安美錦 2016年夏(五月)場所取組内容

201605-あみにしき

前頭3枚目だった先場所は、7勝8敗の成績だった。→先場所の取組内容
同じ前頭3枚目で迎えた今場所は、幕内在位93場所目。歴代4位の寺尾に並ぶ。
初日、嘉風を叩き込んで白星発進。
二日目の栃ノ心戦、栃ノ心を叩き、送り出した後に土俵に倒れたが、軍配は栃ノ心。物言いもつかず。この取組で安美錦は左足アキレス腱を断裂し、翌三日目から休場。
今場所は、1勝2敗12休の成績となった。
復帰できる状態になるまでかなりの時間を要すると見られ、幕内最年長ということもあって、一部、引退危機とも報じられた。
しかし、本人のブログ(クリックで開く)で「まだ自分の中で納得できるものがないので、絶対に引退はしません」「怪我には負けません」と強い気持ちを見せた。
三日目に手術をし、十日目に退院したとのこと。



(初) 嘉風戦 ○叩き込み 1.8秒
 嘉風、先に手をつく。安美錦、手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。安美錦、右から張る。嘉風、突き放す。安美錦、右に開いて右から突く。嘉風、前に泳ぎ、土俵に両手をつく。

(2) 栃ノ心戦 ●つき膝 2.8秒
 栃ノ心、先に手をつく。安美錦、サッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。栃ノ心、右肘を固める。安美錦、頭を下げて当たる。栃ノ心、前に出ようとする。安美錦、叩いて左に回る。栃ノ心、前のめりになり、土俵際。安美錦、相手を後ろから押す。栃ノ心、俵の外に出る。安美錦、体勢を崩し、土俵に腹這いになる。木村庄太郎、軍配を栃ノ心に上げ、物言いもつかず。安美錦、左足首を押さえてやや時間を置いて立ち上がるが、自力では歩けず、呼出しを土俵に呼んで、肩を借りて土俵下に下りる。勝負後、車椅子で診療所に。左足アキレス腱を断裂したとのこと。

(3) 栃煌山戦 ■ 不戦勝 
 安美錦、「左アキレス腱断裂」のため、休場。

《2016年夏場所取組内容・目次へ》