、土俵際、体を開いて左小手投げ。妙義龍、土俵に落ち、その後、隠岐の海、土俵下に飛び落ちる。

(9) 正代戦 ●送り出し 4.3秒
 妙義龍、先に手をつく。正代、仕切り線後方で手をつく。妙義龍、素早く立ち、両腕を交差させ、頭から踏み込む。正代、両差しになり、左差し手を大きく返す。妙義龍、右腕バンザイになるが前に出る。正代、俵に両足を掛けて堪える。妙義龍、下がりながら右首投げに行く。正代、乗じて左差し手を突きつけながら前に出る。妙義龍、俵の外に両手をつく。

(10) 旭秀鵬戦 ●叩き込み 6.5秒
 妙義龍、先に手をつく。旭秀鵬、仕切り線少し後方で手をサッとつく。妙義龍、右手を出して低く踏み込む。旭秀鵬、右を差す。妙義龍、左押っ付け、右喉輪で突き放す。旭秀鵬、体を離し、土俵際、押し返そうとする。妙義龍、押しながら前に出る。旭秀鵬、押し返しながら前に出る。妙義龍、下がり、相手の手を叩いて右に開く。旭秀鵬、少し泳ぐが向き直る。妙義龍、右廻しに手を掛けて前に出る。旭秀鵬、土俵際叩く。妙義龍、前に飛んで土俵に落ち、旭秀鵬、俵の上で残る。

(11) 豪風戦 ○押し出し 7.3秒
 妙義龍、先に手をつくが、その手を一旦引っ込め、再び手をつく。豪風、仕切り線後方で手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。妙義龍、右手を出して当たり、右喉輪で相手を起こす。豪風、相手の手を叩きながら左に回り、左から突く。妙義龍、押しながら前に出る。豪風、土俵際、逆の右から突く。妙義龍、前に落ち、豪風、俵の外に出、土俵下に飛び落ちる。軍配、豪風。「物言い」がつき、協議の結果、両者の落ちるのが同時と判断、「取り直し」となる(3.7秒)。
<取り直しの相撲>妙義龍、先に手をつく。豪風、仕切り線後方で手をサッとつき、頭から踏み込む。妙義龍、両手で相手を起こし、突き放す。豪風、下から突き放す。妙義龍、やや仰け反って下がるが堪え、押し返そうとする。豪風、左から突く。妙義龍、向き直る。豪風、叩きながら左に回り、左を差して差し手を大きく返す。妙義龍、右で首を巻きながら前に出、押す。豪風、土俵下に飛び落ちる。(7.3秒)

(12) 千代鳳戦 ●寄り切り 16.8秒
 妙義龍、先に手をつく。千代鳳、体を上下に揺らす。妙義龍、ついていた手を引っ込める。千代鳳、体を上下に揺らし続ける。妙義龍、再び先に手をつく。千代鳳、仕切り線後方で手をサッとつく。妙義龍、素早く立ち、両腕を出して頭から踏み込む。千代鳳、左肘を固めて頭から低く当たる。妙義龍、突き放して相手を起こそうとする。千代鳳、右で顎を押し上げる。妙義龍も右喉輪。互いに左で相手の喉輪を外す。千代鳳、頭をつけて左から押っ付ける。妙義龍、右差し手を抜いて叩く。千代鳳、前のめりになるが堪える。妙義龍、右で相手を起こそうとする。千代鳳、左で相手の右腕を掴み、左を差し込む。両者、左下手を取る。千代鳳、左下手を引きつけて前に出る。妙義龍、左下手を持って堪え、腰を引いて相手の下手を切る。千代鳳、左差し手を返す。妙義龍、左下手を離し、土俵際、右から突こうとする。千代鳳、左差し手を返しながら寄る。妙義龍、俵に足を掛けながら右上手を取る。千代鳳、構わず、左差し手を突きつけて寄り切る。

(13) 北太樹戦 ○押し出し 17.3秒
 妙義龍、先に手をつく。北太樹、手をサッと動かし、頭から踏み込む。妙義龍、右手を出して頭から踏み込み、右で肩を押し上げ、両差しになろうとする。北太樹、外から挟み付ける。妙義龍、浅い両差しで前に出ようとする。北太樹、外から抱え、極めながら前に出ようとする。妙義龍、堪える。北太樹、右から振り、前に出ようとする。妙義龍、左に回る。北太樹、土俵際、両手で相手の右腕を手繰り、左上手に手を伸ばす。妙義龍、前に出る。北太樹、俵伝いに左へ回ろうとするが、相手の右腕を持ったまま土俵下に落ちるが、左足を土俵の角で打つ。妙義龍、手を引っ張られて土俵に落ち、相手の左足の上に乗る。勝負後、北太樹、足を引きずりながら花道を歩く。

(14) 貴ノ岩戦 ○突き落し 2.0秒
 妙義龍、先に手をつく。貴ノ岩、サッと手をつき、右手を出して頭から低く踏み込む。妙義龍、右喉輪で押し上げて起こし、前に出ながら突き放す。貴ノ岩、体勢を低くして左を差す。妙義龍、そこを右から突き落とす。貴ノ岩、前にバッタリ落ちる。

(楽) 誉富士戦 ○叩き込み 4.7秒
 誉富士、両腕を交差させ、先に手をつく。妙義龍、手をつこうとして止め、もう一度手をつこうとする。誉富士、突っ掛ける。2度目、誉富士、両腕を交差させ、両者、ほぼ同時に手をつく。誉富士、右手を出しながら立つ。妙義龍、右手を出して頭から低く踏み込む。誉富士、左から突く。妙義龍、右喉輪で押し上げる。誉富士、土俵際、相手の右腕を手繰って左へ回ろうとする。妙義龍、押す。誉富士、下からあてがう。妙義龍、相手の手を叩きながら一気に引く。誉富士、前のめりになってバッタリ落ちる。

《2016年初場所取組内容・目次へ》