千代大龍 2016年春(三月)場所取組内容

201603-ちよたいりゅう

前頭12枚目だった先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容
前頭8枚目の今場所、初日から3連敗スタート。
四日目、臥牙丸を押し出し、初日を出す。
五日目から黒星が連なり、九日目に負け越しが決まる。
十日目、十一日目は、ともに自分に軍配が上がったものの、「差し違え」で黒星。五日目から7連敗となる。
十二日目、北太樹に上手投げで勝利して2勝目。
しかし、白星が続かず、十三日目、十四日目と連敗。
千秋楽、今場所好調の妙義龍を突き出して3勝目。3勝12敗で今場所を終える。
負け越しは、昨年9月場所以来、3場所ぶり。休場を除いた二桁負けは、2014年9月場所以来、9場所ぶり。12敗は自己ワースト。来場所の幕内残留が厳しい成績となった。



(初) 豊響戦 ●突き出し 2.1秒
 千代大龍、先に手をつく。豊響、仕切り線かなり後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、叩きながら引く。豊響、乗じて一気に前に出て押す。千代大龍、俵の外に出る。

(2) 魁聖戦 ●寄り切り 10.3秒
 千代大龍、先に手をつく。魁聖、仕切り線少し後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、両腕を下げて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて踏み込み、右喉輪で相手を起こす。魁聖、右押っ付け、左喉輪で突き放す。千代大龍、頭を下げ、叩きながら引く。魁聖、乗じて押しながら前に出る。千代大龍、土俵際を左へ回る。魁聖、押し上げ、右を差して前に出、左上手を取る。千代大龍、左上手に手を伸ばすが取れず、左を巻き替えようとする。魁聖、右差し手を返して巻き替えを許さず、左上手を引きつけて寄る。千代大龍、上体が起きて力なく俵を割る。

(3) 豪風戦 ●押し出し 2.1秒
 両者、手をつこうとしてその手を戻す。豪風、仕切り線少し後方で先に手をつく。千代大龍、手をつこうとする。豪風、ついた手を戻す。千代大龍、腰を上げて仕切り直し。2度目、千代大龍、相手が腰を下ろす前に手をつく。豪風、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たる。豪風、右押っ付け、左喉輪で一気に前に出る。千代大龍、上体が起きて俵に詰まる。豪風、相手の胸を押す。千代大龍、土俵下に飛び落ちる。

(4) 臥牙丸戦 ○寄り切り 6.5秒
 両者、ほぼ同時にサッと手をつく。千代大龍、素早く立ち、左肩から踏み込む。臥牙丸、頭から踏み込む。千代大龍、左でかち上げ気味に当たり、突っ張りながら前に出、左を差し、右上手、左下手を取ってがぶる。臥牙丸、上体が起きて俵を割る。

(5) 佐田の海戦 ●押し出し 5.0秒
 佐田の海、相手が腰を下ろす前に手をつく。千代大龍、仕切り線少し後方で手をサッとつく。佐田の海、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右喉輪で相手を下がらせる。佐田の海、右から張る。千代大龍、構わず前に出る。佐田の海、下がりながら右を差す。千代大龍、前に出ながら左上手に手を伸ばすが取れず。佐田の海、俵に詰まり、相手の右腕を手繰りながら左へ回って体を入れ替える。千代大龍、叩きながら引く。佐田の海、乗じて押し上げながら前に出、右筈で脇を押す。千代大龍、土俵下に吹っ飛ぶ。

(6) 玉鷲戦 ●突き出し 9.2秒
 千代大龍、先に手をつく。玉鷲、仕切り線後方で手をサッとつき、頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たる。両者、突っ張り合う。玉鷲、突き勝って前に出る。千代大龍、下からあてがいながら、俵伝いに左へ回り、叩きながら更に左へ回る。玉鷲、前のめりになるが堪え、両手で突き放しながら一気に前に出る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(7) 徳勝龍戦 ●寄り切り 30.0秒
 千代大龍、仕切り線少し後方で先に手をつく。徳勝龍、手をサッとつき、左から張る。千代大龍、左肘を固めて当たり、左を差す。徳勝龍、左を差し、右上手に手を伸ばす。千代大龍、左下手を取る。徳勝龍、右上手に何度も手を伸ばすが取れず、右で差し手を抱え、左下手を取る。両者、止まる(約16秒間)。徳勝龍、左下手を引きつけ、右上手に手を掛ける。千代大龍、腰を捻って上手を与えず、右から押っ付ける。徳勝龍、左差し手を返しながら右上手を取る。千代大龍、腰を振るが今度は切れず。徳勝龍、右上手を引きつけて寄る。千代大龍、俵の外に出る。

(中) 英乃海戦 ●寄り切り 3.3秒
 英乃海、相手が腰を下ろす前に手をつく。千代大龍、仕切り線少し後方で手をサッとつく。英乃海、右肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右で肩を押し上げ、少し下がりながら右を差す。英乃海、右を差して前に出、左上手に手を掛けるが取れず、左で押っ付けながら右差し手を大きく返す。千代大龍、上体が起きて俵の外に出る。

(9) 里山戦 ●突き落し 2.9秒
 里山、仕切り線後方で先に手をつく。千代大龍、仕切り線少し後方で手をサッとつき、左肘を固めて踏み込む。里山、左肘を固めて踏み込み、右前廻しを狙う。千代大龍、左でかち上げ、突き放しながら前に出る。里山、土俵際、左に回りながら左で突く。千代大龍、バッタリ倒れる。勝負後、里山、かち上げが当たった鼻を痛そうにする。

(10) 蒼国来戦 ●引き落し 5.9秒
 千代大龍、先に手をつく。蒼国来、仕切り線後方で手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘でかち上げ、突っ張りながら前に出、右喉輪で押し上げる。蒼国来、土俵際を右へ回って体を離し、右を差す。千代大龍、左押っ付け、右喉輪で前に出る。蒼国来、土俵際を右へ右へ回り込む。千代大龍、足が流れて土俵に落ち、蒼国来、左足が俵の外に出る。木村庄太郎は、千代大龍に軍配。「物言い」がつき、協議の結果、千代大龍の膝が先についていると判断、「軍配差し違え」で、蒼国来の勝ち。

(11) 明瀬山戦 ●叩き込み 2.8秒
 千代大龍、先に手をつく。明瀬山、仕切り線かなり後方でサッと手をつく。千代大龍、左肘を固めて踏み込む。明瀬山、右前廻しに手を掛ける。千代大龍、突き放して前に出る。明瀬山、土俵際、叩きながら右に回る。千代大龍、体が伸びて俵の外に落ち、明瀬山、俵の外に出る。式守与之吉、軍配を千代大龍に上げる。「物言い」がつき、協議の結果、千代大龍の体が先に落ちていると判断、「軍配差し違え」で明瀬山の勝ち。

(12) 北太樹戦 ○上手投げ 3.2秒
 北太樹、手をサッとついて突っ掛ける。2度目、千代大龍、先に手をつく。北太樹、サッと手を動かして素早く立ち、頭から踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たる。北太樹、左上手を取る。千代大龍、右喉輪で押し上げて相手の廻しを切り、右で頭を叩きながら左へ回り、肩越しの左上手を取って引く。北太樹、土俵に落ちて転がる。

(13) 大翔丸戦 ●突き落し 0.8秒
 大翔丸、先に手をつき、相手が手をつく前に突っ掛ける。2度目、千代大龍、先に手をつく。大翔丸、腰を下ろし、手をサッとつく。千代大龍、左肘を固めて踏み込む。大翔丸、頭を下げて右へ踏み出し、右から突く。千代大龍、右膝から土俵に落ちて転がる。

(14) 御嶽海戦 ●押し出し 4.9秒
 御嶽海、先に手をつく。千代大龍、仕切り線少し後方で手をサッとつく。御嶽海、素早く立ち、左肘を固めて頭を下げる。千代大龍、左肘を固めて踏み込む。御嶽海、右に動いて右から突く。千代大龍、突き放しながら向き直る。御嶽海、低く当たる。両者、押し合う。千代大龍、叩きながら左へ回る。御嶽海、向き直り、左を差して前に出る。千代大龍、上体が起きて俵を割る。

(楽) 妙義龍戦 ○突き出し 2.1秒
 妙義龍、手をつこうとして止める。千代大龍、腕を動かすが手をつかず。妙義龍、先に手をつく。千代大龍、手をつこうとする。妙義龍、突っ掛ける。2度目、千代大龍、仕切り線少し後方で先に手をつく。妙義龍、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。妙義龍、右手を出して左へ踏み出す。千代大龍、右喉輪で強烈に押し上げる。妙義龍、仰け反って下がり、俵に詰まる。千代大龍、そこを両手で突き放す。妙義龍、土俵下へ吹っ飛ぶ。

《2016年春場所取組内容・目次へ》