春場所四日目・十両。(取組時間等)

春場所四日目・十両について。
十両筆頭の大砂嵐が、誉富士と3連勝同士で対戦。押し出して4連勝。
十両10枚目の千代皇が、天鎧鵬を寄り倒し、大砂嵐と2人で4連勝。
自己最高位十両2枚目の錦木が、幕内経験者の佐田の富士を押し出して3勝目。
朝赤龍、剣翔、阿武咲が初日を出した。

取組結果、取組時間、立合い不成立、物言いの有無は以下の通り。

● 翔天狼 1勝3敗 寄り切り ○ 玉飛鳥 2勝1敗 (4.0秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 玉飛鳥、すぐに左を差して、寄り切る。
20160316 201 玉飛鳥 寄り切り 翔天狼 40

○ 朝弁慶 2勝2敗 上手投げ ● 天風 3勝1敗 (24.6秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 朝弁慶、両廻しを取って攻める。天風、上手を取るが、朝弁慶、すぐに切って体を開いて上手投げ。
20160316 202 朝弁慶 上手投げ 天風 40

● 旭大星 0勝4敗 押し倒し ○ 阿武咲 1勝3敗 (7.1秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 阿武咲、相手に引かれても休まず攻め、力強く押し倒す。
20160316 203 阿武咲 押し倒し 旭大星 40

● 千代翔馬 2勝2敗 寄り倒し ○ 出羽疾風 3勝1敗 (6.7秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 出羽疾風、左を差し、千代翔馬、右上手を取る。相手の上手投げを堪え、出羽疾風が寄り倒す。
20160316 204 出羽疾風 寄り倒し 千代翔馬 40

● 天鎧鵬 2勝2敗 寄り倒し ○ 千代皇 4勝0敗 (12.9秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 千代皇、頭をつけ、左上手を取って引きつけ、寄り倒す。
20160316 205 千代皇 寄り倒し 天鎧鵬 40

● 千代丸 2勝2敗 突き落とし ○ 剣翔 1勝3敗 (1.7秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 千代丸、突っ張ろうとするが、剣翔、すぐに左から突き落とす。
20160316 206 剣翔 突き落とし 千代丸 40

○ 旭日松 2勝2敗 突き出し ● 石浦 1勝3敗 (2.0秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 旭日松、どんどん突き放して出す。
20160316 207 旭日松 突き出し 石浦 35

● 遠藤 2勝2敗 押し出し ○ 北はり磨 3勝1敗 (4.0秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 遠藤、押しながら一気に前に出るが、北はり磨が土俵際体を入れ替え、押し出しで逆転。
20160316 208 北はり磨 押し出し 遠藤 25 20160316 208 北はり磨 押し出し 遠藤 30 20160316 208 北はり磨 押し出し 遠藤 40

○ 東龍 3勝1敗 送り出し ● 常幸龍 2勝2敗 (31.6秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 常幸龍、頭をつけて右下手を取り、左から絞る体勢に。東龍、相手の左腕を手繰って後ろにつき、送り出し。
20160316 209 東龍 送り出し 常幸龍 30 腕を手繰る東龍 20160316 209 東龍 送り出し 常幸龍 37

○ 千代の国 2勝2敗 押し出し ● 鏡桜 1勝3敗 (7.8秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 千代の国、相手に廻しを与えず、突き放し続けて土俵下に落とす。
20160316 210 千代の国 押し出し 鏡桜 35

○ 荒鷲 3勝1敗 上手出し投げ ● 輝 2勝2敗 (3.6秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 荒鷲、左上手を取るが相手に両差しになられ、すぐに体を開いて左上手出し投げ。
20160316 211 荒鷲 上手出し投げ 輝 35

○ 朝赤龍 1勝3敗 叩き込み ● 富士東 0勝4敗 (1.3秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 朝赤龍、すぐに叩いて左に開く。
20160316 212 朝赤龍 叩き込み 富士東 40

● 佐田の富士 0勝4敗 押し出し ○ 錦木 3勝1敗 (6.6秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 錦木、相手の突っ張りに下がらず、引きに乗じて押し出す。
20160316 213 錦木 押し出し 佐田の富士 40

○ 大砂嵐 4勝0敗 押し出し ● 誉富士 3勝1敗 (5.6秒) 立合い不成立無し、物言い無し。
 大砂嵐、両手突きから左上手を取って攻める。誉富士、土俵際、残すが、大砂嵐、逃さず押し出す。
20160316 214 大砂嵐 押し出し 誉富士 30 20160316 214 大砂嵐 押し出し 誉富士 35 20160316 214 大砂嵐 押し出し 誉富士 40

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:北はり磨、2位:大砂嵐、3位:錦木・出羽疾風

《2016年春場所取組内容・目次へ》