旭天鵬断髪式 娘さんからの手紙

旭天鵬断髪式において、サプライズでお父さんへの手紙を読んだ柚希さん。
とてもいいお手紙でしたので、その全文を書き起こさせていただきました。

20160529 902 サンスポ 旭天鵬断髪式 10 お嬢さんの手紙

    ◇        ◇        ◇        ◇  

パパへ

私が生まれたとき、パパはお相撲さんでしたね。
名古屋、大阪、九州に行ったあと、ママがパパのパジャマを洗濯しようとすると「パパのにおいがきえちゃうよ」と泣いていたのを、今でもおぼえています。

幼稚園のおもちつきにパパが来るってわかったとき「お相撲さんなんてはずかしいから、来ないで」って言ったり、声をかけられても、しらんぷりしてごめんなさい。
でも、小学校の研究授業にパパが来てくれて、いっしょに給食を食べたり、お友だちとお相撲をしたときは、パパがお相撲さんでよかったなとおもいました。

私が小さいとき、パパがお相撲で負けると「『なんで負けるの?ケガしてもいいから、勝ってよ』と、パパの足にたくさんバンソウコウをはってたよ」と、ママにきいたことがあります。
弟の蓮くんもパパが負けると「そんなに弱いなら、お相撲なんてやめた方がいいよ」と悔し泣きをしていましたね。
でも、パパが他の人より、ながーくお相撲をとったことがわかり、弱いんじゃなくて、パパはすごいんだなとおもいました。

パパにないしょで最後の相撲を見に行ったとき、みんなが大きな声でパパを応援していることに、すごくびっくりしたけど、ママが「これがパパの最後の相撲だから、ちゃんと見て、忘れないでね」って言われて、さみしさと感動でなみだが止まりませんでした。

これからはお相撲さんじゃなく親方だけど、私も蓮くんも舞ちゃんも、パパがとってもだいすきです。
今までの私は、むずかしくて上手にできないと、すぐあきらめていたけど、どんなときもあきらめないでがんばったパパと同じように、私もいっしょうけんめいがんばります。

私のパパは、世界一かっこよくて、自慢のパパです。
23年間、ほんとうにおつかれさまでした。

平成28年5月29日 太田柚希

    ◇        ◇        ◇        ◇  

20160529 902 サンスポ 旭天鵬断髪式 11 お嬢さんの手紙 20160529 902 サンスポ 旭天鵬断髪式 12 涙の旭天鵬

20160529 902 サンスポ 旭天鵬断髪式 15 家族と写真


※手紙の全文は、こちらの動画から書き起こしさせていただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZAXsEYABYyA&sns=tw&app=desktop

《2016年夏場所取組内容・目次へ》