琴奨菊 2016年名古屋(七月)場所取組内容

201607-ことしょうぎく

先場所は、10勝5敗の成績だった。→先場所の取組内容
今場所は、初日、栃煌山に押し出されて黒星発進。
二日目、三日目と黒星が連なり、大関昇進後初めて初日から3連敗となる。
四日目、宝富士戦でも止められずに4連敗。
五日目、初顔の御嶽海を押し出し、ようやく初白星。
しかし六日目、隠岐の海に土俵際の突き落としで逆転され、1勝5敗と苦しい星となる。
七日目、休場を発表。場所中に古傷の左膝と左足首の状態が悪化したとのこと。
そのまま千秋楽まで休場し、1勝6敗8休で今場所を終える。
来場所は、昨年7月場所以来、6度目の角番となる。



(初) 栃煌山戦 ●押し出し 7.7秒
 栃煌山、先に手をつき、相手が手をつく前に、突っ掛ける。2度目、両者、仕切り線後方でサッと手をつき、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、左から張って左を差そうとする。栃煌山、右を差し勝つ。琴奨菊、右で差し手を抱えながら、すぐに左を巻き替える。栃煌山、右押っ付けで押し上げ、右を巻き替えて両差しになる。琴奨菊、右で小手に巻いて上体が起きた体勢に。栃煌山、左差し手を返しながら前に出、俵に詰まった相手の胸を押す。琴奨菊、俵を割る。

(2) 高安戦 ●突き落し 5.3秒
 高安、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、頭から踏み込む。高安、右肘でかち上げ気味に相手を起こす。琴奨菊、右で差し手を抱え、左をねじ込む。高安、右で押っ付けながら右上手を探るが取れず。琴奨菊、左差しで前に出る。高安、右から突き、前のめりになった相手の頭を左で押さえつける。琴奨菊、土俵に落ちる。

(3) 妙義龍戦 ●押し出し 3.9秒
 妙義龍、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、左から張る。妙義龍、右肘を固めて張り手を受ける。琴奨菊、左を差す。妙義龍、頭をつけ、右で絞り上げながら前に出る。琴奨菊、上体が起きて俵に詰まり、左差し手を返して相手を起こす。妙義龍、構わず押す。琴奨菊、土俵下に落ちる。

(4) 宝富士戦 ●送り出し 3.3秒
 宝富士、先に手をつく。琴奨菊、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、右肘を固めて頭から踏み込み、左を差して前に出る。宝富士、右で差し手を抱えるが、それを離して左へ体を開き、左から突いていなす。琴奨菊、泳いで俵に詰まる。宝富士、そこを後ろから押す。琴奨菊、俵の外に出る。

(5) 御嶽海戦 ○押し出し 4.6秒
 御嶽海、先に手をつく。琴奨菊、腰を下ろし、仕切り線後方で手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、頭から踏み込む。御嶽海、頭から当たる。琴奨菊、左肘を固めて当たる。御嶽海、両筈で押す。琴奨菊、左で相手の右腕にあてがって下がらず。御嶽海、引く。琴奨菊、乗じて低い体勢で一気に前に出る。御嶽海、土俵下に落ちる。

(6) 隠岐の海戦 ●突き落し 8.4秒
 隠岐の海、仕切り線少し後方で先に手をつく。琴奨菊、腰を下ろし、仕切り線後方でサッと手をつき、両者、ほぼ同時に立つ。琴奨菊、頭から踏み込む。隠岐の海、右肘でかち上げ気味に当たる。琴奨菊、両肘を固めて低く当たり、前に出ながら左を差す。隠岐の海、左を差す。琴奨菊、右で差し手を抱えてがぶる。隠岐の海、俵に詰まるが、左差し手を返し、俵伝いに素早く左へ回る。琴奨菊、右で差し手を抱えたまま前に出る。隠岐の海、更に左へ回り、右から突きながら逆の右へ回る。琴奨菊、土俵に転がる。

(7) 魁聖戦 ■ 不戦勝 
 琴奨菊、「左膝内側側副靭帯損傷、左アキレス腱周囲炎」のため、休場。

《2016年名古屋場所取組内容・目次へ》