照ノ富士 2016年春(三月)場所取組内容

201603-てるのふじ

回復していない右膝をかばって左膝半月板を痛めた状態で務めた先場所は、四日目に右鎖骨を骨折して六日目から休場。休場中に左膝内視鏡手術を受けた。→先場所の取組内容
場所後にリハビリを開始し、若い衆に胸も出すようになった後、インフルエンザに罹る。
大阪入りしてから稽古を再開し、時津風部屋へ出稽古にも行く。
初めての角番で迎えた今場所、初日から3連勝スタート。
四日目、今場所好調の勢と対戦。寄りを残せず、初黒星。膝の状態が心配された。
六日目、やはり今場所好調の琴勇輝に寄り切られて2敗目。
八日目、隠岐の海に肩透かしで敗れて3敗目を喫した際は、「こういう負け方、初めてだね。弱いな。(今場所で負け越して)関脇か」と弱気な発言もした。(時事通信より 記事画像
九日目、関脇豊ノ島を掬い投げで倒し、6勝目。勝ち越しまであと2勝とする。
十日目、横綱白鵬と対戦。廻しを取れず、上体が起きて寄り切られて、4敗目。
十一日目は、大関琴奨菊戦。立合い変化し、叩き込んで7勝目。
十二日目は、横綱鶴竜戦。変わり気味に上手を取り、振り回して勝利。勝ち越しを決め、角番を脱出する。
十三日目、十四日目は優勝争いをする二人の大関豪栄道と稀勢の里に敗れて、今場所初めての連敗。
千秋楽は、今場所不調だった関脇嘉風に寄り切られて3連敗。8勝7敗で今場所を終える。
場所後の春巡業は、左肘や両膝の痛みのため、休場。



(初) 栃ノ心戦 ○寄り切り 49.3秒
 栃ノ心、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、右肘を固めて踏み込む。照ノ富士、踏み込んで左前廻しを取る。栃ノ心、右をねじ込んで右下手を取り、下手を引きつけながら左上手も取る。照ノ富士、左上手を引きつけて前に出る。栃ノ心、両廻しを持って堪える。照ノ富士、左上手で振り、右下手も取る。栃ノ心、右下手が切れ、左上手を持って中に戻る。両者、右四つ、照ノ富士は両廻し、栃ノ心は左上手を持った形。栃ノ心、右下手を探る。照ノ富士、右肘を張りながら腰を振って相手の上手を切ろうとし、右差し手が抜ける。栃ノ心、左が下手に変わり、両下手を持って前に出る。照ノ富士、左上手を持ち、右で首を巻いて左に回り、そのまま回りながら左上手投げ。栃ノ心、頭をつける。照ノ富士、腰を引く。栃ノ心、左上手が切れ、右下手を持って左で押っ付ける。照ノ富士、右をのぞかせる。両者、止まる(約5秒間)。照ノ富士、頭を沈めて相手を起こす。栃ノ心、左上手に手を伸ばして取り、両廻し。照ノ富士、深い右下手を取って両廻し。両者、右四つがっぷりで少し止まる(約2秒間)。照ノ富士、両廻しを引きつけて前に出る。栃ノ心、土俵際、右下手投げで振るが下手が切れる。照ノ富士、両廻しを引きつけて寄る。栃ノ心、上体が起きて俵を割る。

(2) 碧山戦 ○寄り切り 28.9秒
 両者、なかなか手をつかず。碧山、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線少し後方で手をサッとつき、右から張る。碧山、頭から低く踏み込み、突っ張る。照ノ富士、下からあてがい、見ながら突き返す。碧山、左喉輪で押し上げ、右を差し、左も差そうとする。照ノ富士、極めながら前に出ようとするが出られず、左小手に振り、右で頭を押さえつける。碧山、落ちずに堪え、右をのぞかせ、左も差そうとしながら前に出る。照ノ富士、右肘を固めて差させず、左上手を取る。両者、少し止まる(約3秒間)。照ノ富士、左上手を持って前に出、右を差す。碧山、土俵際。照ノ富士、右差し手を返して相手を起こしながら寄る。碧山、右足一本で傾き、俵の外に出る。

(3) 栃煌山戦 ○極め出し 6.2秒
 栃煌山、仕切り線後方で先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつく。栃煌山、素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、右肘を固めて踏み込み、低く当たって左上手を取る。栃煌山、浅い両差しになる。照ノ富士、左上手を持って前に出る。栃煌山、土俵際、右差し手を返しながら右に回って上手を切るが俵に詰まる。照ノ富士、右で差し手を極めながら腰を下ろす。栃煌山、俵の外に出る。

(4) 勢戦 ●寄り切り 8.9秒
 勢、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつく。勢、右肩から踏み込む。照ノ富士、両腕を下げて踏み込み、左上手前廻しを取る。勢、浅い両差しになり、右差し手を返しながら腰を引いて上手を切る。照ノ富士、左で相手の差し手を抱え、やや強引に小手に振って呼び込む。勢、乗じて、右差し手を返して前に出る。照ノ富士、両足を俵に掛けてながら仰け反って堪える。勢、左筈で押し上げながら寄る。照ノ富士、堪え切れずに俵を割る。

(5) 高安戦 ○掬い投げ 3.6秒
 高安、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつき、右から張る。高安、踏み込み、右上手前廻しを取り、左を差し、上手を引きつけてどんどん前に出る。照ノ富士、土俵際、体を開いて左掬い投げを下へ打つ。高安、右上手が切れ、俵の外に裏返る。勝負後、照ノ富士、左肘をぐるぐる回す。

(6) 琴勇輝戦 ●寄り切り 15.8秒
 両者、見合って手をつかず。照ノ富士が腰を上げ、仕切り直し。2度目、琴勇輝、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつく。琴勇輝、両手突きで踏み込む。照ノ富士、両腕を下げて胸で当たる。琴勇輝、右、左と顎を押し上げる。照ノ富士、左で相手の頭を引っ張り込もうとする。琴勇輝、左喉輪で突き放し、少し右に回り、顎に向かって突き上げながら前に出る。照ノ富士、左で相手の右腕を引っ張り込もうとする。琴勇輝、右筈で脇を、左で顎を押し上げながら前に出る。照ノ富士、右で押し上げて喉輪を外し、左で相手の差し手を抱えるが俵に詰まる。琴勇輝、右差し手を返して寄る。照ノ富士、右差しで仰け反り、俵に両足を掛けながら左で突こうとする。琴勇輝、構わず寄る。照ノ富士、俵の外に出る。

(7) 蒼国来戦 ○寄り切り 31.1秒
 蒼国来、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右肘を固めて踏み込む。蒼国来、右手を出し、左肘を固めてやや左に踏み出し、押し上げてから右を差す。照ノ富士、左で差し手を抱え、差し手争いの末、右を差す。蒼国来、左下手を取り、右差し手を返してから右下手を取り、両廻しを取る。照ノ富士、右下手を取る。蒼国来、両廻しを引きつけて前に出ようとする。照ノ富士、右下手を持ち、左で差し手を極め気味に抱え相手を腹に乗せるようにして堪える。両者、右四つで止まる(約4秒間)。蒼国来、左を巻き替えに行くがならず、再び左上手を取る。照ノ富士、左上手に手を伸ばすが取れず、再び左で相手の差し手を極め気味に抱える。蒼国来、右肘を張って相手に極められないようにする。照ノ富士、右下手を持ち、左で差し手を極め上げながら前に出る。蒼国来、俵に詰まるが堪えて残す。蒼国来が左足を俵に掛けた位置で、両者、少し止まる(約2秒間)。照ノ富士、右下手を持って前に出る。蒼国来、俵伝いに左へ回る。照ノ富士、腰を下ろして寄り切る。

(中) 隠岐の海戦 ●肩透かし 3.0秒
 隠岐の海、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、低く踏み込む。隠岐の海、左肘を固めて当たり、右を差し、左も差そうとする。照ノ富士、左で押っ付けながら上手を探る。隠岐の海、腰を引いて上手を与えず、右で叩きながら肩透かしを引いて左へ回り、土俵際体を入れ替える。照ノ富士、あっさり俵の外に出て倒れ、土俵下に転がり落ちる。勝負後、照ノ富士、左肘を痛そうにする。

(9) 豊ノ島戦 ○掬い投げ 36.2秒
 豊ノ島、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつく。豊ノ島、素早く立って両腕を交差させる。照ノ富士、右から張る。豊ノ島、両差しになり、両差し手を返して前に出ようとする。照ノ富士、棒立ちで外から抱えるが、左へ回って体を入れ替え、腹を出すようにして少し前に出る。豊ノ島、堪えて両差しで少し中に戻る。両者、少し止まる(約2秒間)。照ノ富士、相手の上腕をしっかり抱え、抜き上げようとするが上がらず、右上手に手を伸ばす。豊ノ島、腰を捻って上手を与えず。両者、少し止まる(約2秒間)。照ノ富士、右小手で振りながら左を巻き替える。豊ノ島、右上手、左下手を持って前に出る。照ノ富士、左で掬いながら堪え、右上手に手を伸ばす。豊ノ島、腰を捻って上手を与えず。照ノ富士、再び右上手に手を伸ばす。豊ノ島、腰を引いて廻しを遠ざける。照ノ富士、左下手に手を伸ばすが取れず。豊ノ島、両廻しを引きつけて前に出ようとする。照ノ富士、右上手に手を伸ばす。豊ノ島、左下手を離し、左で叩きながら右に回る。照ノ富士、乗じて前に出る。豊ノ島、俵に詰まる。照ノ富士、左掬い投げで右に大きく振り回し、右で頭を押さえつけて土俵に裏返す。

(10) 白鵬戦 ●寄り切り 4.1秒
 照ノ富士、先に手をつく。白鵬、腰を下ろし、右手をつき、左手をサッとついて素早く立つ。照ノ富士、右肘を固める。白鵬、右肘を固めて踏み込み、すぐに左上手前廻しを取る。照ノ富士、左上手に手を伸ばすが取れず。白鵬、前に出ながら右差し手を大きく返し、がぶって前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵に詰まる。白鵬、右差し手を突きつけ、左へ振るようにして寄り切る。照ノ富士、土俵下に落ちる。

(11) 琴奨菊戦 ○叩き込み 1.0秒
 照ノ富士、手をつく。琴奨菊、すぐにサッと手をついて頭から踏み込む。照ノ富士、その場で立ち、叩きながら右に飛ぶ。琴奨菊、前に飛んで土俵に裏返る。

(12) 鶴竜戦 ○上手投げ 2.7秒
 照ノ富士、手をサッとついて立つ。鶴竜、すぐに手をついて立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。照ノ富士、左に踏み出して左上手を取り、体を開いて左上手投げで振り回す。鶴竜、大きく振られて土俵際。照ノ富士、上手を持って手前に引く。鶴竜、土俵に手をつき、両足を大きく上げて相手の足の間に落ちる。

(13) 豪栄道戦 ●寄り切り 2.7秒
 豪栄道、仕切り線すぐ上で右拳を浮かせる。照ノ富士、仕切り線後方で手をサッとつく。豪栄道、右から張る動きを見せ、左肘を固めて頭を下げる。照ノ富士、相手の手を払って胸で当たる。豪栄道、両差しになりながら前へ出る。照ノ富士、上体が起きて俵に詰まる。豪栄道、腰を下ろして寄り切る。

(14) 稀勢の里戦 ●寄り切り 12.1秒
 照ノ富士、仕切り線少し後方で手をサッとついて踏み込む。稀勢の里、立てず。2度目、両者、ほぼ同時に手をつく。稀勢の里、ついた手を戻す。照ノ富士、素早く立って右から張る。稀勢の里、立てず。3度目、稀勢の里、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。照ノ富士、右肩から踏み込む。稀勢の里、右手を出して頭から当たり、右喉輪、左押っ付けで強烈に押し上げる。照ノ富士、右を抜いて相手の差し手を抱える。稀勢の里、左差し手を返し、右で下がりを掴む。照ノ富士、深い左下手を取る。稀勢の里、左下手、右上手を取って前に出ようとする。照ノ富士、右で押っ付けながら相手の下手を切り、右上手に手を伸ばすが取れず。稀勢の里、腰を捻って相手の下手を切り、右上手を引きつけて力強く前に出る。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。

(楽) 嘉風戦 ●寄り切り 8.6秒
 嘉風、先に手をつく。照ノ富士、仕切り線後方でサッと手をつく。嘉風、左肘を固めて頭を下げて踏み込もうとする。照ノ富士、左で頭を押さえ、右肘でかち上げて相手を起こし、突っ張る。嘉風、下から押し上げ、両差しになって頭をつけ、深い右下手を取る。照ノ富士、左で差し手を抱え、右を差そうとする。嘉風、左前廻しを取り、両廻しを引きつけて一気に前に出、右差し手を突きつける。照ノ富士、上体が起きて俵を割る。

《2016年春場所取組内容・目次へ》