2016年春(3月)場所幕内の各日まとめ及び成績上位者変遷

各日の幕内取組内容の冒頭に書いたその日のまとめを集めました。
三日目以降は、成績上位者の名前も掲載。

◆初日◆
20160313 901 ニュース7 初日 琴奨菊
横綱白鵬、鶴竜の2横綱が敗れる波乱。白鵬を破った宝富士は、11回目の対戦で初勝利。豊ノ島は1分10秒近い相撲で勝利。
横綱日馬富士は、場所前に右膝上の筋肉を傷めて心配されたが、栃煌山を瞬殺し、白星発進。
綱取りが懸かる大関琴奨菊は、高安を寄り切って白星発進。
大関稀勢の里、角番の豪栄道、照ノ富士と、大関全員白星。
先場所、新入幕で10勝を上げた正代は、豪風を押し出して白星。
逸ノ城は、玉鷲を2分近い相撲の末に、寄り切って勝利。
新入幕の2人、大翔丸と明瀬山が、ともに勝って初日白星。
→初日幕内取組内容へ

◆二日目◆
20160314 901 ニュース7二日目 琴奨菊ー嘉風
綱取りが懸かる大関・琴奨菊は、関脇・嘉風を押し出して2連勝。
初日に敗れた白鵬、鶴竜の2横綱は、ともに勝って連敗回避。白鵬は、横綱勝利数が671となり、単独最多となった。
横綱日馬富士は、隠岐の海を上手投げで下し、横綱で唯一人2連勝。
大関稀勢の里は、初日に横綱白鵬を破った宝富士を送り出して2連勝。
角番大関の豪栄道と照ノ富士も2連勝。
初日に横綱鶴竜を破った関脇豊ノ島は、栃ノ心に寄り切られて初黒星。
幕内2場所目の正代は、松鳳山を力強く突き出して2連勝。
蒼国来が、インフルエンザのため、今日から休場した。
→二日目幕内取組内容へ

◆三日目◆
20160315 901 ニュース7三日目 琴奨菊、琴勇輝
綱取りが懸かる琴奨菊は、栃ノ心に上手を取られながらもしのぎ、3連勝。
横綱で唯一人2連勝だった日馬富士が、琴勇輝に押し出されて初黒星。琴勇輝は初金星に涙。
横綱白鵬と鶴竜はともに勝って2連勝。
大関・稀勢の里、角番大関・豪栄道、照ノ富士が勝ち、4大関がすべて3連勝。
妙義龍が、2連勝と好調な正代を押し出して3連勝。
逸ノ城が、1分20秒の相撲で豊響を上手投げ。初日から3連勝。
先場所全休で十両に陥落している大砂嵐が、新入幕の明瀬山を突き出して3連勝。明瀬山は初黒星。
<成績上位者>
全勝 琴奨菊、稀勢の里、豪栄道、照ノ富士、勢、妙義龍、逸ノ城、阿夢露(8人)
→三日目幕内取組内容へ

◆四日目◆
20160316 901 ニュース7 七日目 4大関の一角崩れる
綱取りが懸かる大関琴奨菊は、初日に白鵬を破った宝富士に完勝。初日から4連勝。
三日目初黒星を喫した横綱日馬富士は、高安を押し出して連敗回避。
横綱白鵬は、隠岐の海を押し出して1敗を守るが、ダメ押しで土俵下に吹っ飛ばす。
横綱鶴竜は、前日日馬富士を破った琴勇輝を叩き込んで1敗堅持。
大関稀勢の里、角番の豪栄道は、ともに勝って4連勝。角番の照ノ富士が勢に寄り切られ、大関陣で唯一人黒星を喫する。
関脇嘉風と小結栃煌山の3連敗同士の対戦は、嘉風が寄り切って初日を出した。
<成績上位者>
全勝 琴奨菊、稀勢の里、豪栄道、勢、妙義龍、逸ノ城(6人)
一敗 日馬富士、白鵬、鶴竜、照ノ富士、碧山、安美錦、魁聖、阿夢露、御嶽海、大栄翔(10人)
→四日目幕内取組内容へ

◆五日目◆
20160317 901 ニュース7 五日目 琴奨菊ー隠岐の海
綱取りが懸かる琴奨菊は、隠岐の海と対戦。物言いのつく際どい相撲で敗れて初黒星。
3横綱は揃って勝つも、鶴竜は宝富士に攻め込まれて薄氷の勝利、白鵬は碧山に苦戦して1分近い相撲の末に勝つ。
初日から4連勝だった角番大関豪栄道が、今場所初金星を挙げた琴勇輝に突き倒されて初黒星。三役以上で5連勝は、大関稀勢の里のみとなる。
小結栃煌山が豊ノ島を押し出して初日を出す。
平幕の勢と逸ノ城が5連勝。
インフルエンザで休場していた蒼国来が、土俵に復帰するも、松鳳山に突き出されて黒星。松鳳山は初日を出す。
<成績上位者>
全勝 稀勢の里、勢、逸ノ城(3人)
一敗 日馬富士、白鵬、鶴竜、琴奨菊、豪栄道、照ノ富士、安美錦、妙義龍、魁聖(9人)
→五日目幕内取組内容へ

◆六日目◆
20160318 901 ニュース7 六日目 琴奨菊
前日初黒星を喫した綱取りの琴奨菊は、碧山を突き落として5勝目。
三役以上で唯一人5連勝の大関稀勢の里は、栃煌山を寄り倒して6連勝。
横綱日馬富士は、関脇嘉風と対戦。相手を土俵際まで追い込むが、右膝が入って自ら前に落ちて2敗目。
白鵬と鶴竜の2横綱は、5勝目。
大関照ノ富士は、琴勇輝に寄り切られて2敗目。琴勇輝は、1横綱2大関を倒した。
勢は、宝富士を寄り倒し、大関稀勢の里と並んで6連勝。
初日から5連勝の逸ノ城は、大栄翔に押し出されて初黒星。
インフルエンザでの途中休場があった蒼国来は、前日琴奨菊を破った隠岐の海を寄り切り、初日を出した。
<成績上位者>
全勝 稀勢の里、勢(2人)
一敗 白鵬、鶴竜、琴奨菊、豪栄道、妙義龍、逸ノ城(6人)
→六日目幕内取組内容へ

◆七日目◆
20160319 901 ニュース7 七日目 2人の大関 稀勢の里と琴奨菊
綱取りの懸かる大関琴奨菊は、先場所唯一黒星を喫した相手豊ノ島と対戦。土俵際に追い詰めるも逆転勝利し、一敗を守る。
大関稀勢の里が、隠岐の海を寄り切って7連勝。
平幕の勢が、妙義龍に攻め込まれるも小手投げで勝利。稀勢の里と並んで7連勝。
3横綱4大関全員が勝って安泰。横綱白鵬は、通算勝ち星が史上3位の大潮に並ぶ964勝となった。
逸ノ城が魁聖を下手投げで破って連敗回避。平幕で唯一人1敗力士の中に入る。
高安が今場所好調の琴勇輝に敗れ、唯一人7連敗。
<成績上位者>
全勝 稀勢の里、勢(2人)
一敗 白鵬、鶴竜、琴奨菊、豪栄道、逸ノ城(5人)
二敗 日馬富士、照ノ富士、妙義龍、阿夢露、大栄翔(5人)
→七日目幕内取組内容へ

◆八日目◆
20160320 901 ニュース7 中日 稀勢の里-勢
全勝で並ぶ二人、大関稀勢の里と平幕勢が対戦。稀勢の里が寄り切り、単独トップに立つ。
綱取りが懸かる大関琴奨菊は、栃煌山に両差しになられる苦しい体勢をしのぎ、押し出して勝利。1敗を守る。
結びの一番、横綱白鵬が荒々しい相撲で寄り切り、1敗を守る。通算勝ち星965勝で歴代単独3位となるが、激しく張られた嘉風は血だらけ、嘉風がぶつかった井筒審判長が車椅子で退場と後味の悪い一番となった。
日馬富士と鶴竜の2横綱も勝ち、3横綱安泰。
角番大関の豪栄道は、立合いの変化で7勝目を上げる。
もう一人の角番大関照ノ富士は、隠岐の海の肩透かしに敗れて3敗目を喫する。
関脇豊ノ島と宝富士の一番は、2分34秒の末、宝富士が極め出しで勝利した。
<成績上位者>
全勝 稀勢の里(1人)
一敗 白鵬、鶴竜、琴奨菊、豪栄道、勢(5人)
二敗 日馬富士、妙義龍、逸ノ城、大栄翔(4人)
→八日目幕内取組内容へ

◆九日目◆
20160321 901 ニュース7 琴奨菊ー稀勢の里
全勝の稀勢の里と1敗で綱取りが懸かる琴奨菊の大関同士が史上最多の59回目の対戦。稀勢の里が、立合い変わり気味の突き落としであっさり勝ち、唯一人9連勝とする。琴奨菊は2敗に後退。
角番大関の豪栄道が、横綱鶴竜と対戦。力強く寄り切って1敗を守るとともに、勝ち越しを決めて角番を脱出する。鶴竜は2敗に後退。
横綱白鵬は、栃煌山を押し出し、1敗を守る。大関豪栄道と2人で全勝の稀勢の里を追う。
横綱日馬富士は、前日稀勢の里との全勝対決に敗れた勢を押し出して勝利。7勝目を上げる。勢は2連敗。
角番の大関照ノ富士は、関脇豊ノ島を36秒の相撲の末、強引な掬い投げで倒して6勝目。豊ノ島は負け越し決定。
平幕の松鳳山と千代大龍が負け越した。
<成績上位者>
全勝 稀勢の里(1人)
一敗 白鵬、豪栄道(2人)
二敗 日馬富士、鶴竜、琴奨菊、勢、妙義龍、逸ノ城、大栄翔(7人)
→九日目幕内取組内容へ

◆十日目◆
20160322 901 ニュース7 2敗琴奨菊、全勝稀勢の里
初日から勝ちっ放しで単独トップの大関稀勢の里が、横綱鶴竜と対戦。土俵際まで追い詰められて苦しい状況から小手投げで逆転勝利し、10連勝。鶴竜は3敗目。
綱取りが懸かる大関琴奨菊は、前日勝ち越してカド番を脱出した大関豪栄道と対戦。両差しになられて防戦一方となり、掬い投げで敗れて3敗目。今場所後の横綱昇進は厳しくなった。豪栄道は1敗を守った。
横綱白鵬は、大関照ノ富士に何もさせずに寄り切って1敗を守った。角番の照ノ富士は6勝で足踏み。
横綱日馬富士は、既に負け越しが決まっている関脇豊ノ島と対戦。押し倒されて3敗目を喫する。豊ノ島は初日の横綱鶴竜戦に続く2勝目を上げた。
関脇の嘉風は、高安の立合い変化からの押し出しに敗れ、1年ぶりの負け越し。
小結栃煌山は、隠岐の海に渡し込みで敗れて負け越し決定。6場所連続で務めた三役から陥落する可能性が濃厚に。
平幕の妙義龍と逸ノ城が勝ち越した。
<成績上位者>
全勝 稀勢の里(1人)
一敗 白鵬、豪栄道(2人)
二敗 妙義龍、逸ノ城(2人)
三敗 日馬富士、鶴竜、琴奨菊、琴勇輝、勢、魁聖、大栄翔(7人)
→十日目幕内取組内容へ

◆十一日目◆
20160323 901 ニュース7 稀勢の里-白鵬 20160323 902 NW9 優勝争い
全勝の大関稀勢の里と1敗の白鵬が直接対戦。白鵬が鋭い出足で圧倒。稀勢の里が初黒星。
1敗の大関豪栄道が、横綱日馬富士を首投げで破り、横綱白鵬、大関稀勢の里と3人でトップに並ぶ。
横綱鶴竜は、小結栃煌山を押し出して勝ち越し。
大関琴奨菊は角番の照ノ富士と対戦。照ノ富士の立合い変化からの叩きに敗れて4敗目を喫し、横綱昇進の可能性は消える。照ノ富士は7勝目。
平幕の妙義龍が、千代鳳を押し出して2敗を守る。トップの3人を1差で追う。
前頭筆頭の琴勇輝が、関脇豊ノ島を突き落として勝ち越し決定。1横綱2大関を倒しており、来場所の新三役を濃厚にし、三賞受賞の可能性も高まる。
平幕の勢と魁聖も勝ち越しを決めた。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 白鵬、稀勢の里、豪栄道(3人)
二敗 妙義龍(1人)
三敗 鶴竜、琴勇輝、勢、魁聖、逸ノ城(5人)
→十一日目幕内取組内容へ

◆十二日目◆
20160324 901 ニュース7 混戦の春場所 03 20160324 901 ニュース7 混戦の春場所 20 優勝争い
1敗で並ぶ横綱白鵬と大関豪栄道が直接対戦。白鵬が立合いから圧倒し、押し出しで勝利した。
同じく1敗の大関稀勢の里は、横綱日馬富士に叩き込まれて2敗に後退。白鵬が単独トップに立つ。日馬富士は勝ち越し決定。
角番大関の照ノ富士は、横綱鶴竜を強引な上手投げで振り回して倒し、勝ち越し決定。角番を脱出した。
大関琴奨菊は、安美錦を寄り切って勝ち越し決定。
妙義龍が、阿夢露を押し出して10勝目。稀勢の里、豪栄道の2大関と並び、白鵬を1差で追う。
琴勇輝が小結栃煌山を押し出して9勝目。栃煌山は元気なく10敗目。
小結の宝富士が、関脇嘉風を押し出して7敗で踏み止まった。嘉風は10敗目。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 白鵬(1人)
二敗 稀勢の里、豪栄道、妙義龍(3人)
三敗 琴勇輝、勢(2人)
四敗 日馬富士、鶴竜、琴奨菊、照ノ富士、魁聖、逸ノ城(6人)
→十二日目幕内取組内容へ

◆十三日目◆
20160325 901 ニュース7 01 タイトル
前日、単独トップに立った横綱白鵬は、横綱鶴竜を圧倒し、1敗を守った。
連敗で2敗に後退した大関稀勢の里は、碧山を寄り切って1差で白鵬を追う。
同じく2敗の大関豪栄道は、前日角番を脱出した照ノ富士を寄り切り、トップの白鵬に食い下がる。
同じく2敗の平幕・妙義龍は、御嶽海にうまく体を入れ替えられて3敗に後退。
自己最高位前頭筆頭で今場所1横綱2大関を倒した琴勇輝は、小結宝富士を押し出し、10勝目を上げた。宝富士は負け越した。
今場所好調の勢は、臥牙丸を寄り切って10勝目を上げた。
正代、玉鷲、御嶽海、大栄翔が勝ち越した。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 白鵬(1人)
二敗 稀勢の里、豪栄道(2人)
三敗 琴勇輝、勢、妙義龍(3人)
四敗 日馬富士、魁聖、逸ノ城(3人)
→十三日目幕内取組内容へ

◆十四日目◆
20160326 901 ニュース7 十四日目 優勝争い大詰め
1敗の横綱白鵬は、今場所綱取りだった琴奨菊に何もさせず、上手投げで勝利。単独トップを守る。
2敗で追う稀勢の里と豪栄道の両大関が勝利。今日の優勝決定を阻止する。千秋楽は両者が直接対戦。
日馬富士は、鶴竜と横綱同士の対戦。寄り切りで敗れ、両者、9勝5敗に。
今場所好調の東前頭筆頭・琴勇輝は、妙義龍を押し出して11勝目を上げた。
幕内通算6場所目で、未だ幕内での勝ち越しが無い里山は、残念ながら負け越しが決まった。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 白鵬(1人)
二敗 稀勢の里、豪栄道(2人)
三敗 琴勇輝(1人)
四敗 勢、妙義龍、魁聖、逸ノ城(4人)
→十四日目幕内取組内容へ

◆千秋楽◆
20160327 901 ニュース7 千秋楽
横綱白鵬が、日馬富士に変わりながらの突き落としで勝利し、4場所ぶり36回目の優勝を決めた。しかし、あっけない勝負に場内は騒然。優勝インタビューでもヤジが飛ぶ中、白鵬が涙を見せる異様な千秋楽となった。
白鵬と1敗差だった稀勢の里と豪栄道の2大関は直接対戦。稀勢の里が勝利し、13勝目を上げた。
横綱鶴竜は、大関琴奨菊を下手投げで下し、10勝目を上げた。今場所綱取りが懸かっていた琴奨菊は8勝7敗の成績で終えた。
既に角番を脱出している大関照ノ富士は、二桁負けを喫している関脇嘉風と対戦。中に入られ、寄り切りで敗れ、8勝してから3連敗。嘉風は4勝目を上げる。
殊勲賞受賞の琴勇輝は、勝てば敢闘賞の勢と対戦。熱戦の末、琴勇輝が12勝目を上げる。勢は、惜しくも三賞を逃す。
新入幕の大翔丸は、十両優勝を決めている大砂嵐と対戦。相手の引きに乗じて押し出し、千秋楽に勝ち越しを決めた。
<成績上位者>
全勝 なし
一敗 白鵬 ※優勝(36回目)
二敗 稀勢の里(1人)
三敗 豪栄道、琴勇輝(2人)
四敗 魁聖、逸ノ城(2人)
五敗 鶴竜、勢、妙義龍、御嶽海、大栄翔(5人)
→千秋楽幕内取組内容へ

《2016年春場所取組内容・目次へ》