日馬富士 2016年春(三月)場所取組内容

201603-はるまふじ

12場所ぶりに東正横綱に就いた先場所は、横綱白鵬と並んで12勝3敗の成績だった。→先場所の取組内容
大阪入りしてから、右膝上の肉離れを起こし、場所直前に稽古が出来なかった。
2場所連続で東正横綱の今場所、初日、白鵬、鶴竜の2横綱が敗れる波乱があるなか、横綱で唯一人白星発進。
二日目も勝って連勝するも、三日目、自己最高位前頭筆頭の琴勇輝に敗れて初黒星。
連敗はせず、四日目五日目と連勝。
六日目、関脇嘉風との対戦。相手を土俵際まで追い込むが、右膝が入って自ら前に落ちて2敗目。足の状態が心配された。
七日目から3連勝。今場所好調の勢も下す。
十日目、既に負け越しが決まっていた関脇豊ノ島と対戦。押し倒されて3敗目。
十一日目、角番を脱出し、優勝争いをしている大関豪栄道と対戦。首投げに敗れて連敗。4敗目を喫する。
十二日目、優勝争いトップの一人、大関稀勢の里を叩き込み、勝ち越しを決める。
十三日目、既に今場所後の横綱昇進の可能性が消えた大関琴奨菊を下手投げで破り、9勝目を上げる。
十四日目、横綱鶴竜に寄り切られて5敗目。力ない土俵の割り方に、足の状態が心配された。
千秋楽、勝てば優勝の白鵬と対戦。白鵬が、立合い顔の前に手を出してから、変わり気味に突き、日馬富士はあっけなく土俵下に飛び落ちた。この取組で白鵬は優勝したものの、批判を浴びた。
今場所は9勝6敗の成績で終えた。



(初) 栃煌山戦 ○押し出し 2.0秒
 栃煌山、仕切り線かなり後方。両者、ほぼ同時に手をついてサッと立つ。日馬富士、鋭く踏み込む。栃煌山、当たりを受けて上体が起き、叩く。日馬富士、落ちずに押しながら前に出る。栃煌山、土俵下に飛び落ちる。

(2) 隠岐の海戦 ○上手投げ 1.8秒
 隠岐の海、先に手をつく。日馬富士、手をサッとつく。隠岐の海、その直前素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。日馬富士、左に傾いて当たり、すぐに左上手を取って左に回りながら上手投げ。隠岐の海、土俵下に落ちる。

(3) 琴勇輝戦 ●押し出し 3.2秒
 琴勇輝、仕切り線かなり後方で仕切る。両者、ほぼ同時にサッと手をついて立つ。日馬富士、左から張り、左上手に手を伸ばす。琴勇輝、両手突きから右喉輪で突き上げる。日馬富士、左で突いて喉輪を外す。琴勇輝、左喉輪で押しながら一気に前に出る。日馬富士、上体が起きて俵に詰まる。琴勇輝、休まず押す。日馬富士、背中を向け、土俵下に飛び落ちる。初金星を上げた琴勇輝、勝ち名乗りの際に涙。

(4) 高安戦 ○押し出し 3.0秒
 高安、先に手をつく。日馬富士、手をサッとつく。高安、その直前立ち、頭から踏み込む。日馬富士、頭から低く踏み込む。高安、左を差す。日馬富士、右押っ付けで押し上げ、突き放そうとする。高安、左から突く。日馬富士、すぐに向き直り、両筈で押しながら一気に前に出る。高安、右足が俵の外に滑り出る。日馬富士、相手を抱える。

(5) 栃ノ心戦 ○とったり 2.0秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をつく。日馬富士、素早く立ち、右手を出して踏み込む。栃ノ心、右肘を固めて当たる。日馬富士、左で押っ付け、右喉輪で突き上げ、その手を外して下がりながら相手の右腕を両手で取り、土俵際、左に開く。栃ノ心、土俵に這う。

(6) 嘉風戦 ●引き落し 2.8秒
 嘉風、先に両手をつく。日馬富士、仕切り線少し後方で手をサッとつく。嘉風、頭から踏み込む。日馬富士、頭から低く踏み込み、右を差す。嘉風、叩きながら左へ回る。日馬富士、前のめりになるが堪える。嘉風、俵の上で前のめりになるが残す。日馬富士、右膝が内に入り、前にバッタリ落ちて土俵に転がる。

(7) 碧山戦 ○寄り切り 4.5秒
 日馬富士、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、碧山、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。碧山、その直前素早く立ち、両手突きに行く。日馬富士、右肘を固めて踏み込もうとする。碧山、両手で肩を押さえて当たらせず、突っ張ろうとする。日馬富士、下からあてがい、右喉輪で突き上げて起こし、左から張る動きを見せ、左を差して一気に前に出る。碧山、上体が起きて土俵下に落ちる。

(中) 蒼国来戦 ○寄り切り 24.6秒
 蒼国来、先にサッと手をついて立ち、日馬富士も、すぐにサッと手をついて立つ。蒼国来、左肘を固め、やや右へ踏み出す。日馬富士、頭から鋭く踏み込む。蒼国来、左を差す。日馬富士、右上手に手を伸ばす。蒼国来、腰を引いて上手を与えず、右から押っ付け、左下手を取る。日馬富士、右で差し手を抱え上げて相手を起こそうとし、左をねじ込もうとする。蒼国来、再び体勢を低くして右から絞り、機を見て右で頭を叩きながら左に回り、右を巻き替えようとする。日馬富士、左をねじ込もうとするが十分差せず、右で相手の差し手を極め上げてから頭を下げる。蒼国来、左下手を持ち、やや左半身で頭を下げる。両者、止まる(約7秒間)。日馬富士、体を開いて右小手投げを打ち、右足を相手の左足に後ろから絡める。蒼国来、足を外すが後ろ向きで俵に詰まる。日馬富士、体勢を低くし、右で相手の後ろ廻しに手を掛ける。蒼国来、左をのぞかせて向き直り、しゃがんで相手の廻しを切り、俵伝いに下がりながら肩透かしを引く。日馬富士、左で相手の右膝裏を取りながら前に出る。蒼国来、土俵下に落ちる。勝負後、日馬富士、右足を浮かせて痛そうにする。

(9) 勢戦 ○押し出し 13.5秒
 勢、先に手をつく。日馬富士、仕切り線後方でサッと手をつく。勢、右肩から踏み込む。日馬富士、頭から鋭く踏み込み、左で押っ付け、右で肩を押し上げる。両者、体が離れる。日馬富士、左から張り、右をのぞかせる。勢、左から押っ付ける。日馬富士、すぐに差し手を抜き、左で顎下を触り、頭を下げて両手で突き放す。両者、体が離れる。日馬富士、低く当たり、両手で突き放しながら前に出る。勢、土俵際、左前廻し、右上手を探る。日馬富士、右に回って体を離す。勢、左肘を固めて当たり、右で顎を押し上げる。日馬富士、左に回って体を離し、右、左と喉輪で突き上げ、相手の右について左で押っ付ける。勢、向き直る。日馬富士、右喉輪で押し上げ、左から張って低く当たり、左押っ付け、右筈で胸を押し上げる。勢、土俵下に落ちる。

(10) 豊ノ島戦 ●押し倒し 5.8秒
 豊ノ島、先に手をつく。日馬富士、腰を下ろしてすぐサッと手をつく。その直前、豊ノ島、素早く立ち、踏み込みながら両差しを狙う。日馬富士、右肘を固めて当たり、左で突き放す。豊ノ島、左で突いていなす。日馬富士、泳ぎかけるが向き直る。豊ノ島、右喉輪で押しながら前に出、突っ張りながら更に前に出る。日馬富士、俵に詰まり、右をのぞかせるが体勢を崩し、相手の右腕を抱えながら俵の外に尻餅をつく。

(11) 豪栄道戦 ●首投げ 6.6秒
 豪栄道、右拳を土俵の上に浮かせる。日馬富士、手をサッとつく。豪栄道、手をつかずに素早く立ち、右から張り、左肘を固めて踏み込む。日馬富士、頭から踏み込む。豪栄道、浅い両差しで一気に前に出る。日馬富士、俵に両足を掛けてしゃがみ、左上手に手を掛けるが取れず、右筈で押し上げる。豪栄道、右差し手を返して左へ振り、前に出る。日馬富士、右に回って体を離し、俵に両足を掛けながら体勢を低くし、左を差して前に出る。豪栄道、右で頭を押さえつけながら体を回して突き落とし気味の首投げ。日馬富士、土俵に裏返り、両者、土俵に転がる。

(12) 稀勢の里戦 ○叩き込み 5.8秒
 稀勢の里、先に手をつく。日馬富士、手をサッとつく。その直前、稀勢の里、素早く立ち、頭を下げる。日馬富士、左から張る。稀勢の里、頭から踏み込む。日馬富士、低い体勢で右を差し込もうとする。稀勢の里、両手で押して体を離す。日馬富士、顔に向かって突き上げながら前に出る。稀勢の里、叩いて土俵際を左に回る。日馬富士、土俵際、前のめりになるが堪えて向き直る。稀勢の里、右で相手の腕を突き、左を差そうとする。日馬富士、押し上げ、叩きながら一気に引く。稀勢の里、前に飛び落ち、日馬富士、土俵際右足一本で残す。

(13) 琴奨菊戦 ○下手投げ 3.3秒
 琴奨菊は仕切り線後方で、日馬富士は仕切り線上で、ほぼ同時に手をサッとつく。日馬富士、素早く立って左から張る。琴奨菊、左肘を固めて当たる。日馬富士、深い左下手を取って左に回り、右上手前廻しを取って引きつけ、それを離して左に回りながら左下手投げを下に打つ。琴奨菊、土俵に転がる。

(14) 鶴竜戦 ●寄り切り 7.4秒
 両者、ほぼ同時に手をつこうと動かす。日馬富士、素早く立ち、右手を出して頭から踏み込む。鶴竜、低く当たる。日馬富士、左前廻しを取って左に回り、深い左下手を取る。鶴竜、上体を起こして右を巻き替え、両下手を取る。日馬富士、右で首を巻きながら左へ回る。鶴竜、左下手投げを打ってから前に出る。日馬富士、上体が起き、力なく俵を割る。

(楽) 白鵬戦 ●突き落し 1.4秒
 白鵬、右、左と手をサッとついて立つ。日馬富士、サッと手を動かして立つ。白鵬、相手の顔の前に右手を出す。日馬富士、両手突きに行く。白鵬、左に動いて左から突く。日馬富士、前につんのめって土俵下に飛び落ちる。あっけない勝負に、場内ざわつく。この勝利により、白鵬、36回目の優勝を決める。

《2016年春場所取組内容・目次へ》